銀幕大帝α

切り株推奨映画感想ブログにつきグロ画像注意。
御蔭様で10周年。3400作品レヴュー突破。御訪問有難う御座います♪

スカーフェイス

2011年08月31日 22時05分10秒 | 洋画アクション
SCARFACE/83年/米/170分/犯罪アクション/劇場公開
監督:ブライアン・デ・パルマ
脚本:オリヴァー・ストーン

出演:アル・パチーノ、スティーヴン・バウアー、ミシェル・ファイファー

<ストーリー>
キューバからアメリカに渡った青年が、死に物狂いで暗黒街でのし上がっていく。
<感想>
今の時代に?と思われるかも知れないが、VHSをレンタルして鑑賞。
上下巻、170分の超大作。
流石にこの長さだとVHS1本には収まらなかったみたい。

何時ものデ・パルマ流演出が若干控えめになっていますかね。
パチーノの目にカメラが寄って行く辺りにはデ・パルマらしさを感じましたが、他は特に目立ったものが無かったです。
その分、しがないチンピラだった男が、1人のマフィアの首領として成り上がって行くまでをテンポ良く、シンプル且つ丁寧に描いている。

また、パチーノが自己中心的な男を好演。
余りにも自己チュー過ぎて周りから距離を置かれ、一人ぽっちの寂しさからコカインに溺れて行く様は実にリアルだ。

しかも、天下を取ったは良いが、妻や仲間、そして妹までも失い、大切なものは何一つ得る事が出来なかったトニーによる、ラストでの自暴自棄からの機関銃乱射シーンは壮絶であり、パチーノの演技に圧倒、圧巻。

「てめらの銃弾なんて効かねぇんだよ!ほら、見ろ!俺はまだ立っているぞ!!」

幾らでもクソ鉛弾受け止めてやるぜ!
みたいな狂気な顔をしたパチーノが印象的でした。

中盤に差し掛かる前での麻薬取引シーンで、相手と交渉が決裂したトニー。
その事で仲間が拷問刑に処されるのですが、その時に道具として登場するのがチェーンソー。
直接的な処刑シーンは映されていないが、返り血で真っ赤に染まるパチーノの姿に少なからずとも戦慄なる美を感じました。

評価:★★★☆
11/08/31VHS鑑賞(旧作)
にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
レンタル開始日:2004-07-23
メーカー:ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン
コメント (2)

ランナウェイズ

2011年08月29日 22時03分41秒 | 洋画ドラマ
THE RUNAWAYS/10年/米/107分/青春・音楽ドラマ/R15+/劇場公開
監督:フローリア・シジスモンディ
製作総指揮:ジョーン・ジェット
原作:シェリー・カーリー
脚本:フローリア・シジスモンディ

出演:クリステン・スチュワート、ダコタ・ファニング、マイケル・シャノン

<ストーリー>
70年代に一世を風靡した伝説のガールズロックバンド・ランナウェイズの結成から解散までの軌跡を描く。
<感想>
遂最近まで、ピーピー泣き喚くだけの(例:『宇宙戦争』)小便臭いガキンチョだと思ってたのに、こんなにも大人になって。。。
おじさんはちょっと嬉しいゾ、ダコタん。

そんな大人なダコタんの下着パフォーマンスは

御馳走様でした。

70年代ちゅうたら私が生まれた年代でもあるから、まだランナウェイズは知る由もないし、今でも詳しくは知らないな。
解散後にジョーン・ジェットが結成した新バンドは認知している程度。

あ、この曲は聴いた事ある!というのはチラホラあったけれど、ランナウェイズの結成秘話や、解散に至るまでのエピソードは知っている訳でも無かったので、丁寧に描かれた本作での物語には興味もあったので引き込まれちゃった。

結構パンクなガールズバンドだったんだね。
ギターにおしっこかけちゃったりしてたし。
機内でヤクをキメていたし。

それよか女性同士のキスって、なんでこうもニヤニヤとさせられるのかね。
そりゃあ男同士がキスするものなんて見たくはないけど。
女の子同士がチュッチュッしているのを観ていると、華があるのか画になるのか、妙に自分の顔がエロい事になっている。
女性観客は平常心でこういうのは観るんやろか。
キャッとかならんのやろか。
むしろボーイズラブな映画ではそうなる感じ?
ちょっとその辺気になった。

