馬医者修行日記

サラブレッド生産地の大動物獣医師の日々

トラックの中で牛の帝王切開

2022-05-13 | 牛、ウシ、丑

午前中、競走馬の腕節骨折の関節鏡手術。

牛の帝王切開も来るという。

牛は来院したらトラックの中で立てない。

初産の黒毛和牛で、牧場でひっぱってみたけど産道が開かず狭く、出そうにない、とのこと。

仕方がないので、トラックの中で帝王切開することに。

          -

好い天気でトラックの中も明るくて良かった。

子牛も生きていた。

帝王切開終了後も母牛は伏臥もできず心配したが、牧場へ帰ったら立ち上がり、

母子とも元気だそうだ。

          /////////

牛の帝王切開では、子宮内の後肢をさがし、術創外へ持ってくるところが一番難しい。

子宮弛緩剤を使えるようになってずいぶん楽にはなったが、後肢を持って来れないと、いつまでも子宮を切開できない。

そのうち指も腕も腰も萎えてくる。

腹腔内で子宮を切開すると、症例によっては汚れた羊水や潤滑剤を腹腔へ漏らすことになる。

筋力が足らないと思うなら鍛えておくと良い。

時代は筋トレがブームのようだし。

宇髄天元様も言っている。

 

 


食べ過ぎ疝痛警報発令中!

2022-05-12 | 急性腹症

夕方、結腸捻転。

術前のPCVは44だったが、開腹したときの結腸の色調はひどく、ダメかと思った。

しかし、内容を捨てて、整復したら色調も良くなった。

           ー

深夜になって、夕方から疝痛している繁殖牝馬が来院。

ひどい疝痛ではない。

胃拡張だった。

青草の食べ過ぎなんだろう。

帰って様子を観てもらうことにする。

           ー

前夜に手術した結腸捻転馬は状態が悪くなった。

もう立っているのがやっと。

できることはない。

それから1時間ほどで死んだ。

           ー

次の夜も結腸捻転の開腹手術があった。

程度は軽くて、翌日帰っていった。

           ー

昨夜は、やはり繁殖牝馬の疝痛。

来院したら落ちついていたので様子見。

私は、次の疝痛馬で呼ばれた。

もう3日目の疝痛。

盲腸便秘?結腸左背側変位?と思って開腹したが、結腸捻転だった。

ひどく痛かったわけではなく、横臥したり、ときどき食べたりする経過だったそうだ。

夜中にする手術じゃなかった。

           ー

その手術の前に、2歳馬の疝痛の依頼が来ていた。

結腸捻転の手術が終わって、すぐ準備をして始める。

回腸に砂の塊が詰まっていた。

もみほぐして盲腸へ送り込めた。

閉塞部位より上位の液状内容も盲腸へ送り込んだ。

           ーーー

腸管手術が連夜つづいている。

青草が伸び、食べ過ぎるのだろう。

結腸捻転馬の結腸の内容はドロドロで、水を送り込まないでもビチャビチャと内容を捨てられるほど。

食べ過ぎ注意。

疝痛警報発令だ。

         ー

具体的にはどうすれば良い?

放牧時間を短くするか・・・

草を短く刈ってしまうか・・・

厩舎に入れてからの飼いつけ量を減らすか・・・

それぞれの馬と牧場の状況によってできることは変わるだろう。

         //////////////

そして、

昼間できる診療を夜中に連れてこないでもらいたい。

しっかりするべきことをすれば判断はつくはずだ。          

 

 


新生子馬の不眠症 insomnia

2022-05-11 | 新生児学・小児科

生まれて翌日の子馬が新生仔不適応症候群 Neonatal Malajustment Syndrome で入院していた。

一時、ちゃんと親から飲乳していたのが、母馬のところへ行かなくなってしまった、とのこと。

新生仔不適応症候群には、

寝たきり Dummy foal

馬とは思えないような声で吠える Barker

歩き回る Wanderer

(wonderer だと、好奇心が強い人、になって意味がちがってしまう)

