大日本赤誠会愛知県本部ブログ版”一撃必中”

  
  いにしへも 今つ世生きる くにたみも 踏みしめあゆめ  神ながらの道  (好)

米海軍駆逐艦USS Preble, DDG-88がスカボロー礁で航行の自由作戦 今月2回目

2019年05月21日 11時59分29秒 | 航行の自由作戦


米第7艦隊の報道官は20日、米海軍のイージス駆逐艦「プレブル」が同日、中国が実効支配する南シナ海のスカボロー礁(中国名・黄岩島)の12カイリ(約22キロ)内を通過する「航行の自由」作戦を行ったと発表した。米海軍は今月6日ににも駆逐艦2隻がスプラトリー(南沙)諸島周辺で同様の作戦を行ったばかり。相次ぐ航行は南シナ海での中国の覇権的行動に警告を発する狙いがある。
第7艦隊報道官は声明で作戦の意図について、「(中国の)過剰な権利の主張に対抗し、国際法に基づく航路利用(の権利)を守るため」と説明した上で、「米国は国際法で許された全ての場所を飛行、航行し、作戦行動を行う」と強調した。
スカボロー礁は中国とフィリピンが領有権を争い、フィリピンは中国が2013年頃から同礁に軍事施設を建設しているとして非難している。

@航行の自由なんて当たり前で、力による現状変更と支配に対しては正々堂々と力で正していくことが賢明な処置。領土問題とて同じで、武力で奪われた領土は会話では戻りません。元維新の丸山の発言は何も間違っていません。よく平和ボケの野党のアホども、議員辞職勧告決議なんてだせますね。
コメント

南シナ海 F-35B スカボロー礁近海で昼夜を問わず演習 USS Wasp

2019年04月11日 09時09分01秒 | 航行の自由作戦



@また、シナの手先のアホメディアがこぞって反F-35のキャンペーンを張って騒いでいる。日本の戦闘機乗りがどれほどのスキルを持っているのか知らないが、最新のステルス戦闘機に関して言えば、時間的にかなり実戦経験を積んでいる米国のパイロットに劣るに決まっている。兎に角経験を積ませることだ。近い将来訪れるであろうその日の為に・・・・

コメント

米軍 南シナ海に海兵隊

2019年03月26日 07時24分07秒 | 航行の自由作戦

沖縄島北部の本部半島から北西約9kmの位置にあり、施設の北西部にハリアーパッド、西側に射爆撃場、中央には飛行場がある。



@米海兵隊は、沖縄の伊江島で、先の大戦で行なった小さな島々の攻撃作戦を再考し高度な拠点確保の為の訓練を実践した。是非、日本の海兵隊も参加させてスキルをアップさせて欲しいですね。
攻撃目標は、シナが不法に軍事化し占拠するスプラトリーとパラセル諸島です。


コメント

米艦2隻が台湾海峡を通航 中国への対抗狙い

2019年02月26日 09時10分58秒 | 航行の自由作戦
米太平洋艦隊は25日、米海軍のイージス駆逐艦「ステセム」と貨物弾薬補給艦「セザール・チャベス」の2隻が同日、台湾海峡を通過したと発表した。台湾への圧力を強める中国に対抗する狙いがあるとみられる。
太平洋艦隊報道官は、海峡通過は「国際法に従い行われた」とした上で、「米海軍が自由で開かれたインド太平洋(の実現)に取り組んでいくことを示すものだ」と指摘し、「米海軍は国際法で許された全ての場所で飛行、航行し、作戦行動を行う」と強調した。

@最近は、チャンコロも同じコメントを出しています。昨日もシナ海軍の演習風景の映像をここにあげましたが、空母も含め如何に海軍力が充実しているかの証でもあります。反米右翼も左翼もその事には一切触れません。皆さん、シナの手先ですか?

コメント

英国は、自国の権益を守る為に米国に同調し南シナ海での航行の自由作戦を行う! 北京は首を洗って待ってろだって。

2019年02月10日 02時20分10秒 | 航行の自由作戦
@シナの南シナ海の私物化は許さない。今や、euよりアジアですもんネ。

コメント

スプラトリー人工島、緑化され「永暑島」に変更

2019年01月27日 00時43分31秒 | 航行の自由作戦


中国系香港紙・大公報は25日、中国当局が南シナ海・スプラトリー(南沙)諸島の人工島「永暑島」の全景写真を初公開し、「必要なものが全て備わった様子が明らかになった」と報じた。中国は2014年から大規模な埋め立て工事を行っており、ファイアリー・クロス礁(永暑礁)の名称を「永暑島」に変えている。
写真は、中国軍機関紙・解放軍報の中国版ツイッター・微博(ウェイボー)の公式アカウント「軍報記者」に今月掲示された。大公報は、「既に大型軍用機が離着陸できる飛行場施設と大型船舶が停泊できる港湾施設に加え、居住・労働設備や緑化帯も建設されている」と分析した。
北京の専門家は、大公報で「この地域に以前は軍港がなく、中国の軍艦が行くには数日かかった」と指摘し、「永暑島」が南シナ海で「中国の権益を守り、平和安定を保障するため将来的に重要な役割を果たす」と語った。
「永暑島」は、常に海面上にある部分の面積が2・8平方キロ・メートルあるという。

