銀幕大帝α

切り株推奨映画感想ブログにつきグロ画像注意。
御蔭様で10周年。3400作品レヴュー突破。御訪問有難う御座います♪

最強兵器女子高生 RIKA

2008年07月31日 23時31分34秒 | 邦画アクション
07年/日本/86分/劇場公開
監督:藤原健一
出演:工藤里紗、山本剛史、南まい、長澤つぐみ

<ストーリー>
祖父に最強のゾンビハンターの腕を移植された女子高生が町を支配するゾンビ軍団に立ち向かう。
<感想>
特撮ヒーローものとゾンビとチャンバラをミックスした究極のバカ映画。

舌をゾンビに引き千切られたはずなのに悲鳴を上げたらきちんと舌が見えたり、RIKA以外の人物が神剣に触れるとビリッと感電するはずなのにゾンビ人間が普通に持ったりと、細かい所で荒が目立つ。

また全ての登場人物がサムい。
人間を食べないように口に去勢器具をつけた、やたらとベラベラ喋るゾンビ人間。
派手にアクロバチックな戦いをするヤンキー青年。
“私は歩いている”と意味不明な事を半紙に書くRIKAの女友達(パンチラ最高!)。
そんな彼らが最後に笑いながら輪になって踊る場面は観ていて小恥ずかしくなった。
そして最大にサムかったのが、ゾンビの親玉であるグロリアン。
正体を最後まで隠し、期待するだけ期待させておいてようやく出てきたと思ったら、ガキんちょが喜びそうな着ぐるみ怪獣だもんなぁ・・・。

けれど、ゾンビメイクや内臓貪りなどのグロはそこそこ良く出来ていたのは唯一の救いかも。

痴呆症な祖父の継母と、その家に仕えるメイド三人衆によるおっぱい披露はサービスたっぷりで目の保養に最適。

けどやっぱりこの映画・・・サムいよ。。。

評価:★☆
08/07/28DVD鑑賞
ゾンビ・アクション・コメディ 坂口拓 ゾンビハンター メイドゾンビ 米軍核ミサイル DVD新作
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ
コメント (2)

切り株画像(映画『口裂け女2』 より2枚目)

2008年07月29日 00時00分09秒 | 切り株“TV”画像(閲覧注意)
殺したはずの3女真弓が土中から甦り、長バサミ持参で美容院へと乱入。
そこで働いていた次女に襲いかかり、命乞いする彼女を尻目に、はさみで指をちょん切って
切り株完成。
一瞬でスパン!と指を切り落とす描写が圧巻です。
この後次女は母親と同じように口元からハサミを突き刺されて絶命。
切り株度

レヴュー『口裂け女2』
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ
コメント (2)

切り株画像(映画『口裂け女2』 より1枚目)

2008年07月28日 23時51分57秒 | 切り株“TV”画像(閲覧注意)
長女が結婚した事に腹を立てた元彼氏が、硫酸持参で家屋不法侵入。
3女の顔面に硫酸かけた後、母親を襲い、包丁で口から1刺し。
それを見た父親(斎藤洋介)が、思わず猟銃ぶっ放して
切り株完成。
包丁が口に突き刺さったままの母親に寄り添うように脳みそ垂らしながら死んでいる元彼氏の図がナイスです。
切り株度

レヴュー『口裂け女2』
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ
コメント (4)

口裂け女2

2008年07月28日 23時31分03秒 | 邦画ホラー
08年/日本/98分/劇場公開
監督:寺内康太郎
出演:飛鳥凛、川村ゆきえ、真山明大、中野英雄、斎藤洋介、岩佐真悠子

<ストーリー>
姉の元恋人に誤って硫酸をかけられ、心身に傷を負う女性の周囲で殺傷事件が続出する。
<感想>
前作は本当にホラーって感じがしたけれど、この2作目はとっても悲しい話になってます。
と云っても中盤までですが・・・。
長女の結婚を機に、

長女の元彼氏が嫉妬から寝ていた3女の顔に硫酸ぶっかける!
悲鳴で駆け付けた母親が、包丁で滅多刺しにされ、口にトドメの一撃を食らう。
遅れて到着した父親が、猟銃で元彼死の脳天を撃ち抜く。
正当防衛なのに近所から冷たい目で見られる。
3女は傷を隠す為にマスクを付けて登校するが、同級生から化け物扱いされる。
自責の念から父親が猟銃自殺する。

ってな感じで物語は進むのですが、兎に角とばっちりを受けた3女の真弓が可哀想でなりません。
今まで仲が良かった友達も離れていき、密かに恋を寄せていた先輩は上京して彼女を作り、真弓の心に大きな打撃を与える。

その瞬間、真弓の中にもう一人の人格が現れた!!!

