銀幕大帝α

切り株推奨映画感想ブログにつきグロ画像注意。
御蔭様で10周年。3400作品レヴュー突破。御訪問有難う御座います♪

シルク

2009年11月22日 18時19分30秒 | 亜細亜ホラー
SILK/06年/台湾/107分/劇場公開
監督:スー・チャオビン
出演:チャン・チェン、江口洋介、カリーナ・ラム、チェン・ボーリン、バービー・スー

<ストーリー>
天才物理学者が電磁波研究の最中、幽霊捕獲に成功。しかし、それにより予想もしない恐怖が訪れる。
<感想>
通称びっこ野郎こと幽霊になる事を夢見る、天才はやっぱり考えの一部がキチっている男を江口洋介が中々の好演。

怖くないけれどアジアンホラーの基準は満たしているかと。

只、箇所によっては幽霊描写に雑さあり。

キーアイテムとなるメンジャー・スポンジ、子供幽霊捕獲、親子愛、幽霊が見えるようになるスプレー等、奇抜なアイデアや物語の構成には面白味がありました。

てっきり日本映画かと思っていたのだが、違うんやね。
基本は日本語会話だけれど、場面によってはバラバラ。
広東語で統一すれば良かったのでは?
無理に片言の日本語で会話する必要があったのか疑問。

借りて観る分には難無しと言った感じの小品。
チャン・チェンの恋人役を筆頭に若手女優陣も可愛いしね。

オフィシャル・サイト<台湾シネマ・コレクション2008>

評価:★★★
09/11/22DVD鑑賞
SFサスペンス・ホラー チャン・チェン 江口洋介 PG-12 DVD旧作
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ
にほんブログ村
コメント (2)   トラックバック (1)

The Implanted スクール・オブ・ゾンビ

2009年11月22日 17時42分11秒 | 亜細亜ホラー
THE IMPLANTED/06年/タイ/100分/劇場未公開
監督:不明
出演:キャンディ・エヴェリー

<ストーリー>
ある学校で次々と子供たちが謎の死を遂げる。すべての原因は、その土地に隠されていた。打つ手もわからないまま、死者の数は増えてゆく…。(allcinemaより抜粋)
<感想>
ゾンビ・・・ちゃうやん!

こりゃ、おもいっきり題名とパッケージに騙された。

詐欺罪で訴えるぅぅぅううう!!!!


zzzZZZZZZZ

はっ!寝てしまってたがな。
あかんあかん、ちゃんと観な。

・・・
・・・・
・・・・・
zzzZZZZZZ・・・

おもんないんじゃ!!

観るに堪えん。早送りじゃ~。

女優霊が子供を抱っこしている姿を延々長回し。
教師や校長が独りごとをぶつぶつ。
ワンパターンな音楽の使い方。
同じ映像をフィルム反転させただけで繰り返し引用。

呪いを解くには学校清掃。
どんな発想やねん。

結局、皆で簡単な祈りを捧げたら問題解決しとるやないかい。

日本人が制作に関わっているみたいやけれど、タイの金持ちが暇つぶしに作ったようなろくでもない駄作。

評価:
09/11/21DVD鑑賞
怨念ホラー 駄作 DVD旧作
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ
にほんブログ村
コメント (4)

ルパン三世 VS 名探偵コナン

2009年11月21日 01時44分08秒 | アニメ(国内)
09年/日本/103分/オリジナルビデオ
監督:亀垣一
声の出演:栗田貫一、高山みなみ、増山江威子、納谷悟朗、山崎和佳奈、神谷明

<ストーリー>
ヴェスパニア王国の王位継承争いに巻き込まれたルパンとコナンが対決する。
<感想>
ルパン三世アニメなんて『ルパン三世 カリオストロの城』以来やなぁ。

「奴は貴方の心を盗んでいきました」

くは~~~~とっつぁん渋すぎるぜい!

