大日本赤誠会愛知県本部ブログ版”一撃必中”

  
  いにしへも 今つ世生きる くにたみも 踏みしめあゆめ  神ながらの道  (好)

石垣市長、陸上自衛隊配備受け入れを表明 部隊配備の必要性を理解した上で了解! 

2018年07月18日 19時13分58秒 | 八重山諸島、慶良間諸島、西之島・竹島・対馬・沖ノ鳥島・南鳥島・沖縄島嶼問題

我が国の精鋭部隊。水陸機動団。



沖縄県石垣市平得大俣への陸上自衛隊配備計画を巡り、中山義隆市長は18日午後に市役所で会見を開き、配備受け入れを表明した。
「石垣島への部隊配備の必要性を理解した上でそれを了解する」などとした上で、市有地売却などの要請に対して「適正に行政事務手続きを進める」とした。
同日に臨時庁議を開いて決定し、会見後に決定事項を防衛省などに伝えるとした。


@自衛隊がいようがいまいが、シナが台湾や我が国に攻め込んでくる場合、必ず攻め込んで制圧しにくる地域であり、そんなもの全島に最新のレーダーサイトや最新の地対空・地対艦ミサイルを配備し精鋭の自衛隊を配備しておくのが常識だろ。
コメント

西之島が11カ月ぶり噴火 火口付近から茶色の噴煙 

2018年07月14日 17時44分56秒 | 八重山諸島、慶良間諸島、西之島・竹島・対馬・沖ノ鳥島・南鳥島・沖縄島嶼問題
@素晴らしい。本土よりでかくなれ。


コメント

資源大国日本! 南鳥島の海底に数百年分のレアアース、世界経済変える「潜在力」

2018年04月17日 23時32分28秒 | 八重山諸島、慶良間諸島、西之島・竹島・対馬・沖ノ鳥島・南鳥島・沖縄島嶼問題




東京・小笠原諸島の南鳥島周辺の海底に、精密機器の製造に使用されるレアアースを豊富に含んだ大量の泥が存在することが専門家の調査でこのほど明らかになった。その含有量は数百年分の需要にも対応可能な「半無限」と呼べるほどの水準で、研究者らは日本経済の未来を大きく変える「とてつもない潜在力」を秘めていると指摘する。
南鳥島は太平洋に浮かぶ日本最東端の小さな島。日本の大学などのチームが調査したところによれば、この島の海底にある推計1600万トンの泥の中に膨大な量のレアアースが含まれているという。
レアアースはスマートフォンやハイブリッドカー、ミサイルシステムなどのハイテク機器の製造に使われる。例えば今回見つかったレアアースの1つ、イットリウムはカメラのレンズや携帯電話のスクリーンに使用される。
上記の泥の塊は、世界需要の780年分のイットリウム、620年分のユウロピウム、420年分のテルビウム、730年分のジスプロシウムを含むとみられる。調査チームは報告の中でこれらのレアアースについて、世界へ向け半無限的に供給できるだけの潜在力を有すると分析している。
米地質調査所( USGS)によると、レアアース自体は地球上に比較的豊富に存在しているものの、開発が可能な鉱床を形成するケースは極めて少ない。南鳥島での発見は含有量という観点で極めて重要性が高いという。
2015年時点で、レアアース生産の約95%は中国が握っている。このため日本をはじめとする各国は、価格設定や供給といった問題で中国に依存しているのが実情だ。
しかし、日本が新たなレアアースの供給源を自国の完全な経済管理下に置けば、こうした状況にも変化が生じる。新たに見つかったレアアースについて研究者らは、「近い将来、開発可能になる」との見通しを示している。

@赤サンゴや東シナ海の海底油田のようにシナに斜めにストローを突っ込まれて、全部吸い上げられないようにしっかりセキュリティー対策頼むぜ。



コメント

辺野古工事差し止め訴訟 沖縄県が敗訴 那覇地裁

2018年03月13日 17時19分27秒 | 八重山諸島、慶良間諸島、西之島・竹島・対馬・沖ノ鳥島・南鳥島・沖縄島嶼問題
沖縄県名護市辺野古の新基地建設を巡り、無許可での岩礁破砕は違法として、県が国を相手に破砕を伴う工事の差し止めを求めた訴訟の判決が13日、那覇地裁であった。森鍵一裁判長は県側の訴えを却下した。
県側はこれまで「無許可で岩礁を破砕しようとする国側の違法性を指摘する紛争は、裁判所で終局的に解決できる」と主張。訴えは裁判所の審判の対象(法律上の争訟)だと指摘した。
国側は「法に定めのない差し止めを請求している」などと反論。県の訴えは行政上の義務の履行を求める訴訟で、最高裁判決に基づいて却下されるべきだと訴えていた。

