銀幕大帝α

切り株推奨映画感想ブログにつきグロ画像注意。
御蔭様で10周年。3400作品レヴュー突破。御訪問有難う御座います♪

母なる証明

2010年04月29日 22時24分55秒 | 韓国サスペンス
MOTHER/09年/韓国/129分/劇場公開
監督:ポン・ジュノ
出演:キム・ヘジャ、ウォンビン、チン・グ、ユン・ジェムン、チョン・ミソン

<ストーリー>
女子高生殺人事件が発生。容疑者として逮捕された息子の無実を信じる母親が、真犯人捜しに乗り出す。
<感想>
レヴューはこちらを参照して下さい。

オフィシャル・サイト(日本語)

評価:★★★★
10/04/29DVD鑑賞
ポン・ジュノ サスペンス・ミステリー・ドラマ キム・ヘジャ ウォンビン PG12 DVD新作
にほんブログ村 映画ブログ 韓国映画へ
にほんブログ村
コメント (4)   トラックバック (4)

スペル

2010年04月29日 21時24分59秒 | 洋画ホラー
DRAG ME TO HELL/09年/米/99分/ホラー・コメディ/劇場公開
監督:サム・ライミ
出演:アリソン・ローマン、ジャスティン・ロング、ローナ・レイヴァー

<ストーリー>
老婆の恨みで死の呪いをかけられた女性銀行員が悪霊と対決する。
<感想>
お帰りなさいやね。
『スパイダーマン』もいいけれど、やっぱり『死霊のはらわた』なんですよ、サム・ライミ監督の代名詞は。

ホラーなのに笑える、あのユーモアに飛んだB級センスが最高なんだよね。

今作もあの頃の原点回帰の如く、怖さの中にも笑いがありで楽しい作品になっています。

婆さんの口から、もう何が何だか訳の分からないものを顔面にぶっかけられていたアリソン・ローマンの頑張りっぷりには感服しますが、見た目楽しそうに演じているローナ・レイヴァーの不気味というよりかはキモさには不思議な愛おしさというか(笑)。

ケーキから飛び出す目ん玉、突拍子もなく突然踊り出す悪魔に乗り移られた助手、物凄い対決になるかと思いきや結局何も解決しなかった儀式。

違和感なくさらりとコメディを取り入れ、重苦しい雰囲気を一気に和ませる辺りは、観る側にも肩の力を抜かせ、張り詰めた緊張感を一度リセットさせてくれる。
そして新たにドキドキ感を生み出し、結局の所、中だるみを感じさせない。
言い方を変えれば、単に怖い映画にしていない事で、今度は何が起こるんだろうというワクワクとした先の楽しみが生まれてくるので集中力が途切れないんだよね。

気色悪い描写は多々あるものの、そこまでやるかと思える部分の方が強いので、自然と笑いも生まれてくるし、それがあって話に暗さが無い分、楽しい気分にもさせてくれる。

だから、誰でも予想できる封筒の中身の件に関しても、捻りが無いオチに関しても、≪それでいいんだよ≫という思いが生まれ、オーソドックス過ぎて逆にニヤけてしまうんじゃないかな。

サム・ライミらしい遊び心溢れる、ストレートな展開に再び出会えて私は嬉しいですよ^^

オフィシャル・サイト(英語)
オフィシャル・サイト(日本語)

評価:★★★☆
10/04/28DVD鑑賞(新作)
スペル ゴースト・ハウス・ピクチャーズ ギャガ・コミュニケーションズ
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ
にほんブログ村
レンタル開始日:2010-04-23
コメント (18)   トラックバック (8)

一騎当千 Dragon Destiny

2010年04月29日 19時55分52秒 | アニメ(国内)
07年/日本/各話25分/TV
監督:大畑晃一
声の出演:浅野真澄、真堂圭、生天目仁美、茅原実里、門脇舞

