銀幕大帝α

切り株愛好連盟加入ブログにつきグロ画像注意。
御蔭様で10周年。3200作品レヴュー突破。御訪問有難う御座います♪

自殺同好会 11人、死の記録

2010年02月28日 23時50分02秒 | 韓国ホラー
08年/韓国/80分/劇場未公開
監督:ソ・ミニョン
出演:チョン・ウンテク、イン・ヨウォン、イ・ジェヨン、イ・ウォンジェ

<ストーリー>
自殺をするべく集まった男女の中で殺人が発生。彼らは生き残ることに執着して殺し合いを始める。
<感想>
レヴューはこちらを参照して下さい。

評価:★★
10/02/28DVD鑑賞
ホラー DVD新作
にほんブログ村 映画ブログ 韓国映画へにほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ
にほんブログ村
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

スケート・オア・ダイ

2010年02月28日 23時49分50秒 | 洋画アクション
SKATE OR DIE/08年/仏/85分/劇場未公開
監督:ミゲル・クルトワ
出演:ミッキー・マウ、イドリス・ディオプ

<ストーリ>
刑事による殺人事件を目撃した2人の男が、犯人の濡れ衣を着せられ、スケートボードで逃げ回る。
<感想>
リュック・ベッソン絡みじゃないけれど、雰囲気は彼の脚本作品みたいな無駄を省いてとことんアクション的です。

序盤はご機嫌なミュージックをバックに、スケボー青年の自慢プロモーションビデオで、技は凄いけれど、正直退屈。
中盤辺りから汚職警官と、警察署長に鼻パンチ食らわした為に傷害事件としてフランス警察に追われる羽目になるのですが、ここで序盤の自慢技を見せて欲しかったな、と。

車とスケボーのチェイスも思ったほど画的に面白味がないなぁ。

闇パーティ会場での銃撃戦もあんまり盛り上がらない。

スケボーでの逃走劇というのは新鮮味があって良いのだが、大技・小技を駆使しながらの観ていて楽しいと思える要素が少し欠けていたように思います。

普通の女性警官が事件の背後に隠れている真実を嗅ぎ付け、単独で行動しながら最後は大手柄。
何だかなぁ。
安っぽいストーリーやねぇ。

孫が銃弾受けて、ゴミ収拾車の爺ちゃんが怒りを爆発させて、警官の車に猛突進して爆破させる場面は不覚にも泣けちゃったけど。

評価:★★
10/02/26DVD鑑賞
アクション DVD新作
にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村 
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

切り株画像(映画『サブウェイNY』より飛びます!潰れます!!)

2010年02月26日 01時17分42秒 | 切り株“TV”画像(閲覧注意)
【ネタバレ注意】
首が飛ぶ、顔が潰れる。
生死を賭けた‘かくれんぼ’の先には切り株有り。
1枚目

俺・・・まだ生きて・・・ズバッ

2枚目

ウホ?ブシャッ

3枚目

さぁワンコよ召し上がれ。

4枚目

兄の仇じゃ!死ねぃ
切り株度

レヴュー『サブウェイNY』
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ
にほんブログ村

この記事をはてなブックマークに追加

サブウェイNY

2010年02月26日 00時58分36秒 | 洋画ホラー
STAG NIGHT/09年/米/81分/ホラー/劇場未公開
監督:ピーター・A・ダウリング
出演:キップ・パルデュー、ブレッキン・メイヤー、ヴィネッサ・ショウ

<ストーリー>
午前4時、地下鉄の駅に置き去りにされた若者たちが、地下のルールが支配する世界に迷い込む。
<感想>
アメリカこぇ~。
人気の無い暗闇地帯はデンジャラス。

NYの地下鉄に住む地下住人の話なんですが、ロブ・ゾンビみたいな風貌のおっさん軍団が「ウホウホ」言いながらワンコ従え追いかけ回す。
捕まったら最後、鋭利な刃物でX斬りされて、その後はワンコの食糧へと格下げ。
又は汚いおっさんの性のはけ口へと・・・ガクガク。

彼らには掟みたいなものがあって、住人以外の者は口外禁止っちゅう事で情け無用に処刑されちゃうんですなぁ。

緊迫した‘かくれんぼ’な展開に中々の面白さはあったものの、肝心の襲われるシーンはやたらとカメラがガチャガチャ動き回るので分かり辛い。
過剰演出が却って仇となっているのが勿体ないな~。

幼い娘を持つ青年の死や、兄弟愛を感じさせる助け合い等、じ~んとさせられる箇所もあり、悲劇的な恐怖というのを上手く描いてはいます。
けど、あのラストシーン・・・何か他の作品でも同じようなものを観た記憶があるんだけどなぁ??