@もういい加減、沖縄発信の反米反基地闘争は終結させるべきだ。国は、何のために毎年3500億もの大金を沖縄に垂れ流しているんだ。今日取り上げた、最新式の潜水艦でも1隻560億でできるんだぞ。
戦後左翼運動の生き残りをかけた最後の砦と言うか拠点である事は理解できるが、国益に反しすぎだ。成田と同じにしてしまえ。
コメント

石垣市長選、現職の中山義隆が3選

2018年03月12日 13時55分16秒 | 八重山諸島、慶良間諸島、西之島・竹島・対馬・沖ノ鳥島・南鳥島・沖縄島嶼問題


任期満了に伴う沖縄県石垣市長選が11日投開票され、現職の中山義隆氏(50)=自民、公明、維新推薦=が、新人で元市議の宮良操氏(61)=民進、共産、自由、社民、沖縄社大推薦=、新人の元自民党県議の砂川利勝氏(54)を破り3選を果たした。
政府が南西諸島防衛の一環として進める陸上自衛隊配備計画の是非が最大の争点だった。中山氏は当選確実の報道を受けて記者団に、配備計画について「反対や不安を持つ方々と直接話した上で、政府や防衛省と協力していきたい」と述べた。
投票率は73.55%で、前回(75.19%)より1.64ポイント下回った。
市長選は、保守系が分裂する中、陸自配備を急ぎたい安倍晋三政権と、反基地の「オール沖縄」勢の象徴である翁長雄志(おながたけし)知事による「代理対決」の構図になった。今秋に控える知事選の前哨戦とも位置づけられていた。

@よく勝てたな。日頃私たちが頑張っているからこそだ。礼には及ばない。
それと少なくとも、愛知7区のアホとは比べ物にならない現実を認識できる住民が揃っていることは間違いない。
コメント

「竹島の日」一時騒然 南朝鮮と日本のグループが衝突

2018年02月23日 09時18分18秒 | 八重山諸島、慶良間諸島、西之島・竹島・対馬・沖ノ鳥島・南鳥島・沖縄島嶼問題
@オリンピックなんてやめちまえ。




コメント

ドイツ ルフトハンザ航空の旅客機で地図上に「竹島を独島」 乗客の指摘で修正

2018年02月20日 10時35分32秒 | 八重山諸島、慶良間諸島、西之島・竹島・対馬・沖ノ鳥島・南鳥島・沖縄島嶼問題
ルフトハンザドイツ航空旅客機(羽田-ドイツ・ミュンヘン間)の座席に備え付けられた映像・音響(AV)機器の航路を示す地図上で、竹島(島根県隠岐の島町)が韓国呼称である「独島」と記載されていたことが19日、わかった。
同航空は乗客らの指摘を受けて、1月中旬ごろから機器のソフトウエアの修正を進めており、全機器に順次反映される見通しという。
同航空日本支社の広報担当者によると、独島を掲示した機器は、昨年12月1日に羽田空港とミュンヘン国際空港間で運航を開始した「エアバス A350-900型機」の全座席に搭載されていた。運航当初、機器は日本語や英語で独島の名称を示していたという。
同航空は指摘を受けて、機器のソフトウエアの修正を実施しているが、今月19日時点で、修正が全ての機器に反映されていない。早ければ今週末にも修正が全機器に反映される見通しという。独島が地図上で記載された経緯については確認中としている。

@昨日も書いたけど、ドイツなんてメルケル以下拝金のクソの集まり。戦時下、三国同盟の裏でせっせとシナに武器売ってたろ。どんな機器か知らないけれど、サムスン製だろ。
コメント

河野太郎外相、北芸術団の「独島」表現に反発「北は五輪をさんざん政治利用している」

2018年02月09日 10時55分08秒 | 八重山諸島、慶良間諸島、西之島・竹島・対馬・沖ノ鳥島・南鳥島・沖縄島嶼問題


河野太郎外相は9日午前の記者会見で、米韓両政府が実施を延期している合同軍事演習について「平昌五輪・パラリンピック終了後、再開されると承知をしている」と述べ、「北朝鮮に対してゆるみなく圧力をかけていきたい」と強調した。
河野氏はまた、北朝鮮の芸術団が8日に行った公演で、島根県・竹島のことを「独島」と表現したことに関し「北朝鮮がこの五輪をさんざん政治利用している雰囲気がある。日韓、日米韓でしっかりと連携していきたい」と語った。