ランナウェイズの日本での人気ぶりは凄かったようで。
余りにもファンの熱狂ぶりが凄過ぎて、逆にそいつらの行動がバカッぽく見えてきた。
ガラスドアがんがん叩いて割って雪崩れ込んで来る所とか。
ゾンビじゃねぇんだから。
本当にここまでやってたのか?
同じ日本人としてかなり恥ずい。

キャ~~~~~~~シェリーぃぃいいいいい!!!!

自我を忘れたファンの顔が気持ち悪過ぎ。
とか書きながら、私もサマソニのスマパンライブでビリー!!!!!と叫んでた時はそんな自分を捨てた気持ち悪い顔してたんだろうな^^;

波乱に満ち溢れた甘酸っぱい青春映画としてはそれなりに堪能させられる作り。
けど、一番、頭に残ったのはどのシーンよりもフレーズがず~とループしていた

チチチチチ・・・チェリーボム!!

オフィシャル・サイト(日本語)
オフィシャル・サイト(英語)

評価:★★★
11/08/28DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
レンタル開始日:2011-08-26
メーカー:アミューズソフトエンタテインメント
コメント (8)   トラックバック (21)

ザ・ルームメイト

2011年08月28日 21時09分46秒 | 洋画サスペンス
THE ROOMMATE/11年/米/91分/学園サスペンス/劇場未公開
監督:クリスチャン・E・クリスチャンセン
出演:レイトン・ミースター、ミンカ・ケリー、カム・ジガンデイ

<ストーリー>
田舎からロサンゼルスの大学にやって来たサラは、寮でレベッカと知り合いルームメイトに。一見親切なレベッカだったが、実は彼女には隠された裏の顔があり…。

<感想>
全米では劇場公開されて初登場1位だったんだって。
これは一応92年のブリジット・フォンダとジェニファー・ジェイソン・リーが共演した『ルームメイト』のリメイクになるのかな?
若干サスペンス描写が緩和されているけれど、内容としてはほぼ同等。

サラと同室になったレベッカが徐々に本性をむき出しにしていく。

私と友達になって~~~~~!!!!!!

この娘、何かおかしいって気付いた時にはもはや時既に遅し。
拾ってきた子猫ちゃんは脱水乾燥機に放り込まれ、サラの友人はシャワー室で脅され、訪ねてきた元彼は消されてしまう。

飛び抜けた恐怖描写はないけれど、レベッカの狂気な顔つきは、彼女が出てくる場面を陰湿な感じに盛り上げる事に成功しているんじゃないでしょうか。

終盤での攻防にもう少しスリル感があれば尚良かったんですが。

「あんたは友達じゃない!」

寮のルームメイトって選べないのがネックだよね。
どんな人間かはっきり分からず一緒に寝泊まりするんだし。
気が合えば楽しい寮生活になるんだろうけど、私も専門学生1年時の相方は最悪だったからな~。
そんな事をふと思い出しました。

それよりもサラの元彼。
かなりイケメンでしたけれど!
もっと変な男が出てくるのかと思っていたので、えらいビックリした。
何で別れたのか。
それはどうでも良いけど、元彼、顔出しして直ぐにあんな目に遭っちゃって、出番少ないのに踏んだり蹴ったりですね。

オフィシャル・サイト(英語)

評価:★★★
11/08/27DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
レンタル開始日:2011-08-24
メーカー:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
コメント (4)   トラックバック (1)

映画版 ふたりエッチ

2011年08月28日 21時09分30秒 | 邦画ロマンス
11年/日本/74分/エロティック・ロマンス・コメディ/PG12/劇場公開
監督:横山一洋
原作:克・亜樹

