馬医者修行日記

サラブレッド生産地の大動物獣医師の日々

子宮穿孔と腹膜炎で補助療法が必要なこともある

2021-04-19 | 急性腹症

前日、7時間がかりの橈骨尺骨骨折の手術をしたのだそうだ。

それで、予定の手術が翌日に延ばされていた。

そんな朝、分娩後3日目の繁殖雌馬が不調で腹水が採れた、との依頼。

もう70の獣医さんなのだが、たいしたものだ。

ちゃんと初診でほぼ確定診断をつけてくる。

(若い獣医さんたち、しっかりしろよ;笑)

すぐ来てもらって、予定の関節鏡手術が終わってからやることにする。

馬運車から降りて歩いてくるのを観ていると、子馬は飛び跳ねながら、母馬は頭が下がりトボトボと。

PCV57%、WBC9800/μl。

牧場で採った腹水を持たせてくれたので検査すると、白血球数74880/μl。

フリーの細菌はほとんどないが、貪食像があり、好中球多数。

腹膜炎が極度に重度とは思えないが、脱水がひどい。

子宮内の触診で左子宮角の穿孔が確認された。

腹腔ドレナージをして、開腹手術まで持続点滴を始めた。

             ー

関節鏡手術が終わった馬があっちで寝ている。

手術室では子宮穿孔修復と腹腔洗浄の開腹手術を始めた。

開腹手術が始まったら、倒馬室では子馬の肢軸異常の手術を始める。

             ー

私は開腹手術担当。

子宮角先端の閉鎖は楽勝。

どういう訳か痩せた馬だし、腹圧も高くないので腹腔洗浄も楽だった。

母馬は1時間あまり寝ていて、落ち着いてゆっくり立ち上がった。

入院厩舎へ入れたら水を飲んで、食欲もある。

乳は出ていない。子馬が何度も吸いに行く。

子馬は哺乳ビンでミルクをガブガブ飲む。よほど腹が減っていたのだ。

                -

腹水からはE.coli が分離された。

なるほど、それでエンドトキシン血症の症状が強いわけだ。

翌朝は体温39.1℃。

腹水はかなりの量が溜まっていた。

                                       -

その午後から体温は平熱になった。血液検査所見も改善された。

翌朝、抗生物質感受性検査の結果が出た。

カナマイシンはダメ。セフチオフル(エクセネル)は大丈夫。

全身投与はエンロフロキサシンに替えた。

腹腔ドレインは、腹腔洗浄して、セフチオフルを入れて抜去した。

退院だ。

                  /////////////////

きみたちは元気でいいね

 

 

 

 

 

 

コメント (2)

新兵器 バリカン

2021-04-18 | その他外科

うちのように1日に何頭も馬を外科処置する病院にはバリカンは必需品。

それも3台以上ほしい。

広い範囲をいそいで毛刈りしなければならない開腹手術創の準備では馬の左右両側から2人がかりで毛刈りする。

バリカンが切れないと、途中で掃除もしなければならないし、充電されてないと使えない。

また、別の部屋で併行して外傷馬や細菌性関節炎の関節穿刺や洗浄をしていたりする。

長年使ってきたAndisのバリカンがパワーが無くなってきた。

もう電池もモーターも寿命なんだろう。

新しいのを買おうとしたが、AndisもOsterももう充電式コードレスバリカンは輸入販売できないのだという。

               ー

紹介されて購入したのはHeiniger ハイニガー。

Ni-Cad電池ではなくリチウムイオンバッテリー。

Swiss Made ! スイス製。

立派な箱に入って届いた。

電池が2個ついている。

AndisやOsterの替刃が使える。

Hineiger 社には#40の短い刃はないみたい。

             ー

とても軽い。

音が静か。

ノーベル賞をもらったリチウムイオンバッテリーだ。

しっかり働いてくれるだろう。

            /////////////

春はいそがしい

あっちこちからいろんなにおいがする

 

コメント (2)

重種子馬の橈骨骨折

2021-04-17 | 整形外科

前日、重種子馬がひどい跛行をしているとの依頼の電話。

遠い他の地域からだった。

翌朝、来院したが、子馬は家畜運搬車の中で倒れていた。

右前肢がブラブラになってきたので、途中の診療所に寄ってキャストを巻いてもらったのだそうだ。

そのまま家畜運搬車の中でX線撮影した。

コードレス撮影装置とコードレスDRだと可能だ。

橈骨近位骨幹の骨折で、骨幹端も割れてしまっている。

粉砕骨折だ。

サラブレッドより骨折が治りやすい重輓馬の子馬なのでプレート固定すればなんとかなるか・・と考えたが。

雌で繁殖供用でもよい、とのこと・・・考えたが・・・

実際には、X線画像で見えるより粉砕はひどい。

あきらめることにした。

剖検したが、整復することも難しく、粉砕はひどくてプレート固定の対象にもなりそうになかった。

骨折部はこすれて磨かれ、丸くなってしまっていた。

             ー

もうひとつ。

橈骨の骨折でフルリムキャストを巻くのは応急処置として間違えている。

重くなり、曲がられなくなった肢を使えなくて骨折部に無理な力がかかってしまう。

応急処置するなら、き甲の高さまで伸ばした副木を付けて、肢が外へ開かないようにしなければならない。

           ///////////////

春になると餌台に来る鳥たちも替わる。

食べ物をよそで探せるようになるのだろう。来なくなる野鳥も多い。

スズメは相変わらずのようだけど。

 

