銀幕大帝α

切り株推奨映画感想ブログにつきグロ画像注意。
御蔭様で10周年。3400作品レヴュー突破。御訪問有難う御座います♪

ゴーン・ベイビー・ゴーン

2011年09月29日 21時30分08秒 | 洋画ドラマ
GONE BABY GONE/07年/米/114分/ミステリー・サスペンス・ドラマ/劇場未公開
監督:ベン・アフレック
原作:デニス・レヘイン『愛しき者はすべて去りゆく』
脚本:ベン・アフレック

出演:ケイシー・アフレック、ミシェル・モナハン、モーガン・フリーマン、エド・ハリス

<ストーリー>
下層階級が住む小さな街で起こった4歳の少女誘拐事件の捜査を依頼された私立探偵・パトリックとアンジー。だが事件の裏には予想を越えた深い闇が広がっていた…。

<感想>
その決断は本当に正しかったのか・・・。

俳優ベン・アフレックが初めて監督を務めた社会派サスペンス・ドラマ。
2作目となる『ザ・タウン』レヴュー投稿後、多くのブロガーさんから本作をお薦めして頂き、期待高めて鑑賞。

終始どんよりとした物語展開なのだが、構成に工夫を感じる。
一本筋でなく、一旦話が終わったと思いきや、新たな進展を見せる二転三転とした流れにどんどん引き込まれていく。
予想だにしない話の縺れに興味を抱いていくも、それが徐々に驚きと切なさに変わって行き、最後には「正義とは何なのか」という疑問を投げかけてくるので、果たしてパトリックの判断は正解だったのかと深く考えさせられるのだ。

子は実の母親を慕うのは当然。
その実子を愛する事に母は誘拐という事件を機に変われるのか。

結局は何も変わっていない。

自由奔放に生きてきた母親は、事件解決後のメディアへのインタヴューでこそ感涙の弁を述べていたが、時が過ぎればまた昔のぐうたらな母親に戻ってしまっている。

TVで観て私を気にいってくれた彼の所に行ってくる

家に残された幼き4歳の少女。
そっとソファに座り少女の横顔を見つめるパトリック。

「この子は母親の元に戻った事で幸せになれるのだろうか。
警察に通報しないで、あのまま他人に委ねた方が幸せになったのではないだろうか」

子は親の姿を見て育つという。
アマンダがヘリーンのような女性にだけならないように只祈るしかない。

静かに座るパトリックとアマンダの姿が映し出されるラストシーンに胸が痛くなった。

アマンダ役を演じた女の子が無茶苦茶可愛いww
それだけに、私はパトリックの選択よりも恋人アンジーの選択に一票。
真っ当な大人の女性になる事を望むならアンジーの考えが適していると思う。

でも、子を実母に返す事が正当。

う~んんんんん・・・考えれば考える程、何が良くて何が駄目なのか・・・。
何とも言い難い重い空気が私を包み込む。

オフィシャル・サイト(英語)
情報(日本語)

評価:★★★★
11/09/28DVD鑑賞(旧作)
にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
レンタル開始日:2008-09-17
メーカー:ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン
コメント (10)   トラックバック (14)

X-MEN:ファースト・ジェネレーション

2011年09月27日 23時12分25秒 | 洋画アクション
X-MEN: FIRST CLASS/11年/米/131分/SFアドベンチャー・アクション/劇場公開
監督:マシュー・ヴォーン
製作:ブライアン・シンガー
製作総指揮:スタン・リー
原案:ブライアン・シンガー
脚本:マシュー・ヴォーン

出演:ジェームズ・マカヴォイ、マイケル・ファスベンダー、ケヴィン・ベーコン、ローズ・バーン、ジェニファー・ローレンス、ジェイソン・フレミング、レイ・ワイズ、マイケル・アイアンサイド、ヒュー・ジャックマン

<ストーリー>
国際情勢が緊迫する60年代を舞台に、後に対立関係となる“プロフェサーX”と“マグニートー”の若き日の友情と別離を描く。
<感想>
後に宿敵となるプロフェッサーXとマグニートーの出会いと決別を描いたスピンオフ企画第2弾。

過去作を観ていない人にも分かり易いストーリー、シリーズファンは思わずニヤリとする関連ネタが大いに楽しめる娯楽作に仕上がったエピソード0になっています。

仲間への勧誘シーンであのウルヴァリンことヒュー様がチョイ出。
たった一言だけのワンシーンだけど、こういうお遊び感覚のネタは大好き。
しかもイケメンなヒュー様。
クールな上にダンディズムな所にうっとりですわww

