癒し系獣医師の動物病院開業日誌

アニマルセラピー団体で活動している癒し系獣医師。農業団体職員から脱サラし、動物病院を開業しています!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

お久しぶりです。生きてます。

2016年11月03日 | 東洋医学
お久しぶりです。
生きてます。
気がつけば雪。
冬です。
あっという間ですね。

診療業務は他の病院に比べればそんなことないのでしょうが、私にとっては非常に忙しく感じます。
そんな中、地元UHBTVさんの密着取材をしていただき、10月25日の夕方に放送されました。
約9分間は長いものです。
自分で見ていて恥ずかしものでした。

放送が終わったその瞬間、電話が殺到!!
なんだこれ!
TVの影響はすごいですね。

今はおかげさまで毎日、新患さんの来院があります。
火曜日は新患さんだけで8件!

しばらくは、家にすぐには帰れません。

そうそう、再度東京の研修を再開しました。
マスターコースができたので、2年間月一ですが通います。
今度は吉祥寺から府中市に代わりますが。

今週末はセミナーで名古屋に行きます。
月末には東京。

来月は東京に「整形内科」というユニークな研修を受けに行きます。楽しみ!

そうそう、院内も医療機器を一新しました。
これについては後日!

ここ2ケ月手術も月10件程度あり、うちとしては多いほう。
明日も腫瘍摘出手術を行います。
万全を期して獣医師2名で行います。老犬なので。

とういことで、いつまで走り続けるのか、なんかアドレナリンがでてます。

写真はUHBの外でのインタビューシーンです。

この記事をはてなブックマークに追加

長ーい沈黙から

2016年07月21日 | 東洋医学
長い沈黙でした。
何かすっかり更新が億劫になってしましました。、
忙しいのもひとつの理由ですが、継続して続けることが大切と考えなおし始めました。

鍼灸治療の依頼が増え、さまざまな症例に出会うことが多くなりました。
以前は椎間板ヘルニアがほとんどでしたが、変形性脊髄症、顔面神経麻痺、前庭疾患、てんかん、三叉神経麻痺、糖尿病、腫瘍、皮膚病。
難治性疾患も多く、30分枠で予約をとりますが、足りない場合が多いです。

鍼灸の力量不足を感じ、10月からまた東京に研修に通う日々を続けることにしました。
鍼灸治療の幅を広げ、特に糖尿病と変形性脊髄症について研究したいと考えています。

お陰様で、患者さんは増え続けていますが、診療の質を落とさないよういつも「気合い」を保ちたいと思っています。

肢はまあ一応良くなったのですが、軟骨が減ってきて再び多少の痛みはあります。
自分でリハビリします。


何とか生きて頑張っています。

写真は我が家の犬の「浴衣」姿です・・・

この記事をはてなブックマークに追加

半月板断裂

2016年03月10日 | Weblog
また、潜伏していましたが(恥)。

いきなりのむさくるしい写真ですが、、、
先月の23日に半月板断裂の手術を受け入院生活をしていました。

2月の初めころから何となく脚に違和感があり、そのうちに段々と痛くなり、激痛。
病院に行き、MRI検査で半月板断裂の疑いとされ、手術を選択しました。
私のクリニックは幸いお手伝いの先生がいてくれて閉めずになんとか開院していました。
22日に入院、23日に手術して28日には退、院してしまいました。そして29日には診療業務に復帰!
まだ車の運転も無理な状態でしたが、耐えて診療しました。
また、復帰第一日目がめちゃくちゃ混んで、10時間くらいほとんど立ちっぱなしでいました。

今はかなり痛みも引き、リハビリに通いながら働いています。
それにしても、人生初めての手術!
終わった晩は、痛くて一睡もできませんでした。痛め止め注射もしてもらいましたが、あまり効かなかったです。
それにしても、早く退院しすぎたようです。病院も少しあきれていましたが、そこを何とかで拝んで退院。

入院生活は半分は痛みとの闘いでしたので、休息とまではいきませんでした。2週間くらい入院していたら休息になったんでしょう。
それでも、普段読めない専門書を読みましたが、入院生活はもういいです。
しかし、入院して人の痛みを感じることができたのは今後にいかせるかなあ?

