元町の夕暮れ ~万年筆店店主のブログ~

Pen and message.店主吉宗史博の日常のこと。思ったことなど。

司馬遼太郎記念館

2023-02-04 | 実生活

休日を月2回週休2日にして、今まで行こうと思っていて行っていなかったところにも行ってみたいと思っています。
先日は東大阪市にある司馬遼太郎記念館に行ってきました。

大阪や奈良には行くけれど東大阪には行くことはなかったので、初めて降りる駅で降りて、知らない街を歩くことができて、それほど遠くではないけれど小旅行を楽しんできました。

東野圭吾もそれなりに読んでいるけれど、司馬遼太郎は最もたくさんの作品を読んだ作家です。
時代小説ですが、藤沢周平のような繊細な心を描いたり、風景を細かく描写するのではなく、ザックリで大味なところが私の好みに合っているといつも思います。

これはきっと好みの問題なのだと思いますが、あまり繊細過ぎるものはどうしても合いません。私も大雑把な関西人なのだと思う。

東大阪はわりとコテコテの下町のイメージを持っていましたが、司馬遼太郎記念館は落ち着いた住宅街の中にありました。

元々司馬遼太郎の自宅で、記念館の横には自宅もそのまま残されていました。

1階の角にある書斎だけが外から見ることができるようになっています。司馬遼太郎が楽しくも苦しい仕事の大半をこの書斎でしていたのかと思うと、思い入れを持って見続けずにはいられない。しばらくその場に立ち続けて見ていました。
半ば寝そべるようにして椅子に座って楽な姿勢で執筆していたという椅子と机、本の詰まった本棚。

自宅の横に建てられた安藤建築の資料館に書斎に遺されていたモノが展示されていて、万年筆や文房具も見ることができます。

これは私の勝手な想像ですが、司馬遼太郎はあまりモノを置いておく人ではなかったのではないかと思います。
本になってしまえば、下書きや草稿ノートなども処分してしまったり、筆記具もこだわって愛用していたものはあまりなかったのではないか。

そんなこだわりのなさが小説からも、記念館の展示品からも伝わってきましたが、本当はどうか知りません。

駅の帰り道、何でもない大阪平野の中によくある町並みの中を歩きながら、生前司馬遼太郎は散歩に出かけて、この辺りも歩いたのではないかと想像しました。

真っ白い髪の司馬遼太郎はきっと目立ったと思います。
すれ違う人たちが「先生」と声を掛けたかどうか分からないけれど、町の人たちはすぐに彼に気付いただろう。

私たちが行ったのは本当に寒い日でしたが、記念館の中、庭中、近所中に菜の花がたくさん植えられて咲いていました。


休みの取り方

2023-01-17 | 実生活

今年から定休日の水曜日の他に第1、第3木曜日を休むことにしました。私が月2回週休2日になったというだけで店は水曜日以外開店しています。
私の留守中のペン先調整などは森脇が応対させていただきます。

個人事業主として、休みをとらずに仕事することは当然だと思っていました。でも、それではプライベートな用事が立ち行かないし、家族と出掛けることもできない生活になってしまうので、定休日の水曜日だけを休みにして15年やってきました。

でも休みが週1日だけだと、例えば歯医者や散髪に行ったり、車を洗ったりしたら、それに休みの時間の半分がとられてしまって後はどこにも出掛けられなくなります。1日だけの休みだと行ける範囲も限られているので、同じところばかりに出掛けることになる。

もっと行きたいところもあるし、水曜日定休日のお店で行ってみたいところもあります。本も読みたいし、書き物もしたいと思い、第1、第3の木曜日も休むことにしました。

今までも絶対に休んでくれるなと誰かに言われていたわけではなく、自己満足で1日だけの休みで通してきただけなのでこれでいいのだ。

それにいつまでも私が店の中央に居座っていては森脇の出る幕がない。彼にチャンスを与えるためにも私が不在の日をもっと作りたいとも思いました。

大変恵まれた幸せなことで、病気にも罹らず、気持ちが切れることなく今までやってくることができました。丈夫な体と単純な頭に生んでくれた親に感謝しています。定年のない仕事で、生涯現役でいないといけないので、これからも長く歩き続ける役にも立てたいとも思っています。

