銀幕大帝α

切り株愛好連盟加入ブログにつきグロ画像注意。
御蔭様で10周年。3200作品レヴュー突破。御訪問有難う御座います♪

ウイラード

2017年12月31日 20時18分02秒 | 洋画ホラー
WILLARD
1971年
アメリカ
95分
サスペンス/ホラー
劇場公開(1971/12/18)



監督:
ダニエル・マン
出演:
ブルース・デイヴィソン
エルザ・ランチェスター
アーネスト・ボーグナイン
ソンドラ・ロック
マイケル・ダンテ
ジョディ・ギルバート
ジョーン・ショウリー
ウィリアム・ハンセン
J・パット・オマリー




<ストーリー>
ソクラテスとベンと名付けた2匹のネズミ以外、友だちのいない青年・ウイラードは、私的な復讐のためネズミに職場の人々を襲わせる。やがて勝利者に変貌した彼は、ネズミを裏切ってしまう。

真夜中、ウイラードの賭けがはじまった! 孤独な青年が友情の彼方で 勝利者に変貌する その友とは…その数は… 想像を絶する事実が今、目の前に起こる!
巨大なサスペンスと面白さに満ちて全世界を席捲した超大作


―感想―

2017年の最後を糞映画鑑賞でどうしても終わりたくなかったので、紅白歌合戦前に時間作って本作を締め括りとして選んだ。
欅坂、乃木坂、AKBの出番が紅白の後半なので急いでこの記事を書いています。
あっさり目で書き終わると思いますのでご了承ください。

えー、人生全て何事も上手く行かない27歳の青年ウイラード。
庭に出没したネズミを友達として可愛がり、飼育しながら教育もしていく。
次第にネズミの数は増え続けていくが、ウイラードはネズミ達を操り、自分を馬鹿にする上司に仕返しをしていくのであった。

父が残してくれた会社を乗っ取られ、家まで奪われそうになる。
そして母も病で亡くし、文字通り孤独の身となったウイラード。
唯一の友達であるネズミのソクラテスとベンを通勤カバンに忍ばせ、会社に連れて行くが、見つかってしまい、ソクラテスが社長によって殺されてしまった事で、遂にウイラードの怒りが爆発。
夜、大量のネズミを引き連れて、社長に対して攻撃命令を出し殺害。
しかし、ウイラードは殺人の疑いを掛けられるのを恐れて、ベンを見放し、他のネズミ達を水に沈めて殺してしまう。

そうなると次に怒りを爆発させるのは当然ネズミのベン。

お前の為にやってあげたのに、そんな仕打ちをするのかよ!!

そう思ったのかどうかは定かではないが、自宅に帰って来たウイラードに今度はベンがボスとなり他のネズミ達に攻撃を仕向け、裏切ったウイラードを食い殺して話は終わる。

襲われる直前にウイラードは同僚の女性を逃がしてたし、根暗ではあるけれど、割と人としては好青年かなとは思った。
ただ、少し行動が軽率だし、怒りやすい性格なので、それが結果的に仇とはなっていたよね。

ネズミのソクラテスとベンの演技は秀逸。
動物演技指導は難しいと聞くし、ましてや相手はネズミ。
相当、苦労したんじゃないかな担当者は。

ネズミが人に飛び掛かっている描写があったけれど、あれ、スタッフが手で投げつけているんじゃないか?と。
流石にそこまでネズミが演技するはずもないだろうしね。

じめっとした怖さが後半集中していて楽しめました。
取り合えず良かった、この映画で2017年締め括られて。
あれがラストじゃ流石に良い気分で年越しできないもの(笑)。


このおばちゃん、オカマかな?
オカマにしか見えん、ていうか基本的にこの作品に出てくるおばちゃん連中は皆オカマに見えた。

年明け1発目の鑑賞作品は本作の続編『ベン』になります。
続編は得てしてつまらなくなるという概念を覆してくれるのか、期待。

評価:★★★
17/12/31DVD鑑賞(準新作)
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へにほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へバナーポチお願いします
にほんブログ村
レンタル開始日:2017-09-13
メーカー:キングレコード

関連作:
『ベン(1972)』
『ウィラード(2003)』(リメイク)※個人的評価:★★★

コメント

トラックバック

この記事をはてなブックマークに追加

2017年下半期レンタル作品ベスト10

2017年12月31日 14時37分59秒 | ベスト・オブ・銀幕大帝α
1位『ハクソー・リッジ』武器を持たずとも戦争には参加出来る
2位:『菊次郎の夏』ゴロツキ成りの優しさ
3位:『RE:BORN リボーン』スコップ無双
4位:『イップ・マン 継承』愛の為に生き、正義の為に戦う
5位:『インビジブル・ゲスト 悪魔の証明』復讐に燃える老夫婦
6位:『シークレット・アイズ』死刑という名の私刑
7位:『ワンダーウーマン』ガル・ガドット
8位:『サバイバルファミリー』父ちゃん威厳を取り戻す
9位:『LOGAN/ローガン』ウルヴァリンの意思は娘へと受け継がれる
10位:『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』バルボッサ散る