<ストーリー>
かつて、日本の関東を統一していた洛陽高校の董卓が亡き後、この地は"闘士"たちが覇権を争う戦場となっていた。その混乱のなか、まるで天下を三国に分けるように、許昌学園、南陽学園、成都学園が台頭し、戦いはますます激しさを増していく。群雄割拠するこの最中、"闘士"である一人の少女が、関東から遠く離れた地で"龍玉"と呼ばれる宝玉を手にする。それは、新たな伝説のはじまりとなるのだった。(allcinemaより抜粋)
<感想>
すっかりハマッた一騎当千シリーズ。

勢い余って、漫画本と新作ゲームも買っちゃいました。

こんなにも面白いと感じたのは、やっぱりキャラクターが私の好みなんだろうね。
後、声優もしっかりマッチしているし、何よりも、只のアクションではなくて、セクシーショットやお笑い要素もきちんと入れているという部分に好感が持てているのだと思う。

第1シーズンは孫策伯符に焦点をあてていたけれど、今回の第2シーズンは色んなキャラを主役に立てています。
前半は劉備玄徳や関羽雲長、中盤は呂蒙子明、後半は諸葛亮孔明など。

1話毎にキャラ別にパートが分かれているので、一人のキャラクターの楽しみよりも、大勢のキャラクターに対しての楽しみが味わえたことにより、ようやくこの第2シーズンで人物の繋がりが把握出来た気がします。

観始めた頃は呂蒙子明に気持ちがあったんだけれど、ここ最近では劉備玄徳に萌えてたりして。
ドジで眼鏡っ娘。
でも一度怒らせたら半端無く怖くて、強いんだゾと。
このギャップが堪らなくキャワいい。

観る順番間違ったけれど、これで3シリーズ全部鑑賞。
私的にはどれも良かったけれど、バトルをメインにした第1・2シーズンよりかは、サブイベントが多かった第3シーズンが一番笑えて、ムラムラ?したかな。

新たな幕開けとなる第4シーズンにも期待したいッス!!

オフィシャル・サイト

関連作:
『一騎当千(2003)』(第1シーズン)
『一騎当千 Dragon Destiny(2007)』(第2シーズン)
『一騎当千 Great Guardians(2008)』(第3シーズン)
『一騎当千 XTREME XECUTOR(2010)』(第4シーズン)
『一騎当千 集鍔闘士血風録(2011)』(OVA第1弾)
『一騎当千 Extravaganza Epoch(2014)』(OVA第2弾)

評価:★★★
10/04/27DVD鑑賞
エロティック・アクション 一騎当千 DVD旧作
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

アバター

2010年04月26日 01時56分02秒 | 洋画アドベンチャー/ファンタジー
AVATAR/09年/米/162分/劇場公開
監督:ジェームズ・キャメロン
出演:サム・ワーシントン、ゾーイ・サルダナ、シガーニー・ウィーヴァー、スティーヴン・ラング、ミシェル・ロドリゲス

<ストーリー>
22世紀、人類は衛星パンドラで先住民ナヴィとのDNAを掛け合わせた肉体“アバター”で資源採掘を計画。だが族長の娘と恋に落ちた青年が任務に疑問を抱き始める。
<感想>
こりゃ凄い!!

何が凄いかって、そりゃもう、想像を超えたつまんなさにだ。

盛り上がりも無くはないが、飛び抜けて夢中になるような場面が全くない!!

そもそも、意味が良く分かんないな~。
人間の兵士がカプセルに入って、原住民に成りすまし、一緒になって狩りをする・・・?

で?

青色宇宙人に恋しちゃったから、オラ人間やめる!

って、妖怪人間ベムの反対じゃねぇか。

簡単に言えば、車椅子生活の兵士がアバターになったら走れるようになって

「うぉ~~~、走るって最高~~~~~」

と鼻息荒くして興奮して、挙句に「私はこれで人間やめました」ていう映画っしょ??

ほら~つまんないじゃん。
変にまたごちゃごちゃと恋愛話なんか入れちゃっているから眠いのなんの。
もうそんなのいらねえって。
余計に162分という長尺がもっと長く感じちゃったもんだから、私自身、3部構成作品になっちゃったし。

もしかしたら3Dで観たら凄いのかもしれない映像も、私から見れば、ゲームのファイナル・ファンタジーか、宮崎駿の世界の焼き回しみたいで、パクリ?ですか??

