元町の夕暮れ ~万年筆店店主のブログ~

Pen and message.店主吉宗史博の日常のこと。思ったことなど。

アメリカのもの

2020-01-21 | 実生活

アメリカの政治は好きではないけれど、アメリカの素朴なモノはとても好きでどうしても惹かれてしまいます。

細部が雑なものが多いのかもしれないけれど、素材を厚く使った丈夫なもの、使い込んでボロボロになっても何かサマになるもの。そういったものがアメリカのモノには多いと思っています。

きっと自分に足りない骨太さのようなものを補いたいと思って、私はアメリカのものを身の回りに置いているのかもしれない。

当店の本当に近く真南のモトコーの中に、「590&Co.(コクエンアンドコー)」という鉛筆専門店があります。

鉛筆にまつわるもの、キャップ、消しゴム、削り、ペンケースなどを中心に世界中の様々なものを揃えているお店で、行くたびに発見があって、店主の遊び心、センスが溢れている本当に面白いお店です。

その590&Co.さんで買ったペンケースをとても気に入っています。

ペンケースではなく、ツールケースという商品名でしたが、これに気に入っているペンを詰め込んで持ち歩くのがとても楽しいし、このモノの佇まいがとても気に入っています。

以前はフィルソンのバックを、最近は神戸ペンショーで見つけたフィルソンバックにヒントを得て作ったインダストリアさんのバックを使っているけれど、これに入れて持ち歩くことが嬉しくて仕方ない。

590&Co.さんは、木曜日、金曜日は18時~22時、土曜日、日曜日が13時~19時という変則的な営業時間ですので、お気をつけ下さい。サトナカやアールティーズのカレー屋さん、中華の大家好さんとともに、当店に来られた時には一緒に行っていただけたら、お休みがより楽しくなるのではないかと思います。

コメント

年末年始休暇

2020-01-05 | 実生活

 

この店を始めてから、人並みの年末年始を過ごしたいと思って、29日から5日くらいまでの1週間以上の休業日を設けていました。
年末年始に店を訪ねたいというお客様の声もありましたが、お正月だからと許してもらっていました。

でもよく考えると、私はサービス業で人が休んでいる時に仕事をする仕事だった。

やむを得ぬ事情で今年は早めに開けたけれど、それに気付くことができました。

開けようと思って調べてみると、私たちが扱っているような生活に必要のないものを扱っているお店の中でも、クリスマス直後に閉めて2日か3日くらいの早めに開けている店がいくつもあることが分かりました。

今までそうではなかったので、今年からの流れだと思います。

たしかに生活必需品以外の購買意欲は年末は下がっているような気がします。そして、私たちが扱っているようなものは年始の方が目を向けられやすいような気がしますので、そのお店の開け方に大いに共感しました。どうせ開けるのなら効率良く、求められている時に開ける方がいい。

大晦日から正月にかけて奈良でゆっくりしていました。

たまに街や初詣に出掛けたけれど、ホテルの部屋でじっとして、ひたすらミニ5穴システム手帳のリフィルに線を引いて、スタンプを押して、自分だけのオリジナルダイアリーを作っていました。年末年始の休みはこれをしようとだいぶ前から考えていました。

自分の生活サイクルに合った、ミニ5穴用のToDoの管理とメモの保管のやり方を思いついていて、その使い方に合ったダイアリーです。

自分のやり方と言ってもシンプルなもので、ダイアリーは定休日である水曜日欄を極端に小さくして、他の日のスペースをなるべく大きく取った見開き1週間です。

昨年はシャープペンシルでこういうものを書いていたけれど、今年は万年筆で書きたいと思いましたので、書き味が良いオリジナルのリスシオワンリフィルを使いました。
リスシオワンリフィルは、4㎜方眼罫なので手帳に書く文字の大きさに合っていてそういうところも気に入っています。

