銀幕大帝α

切り株推奨映画感想ブログにつきグロ画像注意。
御蔭様で12周年。3900作品レヴュー突破。御訪問有難う御座います♪

ハロウィン・チェーンソー・キラー ビギニング

2014年01月31日 20時38分19秒 | 洋画ホラー
HAYRIDE
2012年
アメリカ
93分
ホラー
劇場未公開



監督:
テロン・R・パーソンズ
製作:
テロン・R・パーソンズ
脚本:
テロン・R・パーソンズ
出演:
リチャード・タイソン
シェリ・エイキン
ジェレミー・アイヴィ




<ストーリー>
大学生のスティーブンは、恋人のアマンダと共にアラバマに帰省する。毎年恒例のイベント「恐怖のヘイライド」が翌日に迫る中、村の近くで愉快殺人犯が脱走し…。



-感想-

ヘイライドだかヘルライドだか知らないけれど、殺人鬼が暴れだすまでに60分も費やすってどういう事やねん!
イベント開催に向けての決起集会及びそのイベント模様を延々と・・・。
だっるぅううううう。

R-15作品って聞いてたからどれだけスプラッターな描写が飛び出してくるんかとすっげぇ期待してたのに、ナニコレ?
ショッボォオ!
ショボ過ぎて萎えるわ~。
グロ描写全くないのな。
血糊だけ見せて死体がゴロンと転がっているだけ。
直接的な殺害シーンも寸前で画面が切り替わったりして、おいっ!てなる。

演技もワザとらしくて素人かよって、もう白けるのなんのって。
こう、もうちょっと熱演できない?
主役のカップルの男の方が特に酷い。
殺人鬼から逃げ回る際のあの下手糞な動きには失笑、失笑、また失笑。
これにOK出しちゃう監督もどうかとは思う。

殺人鬼の正体が意外な人物だった!?と、一応伏線絡ませたオチはあるけれど、だから何やねん!と心底、内容のヘボさに呆れ返る作品でした。
今時、こんなにも視聴者に優しいグロなしスラッシャー・ホラーも珍しい。

情報によると、続編製作が進行中なんだってさ。
スタッフ総入れ替えで頼むわ。

つまんない作品だったが、作中のイベントには参加したくなった。
勿論、客としてじゃなくスタッフとして。
チェーンソー振り回して客を怖がらせてみてぇなぁ。
想像しただけでも楽しそうやんっ。

評価:★☆
14/01/30DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へバナーポチ御協力感謝致します
にほんブログ村
レンタル開始日:2014-01-24
メーカー:キュリオスコープ
コメント (2)

SHORT PEACE

2014年01月30日 21時04分17秒 | アニメ(国内)
2013年
日本
68分
オムニバス/アニメ
劇場公開(2013/07/20)







監督:
大友克洋
「火要鎮」
森田修平
「九十九」
安藤裕章
「GAMBO」
カトキハジメ
「武器よさらば」
森本晃司
(オープニング)

原作:
大友克洋
「武器よさらば」

原案:
石井克人
「GAMBO」

脚本:
大友克洋
「火要鎮」
森田修平
「九十九」
石井克人
「GAMBO」
カトキハジメ
「武器よさらば」

キャラクター原案:
貞本義行
「GAMBO」

クリエイティブディレクター:
石井克人
「GAMBO」

声の出演:
春名風花麻衣
(オープニング)
早見沙織
森田成一
山寺宏一
悠木碧
草尾毅
田村睦心
浪川大輔
二又一成







<ストーリー>
「火要鎮」――大友克洋監督作。18世紀の江戸を舞台に、商家の娘お若と幼なじみの松吉との、結ばれない愛が引き起こす大惨事を描く。「九十九」――森田修平監督作。18世紀の山中で男が見つけた小さな祠は、捨てられた道具や着物の住む別世界につながっていた。「GAMBO」――安藤裕章監督作。16世紀末の東北地方。寒村に暮らす少女カオと出会った白く巨大な熊が、鬼のような化け物と激闘を繰り広げる。「武器よさらば」――カトキハジメ監督作。近未来の東京を舞台に、パワードスーツで武装した小隊に訪れる危機を描く。(allcinemaより抜粋)

-感想-

いい!とてもいいよ!
流石日本アニメ。
しかも名だたるクリエイターが集結したオムニバス作品なだけに、どれもこれもクオリティの高いものばかり。
本当に全てが魅せられる程に美しさと少し残酷性を秘めた作品集でした。

