銀幕大帝α

切り株推奨映画感想ブログにつきグロ画像注意。
御蔭様で10周年。3700作品レヴュー突破。御訪問有難う御座います♪

タイタンの戦い

2010年08月31日 00時14分42秒 | 洋画アドベンチャー/ファンタジー
CLASH OF THE TITANS/10年/米/106分/劇場公開
監督:ルイ・ルテリエ
出演:サム・ワーシントン、ジェマ・アータートン、マッツ・ミケルセン

<ストーリー>
古代ギリシャ。神々が権力争いをする中、人間の王が横暴な神に反乱を企てる。彼らの宣戦布告に激怒した天上の創造主・ゼウスは、冥界の王・ハデスと魔物たちを地上に解き放つ。
<感想>
前置きが長過ぎるし、つまらん。
神々の会話も、もうちと短めに頼むわ。

巨大サソリが出てきた辺りからようやく話が盛り上がってきて面白くなったね。

メドゥーサやクラーケンのCG映像はクオリティが高くて好印象。
ペガサスは是非乗ってみたいよね。
え?人間は乗れないの?
チッ、使えねぇ馬やな。
サソリに乗るのは勘弁な。
すげぇ酔いそうやし。

まぁ下手したら長尺になりそうな話を短尺に纏めた所は良しとしたい。
只それ故に話の流れが大雑把な印象は受けるのだが。

ジンってさ、メドゥーサの眼力効かないって知ってた?
あのさ、奴だけ行かせてたら仲間全滅しなかったんじゃね?

それともう一つだけ大きくツッコませてくれ。
あれだけ神からの贈り物を断固拒否していたあの決意は何処いった?

結局使うんじゃねぇか神剣!!

小さなツッコミ、大きなツッコミ。

自分的には同じ神々を扱った『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々』の方が好きどす。

オフィシャル・サイト(日本語)
オフィシャル・サイト(英語)

関連作:
『タイタンの戦い(1981)』(オリジナル)
『タイタンの戦い(2010)』(第1作)
『タイタンの逆襲(2012)』(第2作)

評価:★★★
10/08/28DVD鑑賞
ルイ・ルテリエ アクション・アドベンチャー・ファンタジー サム・ワーシントン ジェイソン・フレミング レイフ・ファインズ リーアム・ニーソン ピート・ポスルスウェイト リメイク ワーナー・ホーム・ビデオ DVD新作
にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
コメント (14)   トラックバック (10)

ゾンビ2030

2010年08月23日 20時57分15秒 | 洋画ホラー
HUNTING GROUNDS/08年/加/93分/劇場未公開
監督:エリック・ビロドー
出演:パトリス・ルブラン、パトリック・バビー、マリー=エヴァ・ルミール

<ストーリー>
アルコールとゲームだけの生活に耐えられなくなったポールは、違法なガイドや仲間たちと共に“本物の”獣狩りを始めるが…。
<感想>
開始早々、またヤヴァイもの借りちゃったんじゃないかと猛烈な不安に。
何せ

はめ込み画像

モロ、ですから。

そしてそこからもストーリーの流れが極端に悪く、軍隊の話やハンター達の話なんかを特に盛り上がりもなく淡々と見せるので、もう眠たくって・・・。

薬品が地面に漏れて死人が生き返るといった定番を踏まえながら、ヘルメットゾンビが大量に地中から出てきながらも、一向に見せ場がやってこないんでこりゃ困ったゾっと。

このまま話が進展しなかったらどうしようかと思っていたら後半でようやく面白くなってきた。

近未来という設定を上手く利用しているし、C級ながらもセット作りは割と本格的にやっている点、それと汚らしいゾンビに、体の一部を吹き飛ばしてもノロノロと歩いている描写等、評価出来る部分が終盤でちらほら出てきた事が救い。

ホログラムが主流という設定故に、目の前のゾンビが現実か仮想現実か分からない所がちょっと面白くしている。

狩りに来ていたヲタク女が
「ちょっと、もういい加減にそのホログラムゾンビを消してよ!」
と囲まれつつものほほんと言い放つが、実は現実のゾンビだったというオチ。
挙句、パニックになってそのまま襲われるという。