罫線はカラーのシャープ芯を使って、慎重にスタンプを押す。なかなか時間のかかる作業ですが、私にとって一番楽しい作業です。

 

 

コメント

年末年始営業変更のお知らせ(1月4日から営業)

2019-12-23 | お店からのお知らせ

2007年のリーマンショックの時、消費が落ち込んだようでしたが、店を始めたばかりでしたので変化に気付かなかった。
でも10月の消費税増税後の消費の落ち込みはすさまじいものがあると感じています。
この状況が続いたら、きっと市井の店の多くは閉店せざるを得なくなると思うし、閉店を免れた店も規模の縮小を余儀なくされるだろう。

今回の低迷は、実際の家計への負担増による低迷というよりも、国民の感情的なものだと思っています。
日本の景気は庶民の肌感覚ではかなり悪くなっていて、明らかに元気がなくなっているのに、さらに消費税を上げたことによる反発の感情が消費を落ち込ませているのだと思っている。

生活に必要なものの消費税を据え置いたり、キャッシュレス決済で5%還元しても、感情的なものなので消費は上がってこない。
それほど、今回の消費税増税は悪政だったと思っています。

そういったお金を使う人の気持ちはすごくよく分かるけれど、お金を使ったもらう店側としてはそうも言ってられず、不景気に喘ぐ日本の中でも自分たちと自分たちに関わってくれている人たちだけは生き残らないといけないと、決意を新たにしています。

当店も10月以降の業績は悪くなっています。

それを政治のせいだけにしてはいけないし、他にも原因はあるのだと思って店の魅力を上げるように努力しないといけないとは思っています。

年末年始の営業日を変更いたします。
年末の12月28日(土)までの営業は変りませんが、年始は1月4日(土)から営業いたします。

1月4日(土)からネットショップ限定販売を予定していました工房楔のお年玉企画は、店頭でも販売いたします。

よろしくお願いいたします。

コメント

ペリカンM200ゴールドマーブル

2019-12-16 | お店からのお知らせ

ホームページが不通で、店が営業していないのではないかと心配して電話して下さるお客様も多くおられて、申し訳なく思っています。
私の目論見が甘かったのかもしれないと、今は思っています。
次やる時はもっと上手く告知して、12月なんかにしないと心に誓いましたが、次ホームページの引っ越しをすることはあるのだろうか?

いつできるか分からないホームページの移管作業を待っていても仕方ないと思い始めました。

新しいものは次々入ってきています。
ペリカンM200ゴールドマーブルです。
こういうペンがあったらいいのにと多くの方が思っておられた色のペンだと思います。私は思っていました。

M200のシリーズは、スチールペン先ですが、このスチールペン先は書き味も柔らかく、筆圧に反応してくれます。
他のメーカーのスチールペン先とは一線を画する、非常のフィーリングの良いものです。

<EF>と<B>をご用意いたしました。価格は17600円(税込み)です。

 

これはご来店いただいた方にお持ち帰りいただけるようにしている「ふみぶみ」というフリー冊子です。
おてがみ向上委員会のうちだまきさんが、手紙を書く人を増やしたいという情熱から作り上げた冊子で、私もエッセイを書かせていただいています。
なかなか力作で、読み応えのある冊子でびっくりしました。この中に自分の文章が載っていることが嬉しかったです。

コメント

ホームページのリニューアル

2019-12-12 | お店からのお知らせ

 

ホームページhttps://p-n-m.net/のやり変えをしています。

ホームページのやり変えに先立って、このブログもデザインとタイトルを変更しています。
より今の気分に近い、自分らしいものになっています。

今のホームページのWEBショップでお買い物いただけるのが、は12月12日(木)17時までになります。それ以降もブラウザのキャッシュが残っていてご覧いただける場合があるかもしれませんが、12月14日(土)11時頃からは新しいデザインのWEBショップになります。アドレスは同じです。

創業時からホームページはありましたので、12年変わらずに使ってきたことになります。
最近ではSNSで告知して、ホームページを持たないお店も目立ちます。
当店が始まった時は、ホームページがないと話にならないという感じででしたが、今はそうでもないのかもしれません。
時代の変化とともに、ホームページの役割、あり方も変わってきたと実感しています。

デザイン的な違いはほとんどありませんでしたが、大きなリニューアルを2回ほどして、今のホームページの形になっています。

12年も経っている古い設計、構造のものを専門家の知恵で無理やり増築して使ってきたようなところがあったようで、例えて言うとクラシックカーでレースに出るようなもので、お金と手間ばかりかかって、全然早くないという状態に気付かなかった。

ホームページの管理をして下さっていた大和出版印刷の担当の方々には、大変なご苦労をおかけしていたと申し訳なく思いました。

こういうものは時代が進むと、簡単に、使いやすく、値段も安くなります。
それは時代の流れ、テクノロジーの進化なので仕方ない。そういうものを取り入れ続けて、変化させていかないといけないのだと思いました。

新しいホームページはプログラミングに精通しているお客様にご指導してもらいながらしていますが、スタッフM(森脇)が中心となって、WEBショップ構築サービスを利用して自分たちで作り上げています。

やり変えを決めてから、私もパソコンを持ち帰って長い時間操作しています。

慣れない作業ですが、教えてもらって今までできなかったことができるようになりました。
コンピューターをいじることが面倒でなくなったし、あのアルファベットの羅列を見ても拒否反応が起こらなくなった。

今回のホームページのやり変えで、ホームページアドレスは変らず https://p-n-m.net/ のままですが、メールアドレスが変更になります。新しいメールアドレスが使えるようになるまで、penandmessage@gmail.comにご連絡いただければ返信させていただきます。

コメント (2)

ラマシオンの時計

2019-12-10 | 実生活

 

ラマシオンのハンドメイド時計のイベントを開催していました。

万年筆以上に、時計を買ってもらうのは本当に難しいとラマシオンの吉村さんに来てもらうたびに思います。

万年筆を普通の人は1本持っていたら充分だけど、書くことを趣味としている人はいろんなペンを持ってみたいと思うから何本も持つことができている。

靴も、私は趣味と言えるほどではないけれど、好きなのでいろんなものを履きたいと思います。

趣味として凝っていて変わったものが欲しいと思わない限り、万年筆も靴も一般的に良いと言われているもの、定番の中で自分の好みに合ったものをまず選ぼうとする。

時計も同じで、セイコー、ロレックス、オメガなど、まず定番の誰もが知っているもの毎日使う時計として選ぶのかもしれませんし、最近はアップルウォッチという、機械式時計には脅威となるものが現れていて、これを愛用している人に時計を勧めるのは難しい。

そういった状況の中で、ラマシオンの時計の価値というのは何だろうと考えます。

齢をとると一目でどこかのメーカーだと明らかに分かるものは避けるようになります。

できれば誰にも分からない、知らないものをつけたい。

そして例えば、バス停のベンチに座った時に隣に座った人が同じ時計をつけていたら、とても恥ずかしくていたたまれなくなります。

量産されているものならそういうことが普通に起こる。

ラマシオンの時計は、ムーブメントはシチズンミヨタ製で、正確で、修理も吉村さんが対応してくれるので、時計を見ながら生活している私のような人間でも安心して使うことができます。

ミヨタは、長野県御代田町を発祥とするムーブメント製造部門で、幼い日の思い出が多い佐久の近くということで親近感を感じています。それだけで悪いものではないと思っている。

時計作家の吉村さんがその時得たインスピレーションに従ってひとつひとつ作られていますので、同じものがたくさん存在しません。

冗談ばかり言っている吉村さんが、ラマシオンの時計について真剣にお客様に語りかけているのを聞きました。
ある時ふと見上げたらとてもきれいな夕焼けだった。そんな時何時だろうと見る時計であってほしい。
ラマシオンの時計は、普段の生活を特別なものに演出してくれるために存在しています。

コメント (2)

オリジナル時計の企画

2019-11-28 | お店からのお知らせ

12月7日(土)8日(日)、ハンドメイド時計作家ラマシオンの吉村恒保さんが来店し、自作品の販売会を開催します。

私は先日完成した時計をいつも着けています。

オリジナル仕様の文字盤など本体も気に入っていますが、ベルトが手帳と同じダグラス革なのが嬉しくて仕方ありません。

カンダミサコさんから吉村さんがダグラス革を譲り受けて、私の時計のベルトを製作してくれました。まだかすかな艶しか出ていませんが、使っているコンチネンタルミニ5穴システム手帳のような艶が出てくることを楽しみにしています。

今回のイベントでは、企画を進めている当店オリジナルのラマシオン時計が完成する予定です。

・シチズンMIYOTA自動巻きムーブメント
・花梨こぶダイヤル
・オリジナルスターリングシルバー製ケース、オリジナル文字盤
・サファイアガラス
・日常生活防水
・ダグラス革ベルト
・シンプルデザインモデル143000円(税込) スケルトンモデル198000円(税込)

コメント

ラマシオンの時計イベント12/7(土)8(日)

2019-11-22 | 仕事の考え

 

ラマシオンの吉村さんにオーダーした時計が出来上がり、喜んで毎日付けている。

吉村さんが作った時計をいろいろ見せていただいて、全くのゼロの状態からいろいろ仕様を決めるていくのも楽しかったし、時計が出来上がるまで待つのも楽しい時間でした。

出来上がったらもっと楽しかったけれど。

今回の時計は、少し照れ臭いけれど結婚25年の記念のものでした。節目となる年なので何か形として残るものということで妻と揃いで作ってもらいました。

サイズは違うけれど、デザインはほぼ同じものになっています。

今まで時計を趣味にしたことはなく、ずっとセイコーの同じ時計を何回も修理して使い続けてきました。

仕事のやり方が変わって、服装が変わったことと、齢をとったせいか、生真面目な感じがするセイコーの時計よりも遊び心のあるものをつけてみたいと思っていた時に、ラマシオンの吉村さんと出会いました。

シチズンの機械式のムーブメントを使って、世界で一つだけの時計を作ることができるという時計のあり方があるのだと知って、当店が万年筆を趣味とするお客様に提案できる時計だと思いました。

中の機械の鼓動が見えるスケルトン仕様、スターリングシルバーにロジウムを掛けて黒ずまないようにしたケース、三日月をイメージした文字盤に私の好きな色のターコイズを12時位置にあしらってワンポイントとしています。

リューズの形、針の色など細部まで指定することができますので、まさに世界でひとつだけの自分のための時計です。

きっと私はこれからこの時計をずっと付けていくのだと思っているけれど、新しい時計を手にして、また違う扉を開いてしまったような気もしています。

ラマシオン吉村さんが当店に滞在し、自作の時計の販売、オーダーの受注を12月8日(土)9日(日)にいたします。私もご相談に乗ります。どうぞ、ご来店下さい。

当店オリジナルのラマシオンさんとのコラボ時計もイベントに間に合う予定です。そちらも楽しみにしていて下さい。

 

コメント

銀座見物

2019-11-16 | 実生活

 

今年は出かけることが多かった。それはきっと自分で出掛けて行きたい思ったから、そういうスケジュールを組んでいたような気がします。

先日連休にして、銀座、日本橋あたりを巡ってきました。
伊東屋さんで開催されているシステム手帳サロンを見たいという、趣味とも、仕事とも言えない旅を妻としていた。

夏に日本橋にできた誠品書店さんを見るというのも目的のひとつでした。

先月の台湾出張で誠品書店さんの何店舗かを見て、日本のお店のいくつかと誠品書店さんと似ていることが分かりショックを受けた。

様々な言い方、考え方はあるし、参考にすることは悪いことではないけれど、それがもし表面だけ真似たようなものだったら、本家がやってきた時に恥ずかしい思いをする。お客様もがっかりしてしまうかもしれません。

