大日本赤誠会愛知県本部ブログ版”一撃必中”

  
  いにしへも 今つ世生きる くにたみも 踏みしめあゆめ  神ながらの道  (好)

トランプ 台湾にF-16戦闘機66機売却・・・怒る習近平

2019年08月18日 07時33分21秒 | 台湾海峡
アメリカのトランプ政権が台湾にF16戦闘機を売却する方針を固めていることが16日、明らかになりました。アメリカ議会関係者によりますとトランプ政権は、議会に台湾への戦闘機売却の方針を非公式に通知しており、近いうちに正式に決定する見通しです。売却するのはF16戦闘機66機でおよそ8,500億円、台湾への武器売却額としては過去最大規模になります。これをうけて中国政府は、「主権と安全に損害を与えるもので断固反対する」として、アメリカ政府に厳重な抗議をしたということです。

@香港とかウイグルとか台湾とか、もう限界なんだよ。早く解放してやれ。

コメント

台湾の世界最高齢潜水艦、延命改修終える

2019年07月09日 17時08分37秒 | 台湾海峡

第二次世界大戦期に米国で建造された海軍のテンチ級潜水艦「海獅(アシカ)」

台湾の造船最大手、台湾国際造船は21日、第二次世界大戦期に米国で建造された海軍のテンチ級潜水艦「海獅(アシカ)」の延命改修が完了したと発表した。1945年の終戦直前に就役したディーゼル潜水艦で、73年に台湾に供与された。就役期間は世界最長という。2016年末から約6億台湾元(約21億円)をかけて改修していた。
同社は、改修には「内外の企業」の協力があったとし、蔡英文政権が進める潜水艦の自主建造計画でも人材育成面で役立つと強調した。

海龍級参考:オランダ海軍のズヴァールトフィス級潜水艦の改良型の涙滴型、セイルプレーン式の潜水艦である。当初は6隻の購入を予定していたが、北京当局からオランダへの外交圧力により2隻のみの購入に終わった。既に艦齢が20年を過ぎているが、代替艦建造計画が進捗していない上に、台湾海軍が保有するもう2隻の潜水艦である「海獅」「海豹」の艦齢は海龍級の3倍以上である60年以上に達しており、海龍級は現在もなお、台湾海軍虎の子の潜水艦として運用されている。
2014年1月6日、台湾海軍は潜水艦発射用UGM-84潜対地ミサイル32発とUTM-84L訓練用ミサイル2発、UTM-84XD実証・訓練用ミサイル2発を受領したと発表した。これらの搭載により、本級の対地戦闘能力は大幅に向上し、150海里先の地上目標への攻撃が可能になったという。

@ウムー 中々厳しいぞ。国家機密満載の潜水艦は、中々最新式は売却できないからな~

コメント

米国務省、台湾への武器売却を承認 主力戦車M1A2T108両など

2019年07月09日 16時37分52秒 | 台湾海峡

M1A2T

米国務省は8日、台湾への主力戦車や携帯式地対空ミサイルなど、総額22億ドル(2400億円)相当の兵器売却を承認した。
売却が決まったのは、台湾が先に米国に対して提供を要請していたM1A2Tエイブラムス戦車108両や携帯型地対空ミサイル「スティンガー」250発、行動不能に陥った戦車を牽引(けんいん)するM88A2「ハーキュリーズ」装甲回収車14両、機関銃や弾薬など。
国防総省の国防安全保障協力局は同日、一連の兵器を台湾に売却する可能性を米議会に通告。同局は「兵器売却によって地域の軍事バランスが改変されることはない」と指摘した。
同局はまた、エイブラムス戦車の売却に関し「台湾の主力戦車部隊の近代化に貢献、地域における現在と将来の脅威に対応し、台湾全土の防衛能力の強化につながる」と説明した。
トランプ米政権は、中国による台湾への軍事的圧力に対抗するため、兵器売却などを通じて台湾への支援を強化する立場を鮮明にしてきた。