今回の口裂け女誕生秘話は口に傷を負った女性が世間から隔離されたことで二重人格者へと変貌したことによるもの。
しかし最後の最後まで真弓にとっては悲運の嵐。
何せ、妹が殺人者?と疑った姉に毒を盛られて殺されてしまうのですからね。

処が、土中から復活した真弓は、真の口裂け女として覚醒し、姉をも惨殺して、そして伝説になった・・・。

前作の誕生秘話も良く出来ていましたが、今作も奥が深く、尚且つホラーながらも何か怖さよりも切なさを凄く感じさせていて、最後まで物語に引き込まれました。

実際の事件のように最初と最後に詳細テロップが映し出されますが、真相は闇の中。
口裂け女は足が速いことで有名ですが、それは彼女が元陸上部員だったというエピソードも興味深いものがありました。

美人3姉妹。
本当に恐ろしいのは、3女ではなく、心優しいふりをした長女だったってのも、後半かなり盛り上げてくれますよ~。

関連作:『口裂け女』(第1作)

オフィシャル・サイト

評価:★★★☆
08/07/28DVD鑑賞
和製ホラー 硫酸 はさみ 赤い服 美人3姉妹 R-15 DVD新作
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ

ひとりかくれんぼ

2008年07月28日 22時53分46秒 | 邦画ホラー
08年/日本/75分/オリジナルビデオ
監督:海沼智也
出演:山口沙紀、岬はる香、大野瑠衣

<ストーリー>
“ひとりかくれんぼ”のやり方がケータイ小説で配信され、実践者が次々と何者かにとりつかれる。
<感想>
素直に怖かったです。
スラッシャー・ホラーでは味わえない和製ホラー独特の怖さ。
特に、監視カメラで成り行きを見つめる場面は、リアルに怖いッス。

都市伝説をモチーフにした映画だそうで、実際に“ひとりかくれんぼ”っていう遊びはあるそうです。

遊び方は滅茶苦茶簡単だけど、それをやった後の代償は大きい。
俺はホラーは好きだけど、本当の心霊現象には凄く弱い。
だから絶対“ひとりかくれんぼ”は出来ない。
ちゅうか、そんな勇気ないですよ。

関連作:
『ひとりかくれんぼ 劇場版』
『ひとりかくれんぼ 新劇場版』

評価:★★☆
08/07/28DVD鑑賞
都市伝説ホラー 人形 深夜3時 塩水 ケータイ小説 幽霊 DVD新作
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ
コメント (2)

ジャンパー

2008年07月27日 20時23分13秒 | 洋画アドベンチャー/ファンタジー
JUMPER/08年/米/88分/劇場公開
監督:ダグ・リーマン
出演:ヘイデン・クリステンセン、ジェイミー・ベル、レイチェル・ビルソン、サミュエル・L・ジャクソン、ダイアン・レイン

<ストーリー>
瞬間移動能力をもつジャンパーが、彼らの命を狙う謎の組織と戦う。
<感想>
物凄くテンポが良い。
瞬間移動能力に目覚めるまでの過程を、開始から5分間までで簡潔に説明。
普通はダラダラと前置きが長いものだが、このようにサクッと進めてもらうと気持ちが好いです。

しかしサミュエル率いるパラディンが何故に彼らの存在を恐れるのかが謎。
別に殺さなくてもねぇ。

それと、あちこちへと瞬間移動するのだが、日本へ立ち寄った事も全く意味不明。
物語と全く関係ないのだから。
高級車なら地元で調達出来るやん?

