大日本赤誠会愛知県本部ブログ版”一撃必中”

  
  いにしへも 今つ世生きる くにたみも 踏みしめあゆめ  神ながらの道  (好)

盗撮で退職した47歳の元大阪府警巡査部長を逮捕 G20を煙玉で妨害か

2019年08月21日 09時07分19秒 | 占領弱体化政策と戦後民主主義体制で狂った役人と国民の犯罪
厳戒態勢のなか、犯行に及んだとして逮捕されたのは元警察官でした。
警察に連行されたのは大阪府警の元巡査部長でした。現場に残されていた3つの煙玉。6月に大阪市で開かれたG20サミットで煙玉を使い、警察官の業務を妨害したとして、大阪府警は大阪府警の元巡査部長・岩橋俊治容疑者(47)を逮捕しました。岩橋容疑者は去年9月に依願退職していました。6月28日に厳戒態勢の続くG20サミットの会場近くで警戒中の警察官が植え込みでしゃがみ込んでいる岩橋容疑者に声を掛けたところ、岩橋容疑者は3つの煙玉を放置して逃走していました。その後、大阪府警は防犯カメラの映像を解析するなどしたところ、岩橋容疑者が浮上しました。岩橋容疑者は取り調べに対して「その通り間違いありません」と容疑を認めているということです。

@逃げられた? 蓋を開けたら元身内。わはは いじめの仕返し?

コメント

東京葛飾 生活保護費560万円 葛飾区と川崎市から不正受給か

2019年06月19日 17時52分20秒 | 占領弱体化政策と戦後民主主義体制で狂った役人と国民の犯罪
3年半にわたって生活保護費を二重に受け取っていた東京・葛飾区の82歳の男が逮捕されました。
高橋春夫容疑者は2012年の12月ごろから約3年半にわたり、東京都葛飾区と神奈川県川崎市から生活保護費を不正に受け取り、約560万円をだまし取った疑いが持たれています。警視庁によりますと、高橋容疑者は以前、住んでいた川崎市で生活保護費を受け取っていました。その後、葛飾区に引っ越しましたが、川崎市には申告せず、面接などの際には以前、住居としていた簡易宿泊所を使って住み続けていることを装っていました。取り調べに対し、「生活費のためだった。両方から取るつもりだった」などと容疑を認めています。

@それこそ恐喝に近い日本年金機構の国民年金の強制取り立て(支払いが少し遅れると、給与を差し押さえると言う脅しを何度も何度も繰り返す)を受けながら、支払い続ける年金だが、受け取れる金額は40年かけ続けて精々月6万円だ。
それに比べ、日本人は勿論(本当に病気で仕事ができない奴らならいざ知らず)、日本へ勝手にやってきた外国人にまで強制送還させるどころか、生活保護費まで(月額約15万)支給して生活を支援しているようだが、善良な日本国民を舐めてんじゃないぞ。

コメント

逮捕逮捕! 吹田市拳銃強奪 飯森裕次郎(33)に逮捕状請求!

2019年06月17日 01時19分36秒 | 占領弱体化政策と戦後民主主義体制で狂った役人と国民の犯罪
警察はこの人物が東京品川在住の33歳の男とみて強盗殺人未遂の疑いで逮捕状を請求する方針を固めました。

@絞り込んできましたね。辿り着くのは時間の問題でしょうが、5発入りの拳銃を持っていますから慎重にも慎重にね。
箕面市で逮捕した模様。所詮素人やね。

コメント

大阪吹田交番襲撃犯 

2019年06月16日 17時11分25秒 | 占領弱体化政策と戦後民主主義体制で狂った役人と国民の犯罪


@悠仁親王襲撃未遂犯や、いきなり警察官の胸を刺し拳銃を奪うような独善的且つ極悪非道な輩が日本社会を徘徊している今日、基本的に極左や共産主義を掲げる共産党を合法として野放しにしている事が大問題なのだ。
コメント

京都府警38歳巡査長、特殊詐欺情報使い1千万円超詐取で逮捕!