もう一点、ゲーム感覚で全身完全武装に加え、充電式のバースト銃片手に一人森を駆け抜けていた青年が襲われてゾンビ化した後、体にでっかい風穴を開けながらも執拗に追いかけてくる所は微妙に描写が面白い。

ゴアシーンを多く取り入れた後半以前は全く観る価値無しだが、近未来ゾンビ映画を作ろうという意気込みだけは感じ取れました。

けど、無理に借りてまで観る映画じゃない事は確か。
ゾンビを愛する、ゾンビ映画を網羅している人だけ観て下さい。

オフィシャル・サイト(英語)

評価:★☆
10/08/23DVD鑑賞
ゾンビ・ホラー トランスフォーマー DVD新作
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ
にほんブログ村
コメント (2)   トラックバック (1)

ハイヤード・ガン

2010年08月22日 01時08分47秒 | 洋画アクション
HIRED GUN/09年/米/106分/劇場未公開
監督:ブラッド・ユルイェンス
出演:シェーン・ウッド、マイケル・マドセン、イリア・ヴォロック、ヨハン・アーブ

<ストーリー>
凄腕の殺し屋・チャドは、ある日ボスのイェーゴに呼び出されて彼と共に謎の黒いケースの受け渡しに向かう。その後チャドは、イェーゴが核爆発を起こそうと企んでいることを知り…。
<感想>
うへぇ・・・おもんないわ。

殺し屋、テロリスト、サイコポリス、娼婦、そしてFBI。

これだけの異色キャラを出しておきながら、盛り上がりが乏しいのは何故に?

終始ダ~ラダラとした展開で、合間にちょっぴりガン・アクションみたいなのがあるけれど、ちっとも話に弾みがないんだよね。

テンポが悪過ぎるのと、後、素人カメラマンが撮ったような場面毎に画面色が変化しているという安っぽさが目立ち過ぎて、開始5分も経たない内にコリャあかんわと確信。

核兵器を作動させて、もろに放射能を浴びたのに至って元気な主人公もどうかと思うが、そもそもその主人公が魅力ゼロのおっさんだから尚更白けモード全開。

唯一良かったのはショットガンで頭を吹き飛ばすゴアシーンのみかも。

本来なら異色キャラが集合して銃撃戦勃発したらそれなりに「見所」となるはずなのに、ちっとも楽しめないばかりか、加えあのふざけたラスト。

これは全て製作者側に問題ありですな。

評価:
10/8/17DVD鑑賞
アクション マイケル・マドセン 日活 DVD準新作
にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
コメント (2)

バチアタリ暴力人間

2010年08月15日 22時08分43秒 | 邦画アクション
10年/日本/114分/オリジナルビデオ
監督:白石晃士、笠井暁大
出演:白石晃士、笠井暁大、山本剛史、福島慎吾、堀田範仁、長澤つぐみ、大迫茂生

<ストーリー>
心霊ビデオを撮影していた白石コージは、ふたり組のチンピラに現場をメチャクチャにされてしまう。さらに、彼らは白石にギャラを要求し、自分たち主演の心霊ビデオ話を持ち掛ける。
<感想>
ハッタリドキュメ撮らせたら本当に面白いものを作るよな~。

今まで彼の色んな偽ドキュメ作品を観させて貰ったけれど、本作程ふざけた内容は無かったから、逆に新鮮さを感じてちょっと引きつけられてしまった。

パンツ一枚で股間を押さえながら踊る白石晃士監督なんて貴重過ぎてヤバイでしょ(笑)。

お得意のモキュメンタリーでありながらも、何処かバカバカしくて不真面目で下品で暴力的な異色作品なので、監督の作品を網羅している人以外は観ない方が賢明ですね。

私でも終盤のアレやアレにはかなり引いちゃったもんな~。

有る意味凄いけど、有る意味正しくバチアタリな問題作ですよ、これは。

評価:★★☆
10/08/15DVD鑑賞
ドキュメンタリー風アクション・コメディ・ホラー 長澤つぐみ クリエイティブアクザ DVD新作
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ
にほんブログ村
コメント (2)