でも先に書いたように、物語がサクサク進むから、全く飽きが来ず、結構楽しかった。
これって一応アドベンチャーだけど、青春ラブ・ストーリーでもあるんだよね。
幼少に淡い恋心を抱いていた女性に、成人になってからアプローチ。
瞬間移動能力を隠しながら、デートに積極的に誘い、遂にはゲット!
しかし、ある事情で能力を知られてからは、化け物を見るように避けられ

「あっち行って!!」

思春期の青年には辛いですなぁ。。。

映画としては安っぽいが、ビュンビュン瞬間移動する際のVFXが良く出来てるので、それなりに爽快感が得られますよ。
ポップコーン片手に気楽に観られる娯楽作です。

オフィシャル・サイト(日本語)
オフィシャル・サイト(英語)

評価:★★☆
08/07/24DVD鑑賞
ダグ・リーマン SFサスペンス・アドベンチャー ヘイデン・クリステンセン サミュエル・L・ジャクソン ダイアン・レイン 瞬間移動 東京 パラディン DVD新作
にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
トラックバック (1)

グミ・チョコレート・パイン

2008年07月22日 21時14分44秒 | 邦画ドラマ
07年/日本/127分/劇場公開
監督:ケラリーノ・サンドロヴィッチ
出演:石田卓也、黒川芽以、柄本佑、金井勇太、森岡龍

<ストーリー>
冴えない高校生の賢三はバンド仲間や憧れの彼女とふれあう中で、ほんの少しだけ成長してゆく。
<感想>
大槻ケンヂの自伝的小説を映像化した作品ですが、凄く面白くて凄くほろ苦かったです。
吉本新喜劇の芸人みたいな父親を持つ青年。
彼の仲間は女教師に恋し、日頃は輪ゴムを噛み、挙句気持ち悪くなって物凄い量のゲロを物凄い勢いで吐く、将来ハゲ決定!の電気屋の息子と、学力優秀なのにあるAVを観たが為に、将来アダルトビデオ監督を目指すこととなった眼鏡くん。

この3人を中心に物語は進んでいくが、ノイズバンドの頭がキレたメンバーとかを巻き込みながらハチャメチャな展開が目白押しで、全く飽きがこない。
何せラスト付近では宇宙人まで登場して
死んだらオナニー出来ないぞ!!
と、説得してくれる有様。
兎に角、オナニー、ノイズ、恋の三種がループする内容なので好き嫌いが分かれるかもしれないが、俺はこういうぶっ飛んだ映画大好きです!!

ストーリーはぶっ飛んではいるが、青春ものとしてもきちんと成り立っている所も素晴らしい。
自殺した女優が一年前に送ってきた意味深な手紙。
その謎が明かされる最後はホロリとさせられるんですよねぇ。

またその女優となる山口美甘子を演じた黒川芽以ちゃんが凄く可愛い。
こんな子のブルマーなら俺でも被りたくなるわ(笑)。
また声色がキュートで一言、一言に萌えるんだよなぁ。

彼女が主人公・賢三に言った
「人生はグミ・チョコレート・パインだよ」
というセリフ。
物凄く心に響きました。
正しくその通りなんだよ~。
人生をグ~で行くか、チョキで行くか、パ~で行くか。
人それぞれなんだけれど、俺はグ~でマイペースに行きたいなぁ。
焦ったってダメ。
前を進む人達に追いつき、追い越せるのは自分自身の努力にかかっているのだからね。

あ、それと、美女を恋人にしたければ普通人ではダメ!!
ジョン・カーペンターを愛する映画ヲタクになるべし!!!!!!!!

オフィシャル・サイト

評価:★★★★
08/07/22DVD鑑賞
青春ドラマ 大槻ケンヂ ノイズ・バンド ブルマー盗難 自慰行為 グーチョキパージャンケン ヌード 自殺 謎の手紙 ジョン・カーペンター しるこ DVD新作
にほんブログ村 映画ブログへ

FREAKSHOW -フリークショウ-

2008年07月22日 20時27分37秒 | 洋画ホラー
FREAKSHOW/07年/米/85分/ホラー/劇場未公開
監督:ドリュー・ベル
出演:クリストファー・アダムソン、レベカ・コーチャン、デイン・ロッセリ

<ストーリー>
犯罪者一味にサーカス団の仲間を殺されたフリークスたちが復讐を誓う。
<感想>
32年のモノクロ映画でカルト的作品でもある『フリークス』にオマージュを捧げた問題作!
全員本物のフリークスたちを起用した『フリークス』と違い流石に本作では何人かは特殊メイクをした人物もいるが、イボ男の団長を筆頭に鬚女、小人、腕無し、足無しと神が間違って産み落とした人物が勢ぞろいである。
その中で一番のキワモノが、絶品美女なのに実は
食人
という女性。
彼女が仲間を殺した男をベッドに誘い、H中に喉を食いちぎって絶頂に浸る場面は
マジでグロテスクです。
しかし一番目を覆いたくなるのは、犯罪者一味の中心人物である、団長を陥れた女性の
人体改造
シーン。

貴方は直視出来るか!?

