銀幕大帝α

切り株推奨映画感想ブログにつきグロ画像注意。
御蔭様で10周年。3400作品レヴュー突破。御訪問有難う御座います♪

実験室KR-13

2010年01月31日 19時44分56秒 | 洋画ホラー
THE KILLING ROOM/08年/米/94分/サスペンス・ホラー/PG12/劇場公開
監督:ジョナサン・リーベスマン
出演:ニック・キャノン、クレア・デュヴァル、ティモシー・ハットン、クロエ・セヴィニー、ピーター・ストーメア

<ストーリー>
密室に閉じ込められた4人の男女をさいなむ、血まみれた洗脳実験の恐怖を描く。
<感想>
面子は豪華なんだけれど、展開が地味なんだわ、これが。

最初は何の実験しているのか分かんなかったけれど、後半で暴露。
9・11を体験したアメリカ人が事件を教訓に極秘に作り上げようとしている

「人間兵器」

やったんやねぇ。

実話が元ネタだけにあってもおかしくない話だけど、政府の目論見に巻き込まれた一般市民の悲運という視点から見ればかなり怖いです。

必死に密室から脱出しようとする者と、何もしないで裏切り行為を働く者。
生き残れるのは一人。
果たして最終的に選ばれし者は??

何かすっきりしない候補者選びの実験内容・・・。

もう少し緊張感がある展開が観たかったかも。
でも、

いきなりバーン!!



終わったと思ってたらまだ続くのね

な、後味最悪なエンディングは良し。

心理実験と称されてはいるけれど、一番心理的に洗脳されていたのは配属された新人女性研究員だったってのが一番怖いかも^^;

オフィシャル・サイト(日本語)

評価:★★☆
10/01/31DVD鑑賞(新作)
実験室KR-13 ジョナサン・リーベスマン ニック・キャノン クレア・デュヴァル ティモシー・ハットン クロエ・セヴィニー ピーター・ストーメア 角川映画
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ
にほんブログ村
レンタル開始日:2010-01-29
コメント (8)   トラックバック (6)

ウルヴァリン:X-MEN ZERO

2010年01月31日 18時55分37秒 | 洋画アクション
X-MEN ORIGINS: WOLVERINE/09年/米/108分/アメコミSFアクション/劇場公開
監督:ギャヴィン・フッド
出演:ヒュー・ジャックマン、リーヴ・シュレイバー、リン・コリンズ、

<ストーリー>
戦争の英雄が恋人の死と兄の裏切りを経て、野獣のごときミュータントになるまでの苦悩を描く。
<感想>
面白かったですよ。

ちょっと善良な市民が虫けらのように殺されるのは気分が悪かったですけど。

まぁそういう事をする輩にはウルヴァリンの鉄槌、もとい鉄爪が下されますから!!

序盤でのチームXによる襲撃シーンでは、色んな特殊能力を持ったミュータントたちが持ち味を活かして大暴れしますが、画的に観てもアクション的に観ても凄く楽しめました。
特に刀使いであるウェイドが、最終的に美味しい所一人占めしていたけれど、あの風車の如く刀を回しながら弾丸を斬って弾いて全滅させるとこはマジでカッコ良かった。

他にも部隊員にテレポーテーション使いのライス(実は物凄く弱い)や、戦車の砲弾をもはね返すフレッド(後半ではトンデモ姿に!?)、クールな銃使いゼロ(演じるのは私が好きな韓国ドラマ「私の名前はキム・サムスン」や「春のワルツ」のイケメン俳優ダニエル・ヘニー!初めての悪役だけど、かなり良い味だしていました)と、こいつらだけで一国潰せるんじゃないのか!って思えるほどのムチャぶりと強過ぎに痛快・爽快感を思いっきり味わえましたねぇ。

さて、今作はウルヴァリンの誕生秘話との事で、年を取らない長寿故に多くの戦地を経験し(『プライベートライアン』にも出ていたなんて!プッ)、更に人殺し集団から足を洗ってからは斧を片手に大工仕事に汗を流し、時には丸裸で牧場を突っ走った事が縁で革ジャンゲットし、そして彼の最強武器である鉄爪誕生秘話と、見所盛り沢山でウルヴァリンファンとしては申し分ない出来ではありました。

悪の親玉ストライカーが開発した最強ミュータントとの大決戦も迫力満点で、手に汗握る攻防戦にワクハラさせられっ放し。

後半では、監禁されていたケイラの妹エマの可愛さにうっとりし、サイクロップスの破壊光線や、あのハゲオヤジことパトリック・スチュワートのサプライズ登場など、細かい部分でも楽しませてくれて満足感一杯。

