銀幕大帝α

切り株推奨映画感想ブログにつきグロ画像注意。
御蔭様で10周年。3400作品レヴュー突破。御訪問有難う御座います♪

2011年ベスト10&ワースト10&more...

2011年12月31日 15時33分08秒 | ベスト・オブ・銀幕大帝α
2011年銀幕大帝αベスト10
(1/1~12/31の間でリリースされた劇場公開新作DVDの中から選出)
1位『キック・アス』(レンタル開始日:2011-03-04)

2位:『告白』(レンタル開始日:2011-01-14)
3位:『ビー・デビル』(レンタル開始日:2011-10-05)
4位:『パラノーマル・アクティビティ 第2章/TOKYO NIGHT』(レンタル開始日:2011-03-04)
5位:『スペイン一家監禁事件』(レンタル開始日:2011-12-07)
6位:『冷たい熱帯魚』(レンタル開始日:2011-08-02)
7位:『GANTZ』(レンタル開始日:2011-07-13)
8位:『スコット・ピルグリム VS. 邪悪な元カレ軍団』(レンタル開始日:2011-09-02)
9位:『ミックマック』(レンタル開始日:2011-04-20)
10位:『ラスト・ソルジャー』(レンタル開始日:2011-04-07)

2011年銀幕大帝αワースト10
(1/1~12/31の間でリリースされた劇場公開新作DVDの中から選出)
1位『処刑教室』(レンタル開始日:2011-06-03)

2位:『KING GAME キングゲーム』(レンタル開始日:2011-10-07)
3位:『ストーン』(レンタル開始日:2011-04-13)
4位:『パラノーマル・アクティビティ2』(レンタル開始日:2011-07-08)
5位:『インシテミル 7日間のデス・ゲーム』(レンタル開始日:2011-02-23)
6位:『[リミット]』(レンタル開始日:2011-04-15)
7位:『Re:Play-Girls リプレイガールズ』(レンタル開始日:2011-11-23)
8位:『呀<KIBA>~暗黒騎士鎧伝~』(レンタル開始日:2011-09-07)
9位:『SUCK』(レンタル開始日:2011-03-23)
10位:『エクソシズム』(レンタル開始日:2011-08-03)


(惜しくもベストから漏れた)2011年銀幕大帝αオススメ邦画ベスト1
1位『十三人の刺客』(レンタル開始日:2011-05-13)

次点:『高校デビュー』(レンタル開始日:2011-09-16)

(惜しくもベストから漏れた)2011年銀幕大帝αオススメ恐怖映画ベスト1
1位『ピラニア』(レンタル開始日:2011-12-21)

次点:『ロスト・アイズ』(レンタル開始日:2011-11-11)

(惜しくもベストから漏れた)2011年銀幕大帝αオススメ屍映画ベスト1
1位『コリン LOVE OF THE DEAD』(レンタル開始日:2011-08-02)

次点:『ゾンビランド』(レンタル開始日:2011-02-04)

(惜しくもベストから漏れた)2011年銀幕大帝αオススメ韓国映画ベスト1
1位『悪魔を見た』(レンタル開始日:2011-08-02)

次点:『ベストセラー』(レンタル開始日:2011-03-25)

2011年銀幕大帝αオススメ未公開作ベスト1
(1/1~12/31の間でリリースされた劇場未公開新作DVDの中から選出)
1位『アダルトボーイズ青春白書』(レンタル開始日:2011-01-12)

次点:『狼たちの処刑台』(レンタル開始日:2011-03-04)

2011年銀幕大帝αオススメ旧作ベスト1
(2011年以前にリリースされた旧作DVDの中から選出)
1位『AKIRA』

次点:『ポリス・ストーリー/香港国際警察』

2011年度総鑑賞数433本の中から厳選しました。
~管理人:ヒロ之~

短評はこちら
にほんブログ村 映画ブログへ
コメント (22)   トラックバック (76)

2011年下半期レンタル作品ベスト10

2011年12月30日 01時06分46秒 | ベスト・オブ・銀幕大帝α
1位『ビー・デビル』悪魔が降りて皆殺し
2位:『AKIRA』覚醒した友を救え
3位:『スペイン一家監禁事件』絶望の果てに全滅
4位:『冷たい熱帯魚』皆、透明にしちまえっ
5位:『GANTZ』イカれた星人をぶっ殺せ
6位:『スコット・ピルグリム VS. 邪悪な元カレ軍団』対バン勝負だ!かかってこい
7位:『ピラニア』おっぱいわっしょい切り株わっしょい
8位:『ロスト・アイズ』闇と戦い愛を得る
9位:『モンスターズ/地球外生命体』報われる事の無い愛の逃避行
10位:『マイティ・ソー』俺様神様最強戦士ソー様だ

