銀幕大帝α

切り株推奨映画感想ブログにつきグロ画像注意。
御蔭様で14周年。4000作品レヴュー突破。御訪問有難う御座います♪

ただ悪より救いたまえ

2022年05月04日 13時52分25秒 | 韓国アクション

DELIVER US FROM EVIL

2020年

韓国

108分

アクション/サスペンス/犯罪

劇場公開(2021/12/24)

監督:
ホン・ウォンチャン

『オフィス 檻の中の群狼』
脚本:
ホン・ウォンチャン

出演:
ファン・ジョンミン・・・インナム
イ・ジョンジェ・・・レイ
パク・ジョンミン・・・ユイ

白竜・・・先生
豊原功補・・・コレエダ・ダイスケ

<ストーリー>

凄腕の暗殺者・インナムは、東京での仕事を最後に引退を決意する。一方、インナムに兄を殺された殺し屋・レイは、復讐のために死体の山を築きながらインナムに迫り…。

殺し合う理由。
そんなものは忘れた――

―感想―

オカマちゃん( ´∀`)bグッ!

昔、死んだばあちゃんが言ってた「オカマにはね悪い人は殆ど居ないんだよ」って。

只のオカマという設定じゃないのがキャラとして活きている。

彼・・・彼女?にも韓国に残してきた我が子がいるというのが、子の為に奮闘する主人公に対して強い気持ちが反映して、少なからずとも好意的な感情が芽生えていたから、あれだけ非協力的にはならなかったんだろうなあ。

俺も心の何処かでオカマちゃんが助けに来てくれるて願っていたもの。

誘拐されて臓器売買で命の危険に晒されている娘を救い出そうとする合間を縫って主人公に殺された兄の敵討ちだと執拗に追い掛けてくるレイ、一つの工場を潰された恨みだと刺客を送り込む現地大物ボス、そして警官隊。

すんなりと目的だけを果たさせてくれない、その余計な邪魔によって、とんでもない殺戮アクションと化す。

こんな香港映画でも滅多に見れない様な演出、よう考えるわ。

殺す時は必ずその体、解体しますがモットーなレイの狂気以上他ならない鬼の執念も凄まじかったが、主人公の子を必ず無傷で保護するという為だけに生きている、その勇ましい姿には心震える。

頑丈なアタッシュケースの使い方なんて、展開に上手く作用しとる。

俺はどれだけ傷だらけになろうとうも例え死のうとも構わない、この子だけは安全に逃がすんだ!

なんとなくリーアム・ニーソンの『96時間』を彷彿させる内容で、あれに韓国特有のエグさを追加させた感じ。

そして欧米映画だったなら、あー良かった良かっためでたしめでたし、で終わる所を、韓国映画なもんだから猛烈な悲壮感を漂わせてエンディングを迎える。

父の娘を想う感情の爆発から最後に辿り着く安心と永遠の別れ。

どっぷりと切ない余韻に浸れる意味では、本作の様な観客の心情を揺さぶって来るクライマックスの方が堪らなく好きだ。

誘拐という危うき目に遭い、ストレスで言葉が発せなくなった子が、少しだけ待っていてくれるか?と告げた際、主人公にハグを強請る場面で、思わず嗚咽を漏らす父。

ああいうのほんまダメ、俺まで目頭にグッときてしまったがな。

序盤日本で一仕事終えたその後は、怒涛の展開で、どういった結末になるのか気になるし、ほんと最後まで目が離せなくなる傑作。

オカマちゃんの圧倒的存在感に、それ以上の活躍には期待しか持てない等、各々のキャラ立ちとバイオレンス的アクションとそれらが上手く嚙み合った筋書き、全てに心底楽しませて貰った。

「お父さんはサッカーボールを作ってるんだ」

何かの隠語か?と邪推してたら、まんまサッカーボール製造工場だったのには苦笑い出た。

評価:★★★★★

22/05/04DVD鑑賞(新作)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へバナーポチお願いします
にほんブログ村

レンタル開始日: 2022-04-27

メーカー: ツイン

オフィシャル・サイト

コメント


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

スティール・レイン

2022年04月01日 13時34分37秒 | 韓国アクション

STEEL RAIN 2: SUMMIT
2020年
韓国
132分
アクション/サスペンス/ミリタリー
PG12
劇場公開(2021/12/03)



監督:
ヤン・ウソク
脚本:
ヤン・ウソク
出演:
チョン・ウソンハン・キョンジェ
クァク・ドウォンパク・ジヌ
ユ・ヨンソクチョ・ソンサ
アンガス・マクファーデンスムート米国大統領