自然を大切にしよう!!

とする想いが込められてはいるが、本作観る位なら『もののけ姫」観た方がまだ面白い。

こんな曲がった評価するのは私だけかもしれないけれど、本当に途中リタイアする位つまんなかったんだから、嘘はつけないので、ごめんね。

オフィシャル・サイト(英語)
オフィシャル・サイト(日本語)

評価:★★
10/04/24DVD鑑賞
ジェームズ・キャメロン SFアドベンチャー・アクション サム・ワーシントン シガーニー・ウィーヴァー ミシェル・ロドリゲス DVD新作
にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
コメント (22)   トラックバック (10)

THE 4TH KIND フォース・カインド

2010年04月26日 01時18分50秒 | 洋画サスペンス
THE FOURTH KIND/09年/米/99分/サスペンス・スリラー/劇場公開
監督:オラントゥンデ・オスサンミ
出演:ミラ・ジョヴォヴィッチ、ウィル・パットン、イライアス・コティーズ

<ストーリー>
米国アラスカ州で住民が次々と不眠症になる怪現象が続発。患者に接触した心理学者が陥る恐怖を、記録映像と再現映像で表現。
<感想>
実際の映像と再現映像を2分割で見せるというのは面白い試みだよね。

「貴方は信じますか?」

なんて予告で流れていたけれど、信じられないってのが頭の片隅には浮かびはしたけれど、自分的には結構好きな部類の作品なんだよね。

嘘クセ~と思いつつも、実際映像ってのが割と気合が入っていて、なんか恥ずかしながら、怖かったっス。

元々フェイク・ドキュメの作品が好きなのもハマッた要因の一つでもあるし、題材が未確認飛行物体関係というのも私としては昔から興味があるものだけに余計に観入ってしまったのかもしんない。

おっさんがいきなり飛び起きるシーン・・・あれはマジでビビッた。心臓一瞬飛び出したよ。

それと、催眠療法中に人が口をグワ~~と開いて物凄い形相になるのも、日本のオカルト映画に近い描写で不気味過ぎやし、合わせて画像に乱れが生じるなんてのも、それらしいものになっていて恐怖感は十分頂きました。
何気に体が浮遊しているなんてのも良い。

怖かったけど信じられない。
信じられないけれど、何処まで嘘なのか本当なのか分からない。

驚かせる、上手く惹きつける要素は多くあり、終始ドキドキしながら観れたので、これはこれで十分及第点でしょう。

フィルム回しながらのカメラ横倒しは、フェイクドキュメ作品界のお決まりなのか?
思わずニヤッとしちゃったけど。

オフィシャル・サイト(英語)
オフィシャル・サイト(日本語)

評価:★★★
10/04/22ブルーレイ鑑賞(新作)
THE 4TH KIND フォース・カインド ミラ・ジョヴォヴィッチ ワーナー・ホーム・ビデオ
にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
レンタル開始日:2010-04-21
コメント (14)   トラックバック (8)

スモーキン・エース2

2010年04月26日 00時28分44秒 | 洋画アクション
SMOKIN' ACES 2: ASSASSINS' BALL/10年/米/88分/劇場未公開
監督:P・J・ピース
出演:トミー・フラナガン、ヴィニー・ジョーンズ、トム・ベレンジャー、オータム・リーザー

<ストーリー>
報酬の300万ドルを賭けて女殺し屋、拷問のエキスパートらサイコな暗殺者たちが対決する。
<感想>
監督(代表作『フロム・ダスク・ティル・ドーン3』など)が微妙だけど、正統な続編との事だし、前作も割と面白かったので、ちょっと気になり観てみました。

や、意外と楽しめましたよ!

殺し屋の面々と言えば、猛毒の唇を持つ美女、ロボトミー手術大好き変態男、人間入れ替わり変装趣味なハゲ、そして前作で場面を大いに賑わせてくれたあのトレモアの一家(前作では兄弟)が出てきちゃって、そりゃもう今回も完全武装なバーを舞台に、無駄に派手に撃ち合い、殺し合いで超盛り上がっちゃってます!!