2019年06月16日 04時33分16秒 | 占領弱体化政策と戦後民主主義体制で狂った役人と国民の犯罪

高橋龍嗣容疑者=15日午前10時30分、京都市中京区

特殊詐欺の対策で知り合った70代の高齢男性から1千万円を超える現金をだまし取ったとして、京都府警は15日、詐欺容疑で府警山科署に勤務する巡査長、高橋龍嗣容疑者(38)=京都市中京区=を逮捕した。「金を預かった事実はあるが、だましたつもりはない」と容疑を否認しているという。
逮捕容疑は同伏見署管内の砂川交番に勤務中の平成30年11月8日、京都市伏見区に住む無職男性(78)の自宅で「お金を預かります」などと嘘をいって現金500万円をだまし取ったほか、同月15日、同様に「預かって調べます」などとして現金680万円をだまし取ったとしている。
高橋容疑者は外貨投資を行っており、だまし取った現金は投資に利用していた可能性もあるという。

@野中広務を筆頭とする、同和と共産党の巣窟、事件をでっちあげたり京都の警察官らしい詐欺事件ですね。
コメント

川崎・登戸  カリタス小学校のスクールバスを狙ったか・・・児童ら16人前後被害 2人心肺停止 

2019年05月28日 09時31分16秒 | 占領弱体化政策と戦後民主主義体制で狂った役人と国民の犯罪
28日午前7時45分ごろ、川崎市多摩区で「通行人が多数刺されている」と110番があった。神奈川県警によると、複数の子どもを含む16人程度が負傷し、大人1人と子ども1人の計2人が心肺停止だという。刺したのは男とみられ、神奈川県警が身柄を確保した。
県警によると、男は自らの首付近を刺して負傷した。現場では包丁2本が見つかったという。通学バスを待っていた児童らが被害に遭った模様。
現場は小田急線登戸駅から西約200メートルの住宅街。

@また、弱い人間を狙った道連れ殺人でしょうか。最低最悪です。犯人は、川崎市に住む50代の男。

コメント

政府 パチンコ入店、家族申告で制限=ギャンブル依存対策の計画決定

2019年04月19日 11時41分39秒 | 占領弱体化政策と戦後民主主義体制で狂った役人と国民の犯罪
政府は19日の閣議で、カジノ実現をにらんだギャンブル依存症対策の基本計画を決定した。
家族からの申告によるパチンコ店への入店制限や、顔認証システムを活用した競馬場への入場制限などについて事業者に検討を促す内容。競馬場内やパチンコ店内の現金自動預払機(ATM)撤去も求めた。ただ、罰則規定はなく、実効性をどう確保するかが課題となる。
閣議に先立つ依存症対策推進本部会合で、本部長の菅義偉官房長官は「基本計画に基づく取り組みを徹底的に講じ、依存症により不幸な状況に陥る人をなくし、健全な社会を構築していく」と強調した。 

@警察は、在日朝鮮グループとの腐れ縁を断ち切り、拉致問題に真剣に取り組む社会環境を構築すべきだ。警察OBの再就職先の確保より、国家の威信を確保してこそ社会正義を貫く警察の取るべき姿勢ではないのか?
コメント

反天皇に血道を上げる名古屋家裁判事”柳本つとむ”

2019年03月26日 10時56分48秒 | 占領弱体化政策と戦後民主主義体制で狂った役人と国民の犯罪

名古屋家裁判事”柳本つとむ”