@台湾もそうだけど、戦車戦っていうか海峡を渡ってこないうちに撃破しないといけないよ。まず、戦車より潜水艦だよね。
コメント

米国防総省、台湾を国家と表記

2019年06月09日 12時28分51秒 | 台湾海峡
米国防総省が最近発表した「インド太平洋戦略報告書」で、台湾を協力すべき対象「国家(country)」と表記した。これは、米国がこれまで認めてきた「一つの中国(one China)」政策から旋回して台湾を事実上、独立国家と認定することであり、中国が最も敏感に考える外交政策の最優先順位に触れ、中国への圧力を最大限引き上げようという狙いがうかがえる。
国防総省は報告書で、「インド太平洋地域の民主主義国家として、シンガポール、台湾、ニュージーランド、モンゴルは信頼でき、能力がある米国のパートナー」とし、「4国は世界で米国のミッション遂行に貢献しており、自由で開かれた国際秩序を守護するために積極的な措置を取っている」と強調した。これらの国は、米国のインド太平洋戦略のパートナー国家として、既存の同盟国家である韓国、日本、オーストラリア、フィリピン、タイに触れ、追加で協力を拡大・強化する対象国として言及された。
米国は1979年、中国との国交を正常化した後、「一つの中国」政策に基づいてこれまで台湾を国家と認定しなかった。その米国が事実上、米国に対抗する公式報告書で台湾を国家と表記したのだ。

香港サウスチャイナ・モーニン・ポストは7日、関連内容を報じ、「米国が一つの中国政策を事実上、廃棄した」と指摘した。同紙は、「これは中国を狙った最近の米国の挑発的な措置の一つ」とし、「米中両国が貿易、セキュリティ、教育、ビザ、技術だけでなく『文明』競争を行う過程でトランプ政権が出した奇襲攻撃」と強調した。
これに先立ち、ロイター通信によると、米国は台湾に対戦車兵器など20億ドル(約2兆3620億ウォン)規模の兵器販売も推進している。台湾との外交関係修復と協力強化、軍事的支援を通じて、台湾を中国封鎖政策に参加する域内プレーヤーに引き込むということだ。米中間の覇権競争が激化する状況で、中国の激しい反発が予想される。

@FOX以外の米メディアも、当初のような下劣なトランプ批判を今は殆どしていないし、移民や貿易に対しても一歩も怯まずアメリカファーストで堂々突き進んでいます。こうした状況をまったく理解できないアホだけが、未だにトランプを罵っています。
トランプに反対している奴らの知的レベルの低さだけが、際立って目立つ今日この頃です。
これに連動して、シナ(支那)を中国と呼ぶのも止めましょう。中国とは平安時代の法令集「類聚三代格」で、山陰山陽地方を中国と既に呼称しています。更に、シナとかシナ人をチャンコロと呼称するのが正しい表現です。戦前、中国人は自ら中国人というのをシナ語でチャンゴレンと言っていましたが、それがなまってチャンコロと言っているようにわれわれ日本人には聞こえたのです。
日本人が主体性を持って中国と呼んでいいのは、山陽山陰地方の事だけです。
コメント

台湾の “本気度” 「漢光35号」演習 シナの侵攻想定 

2019年06月05日 09時33分36秒 | 台湾海峡
台湾の国防部(国防省に相当)は5月27~31日、中国からの侵攻を想定した年次演習「漢光35号」の実動演習を実施した。蔡英文(さい・えいぶん)政権の発足以降、特に強まる軍事的圧力を受け、今年は報道陣への公開を増やし、市民の安心感を高める努力が随所にみられた。台湾海峡を挟んで中国の脅威を間近に受ける台湾の軍事演習のシナリオは、報道公開用であっても細部まで作り込まれていた。
代替滑走路で離着陸
中部・彰化県では28日、高速道路を代替滑走路として戦闘機を離着陸させる訓練が行なわれた。国防部は、緒戦に弾道ミサイルなどの攻撃で空軍基地内の滑走路が破壊されることを想定し、彰化と南部の嘉義、台南2カ所、屏東の計5カ所を「戦備滑走路」に指定している。うち屏東は高速道路ではなく一般道(省道)だ。
訓練では、戦闘機3機種各1機と早期警戒機E2Kの計4機が着陸後、燃料や弾薬を補給して離陸していったが、補給は「丸腰」で行なわれたのではない。長さ2685メートルにわたって封鎖された直線道路の脇には、対空機関砲や地対空ミサイルのスパロー、パトリオットのPAC2、PAC3が配備され、対空警戒に当たった。

