大日本赤誠会愛知県本部ブログ版”一撃必中”

  
  いにしへも 今つ世生きる くにたみも 踏みしめあゆめ  神ながらの道  (好)

米国防総省報告書 アジア太平洋地域における 中国の脅威 

2009年03月31日 01時05分26秒 | 暴戻支那の膺懲
米国防総省は25日、「中国の軍事力」に関する年次報告書を発表し、中国が戦略核戦力や東アジア地域での軍事能力、さらには台湾の攻略能力などをいずれも増強しているという現状を明らかにした。報告書はさらに、中国の軍事の態勢や戦略が不透明であり、アジア太平洋地域での大きな不安定要因となっていることを指摘した。

同報告書は毎年一度、発表され、議会に送られるが、総括として中国がなお「高度の外国製兵器の取得、防衛関連科学技術への急速度の投資、軍隊の組織的、戦略的な改革などによって地域制圧の軍事能力や核、宇宙、サイバー戦争の軍事技術を発展させ、アジア地域の軍事バランスを変えて、アジア太平洋地域をも越える影響を発揮している」と警告している。

 具体的には、米国本土にも届く戦略核戦力で中国が2006年以来、CSS4、DF31などの大陸間弾道ミサイル(ICBM)計約20基を新配備したほか、射程のやや短いCSS3を約20基、1隻に弾道ミサイル(SLBM)を12基搭載した「夏」級潜水艦を新配備するなど、世界でも唯一、戦略核ミサイルの増強を進めていることを指摘。また、西太平洋地域で水上艦、潜水艦、航空機を増強し、対艦攻撃ミサイルや魚雷の強化で地域制圧の能力を高め、潜在敵の側の航空母艦までを抑止する能力をつけ始め、東シナ海での尖閣諸島をめぐる日本との領土紛争への対処能力をも高めたことなどを強調した。

 報告書によると、中国は台湾への攻撃、攻略の能力を依然として高め、台湾海峡沿いの福建省などでは台湾に届く短距離弾道ミサイルの増強を継続。2008年9月の時点で合計1150基にも達して、いまなお毎年約100基のペースで新配備を続けている。

 報告書は台湾の政権が変わり、独立を直接には目指さない国民党が政権を握って、中国との政治的な緊張が和らいだのに増強がなお続いている点に懸念を示し、「中国が台湾の独立を阻止するために攻略の軍事能力をつけることは理解できるが、現在の増強は台湾をはるかに越えた有事までをも想定しているようにみえる」と指摘した。

 一方で、中国海軍が航空母艦を保有する意思を公的に表明し、旧ソ連から購入した旧式空母を活用し自国製の建造を目指す方針を進めていることを伝えている。パイロット50人が空母艦載機の操縦訓練を受け始めたことも記している。

 また、報告書は中国の人民解放軍の兵器装備や戦略作戦などがほとんど秘密にされ、透明性に欠ける点を批判的に取り上げ、国際情勢を不安定にする主要因だと断じている。中国政府が公式に発表する国防費は08年度分は約600億ドルで前年より17・6%の増加だが、外国からの兵器購入や航空宇宙での戦争準備などの経費はそこには含まれず、実際は1050億~1500億ドルにも達すると米側はみている。

@営利追求しか頭にない経済界の主導によって人的交流なども含め、なんの危機意識も持たない親中政策が推し進められているが、片手で握手しながらもう片方の手には戦略核が握られている事を決して忘れてはならない。莫大な国防費を毎年惜しみなくつぎ込み、事ある毎に内政干渉を繰り返すシナは友好国たりえない。北の弾道ミサイル発射に関して米国防長官ゲーツは、国務省と違って「アメリカが標的でなければ迎撃せず」などと軽くかわしているが、我々が訴えてきた通り、いざとなれば日米同盟国の絆なんてまったく意味をなさない。ソマリアの海賊対策と同じような意識を対中戦略の中軸として確立し、尖閣諸島を早期実効支配し、シナに付け入る隙を与えない独自の国防体制の強化を急ぐ事だ。
(写真は、シナ最新鋭潜水艦「晋」型弾道ミサイル搭載原子力潜水艦)
コメント