「此処は何処?私は誰?」

状態になったウルヴァリンの今後の行方にも注目したいので続編熱望です。

オフィシャル・サイト(英語)
オフィシャル・サイト(日本語)

関連作:
『X-メン』(オリジナル・シリーズ第1作)
『X-MEN2』(オリジナル・シリーズ第2作)
『X-MEN:ファイナル ディシジョン』(オリジナル・シリーズ第3作)
『ウルヴァリン:X-MEN ZERO(2009)』(ウルヴァリン・シリーズ第1弾)
『ウルヴァリン:SAMURAI(2013)』(ウルヴァリン・シリーズ第2弾)
『LOGAN/ローガン(2017)』(ウルヴァリン・シリーズ第3弾)
『X-MEN:ファースト・ジェネレーション(2011)』(シリーズ第1弾)
『X-MEN:フューチャー&パスト(2014)』(シリーズ第2弾)
『X-MEN:フューチャー&パスト ローグ・エディション(2014)』(シリーズ第2弾・別バージョン)
『X-MEN:アポカリプス(2016)』(シリーズ第3弾)

評価:★★★★
10/01/30ブルーレイ鑑賞(新作)
ウルヴァリン:X-MEN ZERO ヒュー・ジャックマン ライアン・レイノルズ ドミニク・モナハン スタン・リー リチャード・ドナー 20世紀 フォックス ホーム エンターテイメント ジャパン
にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
レンタル開始日:2010-01-22
コメント (16)   トラックバック (9)

ムーン・オブ・ザ・デッド

2010年01月29日 00時54分47秒 | 洋画ホラー
SEVENTH MOON/08年/米/87分/ホラー/劇場未公開
監督:エドゥアルド・サンチェス
出演:エイミー・スマート、ティム・チョウ

<ストーリー>
中国を訪れた新婚カップルが、田舎町で白塗りゾンビの群れに襲撃される。
<感想>
内容よりも先に目が行ったのがスタッフ陣。
監督は、古くは『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』、最近では腸を使って綱引きをして見せた『地球外生命体捕獲』エドゥアルド・サンチェス
そして主演は『バタフライ・エフェクト』ジェイソン・ステイサムと競馬場で公然セックスをぶちまけた『アドレナリン2 ハイ・ボルテージ』のイカシタ女エイミー・スマート

もうこれだけでも十分借りる気を起こさせるのに、更にゾンビものときた。
一体どんなものを観せてくれるんだと期待は膨らむってもんです。

ワクワクしながら眠たい目を擦りつつ、深夜の1時に観始めたら、あまりの恐さに驚いた!!

無茶苦茶良く出来てますよ、これ。

確かにDVDスルーならではの安っぽさと荒削りさが尾を引いてはいますが、

ぼんやりとしか見せない正体不明の謎の集団、

一夜限りという設定による終始暗闇の中での(一見何が起きているのか分かり難いけれど、それが逆に良い!)雰囲気という恐怖で観る者を引きつける演出力、

異国の地である中国を舞台にしているだけに、外人カップルが言葉や風習、伝承がさっぱり掴めず、何が彼らを襲っているのか、どうすれば助かるのかといった先の進み方に行き詰まり、逃げるしかないという負の連鎖ばかりが襲いかかり、希望の光が全く見えてこない絶望感を抱きながら右往左往するだけと云った物語構成の上手さも手伝ってか、緊張の鼓動が常に脈打ちラストまで一気に見せてくれます。

デヴュー作『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』は久々のフェイクドキュメの傑作だったけれど、本作は何となくそれに近い異様な匂いを感じさせます。

手持ちカメラを多用した襲撃場面なんか本当にゾクゾクさせられたもんなぁ。

これマジで個人的にオススメなだけに、DVDスルーなのが余計に惜しい。
損をしているタイトルによってレンタル店で見かけてもチラ見スルーされそうなので、ここはこの場を借りて声を大にして言っておこう。

ホラーファンは観とけ!!