第9地区

2010年08月15日 21時37分08秒 | 洋画アクション
DISTRICT 9/09年/米・ニュージーランド/111分/劇場公開
監督:ニール・ブロンカンプ
出演:シャールト・コプリー、デヴィッド・ジェームズ、ジェイソン・コープ、ヴァネッサ・ハイウッド

<ストーリー>
南アフリカに住み着いた宇宙難民の異星人居住区で、謎の液体を浴びた男の体が異星人化していく。
<感想>
低予算でここまで描ききれる、これは凄い事だと思うよ。

上空に停滞している巨大宇宙船、薄汚く気持ち悪い姿形で地球の移住区に留まるエビども、レーザー・ガンやらミサイルやらでMNU部隊を一掃しまくるパワードスーツ。

これだけの大作にも引けを取らないCG技術やセットを用意しながらも、3000万ドルの予算で抑えられたこと自体が信じられないのに、更に新人監督や無名俳優起用ながらも濃厚なストーリー展開に驚きと興奮すらも与えてくれる奇跡のような作品に仕上がっているのだから脱帽せざるを得ないです。

モキュメンタリーから始まる本作はMNU職員ヴィカスを中心に置きながら、エビたちへの強制移住計画、実行、そしてヴィカス本人に降りかかる予想外な事態へと繋がっていく。

エビたちを汚らわしいものたちとして上から見下し、卵ですら平気な顔して始末する傲慢で横暴な態度を見せつけるヴィカスには流石に観ていて良い感じはしない。
しかし彼の不注意で体に異変が起こり始めてからは、毛嫌いしていたものになっていくという焦りと恐怖が表情からひしひしと伝わり、必死で変貌を食い止めようと無謀な行動に走る姿、猫缶を貪り食う自分に悲観し涙する感情変化の著しさが丁寧に描写された事で、徐々に彼の傷ついた心情に同情し始め、否応無しにヴィカスというエリートから一気に化け物へと落ちぶれた人間に応援心すら湧いてくる。

この一人間の心理状態を深く掘り起こしたドラマ部分は、アクション巨編へと繋がる中盤以降の布石としては申し分ない程の完璧さを生み出している。

そしてヴィカス本人が運命をかけて挑む対MNU部隊との攻防では、迫力と残酷さを兼ね揃えたアクションが堪能出来るが、ここでも一匹のエビに全ての信頼を託し、事を終え力尽きた彼の瞳の奥に、未来に訪れるであろう信用による希望が映り出ていて、程良く感動的な余韻を与えてくれるのだ。

本作ではテーマ性云々が素晴らしいと言われているが、私は一人の男が運命に翻弄されていく大きくも繊細さに長けたドラマな流れに秀逸さを感じた。

オフィシャル・サイト(日本語)
オフィシャル・サイト(英語)

評価:★★★★☆
10/08/15DVD鑑賞
SFアクション・ドラマ ピーター・ジャクソン PG12 ワーナー・ホーム・ビデオ DVD新作
にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
コメント (20)   トラックバック (16)

TEKKEN 鉄拳

2010年08月15日 03時01分39秒 | 洋画アクション
TEKKEN/09年/米/93分/劇場公開
監督:ドワイト・リトル
出演:ジョン・フー、ケリー・オーヴァートン、ケイリー=ヒロユキ・タガワ、イアン・アンソニー・デイル

<ストーリー>
近未来。街を牛耳る巨大財閥の警備隊に母を殺された青年が復讐に燃える。
<感想>
日本の宝(ゲーム・漫画)を最大限に駄目な実写化にする典型的な1本。

衣装だけ似せて、キャラクターの持ち味、魅力を全く活用していません。

タイ映画のガチファイトで目が肥えてしまっている私としては、只ぶん殴っているだけの痛さが伝わってこない戦いを見せられても面白くもなんともない。

髪だけがしっかり三島平八していたのに、戦わないのね。
満を持してラスボスで出てきた三島一八(どう見ても親子じゃねぇだろ)なんて鉄の斧振り回してからっきし弱いんだから困ったちゃんです。

アメリカ人って自国の漫画キャラはきちんと上手く描くのに、どうして日本のものは中途半端にしか引き出せないんでしょうかね。

嫌がらせか!