日本「人種のるつぼ」 中国、2100年には先進国  文化防衛の再構築を図れ

2009年03月30日 03時58分51秒 | 対米従属から対米自立
中国が先進国の仲間入りし、多数の欧米人が在住する国際的な社会に生まれ変わる-。米コンサルタント会社マッキンゼーは27日までに、西暦2100年の世界を予測するリポートを発表した。国際化の進展で、欧州や中国、日本はいずれも米国のような「人種のるつぼ」になると予想している。
 同リポートによると、中国は今後発展し続け、2100年までに先進国に仲間入り。インド、ブラジル、インドネシアでも発展が進み、世界の貧富の格差は大幅に縮小するという。
 また、英語が国際語として普及、現在7000あるとされる世界の言語は約200に淘汰される。ただ各国の文化は英語文化と融合しながら独自の発展を遂げ、世界はむしろ多様性が増すと予想。国際化の進展で人口移動も活発となり、中国やインドに住む欧米人や、欧米やアフリカに住むアジア人が急増する見通しだという。

@当然2100年には私はこの地球上に影も形もないが、現在我が国で国際化の名のもとに推し進められている企ての一つ一つが、その序章としてすでに始まっているということだ。今我々がなすべき事はその一つ一つを確実に潰していくという事であり、それと同時に100年後を見据えた文化防衛の再構築を急がねばならない。
コメント

オバマ新アフガン戦略 軍6万人に増強 と、青年将校クーデター

2009年03月29日 09時40分12秒 | 運命共同体としての日米同盟
オバマは27日午前(日本時間同日夜)、テロとの戦いが続くアフガニスタンの新たな包括戦略を発表した。アフガン軍訓練・増強のため米軍4000人を今春に追加派兵し、大規模な文民も派遣。隣国パキスタンへの支援を強化、同国内に潜伏する国際テロ組織アルカイダ打倒を目指す方針。政策の進展を検証する指標も設定。米主導を鮮明にし、イラク戦争偏重だったブッシュ前政権の政策を転換する。

 駐留米軍は今秋までに6万人規模に増強されるが、アルカイダや連携する旧支配勢力タリバンの攻勢による治安悪化で米軍の長期駐留は避けられず、大統領は「道は長く険しい」と述べ、「出口戦略」は示せなかった。アフガンでは8月に大統領選を控えており、オバマは4月3、4両日の北大西洋条約機構(NATO)首脳会議で協力を呼び掛ける。

 オバマは27日の演説で「(新戦略の)目標はパキスタンとアフガンのアルカイダを解体、打倒することだ」と強調。同地域をテロの巣窟にしないとの強い姿勢を示した。軍民一体の支援でアフガンの自立を促す一方、パキスタンには「今後5年間、年15億ドルの直接支援」を約束し、アルカイダの掃討を強化するよう迫った。

 アフガンについては「国民和解なくして和平はない」と述べ、現政権とタリバン穏健派の和解を促す考えを表明。イラン、インド、中露など利害関係国を含む「連絡グループ」設置を提唱、地域的連携の必要性を強調した。

@イラクからアフガンにシフトしただけのオバマ。すでにオバマ人気も陰りを見せ始めたが、検察の青年将校クーデター大いに結構じゃないか。今や小沢のポチになり下がった田中真紀子は必死になって検察ファッショと騒いで批判しているが、馬鹿犬の遠吠えそのもの。馬鹿犬はいつまでたっても馬鹿犬だ。民主小沢はオバマの政権交代劇を自らの民主党とオーバーラップさせる事によって、政権交代の機運を一気に盛りげ勢いつくはずだったが、身から出た錆にっよって東京地検の青年将校グループにとどめを刺された。結局、世間はそんなに甘くないと言う事だ。
コメント

「第二の開闢」 魂なき国家に魂を注入せよ 愛国自衛官は今こそ決起せよ!!

2009年03月28日 10時30分00秒 | 占領弱体化政策と戦後民主主義体制で狂った役人と国民の犯罪

  

    実弾も入っているし、いっちょ、やりますか!                            よし、やろう

今般の会見騒動を見て、それでも自衛隊は静観するのか。

畏れ多くも、一介の政治家小沢一郎ごときが、己の欲望を満たすために陛下を利用し、更なる保身を図っている。

これ以上の不敬不遜がこの大宇宙に存在するのか!