この記事をはてなブックマークに追加

セミナー開催

2016年01月22日 | 東洋医学
いや、もうあけましておめでとうは恥ずかしいのですが、今年最初の更新なので。
貧乏暇なしで、いつものことながら更新が途絶えました。

12月20日に恵庭の動物専門学校を会場にお借りして、東洋医学のセミナーを主催開催しました。5
東京で同じ学院で学んだ仲間にお手伝いいただき、初開催でした。
北海道ではなかなか開かれる機会の少ない東洋医学についてぜひ知ってほしいとの思いで企画しました。

写真はお灸のより方を実習している風景ですが、なにせ写真を撮る時間もなくて。

午前中は基礎理論について、学院出身者が担当して講義。
午後は東京からお呼びした校長に臨床論と治療実習です。
同じ学院で学んだ先生方も実習では実習を補佐してもらいました。

参加者は20名で、自分としては十分な人数だと思っています。
今後も単発でなく、テーマを定めて定期的に年何回か実施する予定です。
ゆくゆくは東京の学院の支部としてしっかりした組織にし、東洋医学の普及の一助となればと考えています。

私も今年年男ですが、まだまだ新しいことにチャレンジするつもりです。

この記事をはてなブックマークに追加

高齢患者の医学

2015年11月27日 | 動物医療
こんな時期に大雪!
道路事情も悪く、ここ数日は診療も忙しくありませんが、そういうときにこそ行うこともあります。
イヤー、事務が滞ってまして。

最近は動物の寿命も長くなり、所謂老衰から体調を崩して来院される方も多くなってきました。
腎臓、肝臓の疾患や食欲の低下、筋肉の脆弱からくる歩行障害。

年齢からすると致し方ない部分もありますが、飼い主さんにとっては「年だから」で片づけられない問題です。
いつまでも元気でいてほしいと望むものです。

さりとて、人間でいえば90歳を超えるような動物にあまり検査や投薬を行うとかえってストレスでかわいそうといわれる方も多いものです。
私の場合は、高齢患者さんには鍼灸を織り交ぜた「やさしい」診療をお勧めしています。
最低限の検査と投薬に鍼灸治療を行うと大変効果が上がることが多いと感じていますし、飼い主の方も満足してくれます。
寝られないくらい眠れなかった動物も大抵治療したその日はぐっすりと眠ってくれることが多いのです。

もちろん積極的治療でよくなればそれも良しですが、そこまで望まない方も結構いますし、私も衰弱した動物には「やさしい」治療がいいと考えています。ときに、かなり「復活」するときもあるものです。

最新治療ももちろん必要ですが、いわばまったりとした治療が奏功することも多いと感じている今日この頃です。

写真は、立てなかった子が鍼灸治療で立てるようになってうれしそうだったので、撮りました。

この記事をはてなブックマークに追加

健在です!一応

2015年10月25日 | 東洋医学
投稿できないくらい忙しいとはいいませんが、診療が終わると廃人状態のことが多く更新が・・・
おかげさまで、東洋医学の方も「推拿」コースを修了し完全卒業です。
しかも、写真のとおり完全皆勤賞をいただきました。