そんな名セリフを残した名作の次に選んだのが、この夢のコラボな作品。
TVスペシャル放映の時に見逃したんだよね~。
名探偵と名泥棒がどう絡むのか、見逃しをかなり後悔していただけに、期待大で鑑賞。

うん!期待通りの楽しさ、面白さ溢れる作品でした。

ルパンの犯行をコナンが推理していくとかじゃないんだね。

ある架空の王国で起きた殺人事件を軸に、二つのエピソードが同時進行しながらも、やがて主要人物が合流していき、最後にはルパンとコナンによって見事解決。

物語が進むにつれ、「コナン」の主要キャラは前半で全部出しておきながらも、「ルパン三世」の主要キャラは順次登場させていくという、どっちかと言うと「ルパン三世」ファンの私にとっては思わずニヤけてしまう演出が最高。

更に、不二子のセクスィ着替えや、ルパンがベッドに突入するお約束事もあったりと、全体的に「ルパン三世」寄りの作りに嬉しさがありました。

ルパンが自販機に商品分のお金をきちんと払ったり、奪還したお宝を持ち主にさり気無く返還したりするシーンは微笑ましくて好感。

前半は「コナン」、後半は「ルパン」と、それぞれのアニメの持ち味を分け隔たりなく活かし、最後は大円団で纏める所はしっかりと纏めて描いている辺りもかなり良い感じですよね。

潜水艦の中で不二子がコナンに何をしていたのか気になる所ではありますけれど(笑)。

オフィシャル・サイト

関連作:
『ルパン三世vs名探偵コナン THE MOVIE』(劇場版)

評価:★★★☆
09/11/20DVD鑑賞
ミステリー・アクション・アニメ 栗田貫一 高山みなみ 納谷悟朗 神谷明 茶風林 山口勝平 ルパン三世 モンキー・パンチ 名探偵コナン 青山剛昌 DVD旧作
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
コメント (4)

ウィレム・デフォー セブン:ビギンズ ~彩られた猟奇~

2009年11月21日 00時47分49秒 | 洋画ホラー
ANAMORPH/07年/米/103分/劇場未公開
監督:ヘンリー・ミラー
出演:ウィレム・デフォー、スコット・スピードマン、クレア・デュヴァル、ピーター・ストーメア

<ストーリー>
引退した元警官が、過去に解決した事件に酷似した連続猟奇殺人の捜査のため現場に復帰する。
<感想>
劇場未公開作ながら、無駄に出演者が豪華ですな。

殺人方法も無駄に凝りに凝っていて、アート的な手法は中々面白い。
正面からは分からない隠されたメッセージ。
ある角度から観る事で、別のアートが浮き出されていき、それらが結び付く事によって幾つもの事件に関連性を持たせていく。

犯人は模倣犯なのか、それとも・・・。

物語の進行は興味をそそられる部分が数多くあり、それなりに観入る事が出来るのだが、作品の出来として全てを台無しにしてしまっているのが、細かい箇所での粗さと、投げ出したかのような結末の有耶無耶さ。

例えば、指紋だらけの展示品。
ヒントを出しているのに、答えを明確にしていない。

又、手掛かりとなる写真に映っている右端のおっさん。
この男は主人公とはどういう関わりで、どういった人物なのか。
これまた答えを出していない。
「誰やねん、お前!」となるのは当然。
終盤、唐突に出てきて、何かを導き出すのかと思いきや、特に正体を明かさず、いきなり犯人が入れ替わって

意味不明。

起承転まで描いておきながら結まで辿り着いていない最低最悪のエンディング。

実話なら兎も角、フィクション作品で事件をお蔵入りにしてどうするよ。
人をあざ笑うのは結構だが、小馬鹿にされると腹が立つ。

途中までは良かったんだけどなぁ~。

評価:★☆
09/11/19DVD鑑賞
サスペンス・ホラー ウィレム・デフォー クレア・デュヴァル ピーター・ストーメア DVD旧作
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ
にほんブログ村
コメント (4)   トラックバック (2)

スター・トレック

2009年11月16日 22時59分14秒 | 洋画アドベンチャー/ファンタジー
STAR TREK/09年/米/126分/劇場公開
監督:J・J・エイブラムス
出演:クリス・パイン、ザカリー・クイント、エリック・バナ、ウィノナ・ライダー、ゾーイ・サルダナ

