銀幕大帝α

切り株推奨映画感想ブログにつきグロ画像注意。
御蔭様で12周年。3900作品レヴュー突破。御訪問有難う御座います♪

ケース39

2010年07月30日 23時58分40秒 | 洋画ホラー
CASE 39/09年/米・加/109分/劇場未公開
監督:クリスティアン・アルヴァルト
出演:レニー・ゼルウィガー、ジョデル・フェルランド、ブラッドリー・クーパー

<ストーリー>
両親に虐待されていた少女を救い、引き取ったソーシャルワーカーの女性が体験する恐怖を描く。
<感想>
口コミでじわじわと人気を得た『エスター』の様に、本作もDVDスルー作品でありながらもレンタル回転率が上がる位、人気が出ても良いんじゃないかと思える程の良作。
何処かしら雰囲気も『エスター』に似ていますし。

無邪気な笑顔には裏がある

謎めいた少女を演じたのは『サイレントヒル』でも3役多彩な顔を演じ分けた天才子役ジョデル・フェルランド
割と出演作にホラー系が多いだけあって、不気味さを醸し出させたら流石に上手い。

劇中では彼女が笑うと関わり合った人が変死すると言う、一体全体君は何者なんだ?と、先の動向に目が離せなくなります。

少女リリーは本当に虐待されていたのか?
両親は何故に部屋に立て篭もっていたのか?
オーブンで焼き殺そうとしていた真意は何なのか?

終盤での幼き少女リリーに隠されていた正体が暴かれてからは、幾つもの恐怖場面が立て続けに起こり、観る者を緊張と驚きの渦に叩き落としてくれます。

これは二つの表情の使い分け様が難しい秘密の少女にジョデル・フェルランドを配したのが大正解。
彼女にしかあの演技は出来ないでしょう。

『エスター』も怖かったが、本作もジャンルは違えども十分に怖くて面白かった。
個人的には大プッシュしたい逸品!

オフィシャル・サイト(英語)

評価:★★★★
10/07/25DVD鑑賞
オカルト・サスペンス・ホラー レニー・ゼルウィガー パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン DVD新作
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ
にほんブログ村
コメント (6)

切り株画像(映画『ラスト・ハウス・オン・ザ・レフト -鮮血の美学-』よりレンジで頭ドン)

2010年07月25日 01時39分50秒 | 切り株“TV”画像(閲覧注意)
切り株100発目

【ネタバレ注意】
娘を甚振った者たちへの復讐は終えた様に思えた。
しかし、父親は怒りを蓄積していた。
その矛先を、実は気絶させていた主犯格の男に向ける。
下半身を麻痺状態にされ、寝かされた男の頭は電子レンジの中へ。

娘の操を奪いやがって、この野郎!

こうして父親は見事な切り株爆死で全てに終止符を打つのであった。。。

因みにこの画像は、特典の未公開シーンからのもの。
実際観て頂ければ分かると思うが、かなり本格的な作り込みである。
必見!!
切り株度

レヴュー『ラスト・ハウス・オン・ザ・レフト -鮮血の美学-』
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ
にほんブログ村

ラスト・ハウス・オン・ザ・レフト -鮮血の美学-

2010年07月25日 01時22分18秒 | 洋画ホラー
THE LAST HOUSE ON THE LEFT/09年/米/114分/劇場未公開
監督:デニス・イリアディス
出演:トニー・ゴールドウィン、モニカ・ポッター、サラ・パクストン

<ストーリー>
娘をレイプし重傷を負わせた凶悪犯グループに両親が復讐する。
<感想>
警官殺しの脱走犯とその一味が嵐の夜に逃げ込んだ家には、彼らより凶悪な人間が住んでいた!!

という話ではないです。

題名のサブタイトルにあるように、ウェス・クレイヴンの処女作でもあり初期の代表作『鮮血の美学』のリメイク。

娘を犯した悪党に両親が復讐するという話の軸となる部分は同じだが、観る側をとことん不愉快にさせたオリジナルに対し、リメイクでは割と落ち着いた感じに変更されています。

娘が瀕死になりながらも生きていた、悪党一味の息子が良い奴だったと言ったセーフポイントはあるものの、やはり森の中での壮絶なレイプシーンはかなり観ていて辛い。

只、オリジナルとリメイクとの差は娘の生死の違いによるものが大きく、復讐方法が意外とあっさり目だったのが非常に残念。

兎に角チェーンソーを振り回し、チンポを食いちぎったオリジナル(娘死亡)の両親はパワフルだった。

比べ、善良な医師を父に持つ本作(娘生存)での復讐劇はホラーでありながらもサスペンスに近く、怒りの表現を緊張から来る焦りと不安で示しているので、完全に怒髪天になっていたオリジナルよりかは観易くなっているのは確か。

