銀幕大帝α

切り株推奨映画感想ブログにつきグロ画像注意。
御蔭様で12周年。3700作品レヴュー突破。御訪問有難う御座います♪

007/慰めの報酬

2009年06月30日 04時43分33秒 | 洋画アクション
QUANTUM OF SOLACE/08年/英・米/106分/劇場公開
監督:マーク・フォースター
出演:ダニエル・クレイグ、オルガ・キュリレンコ、マチュー・アマルリック、ジュディ・デンチ、ジェフリー・ライト、ジェマ・アータートン、イェスパー・クリステンセン

<ストーリー>
恋人を亡くしたばかりのボンドが、彼女を陰で操っていた国際的な闇組織を調査するためにハイチへ。元ボリビア諜報員カミーユを通じて幹部に接近し、陰謀に立ち向かう。
<感想>
冒頭のカーチェイスから始まり、ボートチェイス、そして飛行機による空中戦。

陸・海・空と3色揃い済みの娯楽アクションが次々と押し寄せ飽きさせず面白かった事は確かだが、観ている最中は「ボンドは誰の為に戦っているの?」ってちょっと意味が分からんかった。

後で映画情報誌読んでようやく理解(笑)。

「あ~!本作って前作『カジノ・ロワイヤル』の続きで、エヴァ・グリーンの仇討ちやったんやね」

だから、あの名セリフも無かったんかぁ。

何処か悲しげで影がある生まれたてのボンド。
にしても前作よりもっと暗い男になってません??

それに打たれ強いタフガイってのは承知済みだけど、流石に飛行機から落下して地底に激突してもピンピンしていたのには笑っちゃったな~。
鍛え抜かれた普通の人間以上の体を持っているとしても、あれはちょっと・・・。

それと、今作は悪役がイケてないんだよなぁ。
過去作には何処か個性的なキャラを持ってきてたけれど、今回は何の特技も無い普通のおっさんだから、直接対決に緊迫感がない。
追い込まれたチンピラみたく「来るな!来るな!」と斧振り回しているだけの大ボスの姿観ていたら、正義をしているボンドが只の弱い者いじめしているようにしか見えなかった。

前作をしっかり覚えていれば、すんなりと物語に入り込めるけど、私みたく忘れちゃっていると作品の深みにも辿り着けず満足度も半減。
初の試みである前編、後編と位置付けられた作品だけに余程の007好きじゃないと、ちょっと置いてけぼりされてしまう感はあるよね。

オフィシャル・サイト(英語)
オフィシャル・サイト(日本語)

関連作:
『007/ドクター・ノオ』(シリーズ第1作)
『007/ロシアより愛をこめて』(シリーズ第2作)*個人的評価:★★★
『007/ゴールドフィンガー』(シリーズ第3作)*個人的評価:★★★☆
『007/サンダーボール作戦』(シリーズ第4作)*個人的評価:★★☆
『007は二度死ぬ』(シリーズ第5作)
『女王陛下の007』(シリーズ第6作)
『007/ダイヤモンドは永遠に』(シリーズ第7作)*個人的評価:★★★
『007/死ぬのは奴らだ』(シリーズ第8作)
『007/黄金銃を持つ男』(シリーズ第9作)*個人的評価:★★★
『007/私を愛したスパイ』(シリーズ第10作)
『007/ムーンレイカー』(シリーズ第11作)
『007/ユア・アイズ・オンリー』(シリーズ第12作)*個人的評価:★★★
『007/オクトパシー』(シリーズ第13作)
『007/美しき獲物たち』(シリーズ第14作)*個人的評価:★★★
『007/リビング・デイライツ』(シリーズ第15作)*個人的評価:★★★
『007/消されたライセンス』(シリーズ第16作)*個人的評価:★★★
『007/ゴールデンアイ』(シリーズ第17作)*個人的評価:★★
『007/トゥモロー・ネバー・ダイ』(シリーズ第18作)*個人的評価:★★
『007/ワールド・イズ・ノット・イナフ』(シリーズ第19作)*個人的評価:★★★
『007/ダイ・アナザー・デイ』(シリーズ第20作)
『007/カジノ・ロワイヤル』(シリーズ第21作)
『007/慰めの報酬(2008)』(シリーズ第22作)
『007 スカイフォール(2012)』(シリーズ第23作)
『007 スペクター(2015)』(シリーズ第24作)
『007/カジノ・ロワイヤル(1967)』
『ネバーセイ・ネバーアゲイン(1983)』※個人的評価:★★★
『007/ジェームズ・ボンド・ストーリー(1999)』

