銀幕大帝α

切り株推奨映画感想ブログにつきグロ画像注意。
御蔭様で12周年。3700作品レヴュー突破。御訪問有難う御座います♪

天才スピヴェット

2015年06月30日 21時01分40秒 | 洋画アドベンチャー/ファンタジー
THE YOUNG AND PRODIGIOUS T.S. SPIVET/L'EXTRAVAGANT VOYAGE DU JEUNE ET PRODIGIEUX T.S. SPIVET
2013年
フランス/カナダ
105分
アドベンチャー/ドラマ
劇場公開(2014/11/15)



監督:
ジャン=ピエール・ジュネ
『ミックマック』
原作:
ライフ・ラーセン『T・S・スピヴェット君 傑作集』
脚本:
ジャン=ピエール・ジュネ
出演:
カイル・キャトレットT・S・スピヴェット
ヘレナ・ボナム=カータークレア博士
ジュディ・デイヴィスG・H・ジブセン
カラム・キース・レニーテカムセ・E・スピヴェット
ニーアム・ウィルソングレーシー
ジェイコブ・デイヴィーズレイトン
ドミニク・ピノントゥー・クラウズ



<ストーリー>
優れた発明に贈られる由緒あるベアード賞を受賞することになった10歳の天才少年、T・S・スピヴェットが、授賞式に出るためにたったひとりでアメリカ横断の旅に出る。

泣き方だけが、
わからない。


-感想-

期待し過ぎた、かな。
結局の所、家族の再生をテーマにした作品なんだけれども、感動所が今ひとつ私は掴めなかった。

一卵性双生児の弟が銃の暴発で死んでしまった事を引き合いに出し、主人公のスピヴェットがどれ程に胸の内で苦しんでいたのかを、スピーチやTV番組の出演を機に両親にも知って貰おうと決意を固めたんだろうけども、やけにあっさり受け入れられて何事も無かったかのように普段の生活に戻ってしまうのは拍子抜け。
泣き所をもう少し明確に表していたら、期待通りの「感動」が味わえたんじゃないかなと思うだけに、もっと心を揺さぶられる様な効果的な演出が欲しかった。

一種のアドベンチャー的ロードムービーなお話だが、そもそもその旅に出るまでが異常に長い。
旅に入ってからも、特別冒険的な要素もなく、淡々と貨物列車に揺られながら町々を渡り進んでいくのみに留まっている為、ドキドキしたものやハラハラしたものなどが残念ながら殆ど味わえなかった。

とは云え、これが劇場デヴュー作となる主人公スピヴェットを演じたカイル・キャトレット君がとても愛らしい。
一つ一つの表情・演技が魅力的で、度々ほっこりとさせられるものはある。
キュートな彼を主役に添えた事は作品としては大正解。
この子役の可愛らしさを観る為だけに借りるのも、有りだと思いますよ。

評価:★★★
15/06/30DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へバナーポチお願いします
にほんブログ村
レンタル開始日:2015-06-02
メーカー:ギャガ

オフィシャル・サイト(日本語)

CLASH クラッシュ

2015年06月29日 21時17分46秒 | 亜細亜アクション
BAY RONG
2009年
96分
ベトナム
犯罪/アクション
劇場未公開



監督:
レ・タイン・ソン
脚本:
レ・タイン・ソン
出演:
ジョニー・グエン
ヴェロニカ・グゥ
ホアン・フック・グエン




<ストーリー>
14歳の時に裏組織のボス・ブラックドラゴンに救われ、殺し屋として組織のために働いていたフェニックス。彼女の娘を拉致したボスは、親子の解放と引き換えに7つのミッションを与える。



-感想-

ベトナム産ノーCG、ノーワイヤー、ノースタントのアクション映画。
香港やタイ程の突出した凄さは無いものの、それでも主役を張った男女2人の格闘スタイルは様になっていました。
裏社会のボスのキレたら潜在能力爆発みたいな猛烈な強さも良かった。
ただなんでその格闘アクションを最後まで貫き通さなかったのか、そこがとても勿体無い。
終盤は4つ巴の戦いになるという、大盛り上がりな雰囲気になるのに、ほぼ銃撃戦で方を付けてしまうのはガッカリだ。

潜入捜査、裏切り者、仲間の壮絶な死。

90分という割と短い時間の中に色んな要素を詰め込んではいるが、別段ややこしさも無くシンプル感に進む展開は飽きさせないよう工夫された作り方が見て取れる。
欧米人相手の格闘は力強く、ベトナム人相手の格闘は軽快に、さくっと終わらせず一定の長さの中で巧みな格闘技が華麗に披露された事に格闘アクションファンとしては適度の楽しさを味わえた。