多くの国民は私利私欲に走り、役人は私腹を肥やし、財界は営利のみを追求し、政治家はシナ・韓国の下僕となって売国に明け暮れ、道義は地に落ちた。

この腐りきった現状を打破するには君たち愛国自衛官が、純粋無比なる愛国尊皇の精神を奮い立たせ、起ちあがるしかない。

決起せよ!! 決起せよ!!

現政権を打倒せよ!!


平成21年12月16日

野党第一党党首小沢一郎の秘書が政治資金規正法違反で起訴されたが、小沢一郎本人は責任を取るどころか言い訳を繰り返し、記者会見では「僕はなにも悪くない」と涙まで流して訴えた。一方、閣僚の不祥事続きの麻生内閣の支持率は低迷を極め、経済は疲弊し、企業倫理は崩壊し、売国的営利至上主義が当り前のように蔓延り、道徳心はもはや過去の遺物となり、人心は犬畜生より劣り、役人は危機意識なく予算消化のみに明け暮れ、政治家は私利私欲に走り、我が祖国は未曾有の危機に晒されている。

そんな中で昨日、北朝鮮の弾道ミサイル発射に関し、戦後初めて破壊措置命令が自衛隊に下されたが、自衛隊はいつまでこのような茶番劇を繰り返すのか。対米従属と対東アジア隷属を唯一絶対の主体性とする亡国体制下で、独立国としての安全保障と政治がまともに機能していない今日、文民統制などと言う箍はまったく意味をなさない。自衛隊自らがその箍を打ち砕いた時、戦後の呪縛から祖国は解放され、我が国は独立国として初めてその主体性を取り戻すのだ。

真に国を憂うる愛国自衛官は、今こそ決起せよ!!

コメント

北朝鮮ミサイル 破壊措置命令を発令 ついでに在日朝鮮人と社民党議員も全員予防拘束したらいい。

2009年03月27日 15時59分28秒 | 我が国の安全保障問題
政府は27日午前、国会内で安全保障会議(議長・麻生太郎)を開き、北朝鮮が「人工衛星打ち上げ」名目で長距離弾道ミサイル「テポドン2号」を発射した際の対処方針を決定した。これに基づき浜田靖一は、ミサイルが日本の領土や領海に落下する場合に備え、自衛隊法82条2の3項に基づく「破壊措置命令」を発令した。今回の命令の期間は4月10比まで。03年にミサイル防衛(MD)の整備が始まって以来、実際に発令するのは初めて。

 麻生は安保会議で、「どのような形であれ、国民に被害が起きるような現象は断固阻止しないといけない。万全を期して対応するように」と関係閣僚に指示した。

 3項による破壊措置命令は、弾道ミサイルや人工衛星などの飛しょう物体が、日本に落下してくる可能性が生じたものの、「飛来するおそれがある」と明確には言えない場合に発令される。北朝鮮が「人工衛星の打ち上げ」と称し、落下する可能性のある海域を国際機関に通知しており、日本に落下する可能性が高いとは言えないと判断した。

 法律上は3項による破壊措置命令の発令時は公表する必要がない。しかし、北朝鮮が4月4~8日のいずれかの日の午前11時から午後4時の間に発射すると通告しており、政府は国民への十分な説明が必要と判断。実際に発射が確認された際にも、速やかに発表する方針だ。

 あらかじめ閣議決定されているMD運用のための「緊急対処要領」に基づき、部隊は迎撃に備える。海上自衛隊は近く、海上配備型迎撃ミサイル(SM3)搭載のイージス艦「こんごう」「ちょうかい」の2隻を日本海に展開。航空自衛隊は、浜松基地(静岡県)の地上配備型迎撃ミサイル(PAC3)を、上空を通過する可能性がある陸上自衛隊の秋田県・新屋演習場、岩手県・岩手山中演習場などに移動し、関東地方の高射部隊のPAC3も首都圏に配置される。

@実戦配備ができて、ある意味、北朝鮮様様じゃ~ないの。ついでに在日朝鮮人と社民党議員も全員予防拘束したらいい。
コメント

「和服を着た日本人は出ていけ」 「桜」 「和服」 は反愛国?

