銀幕大帝α

切り株推奨映画感想ブログにつきグロ画像注意。
御蔭様で12周年。3900作品レヴュー突破。御訪問有難う御座います♪

パンドラム

2011年02月24日 23時25分12秒 | 洋画ホラー
PANDORUM/09年/米・独/107分/SFホラー・アクション/PG12/劇場公開
監督:クリスティアン・アルヴァルト
製作:ポール・W・S・アンダーソン

出演:デニス・クエイド、ベン・フォスター、カム・ジガンデイ、アンチュ・トラウェ、カン・リー、エディ・ローズ、ノーマン・リーダス

<ストーリー>
近未来、地球と似た環境の惑星への移住計画を遂行するため、宇宙飛行士たちが出発。しかし宇宙船内で冷凍睡眠から目覚めた乗組員たちは記憶を完全に失っていた。
<感想>
『エイリアン』と『プレデター』と『ゾンビ』をごちゃ混ぜにしたようなSFホラー。

割とこういう無茶な展開の映画好きっす。

食人鬼がダッシュで襲ってきたり、ひしめき合って眠っている間を息を殺して移動したり、果てには女性科学者が半端無く強かったり、ぬぬ!おもろいやんけ。

こういう類の映画って絶対女性の方が強い。
でもって可愛い♪
そして最後は、男が美味しい所を持って行く・・・。

『猿の惑星』的オチも中々。
脱出艇がボッコンボッコン飛び出してくる画が何か好きだ。

ベン・フォスターとアンチュ・トラウェ2人が頑張っている。
デニス・クエイドなんて座って指示しているだけやもんな。

おっさん、仕事しろよ!

いかにもポール・W・S・アンダーソンが好きそうなジャンル。

強可愛い女性って良いよな~。
惚れちまったよ。

オフィシャル・サイト(日本語)

評価:★★★
11/02/24DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へにほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ
にほんブログ村
レンタル開始日:2011-02-23
メーカー:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
コメント (6)

私の優しくない先輩

2011年02月24日 22時55分52秒 | 邦画ロマンス
10年/日本/102分/青春ロマンス・コメディ/劇場公開
監督:山本寛
原作:日日日
主題歌:Umika as Yamako『MajiでKoiする5秒前』

出演:川島海荷、金田哲、入江甚儀、児玉絹世、小川菜摘、高田延彦

<ストーリー>
16歳の女子高生・西表耶麻子は、同じ高校に通う南先輩に思いを寄せていた。そんなある日、天敵である不破先輩に、南先輩宛てのラブレターを読まれてしまい…。
<感想>
良い話なんですよ。

心臓に重い病気を抱えた西表耶麻子(通称やまねこ)のラブ・ストーリー。

とっても良い話なんです。

けど全く感動出来ません。
熱血過ぎて逆に一人浮いているはんにゃ・金田が危なすぎるから(良い意味で(笑))
おもろい演技するわ、こいつ。

ラストはハッピーエンドでいいんかな?
川島海荷がメッチャ可愛かった。
手をパタパタさせる仕草とかむっちゃキュート。
時折髪の毛の間から耳が見える所なんか堪らんわ(変なフェチ持っていてすまんね)。

恋っていいなぁ。
恋したいなぁ。

話自体は飛び抜けているものがないけれど、清々しい気持ちにさせてくれる映画でした。

オフィシャル・サイト

評価:★★☆
11/02/24DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
レンタル開始日:2011-02-23
メーカー:アニプレックス
コメント (2)

インシテミル 7日間のデス・ゲーム

2011年02月24日 22時55分38秒 | 邦画サスペンス
10年/日本/107分/サスペンス・ミステリー/劇場公開
監督:中田秀夫
原作:米澤穂信『インシテミル』
主題歌:May'n『シンジテミル』

出演:藤原竜也、綾瀬はるか、石原さとみ、阿部力、武田真治、平山あや、石井正則、大野拓朗、片平なぎさ、北大路欣也

<ストーリー>
フリーターの結城ら10人の男女が時給11万2千円の高額バイトに参加するため、謎の施設“暗鬼館”を訪れる。
<感想>
いかにも、ここならこうします、みたいな押しつけがましい演出が嫌い。

死ぬ思いで大金を得たんだから持って帰ればいいやん。
なんで捨てるんかいな。

こうした方がカッコいいだろ?みたいな監督の意図が見えてくるけど、私から言わせれば逆にカッコ悪いわ!

就寝10時が決め事だけれど、起床は何時OKなん?
探偵決めて、事件が起きたら多数決で犯人を決めるってのも1回しかしてねぇやん。
平山あやは斧で人の頭カチ割った後ぶっ倒れていたけれど、死んだん?
そもそもこんな人が死ぬ実験を世界に映像を配信して、普通に携帯でも観れるって、日本警察どころかFBIも動くだろうよ。

なんか無茶苦茶な映画やな。
てか実験の意味そのものが意味分からん。

こんな浮きまくりのストーリー、日本映画らしくて涙がでらぁ。

オフィシャル・サイト

評価:★☆
11/02/23DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
レンタル開始日:2011-02-23
メーカー:ワーナー・ホーム・ビデオ

処で私、生涯唯一愛する女優は石原さとみたんだけ!って決めている位好き、大好き、愛している、LOVEなんだけれど、そういや彼女が出ている映画やドラマってあんま観た事ないや。
多分演技しているさとみたんは余り好きじゃないのかも。
バラエティなんかでゲスト出演している時の素のさとみたん、笑顔が眩しいさとみたんが好きなんだと思う。