<ストーリー>
宇宙艦隊に志願した青年カークの成長や友人スポックとの出会いを描く。
<感想>
実は「スター・トレック」は今まで一作品しか観た事がない。
『インディ・ジョーンズ 最後の聖戦』を映画館で観た際に併用で上映されていたのが「スター・トレック」の劇場版でした。
只、第何作だったのか・・・。
内容も全く覚えていない。
だって・・・

寝てたんだも~ん☆zzz

僕の感覚では「スター・トレック」は一部ファンだけにウケる小難しくて堅苦しいだけのスペース・オペラとしか思っていないので、全く関連作には興味nothing。

しかし本作は、それまでの固定概念を払拭し、新たに再構築した新生「スター・トレック」との事だし、又、監督が『クローバーフィールド/HAKAISHA』のヒット・クリエイターでもあるJ・J・エイブラムスというのもあったので、初めて触れる気持ちで鑑賞しました。

率直に言うと面白かったですよ。

流石の私でもカーク船長やMr.スポック、エンタープライズ号位は知っているけれど、それらの微知識を頭の片隅に置きながらも、真新しい気持ちで観たら、1本のエンタメ作品としてはスケールの大きさと、種族を超えた絆、別れと出会い、愛、そしてユーモアと、数多くの要素がふんだんに盛り込まれており、一級品のSF映画としては申し分なくとても楽しめました。

時空を超えた出会いと言う幾つかの演出に関しては、一瞬混乱するけれど、きちんと本筋に結びついているから、結果的には面白い試みだと感じましたね。

ネタバレになるけれど、オープニングで初代カーク船長が爆死した時は、かなりウルルとしちゃったんだよね~。
誕生の喜びと、死の悲しみを一度にぶつけられたから尚更感動しちゃったのかも。

後、終盤近くでサイモン・ペッグが登場した時には、前知識無かったからサプライズ的でメッチャ嬉しかった。
好きな俳優なんですよ~。
で、相変わらずひょうきんな役でしたし。
彼が出ると、何故か不思議と場面が和むんですよね。
ニヤニヤさせられるのも彼の持ち味かもしれません。

カーク船長誕生の物語、所謂ビギニング的位置にある新生「スター・トレック」となった今作。
同じメンバーで続編が作られるならば是非観たいですね。

過去関連作にはやっぱり興味出ないですけど^^;

オフィシャル・サイト(英語)
オフィシャル・サイト(日本語)

関連作:
『スター・トレック(2009)』(第1作)
『スター・トレック イントゥ・ダークネス(2013)』(第2作)
『スター・トレック BEYOND(2016)』(第3作)

評価:★★★★
09/11/16DVD鑑賞
J・J・エイブラムス SFアドベンチャー エリック・バナ ウィノナ・ライダー サイモン・ペッグ スター・トレック DVD新作
にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
コメント (12)   トラックバック (6)

プロフェッサー

2009年11月16日 00時51分48秒 | 洋画サスペンス
NOBEL SON/07年/米/110分/劇場未公開
監督:ランドール・ミラー
出演:アラン・リックマン、メアリー・スティーンバージェン、ビル・プルマン

<ストーリー>
大学教授の息子の誘拐事件が発生。警察の捜査が進むにつれ、家族の暗い過去が明らかになる。
<感想>
色んな人物が複雑に絡み合っていき、二転三転としながら、最後には痛快な結末へと辿り着く。

好きなタイプの作品ですね。

ノーベル賞を受賞した父親が授賞式に行った際に、息子の誘拐事件が発覚。
ここから、それまで出てきた人物達が意外な形で横一線に並んでいくのですが、身代金受け渡しの際に車を使っての大仕掛けや、紙袋や防犯カメラなど小道具の使い方といった頭脳戦が随所に繰り広げられていく様は痛快。

更に犠牲者が容疑者になったりと捻りの効いた展開にも飽きさせない。

登場人物全員に裏の顔があるので、最後には誰が笑うのかという期待も出てきます。
更に重要な場面での効果的な音楽の使いようも盛り上げに一役買っていて好印象。

隠された事実や、散りばめられた伏線がしっかりと機能しているので、厚みの中に驚きもあり、最終的には予想外な方向へと転がっていくので物語の進行としては見応えがありましたよ。

只、もうちょっと深みがあった方がもっと良くなったような気がしました。
悪くはないんだけれど、中盤辺りから急速に駆け足状態になったので、少々荒っぽさが気になったかな。
それと、風呂場で死んだダニー・デヴィートの役所がさっぱり分からないんだよな~。
何で殺されたんだ??

オフィシャル・サイト(英語)

評価:★★★
09/11/15DVD鑑賞
サスペンス・ミステリー アラン・リックマン ビル・プルマン ダニー・デヴィート DVD新作
にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
コメント (4)   トラックバック (3)

セブンティーン・アゲイン

2009年11月16日 00時08分22秒 | 洋画コメディ
17 AGAIN/09年/米/102分/劇場公開
監督:バー・スティアーズ
出演:ザック・エフロン、レスリー・マン、トーマス・レノン、マシュー・ペリー

<ストーリー>
なぜか肉体だけ17歳に戻った中年オヤジが、2度目の高校生となってバスケにダンスに大活躍!
<感想>
滅多に進んでティーンアイドル青春映画なんて観ないんですけど、内容が面白そうだったので珍しく借りてみました。

主演のザック・エフロンは日本では「ザッ君」の名称で若い子から絶大な人気を得ているようです。
見た目からして汚れの無いナチュラルボーイ風で、確かに今の若手の中でも人気が一番高いってのも頷けますし、同性からしても好印象を抱かせます。

冴えない男がある日いきなり若返り、もう一度人生をやり直すというストーリーは結構王道なんですが、本作がちと感じが違うのが、やり直すのではなく見つめ直すでして、離婚調停を控えていた為に別居中だったザッ君が、距離を置いていた子供たちと同校生になった事でその溝を縮めていき、彼なりに親の立場として正しき道を彼らに導き出していくんです。
更に最も深い溝を開けていた妻にも接触し、彼女が今でも心の中では夫を想い続けている事をようやく感じ取る事が出来、改めて妻の大切さを思い知っていく。

これらの触れ合いを得ながら、家族の有難さを20年越しで初めて実感していくザッ君の姿をきちんとテーマに沿って丁寧に最後まで描かれていたので、ラストシーンを観た後は、とても心が温かくなりました。

只、これだけだと、普通の青春ドラマで大して評価も上がらないかも、ですが、意外と予想に反してコメディシーンが多くて、ちょこちょこ笑わせてもらった上に、ザッ君の相棒であるヲタクな男ネッドが強烈に可笑しいキャラでツボに入りまくり、非常に楽しませてもらいました。

ライトセーバーをぶんぶん振り回したり、家中レアもの映画グッズが溢れていたり、暇さえあれば何台もの巨大モニターでゲームしていたりと、外面だけ大人なネッド。
自分も結構ヲタな方なんで、こういう自由奔放な人間には憧れちゃう。
友達としても欲しいくらい。

ザッ君の父親として転入手続きで校長室を訪れた際に、一目惚れしたネッドが必死で彼女を落とそうとするも空振り続き。
こんなヲタ男にそりゃ無理だろう、って思っていたら『ロード・オブ・ザ・リング』ネタを介して見事ゲット!!
ヲタクも成行き次第では上手い方向へ転ぶもんだと、強ち侮れ無い事が判明。
ネッドは世界中のヲタクに夢と希望を与えたと思うよ、うん!

笑ってドキドキして仄々として。

久々に形ある愛を見届けた気がしました~。

オフィシャル・サイト(日本語)

評価:★★★★
09/11/15DVD鑑賞
青春コメディ・ファンタジー ザック・エフロン DVD新作
にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
コメント (6)   トラックバック (4)

ひぐらしのなく頃に 誓

2009年11月14日 23時33分00秒 | 邦画ホラー
09年/日本/108分/劇場公開
監督:及川中
出演:前田公輝、松山愛里、飛鳥凛、あいか、小野恵令奈

<ストーリー>
都会から離れた寒村で起きる惨劇を描く。
<感想>
もやもやが一気に吹き飛びました。
前作観ただけじゃ訳わかんない。
本作を観てようやく全ての謎が解けるんやね。