2009年03月27日 13時06分27秒 | 暴戻支那の膺懲
「和服を着た日本人は出ていけ」

「武漢大で和服を着て写真を撮るな!」

和服の衣装を着て記念撮影をしていた中国人女性2人に罵声が浴びせられたそうだ。湖北省の武漢大学構内の桜園。中国メディアも“季節物”とばかりにこぞってとりあげる桜の名所。2人の女性は20歳代のお嬢さんと母親だという。回りの学生や市民からの罵声に、すぐにその場を立ち去った。武漢では2006年に、桜の花をめぐって「国辱論争」が起こった。「桜」も「和服」も日本の象徴、日本人独特のものであり、中国人が愛でれば「愛国的ではない」というもの。これも反日感情と偏狭的愛国意識の表れだ。前出の親子は、単に「和服の衣装を着て写真を撮ればきれいだと思った」だけだった。しかし、学生のひとりは「和服は日本特有の衣装であり、見ていて不愉快に思った」という。この桜の木は1972年の日中国交正常化の後に日本政府と友好団体が寄贈したもの。

@しかしこいつら、日本で75万人のシナ人が飯食って糞垂れてる事知らないんだろうね。
コメント

胡錦濤さん、中国人民栄誉賞でもあげたら

2009年03月27日 12時50分58秒 | 暴戻支那の膺懲
香港国際空港で飛行機に乗り遅れたとして喚き散らすシナ人。
アクセス急伸中だそうだ。


コメント

PAC3 首都圏・東北に展開 迎撃態勢、週明け整うって 一発撃ち込んでやればいいじゃない

2009年03月26日 11時12分31秒 | 我が国の安全保障問題
北朝鮮によるミサイルの発射準備を受け、迎撃に向けた自衛隊の部隊運用計画の全容が25日、判明した。30日にもイージス艦と地対空誘導弾パトリオット(PAC3)の展開を開始。焦点のPAC3の展開地は首都圏3カ所と東北地方2カ所の自衛隊施設に絞り、二正面で防護を固める。各1カ所に迎撃を統制する指揮所運用隊も置く。

 ミサイル防衛(MD)システムでの迎撃は二段構えとなる。海上自衛隊のイージス艦搭載の海上配備型迎撃ミサイル(SM3)が大気圏外で撃ち落とし、失敗すれば航空自衛隊のPAC3が着弾直前に迎撃する。

 北朝鮮はテポドン2号改良型発射を人工衛星の打ち上げと主張。4月4日から8日の間、ブースター(推進エンジン)の落下区域として秋田沖130キロの日本海と銚子沖2150キロの太平洋を設定し、秋田、岩手両県の上空を通過する可能性がある。

 PAC3の迎撃範囲は半径約20キロと狭く東北には未配備だが、発射機などは車載式で移動展開できる。故障による本体の落下やブースターの直撃に備え、陸上自衛隊秋田、岩手両駐屯地に空自浜松基地(静岡県)の高射教導隊に配備したPAC3の発射機を移動。秋田県の空自加茂基地には指揮所運用隊を配置する。

 本来、PAC3は政経中枢の大都市圏への配備計画に基づき、導入が進められてきた。改良型が想定コースを外れ、首都圏に飛来する恐れもある。

 入間(埼玉県)、習志野(千葉県)、武山(神奈川県)、霞ケ浦(茨城県)の空自4基地に配備したPAC3を、首相官邸をはじめ都心の防護に充てる。発射機の展開地は、防衛省庁舎のある陸自市ケ谷駐屯地と朝霞駐屯地(東京都など)、習志野基地。指揮所運用隊は入間基地に置く。

 イージス艦は「こんごう」と「ちょうかい」が日本海に展開する。日本海に2隻を配置すればSM3で全国を防護できるが、改良型の射程は米アラスカ州全域に届く8000キロ以上との分析もある。最大射程で発射すれば高度は1000キロ以上に達し、迎撃可能な高度が100キロ程度のSM3では対処できない。