@ほざいてろ。

コメント

米イージス艦マッキャンベル(DDG-85)他1隻が台湾海峡を通過 シナを牽制する狙いか

2019年01月25日 19時32分06秒 | 航行の自由作戦


米国防総省は24日、米海軍艦船2隻が台湾海峡を通過し、南シナ海から東シナ海へと航行したことを明らかにした。米海軍艦船の台湾海峡通過は昨年11月以来。南シナ海で軍事拠点化を進め、台湾への圧力を強める中国を牽制する狙いがあるとみられる。
米国防総省によると、台湾海峡を24日に通過したのは、米イージス駆逐艦「マッキャンベル」と補給艦「ウォルター・S・ディール」。米国防総省は今回の航行について「自由で開かれたインド太平洋への米国の関与を示すものだ」と強調。「米国は今後も国際法の許す場所であればどこでも飛行・航行し、作戦を展開し続ける」と主張した。

@臆病な朝鮮と違って、トランプは掛け値なしで北京に戦争を売っています。習が挑発に乗ればWWⅢです。是非、生きているうちにお願いしたいものです。

コメント

南シナ海 米英合同訓練 チャイナバスターズ

2019年01月18日 13時33分55秒 | 航行の自由作戦

HMS Argyll (F231) -


USS McCampbell (DDG 85)

USSマッキンベルとHMSアーガイルは力を合わせます。
米国と英国は南シナ海で最初の合同海軍訓練を実施した。ワシントンが論争のある水域に対する北京の主張に異議を唱えることで同盟国からの支援を求めているためである。

@なんで日本に声かけないの?

コメント

南シナ海 米イージス艦マッキャンベルは、今日も行く 

2019年01月09日 23時56分48秒 | 航行の自由作戦
@ガンガン挑発しています。昨年10月に40mまで接近したシナの駆逐艦。以前も書きましたが、P-1に対する南朝鮮の射撃管制レーダー照射と無関係ではないようです。

コメント

米イージス艦マッキャンベル 航行の自由作戦 南シナ海!

2019年01月08日 11時02分02秒 | 航行の自由作戦

ご存じ、米イージス艦マッキャンベル



誘導ミサイル駆逐艦USS McCampbellが、西沙諸島の近くを巡回し、中国のこの地域に対する主張に異議を唱えた。1974年にその勢力がベトナムからそれらを押収して以来、西沙諸島は中国によって支配されてきました。
USS McCampbellはTree、Lincoln、Woodsの島から12マイル以内の所で「航行の自由作戦」と呼ばれる航海をしました。
米パシフィック艦隊の広報担当レイチェル・マクマー氏は、この訪問は「国際法に準拠した水路へのアクセスを維持する」ことを目的としていると述べた。過去数年間で中国は、西沙諸島における軍事的プレゼンスを大幅に向上させてきました。
最近の衛星画像は、ジェット戦闘機が少なくとも1つの島に駐留していたことを示しています。

@ガンガン挑発に乗ってきます。目には目を、横暴には横暴で、唾には唾で、一気に畳み込んでしまおう。

コメント

シナが空母打撃群をいくつ送り出そうと、猿真似空母に恐れをなすものか・・・トランプ

2019年01月08日 08時13分50秒 | 航行の自由作戦
@eu連合は保護主義によって崩壊の一途をたどり、習はムン(文)のケツをかき日本に戦争を仕掛け、まともな艦載機もないくせにでかい空母をいくつも造ってアメリカに喧嘩を売り、ばか丸出しです。
米軍人一人の命の重さは、チャンコロ兵3億人に匹敵します。
平和ボケしミーイズムに溺れ、腐れ外道と化した現代日本人の頭の上にミサイルでも降ってくれば、少しは国の事も考える事でしょう。私的には、大いに望むところです。
反米がシナを利するという事がどうして理解できないのか、バカにつける薬は本当にないんですね。過去に行ってきた、私たちの薬が効きすぎた??


コメント

WWⅢへの序章! トランプ シナに対抗の新法成立 各国の防衛力整備支援など 

2019年01月03日 11時53分08秒 | 航行の自由作戦
アメリカは、インド太平洋地域への関与を強めるための新たな法律を成立させ、日本など同盟国との関係を強化するほか、各国の防衛力の整備などを支援していくとして、中国の影響力の拡大に長期的に対抗していく姿勢を鮮明にしています。
新たな法律は、「アジア再保証イニシアチブ法」と呼ばれ、先月31日、トランプ大統領が署名して成立しました。
この法律は、中国による南シナ海での人工島の建設や「高圧的」な経済活動が、北朝鮮や過激派組織IS=イスラミックステートと並ぶ、国際秩序に対する挑戦になっているとしています。
そのうえで、中国の影響力の拡大などに対抗するためだとして、今後5年間、毎年最大で15億ドル、日本円で1650億円を投じて、各国の防衛力の整備などを支援していくとしています。
また、日本や韓国など同盟国との関係をさらに強化するほか、東シナ海や南シナ海で同盟国との共同訓練や「航行の自由」作戦を続け、台湾に対しては武器の売却やアメリカ政府高官の訪問を進めるとしています。
新たな法律では、知的財産権の侵害を防ぐことや、中国で民主主義や人権の尊重を促進することなど、アメリカが批判を強めている中国のさまざまな分野について対策を強化する内容となっています。
アメリカとしては、インド太平洋地域で影響力を拡大する中国に長期的に対抗していく姿勢を鮮明にした形です。

@シナの猿真似空母が、どこまで通用するか楽しみですネ。

コメント

米国は、ロシアをけん制するために日本海にイージス艦を送った!