@なにをおっしゃる河野さん、そもそも竹島を不当に占拠しているのは南朝鮮だぞ。日韓で、なにをどうやって連携するんだい。竹島を、速やかに我が国に返せと言うべきだろ。
基本的に南は、文在寅が自ら進める太陽政策で盲目的に北に懐柔されているのでなんともなりません。平昌なんて言葉を聞くだけで虫唾が走ります。



コメント

竹島入り統一旗で韓国に抗議 菅義偉長官「極めて遺憾」

2018年02月05日 21時47分59秒 | 八重山諸島、慶良間諸島、西之島・竹島・対馬・沖ノ鳥島・南鳥島・沖縄島嶼問題
菅義偉(すがよしひで)官房長官は5日午前の記者会見で、韓国・平昌五輪に出場するアイスホッケー女子の韓国と北朝鮮の合同チームが4日に韓国・仁川で行った強化試合の際に、竹島(島根県隠岐の島町)が描かれた朝鮮半島の「統一旗」が使用されていたとして、韓国に外交ルートを通じて抗議したことを明らかにした。
菅氏は「旗は竹島の領有権に関するわが国の立場に照らして受け入れることができず、極めて遺憾だ。韓国側には外交ルートを通じて日本の立場を強く申し入れ、抗議した。引き続き、適切な対応を強く求めていきたい」と述べた。
平昌五輪の大会組織委員会は、竹島の韓国側呼称「独島(ドクト)」の統一旗での扱いについて、開会式の南北合同入場行進に関しては「前例に基づき表記されない。日本と摩擦が生じる余地は全くない」としていた。
しかし、朝鮮日報(日本語版)は5日、韓国政府が五輪開会式などの公式行事でなく、民間団体が主催する行事や応援の時は、「独島」が描かれた統一旗を使用する方針を決めたと報じた。

@日本の選手団の中にも、沢山朝鮮系がいるんじゃねーーー
コメント

韓国軍が竹島「防衛」訓練=日本、中止を要求

2017年12月29日 10時00分45秒 | 八重山諸島、慶良間諸島、西之島・竹島・対馬・沖ノ鳥島・南鳥島・沖縄島嶼問題
韓国海軍は28日、島根県竹島で同日から2日間、防衛訓練を実施すると発表した。海軍、海洋警察の艦艇や航空機が参加、「外部勢力の侵入防止」が目的という。
軍当局者は「訓練は定例的に行われており、1カ月ほど前から計画されていた」と述べ、慰安婦問題をめぐる日韓合意の検証結果発表とは関係がないという認識を示した。
これに対し、日本政府は外交ルートを通じて、「極めて遺憾であり、訓練中止を強く求める」と抗議した。

@今更だけど、はっきり言ってなめられすぎだろ。どれだけ金を出しても永遠に交わらないのであれば、それはこちらの外交政策が間違っていると言う事だ。昨日も書いたが、国交断絶以外ない。
我々が今反省すべきは、ただ一点。朝鮮半島を併合した事だ。我が国の歴史上で最大の汚点だ。

コメント

河野外相  韓国軍の竹島担当部隊の創設計画に抗議

2017年10月20日 14時50分24秒 | 八重山諸島、慶良間諸島、西之島・竹島・対馬・沖ノ鳥島・南鳥島・沖縄島嶼問題
河野外務大臣は閣議のあと記者団に対し、韓国軍が島根県の竹島やその周辺を担当する新たな部隊を創設する計画を韓国の国会に示したことについて、北朝鮮情勢が緊迫するなか、未来志向の関係構築に逆行するとして、韓国側に抗議したことを明らかにしました。
外務省によりますと、韓国軍が島根県の竹島やその周辺の島々を担当する海兵隊の新たな部隊を創設する計画を19日、韓国の国会に示したことを受けて、外務省として韓国政府に対し、事実関係を確認したうえで現地の日本大使館を通じて抗議したということです。