@とにかく北朝鮮に振り回されているのか、デキレースなのか知らないが、こうしたミエミエの構造がどうしても納得できずここではあまり取り上げた事がない。本当に脅威ならば、アメリカが先制で一発撃ち込めば済む事じゃないか。それでは商売にならないから、ああだこうだと煽っているとしか思えない。この事に関しては好き勝手にやってくれって感じだ。まぁ、防衛力が増強されることに異議はないが、高い買い物にならないように、そしていつまでも日米安保に頼らず自前でやる事だ。で、百歩譲って本当に脅威の場合、憲法に抵触するからとか言って、相手が打ち出すまで本当に指を咥えてただ黙って見ているだけなのか?そんな国家ならいらないよ。
コメント

在日中国人が75万人を突破、定住者は43万人に

2009年03月25日 17時21分11秒 | 暴戻支那の膺懲
在日中国人向け新聞「中文導報」は、日本で暮らす中国人の数は75万人を超えたと報じている。記事によると、昨年1年間に日本国籍を取得した中国人は10万5813人で、永住者は12万8501人に達した。特別永住者は2986人増えて初の13万人台を突破。日本人の配偶者は5万6990人、永住者の配偶者は5212人増えた。日本に定住する中国人の数は43万人を超えるという。

人口の増加に伴い、全国各地に中国人コミュニティが形成されている。横浜の中華街や神戸の南京街は有名だが、最近は東京のお台場(江東区)、立川市、愛知県名古屋市の大須(中区)、大阪の上海新天地(大阪市)など新興の“中華街”も続々と誕生。埼玉県大宮市の東宮下団地や川口市の芝園団地などは居住者の大部分を中国人が占めるという。

日本で検挙された外国人犯罪の統計データ。
平成19年中 外国人刑法犯検挙件数
警察庁調べ
----------------------------------
中国      9,664    37.6%
ブラジル    7,289    28.3%
韓国       2,161    8.4%
ベトナム    1,112     4.3%
パキスタン   1,012    3.9%
トルコ      864     3.4%
フィリピン    524     2.0%
コロンビア    506     2.0%
ペルー      420     1.6%
中国(台湾)    245     1.0%
その他     1,933     7.5%


@すでに在日韓国朝鮮人を10万人近くも抜いているが、政府はこうした数字を表に出したがらないようだ。
しかしこいつら、羨ましいぐらいいい車に乗ってるな~
コメント

小沢一郎くん、君らしくもっともっと、悪あがきしたらいい

2009年03月24日 21時50分11秒 | 三党連立鳩山淫売政権
小沢一郎の資金管理団体「陸山会」の政治資金規正法違反事件で、東京地検特捜部は24日、同会の会計責任者で小沢の公設第1秘書・大久保隆規容疑者を同法違反(虚偽記入、企業献金の受領など)の罪で東京地裁に起訴した。しかし小沢は党本部で緊急の役員会と常任幹事会に出席し続投を表明。

民主党は24日午前、定例の役員会と常任幹事会を相次いで開いた。同日昼には、参院常任役員会で小沢続投を容認することを確認した。ただ、岡田克也が常任幹事会で、さらに説明責任を果たす必要性があると指摘したほか、代議士会では、横光克彦が小沢の自発的な辞任を促した。

@私利私欲一筋、身の程知らずの馬鹿な奴。記者会見で自分の為に涙し、吐いた言葉=「国民の側に立った政権を樹立させる」(爆)吉本へでも行け。
地検特捜もかなりの情報をリークした割に手ぬるいぞ。これじゃ到底国民は納得しない。
コメント

PCI詐欺に有罪判決 しかし、本当の問題はすでに使途不明金が100億円超中国政府に渡っている事だ

2009年03月24日 13時04分42秒 | 遺棄?化学兵器処理機構
中国に引き渡したにも拘らず遺棄したとされる化学兵器処理事業費の詐欺事件と、ベトナム高官への贈賄事件で、詐欺と不正競争防止法違反の罪に問われたコンサルタント会社「パシフィックコンサルタンツインターナショナル」(PCI)元社長・多賀正義被告(63)らの判決が24日、東京地裁であった。

園原敏彦裁判長は、「事件の発覚で処理事業の中断を余儀なくされ、国際的な信用を損なった」と述べ、多賀被告に懲役2年6月、執行猶予3年(求刑・懲役3年6月)の有罪判決を言い渡した。

 詐欺罪に問われたPCIグループの「遺棄化学兵器処理機構」(東京)元社長・遠藤博之(69)、PCI元取締役・栗原努(57)、元社員・久賀伸生(57)の3被告については、懲役2年、執行猶予3年(求刑はいずれも懲役2年)とした。