私がいなくても店が普通に回る。もしくはもっと良くなっていくことが理想です。
私にご用事のある方は、第1、第3木曜日を外していただきたいと思います。


連休

2022-12-04 | 実生活

いくら好きでやっている仕事でも、連休を取らずにいると、何か行き詰っているようなマンネリ化しているような感覚になっていましたし、気持ちも疲れ始めて、弱くなっていたような気がしました。
少し仕事から離れる必要のあった、いいタイミングだったと思います。

昨年は1カ月早かったけれど、同じ頃に連休をしていました。
連休真ん中に店に泥棒が入って大騒ぎになりましたが、あれから1年経った。
あの日から店の防犯を強固なものにして、休みの日でも少し安心していられるようになりました。

休みのうち3日間は鎌倉に行っていました。
横浜の高校で歴史の教師をしている息子と合流して、定番の鶴岡八幡宮の他に鎌倉幕府が最初に開かれた大倉幕府跡や源頼朝の墓などを巡り、歴史について考えながら歩きました。

5日の休み中4日は15000歩以上歩くことができて、普段運動ができていないので嬉しかった。
若い時は、自分の歩く歩数なんて考えもしなかったけれど、今は結構気になります。

観光地の中のお土産物屋さんを見るだけでも勉強になることはたくさんあって、自分の仕事についていろいろ考えることもできましたので、仕事においても有意義な連休でした。

息子がどんなところで新婚生活を送っているのか、前から気になっていましたので、最終日新幹線に乗る前に妻と二人で仲町台まで行ってみました。
駅を降りてせせらぎ公園を通って、息子とお嫁さんが通勤していると思われる道を歩いてみました。
観光では絶対に来ないようなところですが、知らない街を歩くのは楽しい。
近所の住宅街でも行ったことのない所を歩くのは何か発見があったり、自宅の近くにいることを忘れてしまいそうになって面白い。今回は近くにいるような感覚になりました。

きっと日本中に似たような住宅街があるのだろう。同じころにできた街はどこも似ているのかもしれません。
しかし、さすがに横浜で、住宅街でも垂水に比べると人通りが多かった。

息子たちが住む家を見て引き返してきましたが、こういうところに住んでいるのかと見ることができて満足して帰ってきました。
実際に見たので、これからは明確なイメージを持って、息子たちの暮らしについて想うことができる。それだけでもとても有意義だったと思います。
元気で、前向きに生きてくれていたらと、いつもどうしても気にしてしまうし、夫婦の会話は息子のことが多くなります。きっとこれが親心で、
子供がいくつになっても、そのように思うのだと思います。


永遠に続くもの

2022-10-29 | 生き方の考え

15年やっているといろんな状況が変わってきます。仕事上の関係も永遠のものなどないと思わされることもあって、今までできていたことができなくなることもあります。ここ最近何度かそういうことがありました。

個人企業の仕事は個々の生活の上に成り立っているので、生きているうちにその生活が変って、それが仕事の関係に影響を与えることもあるだろう。
それはその人の人生だから今まで通りの関係が続けられなくなっても、私がそれを責めることはできないし、責めても仕方ない。
15年間やってきたという事実も、それは今までの話であって、それがこれからも共にやって行くことの約束ではないのだ。

時間は流れて、私たちの状況も常に変化しているのだから関係性が変っても当然だと思うようになりました。
人と人との関係に永遠などないのだと、考えてみると当たり前のことだけど、ようやく自分の中で消化できるようになった。

15年間静かに自分たちにできることをやってきたけれど、取り巻く状況が変化してきました。
今までできていたことができなくなって、焦って少しでも元のパフォーマンスに戻そうとするけれど、すぐには戻らない。
15年かけて築いてきたものなのだから当然なのだろうけれど、焦らずにまた積み重ねていけばいいのだと最近では思うようになりました。

人と人との関係は様々な要因によってどうしても変わってしまうものだと思う。
今は外に目を向けて、また今まで以上の仕事ができるように積み上げて行けばいいのだ、今までしてきたように。