@南北で始まったら、奪われた時と同じように武力で奪い返せ。


コメント

小笠原諸島の西之島 再び噴火 警戒を 海上保安庁

2017年04月21日 09時47分04秒 | 八重山諸島、慶良間諸島、西之島・竹島・対馬・沖ノ鳥島・南鳥島・沖縄島嶼問題
小笠原諸島の西之島で再び噴火が確認されました。海上保安庁などが周囲に警戒を呼び掛けています。
海上保安庁によりますと、20日午後2時半ごろ、上空からの観測によって西之島での噴火を確認しました。噴火が観測されたのはおととし11月以来です。噴火を受けて海保は航行警報を出し、付近を航行する船に注意を呼び掛けました。また、気象庁では、19日夜から西之島付近が周辺の海域に比べて温度が高くなっているのを気象衛星「ひまわり」で観測していたということです。気象庁は、西之島に火口周辺警報を発表し、火口から約1.5キロの範囲では大きな噴石に警戒するよう呼び掛けています。西之島の火山活動を巡っては、2013年11月からの噴火で新しい陸地が出現したものの、おととし11月以降は溶岩の流出が止まっていました。

@ヤッホー 本土より大きくなるといいね。


コメント

韓国知事の竹島上陸 菅官房長官「極めて遺憾」

2017年01月26日 11時31分55秒 | 八重山諸島、慶良間諸島、西之島・竹島・対馬・沖ノ鳥島・南鳥島・沖縄島嶼問題
韓国東部の慶尚(キョンサン)北道の知事が島根県の竹島に上陸したことを受けて、菅官房長官は「極めて遺憾」と述べ、抗議したことを明らかにしました。
竹島の管轄権を主張する韓国の慶尚北道の金寛容(キム・グァンヨン)知事は25日午前、竹島にヘリコプターで上陸しました。現地に駐留している警備隊員らを激励したということです。
菅官房長官:「事前の抗議、中止の働き掛けにもかかわらず、訪問が強行されたことは極めて遺憾です。韓国政府に対して強く抗議するとともに、再発防止をしっかり求めたところです」
一方で菅長官は、慰安婦を象徴する少女像の設置を巡り、一時帰国が続く長嶺駐韓大使の帰任時期については「竹島上陸と慰安婦像の設置の問題は別だと思う」と述べました。

@一方的にやられ続け、遺憾である遺憾であるといつまで言い続けるのか? 社会常識とか道徳心のないトンスル相手に常識論で対応しても意味がないし、外交交渉になっていない。
国交を断絶するか実力行使すればよい。大人しい日本国民も、いい加減頭に来てるぞ。


コメント

西之島、上陸して見た“最新の表情” 測量船が帰還

2016年11月08日 15時08分11秒 | 八重山諸島、慶良間諸島、西之島・竹島・対馬・沖ノ鳥島・南鳥島・沖縄島嶼問題
噴火によって拡大した小笠原諸島の西之島で上陸調査をしていた海上保安庁の測量船が帰港しました。現地で撮影した最新映像では珍しい鳥の群れなどが確認できます。
測量船「昭洋」は18日間にわたって西之島周辺の水深や海岸線を詳しく調べたほか、調査員が上陸して新たな海図を作るためのデータを計測しました。帰港した調査員によりますと、海図は半年ほどで完成し、公開されれば日本の領海が70平方キロほど広がるということです。また、今回の調査にはANNも同行しました。国のルールを守って飛ばしたドローンで撮影した最新映像では立ち上る噴気や静かな火口、そして、観察例が少ない希少なアオツラカツオドリが大群で生息している様子などが確認できます。

@構成する岩石が、島と言うより大陸をなす構成と言う事で期待しています。もっともっとでかくなって欲しいものです。


コメント

研究チームが西之島へ出発 噴火後初の上陸へ

2016年10月17日 08時46分31秒 | 八重山諸島、慶良間諸島、西之島・竹島・対馬・沖ノ鳥島・南鳥島・沖縄島嶼問題
3年前から始まった噴火で島が拡大した小笠原諸島の西之島で、噴火後に初めて上陸して調査を行うため、研究チームが出発しました。
2013年11月から噴火活動が続いていた西之島では去年11月以降、新たな溶岩の流出は確認されていません。横須賀港を出発した東京大学を中心とした専門家チームは噴火後に初めて上陸し、噴出物や海鳥の生態などを調べるほか、地震計も設置します。
 チームリーダー・武尾実東大教授:「西之島がどうして2年間も噴火を続けたのか、今後の活動がどうなるのか、きちんとモニターできるような形のものをつくっていきたい」
噴火で新しくできた島での調査は国際的にも珍しく、注目されています。

@いいですね。気を付けて研究を進めてください。応援しています。



コメント