2017年下半期鑑賞リスト
あ行36
愛MY~タカラモノと話せるようになった女の子の話…2
悪魔のセックス・ブッチャー…3
アサシン クリード…2
アシュラ…3
アトラクション 制圧…4
あやしい彼女…3.5
アローン・イン・ザ・ゼット…1.5
暗黒女子…3.5
アンダーカバー…2.5
イップ・マン 継承…4
インサニティ…2.5
インバージョン 転移…2
インビジブル・ゲスト 悪魔の証明…4
インビテーション…3.5
ウィジャ ビギニング ~呪い襲い殺す~…3.5
ウィズイン/恐怖が潜む家…3
ウィッチ…2.5
ウイラード…3
ウォーキング・デッド7 Vol.1…3.5
ウォーキング・デッド7 Vol.2…3.5
ウォーキング・デッド7 Vol.3…3.5
ウォーキング・デッド7 Vol.4…3.5
ウォーキング・デッド7 Vol.5…3.5
ウォーキング・デッド7 Vol.6…3.5
ウォーキング・デッド7 Vol.7…3.5
ウォーキング・デッド7 Vol.8…3.5
ウルフ・アット・ザ・ドア…2.5
映画クレヨンしんちゃん 襲来!! 宇宙人シリリ…3.5
エクストラクション…2.5
エクストーション 家族の値段…3.5
エクリプス…3
エミリー 悪夢のベビーシッター…3
おじいちゃんはデブゴン…3
お嬢さん…3
オックスフォード連続殺人…3
オブジェクト…3

か行32
海底47m…3.5
怪盗グルーのミニオン大脱走…3
カンフー・パンダ3…3.5
カーズ/クロスロード…3
ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス…3.5
ガール・オン・ザ・トレイン…2
菊次郎の夏…4.5
君の名は。…3.5
きょうのキラ君…3.5
キラークラウン 血の惨劇…0.5
キル/オフ…1.5
キング・アーサー…3.5
キングコング:髑髏島の巨神…4
キング・ホステージ…3
銀魂…3.5
グッドモーニングショー…3.5
雲のむこう、約束の場所…3
くもりときどきミートボール…3.5
くもりときどきミートボール2 フード・アニマル誕生の秘密…3
グランドファーザー 哀しき復讐…3.5
クリミナル 2人の記憶を持つ男…3.5
グリーンルーム…2.5
グレースフィールド・インシデント…3
グレートウォール…3.5
クロージング・ナイト 地獄のゾンビ劇場…3
ケージ・ダイブ…1
哭声/コクソン…3.5
こどもつかい…2.5
この世界の片隅に…3.5
コロニア…3.5
コンビニ・ウォーズ~バイトJK VS ミニナチ軍団~…2.5
ゴースト・イン・ザ・シェル…3

さ行28
サクラダリセット 前篇…2.5
サクラダリセット 後篇…2
ザ・シェフ 悪魔のレシピ…1
ザ・シューター 大統領暗殺…2
殺人の才能…2.5
殺戮にいたる山岳…3.5
サバイバルファミリー…4
ザ・ファイト 拳に込めたプライド…3.5
ザ・マミー/呪われた砂漠の王女…3
サマー・ヴェンデッタ…1.5
ザ・モンスター…2.5
サラリーマン・バトル・ロワイアル…3.5
ジェーン・ドウの解剖…3.5
静かなる叫び…3
ジョン・ディーの魔導書 -エバーモアの戦い-…2.5
死霊のはらわた リターンズ vol.1…3.5
白い闇の女…2.5
新クライモリ デッド・フィーバー…0.5
シークレット・アイズ…4
スタンドオフ…3.5
スパイダーマン:ホームカミング…3
スプリット…2.5
セキュリティ…3
セトウツミ…3
セル…3
善惡の刃…3.5
ソーシャル・キラー 金曜日のネットストーカー…1.5
ソーセージ・パーティー…2.5