それぞれのミュータントの能力お披露目シーンと、訓練シーンは凄く楽しい。
色んな能力の中でも、人を抱えて瞬間移動する能力がカッコええ~。
上空から人間がドスン、ドスンと落ちてくる様が画的にゾクゾク。

これだけ人がミュータントが傷つき死んでいくのに、惨いと思わせない所が映倫に優しよね。
そこが誰でも気分を害する事無く夢中で観れるX-MENの良さなんだけどさ。

アクションシーンも豊富に用意されていて飽きさせない作りに好感。

幼少期のミスティークがまた可愛らしいんだわ。

将来ハゲ確定(笑)のチャールズがしきりに頭髪を気にする所は笑えます。
彼が何故、車椅子生活を送る事になるのか、何故に足だけ野獣だったビーストが青色のミュータントになってしまったのか、そしてエリックはチャールズと別離する事になったのかが、きちんと描かれているので

「これらが1作目へと引き継がれていくのね」

という納得いくものも得られます。

本作を観ちゃうと、ファンは改めて過去作を観直したくなるかも。
シリーズを観ていない人も、興味が出てくると思います。

X-MENはドラマ部分が深く、アクションも派手でやっぱり面白い!!

オフィシャル・サイト(日本語)
オフィシャル・サイト(英語)

関連作:
『X-メン(2000)』(オリジナル・シリーズ第1作)
『X-MEN2(2003)』(オリジナル・シリーズ第2作)
『X-MEN:ファイナル ディシジョン(2006)』(オリジナル・シリーズ第3作)
『ウルヴァリン:X-MEN ZERO(2009)』(ウルヴァリン・シリーズ第1弾)
『ウルヴァリン:SAMURAI(2013)』(ウルヴァリン・シリーズ第2弾)
『LOGAN/ローガン(2017)』(ウルヴァリン・シリーズ第3弾)
『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』(シリーズ第1弾)
『X-MEN:フューチャー&パスト(2014)』(シリーズ第2弾)
『X-MEN:フューチャー&パスト ローグ・エディション(2014)』(シリーズ第2弾・別バージョン)
『X-MEN:アポカリプス(2016)』(シリーズ第3弾)

評価:★★★★
11/09/27DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
レンタル開始日:2011-09-28
メーカー:20世紀 フォックス ホーム エンターテイメント ジャパン
コメント (18)   トラックバック (53)

破壊された男

2011年09月27日 23時04分28秒 | 韓国サスペンス
MAN OF VENDETTA/10年/韓国/114分/サスペンス/劇場未公開
監督:ウ・ミンホ
脚本:ウ・ミンホ

出演:キム・ミョンミン、オム・ギジュン、パク・チュミ、イ・ビョンジュン

<ストーリー>
牧師・ヨンスは娘が誘拐されて以来、信仰を失くし堕落した人生を送っていた。ところが8年後、娘は生きており誘拐犯と暮らしているという報せが届き…。

<感想>
レヴューはこちらを参照して下さい。

評価:★★★
11/09/27DVD鑑賞(準新作)
にほんブログ村 映画ブログ 韓国映画へ
にほんブログ村
レンタル開始日:2011-06-22
メーカー:KRコンテンツグループ

バタフライエフェクト・イン・クライモリ

2011年09月26日 23時54分59秒 | 洋画ホラー
ACOLYTES/08年/濠/91分/サスペンス・ホラー/劇場未公開
監督:ジョン・ヒューイット
脚本:ジョン・ヒューイット

出演:ジョエル・エドガートン、マイケル・ドーマン、セバスチャン・グレゴリー

<ストーリー>
森でバックパッカーの遺体を発見した高校生3人組は、犯人を捜し出してもう一度殺人を犯させる計画を企て、同級生のゲーリーをターゲットに仕向ける。

<感想>
分かる範囲で書くと

幼少期に変態男に犯された少年2人が高校生になり、森で土に埋められた死体を発見。
その場を立ち去る車を目撃した青年は犯人を突き止め、電話で脅迫し、2人を犯した変態男を殺す様に命ずる

そんな話。

シンプルなストーリーにすれば良いのに、やたらと少ない登場人物が訳の分からない行動ばかり起こし始めるので意味不明な作品になっちゃっている。
グダグダな展開でちっとも面白くないよ。

有る程度、覚悟はしていたけれど、この邦題も詐欺。
『バタフライエフェクト』みたくドキドキするようなサスペンスにもなっておらず、『クライモリ』みたくハラハラするようなホラーにもなっていない。

車のタイヤカバーの模様が蝶だからバタフライ?
死体を森で見付けるからクライモリ?

