銀幕大帝α

切り株推奨映画感想ブログにつきグロ画像注意。
御蔭様で10周年。3500作品レヴュー突破。御訪問有難う御座います♪

噂のアゲメンに恋をした!

2008年10月30日 23時16分40秒 | 洋画コメディ
GOOD LUCK CHUCK/07年/米/99分/劇場公開
監督:マーク・ヘルフリッチ
出演:デイン・クック、ジェシカ・アルバ、ダン・フォグラー、ロニー・ロス

<ストーリー>
「一夜を共にするだけで幸せになれる」という妙なジンクスがついてしまった男。多くの女性に言い寄られる中、運命の人と思える女性に巡り合うが・・・。
<感想>
普通のラブストーリーかと思っていると、かなり衝撃受けますよ。
ロマンスよりもエロティックさが目立つ作品ですね。
流石R-15指定です。
アゲメンの歯科医チャーリーがヤケクソになって色んな女性とHしまくるんですけど、これがかなりのハード・プレイ。
ありえない体位がバンバン画面に溢れています(笑)。

黒人女性と巨体女のHは画的にキツいものがあります。

チャーリーの友達で整形外科医のモテない男スチュが面白いキャラだった。

扉を開けたら、グレープフルーツに穴を開けてポコチン突っ込んでオナッてた

爆笑しましたよ、この場面。
アホキャラ最高!!

とまぁ、かなりエロネタ、下ネタ満載の本編ですが、やっぱり今じゃ人妻&子持ちになってしまった(涙)ジェシカ・アルバのキュートさが際立っているでしょう。
かなりドジで恋に奥手なペンギン飼育係を演じているんですが、もう言葉で言い表せない程可愛いんです。

スカートが破けてペンギンイラストの白のパンティが露わになった時の彼女の仕草がメッチャ可愛かったなぁ。

スチュによって胸手術した女性のネタはブラック過ぎてどうかなぁとは思うけれど、全体的に嫌いじゃない、許せる範囲のHなロマンス映画でした。

エンドロールでのペンギン縫いぐるみとの絡みも危なすぎて好きです。

オフィシャル・サイト(英語)
オフィシャル・サイト(日本語)

評価:★★★★
08/10/30DVD鑑賞
エロティック・コメディ・ロマンス 呪い ジェシカ・アルバ ペンギン 下ネタ R-15 DVD新作
にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
トラックバック (1)

キューブ■RED

2008年10月30日 22時50分28秒 | 洋画ホラー
LA HABITACION DE FERMAT/07年/スペイン/88分/劇場未公開
監督:ルイス・ピエドライータ、ロドリゴ・ソペーニャ
出演:ルイス・オマール、サンティ・ミラン、フェデリコ・ルッピ

<ストーリー>
正方形の赤い部屋に集められた4人の数学者。問題を制限時間内に解かなければ壁が四方から迫る・・・。
<感想>
傑作スリラー『CUBE』の亜流映画みたいな題名だけど、硫酸が噴き出すとか、ナイフが飛び出すとかの仕掛けなどなく、只制限時間内に数学の問題を解かなければ四方から壁が迫ってくるというオーソドックスな設定。

相当頭が良い人間じゃないと解けないような問題が次々と出てきます。

問題を解いて壁の動きを止めるという、単純なストーリーかと思いきや、これはあくまでもサイドストーリーで、メインは集められた人間同士の意外な関係性や、罠を仕掛けた真犯人の目的や正体など、色んな見所が含まれているんです。

全く見知らぬ同士かと思っていたら、全員に共通点があった所とか、ある人物に意識させておいて突如罠の仕掛け人が明らかになるラストの意外性は本当に驚いた。

壁が迫るのにのほほんと酒を飲んだり、口論したりしている中盤辺りは苛々したが、後半の畳み掛ける様な展開はサスペンスとしては十分に良く出来ていて、かなり面白かったです。