2011年下半期鑑賞リスト
あ行
アイアン・ドアーズ
アイ・スピット・オン・ユア・グレイヴ
アウェイク
赤ずきん
悪魔を見た
悪夢のエレベーター
悪霊の餌食 ブラッディ・アイランド
あしたのジョー
アジャストメント
アバター
アラン-阿娘-
アンダルシア 女神の報復
アンダーグラウンド
アンチクライスト
アンノウン
アーバン・エクスプローラー
板尾創路の脱獄王
ウェス・クレイヴンズ ザ・リッパー
ウォール・ストリート
映画版 ふたりエッチ
エイドリアン・ブロディ エスケイプ
エクソシズム
エレクション 黒社会
エンジェル ウォーズ
男たちの挽歌 A BETTER TOMORROW
鬼神伝
オーケストラ!
オープン・ウォーター 第3の恐怖
か行
かぞくはじめました
蛾人間モスマン
ガリバー旅行記
牙狼 ~RED REQUIEM~
完全なる報復
カーズ2
カールじいさんの空飛ぶ家
呀<KIBA>~暗黒騎士鎧伝~
恐怖新聞
キラー・インサイド・ミー
クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ黄金のスパイ大作戦
クロエ
黒く濁る村
高校デビュー
こっくりさん 劇場版
コリン LOVE OF THE DEAD
婚前特急
婚前特急 -ジンセイは17から-
紺野さんと遊ぼう
ゴーン・ベイビー・ゴーン
さ行
サイボーグ・シティ
ザ・キング・オブ・ファイターズ
ザ・セル2
ザ・タウン
ザ・ファイター
さや侍
ザ・ライト -エクソシストの真実-
ザ・ルームメイト
ジェシカ・アルバの “しあわせの方程式”
シャッター ラビリンス
襲撃者の夜
ジュリエットからの手紙
少年マイロの火星冒険記
処刑剣 14 BLADES
女忍 KUNOICHI
ジョージ・A・ロメロ Presents BOOK OF THE DEAD ブック・オブ・ザ・デッド
ジョージ・A・ロメロ Presents BOOK OF THE DEAD ブック・オブ・ザ・デッド2
新トレマーズ モンゴリアン・デス・ワームの巣窟
新ポリス・ストーリー
酔拳 レジェンド・オブ・カンフー
水曜日のエミリア
スカイライン-征服-
スカーフェイス
スコット・ピルグリム VS. 邪悪な元カレ軍団
ステイク・ランド 戦いの旅路
スティーヴ・オースティン ザ・ハンティング
スペイン一家監禁事件
世界侵略:ロサンゼルス決戦
ゾンビハーレム
孫文の義士団 -ボディガード&アサシンズ-
た行
大韓民国1% 海兵隊特殊捜索隊
抱きたいカンケイ
チアリーダー・マサカー ~裂かれたユニホーム~
チェックメイト
チョコレート・ソルジャー
沈黙の啓示 TRUE JUSTICE PART2
沈黙の宿命 TRUE JUSTICE PART1
沈黙の神拳 TRUE JUSTICE PART6
沈黙の弾痕 TRUE JUSTICE PART4
沈黙の背信 TRUE JUSTICE PART3
沈黙の挽歌 TRUE JUSTICE PART5
冷たい熱帯魚
ツーリスト
デスドール
デッドクリフ
デビル
デビルクエスト
塔の上のラプンツェル
豆富小僧
透明人間
トゥルー・グリット
富江 アンリミテッド
トライアングル
ドライブ・アングリー
ドラマ版 ふたりエッチ
トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン
トレジャー・オブ・エンペラー 砂漠の秘宝
な行
ナルニア国物語/第3章:アスラン王と魔法の島
忍たま乱太郎
ノルウェイの森
は行
パイレーツ・オブ・カリビアン/生命(いのち)の泉
破壊された男
バタフライエフェクト・イン・クライモリ
バトル・オブ・ロサンゼルス
パペット・マスター4/最強の敵
パペット・マスター5/最終戦争
パラダイス・キス
パラノーマル・アクティビティ2
ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2
ハロウィン4/ブギーマン復活
ハングオーバー!! 史上最悪の二日酔い、国境を越える
ハンナ
パーフェクト・スナイパー
パーフェクト・ホスト 悪夢の晩餐会
ハーモニー 心をつなぐ歌
ヒア アフター
人喰島
ピラニア
ヒラリー・スワンク ストーカー
ビー・デビル
ファースター 怒りの銃弾
フィアー・イットセルフ FEAR ITSELF :交霊/メモリー
フィアー・イットセルフ:声/ドッペルゲンガー
フィアー・イットセルフ FEAR ITSELF :サクリファイス/獣医
フィアー・イットセルフ FEAR ITSELF :二人の男/Xデイ
フィアー・イットセルフ FEAR ITSELF :マンイーター/疑惑
復讐捜査線
フライ・オブ・ザ・デッド
ブラック・スワン
ブラッド・クリーク
プラトーン・オブ・ザ・デッド
フレネミー ~史上最悪の無計画男たち~
フレンチ・コネクション
フローズン・リバー
ヘルドライバー
ホラー喰っちまったダ!
ま行
マイティ・ソー
マザーズデイ
マジすか学園
マジすか学園2
マッハ!参
マッハ! ニュー・ジェネレーション
漫才ギャング
マンドレイク 人喰い植物のえじき
ミスター・ノーバディ
無邪気な悪魔におもちゃが8つ
メカニック
メタルヘッド
もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら
モンガに散る
モンスターズ/地球外生命体
や行

