枝につぼみ

2018-02-24 | 【樹木】梅
 窓のそとの梅の木
 はでに剪定されて
 あわれなさまになっていたが
 枝に少し
 蕾らしきもの
 待ってやろうではないか

 
コメント

散歩道の梅の木

2018-02-13 | 【樹木】梅
あの梅の木の花
どうだろうか
まだ観に行く機会がない
写真は、花瓶の啓翁桜
コメント

梅に友に美酒

2017-02-25 | 【樹木】梅
 いにしえの
 大伴旅人の宴
 うらやましい
コメント

ダメージ

2017-02-11 | 【樹木】梅
 梅の蕾を見た
 息がきれた
コメント

梅から桜へ

2016-03-21 | 【樹木】梅
遠目で桜かと思ったが、梅だった。
辛夷、土佐水木・・・木々の花々。
コメント

いつの間にか

2015-03-21 | 【樹木】梅
 ここのところ
 窓のそとが
 白くあかるい
 雪か
 梅の花
 けさは
 満開をこして
 時折
 花びらが落ちていた
 いつの間にか
 梅の季節が
 過ぎようとする
 何故か
 なしたいことを
 なしていないなと
コメント

雨に濡れて

2015-03-07 | 【樹木】梅
窓辺の梅の木
雨に濡れた花
一日の始まり

コメント

福梅

2015-01-02 | 【樹木】梅
 むめの花こひしきことの色ぞそふうたて匂ひのきえぬころもに(式子内親王)
 梅の花の季節はまだ
 花はまだだが、梅の菓子
 生まれ故郷の金沢の
 正月のお菓子
 福梅
 今年も食べることができた
 その形などの由来は前に書いた
コメント

鶯色の鳥

2014-03-22 | 【樹木】梅
 窓のそとの白梅の枝に鶯色の鳥が来ていた
 多摩動物公園の唐紅梅が香っていた
 偕楽園で「月影」の写真を撮った
コメント

酒坏に梅花

2014-03-21 | 【樹木】梅
 天平二年、大友旅人が大宰府で催した梅花の宴。
 その宴での歌のひとつ。
 壱岐目村氏彼方の作。
 「春柳かづらに折りし梅の花誰れか浮かべし酒坏の上に」
 写真は、水戸の偕楽園で撮った白加賀。
コメント

しら梅の朝

2014-03-20 | 【樹木】梅
 窓のそとの白梅が八分咲き。
 夜明けのまだ薄暗い頃、そのあたりを見ると、
 ぼんやり白く、明るい。
 そんなとき、きまって蕪村の句があたまに浮かぶ。
 「しら梅に明る夜ばかりとなりにけり」
コメント

よかった

2014-03-17 | 【樹木】梅
 毎年、見ている梅の木の花。
 今年は、そこに行く機会がないかと思った。
 よかった。
 今年も見ることができた。
 香りも嗅いだ。
コメント

春のひかり

2014-02-25 | 【樹木】梅
 色つぼむ梅の木の間の夕月夜春のひかりを見せそむるかな
 また式子内親王の歌。
 好きなんだねえ。
 ひかりにも季節のうつろいを感じるゆとりが大切だなあ。
コメント

みぬいにしへの春

2014-02-25 | 【樹木】梅
 ながむればみぬいにしへの春までもおもかげかをるやどの梅がえ
 式子内親王の歌。
 「いにしへの春」とあるが、それは単に過去のことか。
 それだけではないように感じる。
 その前の「みぬ」に、「みぬ春」が思われる。
 さみしさもただよってくる。
コメント

曽我梅林

2014-02-24 | 【樹木】梅
 梅花の季節。
 先日、曽我梅林を歩く。
 関東の大きな梅林のひとつだ。
 なんとくなく思っていたのとおもむきが違った。
 吉野梅郷などとは異なって平地にある。
 梅アイス、つきたての餅を食べた。
 見晴台からの眺めは、海も見えてよかった。 
コメント