<ストーリー>

冷戦状態が続く朝鮮半島で、韓国、北朝鮮、アメリカの首脳が北朝鮮高官の軍事クーデターに巻き込まれ、原子力潜水艦に監禁されてしまう。

原子力潜水艦爆破まで、残り“9秒”――

―感想―

あんな米大統領なんておらんやろ(笑)。

コメディアンじゃねえんだから。

けど、監禁されている米韓朝の3人によるまるで他人事の様なやり取りがコントみたいやから、観てて聴いてて楽しいてのはあったし、これを糞真面目に描いていたら俺は退屈してたかもしれない。

米朝の2人が潜水艦から脱出するまでは、そこかしこで緩い雰囲気なのだが、その後はビシッと引き締まるのが良い。

対日本潜水艦の魚雷に怯える乗組員と、そんなの気にせずに核を発射させろマン、それを何としても阻止したい韓国大統領、そして上官の命令を無視させ魚雷回避を伝える者。

撃つのか逃げるのかの艦内に充満する極限の心理・精神状態がひしひしと伝わり、終盤の各々の考え方から目まぐるしく変わる状況に強い緊張感を覚えて面白かった。

フィクションだから笑って観れたし、全てが丸く収まったラストにも満足は得たけど、北朝鮮なら本内容の様な無謀作戦を現実でもやりそうな感じはするから、ある意味リアルちゃあリアル。

現在ロシアがウクライナ侵攻を続けているが、世界が平和である為にも戦争を止める事が如何に大事か、そこの辺りを深く考えさせられる作品でもある。

ま、何にせよ、潜水艦ものはハズレなしという映画界の定説を本作でも証明してくれてました。

評価:★★★☆

22/04/01DVD鑑賞(新作)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へバナーポチお願いします
にほんブログ村

レンタル開始日: 2022-03-18
メーカー: ハーク

関連作:
『鋼鉄の雨(2018)』

オフィシャル・サイト

コメント


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

白頭山大噴火

2022年01月10日 20時05分29秒 | 韓国アクション
ASHFALL
2019年
韓国
128分
アクション/パニック/アドベンチャー
劇場公開(2021/08/27)



監督:
イ・ヘジュン
キム・ビョンソ
『監視者たち』

脚本:
イ・ヘジュン
キム・ビョンソ

出演:
イ・ビョンホンリ・ジュンピョン
ハ・ジョンウチョ・インチャン
マ・ドンソクカン・ボンネ
チョン・ヘジンチョン・ユギョン
ペ・スジチェ・ジヨ



<ストーリー>
。北朝鮮と中国の国境地帯にある白頭山が噴火し、人々は大混乱に陥る。火山を沈静化するため、韓国政府は特殊作戦チームを北朝鮮に送り込むが…。

半島が、崩壊する。

―感想―

おいおい、オープニングからいきなりクライマックスじゃねえか。
ビル崩壊とか、描写がリアル過ぎて、その大スペクタクルに興奮しちまっただよ。
まあその辺の感情の起こりは映画だから、てのもあるわな。
実際に遭遇したら興奮するはずもなく、がむしゃらに逃げ惑うだけなんだろうけど。

オープニングが終わったら、映像的には結構落ち着くんだけど、それでも決死の作戦を描いているのもあって適度な緊張感は最後まで持続する。
その緊張感を和らげるかの様にちょっとしたユーモアを所々で入れてくるのは韓国映画の十八番。

敵対していた者同士が、行動を共にすることで情に流され、次第に心を許していく間柄となっていく。
「お前は、立派な父親になれ」
イ・ビョンホンが最後に取った行動はズルいわ。
あんなことされたら、俺でも涙すると思う。
腹を銃で撃たれたのもあって、死が近付いてきているのを悟った上で相手を信用しての考え、そして自然と体を動かしたんだろうなあ。
エンドロール中に短い映像があるんだけど、それを見せられると尚更胸を締め付けられる思いになった(本当なら笑うのが正解なんだろうけど、2人の別れのシーンを思い出すと複雑になるがな(^^;))

あんな大地震の最中にも関わらず無事に子供が生まれてきたのは大変喜ばしい事だが、一人の死に一人の生と、違う感動を観客に与える演出の上手さ、終盤に強く盛り込ませる巧みさに脱帽だ。

陽気な旦那に釣り合う奥さんはこの人以外いないだろってくらいにベスト夫婦でしたね、ほんま優しさと可愛らしさが満ち溢れた新妻さん(で、生まれてきた子は男の子?女の子?)。