評価:★★★
10/02/25DVD鑑賞(新作)
サブウェイNY キップ・パルデュー AMGエンタテインメント
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ
にほんブログ村
レンタル開始日:2010-02-19
コメント (6)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

マーシャル博士の恐竜ランド

2010年02月26日 00時23分56秒 | 洋画アドベンチャー/ファンタジー
LAND OF THE LOST/09年/米/101分/SFアドベンチャー・コメディ/劇場公開
監督:ブラッド・シルバーリング
出演:ウィル・フェレル、ダニー・マクブライド、アンナ・フリエル、ヨーマ・タコンヌ

<ストーリー>
タイムワープの実験で恐竜と類人猿がいる異世界に行きついた博士らがエイリアンと戦う。
<感想>
途中で寝る。

観直す。

寝る。

また観直す。

・・・
・・・・
・・・・・つまんねぇだろ、これ!!

何故、ヒロインは類人猿の言葉が分かるのか。
何故、エイリアンは着ぐるみなのか。

敢えてつっ込まないでいてやるよ。
それ以前に

映画になってねぇしな!

アメリカン・コメディの大っ嫌いな部分が多過ぎて失笑すらも甚だしい。

糞詰まり治したら友達だとぉ??
クルミ関係ねぇじゃねぇか!!

こういうクソなコメディは今後劇場公開禁止!

あ、ちゃっかり今年のラジー賞最低作品にノミネートされてるわ。
俺も一票入れます!!

オフィシャル・サイト(英語)
オフィシャル・サイト(日本語)

評価:
10/02/24DVD鑑賞(新作)
マーシャル博士の恐竜ランド ウィル・フェレル 駄作 ジェネオン・ユニバーサル・エンターテイメント
にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
レンタル開始日:2010-02-03
コメント (4)   トラックバック (3)
この記事をはてなブックマークに追加

セブンデイズ

2010年02月24日 00時28分49秒 | 韓国サスペンス
SEVEN DAYS/07年/韓国/125分/サスペンス/劇場公開
監督:ウォン・シニョン
出演:キム・ユンジン、キム・ミスク、パク・ヒスン、チャン・ハンソン、チェ・ミョンス

<ストーリー>
娘を人質にとられ、犯人から一審で死刑判決を受けた殺人事件の被告人を無罪にしろと要求された敏腕弁護士が独力で事件を捜査する。
<感想>
レヴューはこちらを参照して下さい。

オフィシャル・サイト(日本語)

評価:★★★☆
10/02/23DVD鑑賞(旧作)
セブンデイズ キム・ユンジン ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
にほんブログ村 映画ブログ 韓国映画へ
にほんブログ村
レンタル開始日:2009-12-02

この記事をはてなブックマークに追加

アマルフィ 女神の報酬

2010年02月23日 23時29分54秒 | 邦画サスペンス
09年/日本/125分/サスペンス・ミステリー/劇場公開
監督:西谷弘
出演:織田裕二、天海祐希、戸田恵梨香、佐藤浩市

<ストーリー>
ローマで日本人誘拐事件が発生。着任したばかりの外交官、黒田は身分を隠して身代金の受け渡し場所に向かうが、警察の介入がばれて失敗。人質を救出しようと事件の真相を追う。
<感想>
誘拐事件を起こし、そちらに警察の目を向け、裏では本来の計画を着実に進めていく犯人側。
たまたま迷子の捜査に付き合わされた挙句、誘拐事件へと発展したが為に、父親のふりをして犯人側に近づいていくも、彼らの真の目的を嗅ぎ付け一人奮闘する外交官、黒田。

だれ?面白くないって言ったのわ。

僕個人としてはこのストーリー展開はかなり楽しめたよ。

後から「あそこが酷い、あそこが悪い」という批判的な意見を山ほど読んだけれど、私としては観ている間は批判されている箇所に何ら疑問点は抱かなかったので、「あ~なるほどね~」とは思っても、面白く最後まで楽しんで観れた事だし、今更賛同する気にもなれませんね。

そりゃあ個人個人に観ている時点での批判、観た後の批判はあるとは思うけれどさ、125分という時間を退屈せずに素直に堪能出来たんだから、満足している僕みたいな人間もいて良いでしょ?