た行22
ダイバージェントFINAL…2.5
タイム・ループ 7回殺された男…2
ダルフール・ウォー 熱砂の虐殺…3
ダンケルク…3
探検隊の栄光…3.5
チア☆ダン ~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~…3.5
チャイルド・プレイ ~チャッキーの狂気病棟~…3
沈黙の粛清…3.5
罪の余白…3.5
デンジャラス・ミッション…3
都市伝説:長身の怪人…2.5
ドッグ・イート・ドッグ…2
ドラゴン・クロニクル 妖魔塔の伝説…2.5
トランスフォーマー/最後の騎士王…2
トリプルX:再起動…3.5
ドルフ・ラングレン ゾンビ・ハンター…2.5
奴隷の島、消えた人々…3
ドント・スリープ…2.5
ドント・ノック・トワイス…2.5
ドント・ハングアップ…3
トンネル 闇に鎖(とざ)された男…3
東京喰種 トーキョーグール…3

な行5
ナイスガイズ!…3.5
人魚姫…2.5
ネイルズ -悪霊病棟-…3
ネオン・デーモン…3
ネバー・サレンダー 肉弾乱撃…3

は行38
ヴァイラル…3
バイオハザード:ヴェンデッタ…3.5
バイオレンス・マックス…3
廃墟殺人鬼 ハザード・ジャック…1.5
バイバイマン…3
パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊…4
ハクソー・リッジ…4.5
パシフィック・ウォー…3.5
パッセンジャー…3
バッドガイズ!!…2.5
バッド・バディ!私とカレの暗殺デート…3
パトリオット・デイ…3.5
破裏拳ポリマー…3
ハルチカ…3
ハンティング・ザ・ゾンビ…1
パージ:大統領令…3
ハードコア…2.5
バーニング・オーシャン…3
パーフェクトマン 完全犯罪…3.5
人喰いトンネル MANEATER-TUNNEL…2.5
秒速5センチメートル…3.5
ひるね姫 ~知らないワタシの物語~…3
ピーチガール…3.5
ピートと秘密の友達…4
ファイナルガール…1.5
ファスト・コンボイ…2.5
封神伝奇 バトル・オブ・ゴッド…3
フライト・クルー…3.5
ブラック・バタフライ…2.5
ブラッド・ファーザー…3
ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期…2.5
フリー・ファイヤー…2
ベイウォッチ…3
ぼくは明日、昨日のきみとデートする…3.5
僕らのごはんは明日で待ってる…3.5
ほしのこえ…3
ホラーの天使…3
ホーンテッド・サイト…1.5

ま行9
マジカル・ガール…3.5
マローダーズ/襲撃者…2.5
ミッドナイト・スペシャル…3
皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ…3.5
ミュージアム -序章-…3
無限の住人…3
メッセージ…3
モアナと伝説の海…3.5
モンスター・ハント…3

や行0

ら行6
ライフ…3.5
リベンジ・リスト…3
リメインダー 失われし記憶の破片…2.5
霊幻道士 こちらキョンシー退治局…3.5
レイルロード・タイガー…3.5
ロック・アウェイ…1

わ行2
ワイルド・スピード ICE BREAK…3.5
ワンダーウーマン…4

英字行16
ANTIPORNO アンチポルノ…3
DEAD7 デッド・セブン…1
HANA-BI…3.5
JUKAI-樹海-…2.5
LOGAN/ローガン…4
LOOP/ループ -時に囚われた男-…3
LUCK-KEY/ラッキー…3
Mr.&Mrs. スパイ…3
PとJK…3
PLANET OF THE SHARKS 鮫の惑星…1.5
RE:BORN リボーン…4
SING/シング…3
TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ…3
T-フォース べトコン地下要塞制圧部隊…3
T2 トレインスポッティング…3
X-DAY 黙示録…2.5

数字行4
一週間フレンズ。…3
3月のライオン 前編…3.5
3月のライオン 後編…4
22年目の告白-私が殺人犯です-…3.5

全198作品鑑賞

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へにほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へにほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

コメント

この記事をはてなブックマークに追加

ハンティング・ザ・ゾンビ

2017年12月31日 13時46分55秒 | 洋画ホラー
HOW TO KILL A ZOMBIE
2015年
アメリカ
91分
ホラー
劇場未公開




監督:
ティファニー・マクレーン
製作:
ティファニー・マクレーン
脚本:
ティファニー・マクレーン
出演:
ビル・スティーヴン・マクレーン
ベン・マクレーン
ハンナ・エレイン・ペリー
シェリ・コリンズ
ドナルド・リビー




<ストーリー>
ある街で突然ゾンビが発生し人々に襲い掛かる。ゾンビ退治をしながら安息の地を求めて移動していたマックとジェシー親子は、ある研究所にたどり着くが…。

―感想―

年末の貴重な時間を使ってまでしてこんな糞映画を観ちゃう俺ってかっこええ!( ノД`)シクシク…
レンタル料80円で済んだけれど、正直その80円を返してくれ、な心境よ。
しかも2017年最後の鑑賞作品がこれって((´∀`))ケラケラ