 判決によると、遠藤被告らは2004~06年度、人件費を水増しした事業費を内閣府に請求し、計約2億9800万円をだまし取った。多賀被告はこのうち、04年度分の約1億4200万円に関与したほか、06年8月、PCIが同国ホーチミン市の道路建設のコンサルタント業務を受注するため、同市業務管理局のフイン・ゴック・シー局長に、22万ドル(約2600万円)のわいろを贈った。

中国の遺棄化学兵器処理事業は、事業の執行体制の見直しを迫られるなど、事件で大きな影響を受けた。処理期限は条約で2012年と定められているが、30万~40万発が埋まっていると推定される吉林省ハルバ嶺での試掘は、昨年末始まったばかり。実際にどの程度の化学弾が残されているか調べるため、試掘にあと2年程度はかかる予定。

@総額一兆円ともいわれ、新たなる対中ODAとして親中政府とシナが仕組んだデキレース。(PCIは元々ODAの専属企業であり今回摘発されたが裏金作りはお手の物の悪徳企業)緊縮財政の中、国民の生死にかかわる予算までも削っておきながら、すでに683億もの大金がPICの言うがままにつぎ込まれ、そのうち使途明の公金が少なくとも100億円超、中国政府の側に渡っている。マスコミも誰もこれを一切取り上げない。ふざけるなって事だ。
コメント

平成二十一年度 民族派青年学生 神宮参拝・みそぎ研修の集い Ⅰ

2009年03月23日 13時15分58秒 | 神宮参拝・みそぎ研修の集い
平成21年3月21日。
午後3時外宮参拝。
その後、神宮会館に戻り夕刻6時から食事。
7時より大講堂にて、みそぎ研修、そして直会。

國の子論評社 横山孝平社主の司会進行で先ず国民儀礼。
各世話人挨拶。
南  英雄 神都世話人
松元 良介 水都世話人
犬塚 哲璽 帝都世話人
大野 康孝 代表世話人

午後10時半終了。
内容までは詳しく書けませんので悪しからず。
詳しくお知りになりたい方はHPでどうぞ。
写真は、国民儀礼の様子。

地元、伊勢の同志の皆さん、道彦、大野康孝宮司、世話人の皆さん、全国の同志の皆さん、お疲れ様でした。来年また伊勢でお会いしましょう。各地での健闘を祈ります。
コメント

平成二十一年度 民族派青年学生 神宮参拝・みそぎ研修の集い無事完遂

2009年03月22日 18時40分01秒 | 神宮参拝・みそぎ研修の集い
平成21年3月21日-22日と全国の同志約100名(女性2名)が伊勢神宮に参集し、例年通り挙行された「民族派青年学生 神宮参拝・みそぎ研修の集い」も、全過程を滞りなく完遂した。

写真は22日、今年も大雨の降りしきる中、午前5時、清流五十鈴川禊場へ道彦 大野康孝 を先頭に猛々しく向かう益荒男集団。

詳しくは、後ほど・・・・
コメント

 常若の祈り、中今のつとめ  本渡諏訪神社 宮司 大野康孝

2009年03月20日 21時42分51秒 | 神宮参拝・みそぎ研修の集い
 ― 民族派青年有志「神宮参拝禊研修の集い」開会にあたりて ―
 
                      【平成18年度 挨拶要綱】

孝明天皇御製 戈とりて守れ宮人九重の みはしの桜風そよぐなり

        いざこども馬に鞍おけ九重の みはしの桜ちらぬそのまに 宮部鼎蔵



本年の干支は丙戌。この年を占うべく大漢和辞典を繙けば、丙の歳は運気強く、余りて内乱の気生じ外敵侵略の災禍あるやの年とか。次いで戌の字は、「人が戈を持ち立つところの防人の姿の象形文字」で、十二支の動物になぞらえるならば嗅覚耳眼優れたる忠実勇猛なる犬を意味し、「誠」とも「美しい」とも読むとの事です。