しかし、まだ未熟者。
卒後も北海道の卒業永のリーダーとして頑張り、セミナーも企画するよう校長より訓辞を受けていますので、それに従います。

新しく身につけた「推拿」は経絡を手などを使って刺激する治療です。
患者さんにも好評で特に弱った動物に優しい治療として好評です。

これからも、優しい治療を目指し、動物に触れることで「気」を調整する治療を目指します。

最近は何故か、皮膚病や腫。瘍性疾患の子が多く来院しますし、椎間板ヘルニアの治癒率も良好です。
働きすぎを指摘されながらも、できる限りのことをしていきます。

今は、飼育崩壊の猫の避妊、去勢がたくさんあり手術もそれなりに忙しい毎日で充実しています。

マンネリにならない新しい治療にも今後は取り組むつもりです。

更新も頑張ります。

この記事をはてなブックマークに追加

この夏

2015年08月21日 | 東洋医学
前回の更新から1ヶ月以上も経過しました。
7、8月とおかげさまで忙しく更新が滞りました。

この夏は湿度が高く、そのため皮膚病や下痢が多発しました。
また何故か脳神経系の疾患の来院が多く、いろいろ研究を加えて鍼灸&オゾン治療をしました。

斜頸や眼振、回転運動、チック様運動があり睡眠も十分にとれない脳神経系の子にも鍼灸治療は
威力を発揮できたと思います。
これらはいつかまとめて何らかの形にするつもりです。

これら脳神経の疾患の子にはストレスに関するヒストリーが背景にあることも多く、飼い主さんのとコミニュケーションが重要です。
治療は楽でなく、試行錯誤も必要です。

最終的には副交感神経優位の状態をいかに実現し持続させることができるかにかかってくるようです。

皮膚病も大変でした。
湿度からくる皮膚病の発生や悪化の対応に頑張りました。
私の場合は基本的に薬剤の塗布を中心としてあまり服薬はしません。
よほど痒みの強いときのみステロイド以外の薬剤で対応します。
ステロイドはなるべく、というかほとんど使いません。

今は下痢の子が毎日来ます。
夏の疲れがいまきているのでしょうか。

この夏ももうすぐ終わりです。
夏の思い出は・・・  墓参りのみ。

この記事をはてなブックマークに追加

もぐさ

2015年07月02日 | 東洋医学
いやもう、気付いたら7月。
全く更新することなく、さぼりました。
仕事も6、7月は繁忙期で診療が終わったら抜け殻状態でして。
昨年に比べたらありがたいことに格段に診療が増えてきました。
それとともに難しい症例が増えて、奮闘しきりです。

最近多いのは、脳神経の疾患で立てないで神経症状をだす事例が多く来院されます。
鍼灸で対応するしかないという思いで来られる患者さんばかりです。
斜頸、回転運動、震戦、てんかん症状、歩行蹌踉、眼球振とう等ですね。
鍼灸で治療すると大変反応が良く喜んでいただいてます。
自分で証を組立て鍼を配置して、効果が出た喜びはなにものにも代えがたいです。
自分のオリジナルの鍼治療を構築するのは大変興味深いです。

私は「灸」を徴用します。
写真のもぐさはある患者さんが手作りしたものです。
ふわふわで綿のようで、香りが素晴らしい。
一気に使い切ってしまいました。
自分でもぜひ手作りして使えば効果が倍増する気がするのですが。

この記事をはてなブックマークに追加

飼い犬の避妊手術

2015年05月26日 | 動物医療
今日は飼っている兄妹犬のうち、女の子のほうの避妊手術を行いました。

まあ、特別なことはないのですが、飼い犬の手術ってなんとなく、やりにくいですね。
説明できませんがいつもより少し緊張します。
いつも手術は緊張しながら行いますが、一層緊張するのです。

もちろん、無事終了して、一仕事終えた感じがしました。

昨日は物凄い混みましたが、今日はのんびりムード。
何か流れってあるんですよね、この職業!

この記事をはてなブックマークに追加

去勢

2015年04月28日 | 動物医療
昨日、本日と暖かいですね。
すっかり桜満開ですが、病院に閉じこもりの生活なので桜も余り満喫できません。

我が家のコーギーもそろそろ6ヶ月齢になったので、まずは男の子から「去勢」しました。
体重も10kgありました。
当然麻酔をかけるのですが、すごい安定して安心でした。
若いと麻酔もらくなのか?

気化器を切ったと同時に覚醒。
5分もしないうちに、元気に動いてました。
若いってすごい!

連休はほぼほぼ普通に診療します。
終わり時間を少し早くするだけです。

何せ、狂犬病、ワクチン、フィラリアの季節なのでお休みにするぬは勇気がいります。

この記事をはてなブックマークに追加