チョイス間違えた・・・orz

画質悪いな。
何時の時代の映画だよて思ったけれど、2年前製作やん、それでこの画質?
どんなカメラ使ったんだよ。

なんでもマクレーン一家が集結してワイワイと作ったらしい。
なんでい素人映画かいっ。

兎も角内容が酷い。
ふざけて作っているようにしか見えない。
車椅子ゾンビに追い抜かれる自動車、どんだけスピード出ないのよ。
冒頭で頭殴られた影響で同じことしか言わない研究者、苛々する。
大勢のゾンビが覆い被さったから食われたのかと思いきや、ピンピン生きている父親。
やたらと銃やボウガンの腕前が達者な息子。
その父子の会話がもうコント並。
吹き替えではアドリブも全開でありまして、声優もヤケクソか?

こんな糞映画を買う日本の配給会社も違う意味で立派だが、吹き替え入れようと良く思ったよな、そこまで力入れる価値ねぇだろこれに。
爆発、ラストの核兵器投下、全てCG合成。
能天気なキャラクター達。
グロシーン未使用。
ただ、無駄にゾンビの数は多い。
どこからこれだけの数を調達してきたんだて位に多いが、だからどうした、と言いたくなる程に画面内で吠えているだけ。
大量に出すのは良いが、ゾンビとしての役目を半分も満たしていない時点で、意味を成してない。
だから、糞糞&糞な作品なの!!

いいか、忠告しておくからな、店頭で見かけても、見て見ぬふりしろよ、借りたら後悔するぞ、円盤叩き割りたくなるぞ~。

評価:
17/12/31DVD鑑賞(準新作)
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へにほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へバナーポチお願いします
にほんブログ村
レンタル開始日:2017-09-29
メーカー:エクリプス

コメント

トラックバック

この記事をはてなブックマークに追加

とある界隈ではかなり有名であるご本人様からいいね!頂きました

2017年12月30日 14時29分50秒 | 趣味・雑記

小柔SeeUさんご本人様から、私のコメントに対して「いいね!」頂きました。

はい、そこ!誰だよ!て言わない!!

一般的には知らない方もおられるでしょうけども、コスプレ界では超有名な女性です。
中国在住のコスプレイヤーで、年齢は不詳なのですが、その全てのコスプレが神掛かっているとネットで話題になる程の小柔SeeUさん。
日本でも活動されていて、年末の冬コミケには参加されているようですね。
直接出会えたファンが羨ましいです。
私は殆どコスプレ界に関しては無知な人間なのですが、この小柔SeeUさんだけは昔から知っておりました。
だって、クオリティ滅茶苦茶高いんですもの。
Twitterにも良くコスプレされた画像を上げてらっしゃいますが、毎回美しい、可愛い!と思いながら「いいね!」のボタンを全力で押してリツイートもする位の彼女のファンであります。

ここ最近の小柔SeeUさんのコスプレ画像を貼っておきます。
何のキャラクターのコスプレなのかは分からないのですが(おいっ笑)、最高♥の一言に尽きますな。



個人的に一番好きなコスプレ画像↓


ちょっとでもこの記事を読んで興味持たれた方は小柔SeeUさんのTwitterをフォローしましょう。
可愛い子大好き♥な私ヒロ之の喜び報告でした。

この記事をはてなブックマークに追加

廃墟殺人鬼 ハザード・ジャック

2017年12月30日 14時01分49秒 | 洋画ホラー
HAZARD JACK
2014年
アメリカ
82分
ホラー
劇場未公開




監督:
デヴィッド・ワース
脚本:
デヴィッド・ワース
出演:
クインシー・テイラー
アマンダ・マドックス
アリソン・ラニ
ケヴィン・スポーマン
ジェイソン・オニール・ハドソン




<ストーリー>
廃墟マニアのアールが見つけた元病院のとある廃墟。そこで週末のひと晩を騒ごうと、ネットで参加者を募り12人の男女が集合する。しかし、そこには彼ら以外に、血も涙もない究極の殺人鬼が潜んでいた…。

―感想―

ウォーゲームだかウォー“ゲイ”ムだか知らないけれど、それをさっさとやりなさいよ。
乱痴気騒ぎしているだけやんか。
食う寝るセックス。
当初の目的はどうなった、て話。
終盤になってようやく事態を把握したのか、ゲーム用のペイントボール銃を手に取って殺人鬼に立ち向かっていたけれど、んな物でやっつけられる訳ねぇだろw

相手は大工の源さんならぬ大工のジャック。
あらゆる工具で若者達を一人ずつ豪快に殺し、時には拉致して弄ぶ。
巨体の癖にやたらとターゲットに追い付く速さあり。
走っている姿はドスッドスッドスッ!だけどね。