他にもカーチェイスなどもあるが、あくまでも本作は肉弾戦を売りにしているので、そんなに体付きがゴツくない主役の2人による、身軽さを武器にそれを最大限に活かしての戦いっぷりを目に焼きつけ、堪能して貰えれば、終盤までは面白く鑑賞出来ると思う。
誰を救い、誰を倒すべきか。
その顛末を観させ満足させる意味では、やはりラストアクションは全員が揉みくちゃになりながら拳と拳を合わせるそんなテンションMAXになる場面を演出して欲しかった。

今作のベトナム美女図鑑

組織のリーダー・フェニックスを演じたヴェロニカ・グゥ。
顔も好みだが、髪型も似合っていて、全体的に綺麗な女優さん。
ゲーム「バイオハザード」に出てくるエイダみたいな感じ。

ここのシーンでのドレス姿で車から降りる際に露になった生足が最高だった。
おっぱいが見えそうで見えないベッドシーンもエロティック。
得意技が首に足を巻きつけた絞め技なのだが、私も是非意識が落ちない程度にお願いしたいものだ。

評価:★★★
15/06/29DVD鑑賞(旧作)
にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へバナーポチお願いします
にほんブログ村
レンタル開始日:2013-04-24
メーカー:キュリオスコープ

狼の血族

2015年06月28日 21時10分27秒 | 洋画ホラー
THE COMPANY OF WOLVES
1984年
イギリス
95分
ホラー/ファンタジー
劇場公開(1985/06/22)



監督:
ニール・ジョーダン
『ビザンチウム』
脚本:
ニール・ジョーダン
出演:
アンジェラ・ランズベリー
サラ・パターソン
スティーヴン・レイ
デヴィッド・ワーナー
グレアム・クラウデン
テレンス・スタンプ
ブライアン・グローヴァー




<ストーリー>
グリム童話「赤ずきんちゃん」を元に思春期を迎えた少女の性への恐れと憧れを、少女の見る夢そのままに幻想的な映像で描いた異色ホラー。

-感想-

観始めて10分で確信した。
私好みの作品じゃないな、と。

現実と夢がごっちゃ混ぜで落ち着きのないストーリー。
何を伝えようとしているのかはっきりとしない描写や台詞。
全然話が頭に入ってこないのは困ったものである。

「赤ずきんちゃん」を下敷きにした映画だというのはアホでも分かるけれども、だから何なのさ、と出だしから終わりまで纏まりの無い話がバラバラと流れているに過ぎないので、ちっとも全体像が掴めない。
見せる(魅せる)映画じゃなくて、読み聞かせているような映画。
またファンタジー色が強く、童話の世界をメリハリもなく淡々と映し出しているのみに留まっているのも、ホラー的なものが観たかった自分としては「これじゃない」感が非常に強かった。

あちこち時代が変わるのは苦痛。
ここまで別段ややこしい展開にしなくても、普通にシンプルに描けば良かったんじゃないのかと、そればかり心の中で呟きながら観てしまった。
監督の独創的過ぎる演出が私には合わず、結果的に印象に残ったのは狼人間の変身シーンのみだった。



昔ながらのレトロな特殊効果には懐かしさと、ちょっぴりの面白さはあったが、ほんとこれだけの作品。

評価:★★
15/06/28DVD鑑賞(旧作)
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へにほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へバナーポチお願いします
にほんブログ村
レンタル開始日:2005-07-27
メーカー:東北新社

チャーリー・モルデカイ 華麗なる名画の秘密

2015年06月27日 02時01分41秒 | 洋画コメディ
MORTDECAI
2015年
アメリカ
107分
コメディ/アドベンチャー
劇場公開(2015/02/06)




監督:
デヴィッド・コープ
『プレミアム・ラッシュ』
製作:
ジョニー・デップ
原作:
キリル・ボンフィリオリ『チャーリー・モルデカイ(1) 英国紳士の名画大作戦』
出演:
ジョニー・デップチャーリー・モルデカイ
グウィネス・パルトロージョアンナ
ユアン・マクレガーマートランド
オリヴィア・マンジョージナ
ジェフ・ゴールドブラムクランプフ
ポール・ベタニージョック



<ストーリー>
オックスフォードでゴヤの幻の名画が盗まれる。英国諜報機関・MI5から捜査を依頼されたインチキ美術商、チャーリー・モルデカイは、用心棒・ジョックと共にドタバタな大冒険を繰り広げる。

この“ちょびヒゲ”に、気をつけろ!