ら行
ラスト・ターゲット
ランナウェイズ
リセット
レイキャヴィク・ホエール・ウォッチング・マサカー
レイン・オブ・アサシン
ロシアン・ルーレット
ロスト・アイズ
ロング・エンゲージメント
わ行
私がクマにキレた理由(わけ)
英字行
AKIRA
AVN/エイリアンVSニンジャ
F エフ
GANTZ
GANTZ: PERFECT ANSWER
HATCHET After Days/ハチェット アフターデイズ
HYBRID
JIGSAW ソリッド・ゲーム
KING GAME キングゲーム
LOOK HYPER
LOOK ULTRA
NINJA
ONE PIECE ワンピース 3D 麦わらチェイス
REC:レック/ザ・クアランティン2 ターミナルの惨劇
REDLINE
Re:Play-Girls リプレイガールズ
SUPER 8/スーパーエイト
THE WAVE ウェイヴ
X-MEN:ファースト・ジェネレーション
数字行
7級公務員
10億

全189作品鑑賞

にほんブログ村 映画ブログへ
コメント (2)   トラックバック (3)

Re:Play-Girls リプレイガールズ

2011年12月29日 20時04分24秒 | 邦画アクション
10年/日本/94分/バイオレンスアクション/PG12/劇場公開
監督:Yuki Saito
脚本:Yuki Saito
主題歌:SEX MACHINEGUNS『DEATH GAME』

出演:外岡えりか、佐武宇綺、佐藤さくら、小泉麻耶、かの夏帆、三浦萌、小林香菜

<ストーリー>
自殺サイトに集まった女子高校生たちが、自殺案内人を名乗る男が取り仕切る殺人ゲームに参加させられる。
<感想>
かぁちことAKB48の小林香菜出演。

わ、これ劇場公開作品やったんや^^;

アイドルで埋め尽くされています。
アイドルヲタは発狂しそうな豪華?メンバー。

「アイドリング!!!」の外岡えりか

「9nine」の佐武宇綺

し・・・知らねぇ。。。
山ちゃんに聞かなきゃ分かんねぇよ。
南海キャンディーズの山里ね。

≪死ぬ気になれば何でも出来る!!≫

自殺を考えている少女たちが無人島に集められて死のサバイバル。
最終的には日本刀で殺し合い。

まぁなんだ、本当に死に直面すると、人間ビビッて生きたくなるって事だろ?
これ、何処かで観た事あるネタじゃね?

出だしから60分位までは、何で死にたいのかをそれぞれの回想シーンにて紹介。

彼氏にフラれたから。
妊娠したから。
歩けない程の重病人だから。
学校で苛められたから。

ふ~んて感じ。
てか、長いよ!
1時間も使って説明する程のもんじゃねぇだろ。
そんなもん外伝かなんかでやってくれ。

ようやくお目当ての殺人ゲームが始まったと思いきや。
刺客の野郎共がメッチャ使い物にならねぇって、ざけんな。
か弱い女子高生にあっさりと返り討ち食らってますけど。

話もダラダラだけど、アクションも出来てねぇって撮影する以前の問題だろうよ。
へっぽこチャンバラなんて観ててもつまんねぇし。
設定がそこら辺の一般女子高生なんだから仕方ねぇだろ!
なんて甘っちょろい言い訳、私には通用せんぞ。
ならば見せ方に工夫を施せば良い事。

出来る監督に撮らせていたら、終盤はもっと面白いものになってたんじゃね?
『バトル・ロワイアル』までとは言わないけど、もっと盛り上がる演出を先ずは考えてみましょう。
ロケ現場だけは一丁前で、作品としては中の下。
撮り直しを命ずる!!