腕前は凄いが何処か脳みそは抜けているトレモア一家の、計画性の有るような無いような行動が面白過ぎ。
サーカス団を奇襲して小人ピエロを誘拐し、バーに目掛けて人間大砲で奇襲するなんて、馬鹿過ぎるアイデア(笑)。

ガトリング銃やバズーカ砲、挙句にC4爆弾まで飛び出し、破壊の限りを尽くしながら、各キャラクターの滑稽な死に様も見せつつ、騙し騙されな痛快・愉快な終盤は中々の楽しさが味わえました。

でも、これ位だと平均的な評価で落ち着く所だけど、本作がcool!!だと感じたのは、何と言ってもラスオチなんだよな~。

普通なら、ああいう展開になれば、

男はニヤリと笑みを浮かべて姿をくらまし、警察は地団太を踏む

となるんだろうけど、予想を裏切る幕切れにしていた所が、演出的に物凄くカッコ良くキマってたんだよね。
あれには誰でも「お!」ってなるっしょ^^

関連作:『スモーキン・エース/暗殺者がいっぱい』(第1作)

オフィシャル・サイト(英語)

評価:★★★
10/04/21DVD鑑賞
P・J・ピース アクション・サスペンス・コメディ ヴィニー・ジョーンズ トム・ベレンジャー DVD新作
にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
コメント (4)   トラックバック (3)

REC/レック2

2010年04月16日 23時09分30秒 | 洋画ホラー
[REC]2/09年/スペイン/85分/R15+/感染パニック・オカルト・ホラー/劇場公開
監督:ジャウマ・バラゲロ、パコ・プラサ
出演:ジョナサン・メヨール、レティシア・ドレラ、オスカル・サンチェス・サフラ

<ストーリー>
惨劇の後、隔離されたアパートに特命を受けた医師と警官隊が突入。「感染」の始まった最上階の部屋の秘密が暴かれていく。
<感想>
猛ダッシュで感染人間たちが襲いかかり、ドキドキしながらも結局、事の真相など何が何やら分からん内に終わってしまった前作。

安心して下さい!!

本作で全ての謎が解明されています!!!

いやね、色んな意味で驚かされましたよ。

ゾンビ映画がオカルト映画に変わっている

というのが一番驚いたかな。
そういう方向転換をしてきましたかぁ。
前作と全くジャンルが変わっちゃっているけれど、その変わり様に意表を突かれたし、しかもそのジャンル変更がしっかりと物語に転結を齎しているんだわ。

何かさ、納得という枠を飛び越えて、よくまぁこんな発想を思いついたもんだと感心しちゃったんだよね。

発想転換が仇となりつまらなくなっちゃてたら元も子もないけれど、ガッツリ面白くなっているんだもん、やられた~って気持ちが大きかった。

他にも演出面に対しても唸らされたね。

中盤までは警官隊のヘルメットに装着された小型カメラでのPOVだったけれど、破壊されてからは、急遽、建物に面白半分で入り込んだガキ共の持つハンディ・カメラに切り替わる。
で、それもバッテリーが切れると、そこに満を持して前作の主人公、女性レポーターの登場!でTVカメラでのPOVへとバトンタッチ。

この大・中・小のカメラへの繋ぎが絶妙で、また違和感なくスムーズに流れに乗って行われているから、展開としても一山二山起こり、それに伴い真実も明るみになっていく。

いやはや、上手過ぎやって。

元々、この作品はPOVがウリだけれど、そのウリを全面的に遺憾無く発揮されている辺りが素晴らしい。
しかもオチにまで。

僕は作品の出来具合よりも、監督の趣向を凝らしたその優れた想像力とアイデアに感服しちゃったんだよなぁ・・・。

オフィシャル・サイト(スペイン語)
オフィシャル・サイト(日本語)

関連作:
『REC/レック』(第1作)
『REC/レック2(2009)』(第2作)
『REC/レック3 ジェネシス(2012)』(第3作)
『REC/レック4 ワールドエンド(2014)』(第4作)

評価:★★★★
10/04/16DVD鑑賞(新作)
REC/レック 2 ジャウマ・バラゲロ ハピネット
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ
にほんブログ村
レンタル開始日:2010-04-16
コメント (20)   トラックバック (11)

ホワイトアウト

2010年04月16日 23時09分15秒 | 洋画サスペンス
WHITEOUT/09年/米/101分/PG12/サスペンス・アクション/劇場公開
監督:ドミニク・セナ
出演:ケイト・ベッキンセイル、ガブリエル・マクト、コロンバス・ショート、トム・スケリット

<ストーリー>
隔絶した南極観測所で起きた史上初の殺人事件に挑む、女性捜査官の姿を描く。
<感想>
ずばり!

