大日本赤誠会愛知県本部ブログ版”一撃必中”

  
  いにしへも 今つ世生きる くにたみも 踏みしめあゆめ  神ながらの道  (好)

トランプの本気度 ペンス米副大統領 シナの「侵略」許さぬ決意示した! それは貿易戦争に非ず、本物の戦争だ!

2018年11月18日 12時50分00秒 | 米ユニラテラリズム(良い意味での)
トランプ米政権が、覇権主義的な拡張を続ける中国に対抗し、インド太平洋地域の平和と繁栄に関与していく姿勢を明確に示したといえる。
ペンス副大統領の訪日以降の地域歴訪のことである。アジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議があるパプアニューギニアでの演説は、そのハイライトとなった。
ペンス氏は「米国のこの地域への関与はかつてなく強い」と述べ、日本やオーストラリアと連携し、「自由で開かれた」地域を目指すと強調した。
この地域で最大600億ドルのインフラ支援の用意を改めて表明し、相手国を「借金漬け」にする中国より、協力相手として米国が「良い選択だ」と述べた。極めて分かりやすい呼びかけである。

「国際法の認める飛行、航行を続ける」と、中国が軍事拠点化を進める南シナ海での「航行の自由」作戦続行も宣言した。
ペンス氏はシンガポールで東アジアサミット(EAS)を含む、東南アジア諸国連合(ASEAN)関連の首脳会合に出席した。今回の歴訪にはオーストラリアも含まれる。
各地の会合でペンス氏が繰り返し言ってきたのは、米国のこの地域への関与が「揺るぎなく永続的」であること、この地域に「帝国や権威主義体制、侵略の入り込む余地はない」ということだ。後者はもちろん、中国を念頭に置いての発言である。
注目すべきは、EASもAPECもインド太平洋諸国を中心に構成され、中国首脳もその場にいるということだ。EASはそれ自体、地域の安全保障を話し合う会合で、中国の力ずくの海洋進出阻止へ一層の活用が求められる。

EASでは、南シナ海の軍事化を「違法」としたペンス氏に、李克強首相が「第三国は介入すべきでない」と反発した。だが、この海域は国際的に重要な貿易ルートであり、米国排除はおかしい。
パプアニューギニアでは、習近平国家主席が演説し、巨大経済圏構想「一帯一路」を推進する意向を示した。債務が膨らんだ相手国から港湾などの戦略拠点を奪取する手法は絶対に認められない。
「自由で開かれたインド太平洋」はもともと、安倍晋三政権の発想である。米関与を歓迎するだけでなく、ともに主導してこの構想を進めていかねばなるまい。

@素晴らしいですね。なんせ北京(シナ)にはトランプタワーは一つもありませんから、いつでも爆撃するつもりで本気で戦争を(貿易戦争ではなくホンチャンの戦争)仕掛けています。



コメント

現役 B-52戦略爆撃機

2018年08月04日 10時47分32秒 | 米ユニラテラリズム(良い意味での)

B-52 ストラトフォートレス

1955年から744機が製造されています。アップグレイドを繰り返し2050年までの運用が計画されています。航空史上例のない、100年に及ぶのロングラン配備になります。2018年2月、アメリカ空軍では戦略爆撃機の編成として、2020年代後半までにB-1とB-2を退役させ、エンジン換装などで延命したB-52を75機、新型のB-21を100機とする計画を発表しています。

@35年前沖縄で現物を初めて観た時は、そのでかさに度肝を抜かれました。

ヤンキーーは、空中給油が大好きなんだね。必ず出てきます。
コメント

米誘導クラスター爆弾 CBU-105

2018年07月20日 10時49分03秒 | 米ユニラテラリズム(良い意味での)


@CBU-105は無誘導型クラスター爆弾のCBU-97に慣性誘導装置と飛行制御装置などの誘導キットを取り付けたもので、WCMD(Wind Corrected Munitions Dispenser)と呼ばれている。またアメリカではCBU-105にGPSと滑空翼を追加する事で、射程と命中精度を向上させる研究も行われている。元のCBU-97は内部にBLU-108子爆弾を10個内蔵している。子爆弾BLU-108は分裂するとそれぞれパラシュートを展開して落下していき、地表に近づくと4つの徹甲弾を射出する。徹甲弾には赤外線センサーが付いており、車輌のエンジン熱を感知して突入、これを破壊する。つまりCBU-97は1発にセンサー付徹甲弾40発を内蔵している事になり、隊列を組んでいる敵車輌部隊に対して絶大な威力を発揮する。