もうこれからは日本のキャラクターものは全て三池崇に作らせなさい!
メリケン野郎に任せるとろくなもんが出来ないって、いい加減気付けよな。

あ、でもクリスティ・モンテイロのハミケツは最高でした。

所で警備部隊のヘルメットが剣道具ってのは軽いジョークだよな?
寒過ぎて笑えないけど。

オフィシャル・サイト(日本語)

評価:★☆
10/08/14ブルーレイ鑑賞
格闘技アクション ワーナー・ホーム・ビデオ ブルーレイ新作
にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村

関連作:
『TEKKEN -鉄拳-(2009)』(第1作)
『鉄拳 Kazuya's Revenge(2014)』(第2作)
コメント (2)   トラックバック (2)

沈黙の鉄拳

2010年08月15日 02時29分16秒 | 洋画アクション
A DANGEROUS MAN/09年/米/94分/劇場公開
監督:キオニ・ワックスマン
出演:スティーヴン・セガール、マーライナ・マー、ジェシー・ハッチ、バイロン・ローソン

<ストーリー>
元特殊部隊員の男が、麻薬密売事件に巻き込まれた女性と彼女の叔父を救う為、銃や拳法を駆使して悪徳警官やマフィアと戦う。
<感想>
好き者には持て囃されているだけに、もはや日本の父か、大阪の親父か、本国では当たり前のDVDスルーなのに、しっかり劇場公開してくれる日本には敬意を持って貰いたいセガールオヤジの最新作。

新作とは言え、中身は相変わらず安っぽい毎度御馴染の似たり寄ったりな展開なんですけどね(笑)。

冤罪でムショにぶち込まれた元特殊部隊員(またか)のおっさんが、無実が認められて晴れて6年ぶりに出所した日に、酒店の前でチンピラ2人をボコボコに殴り車を奪った上に、警官殺しを目撃した青年を中国マフィアから助けるだけじゃ物足りず、トランクに押し込められていた美女を救出し、更にロシアン・マフィアと手を組んで、彼女の叔父を救うべく組織のアジトへと無表情でずかずかと乗り込んで壊滅させて、めでたく解決・・・。

暇人かっ!!

冒頭では暴漢に襲われた妻を助ける善人ぶりを見せていたのに、出所した途端に悪党も尻尾を振って逃げ出す暴君オヤジに大変身。

この無茶苦茶さがセガール映画の持ち味ではあるが、もう一つの持ち味である無敵ぶりも最大に発揮。
銃弾は避けて飛んでいるし、カンフー野郎相手でも一発もヒットしないしと、かすり傷一つ無しのノーダメージを常に保ちながら、終始セガールオヤジのどすこい拳法で瞬殺祭りを開催しているだけなので、ほとほと苦笑いしか出てきません。

そりゃあゾンビが相手でも一捻りしていたんだもん、生身の人間が幾ら必死になっても太刀打ち出来るはずがない。

もうこのオヤジを倒すには核弾頭を放つしかないかもしれない。

オフィシャル・サイト(日本語)