じゃあエフェクトは何なのさ。

適当な邦題付けるんじゃないよ!
担当者出てこい!!

オフィシャル・サイト(英語)

評価:★★
11/09/26DVD鑑賞(準新作)
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ
にほんブログ村
レンタル開始日:2011-05-27
メーカー:アース・スター エンターテイメント
コメント (2)

ドラマ版 ふたりエッチ

2011年09月26日 01時58分26秒 | 邦画ロマンス
11年/日本/72分/Web/エロティック・コメディ・ロマンス
監督:高橋巖、廣田幹夫
原作:克・亜樹

出演:七海なな、福島慎之介、加瀬尊朗、範田紗々

<ストーリー>
お互い処女と童貞のまま結婚した新婚夫婦が、降り掛かる数々の試練を乗り越えて真実の愛を見出し成長する姿をコミカルに描く。
<感想>
1話約15分のWebドラマをDVDに4話収録し、全3巻がレンタル中。

以前観た『映画版 ふたりエッチ』より原作漫画に忠実。

セクシーアイドル女優・七海ななを起用した事で映画版では無かった、きわどいセックスシーンが満載。
勿論、オールヌードも有り。

兎に角、七海ななが可愛いんですよ。
恥じらいの表情とか、ムスッとする表情とか、もう一々ドキッとさせられるキュートな表情を惜しみなく見せてくれるので、ドッキドキしてくるんだよなぁ。

特典エピソードとなる「コスプレ編」でのセーラー服の姿のままバックスタイルで突かれる際の喘ぎ顔がたまらなくエロ可愛かったww
白ソックスが中途半端に脱げている所も変にエロいし。

原作漫画ファンの方は脱がない『映画版』を観るよりも断然こちらの脱ぐ「ドラマ版」を観る事を強くお薦めします。
七海ななにメロメロになっちゃうこと完全保証。

評価:★★★
11/09/25DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
レンタル開始日:2011-09-16
メーカー:バップ

抱きたいカンケイ

2011年09月26日 01時18分10秒 | 洋画ロマンス
NO STRINGS ATTACHED/11年/米/108分/ロマンス・コメディ/PG12/劇場公開
監督:アイヴァン・ライトマン
製作:アイヴァン・ライトマン
製作総指揮:ナタリー・ポートマン

出演:ナタリー・ポートマン、アシュトン・カッチャー、ケイリー・エルウィズ


<ストーリー>
ある日、男友だちのアダムとSEXフレンドの協定を結んだエマ。日頃のストレスが発散できる便利で気楽な関係に夢中になるふたりだったが、次第に気持ちがズレ始め…。
<感想>
ナタリー・ポートマンが初めて挑んだラブコメディ。
アシュトン・カッチャーとのセックスシーンが豊富にあります。
が、あっさり目の描写でエロさは無し。

ナタリーの下着姿は幾度となく拝めますがヌードは無いのが悲しい。
ブラジャーの形からも分かる様におっぱいちっちゃいね。
でもあれ位のサイズがぼかぁ好きだなぁ。
あ、女性の方にはアシュトンの生尻が観れるので期待して下さい。

う~ん、まぁ王道的な流れのラブストーリーだね。

セフレの関係でいよう

と割り切るものの、そうはいかないもので。

どちらかが好きになったらもう会わない

と条件をつけてセフレになるが、何度も体を重ねる事でお互いを意識し始めちゃう。

アダムが他の女性と親密になると嫉妬に狂うエマ。
エマとの距離を置く事で、逆に無性に会いたい衝動に駆られるアダム。

落ち着く場所に辿り着くラストはちょっぴり温かい気持ちになれます。

一度限りのデートで2人がパターゴルフをやるシーンがあるんだけれど、ナタリーがワンカットで次々とゴルフボールをカップイン。
これ、相当NG出したんじゃない?
もしかしてボールはCG?なんて思う位、見事な腕前に目が点になりましたよ。

好青年な役を演じたアシュトンと、恋に奥手な女性を演じたナタリー。
2人のキュートな魅力が一杯詰まったナチュラルな作品。

オフィシャル・サイト(日本語)
オフィシャル・サイト(英語)

評価:★★☆
11/09/25DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
レンタル開始日:2011-09-23
メーカー:角川書店
コメント (6)   トラックバック (19)

アバター

2011年09月25日 23時45分19秒 | 邦画ホラー
11年/日本/92分/学園サスペンス・ホラー/劇場公開
監督:和田篤司
原作:山田悠介『アバター』

出演:橋本愛、坂田梨香子、水沢奈子、温水洋一

<ストーリー>
17歳の誕生日に母からケータイをプレゼントされた道子は、レアアバターを持っている“学園の女王”妙子から、SNSサイト“アバQ”に強制的に入会させられ…。
<感想>
スクリーンから映像が飛び出す『アバター』じゃないよ。