評価:★★★
09/06/28DVD鑑賞
マーク・フォースター アクション・サスペンス ダニエル・クレイグ オルガ・キュリレンコ 007 DVD新作
にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
コメント (6)

ファニーゲーム U.S.A.

2009年06月30日 02時31分20秒 | 洋画ホラー
FUNNY GAMES U.S./07年/米/111分/劇場公開
監督:ミヒャエル・ハネケ
出演:ナオミ・ワッツ、ティム・ロス、マイケル・ピット、ブラディ・コーベット、デヴォン・ギアハート

<ストーリー>
夏の休暇を別荘で過ごす幸せな家族の元に、突然現れた来訪者。彼が告げた理不尽極まりない「ゲーム」とは・・・。
<感想>
とある昔、ガス・ヴァン・サント監督が完コピ映画を撮った事がある。
あれはヒッチコックの『サイコ』だったが、他人の作品を完コピして何が面白い?と世間から失笑を食らいまくっていたが、本作は違う。

ミヒャエル・ハネケが97年に作り上げた作品を、何故か今更セルフリメイク。
余程彼はこの作品に自信があるのか想いれがあるのか、それとも現在の暴力映画に対する挑戦状なのか。

「最後にはハッピーエンドにしてしまう暴力映画なんて生ぬるいわ!!
私は昔、こんなに衝撃的な作品を撮っていたんだ!
その目で観やがれ!」

と言わんばかりに、オリジンを知らない者達へ堂々と叩きつけてきた。

確かにオリジンを観ていない者にとってはかなり度肝抜かれる事は間違いないだろう。
でも既に知っている者としては、一度観た作品をもう一度観せられた感じで、なんとも評価するには困ってしまう。

ストーリーを大幅アレンジしたリメイクならば多少は楽しめたかもしれないが、何てたって、俳優を変えただけで、設定もアングルも音楽も展開も全く同じなのだから、楽しむというよりは懐かしむ?程度で終了。

暴力に救いはないという監督の定義をぶつけたオリジナルを観た時は、そりゃもう後味の悪さにグッタリきたが、あれ程インパクトある内容を忘れるはずもなく、今頃になって完コピ見せられてもどうかなぁと思いもしたが・・・。

けど、主役のナオミ・ワッツの迫真の演技には魅せられたし、「はい、サイナラ」と無情にボートから突き落とされる場面ではやっぱ不快指数急上昇しちゃったなぁ。

余計なお世話かもしれないけれど、オリジンを知らず初めてこの作品を観る人に忠告しておきますが、冒頭とエンドロールではTVのボリューム下げておいてね~。

オフィシャル・サイト(英語)
オフィシャル・サイト(日本語)

関連作:『ファニーゲーム』(オリジナル)

評価:★★☆
09/06/26DVD鑑賞
ミヒャエル・ハネケ サスペンス・ホラー ナオミ・ワッツ ティム・ロス マイケル・ピット PG-12 リメイク DVD新作
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ
にほんブログ村

コメント (16)

切り株画像(映画『テケテケ』より)

2009年06月30日 02時28分45秒 | 切り株“TV”画像(閲覧注意)
【ネタバレ注意】
震災で倒れていた墓石を直したことで呪いは解かれたと思われていたが、実はそうではなかった。
呪いの期限3日が過ぎ、安堵したその瞬間、テケテケが額から怪我で血を流す従姉に襲いかかり
切り株完成。