2018年12月08日 10時06分25秒 | 航行の自由作戦
@平生、米国のイージス艦は日本海側には出てこないんでしょうかね。
ロシアの太平洋艦隊は、ウラジオストクに本部を置いています。


コメント

カナダ ファーウェイCFOを逮捕 イラン制裁違反か

2018年12月06日 14時18分10秒 | 航行の自由作戦


カナダ紙グローブ・アンド・メール(電子版)は5日、カナダ当局が中国通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)の孟晩舟最高財務責任者(CFO)を逮捕したと報じた。対イラン制裁に違反した容疑で、米当局が孟容疑者の拘束をカナダ政府に要請していたという。
同紙によると、孟容疑者は華為で取締役会の副会長を兼任。華為の創業者の娘でもあるという。
カナダ司法省の報道官は同紙に対して、「(孟容疑者が)12月1日にバンクーバーで逮捕された」と明らかにした上で、裁判所での審尋が7日に予定されていると話した。米メディアは、米当局が孟容疑者の米国への引き渡しを求めていると伝えている。グローブ・アンド・メールによると、米ニューヨークの検察当局が華為の対イラン制裁違反について捜査を進めている。
米政府はすでに、華為に加え、同じ中国通信機器大手の中興通訊(ZTE)が「中国情報機関と関係がある」として、2社の製品を米政府機関が調達することを禁止した。
オーストラリアやニュージーランドも、高速大容量の第5世代(5G)移動通信システムの整備をめぐって、華為やZTEを参画させない決定をしている。
中国と貿易問題で対立するトランプ政権は、対イラン制裁に違反したとしてZTEに対する米製品の輸出を一時禁止し、部品調達が途絶えたZTEが一部事業の停止などによって経営難に陥ったことがある。

@正に人民解放軍に直結する企業体であり、netで繋がっていればあなたの使用する端末は北京のエージェントとして働いています。
ファーウェイの5GとかIoTを取り入れてはいけません。

コメント

北京に対するトランプの本気度と、東アジア各国の温度差!

2018年12月03日 04時58分28秒 | 航行の自由作戦
アルゼンチンで開かれる米中首脳会談を前に米海軍が南シナ海で「航行の自由」作戦を実施したりシンガポールに寄港したりするなど、中国へのけん制を強めている。一方、中国の影響力が強まる東南アジア各国は、先月初めて中国海軍と合同海上演習を実施。来年は米国とも演習を予定するなど、米中間でバランスの取り方に腐心している。
米海軍によると11月中旬、フィリピン沖で空母「ロナルド・レーガン」などが参加する演習を実施。その後、空母「ジョン・C・ステニス」など一部艦船が24日、シンガポールに寄港した。東南アジアや中国が軍事拠点化を進める南シナ海で、米国の存在感を示す狙いがあるとみられる。
さらに、米軍の準機関紙「スターズ・アンド・ストライプス」によると、米海軍は26日に南シナ海で「航行の自由」作戦を実施。イージス巡洋艦が、中国が実効支配しベトナムが領有権を主張する西沙(英語名パラセル)諸島の付近を航行した。
一方、東南アジア諸国連合(ASEAN)と中国は10月、初の合同海上演習を南シナ海で実施。災害救助の能力向上などが名目だった。タイ国軍関係者によると、演習は2015年に中国側が提案した。この時期、中国は南シナ海での人工島造成などを活発化させ国際問題化。米国が初めて「航行の自由」作戦を実施するタイミングで、中国としてはASEANを懐柔する必要があった。タイ軍関係者は「中国は、南シナ海問題は域内の問題で域外の国は介入すべきではないとの立場を採り、ASEANとの協力、関係強化に乗り出した」と話す。
中国批判の急先鋒だったフィリピンは、16年に就任したドゥテルテ大統領が巨額の経済支援と引き換えに中国との領有権争いを事実上棚上げ。ベトナムも対立を抑える方向に転換した。こうした環境が整い、10月の合同演習が実現した。ただ、ASEAN側は米国との演習をセットにすることを忘れなかった。
タイの政治学者、パニタン・ワッタナヤゴーン氏は「ASEANは余計な緊張を生まないよう米中間でバランスを取った。ASEANとしてもそうすることは米中と渡り合う上で良い」と話す。


@一番の問題は、シナが垂れ流す賄賂攻勢。結局、いつまでたっても裏金が東アジアを支配する卑しい構図。マハテールさん以外、皆、同根。

コメント