携帯電話やPCなどで自分の分身となるキャラクターを作って楽しむあのアバターです。

音声が聞き辛いな~。
主人公が影の薄い女子高生だから、小声でぶつぶつ。
音量を半分以上まで上げても聞きとれんかった。

映画だと割り切れば良いのかもしれないけれど、それでもちょっと現実味が無さ過ぎ。
アバターのレアアイテムを沢山持っていると周りからキャキャー言われ、「様」まで付けられて崇められる。
教室では1人の女生徒が汚い水が溜まったバケツに顔を押し付けられ、時には両端から紐で首を絞められて酷い苛めを受けている。
それを見て見ぬふりをしている担任教師。

どんな学校やねん。

なんか登場人物たちのやることなす事が全部きしょい。

くっだらねぇもん借りちゃったな~

最初こそはそんな冷たい気持ちで観ていたんだが、うん?余りにも話がぶっ飛び過ぎていて意外と・・・おもろい。

サークル会員が全員ガスマスク付けて登校したり、根暗だった主人公がスロットゲームで大当たりを引いてレアアイテムをゲットしてから人生が一変し、今まで同級生から無視されていた存在が、今度は「女王」として崇拝されていく。

アハハ、無茶苦茶や。

只これだけで終わらず、復讐計画にまで話がもつれて行く訳で、そんなキチガイ染みた展開が妙に滑稽で無性にワクワクとした気分にされられちゃう。

整形後の神々としたオーラを放つ橋本愛演じる阿武隈川道子の狂いっぷりも凄まじいが、サークル№2となる西園寺真琴の眼鏡越しに睨みつける鋭い目つきがヤバ過ぎてゾクゾク。

苛める側から苛められる側へと転落する事になる阿波之妙子の舌べろりんも表情がイッちゃっているだけにやたらと気持ち悪い。
そんな阿波之妙子が終盤、道子に対して怒涛の勢いでチェーンソーを振り回しながら報復に出るのだが、してやったりの登場も虚しくあっさりと撃沈。

おいおい、威勢だけかい!

ここは思わず噴き出してしまった。

いかにも山田悠介らしい妙チクリンな映画だけど、最初に抱いた思いは何処に行ったのか、途中からはどいつもこいつも思考回路が一本ブチ切れちゃってますなぁと、温かい目で観てしまっていることにふと気付き自分に対して苦笑い。

むやみに携帯電話を与えてしまった事に母親は後悔の言葉を残すも時既に遅し。
娘は携帯依存症、整形、殺人と人生の裏街道をばく進するのであった。
ちゃんちゃん。

オフィシャル・サイト

評価:★★★
11/09/25DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ
にほんブログ村
レンタル開始日:2011-09-25
メーカー:ジーピー・ミュージアム
コメント (6)   トラックバック (3)

パーフェクト・スナイパー

2011年09月24日 21時55分58秒 | 洋画アクション
ELEPHANT WHITE/11年/米/91分/犯罪アクション/劇場未公開
監督:プラッチャヤー・ピンゲーオ
出演:ジャイモン・フンスー、ケヴィン・ベーコン、チランタニン・ピタックポントラクン

<ストーリー>
娘をさらわれた父親から、ギャング団の壊滅を依頼された暗殺請負人のチャーチ。そこで古い武器商のジミーに協力を頼むのだが……。
<感想>
これもTSUTATA独占作品。
最近多いな。
個人的には独占なんて止めて貰いたい。
TSUTAYA遠いっちゅうねん。

独占するだけの価値があるのかと思いきやそうでもない所がTSUTAYAの陰謀みたいで腹立つねん。

監督は『チョコレート・ファイター』など、タイアクション映画の鬼才プラッチャヤー・ピンゲーオ。

なんでこんなしょうもない映画撮っちゃったんだろうね。
しかもわざわざアメリカまで行って。

タイ映画ばりのガチンコアクションを見せてくるのかと思いきや、一撃一殺のスナイパー・アクションやし。
ケヴィン・ベーコンも殆ど表舞台に出て来ない脇役やしなぁ。

これといってな~んも見所がないんよね。
少女が実は・・・というカラクリも何処かで見た様なネタやし。

全然プラッチャヤー・ピンゲーオらしさがないのも困ったもんだ。
あ、意味無しに白象が出てくる所だけ‘らしい’か(笑)。

こんなんハリウッド行ったら幾らでも転がっていそうな平凡映画じゃない?
監督にとっては新しい挑戦なのかもしんないけれど、こんなもん撮る位なら、タイでジャー相手にアクション撮った方が株も上がると思うよ、ほんと。