一番盛り上がったのはサラ・ブライトマンが代表曲「タイム・トゥ・セイ・グッバイ」を熱唱するシーン。
この曲、凄く好きなんだよね~。
字幕付けて観たので一緒に歌っちゃった。
只、ちょっと色んな場面で流し過ぎだったかな。
あの会場1シーンのみでジャ~ン!と歌い始めてくれていたらもっとテンション上がっていましたね。

唯一難癖付けるとしたら、子役の演技。
これ観た後、韓国映画を観たんだけれど、その映画に出ていた子役が物凄い名演技していただけに、本作での子役のお世辞にも上手いとは言えない演技には、もう少しどうにかならなかったのかと。

処で、この作品の主役を演じた織田裕二はキャラ的にハマり役かも。
不器用だけど、他人を惹き付ける色んな魅力を持っている。

名探偵顔負けの観察力。
思い立ったら瞬時な行動力。
警察すらも認める解決力。

世界を股に掛ける外交官、黒田。
他の国での彼の活躍も観てみたい。

オフィシャル・サイト

関連作:
『アマルフィ 女神の報酬(2009)』(映画版第1弾)
「外交官 黒田康作(2011)」(TVシリーズ)
『アンダルシア 女神の報復(2011)』(映画版第2弾)

評価:★★★☆
10/02/22DVD鑑賞(新作)
アマルフィ 女神の報酬 天海祐希 戸田恵梨香 佐藤浩市 大塚寧々 伊藤淳史 佐野史郎 福山雅治 中井貴一 亀山千広 フジテレビ
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
レンタル開始日:2009-12-24
コメント (6)   トラックバック (2)
この記事をはてなブックマークに追加

バタフライ・エフェクト3/最後の選択

2010年02月22日 00時23分39秒 | 洋画サスペンス
THE BUTTERFLY EFFECT 3: REVELATIONS/09年/米/90分/SFサスペンス/R15+/劇場公開
監督:セス・グロスマン
出演:クリス・カーマック、レイチェル・マイナー、ミア・セラフィノ

<ストーリー>
過去と現在を行き来できる青年が、10年前に初恋の女性を殺した犯人を突き止めようとする。
<感想>
てっきりDVDスルー作なんだと思っていたら、ちゃっかり劇場公開作なんでビックリした。
この内容で劇場公開かぁ。
DVDスルー作でもまだ面白い作品山ほどあるよ。
公開基準ってのがさっぱり分からんわ。

行ったり来たりしている内に、私生活の一部が変わっているという部分は前作をしっかり踏まえているけど、オチを観るとタイムトラベルの意味があまり活かされていない気が・・・。

オチを先に思いついて無理やりタイムトラベルを付け足したような、どうにもコメントするのに困る内容やなぁ。

恋人含め関係人物を殺した犯人の正体の意外性には、余りにも突拍子過ぎて唖然。
人助けしたら裏切られていたという悲劇に、じゃあまたやり直して修復しましょ、では苦笑するしかあるまいて。

自分の事だけ考えて他人の命を軽視している物語構成の低さには呆れかえるしかないや。

関連作:
『バタフライ・エフェクト』(第1作)
『バタフライ・エフェクト2』(第2作)

オフィシャル・サイト(日本語)

評価:★☆
10/02/21DVD鑑賞(旧作)
バタフライ・エフェクト3/最後の選択 ワーナー・ホーム・ビデオ
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ
にほんブログ村
レンタル開始日:2009-12-16
コメント (8)   トラックバック (2)
この記事をはてなブックマークに追加

クライモリ-禁猟区-

2010年02月21日 23時49分46秒 | 洋画ホラー
SPLINTERED/09年/英/90分/サスペンス・ホラー/劇場未公開
監督:シメオン・ハリガン
出演:ホリー・ウェストン、スティーヴン・マーティン・ウォルターズ、サッシャ・ダーワン

<ストーリー>
失踪事件が多発する森を仲間と探索する女性が、何者かに友人たちを殺され、古い館に監禁される。
<感想>
シリーズ3作目が出たのかと思い喜び勇んで借りてみたものの、後で原題が違う事に気付き、観る気がすっかり萎えて長らく放置していた、人気作便乗邦題ホラー。

けど、普通に面白かったよ。

まぁ自分勝手で行動能力が低いヒロインや、死んでも同情すら湧かない友人なんか出ていてイラッとはしたけれど。

クライモリというよりかはクライイエが舞台で、調理場みたいな場所はいかにもな異臭が漂っていそうで気持ち悪かった。

精神異常者が満月を見てもがき出し「変身するわ!早く殺して」とヒロインが絶叫した時は、

「え?何?変身するの?これモンスター映画なん?」

って妙に興奮しちゃったりして(騙されたけど)中々楽しめた。

後、B級ホラーにしては捻りも効いていて、キチさんの過去暴露はかなり切ないんだわ。
そういうのを聞かされると、何かキチさんの方に同情心すら抱いたんだけれど^^;

幼少期にトラウマ植え付けられて、更に大人になったらもっと酷いトラウマ抱えるようになっちゃったヒロインが、ラストで見せた放心した姿にどうしようもない後味の悪さだけが漂っていたけれど、こういう嫌~な印象が残るバッドエンドはある意味好きかも。