何気に借りたけど、これはちょっと拾いものでしたね。

評価:★★★
08/10/30DVD鑑賞
サスペンス・ホラー 超難問数学問題 復讐 逆恨み DVD新作
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ
コメント (2)

ビデオドローム

2008年10月30日 00時05分09秒 | 洋画ホラー
VIDEODROME/82年/加/87分/劇場公開
監督:デヴィッド・クローネンバーグ
出演:ジェームズ・ウッズ、デボラ・ハリー、ソーニャ・スミッツ

<ストーリー>
カナダのトロントにある地方TV局の社長が、奇妙なビデオテープを発見した。暴力と官能に溢れた映像に、彼とその恋人は次第に虜となっていく。やがてテープに秘められた恐るべき陥穽が明らかになる……。
<感想>
暴力とセックスを描かせたら天下一品のデヴィッド・クローネンバーグが自身の名を一躍有名にした初期の傑作。
もはやこれは、普通の人間では理解出来ない、クローネンバーグの脳内ヴィジョンをそのまま映像化した、奇天烈な作品だ。

幻覚と現実の狭間をさ迷う主人公。
彼が新人類誕生の為に、関係者を無惨に殺しまくるラストはホラーを超えたアブノーマルな世界を作り出しており、観る側の我々も完全にクローネンバーグの世界に引きずり込まれ、何か物凄いことを体験しているという錯覚すら覚える。

ビデオテープが、TVがそしてブラウン管が擬態化する様は、当時の映像技術からしても素晴らしく、また主人公の腹に現れる女性の性器を彷彿させる割れ目は、気持ち悪さもありながら芸術的でもある。

これらの特殊メイクをしたのが、後にリック・ベイカーだと知って大いに納得。
彼でなければ、あれ程のグロテスクで神秘的なものは作れないだろう。

TVに映る女性に向かって鞭を打つなんて発想、クローネンバーグだからこそ思いつくのであって、それをギャグではなく真面目に撮れるんだから本当に凄いよなぁ。

評価:★★★☆
08/10/29ビデオ鑑賞
デヴィッド・クローネンバーグ SFホラー ジェームズ・ウッズ ビデオテープ スナッフ・フィルム 新人類 中古ビデオ購入
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ
コメント (4)

13/ザメッティ

2008年10月29日 23時37分17秒 | 洋画サスペンス
13 TZAMETI/05年/仏・グルジア/93分/劇場公開
監督:ゲラ・バブルアニ
出演:ギオルギ・バブルアニ、パスカル・ボンガール、オーレリアン・ルコワン

<ストーリー>
13人で行われる集団ロシアン・ルーレットをギャンブルの対象とするアンダーグラウンドの邪悪なゲームに巻き込まれた一人の青年の運命を描く。
<感想>
全編モノクロのインディーズ・ムービー。
各映画祭で絶賛された作品です。
中盤までの流れは少し冗長ですが、主人公が闇組織へと係わっていく経緯を丁寧に描いていると思います。
何も分からず、大金が手に入るという情報だけで単身、闇組織が主催するゲームに参加させられる主人公。
13人が円形になってロシアン・ルーレットする場面は緊張感が溢れ、また主人公の「やばい所に来てしまった」という心情が、モノクロでも表情から十分に伝わってくる。

ハッピーエンドになるとは思わなかったが、あの後味の悪いラストは秀逸。

監督は自身の手でハリウッド・リメイクするみたいだが、今度はカラー作品になるのだろうか。
あの緊迫感が、本作以上に作り出せるかが見物ですね。

処で最後4人残ったけれど、他の2人はどうなったんだろうか・・・。

オフィシャル・サイト(英語)
オフィシャル・サイト(日本語)

評価:★★★☆
08/10/29DVD鑑賞
犯罪サスペンス ロシアン・ルーレット R-15 DVD旧作
にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
コメント (4)

スティンガー

2008年10月29日 23時15分52秒 | 洋画ホラー
STINGER/93年/米/95分/劇場未公開
監督:クラーク・ブランドン
出演:トレイシー・グリフィス、ジム・ヤングス、チャールズ・ネイピア