評価:★★★☆
10/01/28DVD鑑賞(新作)
ムーン・オブ・ザ・デッド 松竹ホームビデオ
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ
にほんブログ村
レンタル開始日:2010-01-27
コメント (6)   トラックバック (1)

アドレナリン2 ハイ・ボルテージ

2010年01月27日 03時08分52秒 | 洋画アクション
CRANK: HIGH VOLTAGE/09年/米/96分/アクション・コメディ/R18+/劇場公開
監督:ネヴェルダイン、テイラー
出演:ジェイソン・ステイサム、エイミー・スマート、クリフトン・コリンズ・Jr

<ストーリー>
毎時充電しないと死ぬ、人工心臓を移植された荒くれ男チェリオスの運命は?
<感想>
オープニングからテンション高っ!!
冒頭からこんなに飛ばして最後まで持つんかいなって心配する・・・必要なかったわ(笑)。

バッテリー切れが頻繁に起こる為にチャージ場所探しに大忙し。

高圧電流直接接触は大助かり。

スタンガン、人間摩擦なんてあまり役に立たねぇ。
やっぱり一番は、公然セックスでぇぃ!!

いやまぁ凄いから。
チェリオスとイヴ(好い女デス)との競馬場でのXXは!
思わず飛び越える馬のデカ長ポコチン眺めてワォ~♪

犬に付ける強制首輪をチェリオスが巻いた時が一番爆笑しちゃったな~。
ステイサムのあんな異様な動きなんか他の映画では絶対観れないから。

全編見渡したら、おっぱい&尻&放送禁止用語&モザイク&腸&ゲロ、そして大怪獣と悪ノリ全開。
しかしこれが面白いようにストーリーを盛り上げていて、退屈するなんて以ての外の愉快・痛快・爽快もっとこい!!

元々96分と短いけれど、それ以上にあっという間に終わっちゃった感じ。
(第3作熱望!同監督で!!)

前作のシーンや深い関わりがあるキャラが出てくるので、1作目を観ておくともっと流れが分かり易い。
まぁ1作目の続きだから、観ておくことが前提なんだろうけどね。

バカ過ぎる内容に、バカ過ぎるステイサム。
こんなタイ焼きの尻尾までバカがぎっしり詰まった映画もたまには良いかも。
観る側の立場を考えて、いかに上手い事ツボにハマらせるかを工夫しがら演出した監督のアイデア勝利の作品やね。

鑑賞後は思いっきり渋く呟こう☆

「チキン&ブロッコリ」(意味分かんないけど^^;)

オフィシャル・サイト(日本語)

関連作:『アドレナリン』(第1作)

評価:★★★★
10/01/26DVD鑑賞(新作)
アドレナリン2 ハイ・ボルテージ ジェイソン・ステイサム エイミー・スマート バイ・リン デヴィッド・キャラダイン ライオンズゲート ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
レンタル開始日:2010-01-27
コメント (14)   トラックバック (2)

山形スクリーム

2010年01月25日 01時02分34秒 | 邦画コメディ
09年/日本/116分/コメディ・ホラー/劇場公開
監督:竹中直人
出演:成海璃子、沢村一樹、AKIRA

<ストーリー>
落ち武者の亡霊に魅入られた女子高生たちの運命は?
<感想>
温水洋一にふっさふさの髪の毛が生えるのは笑ったさ。

でも全体的にテンション上がりまくりな笑いに全くついていけなかった。
部分的に緩い笑いを入れるのならまだしも、妙にクセのあるキャラ達が、クスリとも笑えないギャクを5分に1回ぶちかましてくれると、観ているこっちはテンション下がりまくり。

基本、度が過ぎたコメディって好きじゃないんですわ。

コメディにしたいのか、ホラーにしたいのか、どっちつかずなストーリーも寒い。

今回、初めて竹中直人監督作品というのを拝見したんだけれど、観終わった後に彼の過去作を観たいと思わせる気持ちにはさせてくれなかった。
映画人としてはこれはあかんでしょ。

俳優としてのユーモアセンスは持っているとは思えるけど、監督としてはまだまだコメディに対して勉強不足なのかって思われても仕様がない。
これまで多くの多彩なジャンルの作品に出ているので、映画通でも笑わせる‘笑い’とはなんぞや、というのを少しは頭に染み込んでいると思っていただけに、その部分の期待に答えてくれなかったのが残念。

しかし、ずらりと並んだ豪華な出演者を見れば分かるように、彼自身、人脈は広いんだぞって事は凄く実感出来た。
只、結果的に無駄使いなんだけどね(笑)。

オフィシャル・サイト

評価:★☆
10/01/24DVD鑑賞(新作)
山形スクリーム  成海璃子 沢村一樹 六平直政 田中要次 井口昇 荻野目慶子 篠原ともえ 赤井英和 石橋蓮司 斉木しげる デビット伊東 クリスタル・ケイ 生瀬勝久 由紀さおり セディックインターナショナル
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
レンタル開始日:2010-01-22
コメント (6)

