一期一会 ~万年筆店店主のブログ~

哲学、想いを発信している、Pen and message.店主吉宗史博のブログです。

路面電車の旅

2018-10-13 | 実生活

チンチン電車が好きで、なるべく乗りたいと思ってしまう。ヨーロッパの街では多く走っていて、トラムとお洒落な言い方をするけれど、紛れもなくちんちん電車です。
でも日本では、本当に少なくなってしまった。

神戸にも私が生まれた頃までは走っていた。
電車は走っていないけれど、交差点や道路の感じが妙に思えるところが以前はあった。しかし、そこに路面電車が走っているところを思い浮かべるとしっくりくるような名残がありました。

路面を走るのは、ほんの一部分で、正確に言うと路面電車ではないけれど、京阪電車石山坂本線、京津線に先週の水曜日妻と乗って沿線をブラブラしてきました。

京都までは行っても、なかなか大津までは行かない。
子供が幼稚園か小学校低学年だった頃に、家族3人で来て以来になります。

それから20年も経ってしまった。
当時泊った琵琶湖に近いホテルも、遊んだゲームセンターもどこにあるか分からなくなっていたけれど、きっと大津の街はそれほどの変化もなくそこにあったのだと思います。

そう思わせるほど、大津の京阪電車沿線には古い町並みが残っている。

京阪電車京津線、石山坂本線乗り放題切符というものがあって、電車にただひたすら乗るというのが、今回の旅の目的でしたが、瀬田の唐橋と三井寺だけは訪れて写真を撮りまくってきました。

大津の京阪電車は嵐電や京福電車と同じような幅の狭い車両のワンマンカーでした。2,3両の連結になっているけれど、駅舎も含めてミニチュアの電車のようでかわいらしく、乗っているだけで楽しい遊園地の乗り物のように思えました。
でも、朝と夕方には通学の生徒たちでいっぱいになる、ちゃんとした地元の人の足でした。

いつも高速道路や新幹線で通過するだけの小さな大津の街ですが、降りて歩いてみると他所の観光地化している街にはない、生活の匂いもする昔ながらの街並みが多く、昭和の風情を感じました。

コメント (1)

お知らせ

2018-10-08 | お店からのお知らせ


イベント

 

・英語講座「KobeWritingClub」 10月11日(木)18時30分~20時30分

輸入コンサルタント会社アジアンロード代表取締役岩田朋之先生による、万年筆で書くことを楽しむ英語講座。
受講生募集しております。受講料3500円、事前にご予約をお願いいたします。
好きな色のインクを入れた万年筆と、正方形5㎜方眼ノート、英和辞典をお持ちください。ノートと万年筆とインクは当店でも販売しています。

 

・聞香会 10月28日(土)15時~17時

当店スタッフ森脇直樹による聞香会を開催いたします。
本格的なお香を気軽な雰囲気の中で楽しむことができる会になります。ぜひご参加下さい。

 

・FridayWorkshop「万年筆で美しい文字を書こう」15 11月2日(金) 19時~21時 

堀谷龍玄先生をお迎えして、万年筆で美しい文字を書けるよう練習し、添削してもらいます。ツバメ縦罫ノートN3021を持ちください。ノートは当店で販売しています。

 

 

 

 

ペン習字教室は、現在定員に達しており、飛び入りのご参加ができない状況です。空きが出た場合、ご連絡させていただきますので、ご参加希望の方はメール(penandmessage@goo.jp)あるいは電話・FAX(078-360-1933)でお申し込み下さい。


 お問い合わせ、参加のご希望など、当店(078-360-1933)までお願いいたします。

 

コメント   トラックバック (1)

