銀幕大帝α

切り株推奨映画感想ブログにつきグロ画像注意。
御蔭様で12周年。3900作品レヴュー突破。御訪問有難う御座います♪

ファイティン!

2019年04月03日 16時17分48秒 | 韓国ドラマ
CHAMPION
2018年
韓国
108分
ドラマ/アクション
劇場公開(2018/10/20)




監督:
キム・ヨンワン
脚本:
キム・ヨンワン
出演:
マ・ドンソクマーク
クォン・ユルジンギ
ハン・イェリスジン
チェ・スンフンジュニョン
オク・イェリンジュニ
カン・シニョコンボ
ヤン・ヒョンミンユ・チャンス
イ・ギュホパンチ



<ストーリー>
海外に養子に出され孤独に生きてきた男が、実の妹家族と出会い、1度は諦めたアームレスリングのチャンピオンになるという夢に向かって再び挑む姿を描く。

絆のために
頂点を目指す!


―感想―

周りでウロチョロしている若造なんやねん。
プライドてもんがないのかよ。
金より大事なものがあるだろうが。
その点、マークの生き方は男気があって素敵だわね。

俺達のマ・ドンソクが主演て事で、これは絶対に観なきゃいかんだろと借りてきた。
ジャケ写からして腕相撲を題材にした映画だってのはアホでも分かります。
韓国版『オーバー・ザ・トップ』的な内容かなと思いながら観ていたら台詞でも「オーバー・ザ・トップ」と出てきたので、大分意識して作られたんだなあと。
ただスタローンの作品程の熱さや感動するものは余り無かったかな。
それを補っていた要素が強い家族愛とちょっとした韓国風の笑いだったように感じます。
まあ『オーバー・ザ・トップ』も腕相撲大会を通じながら父子の愛・絆を描いていましたが、こちらの作品は少し捻りがありまして。
若造が「妹なんていたっけ?」と疑問を投げ掛けるのが全て。
だからストーリー概要には嘘の記述があるんだよね。
その部分をマークは受け入れるのかどうなのかが終盤の見所となっているけれど、マークがどのような選択をするかは大体予想は付くかと。
そこは韓国らしからぬオーソドックスな展開でした。
なんか韓国映画なら「そっちへ話が転ぶのか」と予想外なものを期待しちゃうんですけどね。

兎にも角にも作品の中心に立つのがマ・ドンソクでありますから、あのガタイと風貌からして誰も目を合わせない、合わせようとしないビビリ具合が面白い。
しかし、妹と名乗る女性の子供2人が「叔父さん!」とえらい懐いてしまうのは、顔に似合わず性格が滅茶苦茶優しいという設定(悪党にはガン飛ばしまくりですけどw)。
この子供との交流がほのぼのとしていて凄く良い。
更に2人の子供の言動一つ一つが可愛いんですよ。

こういう心温まるシーンは私の表情も緩んでしまいますね、だってマ・ドンソクが子供に対してデレデレなんですから、そこら辺のギャップ差が実に微笑ましく私の目に映る。

本作の成功はマ・ドンソクを起用した事で上手くいったと言っても過言ではないでしょう。
なんてたって、あの腕、上腕二頭筋ですよ!
まるで大木。
アームレスリングチャンピオンという肩書に説得力あり過ぎ。
そして強面ながらもハートは常にピュアといった癖のあるキャラを全力で演じ、鑑賞者に思い切り好感を与える、そんな役どう考えてもマ・ドンソクしか演じられまいて、キャスティングの妙でこの作品は及第点に達しておりますな。

評価:★★★☆
19/04/02DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へバナーポチお願いします
にほんブログ村
レンタル開始日:2019-04-03
メーカー:彩プロ

オフィシャル・サイト

コメント

トラックバック

タクシー運転手 ~約束は海を越えて~

2018年11月05日 19時52分11秒 | 韓国ドラマ
A TAXI DRIVER
2017年
韓国
137分
ドラマ/サスペンス
劇場公開(2018/04/21)



監督:
チャン・フン
『高地戦』
出演:
ソン・ガンホキム・マンソプ
トーマス・クレッチマンユルゲン・ヒンツペーター(ピーター)
ユ・ヘジンファン・テスル
リュ・ジュンヨルク・ジェシク