オフィシャル・サイト

評価:★☆
11/12/29DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
レンタル開始日:2011-11-23
メーカー:キュリオスコープ
コメント (4)   トラックバック (1)

ラスト・ターゲット

2011年12月28日 20時49分44秒 | 洋画サスペンス
THE AMERICAN/10年/米/105分/サスペンス・アクション/PG12/劇場公開
監督:アントン・コルベイン
製作:ジョージ・クルーニー
原作:マーティン・ブース『暗闇の蝶』

出演:ジョージ・クルーニー、ヴィオランテ・プラシド、テクラ・ルーテン、パオロ・ボナチェッリ

<ストーリー>
ヨーロッパの裏社会で暗殺を生業として生きるジャックは、イタリアの小さな町で人々と触れ合ううちに、引退を決意するが…。
<感想>
殺し屋稼業を引退する決意をした男の悲運を描いた作品。

派手な描写は殆どありません。

静かな映画です。

ここは、と思えるシーンは無いのですが、丁寧に優しく作られているので、雰囲気に引き込まれるものはありました。

クルーニーの渋めな演技・表情は相変わらず素敵ですが、愛した女性にどう接すればいいのか分からず、又自分の職業が裏稼業の為に苦悩する姿には流石の上手さを感じました。

最後の大仕事を終えた後はきっぱりと足を洗う事を決めたジャック。
愛しの女性が待つ湖畔へと車を走らせるも、辿り着いた先で・・・。

切ない。
報われない愛の結末は切な過ぎます。

そんな切ない余韻に水を差すようで悪いですが、クルーニーの走り方って何処か変。

オフィシャル・サイト(日本語)
オフィシャル・サイト(英語)

評価:★★★☆
11/12/28DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
レンタル開始日:2011-11-04
メーカー:角川書店
コメント (8)   トラックバック (25)

ハングオーバー!! 史上最悪の二日酔い、国境を越える

2011年12月28日 20時22分43秒 | 洋画コメディ
THE HANGOVER PART II/11年/米/102分/コメディ/R15+/劇場公開
監督:トッド・フィリップス
製作:トッド・フィリップス
脚本:トッド・フィリップス

出演:ブラッドリー・クーパー、エド・ヘルムズ、ザック・ガリフィナーキス、ケン・チョン、ジェフリー・タンバー、ジャスティン・バーサ、ポール・ジアマッティ、ジェイミー・チャン、メイソン・リー、マイク・タイソン、ニック・カサヴェテス

<ストーリー>
ステュの結婚式のため、タイのバンコクへやって来たフィル、ダグ、アラン。独身最後のお祝いに飲み過ぎた彼らが二日酔いから目覚めると、昨夜の記憶が全くなく…。
<感想>
安定した笑いに満足。

やっている事は前作と同じなんだけどね。

ただちょっとスケールは小さくなっちゃった感は拭えないよね。
自称‘専業ニート’のアランの子供染みた言動・行動にはイラッとさせられます。
前回の事もあるとは言え、こんな奴、そりゃあ連れて行きたくないよな。
私でも嫌だわ。
てかその前に友達になっているかどうかだけど。

でも、アランが付いて来た事でミスター・チャウが合流する事に。
ケン・チョン氏、初っ端の登場シーンが下半身丸出しです。
あそこを新種のキノコと間違われて味見されてます(爆)。

軽い気持ちでビールを一本!

所が目覚めてみると、前回同様昨晩の記憶が無い。
しかも見知らぬ場所。
ステュの顔には刺青。
アランは丸坊主。
見知らぬ猿。
消えたテディと残された彼の切断された指。

一体全体、何が起きたのか、起こしてしまったのか一晩で!

さぁ謎解き開始です。
ワクワクさせられますねぇ。

頼みの綱は、事を知っているチャウに話を聞くのみ。
その前に目覚めのコカイン。
バタン!!
ワハハハ、チャウ、死んじまったし(笑)。

こりゃもう自力で結婚式までに解決しないと!
タイの街を駆け回る3人衆。

タイと言えばニューハーフ。
今度はステュが元男相手に羽目を外しております。
ピュッて床に撒き散らしたそうですワハハ。

僧侶の股間を膨らませて猿に咥えさせる場面は下品だけど笑ったなぁ。
即行演技上手過ぎだろ、猿!