4月末の天皇陛下の譲位を前に、名古屋家裁の判事柳本つとむ(55)が「反天皇制」をうたう団体の集会に参加していたことが12日、明らかになった。判事は平成21年以降、少なくとも3つの団体で活動。反皇室、反国家、反権力などを掲げ、中には過激派活動家が参加する団体もあった。過去には自治体が当事者となる訴訟も担当しており、法曹関係者からは「判決など判断の公平性、中立性に疑問が生じかねない」との指摘が出ている。
「人々から敬愛、理解、共感をかすめ取る天皇・皇族」「各地の『天皇要らない』の声とつながり、大きな反天皇制のうねりをつくりだしていきたい」
「反天皇制運動連絡会」(反天連、東京)などが呼びかけた「代替わり」反対集会では、皇室を批判する激しい発言が繰り返される。判事は昨年、こうした反天連による別の集会に複数回にわたって参加し、自らも「批判的に考察していきたい」などと発言していた。
関係者によると、判事は津地家裁四日市支部勤務だった21年、広島県呉市で行われた反戦団体「ピースリンク広島・呉・岩国」(呉市)の集会に参加。実名でスピーチした。その後、広島地家裁呉支部に異動し、同団体の活動に参加した。
名古屋家裁に異動すると、反戦団体「不戦へのネットワーク」(名古屋市)に参加。会報に「夏祭起太郎」の名前で論考を寄稿した。
昨年2月4日付では「昭和の日」を「無責任の日」と書いたほか、天皇、皇后両陛下が臨席される全国植樹祭について「天皇が一本の木を植えるために数十億単位の公費を使って、たくさんの木を伐採し、『国土の緑を大切に』というまったくもって不思議で呪術的なイベント」「過剰警備や人権侵害など様々な問題をはらんでいる」などと批判した。団体メンバーの一部には、夏祭起太郎のペンネームを使っていることを明かしていた。
判事は過去に自治体が当事者となる訴訟も複数担当していただけに、法曹関係者は「裁判官が反権力の活動をしているのであれば、行政事件の訴訟では、最初から反自治体の立場で判断するのではないかとの疑念が生じる。裁判に公平、中立を求める国民の信頼を得られないのではないか」と疑問を投げかける。
産経新聞は今年2月、判事に複数回、直接取材を申し込んだが、いずれも無言で足早に立ち去った。名古屋家裁には昨年11月に判事の政治運動疑惑を伝え、見解を質問した結果、書面で「承知していない」「仮定の質問にはお答えできない」との回答があった。今年2月に再度取材したが、家裁は判事に事情を聴くなどの調査をしたかについても明らかにせず、「お答えすることはない」とした。


@名古屋家裁も最低だが、酷いな。
コメント

福岡春日市 6歳次男を“暴行” 動画拡散で39歳母親を逮捕

2019年03月09日 09時20分26秒 | 占領弱体化政策と戦後民主主義体制で狂った役人と国民の犯罪
福岡県春日市で6歳の息子に背中や腹を蹴るなどの暴行を加えたとして、39歳の母親が逮捕されました。
警察によりますと、母親は5日昼ごろ、自宅で6歳の次男に対して背中や腹を複数回蹴るなどの暴行を加えた疑いが持たれています。母親が暴行する動画がインターネット上に拡散されたことで、警察は捜査を進めて8日に逮捕に至りました。調べに対し、母親は「次男が嘘をついていたのでイライラして蹴ってしまった」と容疑を認めています。また、去年4月には母親が長男に対して首元をつかむなどの暴行をしていたとして、近隣の人から警察に相談が寄せられていました。警察は被害に遭った次男と長男を8日の午後に保護しています。今後、日常的に暴力があったかなどを調べる方針です。

@これが、反日メディアと左翼が作り上げてきた戦後日本のミーイズムと味噌と糞を一緒だと教えてきた多様化社会で育ったクソガキ共のなれの果て。元凶のメディアが、よくこれを批判できるものだ。
この殴られているガキも、あと10年もすれば立派な自己中の青年戦士になっている事だろう。

コメント

横浜 全身やけどの3歳娘を放置しパチンコ 22歳母親ら逮捕

2019年03月05日 18時21分38秒 | 占領弱体化政策と戦後民主主義体制で狂った役人と国民の犯罪
横浜市で全身にやけどをした3歳の娘を自宅で放置したとして、22歳の母親ら2人が逮捕されました。発見時、娘はラップに巻かれた状態で意識が朦朧(もうろう)としていたということです。
横浜市鶴見区の無職の橋本佳歩容疑者と同居する田中聡容疑者(21)は4日正午ごろ、横浜市の自宅で橋本容疑者の3歳の娘を全身やけどの状態で放置した保護責任者遺棄の疑いが持たれています。警察によりますと、発見時に娘の体にはラップが巻かれていて、意識が朦朧としていたということです。2人はその時間、パチンコに行っていました。取り調べに対し、2人は「事実に間違いありません」と容疑を認めていて、やけどの原因について、橋本容疑者は「シャワーを浴びた際に誤って熱湯を掛けてしまった」と説明しているということです。