いやぁ、もう本当そこまでするか??って位の大改造です。

舌を切り取り、口を縫い、全身の体皮を剥がし、四肢を切断する。

もう書いているだけで、お腹いっぱい。
この流れをねちっこく丁寧に見せてくれるから、目を背けるどころか、逆に凝視してしまう、なんというか今まで観たことないような神秘的な映像でした。

フリークスの妻になる為にはフリークスになるしかない。
人間であった女性が見世物として芋虫女へと変えられてしまうラストの後味の悪さ。
余りにも酷い結末だが、悪女が相手にしたのがフリークス達だったっていうのが大きな間違いだったんだよなぁ。
騙すときは人を選べとは云うけれど・・・。
フリークス・・・外見同様、怒らすと怖いッス!!

P.S.切り株画像載せようかと思いましたが、流石にグロ過ぎて止めました。
グロテスクな映像に本当に強い方のみ、本作をご覧になってその目で確かめて下さい。

評価:★★★☆
08/07/22DVD鑑賞(新作)
FREAKSHOW -フリークショウ- エプコット
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ
レンタル開始日:2008-07-04

ライラの冒険 黄金の羅針盤

2008年07月21日 18時00分54秒 | 洋画アドベンチャー/ファンタジー
THE GOLDEN COMPASS/07年/米/112分/劇場公開
監督:クリス・ワイツ
出演:ニコール・キッドマン、ダコタ・ブルー・リチャーズ、サム・エリオット、エヴァ・グリーン、クリストファー・リー、ダニエル・クレイグ

<ストーリー>
動物の姿をした精霊(ダイモン)と不思議な羅針盤を携え、世界を救う少女の冒険を描く。
<感想>
え!?何なん?これ。

白熊

の映画ですか??

ちょ~ツマンナイですけど・・・。
ファンタジー映画でこんなに退屈したのは『ハリー・ポッター』1作目以来ですな。
滅茶苦茶中途半端に終わったラストもどうにかならんものか?
まぁどうでもいいけどね。。。

オフィシャル・サイト(日本語)

評価:
08/07/21DVD鑑賞
ファンタジー・アドベンチャー・ドラマ ニコール・キッドマン 駄作 DVD新作
にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
コメント (4)

デイ・ウォッチ

2008年07月20日 11時24分57秒 | 洋画アドベンチャー/ファンタジー
DAY WATCH/06年/ロシア/146分/劇場公開
監督:ティムール・ベクマンベトフ
出演:コンスタンチン・ハベンスキー、マリア・ポロシナ、ウラジミール・メニショフ、ガリーナ・チューニナ

<ストーリー>
光の異種と闇の異種、彼らを監視する監視人らが繰り広げる戦いを描く。
<感想>
うわ~画的には凄いのが一杯やのに、ストーリーは支離滅裂し過ぎて頭の悪い俺には難しいよ~。
観終わっての結論やけど、もうこの際、物語はどうでもいいんじゃない??
ロシア映画にしては物凄く頑張っているVFXだけ!を楽しむべき作品。

終盤20分間は本当、滅茶苦茶クールやから。

他の映画でもよく見られる、観覧車大暴走
何故かこの演出って男心を擽るんですよねぇ。

大型トラックに真正面から突っ込むジェット噴射トラックのシーンも痺れたなぁ。

「着いたぜ!」ガクッorz

と倒れる運転手のおっさんの姿に胸が熱くなったわたくしでした。。。

関連作『ナイト・ウォッチ/NOCHNOI DOZOR』(第1作)

オフィシャル・サイト(英語)
オフィシャル・サイト(日本語)

評価:★★
08/07/20DVD鑑賞
ファンタジー・アクション・サスペンス・ホラー 運命のチョーク ヴァンパイア DVD新作
にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
コメント (2)