今作では難病を抱える子供を持つ、自殺願望が強かった女性というイミフな役なんだけれど、ちっとも笑ってくれないの。

無表情・・・

無表情過ぎる・・・

怖いよ~笑ってよ~

釘打ち銃なんて持っちゃダメ

叫んでもだめ~

だから!叫んだ顔だめだってば~
笑ってさとみたん

おい死ぬんかい笑わないまま死ぬんかい

特典映像のみでの満面の笑み。
うんやっぱ、さとみたんは笑顔が一番キュートだを
コメント (8)

アフターライフ

2011年02月23日 19時43分05秒 | 洋画サスペンス
AFTER.LIFE/09年/米/103分/サスペンス・ミステリー/劇場未公開
監督:アグニェシュカ・ヴォイトヴィッチ=ヴォスルー
出演:クリスティナ・リッチ、ジャスティン・ロング、リーアム・ニーソン

<ストーリー>
交通事故に遭ったアンナが葬儀屋の屋敷で目覚めた。葬儀屋はアンナがすでに死んでいると主張するが、彼女はそれが信じられず……。

<感想>
何ともまぁ豪華な組み合わせ。
死体役が似合うのはリッチくらいでしょ。
最近の彼女、かなりスリムになって私的には微妙。
『バッファロー‘66』の時が一番良かったな~(遠い目)。
にしても本編の殆どを全裸で演じていたのには驚いた。
でも何故か裸に興奮しなかった。
あれか?死体役だからか?
そそられる裸じゃなかったんだろうな、うん。

「お前はもう死んでいる」

ケンシロウ・・・じゃなくてニーソンにそう告げられて

「嫌だ死にたくねぇ!た・・・助け・・・」

と悲願するザコ・・・じゃなかったリッチとロング。

ゴーストホラー?
のんのん。
「生きていても良い事無いだろ?死んどけ(にやっ)」

おくりびとという名の連続殺人鬼。

あっさりと死を受け入れるリッチが腑に落ちないが、警官が安置所に訪れる場面だとか、鏡に息がかかる場面とか中々のハラハラ感を味わえる作品でした。

ニーソンは救急隊の無線を傍受して、ひたすら先回りして事に及んでいるんだろうね。
これに生き甲斐を感じているんだろう。
これの何処が楽しいのか分からんけれど、殺人鬼に理由はいらんからね。

死んでいないのに死んだように葬られる。
嫌な余韻を残すには絶妙過ぎる、静かに流れ出すエンディング曲「Exit Music」byRadiohead。
名曲だ。

オフィシャル・サイト(英語)

評価:★★★
11/02/22DVD鑑賞(準新作)
にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
レンタル開始日:2011-01-21
メーカー:東宝

はい。
ここからは恒例の未成年は閲覧禁止ゾーンだよ。
おっぱい観たけりゃ大人になれ!
























【リッチの楽園】へようこそ

どうにもリッチのヌードにエロさを感じない。
ムラムラ度(2/5)
コメント (4)

セクシー・キラー リベンジ・オブ・ザ・デッド

2011年02月23日 18時45分16秒 | 洋画ホラー
SEXYKILLER, MORIRAS POR ELLA/08年/スペイン/87分/エロティック・ホラー・コメディ/劇場未公開
監督:ミゲル・マルティ
出演:マカレナ・ゴメス、セサール・カミーノ、アレホ・サウラス、アンヘル・デ・アンドレス

<ストーリー>
エリート医大で連続殺人事件が発生。脳医学の研究生が、脳にある物質を投与し記憶を呼び覚ますことで犯人を特定できると発表。早速死体に物質を投与するが、ゾンビとなって蘇ってしまい…。

<感想>
雑誌「ブルーレイでーた」での未公開作をとことん紹介するコーナーで、本作が作品賞に選ばれており、ちょっと興味が出て借りてみた。

まぁ何だね。
パロディ系コメディだよね。

冒頭に出てくるのは『スクリーム』で有名なあのマスクをちょっと改造した殺人鬼。

ホラー映画ネタを用いたセリフもポンポン飛び出します。

その中でも一番のお気に入りは『羊たちの沈黙』に関する問題ネタ。
『スクリーム』でも『13金』ネタでの同じような場面があったよね。

「問題。『羊たちの沈黙』で世間を賑わせていた犯人の名前は?」
1・カンニバル
2・ハンニバル
3・その他

あ、これ引っ掛かったわ^^;
皆さんは分かりますよね?

中盤まではスラッシャー映画でありながらもミュージカルが突如入ったり、死体を扱ったブラックネタなんかもあったりと雰囲気明るいコメディホラー。

が、終盤に突如としてゾンビ映画へと!?
蘇ったばかりのゾンビはベラベラ喋る!
コーヒー飲んだら抉られた腹から流れ出し、顔を見合わせて大笑いしながら「カンパーイ」。

けど、時間が経てば従来のゾンビに成り果て、無数のゾンビ集団がパーティ会場に乱入。
ゾンビと殺人鬼が対決するというハチャメチャな展開に失笑必至!!

私は好きです、こういう下らないの(笑)。

因みにセクシー・キラーと言いながらも全く可愛くありません。
チワワの顔を人間の顔にしたみたいな女には流石の私でも萌えないねぇ。

オフィシャル・サイト (スペイン語)

評価:★★★
11/02/21DVD鑑賞(旧作)
にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へにほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ
にほんブログ村
レンタル開始日:2010-10-02
メーカー:トランスフォーマー

コメント (2)