ただ1本約15分程度の内容なだけにあっという間に終わってしまう。
「GAMBO」なんか特にそうだが、もう少し長く観たかったし、終わり方が中途半端で最後の台詞が有耶無耶なだけにすっきりしない部分もあり、“凄く”良かったとまではいかないのが残念。

「GAMBO」は石井克人さんが関わっているだけあって結構残虐的な内容になっている。
赤鬼に連れ去れた人間の女の悲惨な末路なんかはゾッとさせられる。
白熊がんばれ!と無性に応援したくなる話だが、一体この白熊の正体は何だったのだろう。
気になって仕方がない。

「武器よさらば」のラストは中々のシュールさ。
武装したら狙われる。
武装しなければ見逃される。
ちん○んぶらぶらの素っ裸で「かかってこい!」と唯一生き残ってしまった隊員が戦闘ロボに石をぶつける姿が情けなく、苦笑いが起こってしまう。

「火要鎮」の画の美麗さは圧巻。
火消しになった好きな男と結婚出来ない女が、一目彼に会いたいと大火事を起こしてしまう。
大炎上する家屋に立ち向かう火消したち。
女の願いは叶うが、火の海からは逃れなかったという顛末が悲劇的だ。

「九十九」は妖怪とかそういう類のものが好きな方なら楽しめる逸品。
こちらも画の美しさが見事。

4作どれもがそこそこに楽しめるが、前述したように時間が短いので印象に残るという点では若干弱い。
圧倒的ビジュアルに魅了される事を第一に考えて鑑賞するのがベストかもしれない。

評価:★★★☆
14/01/29DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログへバナーポチ御協力感謝致します
にほんブログ村
レンタル開始日:2014-01-16
メーカー:バンダイビジュアル

オフィシャル・サイト
コメント (4)

ローン・レンジャー

2014年01月29日 21時40分39秒 | 洋画アクション
THE LONE RANGER
2013年
アメリカ
149分
アクション/西部劇
劇場公開(2013/08/02)



監督:
ゴア・ヴァービンスキー
『ランゴ』
製作:
ジェリー・ブラッカイマー
ゴア・ヴァービンスキー

製作総指揮:
ジョニー・デップ
出演:
ジョニー・デップトント
アーミー・ハマーローン・レンジャー(ジョン・リード)
トム・ウィルキンソンレイサム・コール
ウィリアム・フィクトナーブッチ・キャヴェンディッシュ
バリー・ペッパーキャプテン・フラー
ヘレナ・ボナム=カーターレッド・ハリントン
ジェームズ・バッジ・デールダン・リード
ルース・ウィルソンレベッカ・リード



<ストーリー>
少年時代の忌まわしい事件のせいで復讐に燃える悪霊ハンター・トントは、自らの悲願のために自身の聖なる力によって検事のジョン・リードを甦らせる。

世界を変えるのは、
正義か?
復讐か?


-感想-

レンタル開始日から長らく借りようと思わなかった理由は当然ある。
約150分という長さの問題だ。
殆どのブロガーさんが絶賛されたインド映画『きっと、うまくいく』(170分)でもちょっと退屈しちゃった私が150分という長期戦を難なく制する事が出来るはずがない、そう思うのも当たり前田のクラッカーですわな。
絶対寝ちゃう覚悟で、途中離脱してもOKを視野に入れて、夜中の1時から観てやった。
気づいたら寝ていて夜が明けてた、なんて事になってるかもしれないな、と思いながら観始めたのに、なんだこれ、超面白いやん!!

やっぱ吹き替えがあると私、元気!
吹き替え最強っすわ。
ありがてぇ、ホントありがてぇ。

子供の人形が列車の窓からヒュンッ!て飛んだ瞬間に、あっこれ糞真面目な西部劇じゃねぇんだなと直感。
そしてトントが出てきた時点でワクワク感が高まりだし、冒頭の列車アクションで心が踊る、踊る!

うん?もしかして中だるみが激しいのか?この映画?

NONO!そんな事はない。
激しさこそないが、それなりの見応えのあるシーンが連なっている。
というかジョンの兄の死にしろ、兄嫁が連れ去られる過程にしろ、ストーリー上、無視してはいけない重要なシーンばかり。
ま、何かと展開に絡んでくるユーモラス満点なトント様のお蔭も多少はあるかとは思うが、自分的にはかなり夢中になって観ていたよ。
トント様の助言を無視しまくって墓穴を掘りまくるジョン・リードの態度にはイラッとするが、それを帳消しにする終盤列車アクションには2度目の心の踊りが発生し、興奮が抑え切れなくなってしまった。

退屈した所あったっけ?
観終わった後、ふと振り返ってみたが、見当たらない。

楽しかった!!