重い齢

2018-10-07 | 実生活

数日前に誕生日を迎え、とうとう50歳になってしまった。

もう齢はとりたくないと思ったけれど、母の齢を健康のまま追い抜くことができたことは幸運なことだと思い直しました。

でも、49歳を無事終えることができたことは正直ホッとしている。別に長生きしなくてもいいと思っているけれど、まだ死ぬわけにはいかない。

今年の誕生日は、例えば45歳が46歳になるのとは違う、重みのようなものを感じている。

とっくに大人だけど、何の言い訳もできない齢になってしまったような感覚になっています。

皆それぞれの地位を築いて、人生を軌道に乗せて、余裕を持ってそれを周っているのに、私はいまだに必死で道を進もうと努力しないといけない。

そういう生き方を選んでいるのは自分だし、それに後悔はないけれど、いまだに生きるために余裕のない毎日を送っている。

きっと自分はこうやって生きて行って、ゆっくりすることなく生涯を終えていくのだろうと思うと、あまりにも自分らしくて可笑しく思います。

若い頃、大人になったら誰もが自分の居場所を社会の中に確保して、それを脅かされることなく生きていくのだと思っていた。

だから早く自分も大人になりたいと思っていたし、若い頃の将来への漠然とした不安は大人になるとなくなるのだと思っていました。

しかし、自分がその齢になってみると、若い頃思っていたイメージとはかなり違っていて、大人であっても道に迷うこともあるし、将来に不安になることもある。

でも大人になると生き方が軌道に乗る代わりに、夢などは持たないと思っていたけれど、やりたいことや夢は変わらずに次々と現れてくることも今感じている。

コメント

同い年の万年筆

2018-09-17 | 万年筆

万年筆の歴史について考えることがあって、それぞれの国においての万年筆のゴールデンエイジについて改めて認識しました。

ゴールデンエイジを過ぎると、その国の万年筆は途端に魅力を失っている。
当時売れていたものの真似のようなものが多く出始め、チープになっていきます。

そんな取り組みの中で、人は自分と同い年の万年筆を持ってみたいだろうかと思い始めました。

まず自分と同い年、1968年に作られていた万年筆について調べてみました。

もっと上の世代、1950年代までの人ならすごい万年筆がいくらでもあります。

しかし、1960年代後半は、世の中はボールペンが一般化していた頃で、60年代初頭までのドイツ万年筆のゴールデンエイジも完全に終わっていた。

1966年のラミー2000の発売というのは、かなり特殊な例だけど、ゴールデンエイジが終っていたから、あのような万年筆ができたのかもしれません。

1968年の万年筆なんて、ロクなものがないと思い始めていましたが、日本の万年筆について考えることを忘れていました。

その頃、なぜか日本は万年筆全盛の時代を迎えていて、パイロットのエリートの大型と爆発的に売れたと言われるポケットタイプのエリートSが1968年発売でした。

1967年になるけれど、継ぎ目のないスターリングシルバーのボディにプラチナペン先のプラチナプラチナが発売されていますが、これも同い年である可能性が高い。

世界は、実用のものとしてはとっくに使われなくなっていて、趣味のものとしてさえ万年筆から離れている時代。日本はなぜ万年筆全盛の時代を迎えていたのだろう。

当時、欧米のものへの憧れは変わらずにあったけれど、日本製でも良いものが出始めたことを日本人が認めて、誇りを持ち始めた時代だったのか。
そして、日本人がもともと持っている書くことを大切にする性質が万年筆をギリギリまで見放さなかったのではないか。

日本の万年筆もその後、世界の万年筆から遅れて冬の時代に突入して、それは80年代始めまで続いたはずです。

今回、今までペン先が硬くて、インクの出が一本調子で丈夫さだけが取り柄のプラチナプラチナ。
自分と同い年ということを改めて認識し、愛おしく思えるようになりました。

コメント (1)

工房楔イベント 9月22日(土)23日(日)