<ストーリー>
タクシー運転手のマンソプは、「通行禁止時間までに光州へ行ったら大金を払う」と言う記者の依頼を受け、民主化デモが行われる光州へ向かうが…。

―感想―

ども!韓国という国は嫌いだが、韓国の映画は大好きな管理人ヒロ之です。

普段、日本ガー!!と火病てる癖に、お前ら同胞内で殺しまくっているじゃねえか。
こういう非情な事件の被害者遺族とかが裁判起こせよ。
国一丸となって日本に喧嘩売ってる暇なんてねえだろが、て本編観ながらずっと思ってしまったわ。
それはそれ、これはこれの考えなのかもしれんが。
兎に角何かと日本に対して難癖付けたがる民族である事には間違いない。
劣等感てやつかなww
まあいいや、ほっとけ日本政府も。

さあてこの映画ですが、題名通りにタクシー運転手が大ハッスルしちゃう内容です。
一度乗せた客は最後まで送り届けるのが礼儀、という韓国人にしては珍しく真っ当な考えでドイツの記者を死守しようとする。
軍は真実を外に漏らしたくないので、私服軍人が先頭に立って、カメラを回し続ける記者を執拗に追い掛け回るが、光州の市民は嘘ばかり流し続けるニュースに怒り心頭で、記者に全てを託す事になる。
検問でソウルのナンバープレートを見付けた軍人は何で見逃したんやろかね。
理由はあると思うのだが、ちょっと俺には分からなかった。
軍が容赦ない発砲を繰り返し、市民を皆殺しにしていくシーンは、それらを遠くから傍観するソン・ガンホ達の呆然とした表情等も重なって、相当胸にくるものがある。
が、ここからソン・ガンホの正義が目覚め(遅いわ)、救出作戦を決行していくのだが、なんと終盤は大掛かりなカーチェイスへ。

タクシー運転手同盟舐めんな!と言わんばかりに。

何としてでも真実を世に伝えてくれ、頼んだぞ!!
身を犠牲にしてまでも記者を逃がそうとするその勇気、行動、想い、胸アツである。
正直市民虐殺が始まる終盤までは、そんなに盛り上がる話でもなくぼけえと観てたのだが、最後の流れは良かったなあ。

当たり前だろうけど韓国人にも良心てもんがあるんだよ。
それを何故、日本に、日本人に向けない?
隣国なんだしよ、仲良くしようぜ。
お互いに反日、反韓してても得にはならんだろ、取り合えずそっちが先に考えを改める事やな、握手を求めてきたら日本人はちゃんと答えるからよ。

評価:★★★☆
18/11/04DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へバナーポチお願いします
にほんブログ村
レンタル開始日:2018-11-02
メーカー:ハピネット

オフィシャル・サイト

コメント

トラックバック

The NET 網に囚われた男

2018年01月16日 16時33分51秒 | 韓国ドラマ
THE NET
2016年
韓国
112分
ドラマ
劇場公開(2017/01/07)




監督:
キム・ギドク
『殺されたミンジュ』
脚本:
キム・ギドク
撮影:
キム・ギドク
出演:
リュ・スンボムナム・チョル
イ・ウォングンオ・ジヌ
キム・ヨンミン取り調べ官
チェ・グィファ室長
イ・ウヌチョルの妻



<ストーリー>
北朝鮮の漁師、ナム・チョルは、モーターボートで漁に出たある日、魚網がエンジンに絡まりボートが故障してしまう。韓国側に流された彼は韓国の警察に拘束された挙句、スパイ容疑で尋問を受けることに。

スパイでも英雄でもない。

―感想―

北の男だろうと関係なく親身になって接してくれた監察官の青年がナイスガイ。
逆に取り調べ官の男は糞野郎。
こいつ、どうしても拘束した男をスパイ扱いにしたくて躍起になり、無慈悲な暴力まで働くから、観ている私も腹立ってきて何時かギャフンと言わせてやれという気持ちだけが大きく生まれちゃったけれど、思い通りにギャフンと言わされて、自分がやった事を同じ様に仕返しされて、とここまでは期待通りの流れだったが、まさか頭おかしくなっていきなり大声でヤケクソ気味に韓国国歌を歌い出すてのにはかなりビックリした。
上から目線で横暴な態度だった人間が、ここまでコテンパンにされると、プライドズタズタに引き裂かれた事からの反動からか他の同僚が啞然としちゃう程にプッツンしちゃうものなんだね。