<ストーリー>
有機廃棄物で巨大化した蚊が町の人間を襲う。究明に乗り出した二人の保安官が巣を見つけ出すが・・・。
<感想>
これは酷い!
巨大蚊の映画なのに、サイド・ストーリーの方がメインになってしまっていて、パニック映画というよりも人間ドラマになってしまっている。
都市開発がどうたらこうたらとかそんな事はどうでもいいんじゃ?
もうちょっとパニック映画なら、人間を襲う恐怖とか、巨大蚊に立ち向かう主人公たちを大きく描いて欲しかった。

これなら同じ巨大蚊をテーマにした『モスキート』の方が断然面白い。

主役の保安官がちょいイケ面さんなのと、巨大蚊を掴んで握り潰す所だけが良かった。

評価:
08/10/28ビデオ鑑賞
昆虫パニック・ホラー 都市開発 有毒廃棄物 巨大蚊 インディアン保安官 中古ビデオ購入
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ

レディ・イン・ザ・ウォーター

2008年10月28日 21時03分05秒 | 洋画アドベンチャー/ファンタジー
LADY IN THE WATER/06年/米/110分/劇場公開
監督:M・ナイト・シャマラン
出演:ポール・ジアマッティ、ブライス・ダラス・ハワード、フレディ・ロドリゲス、ジェフリー・ライト、ボブ・バラバン

<ストーリー>
ある人物にメッセージを届けるため、アパートのプールに現われた“水の精”のストーリー。管理人のクリープランドは住人たちと協力し、魔物に狙われる彼女を助け故郷に返そうとする。

<感想>
こ、これは・・・。
大人のためのおとぎ話やねぇ。
何の疑いもなく、管理人の助けに従う住人たち。
御都合主義もいいところです。
こういう、いわゆる盛り上がりのない映画は私としては退屈なんですよ。
途中、眠気に襲われること数回。
出たがりシャマランが、今作では重要的な役割でほぼ出ずっぱり。
一瞬、監督が主人公?かと思ってしまいました。

今までシャマランの映画では、最後にはどんでん返しがあったけれど、今作は普通に終わってしまった。
あ、何か猛獣とモンスターが出てきましたね。
やっぱり普通には終わってませんかね(笑)。

オフィシャル・サイト(英語)
オフィシャル・サイト(日本語)

評価:★☆
08/10/28DVD鑑賞
M・ナイト・シャマラン ファンタジー・ミステリー・ドラマ 水の精霊 DVD旧作
にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
コメント (4)

ザ・ブライド/花嫁はギャングスター II

2008年10月27日 03時07分42秒 | 韓国アクション
MY WIFE IS A GANGSTER 2: THE LEGEND RETURNS/03年/韓国/105分/劇場未公開
監督:チョン・フンスン
出演:シン・ウンギョン、チャン・ツィイー、チャン・セジン、パク・チュンギュ

<ストーリー>
記憶を失いひっそりと暮らすヤクザ、ウンジンを最強の敵が襲う。
<感想>
今のところ、このシリーズは全3作あるが、唯一劇場未公開なのがこの2作目。
何故かと思ったが、この2作目は完全に前作の正統な続編だからで、1作目を観ていないと全く分からないネタが豊富に盛り込まれている。
中盤で突然現れる全身エロ姉ちゃんなんて、本当に前作観ていないと分からないし、笑えないネタやもんなぁ。
その姉ちゃんが、豪快に転んでパンティを大胆に露出し、それをスケベ顔で見ていた殺し屋が、同じくパンティに目を奪われてよそ見運転していたバイクに撥ねられて股間を強打するシーンは大爆笑でしたよ。
基本はコメディなんだけれど、大きく笑えたのはこの場面くらいなのが残念。
でも前作以上のワイヤーを使った、気持ちいいアクションは見応え抜群。
主役の女組長のありえないアクロバチックなアクションの連続は、マジで格好いいです。
笑いあり、終盤での意外な泣きあり、そして華麗なアクションありと、見事に三拍子揃った痛快な一本。
でも本当、前作観ていないと面白さは半減するので、本作借りるときは、必ず前作観てからにして下さいよ。