まぁ結論としては、あれだけの謎を残しておきながら、蓋を開けてみれば、単なる被害妄想者のキチガイ騒ぎだったていう何の捻りも無い解答でした。

でも本作があって、前作が面白くなる訳だから、観ておいて損は無いです。

解答編としては中々丁寧に描かれていたので

「面白かった?」

と聞かれれば

「うん」

と、素直に認めざるを得ないよな。

前作のアレはこういう事だったのか、という納得感も得られますしね。

但し、やはり前作を観て初めて本作の良さが分かるので、借りられる際には間違っても本作から先に手を出さないように。

オフィシャル・サイト

関連作:『ひぐらしのなく頃に』(第1作)

評価:★★★
09/11/13DVD鑑賞
及川中 サスペンス・ミステリー・ホラー 飛鳥凛 あいか 三輪ひとみ 矢部美穂 大杉漣 竜騎士07「ひぐらしのなく頃に」 PG-12 DVD新作
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ
にほんブログ村
コメント (6)

スリ

2009年11月14日 23時03分54秒 | 亜細亜サスペンス
文雀 THE SPARROW/08年/香港/87分/劇場未公開
監督:ジョニー・トー
出演:サイモン・ヤム、ケリー・リン

<ストーリー>
スリ4人組が町で遭遇した美女に恋をして、パトロンに自由を奪われていた彼女の救出に挑む。
<感想>
出だしからメッチャ昭和初期臭いです。
特に音楽だけを聞いていたら、何時の時代の作品なのかと思っちゃう位、レトロ風味が効きすぎています。

まぁそれはともかく、『エグザイル/絆』を観てから、すっかりお気に入りの監督となったジョニー・トーの新作との事で、未公開作ながらも期待を膨らませてレンタル。

今作も、4人組のスリによる友情を描いていますが、『エグザイル/絆』よりかけ離れたダサさ?呑気さ?間抜けさ?に失望失笑。
全然カッコ良くないんだもん。

それでも「仕事」に入ると、巧みなスリ技術で人を手玉に取る姿は逸品・・・

に見えるようで見えない。

女装ナースで「仕事」されてもなぁ。。。
まぁ笑えたけれど。

結局やることなす事裏目に出ていたけれど、ラストで土砂降りの雨の中、黒傘が無数に花開く横断歩道でのスリ対決は中々の見応え有り!!

見返りは決して無いけれど、自分たちのプライドを賭けて事に成功した後の彼らの表情は、妙に清々しくて心地よかったなぁ~。

評価:★★☆
09/11/12DVD鑑賞
ジョニー・トー サスペンス・ドラマ サイモン・ヤム DVD新作
にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
コメント (2)   トラックバック (2)

ダーク・オブ・ザ・デッド

2009年11月09日 20時00分54秒 | 洋画ホラー
VIRUS UNDEAD/08年/独/93分/劇場未公開
監督:ウォルフ・ウォルフ
出演:フィリップ・ダンケ、アンナ・ブレウラ

<ストーリー>
感染すると凶暴なゾンビになってしまう新型ウイルスが蔓延し、人々を恐怖に陥れる。
<感想>
前置き長過ぎやって。
何時になったら物語が進展するんかとイライラしてしもたわ。

鳥インフル?
豚インフル?

なんか知らんけど、カラスがバッタバッタと落ちてきて、そのウイルスが空気感染によって人々に蔓延。
感染した人間は、いきなり凶暴になり、皮膚にでかくて気持ち悪い腫瘍が出来、その後ゾンビ化して人肉を求め始める。

舞台が山奥の山荘なので、まぁ規模の小さいこと。
ゾンビの数も少数と恐怖度もなく、何か一通り暴れたら皆死んじゃったという話の膨らみも無い。

ドイツ映画にしてはグロ描写も控えめだしね。

睡魔に襲われる事数回。
「オブ・ザ・デッド」系にはご用心を!

評価:
09/11/09DVD鑑賞
ゾンビ・ホラー DVD新作
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ
にほんブログ村