2018-09-15 | お店からのお知らせ

9月は催しが多い。日が迫ってくるとやはり忙し過ぎたと思っています。1年前にスケジュールを詰め込んだ自分を呪っています。

でもあの時は9月につめこまざるを得なかった。
9月は当店にとって最も忙しい月に、毎年なりそうな気がします。

工房楔のイベントを毎年当店の創業日に当たるように開催しています。

楔のイベントが終わると当店の秋がやってきて年末へと一気に時間が流れていきます。

夏でも売れ行きはあまり変わらないけれど、木は秋冬のイメージが強い素材だと思っている。

その色目もそうだし、硬いけれど温かいような手触りによるところがあるのかもしれません。

そう思っているので、工房楔イベントは木のシーズン開きを宣言するものだと言えなくもない。

 

木が好きな人は年齢性別に関係なく、モノを見る目が成熟した人が多いと改めて思います。

当店で扱っているもののなかで、木が一番美術に近いのかもしれません。

一般的に好まれるものはあるけれど、その好みは三者三様で、それぞれの見方が存在します。自分の好みや見る目は木を見ていて少しずつ作り上げられていくものだと思う。

整ってきれいなものなら人工物の中にいくらでもある。

自然が整ったものを作り出すから尊いのかもしれないけれど、自然物ならでは様々な景色を持った個体の方が面白いと思います。

工房楔イベントに来ていただいて、木の景色を楽しんでいただきたいと思います。

 

 

コメント

ウォール・エバーシャープスカイライン~東京出張販売案内8月30日(木)31日(金)9月1日(土)

2018-08-26 | お店からのお知らせ

スカイラン左から バーディグリース×パラディウムキャップ、ブラック×ゴールドキャップともに52920円(税込)、アンバーパール×ゴールドキャップ66960円(税込)

 

東京の出張販売から発売しようと思っているネタをいくつか用意していて、このウォール・エバーシャープスカイラインもそのひとつです。

どんなものかは様子見で前回の福岡の時から輸入していましたが、数を増やして東京に持って行きたいと思いました。

きっと東京ではどこにもないもの、当店でしか手に入らないものが、他所以上に求められると思うので、ネタ作りをしてきました。

ウォール・エバーシャープというと、デコバンドよりもスカイラインをご存知の方の方が多いと思います。

1940年代から50年代に大ヒットしたウォール・エバーシャープの代表作です。

機関車もデザインしたヘンリー・ドレファスをデザイナーに招いて、社運を賭けて作られたペンの歴史に残る名作だと思います。

本国の標準仕様はスチールペン先ですが、金ペン先をオーダーして取り付けてもらっています。

字幅は、ペリカンでいうところのMくらいで、お申し付けいただきましたら、細字研ぎ出しでもスタブでも加工いたします。

携帯して使うのにとてもいいサイズの、姿の良い万年筆で、適度な柔らかさを持った金ペン先により、書き味も良好です。

 

【出張販売東京】8月30日(木)14時~20時 8月31日(金)12時~20時 9月1日(土)12時~20時

ギャラリー懐美館 東京都渋谷区恵比寿西1-31-14グリーンマンション1F

出張販売でもクレジットカードもお使いいただけるようにしました(暗証番号が必要です。明細をお送りする場合Eメールアドレスが必要になります)
ペン先調整をご希望のお客様、事前にご予約いただきましたら、スムーズに承ることができます。
電話078-360-1933か、Eメールpen@p-n-m.netにお申込み下さい。ペン先調整3500円、字幅変更8500円 持ち帰り調整の場合、返送料900円がかかります。

 

コメント

こしらえ~東京出張販売案内8月30日(木)、31日(金)、9月1日(土)~

2018-08-21 | お店からのお知らせ

 

 

ペン先とペン芯、それを束ねて首軸に固定するペンカバー、そして首軸。書くために必要なメカニズムはここに集約されていて、これらのひとつの部分は神聖な領域で、軽い気持ちで踏み込んではいけないと思っている。

ペン先調整というのは、この神聖な領域に手を入れるわけなので、それなりの敬意と覚悟を持って臨んでいるし、もっと書きやすくなるはずの神聖な領域を手助けするためにペン先調整をしているので、何もしなくてもいいと判断したら、何もしないこともよくあります。