これ以上書いたら完全ネタバレになってしまうので止めておきます。
兎に角、何とか消えたテディも見付け出し丸く収まって解決。

停電が頻繁に起きる

って事に早く気付いていれば遠回りする必要は無かったのね、というオチで御座いました。

アランの伝手でサプライズ登場するのが、前回もお世話になった元ボクシングチャンプのマイク・タイソン。
おっそろしい位ド下手な歌声を披露してくれます。

エンドロール中はお約束の笑撃写真祭り開催。
なんでテディは指を無くしていたのかが一番気になっていたんだけど、自分でやってたのかよ!
でも、3人と共にした事で、軽い憂さ晴らしにはなったみたいやね。
父親の期待を重く背負わされて、彼は彼なりに辛かったものもあったのだろう。
だから、指一本位失ったって、楽しい思いが出来たんだからどうでもいいよ!と、さらりと受け流す辺りがなんとも清々しい。

オフィシャル・サイト(日本語)
オフィシャル・サイト(英語)

関連作:
『ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い(2009)』(第1作)
『ハングオーバー!! 史上最悪の二日酔い、国境を越える(2011)』(第2作)
『ハングオーバー!!! 最後の反省会(2013)』(第3作)

評価:★★★☆
11/12/28DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
レンタル開始日:2011-12-28
メーカー:ワーナー・ホーム・ビデオ
コメント (8)   トラックバック (28)

レイン・オブ・アサシン

2011年12月26日 21時19分24秒 | 亜細亜アクション
REIGN OF ASSASSINS 劍雨江湖/10年/中国・香港・台湾/120分/歴史劇アクション/劇場公開
監督:スー・チャオピン、ジョン・ウー
製作:ジョン・ウー
衣装:ワダ・エミ

出演:ミシェル・ヨー、チョン・ウソン、ワン・シュエチー、バービー・スー、ショーン・ユー

<ストーリー>
ある時、転輪王率いる暗殺組織“黒石”が、約800年前に実在した達磨大師のミイラを強奪する。そのミイラには、それを手中にした者が武術界の覇権を握るとの伝説があった。ところが、転輪王がもっとも信頼していた部下・細雨が、組織を裏切りミイラを横取りしてしまう。その後、細雨は曽静と名前を変え、都の片隅でひっそりと暮らしていたのだが…。
<感想>
レンタル開始日にゲオに行ったら無くて、これもTSUTAYA独占だと今日知った。
やめろ!独占!!

あ、でもわざわざ車走らせて借りに行った甲斐はありました。
アクション主体ながらも切ないラブロマンスも織り交ぜていて面白かったです。

ヨー姐さんの華麗なる剣技に酔い痴れる事度々。
これだけ美しく動けるアクション女優はヨー姐さん以外に考えられませんっ。

ヨー姐さんの使う剣は特別で、刃そのものがしなったり、蛇巻きになったりと変形自在。
戦う相手の剣が当たると、ぽよん♪ぽよん♪と鳴るのがちょっと可愛らしい(笑)。

ジンの昔の素顔を知らず(整形手術施しています)、素性も知らずに一目惚れで結婚したチョン・ウソン演じるアシャン。
ある日、“黒石”の面々が裏切ったジンの元へとやってきます。
知らず知らずに戦いへと巻き込まれてしまうアシャン。
ここはてっきり、ジンが夫の身を守りながら昔の仲間と戦い、最後には自分の正体を明かして・・・チャンチャン、みたいなストーリーを想像するじゃないですか。
処がどっこい。
実はアシャンにも隠された秘密がありましたとな!?

ちょっと!この展開面白過ぎっ!

頼り無い夫が真の姿を解放。
同時にアシャンの顔は一端の剣士に!!
しかも強いときたもんだ。

こりゃ楽しくなってきたぞい。

夫が自分にとっては仇の相手だと知っても、愛を貫き通すジン。
エンディングはしんみりとしちゃいました。

“黒石”メンバーの裏設定にも色々あり、ホロリとさせられたり笑わせられたり。
特にリーダーの転輪王にはアレがない!ってのには吹きそうでした。
バービー・スーちゃんのセミヌード的なエロさとキュートさにはドッキドキ。

アジアンビューティー♪

ワイヤーを使用したアクションシーンもありますが、しつこい感じと大袈裟過ぎな感じが無いので、さらりと観れる点も良いかな。

監督がジョン・ウーなので、二丁拳銃ならぬ二刀流剣技が炸裂しています。
お約束の白鳩も出ますよ^^(飛ばないけど)

オフィシャル・サイト(日本語)

評価:★★★☆
11/12/26DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
レンタル開始日:2011-12-22
メーカー:カルチュア・パブリッシャーズ
コメント (10)   トラックバック (16)