 まさに、神国日本の命運と我らが使命如何に重大なる年であり、この事を示唆し警鐘する年廻りであるかと、各位にはすでに確固と思いあたられている事と存じます。  

 冒頭に孝明天皇の御製と、この切なる大御心に答え奉るとの尊攘の志士、肥後敬神党の宮部鼎蔵先生の返歌を掲げました本意をこゝにお察し戴き、この神都伊勢にて一両日開催の『神宮参拝禊研修の集い』趣旨をしっかりと肝に銘じて戴きたいと思います。

ところで現在、世界百九十六ケ国中に君主国が二十九ケ国在り、その内の二十六ケ国は人口五千万以下の国家であるそうです。それでは、その人口五千万を超す三大国家とは。

一つはヨーロッパの女王陛下の国イギリスです。国教はキリスト教。十世紀から続く王朝は、実は現在までに九回も変遷しており、その人口は現在六千万人を切ります。

もう一方の君主国は、つい先日、天皇陛下が国王のご在位六十年奉祝式典に出席の為に訪われたアジアの友好国タイであり、熱心な仏教国です。その王朝は十三世紀からの七百年余の歴史中にやはり四回変わっており、人口はわずかに六千万人を上回るそうです。

 その二カ国の人口を合わせても、一億二千万余を擁する我が国には及びません。

初代神武天皇ご即位以来、皇紀二千六百六十六年。日本は世界最大最長の、しかも神代の昔より万世一系の天皇を仰ぎ来る「最も古い歴史と伝統を誇る世界に冠たる君主国」であり、皇室は世界中で最も安定した統合力と求心力に富む高貴なる家柄なのです。

しかし私たちは、世界に類無きこの君民一体の国柄の有り難さを特別な事と尊びながらも断々固と守り伝えゆくべく、祖国日本の誇りと道義の恢復の為に言挙げすべき努力を事欠いて来たことを、この際、深く反省しなければなりません。

秋篠宮妃殿下の御懐妊という天佑神助により、まさに間一髪の時を得て、今回の拙速にして意図的に皇統を絶やさんとするが如きの、皇位継承に関する保革野合の亡国の論議は一応は排除されたのですが、実に由々しき深刻なる危機でした。

一刻も早き憲法と皇室典範の本来あるべき姿への改正をと、熱望して止まぬ次第です。

さて、本年もまた全国より民族派の青年有志がこの伊勢の聖地に参集して、皇民吾れと払暁の清流五十鈴川に身魂を禊祓って清らなる真性を回復し、特別に許されて皇大神宮の御垣内深く正式参拝を奉修。次いで内宮神楽殿に太々神楽を捧げまつり、更には神宮域内の別宮諸管社を巡拝して、維新回天への祈りを共に一心に捧げ奉る運びとなりました。



明治天皇御製 国民もつねにこころをあらはなむ みもすそ川の清きながれに

       朝夕に神の御前にみそぎして すめらが御代に仕えまつらむ 川面凡児



謹みて天照皇大神の大御前を拝し、勤皇まことむすびの責務邁進を祈り誓うのです。

では、かくなる我々のこの禊祓いの祈行の本源は何処に典拠するのか、この志業に際して是非とも、『古事記上巻』を精読の上でのご参加をと、同志諸兄にご案内申しあげましたが、今一度、深く神話に学びその意を確固と胸に刻んで頂きたく、切に念じての事でした。

この後に、古事記上巻を講読しつゝ禊の神業と和歌の修礼をいたしますが、我々の禊の眼目はと申しますと、たゞ自己一身の罪穢れの祓除のみならず、神ながらなる皇民吾れの確固たる青年維新者として自我を確立し、かくして如何なるものにも穢されぬ揺るぎなき断々固たる神武の剣魂を奉戴して、維新の大道に生死する事にあるのです。

伊邪那岐神が黄泉国より往還され、橘小戸阿波岐原にて禊祓給いしその時にも、決してお放しにならなかった十拳剣の霊理をしかと仰ぎ鑑なければなりません。

禊祓いこそ剣魂の発揚であるのです。ここに伊邪那岐伊邪那美妹背二柱大神の御神業、国生み神産みの修理固成の神勅が極まり完結され、皇祖天照大神以下の最高最貴の三神がみ生れ給い、かくして高天原の御事が始まった事は記紀に語られしその通りです。