コメント

トランプ、プーチン会談 「友好、協力、平和」 ヘルシンキ 

2018年07月17日 18時03分53秒 | 米ユニラテラリズム(良い意味での)

ヘルシンキ。

ロシアのプーチン大統領はヘルシンキでの首脳会談で非常に強かった。トランプ米大統領が、テレビ局「Foxニュース」のインタビューで語った。

トランプはヘルシンキで行われた露米首脳会談について「我々は素晴らしい時間を過ごしたと考えている」と述べた。
またトランプは、両氏が重要な結論に達したと語った。同氏は「我々は核拡散、戦争と平和、経済、シリア、ウクライナを含むとても多くのことを議論した。我々は非常に多くのことを議論した」と語り、結論はイスラエルにも関連したと述べた。
先にトランプ大統領はプーチン大統領との会談について「よいスタートだ」と指摘した。トランプによると、米国はロシアとの「友好、協力、平和」を望んでいる。また同氏は、露米首脳会談がより頻繁に行われることへの期待を表した。

@ユーラシア連合は「勇気、団結、報復」だよ。by プーチン



コメント

新冷戦打開なるか? 米ロ首脳会談 開催地では記念ビールで盛り上がり

2018年07月15日 15時59分36秒 | 米ユニラテラリズム(良い意味での)
16日にアメリカのトランプ大統領とロシアのプーチン大統領の会談が行われるフィンランドでは、記念商品が発売されるなど早くも盛り上がりを見せています。
首脳会談を記念してフィンランドの醸造所が発売したビールのラベルには、米ロの対立が激しくならないよう「大人の対応で解決しましょう」という文言が書かれています。1万本の限定商品で、ヘルシンキ市内のバーでは、1本約1000円で販売されています。首脳会談は16日午後からヘルシンキの大統領宮殿で行われる予定です。


@お互いがそれぞれ少しづつ譲歩し合えばいいのだけれど、ヘルシンキで会うという事がそもそもその目的を達成しているよね。このツーショットから観れば、習近平なんてホント貫録不足だし、安倍さんなら何の遜色もないよな。


コメント

米国 F-35ライトニング Ⅱ 174名のパイロット養成中 100.000時間運行目指し!

2018年07月14日 14時21分23秒 | 米ユニラテラリズム(良い意味での)
@我が国も、生え抜きのパイロットが訓練に励んでいるんでしょうね。


コメント

RPG-7ロケットを発射できる米国のPSRL-1とGS-777の新しい対戦車兵器!

2018年07月13日 16時12分16秒 | 米ユニラテラリズム(良い意味での)
@全世界で使われるRPG-7の、完全アメリカ版(AirTronic社)オリジナル。GS-777は、軽量タイプ。



コメント

F/A-18 Super Hornetのコックピットは、iPad世代に対応すべくアップグレイドされる!

2018年07月11日 23時53分45秒 | 米ユニラテラリズム(良い意味での)
@ゲームの達人は、そのまま戦場の勇者。精神論いらないし。hi


コメント

飛びます飛びます!

2018年07月10日 13時53分58秒 | 米ユニラテラリズム(良い意味での)
第82空挺部隊は、ノースカロライナ州フォートブラッグのレッドデビルマスタック(Red Devil Mass Tac)で、C-17から静的なラインジャンプを行います。


@パラシュート降下の夜間演習。


コメント

米軍 負傷した兵士をいかに回復させるかの訓練!

2018年07月07日 18時40分45秒 | 米ユニラテラリズム(良い意味での)
@チームワークがいかに大切かという事を教えています。


コメント

地球上最も命中精度の高い核爆弾「B61-12」

2018年07月07日 16時16分41秒 | 米ユニラテラリズム(良い意味での)





核爆弾B61-12 B61は可変威力弾頭であり、サブタイプにもよるが最大170ktの威力を持つ。信管はフル・ヒューズ・オプション(FUFO)であり、空中爆発・地上爆発・遅延爆発に対応している。

@B1B爆撃機は言うに及ばず、F-15でもF-35からでも発射できます。その精度はピンポイントですから、半分の威力でも効果は200%。今の場合、その標的はジョンウンから近平にチェンジしました。hi


コメント (2)

米大使館 海兵隊警備訓練!