殺す事に躊躇いもなく容赦もしない大工のジャック、実は退役軍人でPTSD(心的外傷後ストレス障害)を患っているという設定だけど、んな事知らね、普通にキチガイ。
結局最後まで鑑賞者に対しては顔を見せなかったが、唯一その顔を見た女の反応からすると、平凡なおっさんだったに違いない。

んで、キャーキャーワーワー叫びながら、廃墟に置いてあった医療カートで突進したら大工のジャック自滅して終了。
なんじゃその呆気ない退治シーンは。
ほんの5秒程度でやっつけちゃったんですけど。
緊張感も怖さも微塵に感じられない展開だったが、グロシーン多め(但し決して巧く作っているとは言えない)。
エロシーンも多いが女優陣がブス揃いなので、全く映像に魅力なし。

部屋に駆け込んで逃げ切った黒人、何故にドアに背を向けて立つのかな。
頭悪いとしか言いようがない。
賢い人間ならドアを塞ぐとかするでしょうけど、こいつ馬鹿だからドリルがドアを貫通してそのままもたれ掛かっていた体にも穴開けられて殺されていた。
う~ん、よくそんな頭の悪さで映画監督目指しているとか戯言抜かせられるよね、ホラー映画の基本的な知識すら無いんだからどうしようもない。

評価:★☆
17/12/30DVD鑑賞(準新作)
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へにほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へバナーポチお願いします
にほんブログ村
レンタル開始日:2017-11-24
メーカー:エクリプス

コメント

トラックバック

切り株画像はこちら

この記事をはてなブックマークに追加

切り株画像(映画『廃墟殺人鬼 ハザード・ジャック』より、無防備になる性行為中はご用心)

2017年12月30日 13時48分55秒 | 切り株“TV”画像(閲覧注意)
【ネタバレ注意】

男女素っ裸でセックスに励む最中、殺人鬼は静かに忍び寄り、鉈で勢いよく首チョンパ。



生首コレクターの殺人鬼は一気に2個もゲットだぜい!と御満悦。
首をチョンパされた男女は、そのまま体だけはパコパコしておりましたが

色んな意味で果ててしまうのであった(笑)。


そしてこれが、殺人鬼の生首コレクションだ!





よーく見れば丸分かり、段ボール箱頭から被って穴から首を出しているだけ。
もうちょっと丁寧に作って欲しいよな、やっつけ感あり過ぎでしょ。

切り株度(3/5)

レヴュー:『廃墟殺人鬼 ハザード・ジャック』
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へバナーポチお願いします
にほんブログ村

この記事をはてなブックマークに追加

海底47m

2017年12月29日 12時55分19秒 | 洋画ホラー
47 METERS DOWN
2017年
アメリカ
90分
サスペンス/ホラー
劇場公開(2017/08/12)



監督:
ヨハネス・ロバーツ
『ストレージ24』
脚本:
ヨハネス・ロバーツ
出演:
クレア・ホルトケイト
マンディ・ムーアリサ



<ストーリー>
メキシコへとバカンスにやって来た姉妹のリサとケイト。地元の若者たちと意気投合した2人は、彼らから“シャークケージ・ダイビング”という檻の中から野生のサメを間近で鑑賞するアクティビティに誘われる。臆病なリサも好奇心旺盛なケイトに押し切られ、2人で挑戦することに。翌日、さっそく2人は檻とともに水深5mに沈められ、大迫力のサメを堪能する。ところがその時、檻を支えていたワイヤーが突然切れ、2人は檻もろとも深さ47mの海底へ落下してしまう。ただでさえ水深が40mを超えると身体へのリスクが急速に高まっていくというのに、その上、人喰いサメの脅威が迫る中、救助も期待できず、酸素の残量もみるみる減っていく絶体絶命の危機を迎える姉妹だったが…。(allcinemaより抜粋)

ようこそ、死のスキューバダイビングへ。戦慄の深海パニックスリラー解禁!

―感想―

良かったやん。
希望通りになったやん。
姉ちゃんは帰りたがってたけれど、妹は「もう最高!ここにずっと居たい」言うてたから。
結果的にも「ずっと居られた」のだから妹的には本望でっしゃろ。

無駄な前置きをサクッと終わらせてさっさとシャークケージに入る流れは好い。
そしてこれまたさっさとワイヤーが切れてケージが海底に落ちるのも好い。
サメが襲ってくる恐怖、酸素が残り少なくなる恐怖。
この二つを隣り合わせにさせた展開は結構スリル。

船から落とされた予備酸素や懐中電灯、発煙筒を取る為にケージから出るか出ないかの葛藤から、意を決して静かにケージ外へ飛び出し見事ゲット!と喜ぶも不意にサメが襲い掛かって来るという演出はちょっとドキッとさせられる。
ただ酸素切れギリギリで予備酸素から供給とかその辺は都合良すぎるとは思ったが。