この様に示し申せば、剣魂の発揚である禊は修理固成の神勅達成に至る、必然にして究極の道筋であり、その大眼目は皇室国家日本の源基大本にあることが理解できます。

各位には、天津祝詞すなわち祓詞を奉唱する事によって、此処に至る古事記の概略大意をつぶさに我が信念信仰として、明朝払暁の五十鈴川での禊行に臨んで戴きたく存じます。 

そうして我々の禊は、国の汚濁を禊ぎ祓う破邪顕正の青年の大禊なのだと猛省自覚し、伊勢神宮の大御前に八紘一宇世界平和の大理想に根ざす誓願を立てたく存じます。

本日この開会に先立って半数近くの方々と外宮ならびに各別宮を先拝し、只今の殿舎と各々隣接する御敷地とを目前に拝観して、来る平成二十五年度斎行の第六十二回神宮式年遷宮の御義の一端を伺うにあたり『常若と中今』の思想を学びました。

式年遷宮はただ単に神殿新築と引越しの祭りではありません。二十年を一区切りに一巡して神々もまた新たなる生命を甦らせ給う、修理固成の岩戸開きの大御祭なのです。

その目的は、天照大神の大御命を常に若々しく保って戴き、この神国日本もまた神々の稜威の更新により、物心共に甦って健全ならしめる深い祈りに淵源するのです。

大いなる神々の悠久の生命の連続「常若の祈り」に徹する、過去現在未来の真只中の今に生きる我が民族の叡智であり、この「中今のつとめ」は禊祓いの心に始まるのです。

剣魂の発揚である禊祓いは、天祖二柱の大神が天の沼矛を持って行ぜられし修理固成の大神業に連なる究極の祈行であり、その眼目は決して汚されることなき神国日本の大本を樹ち立てる必然の道筋であったのだと確信して、志道恢復の為に邁進せねばなりません。

孝明天皇の「戈とりて…」の御製の大意をあらためて深く拝承、先覚烈士の必死懸命の祈行と勇武の業績とを仰ぎつゝ、今こそ禊の心はこれ新なる永遠の日本の生命の甦りとぞ大いなる剣魂を振起して『常若の祈り、中今のつとめ』に徹しようではありませんか。

@愈々平成二一年度の禊会が大野康孝宮司を中心として明日行われます。
伊勢でお会いしましょう。
コメント

小沢一郎の政治団体 13年でパーティー収入17億円 

2009年03月20日 07時03分44秒 | 三党連立鳩山淫売政権
西松建設の巨額献金事件で、小沢一郎民主党代表の関係する政治団体が都内で開催している政治資金パーティーの収入が、2007年までの13年間で総額約17億2000万円に上り、小沢の事務所がパーティー券の購入をゼネコン各社に割り当てていたことが19日、政治資金収支報告書を要約した官報や業界関係者の話で分かった。

 実際に購入していたのは、ゼネコンの下請け業者やグループ会社のケースが多かったという。東京地検特捜部は、公共工事への影響力を背景に小沢側が、大手から中小の建設業者まで組み込んだ集金システムを築いていた可能性があるとみて、実態解明を進めている。

 収支報告書によると、政治団体は「小沢一郎政経研究会」で、05-07年の代表者は政治資金規正法違反容疑で逮捕された小沢の公設第1秘書大久保隆規容疑者(47)だった。 「小沢一郎政経フォーラム」と題するパーティーを1995年から年4回程度開催。06、07年の2年間を除き毎年1億円以上の収入を計上し、最も多かった2000年は約1億6600万円だった。

 業界関係者によると、ゼネコン各社はパーティー券を下請け会社などに購入させていたが、券ごとに番号が振られていたため、入金の際、どのゼネコンに割り当てた券なのかがすぐに分かる仕組みになっていたという。

@集金マシンの小沢一郎くん、表に出ただけで17億も掻き集めておきながら、今度は企業・団体献金の全面禁止に言及したそうだが、普通なら舌を噛むところだが、言ってて自分で笑えてこないものなのかな~。福島瑞穂もマンションでも貰ってるのか。(社民党の福島瑞穂は4日の記者会見で、公設秘書逮捕を受けて小沢一郎が行った会見について 「一応の説明責任は果たしたと思う」と擁護した。)お仲が宜しいようでなによりです。
コメント