疑惑は晴れて無事に北に帰されるけれど、そこで待っていたのは又取り調べ。

これは、あれかなぁギドク監督ならではの名称に「北韓」と「南朝鮮」の違いはあれども、やっている事、考え方は同じ、結局どっちも朝鮮人なんだという皮肉なのかな。

果たしてあのまま言いなりになって南に亡命し、新しい女性と結婚して自由に暮らした方が幸せだったのか、それとも命を預けた北の地で監視対象にされながらも自由を求めて船に乗り射殺される事の方が彼にとっては本望だったのか。
愛国心もあるだろうけど、どっちの自由が人としての幸福なのか・・・。
何とも言い様のない悲しい結末だった。

南から持って帰って来たハテイクなぬいぐるみよりも、ボロボロになったぬいぐるみの方に男の娘が愛着を示すラストシーンにもその国の情勢が見て取れるんだよねぇ。
物は粗末にしちゃいけないという北の人達の貧しさから産み出る想いがさ。

評価:★★★★
18/01/15DVD鑑賞(準新作)
にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へバナーポチお願いします
レンタル開始日:2017-09-06
メーカー:キングレコード

オフィシャル・サイト(日本語)

コメント

トラックバック

コインロッカーの女

2017年01月06日 21時04分17秒 | 韓国ドラマ
COIN LOCKER GIRL
2015年
韓国
111分
ドラマ/犯罪
劇場公開(2016/02/16)



監督:
ハン・ジュニ
脚本:
ハン・ジュニ
出演:
キム・ゴウンイリョン
キム・ヘス“母さん”
オム・テグウ・ゴン
パク・ボゴムパク・ソッキョン
コ・ギョンピョチド



<ストーリー>
地下鉄のコインロッカーに、へその緒が付いたまま捨てられていた赤ん坊。イリョンと名付けられたその子は、仁川のチャイナタウンを支配する“母さん”と呼ばれる女に育てられ…。

-感想-

育った環境があんなんだからね。
ヤクザに囲まれ、屑を相手にして、と荒れた人生を送っている中で出会った心優しき青年。
今まで接触した事も無いタイプの人間だから、そりゃあ心も揺れ動くでしょう。
粋がってはいるけれど、心は乙女なんスよ。
又、同じく親に見捨てられたという接点もあり、恋にも似た同情もあってか同胞の取立て屋から逃がそうとする。
しかし彼に待っていたのは無情な死だった。。。

これを基点に、主人公は「家族」に反旗を翻す事となる。

血で血を洗い、自分が味わった無念と屈辱をきっちりと晴らす為に静かに行動を移していく。
韓国映画らしく暴力的な描写に一切の迷いがない。
相手が例え共に過ごして来た「家族」であろうとも、決意を邪魔する者には武器を手に持ち立ち向かっていく。
そしてこれらの行為は怒りの果ての組織壊滅へと繋がり、慕っていた“母さん”すらにも衝動を抑えられないまま心の叫びを爆発させて刃を突いてしまうであった。

捨てられていたコインロッカー。
養子縁組の書類を残していたコインロッカー。
初めと最後では全く意味が異なる小さな空間。
最低な場所に入れられた主人公が、今度は驚きの形で“母さん”の愛情を受け取り、これまでの人生を見詰め直すも、決断に至るのは“母さん”がやってきた仕事の引継ぎ。
これはもうきっぱりと裏社会から足を洗うよりも、敢えて“母さん”から貰った想いに彼女が態度で答えたという事になるだろう。
ただ一連の事件を経験した事で主人公の仕事に対する考え方は変わったと思う。
最後の最後に受け取った“母さん”からの優しさを彼女自身が生き方へと活かし、以前よりも平和的な道を歩んで行く、そんな気持ちの固め方を表情からも汲み取れるラストシーンだった。