若い時はその意識は薄かったような気がするけれど、今はなるべく手を入れない方がいいと思うようになった。

お店が真のオリジナル万年筆を作ることができないのは、この神聖な領域に手が出せないからで、ここに手を出して成功することは少ないと私は思っている。

 

万年筆銘木軸こしらえは、その神聖な領域に手を入れず、外装だけを銘木製にしたものです。

神聖な存在であるペン先ユニットはそのまま使うという考え方です。

工房楔と積み重ねてきた銘木の良さを万年筆を愛用するお客様に知ってもらいたいという働きかけは、こしらえの開発でひとつの局面を迎えたと思っています。

こしらえについておさらいすると、こしらえとこしらえ長軸があります。

こしらえはパイロットの2万円クラスの万年筆カスタム742とカスタムヘリテイジ912の首軸ユニットを使うことができます。

標準の万年筆らしい長さになっていて、工房楔のペンケースコンプロット4ミニにも収めることができるサイズです。

こしらえ長軸は、カスタム743の首軸ユニットをつけることができます。

カスタム743は15号という大型のペン先がついていますので、キャップ内のクリアランスを大きくとっています。

カスタム743とカスタム742は首軸のネジ径は同じなので、こしらえ長軸にはカスタム743とカスタム742/カスタムヘリテイジ912両方をおさめることができるということになります。

こしらえ長軸は、キャップを尻軸につけることができないこしらえでもボディの後ろの方を持って書けるように、かなりボディを長めにしています。

工房楔のコンプロット1ロング、当店オリジナル長寸用ペンシースなら収めることができます。

ネジパーツの素材には真鍮とステンレス、エボナイトがあります。

真鍮、ステンレスは少し重量感が出ます。エボナイトは軽く、見た感じや手触りに木との親和性を感じます。

こしらえの良さは、パイロットカスタムという世界に誇る代表的な日本の万年筆のペン先を、大量生産では扱うことができない銘木のボディで使うことができるところにあります。

銘木は、2つとないその杢を見て楽しみ、木の手触りを楽しみ、使い込んで出る艶を楽しむことができる最高の素材だと思っている。


完璧な筆記性能と楽しを併せ持っているこしらえは、完璧な万年筆で、当店と工房楔が自信を持って販売し続けているオリジナル商品です。



【出張販売東京】8月30日(木)14時~20時 8月31日(金)12時~20時 9月1日(土)12時~20時

ギャラリー懐美館 東京都渋谷区恵比寿西1-31-14グリーンマンション1F

出張販売でもクレジットカードもお使いいただけるようにしました(暗証番号が必要です。明細をお送りする場合Eメールアドレスが必要になります)
ペン先調整をご希望のお客様、事前にご予約いただきましたら、スムーズに承ることができます。
電話078-360-1933か、Eメールpen@p-n-m.netにお申込み下さい。ペン先調整3500円、字幅変更8500円 持ち帰り調整の場合、返送料900円がかかります。


 

コメント

カンダミサコリザードペンケース~東京出張販売案内8月30日(木)、31日(金)、9月1日(土)~

2018-08-19 | 仕事の考え

カンダミサコさんの作風のイメージは、機能性をともなったひとひねりあるデザインを明るい色を中心に色合わせした革で仕立てるというものなので、リザード革のシステム手帳には驚かれた方が多かったようです。

そして当店の東京への出張販売のために、リザードのペンケースも製作してくれました。

細めのペン、ファーバーカステルクラシック、ギロシェなどが入ります。

価格14040円 トープ、ブルー

 