参考:
『沈黙の戦艦』(沈黙シリーズ第1弾)
『沈黙の要塞』(沈黙シリーズ第2弾)
『暴走特急』(沈黙シリーズ第3弾)レンタル済み
『沈黙の断崖』(沈黙シリーズ第4弾)レンタル済み
『沈黙の陰謀』(沈黙シリーズ第5弾)
『沈黙のテロリスト』(沈黙シリーズ第6弾)
『沈黙の聖戦』(沈黙シリーズ第7弾)
『沈黙の標的』(沈黙シリーズ第8弾)
『沈黙の脱獄』(沈黙シリーズ第9弾)
『沈黙の追撃』(沈黙シリーズ第10弾)レンタル済み
『沈黙の激突』(沈黙シリーズ第11弾)レンタル済み
『沈黙の奪還』(沈黙シリーズ第12弾)レンタル済み
『沈黙の傭兵』(沈黙シリーズ第13弾)レンタル済み
『沈黙の報復』(沈黙シリーズ第14弾)レンタル済み
『沈黙のステルス』(沈黙シリーズ第15弾)レンタル済み
『沈黙の鉄拳』(沈黙シリーズ第16弾)
『沈黙の鎮魂歌』(沈黙シリーズ第17弾)
『沈黙の逆襲』(沈黙シリーズ第18弾)レンタル済み

評価:★★☆
10/08/14DVD鑑賞
バイオレンス・アクション スティーヴン・セガール R15+ ワーナー・ホーム・ビデオ DVD新作
にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
コメント (6)   トラックバック (3)

ゴールデンスランバー

2010年08月15日 01時27分31秒 | 邦画サスペンス
09年/日本/139分/劇場公開
監督:中村義洋
出演:堺雅人、竹内結子、吉岡秀隆、劇団ひとり、柄本明、濱田岳

<ストーリー>
首相暗殺の濡れ衣を着せられた平凡な男の逃亡劇。
<感想>
中村義洋監督と原作者伊坂幸太郎による3度目のコラボ作品。
奇想天外なストーリーが話題を先行する過去の2作品(『アヒルと鴨のコインロッカー』『フィッシュストーリー』)と同じく本作でも先が読めずにグイグイ引き込まれる面白さがあります。
随所に出てくる仲間達との思い出のシーンもきちんと伏線として機能しているし、追われる立場になった青柳が繋がりを持つ者、持たない者から助け舟を出されて右往左往に街中を逃げ回り、今後どういう行動を起こすのか、小刻みな流れの良さが興味を生み出し緊張感も持続させてくれます。

只、少しばかり現実離れ感が目に付く。

例えば白昼堂々とショットガンをぶっ放すサイコキラー刑事はまず日本社会には有り得無さ過ぎ。
ラストの下水管花火も、何時の間に?という疑問と共にそんな馬鹿なという苦笑感すら抱いてしまう。

国家陰謀を匂わせる事件背景も有耶無耶で終わっているのもすっきりしない。

青柳が最終的に下す決断も、結果的には彼自身が負けを認めた様な感じがして、納得も清々しさも得られない。

フィクションだからと片付けられればそれで終わりだが、終盤の展開が余りにも急ぎ足になった上に、それまで維持されてきた現実味が一気に崩壊してしまった事で、物語の行き着いた先に全く親しみを湧けなくなってしまった。

纏まった様で本当は全く丸く収まっていないんじゃないかなぁ。

起承転までは合格点だが、やり過ぎてしまった結によって今一つ心に響くものが無かった事がとても残念。

確かに先が読めない面白さで飽きる事無く観れたが、映画は終わりが大事だというのを思いっきり感じさせれました。

オフィシャル・サイト

評価:★★★
10/08/14DVD鑑賞
サスペンス・ミステリー 堺雅人 竹内結子 吉岡秀隆 劇団ひとり 柄本明 濱田岳 ベンガル 大森南朋 貫地谷しほり 相武紗季 永島敏行 石丸謙二郎 ソニン でんでん 竜雷太 伊東四朗 香川照之 斉藤和義 アミューズソフトエンタテインメント DVD新作
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

関連作:
『ゴールデンスランバー(2018)』(同一原作(韓国版))
コメント (6)   トラックバック (2)

ザ・セルラー

2010年08月14日 03時11分39秒 | 洋画ホラー
HUSET VID VAGENS ANDE/03年/スウェーデン/72分/劇場未公開
監督:マルティン・シェルベリー、ニルス・ヴァーリン
出演:マティアス・オールソン、サンドラ・ソールダルドッティル、ヘンリク・ダニエルソン