出演:森下悠里、三浦力、横山美雪


<ストーリー>
性体験が全くないまま見合い結婚した優良と真。初夜を迎えたものの、上手にできなかったふたりは、本当の夫婦を目指してエッチのステップアップを決心するが…。
<感想>
原作漫画は今、何巻まで出てるのかな?
30巻位までは購入して読んでたねぇ。
お互いが童貞と処女という夫婦の一歩一歩前に進んで行くセックスライフを、可愛くHに描いていて、初心者に優しいセックスバイブル的コミックって感じで面白く読んでた記憶はあります。

初々しくて真面目で可愛い新妻・優良さん役をグラドルの森下悠里。
正直、なんかイメージが違うし、ぶっちゃけ可愛くない。
叶姉妹の末っ子とかにいそうな顔。

でも、でもね。
たま~にドキッとさせられる表情とかはあるのよ。
ヨガ体操やっている時の苦痛の表情とかさ。

グラドルだけあって胸が爆乳。
それは良いんだが、胸の谷間、横チチだけってのは寂しいなぁ。

下着売り場でのプチ着替えショー、みたくもあったけれど、全然ムラムラしない。
むしろ、妹の梨香役の横山美雪の方が悩殺下着大盤振る舞いでエロかわゆかったww

直接的なセックスシーンもなし。

そりゃそうだ。
1分で射精してしまう真だから。

愛撫とかフェラとか想像で見せる描写で占めているので、かなりHなものを期待していた私としてはちょっと白けた。
劇中で流れる真所有のAVの女優すら服着てるし。

でもまぁ、お弁当のシーンとかクスッて笑える所もあったし、Hシーンが無いにしろ、ピュアな夫婦生活を描いた作品としては楽しくは観れました。

真に原作の様な暴走バカみたいな弾けっぷりがもう少し欲しかったかも。

近日レンタル予定のキャストが違うドラマ版は、きちんと見せる所(おっぱい)は見せるHな内容になっている模様。
スケベさんはそちらに期待してみるのが良いかもねムフフ。

オフィシャル・サイト

関連作:
『映画版 ふたりエッチ(2011)』(第1作)
『映画版 ふたりエッチ セカンド・キッス(2011)』(第2作)
『映画版 ふたりエッチ トリプル・ラブ(2011)』(第3作)
『映画版 ふたりエッチ ラブ・フォーエバー(2011)』(第4作)

評価:★★☆
11/08/27DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
レンタル開始日:2011-08-05
メーカー:AMGエンタテインメント

モンガに散る

2011年08月24日 22時35分40秒 | 亜細亜ドラマ
MONGA/10年/台湾/141分/青春・犯罪ドラマ/PG12/劇場公開
監督:ニウ・チェンザー
脚本:ニウ・チェンザー

出演:イーサン・ルアン、マーク・チャオ、マー・ルーロン、リディアン・ヴォーン

<ストーリー>
台北一の繁華街・モンガに引っ越してきた高校生・モスキートは、校内での争いをきっかけにモンガ一帯を仕切っている親分のひとり息子・ドラゴンたちに気に入られ、仲間に迎えられるが…。
<感想>
残酷青春物語といった所でしょうか。
裏社会に足を踏み入れた若者達の嬉々交々を熱く、丁寧に描いていてぐんぐん物語に引き込まれていきます。

序盤、モスキートが波動拳を撃ちこんだ時は、こんな不真面目な映画なのか?と勘繰ってしまいましたが、いやいや至って真面目な極道ものの世界がそこにありました。

最初こそは転校してきたモスキートが苛められ、逆切れして、うんこ靴で逆襲して、番長のドラゴン一味に気に入れられて仲間入りするまでをポップに時にはユーモアに捉えていますが、ゲタ親分の昼食会に呼ばれて詰めた指が出てきた辺りから、どんどん内容が重たくなってきました。

でもその重たさの中に友情の深さなるものが一番輝いて盛り込まれており、ホッと一息つける材料にもなっています。
売春宿でのモスキートと娼婦の一時も安らぎを与えてくれますね。
私も娼婦役の女優さん好みです。
役として顔に青あざがありますけど、そんなの関係ないですよ。
心も綺麗だし可愛い人だと思います。
モスキートが惚れこむのも分かるなぁ。