【出張販売東京】8月30日(木)14時~20時 8月31日(金)12時~20時 9月1日(土)12時~20時

ギャラリー懐美館 東京都渋谷区恵比寿西1-31-14グリーンマンション1F

出張販売でもクレジットカードもお使いいただけるようにしました(暗証番号が必要です。明細をお送りする場合Eメールアドレスが必要になります)
ペン先調整をご希望のお客様、事前にご予約いただきましたら、スムーズに承ることができます。
電話078-360-1933か、Eメールpen@p-n-m.netにお申込み下さい。ペン先調整3500円、字幅変更8500円 持ち帰り調整の場合、返送料900円がかかります。

 

コメント

カンダミサコ大きいクリスペルカーフペンシース~東京出張販売案内8月30日(木)31日(金)9月1日(土)~

2018-08-14 | お店からのお知らせ


カンダミサコペンシース大クリスペルカーフ 6750円(税込) 発売は8月30日(木)からになります

 

東京での出張販売が、8月30日(木)、31日(金)、9月1日(土)と迫ってきました。

スケジュールに関して、迷いがあったり、調整が必要だったりして、結局3日間の開催にして、9月2日(日)は片付けにあてることにしました。

混乱させてしまい、申し訳ありません。

代官山で出張販売をするのはもちろんいろいろなバランスをとった末に決めたことですが、当店が扱うモノの雰囲気と街の雰囲気が合っていると思ったからでした。

代官山の裏側のような静かなところに当店のような万年筆店があったらいいなと私は思う。

その願望を1年に3日間は叶えることができる機会だと思っています。

今回の出張販売のニュースにと、カンダミサコさんが面白いもの作ってくれました。

クリスペルカーフの幅広サイズのペンシースです。

上質なクリスペルカーフを円筒状に丸めることによって、張りが出て、美しい艶が際立たせることにつながりました。

結構太めのペン、モンブラン149までは収納することができます。アウロラ88クラシックとも雰囲気が合うと思いました。

太めのペンを入れるペンケースというのは、重厚な構造のものが多く、大げさになってしまう。

そういったペンも軽やかに持ちたいという方には、ぜひ使っていただきたいペンシースです。

 

【出張販売東京】8月30日(木)14時~20時 8月31日(金)12時~20時 9月1日(土)12時~20時

ギャラリー懐美館 東京都渋谷区恵比寿西1-31-14グリーンマンション1F

出張販売でもクレジットカードもお使いいただけるようにしました(暗証番号が必要です。明細をお送りする場合Eメールアドレスが必要になります)
ペン先調整をご希望のお客様、事前にご予約いただきましたら、スムーズに承ることができます。
電話078-360-1933か、Eメールpen@p-n-m.netにお申込み下さい。ペン先調整3500円、字幅変更8500円 持ち帰り調整の場合、返送料900円がかかります。

コメント

出張販売のご案内(8月13日更新)

2018-08-13 | お店からのお知らせ

夏季は出張販売に出るスケジュールを組むように昨年からしています。

今年も6月から9月にかけて、いくつかの予定を入れておりますのでご案内申し上げます。

 

・東京(代官山) 8月30日(木)14時~20時 31日12時~20時 9月1日(土)12時~20時 (期間短縮しました)
ギャラリー懐美館 東京都渋谷区恵比寿西1-31-14(東急東横線代官山駅徒歩2分)

・東京インターナショナルペンショー 9月29日(土)13時~17時 30日(日)10時~16時
東京都立産業貿易センター台東館7F 東京都台東区花川戸2-6-5

 

当店オリジナル商品を中心に品揃えし、万年筆調整販売、お持込のペンの調整も承ります。
クレジットカードもお使いいただけるようにしました。
ペン先調整をご希望の方は、日時をメール(pen@p-n-m.net)あるいは電話(078-360-1933)でご予約いただきましたら、スムーズに承ることができます。
ペン先調整は1本3500円、字幅変更8500円になります。

各イベントを成功させて、恒例のものにしていきたい。できれば開催地も増やしていきたいと思っています。
皆様のご来場、心よりお待ち申し上げます。

コメント