評価:★★
11/09/24DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
レンタル開始日:2011-08-26
メーカー:カルチュア・パブリッシャーズ
トラックバック (3)

F エフ

2011年09月24日 21時19分10秒 | 洋画ホラー
F/10年/英/79分/サスペンス・ホラー/劇場未公開
監督:ヨハネス・ロバーツ
出演:デヴィッド・スコフィールド、イライザ・ベネット

<ストーリー>
学校でも家庭でもうまくいかない教師が、夜の学校に出没する殺人鬼から娘を守るために戦う。

<感想>
こちらもTSUTAYA独占作品。

「F」とは落第点の事なんだが、私は作品そのものに「F」をつけてあげるよ。

だってオチがないんやもん。

フードを被った殺人鬼が何者かも明かしてないし、何故に人を殺すのか理由もほったらかしだし。

殺人鬼は1人じゃなく複数。
教師や生徒にそろりと忍び寄って殺害。

目的無しかも。
単なる暇潰しか遊びの延長か。

オープニングでテストに「F」をつけられた青年が逆上して教師の鼻を折るのだが、彼が殺人グループの主犯格?

こういう終わり方をすっきりさせてくれない映画ははっきり言って嫌い。
むかつく。

惨たらしい死体の損壊具合は特殊メイクがしっかりと施されて良い感じだったし、若い女教師や女生徒も可愛らしく、その辺は好感が持てたのだが、事態を回収せずに終了するような事だけは止めて欲しいよな~。

評価:★☆
11/09/23DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ
にほんブログ村
レンタル開始日:2011-09-16
メーカー:アース・スター・エンターテイメント
トラックバック (2)

アイアン・ドアーズ

2011年09月24日 20時48分33秒 | 洋画サスペンス
IRON DOORS/10年/独/80分/ミステリー・サスペンス/劇場未公開
監督:スティーヴン・マニュエル
製作:スティーヴン・マニュエル

出演:アクセル・ヴェーデキント、ルンガーノ・ニョニ

<ストーリー>
鉄の扉に閉ざされた金庫室で目を覚ました銀行員のマーク。鍵のかかった鋼鉄製ロッカーと動物の死骸だけがある密室から抜け出すべく苦悩する男を描く。

<感想>
目覚めると金庫室の中。
周りにあるのは一つのロッカーとウジが沸いたネズミの死骸。
ロッカーの中には酸素ボンベ・ガスバーナー・ゴーグル・ノミとトンカチ。

一体誰が?何の目的で?

そりゃあオチにどんなものがあるのか気になるので興味も出てきますよ。

けど、主人公となる男が

うるさい。

黙々と壁の穴掘り作業してたらええのに、やたらめったら独り言をぶつぶつ。
苛々してきます。

黙っとけ!

挙句、のどが渇いたので自分の尿を飲み、腹が減ったのでウジを食う。

うげぇ。

一日がかりで壁が貫通し、隣に行くと、またしても同じ金庫室。
するとそこには棺に眠るアフリカ女性が。

お!ちょっとは展開が変わりそうか!?

が、この女、英語が話せないのでスワヒリ語オンリー。
字幕も無いので何を言っているのかさっぱり。

で、男は女と協力して穴掘りを再開。
男は英語でベラベラ。
女はスワヒリ語でベラベラ。

ああ~~~うるさいわ!!

すると男は
「のどが渇いた。お前の小便飲ませろ!」
いやいや従う女。

うわ!本当に飲みやがった!

なんじゃこりゃスカトロ映画か!!

うだうだ言いながら壁掘りしていると、突然、鋼鉄の扉が開いた。
どうやら扉を背にして作業していると開くみたい。

どういう仕組みやねん。

話も終盤。
男は体力を失い、横倒れ。
すると女が突然

男のズボンとパンツを脱がし、自ら騎乗位になってセックス開始。

はぁ?なんでやねん。

すると、新たな扉が解放。
そこで彼らが見たモノは!?

で、結局どういう事やねん。
何となく嫌々最後まで付き合ってあげたのに

オチなしかい!

疑問が全く明かされず解決してませんが??
視聴者の判断に任せますって事か?

謎あり真相解明なし。
人をバカにしているとしか言いようがない糞映画。
何故にこんなものがTSUTAYA独占?

評価:
11/09/23DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
レンタル開始日:2011-09-16
メーカー:アース・スター・エンターテイメント
コメント (6)   トラックバック (2)