@今日も国会で、野党のクソが偉そうな御託を並べていたが、現代のアホを戒めるには、ハンムラビ法典のように”目には目を歯には歯を”で罰するべき。どんな馬鹿親でも、同じことされれば少しは反省するだろ。
本当なら、死刑にしても飽き足らないクソ野郎どもだ。

コメント

こう言う年寄りになりたい!

2019年03月05日 02時03分41秒 | 占領弱体化政策と戦後民主主義体制で狂った役人と国民の犯罪
@今の腐りきった自己中日本人に、これができるか?

コメント

それに比べて・・・

2019年02月21日 11時15分50秒 | 占領弱体化政策と戦後民主主義体制で狂った役人と国民の犯罪
@朝鮮と同和が多い京都のクソばばあ。



コメント

猿の惑星 またまたセブンイレブンの猿ども

2019年02月14日 11時13分44秒 | 占領弱体化政策と戦後民主主義体制で狂った役人と国民の犯罪




コメント

小児性愛に新対策!長崎県が教員の性的嗜好を調査へ

2019年02月08日 07時24分35秒 | 占領弱体化政策と戦後民主主義体制で狂った役人と国民の犯罪
相次ぐ教職員による幼児への性犯罪に対し、長崎県の教育委員会が対策に乗り出しました。教職員すべてに自らの「性的嗜好」のチェックを行わせるということです。
毎年200人以上。わいせつ行為で処分を受けた公立学校の教職員の数です。その数も毎年、増える傾向にあります。千葉県内の小学5年生だった女子児童は、男性教師から胸を触られるなどわいせつ行為を繰り返し受け、学校に行けなくなったといいます。相次ぐ教職員による性犯罪。また、別の女児は出会い系アプリで知り合った他県に住む小学校の男性教師から命じられ、LINEで裸の画像を送ることに。被害は女児だけではありません。

@誰が私は変態ですと書くか・・・ましてそんな個人の人権に関わる性的嗜好を調査できるんかい、アホ役人。差別だ差別主義だと言われるにきまっているだろ。
戦後民主主義に毒され、いかにも多様性社会が正しいかのようにオカマに教育を語らせ、日本の社会を汚染しまくっている一番の元凶はこれを報道しているあんたら朝日や毎日・NHKのクソメディアじゃないか。お前たちが社会から消えてなくなれば、日本の社会は正常に戻るよ。

コメント

千葉県警 小4女児死亡、母親栗原なぎさ31歳も逮捕!!!

2019年02月04日 09時42分54秒 | 占領弱体化政策と戦後民主主義体制で狂った役人と国民の犯罪
千葉県野田市立小4年の栗原心愛(みあ)さんが自宅で死亡しているのが見つかり、父の勇一郎容疑者(41)が傷害の疑いで逮捕された事件で、千葉県警は4日、30歳代の母も同容疑で逮捕する方針を固めたことが、捜査関係者への取材で分かった。
捜査関係者によると、心愛さんが自宅で勇一郎容疑者から暴行を受け、死亡した先月24日、自宅にいたという。県警は母も暴行に関与したとした疑いがあるとみている。
勇一郎容疑者は、先月24日、自宅で長女の心愛さんにシャワーの冷水をかけ続けたり、首をわしづかみにしてすり傷を負わせたりしたなどとして、県警に同月25日、傷害の疑いで逮捕されていた。

@ただただ冥福を祈る。敗戦国とは、自虐史観を定着させることで、ここまで道義的な国民の精神支柱を破壊してしまうんですね。何年かけても必ず打ち破りましょう。

コメント