のタイプがある。

起きるとなかなか自分で寝ない、という症状もあったりするが、

今回の子馬はまったく寝ようとせず、無理に倒して寝かせてもすぐに起きてしまう。

            -

いつまでも起きていると消耗するし、四肢に良くない。

2日目を担当した私は、精神安定剤を投与してみた。

2回やってみたが、2回ともすぐに起きてしまった。

夜になって、睡眠誘導剤を投与してみた。

すると1時間半ほど寝ていたが、起きるとやはり寝ようとしない。

しかし、プロペシアの効果か少し顔つきや目つきは良くなった気がしていた。

            -

しかし、母馬の乳が搾乳しても出なくなったのも問題だった。

子馬が飲まないせいで、乳が「上がってしまう」。

オキシトシンを投与して乳を搾ったらいくらかは出た。

しかし、あと1日で乳はあがってしまいそうだった。

            -

他の診療所に連絡して、スルピリドを借りてきた。

乳量が少ない母馬に効果があるのだそうだ

この情報はとても助かった。

            -

3日目の夕方、子馬の表情はいちばん良かった。

目つきも正常に感じる。

鼻に留置したチューブを外そうかと考えたが、それでは入院したときのように脱水してしまいそうだった。

しかし、夜になって鼻にチューブをつけたまま母馬の乳房から飲乳できるようになった。

相変わらず自分では寝ようとしなかったが、寝かせてやるといくらか寝るようになった。

            -

翌日、母子は退院していった。

新生子馬の不眠症。

こんなに寝ない赤ちゃん馬ははじめてだった。

          ////////////

花もいいが、新緑もすばらしい。

いい季節になった。

 

 

 

 

 

 

 


ミステリアム

2022-05-10 | 図書室

ゴールデンを亡くした飼い主は何を読めばいいのか・・・

あのウォッチャーズのミステリー作家クーンツの新作。

時代設定もだいぶ新しくなっている。

荒唐無稽とは言え、科学的な記述もちょっと新しさがある。

リアリティーが、というところまでは行かないけど。

           -

人と犬の進化の歴史、そして今後のお互いの進化にクーンツは思いを寄せているのだろう。

いつか、人に劣らない知性を持つ犬が現れ、テレパシーで意思疎通できたら?

犬の飼い主の夢であるかもしれない。

           -

書評はそれほど高くないようだ。

しかし、私は充分たのしめた。

読後感も悪くない。

         //////////

夜、有茎脂肪腫による空腸纏絡を手術した。

眠ろうとしたが、何か騒がしい音がする。

そのうち雷だとわかった。

眠りに落ちた頃、電話で起こされた。

          ー

11歳。午後8時に疝痛を発見したが、その時にはもう痛がっていた痕があった。

そして、午後10時過ぎ。

PCV65%、厳しいんじゃないの・・・・・

開腹して、膨満した結腸のガスを管付きの針を刺して抜いた。

それから術創外へ引っ張り出した。

ひどい色と浮腫性の肥厚だが、骨盤曲を切開して内容を捨てる。

それで色調が回復する症例もあるから。

骨盤曲の粘膜はすでに壊死の状態。

色調も回復しない。

盲腸も引き出して、盲腸結腸ヒダの部分を見るが、そこより基部も損傷が進んでいる。

盲腸結腸ヒダより基部は切除することができない。

あきらめるしかない。

             ー

雨が少なかった4月。

5月になっても暖かい。

それが雨が降った。

草が伸びている。

土曜日に結腸捻転2頭。

日曜日に結腸捻転1頭。

月曜日に結腸捻転2頭。

事故が少ない春だったが、疝痛の季節がやってきた。

 

 

 

 