@以前少し紹介しましたが、台湾の本気度を感じて頂く為に全編を流します。



コメント

米に「中国軍の決心と能力、見くびるな」…台湾問題

2019年06月01日 09時46分25秒 | 台湾海峡
米国のシャナハン国防長官代行は5月31日、シンガポールで中国の魏鳳和ウェイフォンフォー国務委員兼国防相と会談した。
中国国防省の報道官は、魏氏が台湾問題に関して「中国軍の決心と能力を見くびるべきではない」と米側に伝えたことを明らかにした。米軍艦艇が台湾海峡の航行を増やすなど、動きを活発化させていることに対する抗議とみられる。
米国防総省によると、誤解や判断ミスによる衝突を防ぐ方策や北朝鮮問題での連携について協議した。シャナハン氏は会談に先立ち、中国による南シナ海の軍事拠点化は「度を越している」と批判しており、会談で強い懸念を伝えた模様だ。
両氏は31日開幕の「アジア安全保障会議」(通称・シャングリラ対話)に出席している。日本からは岩屋防衛相が参加する。岩屋氏とシャナハン氏は6月1日、それぞれ北朝鮮問題とインド太平洋戦略を主要テーマに演説する。魏氏は2日に演説予定だ。中国国防相の出席は8年ぶりとなる。

@民度の低さだけが目立つチャンコロが、偉そうに。やってみれば分かるよ。

コメント

台湾 チャンコロ侵攻を迎え撃つ 実弾演習!

2019年05月31日 11時08分54秒 | 台湾海峡
ハン・クァン軍事演習(漢光演習)
演習は5月27日から5月31日まで、主に台湾の東海岸と空域に沿って開催され、中国の侵略を模したものです。空軍はまた、彰化で緊急着陸と離陸演習を練習するでしょう、そして実弾演習も屏東県で計画されています。

@その時は、日米で応援するからね。




コメント

台湾 スイーツの店の厨房に入り痰を吐くチャンコロ女!

2019年05月10日 14時39分18秒 | 台湾海峡
@世界中から駆逐しませう。日本でも食堂でギャアギャアでかい声で騒ぎ、痰を吐いている姿をよく見かけます。


コメント

米軍 航行の自由作戦・・・南シナ海

2019年05月07日 16時32分16秒 | 台湾海峡
米海軍第7艦隊(横須賀)は6日、ミサイル駆逐艦プレブルとチャン・フーンの2隻が南シナ海の南沙(スプラトリー)諸島周辺で「航行の自由作戦」を行ったことを明らかにした。
第7艦隊のクレイトン・ドス報道官によると、2隻はジョンソン南(中国名・赤瓜)礁とガベン(南薫)礁の12カイリ(約22キロ)以内を航行した。ドス報道官は声明で「米軍は日常的に南シナ海を含むインド太平洋地域で作戦を展開している。米国は国際法が許せばどこでも飛行、航行し、作戦を展開する。我々は過去に行ってきたように、日常的で通常通りの『航行の自由作戦』を今後も続ける。これは、どこか特定の国に対するものでも、政治的な声明を出すようなものでもない」と強調した。

@南シナ海は、貿易戦争、ワシントンの制裁、および台湾の問題を含む、米中関係における多くの引火点の1つです。トランプは、貿易協定にたどり着くようシナに圧力を劇的に高めた。トランプは日曜日に、シナからの商品に対する米国の関税を今週2000億ドル相当に引き上げると発表。

コメント

IS バグダディの新映像 更なるテロ予告!