人との関係は変わるけれど、せめて自分は変わらないでいたいと思います。

変わらないで存在するためには、自分は何が楽しくて、自分が皆さんに何を伝えたかったのかを忘れなければ何とかやっていけるのではないかと思っています。

私は書くことが好きで、書くことが自分にとって良い作用がありましたので、自分と同じように書くことを楽しむ人を増やしたいと思いました。書くことが一番楽しくできるのは万年筆なので、万年筆を使う人を増やしたいと思いました
書くことが楽しくなるとモノを考えるようになって、本をたくさん読むようになります。
本をたくさん読むと自分の考えが固まってきて、自分のものになります。
考えが固まることで、自分の生き方が出来上がる。

私は人の生き方に興味があって、それを見せてくれる司馬遼太郎などを夢中になって読んだし、英雄でなくても身近な人の生き方にも興味があった。
それはきっと自分が楽しいと思う、書くことにつながっていたからだと、最近気付きました。
こうやってモノを考えて書くことは楽しくて、それを伝えたいといつも思っています。


先生の椅子

2022-10-10 | 実生活

私がいつも座っている椅子は、2年前に狂言師の安東伸元先生が形見分けにと下さったもので、形見分けなど早すぎるけれど先生が愛用されていたものとのことで有難くいただきました。
イギリスのアンティークで無垢の木を使った重厚なもので、実用本位のデザインです。

安東先生が10月2日に亡くなられました。
「これでお終わりにします」と宣言された翌日に逝かれた。最期まで自分でコントロールして、潔く逝ってしまった。どこまでも立派な人でした。

普段ボンヤリと暮らしている私も先生が頑張っていると思うと少しはシャキッとすることができて、私には精神的な柱のような人でした。
物静かで言葉数は多い方ではなかったけれど、その言葉ひとつひとつが教えられることばかりでした。尊大なところが全くないのに存在感のある人で、本物というのは先生のような人のことを言うのだと思います。
本物は自分を大きく見せようとしないし、いつも他者への優しさを持っている人だと安東先生を見て知りました。
それを知ると、声の大きな虚勢を張る人は本物ではないのだと分かりました。

何度も公演を観させていただいているけれど狂言のことはあまりよく分からないし、先生の舞台での技術的なことは分からないけれど、圧倒的な存在感の凄みは私にも分かった。

安東先生とは当店が2周年くらいの時に、暮らしの手帖を見て奥様と来て下さったのが始まりでした。

それから公演を観に行かせていただいたり、毎年忘年会の末席に参加させていただいたりして、先生の姿を目に焼き付けて帰ってきました。先生を生き方のお手本にして、先生のように生きたいと思いました。
とても遠く及びませんが安東先生と出会ったことで少しはマシな人間になれたとは思っていて、もし出会っていなかったらどうしようもない人間のままだった。

安東先生は能楽の家に生まれて、そこにいれば能楽師として国から護られた安泰な生活を送れるはずでしたが、国家権力に護られた床の間の飾り物のような古典伝統芸能のあり方が信条に合わず、独自の狂言団体を立ち上げました。
国から保護されない在野での活動は生きるために自分で稼がなければならなかったけれど、それが先生の性に合っていたのだと思います。

私も天邪鬼な性格で損得よりも自分の信条を優先してしまうところがありますので、先生の行動や気持ちがすごくよく分かります。

先生の買い被りすぎですが、万年筆店という儲けにならなそうな、誰も選ばなそうな仕事をしている私とご自分の姿を重ね合わせて、いつも私に目を掛けてくれたのだと思います。
大したこともできないのにきれいな理想ばかりを追いかけている私をきっと心配してくれていて、出来の悪い息子のように思っていてくれたのかもしれません。

先生に心配を掛けていたのなら本当に申し訳なかったけれど、先生がご自身の集まりに私を引っ張り出してくれたおかげで、店に居るだけではできないようないろんな経験をすることができました。本当に感謝しています。

いつもの行き来の中で「ありがとうございました」というのはお別れの言葉のような響きがあります。死期を悟った先生が春に会いに来てくれた時も、手を握って目を見ることしかできず、何も言えなかった。

ご家族やお弟子さんたちとお骨上げまでさせてもらってお送りした時にやっと「ありがとうございました」と言えました。
安東伸元先生のご冥福をお祈りいたします。


15周年の夜に

2022-09-24 | 実生活

この店を始めて15年が経った。この店が出来た時、きっと皆いつまで続くだろうと心配してくれたのではないかと思います。
私はすぐにダメになるとは思っていなかったけれど、皆がそう思って見ていることは分かりました。