この一言に尽きる、自分にとっては最高のエンタメ作品だった。
思ってた以上に興奮しちゃったせいか、その後の寝付けが逆に悪くなっちゃったけど(笑)
眠たくなる所か、眠気吹っ飛んじゃったよww

白馬にジョンが「シルバー」という名前を付けた時、あれ?何かこれに関係した名台詞があったよなぁと思っていたら、出た!「ハイヨー、シルバー!」。
そう、これだ!とポンッと膝を打つ私。
ヒヒーンと馬の前足を持ち上げてのポーズアクション

これ、めっちゃカッコいい画で好き!

シルバーの数々の助太刀シーンも動物好きとしては面白かった。
あ、餌を見つけると凶暴化するウサちゃんもね(笑)。

特典にあった、未公開シーン。
あれも実写で観たかったなぁ。
CGと画コンテ止まりだったのは何かしら理由があっての事なのかしら?
虫の大群を描くのが面倒臭くなったとか?それはないか(笑)。

評価:★★★★
14/01/29DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へバナーポチ御協力感謝致します
にほんブログ村
レンタル開始日:2014-01-15
メーカー:ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン

オフィシャル・サイト(日本語)
コメント (14)

中学生円山

2014年01月28日 21時27分38秒 | 邦画コメディ
2012年
日本
119分
コメディ/青春/ドラマ
劇場公開(2013/05/18)





監督:
宮藤官九郎
製作:
亀山千広
脚本:
宮藤官九郎
出演:
草なぎ剛下井辰男
平岡拓真円山克也
遠藤賢司井上のおじぃ
ヤン・イクチュンパク・ヒョンホン
鍋本凪々美円山あかね
刈谷友衣子清水ゆず香
YOU清水
原史奈三浦
家納ジュンコ小暮
三宅弘城梅田
皆川猿時細野
宍戸美和公村田
少路勇介黒田
野波麻帆下井の妻
田口トモロヲ斎藤
岩松了大谷
坂井真紀円山ミズキ
仲村トオル円山克之



<ストーリー>
団地を舞台に、日々妄想に耽る中学生が謎のシングルファーザーと出会い、成長していく姿を描く

考えない大人になるくらいなら、死ぬまで中学生でいるべきだ。

謎のシングルファーザーと団地を騒がす殺人事件。青春は今日も(エッチな)妄想だらけ。


-感想-

妄想シーンばっか(笑)
それも仕方がないか。
何せ主人公が妄想爆裂中学生男子だからねぇ。
けど、ちょっと多いだろ、長過ぎだろっ。
クドイわ、宮藤官九郎だけに(なんちって)。

所々ではクスッてなるんだよね。
円山の母ちゃんと電気修理屋の韓国人との密会なんて母ちゃんアホ過ぎてさ。
色仕掛けで迫る坂井真紀がまたエロいんだわ(笑)

ボケた爺さんが路上ライブを乗っ取ってギター掻き鳴らすシーンはすげぇカッコいい。
その姿に惚れた円山の妹(小学5年生!)が「私と付き合わない?」とか言って、爺さんと河川敷を一緒に手を繋いで歩くシーンは下手したら危ない画だけども、少女がとても純粋だから微笑ましいものはあった。
逆に妹のマセダチ、ありゃあ将来は水商売に走るな。
「私を奪う為に争うあんたら、ダセェよ」
あの冷ややかな態度。
この歳でこれだから、成人したらもっと魔性の女になる事決定。
ちょっと可愛いからって、何でも許されると思ってると将来痛い目に遭うからな!
と、私が皆さんの気持ちを代弁しておきました。

面白いのか面白くないのか良く分からん作品だが、これだけは言える。
円山克也、こいつは危険&ド変人。
妄想する事自体はこの歳のガキなら10人に1人はやってそうだからまぁ良いとしてもだな、日課にしている事が自主練という名のひとり尺八だぜ?ww
部屋でこっそりやる分にはまだ良いよ。
部活中にみんなの前でやるか?
キチガイじゃねぇかwwww
そんな色んな女子生徒の前で尻丸出しのバカ演技を堂々とやった平岡拓真に「フ○ラ男」というあだ名をくれてやんよww
それが嫌なら「軟体少年」でもエエぞ。
なんやねん、あの動きは。
気持ち悪っw
ほんと、バカ過ぎて・・・はぁ・・・ひとり尺八かぁ。
思い出しちまったよ。
私もやったなぁ(←やったんかいっ!)、出来るかもしれんと思ってやったわ・・・。
んなもん、出来る訳ねぇだろ!ってよ、早々と諦めた淡い青春時代。