そんな中、ゲタ親分が何者かに殺されるという事件が起きるのですが、モスキートがある事を目撃したことで誰が犯人かを突きとめてしまいます。

築き上げた友情の崩壊

裏社会で生き残る為の裏切りは大切な仲間までも犠牲にしなければいけない。

それでも殺し合いの中、僅かに残っていたお互いを思いやる心。
散飛する血の雨が、モスキートが夢見ていた桜の花の様に、彼の静かに少し微笑んだ顔に舞い散るラストは美しくもあり、胸を強く打たされる悲しみと切なさを兼ね揃えた印象的なシーンとなっていました。

オフィシャル・サイト(日本語)

評価:★★★★
11/08/24DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
レンタル開始日:2011-08-02
メーカー:ブロードメディア・スタジオ
コメント (6)   トラックバック (19)

LOOK ULTRA

2011年08月24日 21時59分25秒 | 洋画サスペンス
Look/10年/米/81分/サスペンス・ドラマ/R-15/TVM
監督 : アダム・リフキン

<ストーリー>
性と常識が乱れ切った高校生たちの実態、ホームで女性を襲う暴漢魔など、プライバシーや事件を赤裸々に綴る。
<感想>
ようやく個々のエピソードも終息に近付きつつありますね。
悪事もどんどん裁かれようとしています。

んが!
顛末までには行ってないぞよ。
それぞれの人物がどのような結末を迎えるかとまでは行ってない。
さぁ、もう一息って所で終わっちゃった。

もう一巻位は出るのかな?
出て貰わないと私の中でのすっきり感が解消されないのですが。

本巻で一番の驚きは地下鉄駅で女性が暴漢に襲われた際に、彼女を救った人物。
まさかあの男がそんな所にいるとは思いもしなかった。
それに意外に強いし、勇敢だし。
礼も受け取らずその場から立ち去る潔さ。
『SUPER』の時のダメ印象がまだ強く残っていただけに、期待出来ない男のサプライズヒーローっぷりが逆にカッコよく思えたり。
ブタ箱行きの次は今度は警察から表彰される身になるんですかね、彼。

にしても、アメリカってそんなに至る所に防犯・監視カメラ仕掛けられているんですか?
更衣室とか個室便所とか
プライバシーもあったもんじゃないよな。
映画とはいえ、流石にそこにはないだろうってのがちょくちょく見かけられた。

後、ヤクと酒で常にハイテンション、挙句人前でもおっぱい曝け出す、バカ女子高生。
お天気キャスターの父親は淫行で職を失う派目になっていたけれど、このバカ娘も痛い目に遭わせて欲しいですな~。

関連作:
『LOOK』(劇場公開作)
『LOOK SUPER』(TVシリーズ第1作目)
『LOOK HYPER』(TVシリーズ第2作目)
『LOOK ULTRA』(TVシリーズ第3作目)

評価:★★☆
11/08/24DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
レンタル開始日:2011-08-05
メーカー:AMGエンタテインメント

女忍 KUNOICHI

2011年08月24日 01時10分30秒 | 邦画アクション
11年/日本/65分/アクション/劇場公開
監督:千葉誠治
プロデューサー:千葉誠治
脚本:千葉誠治
編集:千葉誠治

出演:武田梨奈、虎牙光揮、三元雅芸、佐藤雄一

<ストーリー>
伊賀と甲賀がしのぎを削る戦乱の陰で、虐げられる女たちが後を絶たない中、悲劇の連鎖を断ち切るべく立ち上がったひとりの女忍者・如月の壮絶な戦いを迫力のアクション満載で描く。
<感想>
一応劇場公開するんだから起承転結は守って欲しい所。
一通り武田梨奈のアクションを見せたので、はい、おーしまい!
こんな中途半端な作品ありですか?