何が何でも店を続けて見返していやるとは思わなかったけれど、世の中の仕組みや常識のようなものを一切無視して店を始めて、皆を心配させていることは恥ずかしく思った。

でも今になって思うとそういう仕事の常識やセオリーのようなものに捉われて、自分の行動を制限することに何の意味もなかった。そういうものは年月が経って時代が変ったら消えてなくなっていた。

何の後ろ盾もなく、何にも守られず、とても無防備な状態で始めた店でしたが、自由ではありました。
仕事のやり方、方針などいろんなことを教えてくれる人は何人かいましたが、そういう意見を参考にしながら、自分で決めてきたので、変なストレスはなかったし、結果が悪くても人のせいにすることはなかった。

自分の意志で自分たちにできることを無理をせず地道にやってきましたので、15年続いてくることができたのだと思います。
良くも悪くも規模も数も変わらずに15年前のままの体制でやっています。

店は店主の姿、生き様を映すとよく言われますが、本当にその通りで、この店は私の等身大の姿を反映している。
この店を見れば私の能力や限界がよく分かり、お恥ずかしい限りです。

これから私が成長すれば店も成長するだろう。私が退化すれば店も悪くなっていく。
まだまだこの仕事でいきていかないといけないし、期待して下さるお客様もおられるので、面白いと思ってもらえることをやっていきたいと思っています。


京都手書道具市(9/9~11)

2022-08-28 | 仕事の考え

都手書道具市が9/9(金)~11(日)開催され、当店も参加します。

条件が合えば関西でのイベントにはなるべく参加したいと思っています。

地元を盛り上げたいというローカリズムの心を私も持ち合わせているし、宿泊費をかけずにイベントに参加できることが採算を考えるととても有難い。


イベント中もなるべく店も営業したいと思っています。
9日当日車で荷物を運び込んで準備をして、京都を出れば16時から神戸でも営業できると目論んでいます。
イベントには日本中のいろんなお店が参加していて、お店の人たちと言葉を交わすのも楽しいし、たくさんのお客様が来られるので、本当に楽しい夢のような時間ですが、私は店番をしています。

神戸、京都の往復をレンタカーですることになり、それが少々不安ですが何とかなるだろう。
これくらい無理してでも関西のイベントに参加したいと思うのは、当店をもっと多くの人に知ってもらいたいと思うからです。

この近所ではわりと皆さん当店のことを知ってくれていると思いますが、元町を出ると当店のことを知っている方は少なく、まだまだ無名だということを思い知ることがあって、がっかりします。
気付いたら、文房具好き、万年筆好きの方が入れ替わっていて、新しくこの世界に足を踏み入れた方には知られていないと実感しています。
イベントは新しい文房具、万年筆を好きになった方に知ってもらうことができる貴重な機会でもありますので、また一からのつもりで知ってもらえるようにしていきたい。

今回の手書道具市で販売したいと言ったら、aunの江田明裕さんがガラスペンを間に合わせて作ってくれましたし、他の職人さんたちも協力してくれました。

このイベントは昨年から始まった新しいイベントで、いいものにしていきたいという主催者の熱意がここでも感じられて、私たちもその役に立ちたいと思います。

昨年は8月上旬の開催で、京都ということと、歴史ある建物ということもあって、ものすごく暑くて、汗を流しながら仕事をしていました。
それも語り草のようになっていて、今では笑い話ですが、今年は9月の開催で、少しは涼しくなっていると思います。

入場券が必要で、前売り制になっています。
皆様ぜひ、京都にも、そして神戸にも来て下さい。


救急車に乗る

2022-08-08 | 実生活

低血圧のせいかたまに立ち眩みのようなめまいがあります。いつもはしばらく座っていると回復して普通になりますが、日曜日はいつまでも目が回って、座っていられないほどでした。

90分以上そうしていて、埒が明かないので、森脇に救急車を呼んでもらいました。

お世話になったことのある人は分かると思いますが、救急隊員の方々がいるという安心感はすごくあって、車内で私の症状、身元の確認、家族への連絡などテキパキと処理していく。