あ、そういや草なぎについて全く触れてなかったけど、うん、どうでもいいや。
無理やり我が子の髪の毛を大五郎カットにしちゃうのは軽く児童虐待入ってますよ。
人の粗暴直す前にまずは己のその狂った感情直せ(にっこり)。

今作の可愛い子ちゃん図鑑

円山君と同級生で同じマンションに住む清水ゆず香役の刈谷友衣子ちゃん。
「ねぇ・・・チューしてみる?」
ここは、私までもがドキドキしちゃったわ。

セーラー服姿がまた物凄く似合う位に美少女でやんすな。
プールのシーン、あそこも良かった。
こんな可愛い子、同じクラスにおったら勉強どころじゃねぇよ。
授業中、目をハートにしてずっと凝視してるんじゃないかなぁ、変人だなぁ私も。

評価:★★★
14/01/28ブルーレイ鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログへバナーポチ御協力感謝致します
にほんブログ村
レンタル開始日:2014-01-15
メーカー:ポニーキャニオン

オフィシャル・サイト
コメント (6)

The Child's EYE

2014年01月26日 21時16分25秒 | 亜細亜ホラー
童眼/CHILD'S EYE
2010年
香港
97分
ホラー
劇場未公開



監督:
オキサイド・パン
ダニー・パン

製作:
オキサイド・パン
ダニー・パン

脚本:
オキサイド・パン
ダニー・パン

出演:
レイニー・ヤンレイニー
エレイン・コンリン
ショーン・ユーロク
ラム・カートンチェン



<ストーリー>
香港からタイへ旅行にやって来たレイニー、リン、ロクら若者たち6人。しかし、バンコクで暴動が起き空港は閉鎖。帰国できなくなった彼らは、市内のホテルに宿泊するが…。



-感想-

超久しぶりのパン・ブラザーズによる新作ホラー。

The Child's EYEていうよりもThe dog's EYEじゃね?
なんて思っちゃう程に一匹のワンちゃんが大活躍しています。
どうやらこのワンちゃんにしか霊は見えてないみたいです(中盤までは)。

内容は・・・う~ん、まぁそんなに大した事ないかなぁ。
普通ですかね。
それよかワンちゃんの名演技に拍手!
犬人間から逃れる為に隠れている時のリアクションが一々可愛い(笑)。
あんなの見たらキャンキャン吠えそうなものだけど、しっかり息を潜めて我慢している。
むしろ、犬人間の動きを目できちんと追う素晴らしさ。
人並みの演技に感心しちゃったよ私は。

話の全貌そのものは悲惨極まりないのですが、別に感動する程のものでもありません。
幽霊登場シーンもあるけれど、これも特に怖さはなし。
驚かすタイプの演出が目立っていました。
その辺はちょっとだけ心臓がビクッとする程度。

ラストは蛇足な感じもしないでもないが、纏め方は丁寧だったかなぁと。

日本ではDVDスルー作品ですけど、本国では3Dでの劇場公開だったのかしらね。
所々で飛び出す形を取った映像が見受けられました。
それらよりもやはりパン・ブラザーズらしいCGを使った霊界のシーンの方が印象に残ったかな。

内容を期待して観る程の作品じゃないけれど、お姉ちゃん3人の綺麗なおみ足が堪能出来る部分に関しては期待して良し!(但し野郎限定)
わたしは舐め回すかのように凝視してました(笑)。

今作の美女図鑑

消えたそれぞれの恋人を探し回るお姉ちゃん3人衆。
因みに画像右端が本作の主人公。
右頬のほくろがチャームポイント。
容姿的には映す角度によってはかなり可愛いと思わせてくれる。
真ん中のお姉ちゃんは目がクリクリッとしていて少しSKEの茉夏に似てた。
左端のお姉ちゃんも普通に可愛い。
この可愛いお姉ちゃん3人を中心にして話が進むので退屈はしないよ(にっこり)。

評価:★★★
14/01/26DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へバナーポチ御協力に感謝致します。
にほんブログ村
レンタル開始日:2014-01-25
メーカー:オールイン エンタテインメント
コメント (2)