1時間という短尺の中でどのような展開を見せるのかと思ってはいたが、まさか武田梨奈の独り相撲のみで終わるとは。。。

それでも本作での武田梨奈の格闘スキルは格段に進歩していると思う。
まだまだその潜めた才能を引き出せるはずなのに、どうも彼女は出る作品を間違って選んでいるのか、起用する監督に恵まれていないのか、完成したものはお世辞にも面白いとは言えない映画ばかり。

このままだと彼女の未来はどんどん閉ざされていくようで心配になってくる。
武田梨奈自身ももっと世界に視野を広げてタイや香港に飛ぶ位の気持ちを持たないといけないぞ。

本作の監督も武田梨奈のアクションに拘らず、細かい演出にも力を入れるべき。
直接的な形で部分的にエロに徹するとか、強制抜歯などにグロを強調するとか、何かしら他にも見せる工夫があれば、例えぶつ切り映画だとしてもそこそこに楽しませているな、と言った評価が下せるのに。
アクションだけが凄いと思わせるのではなく、楽しい映画だと思わせる事が一番大事なんじゃないか?

『チョコレート・ファイター』を100回観て勉強しろ!

オフィシャル・サイト

評価:★★
11/08/23DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
レンタル開始日:2011-08-03
メーカー:ポニーキャニオン
コメント (6)   トラックバック (5)

ザ・セル2

2011年08月24日 00時33分54秒 | 洋画サスペンス
THE CELL 2/08年/米/94分/サスペンス/オリジナルビデオ
監督:ティム・イアコファーノ
出演:テッシー・サンティアゴ、フランク・ホエーリー、クリス・ブルーノ

<ストーリー>
猟奇的な犯行を繰り返す殺人犯・カプスの捜査に乗り出した超能力捜査官のマヤ。カプスに襲われた最初の被害者でもある彼女は、特殊な能力を用いてカプスの潜在意識の中へと入り込んでいく。

<感想>
斬新なトリック映像に酔い痴れたターセム監督による『ザ・セル』の続編。
と言いつつも、スタッフ&キャストを一新し、物語性は全く関連のない作品。

女性心理学者が犯人の潜在意識に潜り込むというプロットを借りただけで、ストーリー自体にはこれと言った盛り上がりの無い、コメントに困る代物。

一度殺しては蘇生を施して生き返らせてを繰り返す変態誘拐男VS見栄えのしない女捜査官

在り来たりな流れの中に、たまに潜在意識の世界を映し出して行くのだが、この映像がどうしようもなくショボい。
オリジナルビデオという事を頭に入れて観てはいたけれど、流石に1作目までとは言わないがもっと敬意を払う位のVFX技術を使えなかったのか、と呆れるほどレトロ感丸出しで、製作者のやる気を疑ってしまう。

作品としては物凄く酷いという訳ではないが、とりあえず「2」と位置付けるのならば、それなりの映像面に頑張りが欲しい所ではある。

エンドロール中に意味もなく撮影風景を挿入している時点で、本作がいかに出来損ないか一目瞭然だろう。

関連作:『ザ・セル(2000)』

評価:★★
11/08/22DVD鑑賞(旧作)
にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
レンタル開始日:2009-04-08
メーカー:ワーナー・ホーム・ビデオ
コメント (4)

透明人間

2011年08月21日 22時20分37秒 | 洋画コメディ
MEMOIRS OF AN INVISIBLE MAN/92年/米/99分/SFコメディ/劇場公開
監督:ジョン・カーペンター
出演:チェヴィー・チェイス、ダリル・ハンナ、サム・ニール

<ストーリー>
仕事で訪れたマグナム社の研究所で発生した爆発事故に巻き込まれ、透明人間になってしまった男・ニックの奇想天外なドタバタ劇とロマンスをSFXを駆使して描く。
<感想>
今月発売の某雑誌のジョン・カーペンター特集を読んでいて、そういやこれVHS持ってたわ、と引っ張り出して来て鑑賞しました。

当時のVFXとしては最高峰だったんでしょうか。
かなり驚きの映像を見せてくれます。
透明人間そのものよりも、物がふわっと浮く所とかの方に目が釘付けになりました。
冒頭でのチューイングガムがぷくっと膨れてパンッと割れるシーン、鏡にニックは映らず物だけ映っている所も凄く良く出来ていたなぁ。

サム・ニール演じる男にニックが拳銃を突きつける場面、あれは妙に滑稽。
どうやって撮ったのか詳細不明だが、見た目サム・ニールの頭におもちゃの銃を接着剤か何かでくっ付けて、まるで1人芝居しているみたいだった(笑)。