しかし油断していると、ラストで父親による情け無用の爆死地獄が待ち構えているので注意が必要。

娘よりも母親の方が色気あるのも熟女好きにはポイント高し。

オフィシャル・サイト(英語)

関連作:『鮮血の美学』(オリジナル)

評価:★★★
10/07/23DVD鑑賞
サスペンス・ホラー リメイク ジェネオン・ユニバーサル・エンターテイメント DVD新作
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ
にほんブログ村
コメント (4)

アンボーン

2010年07月25日 00時31分07秒 | 洋画ホラー
THE UNBORN/08年/米/89分/劇場未公開
監督:デヴィッド・S・ゴイヤー
出演:オデット・ユーストマン、ゲイリー・オールドマン、ミーガン・グッド

<ストーリー>
死別した双子の弟がいると知った女性が少年の怨霊に襲われる。
<感想>
破壊王子マイケル・ベイ製作による怨念ホラー。

雰囲気としてはジャパニーズ・ホラーに似た感じ。

音や気配で驚かせるタイプで、部分的には怖い描写がチラホラ。
特筆すべきは、首が回転した犬(人面犬!!)や、スパイダーウォークで首をぐるぐる回しながら追いかけてくる米版伽椰子(但し爺さん)。
描写・演出共にかなりドキドキさせてくれる。

終盤での悪魔祓いの儀式も中々の恐ろしさがあり、参加者が悪魔の力でぶっ飛んだり、背骨パッキン二つ折りにされたり、更に子供から学者や彼氏へと憑依を繰り返し、主人公を執拗に襲う様は緊張感大有り。

顔を覗き込むな!

暗闇に気をつけろ!

背後には注意しろ!

何かが起こりそうな空気を随所に漂わせ、不意打ちでビクッとさせる。
血がドバドバ出るスプラッタより心理的には断然こちらの方が心臓に悪い。

パッケージにある主人公の絶妙にセクシーな下着姿の場面でドキドキを一瞬静められるが、股間は反して興奮していた、と余計な事を書いてしまった私は立派な男の証拠。

オフィシャル・サイト(英語)

評価:★★★
10/07/22DVD鑑賞
デヴィッド・S・ゴイヤー 怨念ホラー ゲイリー・オールドマン カーラ・グギーノ ジェネオン・ユニバーサル・エンターテイメント DVD新作
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ
にほんブログ村
コメント (6)

アドベンチャーランドへようこそ

2010年07月22日 00時41分59秒 | 洋画ロマンス
ADVENTURELAND/09年/米/107分/劇場未公開
監督:グレッグ・モットーラ
出演:ジェシー・アイゼンバーグ、クリステン・スチュワート、マーティン・スター、ビル・ヘイダー

<ストーリー>
最後の夏休みに地元の寂れた遊園地でバイトすることになった大学生のジェイムズ。エキセントリックなバイト仲間との出会いが彼に波乱を起こす。
<感想>
アドベンチャー映画だと思っていた。
題名だけで推測するなって?
そりゃそうだ。

80年代カルチャーを基礎にしたラブロマンス。
自分的には懐かしい曲が随所にかかり、ちょっとテンション上がった。

コメディ的な要素も含んでいるけど、学費を稼ぐためにアドベンチャーランドでバイトを始めた奥手の童貞君が、恋に友情に右往左往する一夏のハッピーライフを、ロマンスたっぷりに描いています。

彼は学業そっちのけで無事童貞good-by出来るのか!?

淡い恋心にときめきつつも、波乱有り、裏切りあり、成行きの浮気あり、そして別れあり。

個性豊かなアドベンチャーランドの従業員たちとの絡みを入れつつ、一人の好青年の喜びと怒り、そして忘れられない大切な女性への思いを込めての旅立ちまでを、明るく、切なく、時には下品に、そして最後には運命的な架け橋を感動的に描ききり、纏まりある物語に仕上がっていました。

決して大笑いするような映画ではないけれど、それぞれが悩みを抱えた男女が障壁を乗り越え、そして結ばれていく様には私が遠い昔に置き忘れた青春そのものを感じ取れて、とても清々しく観る事が出来ました。

やられたらやり返す。
股間パンチなんてガキっぽいけど、彼らにとってはこれも青春の一つで、思い出の一ページとして残るんだろうなぁ。

評価:★★★
10/07/20DVD鑑賞
青春ロマンス・コメディ ライアン・レイノルズ ウォルト・ディズニー・スタジオ・ホーム・エンターテイメント DVD旧作
にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村