2018年07月04日 23時32分37秒 | 米ユニラテラリズム(良い意味での)
@いい映像です。

映画なんかにでてくる中東の米国大使館がイスラム過激派に襲撃されると、こうした海兵隊員はぼこぼこにいわされて、たまたまそこにいた昔の海兵隊員が一人で全部やっつけてしまいますよね。

コメント

続々生産されるハイブリット型アメリカ級強襲揚陸艦 LHA6 LHA7 LHA8

2018年07月04日 14時22分09秒 | 米ユニラテラリズム(良い意味での)
設計面では、ワスプ級の8番艦「マキン・アイランド」をベースとしており、45%が共通とされている。「マキン・アイランド」はそれまでのワスプ級姉妹艦と異なり、多様な新技術を取り入れた艦である。
「マキン・アイランド」は主機関にCODLOG方式(電気・ガスタービン複合推進(hybrid-electric propulsion system)とも)が採用され、就役したアメリカ軍初の艦で、本級も同様の機関を採用している。これは、低速機としてはディーゼル発電機と補助電動機(APS)による電気推進、高速機としてはゼネラル・エレクトリック LM2500+ガスタービンエンジンによる機械駆動推進を行うもので、高速機と低速機の切り替えは12ノットを基準とする。ワスプ級の7番艦まで搭載されていた蒸気タービン主機関と同等の出力を備える一方、燃料消費を半分以下に低減できるという低燃費性を備えている。

@小野寺さん、陸自用(水陸機動団)には、当面これを頂いて、→ タラワ級強襲揚陸艦の4番艦「ナッソー (LHA-4) 米議会で、日本への移譲が提案される! 後は独自で、本物のハイブリットタイプの優秀な強襲揚陸艦を自前で造って下さい。



コメント

在独米軍の移転・撤退、国防総省が検討か 米紙報道

2018年06月30日 20時45分43秒 | 米ユニラテラリズム(良い意味での)
米紙ワシントン・ポスト(Washington Post)は29日、米国防総省がドイツに駐留する米軍の移転もしくは撤退にかかる費用について検討していると報じた。
海外に駐留する米軍の中で最大水準の規模を誇る在独米軍の移転などについて、ドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領はすでに軍当局者らと話し合いを行っており、北大西洋条約機構(NATO)諸国に不安が広がっているという。
同紙は匿名の情報筋の話として、現時点では米政府内でいくつかの選択肢が検討されているにすぎないと強調しつつ、在独米軍約3万5000人の現役兵のうち相当部分の米国への帰還や、在独米軍の一部または全部のポーランドへの移転などが検討されていると伝えた。
しかし米国家安全保障会議(NSC)のある報道官は報道内容を否定。国防総省のエリック・ペイホン(Eric Pahon)報道官も在独米軍の撤退計画は一切存在しないと述べた。
トランプ氏は来月11、12日にベルギー・ブリュッセルで開かれるNATO首脳会議に出席する予定。同氏はNATO加盟国が2024年までの達成で合意した目標計画に従って、NATO各国に国内総生産(GDP)の少なくとも2%を防衛費に充てるよう圧力をかけるとみられている。このところ米国との関係が緊張しているドイツはその目標達成は難しいと示唆している。一方、ポーランドはすでにその目標を達成済みだ。


@難民は大量に受け入れるくせに、NATOに金を出さない共産主義者メルケルにいら立つトランプの内心を吐露しただけのお話。
日本の反米右翼や左翼も同じ。もし、本気でアメリカが出て行ったらどうやって国を守るんだ? ハァ? 答えてみろよ。いつまでもバカな事いってるんじゃない。
今は、もう昭和じゃないんだ。平成30年なんだよ。倒すべきは安倍でも米国でもない。戦後民主主義体制、所謂弱体化占領政策なんだよ。

共産主義者メルケルが大嫌いなトランプ! 握手を拒む。 わはは
コメント

ペルシャ湾 米強襲揚陸艦 イオー・ジマ (LHD-7) 寄港

2018年06月27日 08時18分17秒 | 米ユニラテラリズム(良い意味での)

USS Iwo Jima, LHD-7

兵装 Mk.29 シースパロー8連装ミサイル発射機x2基
Mk.49 RAM連装ミサイル発射機x2基
Mk.15 20mm ファランクスCIWSx2基
12.7mm重機関銃x4丁
Mk.38 25mm単装機関砲x3基 
艦載機 ヘリコプターx30機 AV-8B ハリアーIIx6-8機



@いずもの2倍の排水量。大きさはほぼ同等。

コメント