落ちた場所から移動したら、海の底が見えなくなって挙句迷子になるシチュエーション、あそこが自分的には身も心も震えたなあ。
あんなん俺なら動揺しまくりでぶっちゃけ恐ろしすぎて泣くよ、号泣だよ、大パニックさ。
真っ暗な海ほど怖いものはないぞ。

どうなるんやろて多少の先行き不安を持って観てたけど、最後は姉妹揃ってサメを発煙筒で威嚇しながら海上へ泳いで脱出、大怪我を追うも船に引き上げられて一安心。

かと思いきや、実は窒素中毒で幻覚見てたという最悪寄りのオチは意外性、予想裏切るもので良かった。
予定調和よりも捻り利かせている方が衝撃受けるからね。

ここ最近のシャーク系映画の中では面白い部類に入るんじゃないかな。
サメもそのサメに襲われる描写もリアルだったし、内容も含めて見応えはあった。

本作観て、もう二度と俺はシャークケージには入らないと誓ったね。
あ、一度も入った事ないやw

評価:★★★☆
17/12/29DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へにほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へバナーポチお願いします
にほんブログ村
レンタル開始日:2017-11-22
メーカー:GAGA

オフィシャル・サイト(日本語)

コメント

トラックバック

この記事をはてなブックマークに追加

アトラクション 制圧

2017年12月28日 14時03分02秒 | 洋画アクション
PRITYAZHENIE/ATTRACTION
2017年
ロシア
117分
SF/アクション/ドラマ
劇場公開(2017/08/08)




監督:
フョードル・ボンダルチュク
出演:
イリーナ・スタルシェンバウム
アレクサンドル・ペトロフ
オレグ・メンシコフ




<ストーリー>
巨大な球体宇宙船がモスクワに飛来し、ビルをなぎ倒して多くの死傷者を出しながら着陸した。異星人との初めての遭遇に人々が戸惑う中、ロシア政府は即座に戒厳令を敷き事態の収拾を図ろうとする。一方、ロシア軍司令官の娘ユリアは異星人の科学技術者ヘイコンと出会い、ヘイコンが故郷の惑星へ帰るために必要なデバイス「シルク」探しを手伝うことに。異星人に対する排斥の気運が高まる中、ヘイコンと一緒に過ごすうちに自分が彼を愛し始めていることに気づくユリアだったが……。

―感想―


注意:人間同士ではありません


異星人に彼女の気持ち奪われ、ヤケクソになって宇宙人スーツを着るバカ。

そもそも軍関係者、しかも大佐の娘が親にも認めて貰えない底辺ゴロツキ男と付き合う事自体が関係崩壊への予兆を生み出しているわな。
目的をきちんと持っている異性がふらっと現れたらそりゃあ賢明な女ならいちころよ。
しかも行動を理解してくれるし、守ってもくれる、加えて誠実で優しい。
ハートが傾くのも無理ない。

てっきり人類と異星人との全面戦争を描いたアクション作品なのかと思っていたが、蓋を開けてみればラブロマンスでございました。
不慮の事故で墜落してしまったUFO。
だが軍・政府は征服しに来たんじゃないかと大きな勘違い。
んな事、宇宙人としちゃ「勝手に理由付けるな」ですわ、端から地球なんかに興味もないんですから。
国同士で戦争して大量の死者を出すような星、勝手に滅びてしまえ、というあちら側にも全うな考えがお有りの様でしたが、このまさかの異種族ラブロマンスで得たものもあったようでして。

永遠の命よりも異星人が選んだ「愛」という行為は実に興味深い

向こうから教わる事もあれば、向こうに教える事もあった、互いに学び学ばされ和解、そして何事もなかったかのように再起動したUFOは飛び去って行く。
ヒロインで主人公でもあるユリアさんの優しさと勇気が、危うく起きそうだった戦いを阻止し、軍が犯した否を詫びた事によって又再び以前の平和を齎したと言っても過言ではないだろう。

ごめん(て別に謝る必要もないが)、俺、この作品結構好きだわ。
自分の星に只帰りたがっている異星人の手助けをするストーリーは普通以上に良かったが、見てくれは国の総力を挙げて(かどうかは知らないが)作りだされた圧倒的な映像美。

ロシアの映像技術、舐めんなよ!!
これがまあ立派。
素晴らしく美麗でダイナミックに描かれていて、ロシア映画もやりよるなと感心してしまう見事さを目で耳で感じ取る事が出来た。
観終わって初めて2時間近くの内容だった事に気付かされた程に、私自身は夢中で時間を気にせず楽しんじゃってたなあ。
どうでもいいけど軍のトップに居るのに、住んでいる家はやたらと貧相なのね、その辺にロシア情勢が垣間見れて面白い。
ゴロツキが彼女のお迎えに来た際の愛車がボロイてのも。
ハリウッド映画ならGT-R辺りに乗ってきそうだけど、ロシアの若者は金がない。