面白くない!!

別に南極が舞台じゃなくても良いんではないかい?
というのが私の率直な意見。

この手の話なら、巨大冷凍庫の中でも出来上がるでしょ。

折角、南極という気象不安定な土地を舞台にしたのだから、その土地柄を活かさないと。
単にオーロラを見せたかったから選んだ訳ではあるまい。

凍傷で切断された指の縫い糸を見て事件が解決、という余りにもストレートな展開では面白くも何ともないですよ。

主要人物が限られているだけに、真犯人の目星も直ぐにつきます。
そこに行き着くまでに何かしら緊張感ある場面があれば良いのだけれど、そのようなものは見当たらなかったし。

一見、話は膨らんだように見えるけど、流れ的には凸も凹も無く平行線。
まるで見渡す限り雪だらけの南極のように、目新しく驚くべき場面が無いんだな。

これをサスペンス映画と位置づけるのは疑問すら思う、「工夫」というものが全く足りなかった失敗作。

オフィシャル・サイト(英語)
オフィシャル・サイト(日本語)

評価:★★
10/04/15DVD鑑賞(新作)
ホワイトアウト ドミニク・セナ ケイト・ベッキンセイル ジョエル・シルヴァー ダーク・キャッスル・エンタテインメント ワーナー・ホーム・ビデオ
にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
レンタル開始日:2010-04-07
コメント (12)   トラックバック (4)

一騎当千

2010年04月16日 21時18分12秒 | アニメ(国内)
Ikki Tousen - Legendary Fighter/03年/日本/各話25分/TV
監督:渡部高志
声の出演:浅野真澄、甲斐田裕子、日野聡、森久保祥太郎、小林由美子、井上喜久子

<ストーリー>
洛陽高校、南陽学院、許昌学院、揚州学園、予州学院、成都学園、涼州高校の7つの高校が覇権を争う関東の地に、1人の少女がやってきた。彼女の名前は孫策伯符。格闘が大好きな女子高生だ。幼ななじみの周瑜公瑾とともに南陽学院に転校した彼女は、さっそく覇権争いの中に身を投じる。やがて2人は巨大な陰謀の影に気づき…。(allcinemaより抜粋)
<感想>
てな訳で、第1期シーズン全7巻13話を一気観しました。

流石にセル画が古い・・・^^;
女の子キャラも可愛いんだけれど、第3期を観た後だと姿形の完成度は下がるよね。

でもこのシーズンからエロティックの土台は出来ています。

女の子登場シーンは必ずパンチラ

禁断の愛

失禁

凌辱

と、その系の人には好まれる要素がぎっしり。
只、バストトップの露出が少ない。
前半巻ではバストは見せるのに乳首は消えているなんてのもあったり。
(後半では製作者側が吹っ切れたのか、バンバン見せてくれるけど)

さて、これが本来のスタイルなのかもしれないが、このシーズンではきちんと格闘している。
大会という名の格闘対戦がメインとなり、巻数を架けての蹴り合い、殴り合いの勝負が延々と続くんですが、ぶっちゃけ途中から飽きてきちゃった。

対戦相手は違えども、基本的なアクションの流れが同じなので、繰り返し同じものを見せられているような感じがして、ちょっと集中力が途切れちゃった。

画面上では盛り上がっているのに、僕の中ではちっとも盛り上がらなかったなぁ。
ストーリーが単調過ぎたのかもしれないね。
後、前巻では闘志剥き出しで殴り合いしていたのに、次巻では仲良くなっているという展開も意味分かんなさ過ぎ。
人物の繋がりも、友情の結び付きも今一理解・把握出来なかったな~。

第2期シーズンを観れば、もう少し理解出来るんやろか?