マザーズデイ

2011年12月26日 20時26分52秒 | 洋画ホラー
MOTHER'S DAY/10年/米/112分/犯罪サスペンス・ホラー/劇場未公開
監督:ダーレン・リン・バウズマン
製作:ブレット・ラトナー
製作総指揮:ロイド・カウフマン、チャールズ・カウフマン
オリジナル脚本:チャールズ・カウフマン

出演:レベッカ・デモーネイ、ジェイミー・キング、ブリアナ・エヴィガン、パトリック・フリューガー、デボラ・アン・ウォール

<ストーリー>
ある夫婦が新居祝いのパーティをしているところに、家が売れたとは知らない前の住人たちが帰宅。彼らの正体はとんでもない悪人一家で……。

<感想>
トロマ社製のカウフマンファミリーが手掛けたオリジナルは正直、面白いか?と思ってしまうスプラッターホラーでしたが、リメイクとなる今作は中々陰湿なサスペンス・ホラーとして仕上がっていました。

監督は『ソウ2』~『ソウ4』を撮ったダーレン・リン・バウズマン。

とりあえずリメイクとはなっていますが、全く違うものを抱いて貰った方が良いかと思います。

序盤の兄弟の1人が車中で血まみれになりながら叫ぶ姿は、何処となく『レザボアドッグス』のMr.オレンジのアレと似ていたり。
分かる人には分かるかと。

中盤辺りで起きる、ATMに来た若い女性に対し‘生きるか死ぬかの選択’を迫る所なんて『ソウ』のゲームを彷彿させますね。

大まかな展開は、一軒家内での監禁・凌辱地獄です。

ママは初めこそ淑女的な振る舞いを人質に対して見せますが、徐々に悪魔的な本性を見せ始めます。
もう、これが観ていてムカムカしてくるのよ。

非道
鬼畜
無慈悲

金の為なら、可愛い我が子達の為ならと、あらゆる指示を下し拷問行為を繰り返していきます。
無表情のままで。
時たま悪魔の微笑みを見せながら。

あーーーー!!ほんとっ、途中から腹立ってきた!
監禁者たちを巧みに操り、手玉に取る行為が優れているだけに無性に腹立つ。

圧倒的に監禁された者たちの方が人数多いのに、反撃も出来ず、遂には仲間割れまでしていく有様。
情けない。
言いなりになってんじゃないよ!

カツラ取られて落ち込んでいる場合じゃねぇだろ!!

イライライライライライライライライライライライライライライライラ

最後まで目が離せない点では面白い作品かと。
期待が持てない人質たちがどうなってしまうのか。
ママたちの一方的な勝利で終わってしまうのか。
結末が知りたくてドキドキしながら観ている自分も居たり。
ムカムカイライラの方が勝っているけど。

ママ一家全員の頭がイッちゃっているので、そんじゃそこらの押し込み強盗よりかは遥かに恐ろしい印象を抱きますよ。

ま、気持ち的に終始どよーんとさせられる作品ではあります。

興味を持たれた方は、TSUTAYA独占ですので、今すぐ最寄りのTSUTAYAへGO!

オフィシャル・サイト(英語)

関連作:『マザーズデー(1980)』(オリジナル)

評価:★★★☆
11/12/26DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ
にほんブログ村
レンタル開始日:2011-12-02
メーカー:アース・スターエンターテイメント
コメント (6)   トラックバック (5)

ピラニア

2011年12月25日 15時05分59秒 | 洋画ホラー
PIRANHA 3D/10年/米/89分/パニック・ホラー/R15+/劇場公開
監督:アレクサンドル・アジャ
製作:アレクサンドル・アジャ

出演:エリザベス・シュー、アダム・スコット、ジェリー・オコンネル、ヴィング・レイムス、ジェシカ・ゾー、スティーヴン・R・マックイーン、ケリー・ブルック、ディナ・メイヤー、イーライ・ロス、クリストファー・ロイド、リチャード・ドレイファス

<ストーリー>
毎春恒例のイベントで盛り上がるビクトリア湖周辺で大規模な地割れが発生。その裂け目から何千匹ものピラニアが発生し…。
<感想>
アジャ監督!
貴方は本当に観客を楽しませるホラー映画の作り方を分かってらっしゃる!!