オフィシャル・サイト(英語)

評価:★★★
10/02/21DVD鑑賞(旧作)
クライモリ-禁猟区- オデッサ・エンタテインメント
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ
にほんブログ村
レンタル開始日:2009-12-04
コメント (4)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

20世紀少年<最終章> ぼくらの旗

2010年02月21日 22時46分42秒 | 邦画サスペンス
09年/日本/155分/サスペンス・ドラマ/劇場公開
監督:堤幸彦
出演:唐沢寿明、豊川悦司、常盤貴子、香川照之、平愛梨

<ストーリー>
ともだちが世界大統領となっている2017年。彼が「世界の終り」を予言し、混乱が広がる東京で、反政府活動をしていたカンナは市民に武装ほう起を呼びかける。一方ケンヂも、ともだちの暴走を止めるため姿を現す。
<感想>
他ブロガーさんのレヴュー等を決して観ずに、只ひたすらレンタルされるのを待っていた<最終章>。

一番の楽しみはやっぱり「ともだち」は誰なのかに尽きます。
これがまぁ最後の最後まで引っ張る、引っ張る(笑)。
仮面を外そうが何をしようが後ろ姿と声だけで強引に引っ張っていく。
この引っ張り具合が抜群に良い。
好奇心を向上させる意味では嫌みのないじらし方。
だから、どうなるんだろうという先の展開の楽しみもあったけれど、「はよ見せろ!」という方の気持ちが大きく、じらす演出によって心の高鳴りは増すばかり。

この気持ちの先走りによって作品に深く入り込め、全く退屈せずに最後まで一気に観れちゃいました。

背中にギター、バイクに跨り颯爽と登場するケンヂの姿、これが痺れる位格好良いんだ。
“俺は全ての事実を知っている”といった感じの堂々とした行動がクールで、同じ男としても惚れ惚れする。
万博会場に集まった数万人の人々(この場面は圧巻!!)を掻き分け、ジャーン♪とギターを鳴らして熱唱するパフォーマンスにも思わず鳥肌立っちゃったなぁ。

前作では感じなかったんだけれど、主役の一人でもあるカンナ役を演じた平愛梨が一際輝いていて凄く可愛かった。
ともだちの野望を阻止するべくレジスタンスを立ち上げ、懸命に闘いながらも行方知れずのケンヂおじちゃんの帰りを待っている。
外面では怒りを露わにしているけれど、内面では寂しさを他人に知られないように隠し持っている。
会場でようやくケンヂと再会出来た時に、戦う女から一般的な少女へと移りゆく様をしっかり感じ取れたのは、彼女の表情演技の賜物と言ってもいいでしょう。

そしてようやく訪れる「ともだち」の正体。
期待に応える様に予想に反した人物が姿を見せるんだけれど、ケンヂのある一言で「え?」ってなりそのままエンドロールに突入していくんで一瞬躊躇うんですが、その後に2段オチエピソードが始まりだし、正真正銘の真実が明るみにされていくんですよね!

これには思いっきり唸らされ、感動させられちゃったなぁ。

<第1章>にヒントが隠されていたんやね。
流石の私でもこのオチは盲点でしたわ^^;

エンドロール前のオチで終わっていたら普通の感想で終わっていたかも。
この感動的なオチこそが、「ともだち」を生み出した理由付けとしては合点がいくし、三部作の流れを否定する事無く上手い具合に引きだし綺麗に収まっている。
見事しか言いようがないや。

エンディングを観るまで長い事待たせて貰ったけれど、待たせるだけの説得力さがあったので、もう満足通り越して「ありがとう」ですよ。

関連作:
『20世紀少年 -第1章- 終わりの始まり』(第1作)
『20世紀少年<第2章> 最後の希望』(第2作)

オフィシャル・サイト

評価:★★★★☆
10/02/21DVD鑑賞(新作)
20世紀少年<最終章> ぼくらの旗 堤幸彦 唐沢寿明 豊川悦司 常盤貴子 香川照之 藤木直人 石塚英彦 宮迫博之 佐々木蔵之介 山寺宏一 古田新太 高橋幸宏 佐野史郎 森山未來 小池栄子 ARATA 六平直政 竹中直人 石橋保 津田寛治 高嶋政伸 田村淳 神木隆之介 研ナオコ 北村総一朗 ダイアモンド☆ユカイ 原口あきまさ 武蔵 斎藤工 石橋蓮司 黒木瞳 浦沢直樹 T・レックス『20th Century Boy』 東宝
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
レンタル開始日:2010-02-19
コメント (8)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加