夜の乗馬の疝痛開腹に、深夜から早朝の難産、2頭

2022-05-03 | 急性腹症

夕方、17歳乗馬の疝痛の依頼。

血液所見は悪くないし、超音波検査でも異常は認めなかったが、私が直腸検査したら膨満した小腸に触れた。

馬はまだ痛がっている。

開けたほうが良いです。

          -

開腹したらひどく張った小腸がいっぱい。

邪魔になって盲腸から回腸へたどれない。

小腸を何箇所かガス抜きする。

奥のほうで小腸がどこかへギュッと入り込んでいるのに触れた。

助手に入ってもらう。

          -

大結腸を創外へ出しておいて、盲腸から回腸へたどり、回腸を引き出そうとすると肝臓右葉のむこうへ入り込んでいる。

網嚢孔ヘルニアだろう。

高齢の、サク癖する馬だ。素因は充分。

回腸はなんとか抜くことができた。

しかし、もう壊死の状態なので切除吻合しなければならない。

          -

小腸全体の膨満がひどいので、先に内容を抜きたい。

腸間膜の血管を止血しておいて、壊死部を術創から離れたところへ垂らし、切断する。

上位と下位の小腸内容を捨てる。

しかし、上位は膨満している空腸同士が絡んでいて素直に内容を送れない。

20mのロープを扱うのは簡単だが、20mの水が入った消火ホースを扱うのは技術と体力と経験が要る。

腸間膜を軸にした空腸全体の回転を整復し、苦労しながら内容を捨てた。

          -

回腸を盲端にし、空腸を盲腸へ吻合し、腸間膜を縫い付けた。

あとは閉腹。

          -

この手術が始まったときに、別な疝痛の依頼もあったのだが、この手術は時間がかかりそうだったので他所へ頼めるか訊いてもらった。

案の定、3時間近い手術になった。

おまけに、手術後1時間経っても立ち上がらなかった。

他所へまわってもらって良かった。

         ---

そんな翌朝、というかまだ夜中3時過ぎ。

難産の依頼。

頚がねじれていて、頭が出せない、とのこと。

それじゃあ来院したらすぐ全身麻酔した方が良い。

研修の先生と、第二当番を呼ぶ。

          -

来院を待っている最中に別な難産の依頼。

待たすかもしれないけど・・・・何とかするしかない。

          -

難産1頭目は来院してすぐ全身麻酔。

後ろ肢を吊り上げておいて、産道から腕を入れる。

両前肢はすでに陰部から出ている。蹄の向きは上胎向。

頭はその奥にあるが、たしかに遅れて、頚が捩れているのか向きがヘンだ。

子馬はまったく動かない。

連絡をもらった時点で分娩開始から1時間半、ということだった。

さらに1時間経ったので子馬はもう死んでいるだろう。

下顎にフックをかける。

やはり子馬は痛がりもしない。

もうひとつのフックを眼窩にもかける。

2本をそうっとひっぱってもらうと、子馬の耳まで手が届いた。

これならワイヤーをかけられる。

助産用のワイヤーを後頭部にかけて、締め具を送り込んで締める。

それを引っ張ってもらうと頭が出てきた。

しかし、頚が捩れていた頭を引っ張り出したせいだろう、蹄の向きが回って下胎向になってしまった。

もう一度、両前肢を押し込んで、捻りながら引っ張る。

それで上胎向になった。

あとは引っ張るだけ。

           -

出した後も、死んでいる子馬の始末、ぶら下がっている胎盤の始末、麻酔覚醒起立からの始末。

その辺りの掃除、とすることは一杯ある。

           --

そこへ次の難産が来た。

枠場へ入れて見ると、聞いていたように頭と両前球節が陰部から出ている。

上胎向。

失位はないのだ。

だから牧場でも男3人でひっぱったが、そこから出ない、とのこと。

助産牽引用のジャッキも使ったが引っ張れなかった、とのこと。

大事な繁殖雌馬なら帝王切開した方が無理がかからず安全かもしれないが、19歳でもう種付け予定はないとのこと。

それでは帝王切開の対象にならない。

枠場でひたすら引っ張る。と言っても私は先の馬の覚醒を観ることにしたので、声の指示だけ。

なんとか、顔が出てきた。

「頚にワイヤーかけな」

子馬が死んでいるなら、前肢だけでなく頭もひっぱった方が胎児を出せる。

前肢をひどくひっぱると脇が切れていることがある。

頭を引っ張れば、脊椎、つまり体全体を遊びなく引っ張れる。

もちろん子馬が生きているときはできない。

男3+女1で引っ張る。

引っ張る方向を変えたり、

少し捻ってみたり、

片方の肢ごとに強く引っ張ってみたり、

私は離れたところから声だけで指示。

なんとか子馬の胸が出た。

しかし、母馬は痛がり出したし、人が息が続かない模様。

もう母馬に鎮静剤も要らないし、産道から潤滑剤も入らない。

「引っ張るしかない!」私は声で指示だけ。

先の難産の馬も肢が悪い馬で、覚醒起立は危なっかしい。

子馬が胸まで出てひっかかるのはおそらくヒップロック(母馬の骨盤に子馬の骨盤が引っかかっている)だ。

最後にひっぱって、あっさり子馬は出た。

胎盤も一緒に出てきた。

            -

頭と両前肢から産道へ来ていたのに、なぜそこから引っ張れなかったのかはわからない。

後肢を子宮角へ伸ばして張り付いていることもあるし

後肢があぐらをかくように交差していることもある。

下半身だけ下胎向になっていることもある

後肢が産道へ入ってきていなくても、恥骨の下へ向いていることもある。

            -

すっかり夜も明けた。

難産の2頭が帰って、私は昨夜の腸管手術の乗馬を診に入院厩舎へ行った。

疝痛もなく、食欲もあって順調なようだった。

         ////////////

モクレン・サンライズ。

この場所で大きくなれるかどうか。