すーさんの山日記

山と釣りとテレマーク
八幡平の登山情報

岩手山 上坊コース 10/20

2020-10-20 18:36:58 | 岩手山

今日は上坊コースから岩手山山頂を目指し、ドローンを使った空撮も交えながらの環境省の岩手山PV撮影です。

早朝の焼走り登山口に集合し、上坊登山口へ移動です。朝焼けに染まる岩手山。風もなく、終日穏やかなお天気となり、まさに撮影日和となりました。

環境省のスタッフ3名に撮影スタッフ3名の方々と共に、上坊コースの急登を登山道上に残る古い道標の撮影をしながら、ゆっくりと登っていきます。

ツルハシからはそれまでの一本調子の登りから、急登とトラバースの繰り返し。落葉のザレ道は意外と歩きづらいんです。

平笠不動からは空撮班と地上班に分かれて、山頂へは地上班のみで、撮影しながらの登山。そして平笠不動から操縦するドローンが山頂への登山の様子を撮影していきます。なんというテクノロジーの進歩。

火山としての岩手山、信仰登山の対象としての岩手山が今回の撮影のメイン。これだけ絶好のコンディションもそうありせん。前回、七滝コースからのアプローチで撮影した御苗代湖もよく見えます。この上坊コースの良いところは、山頂までのコースタイムの短さと、文政年間の古い石標が残り信仰登山が盛んに行われていた往時を偲ぶには、雰囲気があって良いコースです。

普段ならお鉢の手前ぐらいから風が強くなるのですが、今日は山頂も微風。良い画が撮れたようです!

環境省選りすぐりのスタッフが、モデル役として撮影に花を添えます。

足並みも揃い、今日はお鉢巡りも出来ました。

信仰登山としての岩手山なら、岩手山神社奥宮も詣でておかねばならんでしょう。

と、順調に終わった撮影。焼走りから仰ぎ見る岩手山はいかにも高く、威風堂々とし、古より山麓の住民が手を合わせてきたのも、なるほど頷けます。

撮影スタッフ、環境省のスタッフの皆さん、本日は大変お疲れ様でした。

コメント   この記事についてブログを書く
« 八幡平〜安比岳 | トップ | モッコ岳登山口〜大深山荘〜... »

コメントを投稿

岩手山」カテゴリの最新記事