2019年04月30日 10時27分57秒 | 台湾海峡
過激派組織「イスラム国」が最高指導者・バグダディ容疑者の約5年ぶりとなる新たな映像を公開し、さらなるテロ攻撃を予告しました。
「イスラム国」最高指導者・バグダディ容疑者:「異教徒との戦いは最後の日まで続くだろう。神は私たちに戦い続けるよう命じたからだ。勝利を得るためではない」
また、バグダディ容疑者は「イスラム国」の中東のシリアで最後の拠点となっていたバグズ村が陥落したことを認め、250人以上が死亡したスリランカでの連続爆破テロはその報復だったと述べています。バグダディ容疑者の映像が公開されるのはイラクのモスルで「イスラム国」の樹立を宣言した2014年以来となります。これまで空爆による死亡説や重傷説が度々流れていましたが、映像を公開することで「イスラム国」支持者らに健在ぶりをアピールする狙いがあるとみられます。

@だから、東トルキスタンで北京の圧政からウイグル族解放の戦いを仕掛けろよ。

コメント

米イージス艦x2 4か月連続で台湾海峡通過

2019年04月30日 09時03分15秒 | 台湾海峡
米海軍第7艦隊の報道担当者は29日、読売新聞の取材に対し、米駆逐艦2隻が現地時間の28~29日に台湾海峡を通過したことを明らかにした。米艦の台湾海峡通過は4か月連続で、台湾への圧力を強める中国をけん制する狙いがあるとみられる。
2隻はミサイル駆逐艦「ステザム」と「ウィリアム・P・ローレンス」。第7艦隊は声明で、「台湾海峡の通過は『自由で開かれたインド太平洋』への米国の関与を示すものだ。米海軍は国際法が許すいかなる場所でも飛行・航行し、作戦を継続する」と強調した。

@トランプの強い意志を感じます。台湾だけなら瞬殺でしょうけど、手も足も出ませんね。

コメント

台湾軍事演習

2019年04月20日 19時31分27秒 | 台湾海峡
@台湾海峡を封鎖せよ。


コメント

台湾軍事演習

2019年04月18日 00時13分43秒 | 台湾海峡
@台湾に攻め込めば、好むと好まざるとに関わらず、当然、沖縄や尖閣も巻き込まれます。映像は、今年のものです。

コメント

台湾海峡でシナが軍事演習 アメリカは「脅し」と反発

2019年04月17日 23時57分49秒 | 台湾海峡
<米台の非公式な関係樹立40周年を祝うイベントの開催に軍事演習をぶつけて挑発する中国>
中国の空軍と海軍は4月15日、中國と台湾を隔てる台湾海峡で軍事演習を実施した。アメリカはこれを挑発と受け止めて非難している。中国人民解放軍東部戦区の報道官である張春暉大校は15日に声明を発表。「艦船や爆撃機、偵察機をはじめとする海軍および空軍部隊を台湾島周辺に派遣し、必要な訓練および演習を実施した。複数機能を果たす統合作戦の能力のテストだ」と明らかにした。張はまた、軍事演習は「年間計画の範囲内の通常の措置であり、主権国家の正当な権利だ」とも述べた。
同演習は「台湾海峡全域の平和と安定の維持にもつながる」と張はつけ加えた。「人民解放軍東部戦区は常に、自分たちの任務は何かを念頭に置き、新時代の戦闘に勝利するための能力を強化する努力をし、中国の主権と領土の保全を断固として守っていく決意だ」
トランプ政権と台湾の接近に怒る中国
米政府が台北に設置した窓口機関である米国在台湾協会は、中国側のこの動きに不快感を表明した。ロイター通信によれば、米・台湾の非公式な関係樹立(両者の関係を定めた台湾関係法の制定)から40年を記念して開催されたイベントで演説を行ったジェームズ・モリアーティ理事長は、次のように警告した。「脅しや抑圧を通して台湾に影響を及ぼそうとする試みはすべて、地域を不安定化させ、台湾海峡の安定を脅かすものだ」
アメリカは台湾と公式な関係を樹立してはいないが、1949年に中国で起きた国共内戦に敗れて本土を追われ以降、台湾に軍事支援を約束している。ドナルド・トランプ米大統領は2017年の就任以降、徐々に米台関係を強化しており、2018年には台湾旅行法(米政府当局者と台湾高官が互いを自由に行き来し会談できると定める)を成立させ、南シナ海や台湾海峡でのいわゆる「航行の自由」作戦も増やしている。

@早く始まれば、楽しくなるのにね。

コメント