主役を務めたのは新進女優のキム・ゴウンさんだが、前からルックスが剛力に似ているなあとあくまでも私個人の印象ではありますが、例え顔が似ていようとも女優としての器が丸っきり異なる。
剛力よ、エヴァンゲリオンのコスプレなんてしている場合じゃねぇぞ。
少しはキム・ゴウンさんの爪の垢でも煎じて飲め!
これが魂の篭った演技だ!
剛力だけじゃない、日本の若手女優皆にも言えること。
並みの演技でイケメン俳優と程度の低いラブロマンスなんてやっている場合か。
ちょっとは海外の女優さんの演技力をその目で観て意識を高めて貰いたいものだ。
こういう見事なまでのリアクションが取れる女優さんを観ると、改めて日本の若手と比べるとレベルが月とすっぽんだなと映画に挑む姿勢・役に入り込む準備が韓国では相当高いてのがはっきりと見えてくる。
“母さん”役のキム・ヘスが全身から放っていた危険極まりないオーラも日本女優じゃあそう簡単には真似出来ないだろうな。
韓国映画界って全てにおいて本当に徹底的だから凄いよ。

あー!この作品が昨年の「未体験ゾーン」の本命だったのか!?
他にも面白い作品はあったけれど、本作が頭一つ以上飛び抜けて完成度が高かった。
期間限定での公開ってのが勿体無いやね。
韓国映画だからって事でこんなにも素晴らしい作品がひっそりと公開されてひっそりと殆どの映画好きの目に止まらないまま姿を消してしまう日本の映画市場の今の現実に寂しさを感じちゃうよ。

評価:★★★★
17/01/06DVD鑑賞(旧作)
にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へバナーポチお願いします
にほんブログ村
レンタル開始日:2016-04-02
メーカー:アルバトロス

あいつの声

2016年02月07日 20時26分00秒 | 韓国ドラマ
VOICE OF A MURDERER
2007年
韓国
122分
ドラマ
劇場公開(2011/09/03)



監督:
パク・チンピョ
脚本:
パク・チンピョ
出演:
ソル・ギョング
キム・ナムジュ
キム・ヨンチョル
チョン・ヘジン

声の出演:
カン・ドンウォン



<ストーリー>
1990年代、ニュースキャスター、ハン・ギョンベの息子が誘拐される。犯人は脅迫電話で現金1億ウォンを要求。誘拐専門の刑事が捜査を開始するが、手掛かりは電話の声のみだった。

-感想-

韓国で起きた未解決事件を題材にしたドラマです。
これってさ、我々韓国警察は役立たず者ばかりの集まりですよ~、て宣伝してるみたいでさぁ、自国の悪い部分をあからさまにしても良いのか?大丈夫か?と自虐的な作りに苦笑いばかり出てくるんですが。
んまぁ、韓国警察は無能ちゅうのは今更の事でも無いですけども。
一度失態を犯した刑事(トランク)をそのまま又使う時点でアカンでしょ。
日本だと直ぐに交代させられるのとちゃうかなぁ。
親も親だしさ。
なんか危機意識が薄いんだよね、どいつもこいつも。
だから観ていてすっげぇ苛々してくるのよ。
そんなヘラヘラした捜査してたら、そりゃ助かる子供も助からんわ。
最新?技術の科学捜査を導入しても意味なし。
朝鮮人が使用している時点で、その使い方合っているのかと疑いたくもなる。
現にドヤ顔逮捕しても全部人間違いやし。

やっぱり韓国の警察に任せるとダメだこりゃ。

もうこの際、死んだ子供の事は忘れて、新しい赤ちゃんを授かっちゃえよ!
なんて不謹慎だけどボソッと呟いたら、主人公が全く同じ事を妻に言い出したものだから吹き出してしまった。
直後に私は韓国人と考えが一緒なのかよ、と自分の思考の低さにガックリきて情けなくなった。
下衆な男に成り下がってしまう所だったわイカンイカン。

ラストでは本物の犯人の肉声テープが流れるんだけども、それを聴くと電話での遣り取りはほぼ忠実に作品の中で再現はしてたんやね。
こうやってオリジナルの録音テープを流し観客に伝える事で、この痛ましい事件は忘れちゃいけないという監督の想いが少なからずとも込められてはいるんだろうなぁ。
日本人の私からすれば、韓国警察はバカだよという裏メッセージの方が強かったけどもね。

それにしても韓国の街は何処も彼処も渋滞だらけやん。
色んな意味で住み難そうな国ですわ。

評価:★★★
16/02/07DVD鑑賞(旧作)
バナーポチお願いします
にほんブログ村
レンタル開始日:2015-11-04
メーカー:CJ Entertainment Japan
コメント (6)