ちゅう事で、当然第2期シーズンも借ります。
自分的には嫌いじゃないエロ萌え系アニメだと確信しましたんで。

所で、一つ頭を過ったのが

孫策伯符→アスカ

覚醒した伯符→暴走

呂蒙子明→綾波

エヴァじゃね??

オフィシャル・サイト

関連作:
『一騎当千(2003)』(第1シーズン)
『一騎当千 Dragon Destiny(2007)』(第2シーズン)
『一騎当千 Great Guardians(2008)』(第3シーズン)
『一騎当千 XTREME XECUTOR(2010)』(第4シーズン)
『一騎当千 集鍔闘士血風録(2011)』(OVA第1弾)
『一騎当千 Extravaganza Epoch(2014)』(OVA第2弾)

評価:★★★
10/04/14DVD鑑賞
エロティック格闘技アクション・アニメ 一騎当千 DVD旧作
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

BALLAD 名もなき恋のうた

2010年04月12日 21時35分35秒 | 邦画アドベンチャー/ファンタジー
09年/日本/132分/劇場公開
監督:山崎貴
出演:草なぎ剛、新垣結衣、大沢たかお、夏川結衣、筒井道隆

<ストーリー>
戦国時代にタイム・スリップした少年が、武将と姫の身分違いの恋をつなぐ。
<感想>
内気な少年が、タイム・スリップした先の戦国武将の姿に心動かされ、徐々に‘勇気’と‘男らしさ’を学び成長していく様を描いた感動巨編。

本作がリメイクでなければ、かなり感動的なものを味わえていたと思う。

元のアニメが大傑作なだけに、変にアレンジしなければそれなりに良い映画になる事は目に見えていましたが、流石に涙するまでには至らなかった。

ギャグアニメの主人公であるしんちゃんが、初めて人の死を目の前にし、大粒の涙を流して永遠の別れを果たし、男の顔になっていく。
ギャグアニメの中で“死”という題材を扱ったという事を事前に知っておらず、笑いの後に予想にもしなかった悲劇が突如訪れた事が衝撃的だった。
特にあのしんちゃんが真剣に大泣きするという姿が感動的で、思わず目から一緒になって涙した人も多いはず。
ギャグアニメだからという端からの思い込みを覆す作品完成度の高さには、誰もが認めざるをえないといった感があり、それが未だに大傑作と言われている所以だろう。

今作は実写化リメイクなのだが、基本的な流れはオリジナルと同じなので、先の展開は分かり切っている。
その中で、どのような形で我々に、あの感動を呼び起こさせてくれるのかが一番の興味点だったのだが、やはり一般の子供だと感動的なものはあっても流石に涙を流すまでには到達出来なかった。

しんちゃんだからこそ泣けるのであって、普通の子供だと、どうにも哀しい雰囲気が胸にまで伝わってこない。

前述したように、本作が全くのオリジナルストーリーならば、比較するような事や、分かり切って観るような事はないので、ラストに訪れる悲劇には素直に衝撃的なものを覚えてグッとくるものがあっただろう。

日本映画としてはとても良い作品の部類に入る事には違いないです。
けど所詮、傑作アニメのリメイク。
傑作が駄作になるパターンは良くあるが、傑作を超える傑作が生まれる事はまず難しい。

迷わず言いたい。

オリジナルを観る前に本作を観る事だけは出来れば止めて欲しい。

感動の度合いが全く違う事をその目で確かめて貰えれば、私の思いも理解して頂けるはずです。

最後に、大傑作アニメに泥を塗るようなリメイクになっていなかった事に対しては評価します。

オフィシャル・サイト

関連作:『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦』(オリジナル)

評価:★★★☆
10/04/12DVD鑑賞
山崎貴 時代劇ファンタジー・ロマンス 草なぎ剛 新垣結衣 大沢たかお 夏川結衣 筒井道隆 斉藤由貴 吹越満 原恵一 映画「クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦」 DVD新作
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
コメント (4)   トラックバック (3)