評価:★★★☆
22/01/10DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へバナーポチお願いします
にほんブログ村
レンタル開始日:2022-01-07
メーカー:ツイン

オフィシャル・サイト

コメント

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

潜入

2021年10月16日 13時40分41秒 | 韓国アクション
BLOODY TIE
2006年
韓国
117分
アクション/サスペンス/犯罪
R15+
劇場公開(2021/06/18)



監督:
チェ・ホ
『ビッグマッチ』
脚本:
チェ・ホ
出演:
ファン・ジョンミン
リュ・スンボム
キム・ヒラ
チュ・ジャヒョン
オン・ジュワン
イ・ドギョン




<ストーリー>
経済危機に揺れる韓国・釜山を舞台に、相棒を麻薬王に殺された過去を持つ刑事と、成り上がりをもくろむ麻薬密売人の攻防を描く。

―感想―

15年前の映画だから、何もかもが古い!
この当時の韓国には普通にスロット機専門店があったんやね(換金できる所とか日本と同じ)。
今はそういう店、ないんでしょ?

何故15年前の作品が今になって劇場公開されたのか鑑賞しても良く分らんのよね。
つまらなくはないけど、飛び抜けて面白いとは思わなかったし。

本作が特殊なのは、全てが生々しい。
頻繁に出てくるセックスシーンもそうだし、韓国が得意とする暴力描写、後、麻薬中毒者の姿とかさ。
こういうのを観ると、あー韓国映画やなあて思うのと同時に、現代の韓国映画は昔と比べたら若干セックスシーンは控えめになっているのかもと感じたりも。
けど、バイオレンス部分は昔も今も変わってないよなぁ(笑)。

台詞の一文で『お前は曲がったモヤシだ』てのがあるんだけど、どういう意味なのかピンと来なかった。

終盤、無茶苦茶な展開になるのにはビックリしたが、韓国映画はこういうのが良いんだよね。
人を人とは考えない非人道的な描写があっての韓国犯罪映画なのだから。

評価:★★★
21/10/16DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へバナーポチお願いします
にほんブログ村
レンタル開始日:2021-10-06
メーカー:カルチュア・パブリッシャーズ

オフィシャル・サイト

コメント

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

剣客

2021年08月19日 15時48分37秒 | 韓国アクション
THE SWORDSMAN
2020年
韓国
100分
アクション/歴史劇
PG12
劇場公開(2021/04/02)



監督:
チェ・ジェフン
脚本:
チェ・ジェフン
出演:
チャン・ヒョク
キム・ヒョンス
ジョー・タスリム
チョン・マンシク
イ・ミンヒョク
イ・ナギョン
チャン・ヒョンソン




<ストーリー>
かつて最強の武人と謳われたが、現在は山奥で娘のテオクと静かに暮らすテユル。歴戦の古傷が父の視力を奪おうとしていることを心配したテオクは、治療のためテユルを都へ連れ出すが…。

―感想―

勧善懲悪を真っ直ぐに描いた剣術アクションやね。
どことなく『るろうに剣心』実写版と似た空気を感じたのは俺だけだろうか。
それに『座頭市』をミックスさせた様な作風。

お前らなんか俺様の稽古相手にもならねえわwと鼻で笑っていた野蛮人が、コテンパンにされて腰を抜かす姿が痛快。

「娘を返せ!」

敵へと向かっていく時の顔は鬼の形相だが、殺陣は冷静且つスピーディーに行う父親がべらぼうに強かった(笑)。

まあ、普通に良く出来た内容だったと思いますよ。
話も分かり易かったですし。
ソードアクションもカンフーの要素をそれとなく取り入れたもので、カッコ良さが画になっていました。

只、自分的には、そんなに心というか感情が持って行かれる程でもなかったんだよなあ。
戦う父親の姿勢にはかっけえな、とはなったが、夢中で観るまでは行かなかったんだよ。
魅力に感じる何かが欠けてたんだろうな、自分の中では。
アクションシーンが似た様なものばかりだったから??

都の気の強いお姉さんが美人でしたが、チャーミングさは娘さんの方が勝ってた。
つか、そのお姉さん、短剣使いの名手とか言われてたけど、あの短剣捌き観ていても全然名手には感じなかったのだが。

評価:★★★
21/08/19DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へバナーポチお願いします
にほんブログ村
レンタル開始日:2021-08-04
メーカー:クロックワークス

オフィシャル・サイト

コメント

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする