死は無感覚

2018-03-09 | 【断想】ETC
 エピクロスは、「われわれにとって、死はなにものでもない」と言う。
 死は、分解をもたらし、分解したものは、感覚がないから、と言うことである。
 要するに、死ぬまでは、死を恐れてみたり、あれこれ煩いもあるが、死んでしまえば、そんな思いや感覚はなくなってしまう。
 だからさ、あれこれ煩うのは、やめちまえ、そんなところか。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 閻浮の夜遊 | トップ | 死を呼ぶ夜烏 »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (篤 比嘉)
2018-03-12 20:31:21
最近、夜、目が覚める、色々な夢を見る、大抵、悪夢だ、暫くして、俺は生きてるんだ、と思い、色々と考えて寝れなくなり、明け方やっと眠いにつく、神は共ににいると言うが、それは神によって人が孤独を受け入れる事ができるということなのだなと思う、孤独は死を思わせる、矛盾しているかもしれないが、

コメントを投稿

【断想】ETC」カテゴリの最新記事