普通なら目をつぶっていても分かりそうな地元の道ですが、どこをどう走っているのか分からないうちにあっという間に兵庫区の川崎病院に着いて、いろいろ検査をしてくれましたが、頭も血も良好とのことで、疲れが溜まっていたのでしょうねということになりました。

川崎病院には普段車で垂水区と明石市から出たことのない妻がナビを頼りに道に迷いながら迎えに来てくれて、しばらくして帰りました。

結局その日一日目が回っていたけれど、月曜日から嘘のように何ともなく元気に店で仕事をしています。

救急車まで呼んで大騒ぎして恥ずかしかったけれど、どこも悪いところがなくても、こんなにしんどいことがあるのだと自分の年齢を感じましたし、何の持病もない普段の健康の有難味が分かりました。これから摂生に努めないといけないと思いました。


象徴するもの

2022-08-02 | 実生活

今年9月で店を始めて15年になります。30年でも50年でも続かないと困るので、15年だからめでたいとか言うつもりはなく、ただの通過点だと思いたいけれど、過ぎ去った日の雰囲気を懐かしむような気持ちはあります。

プラチナ万年筆が代表的な万年筆のシリーズ3776センチュリー発売10周年を記念して、限定万年筆センチュリーディケイドを発売しました。
黒いボディに金の金具の、おじさんが好みそうな渋い万年筆です。
ペン先が特別で、今までのものよりも少し柔らかく、文字に強弱をつけて書きやすい。
こういう派手さはなく、渋い限定品に個人的に惹かれます。

3776センチュリーは、1万円台の14金ペン先の万年筆で、初めて万年筆を使うという方にもお勧めしやすいものでしたので、高校の同級生が万年筆を買いに来てくれた時にも買ってもらったこともありました。

3776センチュリー発売の時、当店は創業4周年を過ぎた時で、まだ出来立ての店と言ってもいい存在でした。
その頃の気持ちを思い出すと、むしろ今よりも楽天的な明るい気持ちでいたことを懐かしく思い出します。

あの時は店に無限の可能性があると信じていて、いろいろな夢を持っていた。今はあの時には考えつかなかったこともやれていて、店として成長しているはずなのにあの時のような気持ちとは違う。

きっとあの時の自分よりも今の自分の方が成長して、知恵もついて、少しは物事が分かってきたのだと思います。だからあの頃にような楽天的な気持ちになれずいろんなことを気に掛けるようになってきた。それはもしかしたら良いことなのかもしれないけれど、どっちが幸せなのだろうか。

あれからもう10年経ったと思うと、歳月の過ぎる速さに呆然としてしまいます。

センチュリーディケイドが指す2011年から2022年の歳月を私も懐かしく思う。
でも、もし時間を戻すことができたとしても、同じ幸運がまた自分に訪れるとは限らないので戻りたいとは思わないけれど、せめて若かった時のことをたまに万年筆を手に取って思い出せたらいいと思い、センチュリーディケイドを手に入れました。

センチュリーディケイドにはシリアルナンバーが入っていて、当店の創業年と同じ2007があっというものがあったので、それを使うようになりました

 


次の出張販売

2022-06-19 | お店からのお知らせ

店での仕事から学ぶことは多くて、いい齢して毎日がいまだに勉強ですが、たまに出張販売などの旅に出ないと私はいけないなと思います。
出張販売に出て、店という自分の舞台装置ではない、スタッフという脇を固めてくれる人のいない状況で仕事することで、店や自分に足りないものについて考えることは大いに勉強になります。

体力的に厳しい状況に自分を立たせることもたまにはやらないといけない。

札幌が終わって1週間ですが、次はは東京での出張販売の告知させていただきます。
7/8(金)9(土)11時~18時、10(日)11時~15時
代官山ギャラリー懐美館で開催いたします。

7/8(金)15時~18時30分、9日(土)11時~18時 近くのアップステアーズギャラリーで590&Co.さんも出張販売を開催するというパラレル企画です。

両方の会場でそれぞれ3300円以上のお買い物をしていただきましたお客様にはダブルネームのオリジナルエコバックをプレゼントいたします。

札幌と同じように、代官山も3年前までは定期的に出張販売を開催していて、馴染みのある場所です。
今回は590&Co.さんとの相乗効果もあるのではないかと思っています。