そんなユーモラスなシーンが多く、観ていて楽しくなってきます。
酔っぱらいを利用してタクシーに乗車する場面や、透明顔にメイクで疑似顔を作ったのは良いが、口をハンカチで拭ったらメイクが剥がれてえらい顔になる場面とか、そういったコミカルな部分に笑いも生まれます。

透明人間という特徴を違和感なく発揮して、多々なる場面を大盛り上がりさせている点でも、作品としては大成功と言えるでしょう。

かなり面白く鑑賞出来ました。

評価:★★★☆
11/08/21VHS鑑賞(中古)
にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
レンタル開始日:2004-02-06
メーカー :ワーナー・ホーム・ビデオ
コメント (6)

ザ・ライト -エクソシストの真実-

2011年08月20日 15時36分44秒 | 洋画ホラー
THE RITE/11年/米/114分/悪魔憑きホラー/劇場公開
監督:ミカエル・ハフストローム
出演:アンソニー・ホプキンス、コリン・オドナヒュー、アリシー・ブラガ、ルトガー・ハウアー

<ストーリー>
司祭になるつもりのない神学生のマイケルは、恩師の勧めでバチカンのエクソシスト養成講座を受講する。彼はそこで、異端だが一流と称されるエクソシスト・ルーカス神父と出会う。
<感想>
先日観た『エクソシズム』に引き続き悪魔憑きホラーです。
『エクソシズム』が激つまんなかったのは、神父が職務怠慢だし、悪魔との戦いよりも誰かが死んだとか誰かが死にかけたという話の方に集中してしまい、どうでもいいよ、と思わせた事が原因かと。

それに比べ、本作は気合入ってます!!
エクソシストやる気満々です!!

マイケルさんはルーカス神父の悪魔祓いを冷ややかな目で見てますが。
「こんなんトリックだ!」
なんて言ってますし。
部屋中かえるぴょこぴょこになって、ようやく
「冗談よし子さん!!(実際にはこんな駄洒落は言いません)」

こんな後ろ向きなマイケルさんですが、有能株だったんでしょうね。
禁煙でガム中毒になっちゃった先輩神父からも一目置かれてましたからね。

なので、突然手が震え出し、可愛い女の子をおもいっきり平手打ちし

「俺はハンニバル・レクターだぁあああああああああ!!!!!!!」

とは言っていないが、心の隙間を突かれて悪魔に乗っ取られたアンソニー・ホプキンスを救っちゃうんだもん、やるじゃねぇか、すげぇよマイケルさん。
これからも信仰を忘れずに、地域の人々に愛される素晴らしい司祭になってくれたまえ。

ルーカス神父と悪魔憑きに遭った女の子との戦いは中々の見応えがありました。
まずは罵声を浴びせて、内に居る悪魔を呼び起こさせる辺りは金字塔『エクソシスト』を彷彿させますよね。
その後の白目向いて、釘をボロボロと口から出す所は

退散!退散!いざ勝利!!

みたくで面白かったなぁ。
最終的には負けていたけど。

アンソニー・ホプキンスは流石と言うか、伊達にナイトの称号を得ている訳ではない名演技たるものを、表情一つ一つ変えて悲しみと怖さを表していました。
特にマイケルさんに
「あの女とファックしろ!」
と叫んでいる形相と、悪魔が離れてすっと顔に平穏を齎して行く流れの中に上手さを感じちゃったな~。
病室で女の子が死んじゃって「oh…mygod」みたいな悲壮感漂う顔の作り方も非常に良かった。

ホラーに括り付けてしまう程の怖い映画じゃないけれど、1人の新米神父の目を通してエクソシストがどのような活動をしているのかという物語を丁寧に描いている部分には好感を抱きましたよ。

オフィシャル・サイト(日本語)
オフィシャル・サイト(英語)

評価:★★★☆
11/08/18ブルーレイ鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ
にほんブログ村
レンタル開始日:2011-08-17
メーカー:ワーナー・ホーム・ビデオ
コメント (12)   トラックバック (32)