今作のちょっと可愛いと思ってしまった女優図鑑

ユリアさんの友人、スヴェタちゃん。
開始間もなくして即行で死んじゃいます。
可愛い度からした断然ユリアさんよりもこの娘なんだけど、頭が少し悪そうなのが欠点。
なので、もし仮にこの娘がヒロインだったら、行動力無さそうだし、判断力も弱そうなので、異星人との間にはラブロマンス生まれなかっただろうし、ロシア攻撃受けて滅んでいたと思ふ。

評価:★★★★
17/12/28DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へバナーポチお願いします
にほんブログ村
レンタル開始日:2017-11-17
メーカー:カルチュア・パブリッシャーズ

オフィシャル・サイト(日本語)

コメント

トラックバック

この記事をはてなブックマークに追加

東京喰種 トーキョーグール

2017年12月27日 13時50分31秒 | 邦画ホラー
2017年
日本
119分
ホラー/アクション/SF
PG12
劇場公開(2017/07/29)



監督:
萩原健太郎
出演:
窪田正孝金木研(カネキ)
清水富美加霧嶋董香(トーカ)
鈴木伸之亜門鋼太朗
桜田ひより笛口雛実(ヒナミ)
蒼井優神代利世(リゼ)
大泉洋真戸呉緒
村井國夫芳村
小笠原海永近英良(ヒデ)
白石隼也西尾錦(ニシキ)
相田翔子笛口リョーコ
柳俊太郎四方蓮示
坂東巳之助ウタ
佐々木希入見カヤ
浜野謙太古間円児
古畑星夏小坂依子
前野朋哉草場一平
ダンカン小倉久志
岩松了嘉納明博



<ストーリー>
大学生・カネキは人を食う怪人・喰種の臓器を移植されたことで半喰種と化してしまう。彼は人と喰種の狭間で苦悩しながら、次第に熾烈な戦いに巻き込まれていく。

守るために、
闘う――


―感想―

大槻ケンヂやとずっと勘違いしながら観てた。
大泉洋やんか(笑)。

メインはグールと捜査官との戦いやけど、裏側には「食す」というテーマもある。
他人が食う姿が余り好きではない私なので(グルメ番組なんぞ絶対に観ない)、それを多く描写させている序盤が本当に不愉快だった。
そこに上乗せするかの様に嘔吐する行為も出てくるので余計に嫌悪感Max。
汚い映像は、はい早送りだぞ、と。

背中から触手を放出させてのバトルは日本映画にしては結構頑張っている方。

吹っ飛んだり叩きつけたりの攻撃と防御を駆使させたアクションは割と見応えがあった。
若い方の捜査官が取り出した武器がモンハンの肉みたいで笑った。
あれ、見た目からしてすっげぇ使い難そうだし、戦闘力弱いだろ、て思ったんだけど(笑)。

グール化した蒼井優に血塗れの顔をベロベロ舐められるシーン、羨ましいなあ。
窪田正孝にとったら御褒美以上のものがあるよね。
逆に窪田正孝が友人の男性の顔をベロベロ舐めるシーンは罰ゲームだわ。
てめぇ最初に美味しい思いしたんだから、嫌でもこれはやって貰うぞ!ていう監督のアメとムチなのかもな。

女グールの触手?は綺麗系な造形にされているのは好感。

相田翔子さんがこういうヘンテコな怪物役をする日が来るとはねぇ。
アイドル時代には予想にもしていなかった女優としての新たな頑張りに拍手(因みに私はWINK結成から絶頂期までバリバリの鈴木早智子ファンでした)。

窪田正孝が半喰種になった事を理解出来ないままでいる序盤は先に書いた様に汚らしさ全開だったので好きにはなれなかったが、能力を認めつつも人を喰う事には拒絶を示す後半の展開は面白く観れたかな。
続編決定みたいなのを聞いたんだけど、出番が余り無かった佐々木希ちゃんがあの娘の代わりに活躍してくれたら嬉しいな。

本作の千眼美子図鑑

この髪型すっげぇ似合っていて好い。
ツンデレなキャラもこれまで無かった感じで新鮮味あったし、なんか萌えた。

この人を見下すかのような冷たい視線にゾクゾクしちゃったよぉ。

キャラに合った触手(これ何なん?原作読んでないから分からん)もカッコ良かったね。
可愛いよなあ、けど入信する気はねぇぞ(笑)。
勿体ない、こんなにも有能な演技が出来る若手の女優だったのに、変な宗教に走っちゃった事が誠に残念。