エンディングに突然チャン・ツィイーが現れた時はビックリ!!
特別出演ゆえに、出番が少ないのが惜しい。
世界に誇れるアクション女優なだけに、もっと立ち回りを観たかったのが本音です。
このシリーズ、今のところ外れ無しやなぁ。

関連作
『花嫁はギャングスター』(第1作)
『ソウルウェディング~花嫁はギャングスター3~』(第3作)

評価:★★★☆
08/10/24DVD鑑賞
任侠・ヤクザ・アクション・コメディ 記憶喪失 都市開発 チャン・ツィイー DVD旧作
にほんブログ村 映画ブログ 韓国映画へ

切り株画像(映画『えじき』 より2枚目)

2008年10月27日 02時36分38秒 | 切り株“TV”画像(閲覧注意)
【ネタバレ注意】
強盗団のボスと彼のガールフレンドが、消えた仲間を捜索中、磔にされていた男を救出。
頭に被せられていた袋を取ると、男の目や口には糸が縫いつけられていた。
ボスが糸を切り取ろうとした瞬間、男が突然暴れ出し
切り株完成。

無情に、男の首を蹴り飛ばして切り株を完成させてくれる女。
何もビックリしただけで、仲間の首を豪快に蹴ることもなかろうに・・・。
切り株度

レヴュー『えじき』
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ


切り株画像(映画『えじき』 より1枚目)

2008年10月27日 02時25分53秒 | 切り株“TV”画像(閲覧注意)
【ネタバレ注意】
強盗団の一人、黒人トッドが、開かずの扉の先に進み、そこでこの屋敷で行われていた復活の儀式の幻影を観る。
紐で繋がれた使用人の女性には呪いがかけられており、彼女は助けを請うが、突如悲鳴を上げ
切り株完成。
腹が裂きはじめ、そこからは内臓か何か得体の知れないものが、モッコリと出現。
これは一体何だったのか、今でも謎だが、かなりインパクトのある映像だ。
切り株度

レヴュー『えじき』
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ

えじき

2008年10月27日 02時14分18秒 | 洋画ホラー
DEAD BIRDS/04年/米/91分/劇場未公開
監督:アレックス・ターナー
出演:ヘンリー・トーマス、ニッキー・エイコックス、イザイア・ワシントン

<ストーリー>
殺された一家の亡霊が現われる郊外の一軒家に逃げ込んだ強盗殺人を犯した一味を襲う恐怖。
<感想>
オカルトとゴーストとゾンビを混合した、かなり異色のホラー映画。
こんなに色んな要素を詰め込んで大丈夫か?と思われがちだが、これが意外に怖いんですよ。
とある古びた一軒家に逃げ込んだ強盗団の一味が、奪った金貨を巡って対立する中、一人、また一人と姿を消していく。
その際の姿形なき何かの襲来や、逆にベッドの下から突如現れる‘俊雄くん’など、音や一瞬のビックリ映像で、かなりドキッとさせられる。
一体彼らに何が起こっているのか、全く分からない所が変に想像力を膨らませ、後の展開に興味を抱かせる辺りも上手い。
後半、屋敷に住む幽霊によって見せられる、恐怖の根源ともいうべき事柄が明らかにされると、物語は一気に加速。

あ、最初に出てきた皮無きモンスターの正体はそういうことか!

と唸される、後味の悪過ぎるバッドエンドも、奇抜な発想でこれにはかなり参った。
前々から凄く気にはなっていた作品だったけど、邦題のシンプルさとは裏腹に、色んな意味で震え上がらせてくれる秀作ですよ。
これ、意外とオススメかも!!

評価:★★★☆
08/10/23DVD鑑賞
オカルト・ホラー 一軒家 復活の儀式 強盗団 意外なラスト DVD旧作
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ
コメント (4)