エロ

グロ

バカ

ホラーに欠かせない必須アイテムをきちんと取り入れ、それらを上手く作品に活かして最高級のエンタメショーとして確立させているのだから恐れ入りました。

【エロ】
でかパイ女どもが胸を揺らして腰を振り踊る、踊る。
なんて華やかな光景なんだ!
特に眼を引きつけられたのが

美女2人による水中全裸ダンス。
美しい。。。
まるで魅惑の人魚の様。
うっとりとした。

【グロ】
冒頭でピラニア軍団に食い殺されるのが海洋学者マット・フーパーこと『JAWS/ジョーズ』のリチャード・ドレイファス。
役名も同じというサービス精神。
巨大鮫には勝った男だが小型の人喰い魚の群れには勝てず、モノの見事に無惨死。

中盤辺りから始まる湖で馬鹿騒ぎする若者達が、大挙押し寄せてきたピラニアにより肉塊となり、一瞬にして血の湖と化す様は正に地獄絵図そのもので、切り株派にとっては狂喜乱舞のスプラッター祭り。
テンション↑↑
(この模様は例の如く画像を使って別途に上げます。)
殺されるのがバカばかりだから全く可哀想と思わせない所が最高に楽しい。

【バカ】
あの『スタンド・バイ・ミー』のデブ、ジェリー・オコンネルが立派な助平野郎として登場。
役もポルノ監督というナイスさ。
美女の裸体に酒を降り注いで、絶品のバカ面で「うひょ~」とか言っている姿に大爆笑。
死に際に残したセリフにも吹いた。
相当「ウェット・Tシャツ・コンテスト」に未練があったらしい(爆)。

そのコンテストの司会者をしているのが切り株監督イーライ・ロス。
最近はやたらと俳優業にも励んでいる正真正銘のバカだ。
踊る美女のTシャツに水鉄砲を吹きかけて「透けろ、透けろ!イェ~ィイ!!」と、これまたバカ丸出し、絶好調。
死に方もパーフェクト!

エキストラの若者全員もバカばかり。
その中でも錯乱した青年がボートで闇雲に湖を走り回って、逃げ迷うバカ共を無造作に轢き潰して行く様に突き抜けたバカ野郎を感じて面白かった。

結局の所、メインキャラの中でまともな人間はジェイク役のスティーヴン・R・マックイーンと母親のエリザベス・シュー位じゃないか。

これら全てを含めてバカ見本市みたいな作品だった。
これ位潔くやってくれた方が私としては清々しい。

オリジナル『13金』みたいなオチも良い。
兎に角、始まりから終わりまでエログロいコメディみたいな流れなので全く飽きなかった。
マジ最高!

熱帯魚屋のオヤジとして『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のクリストファー・ロイドが出ている。
吹き替えで観ていたのだが、声を担当していたのが、TVOA時のドクの時と同じ穂積隆信だった。
こういう細かい気配りにはニヤリとさせられる。

余談だがヴィング・レイムスの吹き替えを担当しているのが、あの出川哲朗だ。
あの独特な喋りで「やべぇよ!やべぇよ」とぶつぶつ叫んでいた(笑)。

それと、本作にはそれなりの美女が出てくるが、全員頭空っぽそうなので遠慮しておく。
その変わり、ジェイクの妹ちゃんが可愛かった。

こういう娘が欲しい。

過去のアジャ作品に対する私の評価を確認してみたら軒並み高評価。
『ハイテンション』★3つ半。
『ヒルズ・ハブ・アイズ』なんて★4つ半も付けている。
『ミラーズ』に至っても同じく★4つ半。
この『ピラニア』も含め大半がリメイク作なのだが、作り変えるのが上手いんだろうな。
監督としての才能・センスがあるんだろう。

私にとってはアジャの作品とは相当相性が良いって事が本作でも確認出来た次第。
これからもアンタに期待するぜ!!
オリジナルの作品も撮って下さい。

オフィシャル・サイト(日本語)
オフィシャル・サイト(英語)

関連作:
『ピラニア(1978)』(オリジナル)
『ピラニア3D(2010)』(第1作)
『ピラニア リターンズ(2012)』(第2作)

評価:★★★★
11/12/25DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ
にほんブログ村
レンタル開始日:2011-12-21
メーカー:ブロードメディア・スタジオ

切り株画像はこちら
コメント (20)   トラックバック (18)

切り株画像(映画『ピラニア』より、おっぱい!イーライ!そしてポコチン)

2011年12月25日 14時39分36秒 | 切り株“TV”画像(閲覧注意)
【ネタバレ注意】
巨大な地割れにより解き放たれたピラニア軍団。
乱痴気騒ぎするバカ共に容赦なく襲いかかり、湖が真っ赤に染まるほどの
切り株地獄絵図を完成させる。