実はテケテケは赤色が大っ嫌いだった!!
切り株度

レヴュー『テケテケ』
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ
にほんブログ村


テケテケ

2009年06月30日 00時37分04秒 | 邦画ホラー
09年/日本/70分/劇場公開
監督:白石晃士
出演:大島優子、山崎真実、西田麻衣、一慶、水木薫、沢柳廸子

<ストーリー>
“テケテケ”という奇妙な音を耳にした女子高生が呪いにより命を狙われる。
<感想>
これまで誰も題材にしなかった都市伝説の一つ「テケテケ」を同じく代表的な都市伝説である『口裂け女』に続いてイカサマ伝道師・白石晃士が映像化。
主役がアイドルユニットAKB48の大島優子からして安っぽいホラーを想像していたんですが、これが意外とイケてました。

70分と言う短尺なので結構アバウトな作りなのかとも思ってましたが、「テケテケ」誕生に関する細かい裏エピソード的なものや、事件に巻き込まれた主人公と従姉が呪いを解く為に過去の「テケテケ」についての資料を頭に入れた上で右往左往する姿を丁寧かつスリリングに描いており、かなり息を飲む程の緊張感を味わえ面白かったです。

今、日本ホラー映画界の影の立役者でもある特殊造形師・西村喜廣による“テケテケ”の描写も『東京残酷警察』にあった変な笑いもなく、不気味な形として真面目に登場させた事により作品の質を下げることもなくしっかりと盛り上げていました。

昔から言うじゃない。

「赤はあかん!白にしろ!」

って(え?言わない?)。

本作のキーとなるのは「赤」。
謎解きを裏切る形で新たに判明した「赤」により、惨劇が再び始まる終盤の展開が非常に残酷で、これがどのように続編へと繋がっていくのかとても興味津々。

予告を観た限りでは、多くの女子高生がバッスンバッスン胴体を切断され、より過激な切り株ホラーになっているようで、これはこれで面白そう。
期待が持てる『テケテケ2』。
今から楽しみです!

オフィシャル・サイト

関連作:『テケテケ2』(第2作)

評価:★★★
09/06/25DVD鑑賞
白石晃士 都市伝説ホラー 大島優子 西村喜廣 DVD新作
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ
にほんブログ村
コメント (4)

双子

2009年06月22日 21時48分46秒 | 亜細亜ホラー
TWINS/05年/香港/90分/劇場未公開
監督:フォン・ユンマン
出演:しらたひさこ、トニー・ホー、エミリー・クワン、サミュエル・パン

<ストーリー>
音信不通の双子の姉を捜すため、怪しげな香港の裏町にやって来た日本人女性を巡る。
<感想>
うん?ホラーか?

ホラーって感じがしないな~。
むしろサスペンス風に近い。

ま、どっちでもいいけど、物語の流れがグダグダ且つ支離滅裂なので、かなり鑑賞意欲を損なうのが痛い。

ホテルの支配人一家が次々と死んで行くのは、突発的な自殺あるいは事故なのか、それとも日本人女性による呪殺なのか。
この部分に一番関心が向くのだが、粗方予想通りでしたね~。

物語の影の全貌も細かい所は分からなくとも、大きな部分では何となく先読み出来ちゃう。
悪く言えば、昔良く観た‘ありふれた惨劇による怨念’なんですよ。
今更使い古された設定を引っ張り出してこなくても・・・。

何とも大雑把でお粗末な映画ですが、唯一救いがあったのは女優しらたひさこの怪演。

「逃がさないぃぃいいいいいい~」

不気味過ぎ!
怖すぎ!
目ん玉見開き過ぎ!!

綺麗な人だけど危ねぇデス。

後半10分前位からようやくホラーぽくなってちょっと面白くなってきたのに、オチで再び急降下。

しらたひさこがいなかったら、かなりダメダメな作品になっていたであろう凡作。

評価:★★☆
09/06/22DVD鑑賞
ホラー しらたひさこ DVD旧作
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ
にほんブログ村