私が若かった時は、情報もなかったので、海外で流行っている店の真似をしてもそれなりに形になったかもしれないけれど、情報が早く、広く伝わる今はよりオリジナリティが必要な気がします。

最近の商業施設の似たり寄ったり感もひどいと思っています。

入っているお店がどこも同じで、自分が見て回ったのがどこの街だったのか分からなくなっいます。
勢いがあるお店がどんどん出店して、どこにでも存在するようになっているのだと思うけれど。

東京に行くとたいてい伊東屋さんに行きますが、今回の旅の目的もシステム手帳サロンに行くことでしたので、銀座の二軒の伊東屋さんを時間をかけてゆっくり見てきました。
文房具が好きなのでやはりこの店が一番楽しい。

お店の方が声を掛けてくれて、お会いした環境があまりにも違っていたのでその時は思い出せなかったけれど、東京ペンショーでお世話になったことを後で思い出した。ちゃんとお礼を言いたかった。

いろんな店を見て回りながら、自分の店について考えている。当店には当店の特長がきっとあって、伊東屋さんと同じことはできないし、やってはいけないことは分かります。

店作りとは、どこかのお店を表面だけ真似するのではなく、店とは毎日の営業の中で、自分の心から湧き出てきたものを形にするという、なかなか形にできないような言葉を持って帰ってきました。

コメント

文具の小ネタ ~折りたたんだページ~

2019-11-11 | 実生活

 

2つ折り、3つ折りなどの折りたたんだ手帳やノートのページに惹かれます。

本来のサイズの倍以上のサイズで書けたり、見ることができたりするのは、例えば老眼で小さな文字が読みにくくなってきた私たちの世代には有難いと思うし、3つ折り以上だと蛇腹に畳んだり、巻き込むように畳んだページをどのようにレイアウトして使うか考えるのも楽しい。

ミニ5穴とバイブルサイズシステム手帳もルーズリーフもなるべく2つ折りや3つ折りを使いたい。内容が長くなった時に何枚にもまたがらないのがいいので、1つのプロジェクトのことを1枚にまとめたり、文章を書く時にも重宝していますし、メモ書きにも使います。

システム手帳デザイナー智文堂のかなじともこさんもダイアリー(カレンダー)はバイブルサイズが3つ折り、ミニ5穴が4つ折りのものを作っている。これは一覧性において大変有利だと思うし、ページが広がることを喜ぶ手帳好きの心を突いた仕様だと思っています。

これは禁断だったのかもしれないけれど、オリジナル正方形ダイアリーをバイブルサイズのシステム手帳に挟めるくらいの幅に中身を折りたたんで表紙をカットしてみました。

左側ページのPlan,Memoの右側の線に沿って折ると使いやすいような気がしました。

正方形ダイアリーはその紙面の大きさが特徴ではあるけれど、他の手帳と合わせて持ち運ぶときには難しい。こういう使い方もできるのではないでしょうか、というご提案でした。

万年筆店のダイアリーとしてお恥ずかしい話ですが、正方形ダイアリーの用紙を昨年から変更していて、乾きが早くて使いやすくなったとは思いますが、インク出の多い万年筆だと少し線が太くなってしまったり、インクによっては少し裏抜けするものもあります。

私はシャープペンシルで書いているけれど、気になる方は国産細字の万年筆をお使いいただいた方がよろしいかと思います。太目の万年筆でしたら、ペリカンブルーブラクなどの古典インク系、ペリカンロイヤルブルーなどでしたら気になるほどではありませんでした。

しかし、より良いものを作りたいと思っています。2021年分からは課題として改善するつもりです。

 

コメント