1枚目

ボートに引っ張られてパラグライダーを楽しんでいた何故かおっぱい丸出しのバカ女。
着水した途端、こんな状態に。

2枚目

ピラニア襲撃により、阿鼻叫喚と化したコンテスト会場。
人間の重みに耐えられず倒壊したステージのワイヤーが宙を切り、傍観していた美女の胴体を切り裂く。

3枚目

湖に落とされ、「助けろ!この野郎!!」と喚き散らすイーライ・ロス。
彼の叫びも届かず、後方からやってきたボートに頭部を挟まれ粉砕。

4枚目

ボートから落ちたポルノ女優。
ピラニア軍に全身噛みつかれ、挙句傷口から体内に侵入した一匹が口からこんにちは。
その後、肉塊と化し、偽乳のシリコンがぷかぷかと浮いていた。

5枚目

同じくボートから落ちたポルノ監督ジェリー・オコンネル。
なんとか引き上げて貰うも、ご覧の有様。
開口一番「俺の大切なチンポが・・・」

6枚目

ちゃっかりジェリー・オコンネルの大切なもの(ここは敢えて無修正で!)も餌としてパクリ。
しかし、余程マズかったのか、ペッて吐き出されます。

7枚目

保安官と客によって水から引き上げられるも、腹部を相当食われていたのか、2人の力でブツッと真っ二つに引き裂かれてしまう女性客。

総合切り株度(4/5)

レヴュー:『ピラニア』
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ
にほんブログ村

世界侵略:ロサンゼルス決戦

2011年12月24日 19時58分42秒 | 洋画アクション
BATTLE: LOS ANGELES/11年/米/116分/SFエイリアン戦争アクション/PG12/劇場公開
監督:ジョナサン・リーベスマン
出演:アーロン・エッカート、ミシェル・ロドリゲス、ラモン・ロドリゲス、ブリジット・モイナハン、Ne-Yo、マイケル・ペーニャ

<ストーリー>
エイリアンの攻撃によって世界中の都市が陥落していく中、ロサンゼルスで逃げ遅れた民間人を救うべく、ナンツ軍曹率いる海兵隊の小隊が壊滅寸前の街に侵入するが…。
<感想>
漢の死に様は美しい。。。

退却、クソ食らえ!

それを言いたかっただけの映画かと思う。

要はアメリカ陸軍、すげぇんだぞ!と。
舐めんじゃねぇぞ、エイリアン!
アメ~リカ♪アメ~リカ♪アメリカ軍世界最強~♪アメリカばんざ~い♪

自国愛に包まれてますねぇ。

100分位は、原動力となる水を奪取する為に地球侵略をしに飛来してきた『ベクシル』みたいなパワードスーツを身に付けたエイリアン軍団と、一陸軍小隊の戦いを描いているので飽きはしないけれど、そんなに面白いと思える内容にはなっていなかったです。

なんかね、撃ち合いの場面にしろ、エイリアンを仕留める場面にしろ、描写がね妙に地味なの。
それなりにドカーン、ドカーンはしているけれどね、ドカーン、ドカーンしているだけなんだよね。
なんかこう、もっと「うぉ!すげぇ!!」って思える箇所が出てくるのかと期待していたけれど、あら、そんなもの?程度で心揺さぶられるものがちっとも無かった。

ラストの敵軍司令塔をミサイルで破壊する場面も、兵士たちは
「うぉっしゃぁああああ!!!!」
と歓喜の声上げていたけれど、私としては破壊していくまでの過程の演出にダイナミックさが感じられず、「おぃ!それで終わりかよ!てかミサイル一発で撃沈する巨大戦艦って(笑)」と苦笑。
でかいのは見かけ倒しかよ。
中身スカスカのハリボテ戦艦ですかっ!

駐屯地に戻ってきたら結構軍人残っているし。
お前ら今まで何してたんだよ、て話。

この辺がアメリカ万歳!が強過ぎて嫌になる。
エイリアン如きに壊滅させられるような米軍隊じゃない!ってのを強調し過ぎだろ。

いざ、米軍による反撃開始!!

で終わるシーンに、アメリカ人観客は大喜びか?
私、白けちゃったんスけど。
余りにもご都合主義な展開に。

戦争映画なんだから、もっと残酷な描写も欲しかった。
全体的に綺麗に作り過ぎなんだよ。

かなり話題に上がった作品だけど、大した事なかったなぁ。
まぁ非公認パクリ映画『バトル・オブ・ロサンゼルス』の安っぽさからすれば、かなり金掛った作品ではあるけれど。
比べるなって?
ハハ。
でもあれはあれで味わい深いものはあったよ。

私的には最近のエイリアン侵略ものだと『スカイライン-征服-』の方がまだエンタメ色が強くて好きかな。
ロドリゲス姐さんの戦う姿は相変わらず画になっていましたが。

オフィシャル・サイト(日本語)
オフィシャル・サイト(英語)

評価:★★★
11/12/24DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
レンタル開始日:2011-12-21
メーカー:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
コメント (20)   トラックバック (49)