-感想-

こりゃダメだ。
本国でも日本でも大コケしたってのも納得。
根本的に話し自体がつまらん。
更にジョニデが面白いんじゃなくてポール・ベタニーが面白いんやんけ。
主役が脇役に食われたらその時点でアカンでしょうに。
「おえっ」
「おえっっ」
は笑ったけど。
でもこれも髭アレルギーのジョアンナが相手だからてのはあるしなぁ。
貰いゲロ体質ならパーティのシーンは盛大に吐きまくる位の根性を見せろよジョニデ。
ここでも変わりにベタニーが吐き散らかしてたやん。
流石に男前のジョニデにゲロ吐きを強要させる事は出来んかったのかな監督は。
いや多分「俺にそんな事させる気か?」とジョニデのどうでもいいプライドが許さなかったんだろう(すっとぼけ)。
どっちにしろゲロ嫌いな私はあそこのゲーゲーシーンはいらんがね。

最近、作品に恵まれなくなって自暴自棄になっているらしいジョニデ。
そりゃあこんな凡作映画に出てたらジョニデ株、下がりまくりですわ。
鼻の下に犬のフンみたいなのを付けて出演しても彼のファンは喜ぶかもしれんが、映画ファンは馬鹿丸出しにしか見えんし、結局色物キャラでしか話題を取れない男なんだなと苦笑いは生まれるが、まぁ別に吹っ切れてそういうのでやっていくのも結構だけれども、もうちょっと内容の濃い作品に主演しないと、これからの先に不安しか見えてこないから人気俳優としての地位を維持する為にも作品選びは慎重にやって貰いたいものです。
続編がもし決定して意気揚々に再登板するようならば、ジョニデ迷走中と太鼓判を押される事確実やから、やんわりと断れよ~。
はっきり言ってチャーリー・モルデカイというキャラそのものに全く魅力ねぇから。
ってなんで私がジョニデの心配をせなあかんねん。

評価:★★☆
15/06/27DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へバナーポチお願いします
にほんブログ村
レンタル開始日:2015-06-19
メーカー:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

オフィシャル・サイト(日本語)

ランダム 存在の確率

2015年06月25日 20時15分45秒 | 洋画サスペンス
COHERENCE
2013年
アメリカ
88分
サスペンス/SF
劇場公開(2015/01/24)



監督:
ジェームズ・ウォード・バーキット
製作総指揮:
ジェームズ・ウォード・バーキット
原案:
ジェームズ・ウォード・バーキット
脚本:
ジェームズ・ウォード・バーキット
出演:
エミリー・フォクスラー
モーリー・スターリング
ニコラス・ブレンドン
エリザベス・グレイセン
アレックス・マヌジャン
ローレン・マハー
ヒューゴ・アームストロング
ローリーン・スカファリア




<ストーリー>
彗星が地球に最も近付く夜、8人の男女はホームパーティーを開いていた。すると、停電で部屋の中が真っ暗になり、彼らは隣家の様子を見に行くが…。

-感想-

あーんもう、訳がわかんなーい。
私が最も苦手とするタイプの映画でした。

ギャーギャー煩いなぁ

としか記憶に残っておりません。
超低予算の会話劇。
ほんま予算1万くらいか?て思う位に何処に金をかけているのか謎。
お話自体も謎でしたが。

こういう現象?なんかに詳しい方は面白く観れる、かも?
わたしゃ喧騒な会話だらけの進み具合に序盤からして猛烈な眠気に襲われちゃって、その会話の半分ほどしか頭に入ってこなかったし、てか中盤辺りには鑑賞気力喪失でどうでも良い感じになってたから、オチにも全然驚けなかった^^;
他人様のレヴューを読ませて貰うと、そこそこ評価は良いので、観る人によっては展開に引き込まれて「アッ!」となる作品なんだろうなぁと思います。
以上です。

今作のお綺麗な女優図鑑

主役のエミリー・フォクスラーさん。
口元のシワが気になって、結構良い歳の女優さんなんかな、と調べてみたらまだ30歳でした。
この方が演じる主人公がラストにある行動に出て・・・てなオチが意外と評判良いみたいですよ。

評価:★☆
15/06/25DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へバナーポチお願いします
にほんブログ村
レンタル開始日:2015-06-03
メーカー:アット エンタテインメント