<ストーリー>
別荘で作品を制作中の美大生4人が幻覚に襲われ、精神に異常をきたす。
<感想>
何でもネット上で初めて行われた08年のインソムニフェスト・オンライン・ホラー・フィルム・フェスティバル(長っ!)で監督賞と脚本賞を受賞したとかで、ちょっとは期待していたんだけれど、蓋を開けてみれば非常に眠たくなる作品でした。

正直他に受賞出来る作品なかったんかいな、と。
本作が受賞するなんてそれだけレベルが低いネットフェスだったのか?と疑わずにはいられない内容。

素人ならではのざらついた荒削りな画面は致し方ないとしても、ストーリーを追っていく内に意味がどんどん訳が分からなくなっているし、人物たちの間では奇妙な出来事が起こっているにも関わらず、観ている方には何も起こっていないというホラーにもなっていないいい加減さ。

更には真相解明すらされず、結局何を描いて何を分からせようとしたかったのか掴めない有様で、これには流石の私でも睡魔に襲われるのは当然の結果。

刺激を与えてくれる要素が一つでもあれば少しは納得出来たかもしれないが、作りの全てが粗過ぎてとても集中して観れる作品ではないです。

評価:
10/08/13DVD鑑賞
ホラー エプコット DVD新作
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ
にほんブログ村
コメント (4)   トラックバック (1)

アリス・イン・ワンダーランド

2010年08月14日 02時44分00秒 | 洋画アドベンチャー/ファンタジー
ALICE IN WONDERLAND/10年/米/109分/劇場公開
監督:ティム・バートン
出演:ミア・ワシコウスカ、ジョニー・デップ、ヘレナ・ボナム=カーター、アン・ハサウェイ

<ストーリー>
19歳のアリスが幼いころに訪れたアンダーランドに再び迷い込み、救世主として独裁者の赤の女王と対決する。
<感想>
観るまでに時間がかかるけど、いざ観始めたら意外とハマるのがティム・バートンの世界。

今作も序盤こそ退屈しかけたけれど、アリスが穴に落っこちた所から一気に夢中になってしまった。
穴を落ちていく際の様々な障害物が乱れ飛ぶ世界は滑稽。
更にアンダーランドに広がるビジュアルの美しさ、ユニークなキャラたちとの絡みには楽しさを大きく味あわせてくれます。

どの作品でも言える事だけれど、発想豊かな不思議なキャラクターを惜しみなく登場させて観る側にワクワクさせてくれるバートンの演出は彼の特技というよりはもはや神業。
所詮子供向けでしょ、と端から笑っていた私ですら完全に魅了されてしまったのだから、流石エンタメの魔術師と感心せずにはいられません。

人間以外はほぼCGなのに合成に違和感を感じさせない所も素晴らしいの一言に尽きます。

「打ち首じゃ~」が口癖の赤の女王、常にお姫様歩きの白の女王、帽子作りを始めると周りが見えなくなるマッドハッター、でかくなったり小さくなったりと大忙しのアリスなど、動物じゃない人たちも生き生きと存在感を示しているので、最後まで明るく愉快な雰囲気を持続させている点も大きい。

ちょっぴりグロい描写もあるけれど、毎度のバートン流ユーモアだと思えば逆に笑えますしね。
子供には刺激が強いかもしれないけれど^^;

話が進むめば進むほどグイグイ引き込まれていく賑やかさ、華やかさがあり、三十路を過ぎたおっさんが童心に帰ったような気持ちで楽しく観れちゃったんだから、バートンの映像表現力は本当に凄い!!

オフィシャル・サイト(日本語)

評価:★★★★
10/08/13DVD鑑賞
ファンタジー・アドベンチャー ジョニー・デップ ヘレナ・ボナム=カーター アン・ハサウェイ アラン・リックマン マイケル・シーン クリストファー・リー ルイス・キャロル『不思議の国のアリス』 ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン DVD新作
にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村

関連作:
『アリス・イン・ワンダーランド(2010)』(第1作)
『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅(2016)』(第2作)
コメント (6)   トラックバック (13)