 

コメント (4)

NMS治療の目標は自力起立でき親から飲乳できること

2021-04-16 | 新生児学・小児科

Neonate Malajustment Syndrome 新生仔不適応症候群。

カリフォルニア大学DavisのMadigan先生の教えで、異常な神経ホルモンを抑える治療や、Loop Rope 処置が効果をあげている。

以前は希望が見えないことが多かったが、最近では1日2日で改善傾向が見られることが多い。

しかし、先週入院した子馬は、自力起立が可能だし、一般状態が悪くないので、軽症かと思ったが、結局入院は1週間を超えた。

最初はおとなしかったお母さん馬も、乳はほとんど出なくなるし、だんだんイラついて来ていた。

子馬は、哺乳ビンでなんとか飲めるが、親からは飲めず、ボールからミルクを飲めるようになって退院した。

で、

帰ってから親にひどく蹴られてしまった。

                     -

肋骨が折れ、肺が傷つき、あきらめた。

おとなしいお母さん馬でも、乳を飲んでくれない子馬と一緒にいることはできないのかもしれない。

                     ---

第一趾骨骨折の馬は、手術後、なかなか立ち上がらなかった。

1時間半たってやっと立ち上がって帰って行った。

夜、繁殖雌馬の疝痛の依頼。

来たら痛みで立てない。

結腸捻転だった。

けっこうひどかったが、早い決断が幸いした。

終わって、私は1時には寝た。

             ー

翌朝、6時から入院馬の治療。

NMSの子馬は、哺乳ビンから飲めるようになった。

あとは親から飲めるように練習するだけ。

親との仕切りを取り外し、親の乳房のところへ行かせ、なんとか乳首を吸わそうとするが、ダメだった。

あとは練習してもらうしかない。

牧場へ帰った方が人手をかけられるだろう。

            ー

昨夜というか夜中の結腸捻転の母馬の状態も悪くない。

水を飲み、食欲もある。

血液検査所見も悪くない。

子馬を連れてきてもらい、点滴が終わったら退院だ。

あ~眠たい。

          ///////////

春眠暁を覚えず

夜来とうちゃん診療の音

馬助かること知る多少ぞ

(春はオラもねむたい 夜中にとうちゃんは仕事に行ったらしい 馬が助かったって?

 そんなことはオラはしらない    笑)

 

 

 

コメント (6)

第一趾骨縦骨折screw固定

2021-04-15 | 整形外科

3歳競走馬が競馬で左後肢の第一趾骨を骨折し、帰ってくることになった。

競馬場の先生からもX線画像を送ってもらっていたので準備と心構えができた。

到着して、2日間様子を観て輸送熱などないことを確認し、輸送の疲れをとって、手術することになった。

が、かなりヤバい骨折なのは覚悟していた。

ほとんど全長にわたって縦方向に割れている。

それも2本以上骨折線が見えているので、単純な縦骨折とは思えない。

おまけに途中で斜めに走っている。

「人」字型にわれたら命を助けることも難しくなる。

針を目印に、ドリリングしたが・・・・・へたくそ。近位へ向いてしまった。

もう一度ドリリングし直した。前の孔の近くに角度をずらして開け直すのは難しい。

その孔にキルシュナーワイヤーをさしこんでおいて、もう一ヶ所底側よりにドリリングしてタッピングしている。

関節面近くを2本で圧迫したいので。

まだscrewは完全には締めていないが、骨折線はかなり圧迫された。

なかほどにもscrewを加えた。

もっとも遠位のscrewは、骨折線に干渉しないように、斜めになっている骨折面を垂直に圧迫できるように、斜めに入れたい。

外底側から内側遠位向けて。

外側寄りから撮影すると遠位部に骨折線が見えてくるので、この斜めで遠位部の骨折線を圧迫できるはず。

骨折線が複雑そうなので、screwの本数は必要以上に多くない方が良いだろう。

術後はキャスト固定した。

吊起帯を着けて起立させて、吊起帯を外したところ。

この馬は麻酔覚醒でなかなか立ち上がらなかった。

競馬で疲れ、痛みで疲れ、輸送で疲れ、麻酔と手術でこたえたのだろう。

能力があるのは示した3歳馬。

あせらず復活してもらいたい。

             ー

X線透視装置がほしい。・・・・CTでも良いけど;笑

            //////////

とうちゃん おつかれ~

 

コメント (4)