評価:★★★
17/12/27DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へにほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へバナーポチお願いします
にほんブログ村
レンタル開始日:2017-12-20
メーカー:キノフィルムズ

オフィシャル・サイト

コメント

トラックバック

この記事をはてなブックマークに追加

スパイダーマン:ホームカミング

2017年12月26日 18時24分00秒 | 洋画アクション
SPIDER-MAN: HOMECOMING
2017年
アメリカ
133分
アクション/ヒーロー/青春
劇場公開(2017/08/11)



監督:
ジョン・ワッツ
『COP CAR/コップ・カー』
製作総指揮:
スタン・リー
原作:
スタン・リー
脚本:
ジョン・ワッツ
出演:
トム・ホランドピーター・パーカー/スパイダーマン
マイケル・キートンエイドリアン・トゥームス/バルチャー
ジョン・ファヴローハッピー・ホーガン
ゼンデイヤミシェル・“MJ”・ジョーンズ
ドナルド・グローヴァーアーロン・デイビス
タイン・デイリーアン・マリー・ホーグ
ジェイコブ・バタロンネッド
ローラ・ハリアーリズ
マリサ・トメイメイおばさん
ロバート・ダウニー・Jrトニー・スターク/アイアンマン
グウィネス・パルトローペッパー・ポッツ
クリス・エヴァンスキャプテン・アメリカ
トニー・レヴォロリフラッシュ
ガーセル・ボヴェイドリス・トゥームス
声の出演:
ジェニファー・コネリーカレン(スーツ・レディ)



<ストーリー>
ピーターの憧れであるアベンジャーズに所属するアイアンマン、トニー・スターク。彼に恨みを抱くバルチャーが、巨大な翼を装着してN.Y.を恐怖に陥れる。

―感想―

陰気臭いスパイダーマンよりかは陽気なスパイダーマンの方が良い。
けどちょっとこのスパイダーマンは負けん気が強くて向こう見ずな行動が多いので、余計な破壊を生み出しちゃっている。
後始末を上手く出来ないという所にルーキーさが抜け切れていないんだよなぁ。
我武者羅だけじゃ市民を救うヒーローにはなれないぞ、と。
その点、アイアンマンの堂々たる態度。
ザ・ベテランといった風の頼もしさオーラ出まくりで、両者を比較してしまうとヒーロー像の高さにも雲泥の差があり過ぎ。

ピーターはその辺の考え方を少し変えていかないといかんよね。
ま、終盤ではそういう傾向も見られましたが。

陸・海・空とスパイダーマンが活躍する場がそれぞれに設けられていましたが、何処か危なっかしい姿がハラハラさを出してはいるものの、アクションそのものは、うーん普通。
蜘蛛男なので糸に頼るのは仕方がないにしても、もうちょっとテンション上げてくれるような見せ場を用意して貰いたかった。
ピュンピュン飛び回っているだけじゃあねぇ。

ヒロインとなる子はスタイルが抜群に好い。
そこは認める。
ただ、お顔がそんなにキュートじゃない。
そもそもピーター役のトム・ホランドが全くイケメンでもないから、まあ彼女にするには釣り合っているのかもしれないが。

ヒーロー稼業から離れて初めて知る真実もある。
それがヒロインの父親こそがピーターが戦い続けていた敵だと判明するシーン。
アイアンマンにダメ出しされてスーツを返還し、普通の高校生活に戻っていなければ、この真実には辿り着けてなかったかも。
そう考えるとアイアンマンには感謝するべきでしょう。

ラストでは、唐突に「私の事“MJ”と呼んで」て言い出す女子、ビックリした。
チョイ待て、お前がこれからのMJなのかよっと。
ピーターがこの娘に惹かれる要素あるか?
可愛くないやん。
まだ、今までのスパイダーマンシリーズよりも若返りを図ったメイおばさんの方がチャーミングだわ。

事前情報で最近私のお気に入りとなったアンガーリー・ライスちゃんが出ているのを知って、何処で登場するのかな?とワクワクしてたのだが

劇中の校内TVに映るだけのチョイ役だった。。。
ざけんな!
アンガーリー・ライスちゃんの扱い酷すぎだろ、彼女をMJに抜擢しろよ、ばーか。

出たがりスタン・リーはアパートの窓からスパイダーマンに怒鳴り散らす爺が、そうだったのかね。

評価:★★★
17/12/26DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へバナーポチお願いします
にほんブログ村
レンタル開始日:2017-12-20
メーカー:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

オフィシャル・サイト(日本語)

関連作:
『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ(2016)』

コメント

トラックバック

この記事をはてなブックマークに追加