ファイナル・デッドゲーム

2010年01月24日 23時39分59秒 | 洋画ホラー
THE BLACK WATERS OF ECHO'S POND/09年/米/94分/ホラー/劇場未公開
監督:ガブリエル・ボローニャ
出演:ロバート・パトリック、ジェームズ・デュヴァル

<ストーリー>
惨劇の孤島で、古代遺跡で発掘されたボードゲームの指示通りに殺しあう9人の運命は?
<感想>
ホラー版『ジュマンジ』みたいな紹介をされていたけれど、あんまりボードゲームは関係ないような気が・・・。
カードを捲って

秘密を暴露しろ

カップルを交換して愛を求めよ

隣の者と口づけをかわせ

みたいな他愛無いものばかり。
挙句、盤の中にある鏡に映った事を実行せよとかの指示が出てきて、女同士でちちくりあったりとか、どうでもいいようなシーンが60分!!

拷問のような1時間が過ぎた辺りから、ようやく悪魔が出てきて、個人それぞれの秘密が関係人物にバレテいき、恨み節たっぷりに殺し合い勃発。
頭をぶん殴ったり、チェーンソー持ちだしてモツを出してみせたりと、まぁ割とここは面白かった。

悪魔に取り憑かれ、狂気と化した人間は、目から黒い血を流しながら一目散に追いかけてくる。
まるでゲーム「バイオハザード5」に出てくる人間モンスターそのまんまです。

過去に惨劇があった舞台となる島の所有者は『ターミネーター2』のロバート・パトリックなんですが、何故にこのおっさんが持ち主なのかは謎。
しかし、不意打ちでショットガンぶっ放して脳天吹きとばしたりと、変にイカレ具合を披露していてナイスなキャラではありました。

で、大惨劇に幕を閉じたと思ったら、いきなり場面が!?

ボードゲームだけにふりだしですか??

評価:★★
10/01/21DVD鑑賞(新作)
ファイナル・デッドゲーム AMGエンタテインメント
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ
にほんブログ村
レンタル開始日:2010-01-22
コメント (4)   トラックバック (2)

デフロスト

2010年01月17日 01時02分51秒 | 洋画ホラー
THE THAW/09年/米・加/93分/SFホラー/劇場未公開
監督:マーク・A・ルイス
出演:ヴァル・キルマー、マーサ・マックアイサック

<ストーリー>
温暖化で溶けた氷河の下から発見された未知の寄生虫が、人々の体に寄生して大量繁殖していく。
<感想>
地球存続に直面した今、映画界でも度々取り上げられている地球滅亡に至るまでの経緯を、違う視点から描いたパニック・ホラーです。

温暖化により氷の下から出現したマンモス。
その体内に眠っていた太古の寄生虫もが目を覚まし、調査員たちを死に至らしめる。

怖いというよりかは、描写的に気持ち悪いです。

体に潜り込んだ寄生虫が卵を植え付けて幼虫が孵化していくと、人間は体力を失っていき、嘔吐し、皮膚が腐っていく。
そして、呼吸困難に陥り死亡すると、無数の幼虫がキーキー鳴きながら大量に死体から溢れだしてくるんだから、もうかなりゾゾッとさせられます。

ラボに隔離されていた白クマが、大量の寄生虫で覆い尽くされて、茶色の塊になってしまう場面は虫嫌いな私としては体中がムズ痒くなりましたよ。

寄生虫を世に出すまいと奮闘する者、逆に体内に潜ませて街に持ち帰ろうとする者、自分が寄生された為に発狂する者。

一つの施設を舞台に生き残る術や苦悩、絶望、野望を抱く人間たちが、いがみ合い対峙していく場面はかなりの緊迫感があり面白い。

人類絶滅説には色んな推測があるけれど、稀に無い変化球で投げつけてきた本作のパターンには意表を突かれた感じ。
大津波、大地震など直球勝負で描いた作品が多い中で、今作のような異色の考えを用いたパニック作も中々のものです!!

評価:★★★
10/01/15DVD鑑賞(新作)
デフロスト ヴァル・キルマー 日活
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ
にほんブログ村
レンタル開始日:2010-01-15
コメント (10)   トラックバック (1)

トランスポーター3 アンリミテッド

2010年01月17日 00時19分49秒 | 洋画アクション
TRANSPORTER 3/08年/仏/103分/アクション・サスペンス/劇場公開
監督:オリヴィエ・メガトン
出演:ジェイソン・ステイサム、ナタリア・ルダコーワ、フランソワ・ベルレアン、ロバート・ネッパー

<ストーリー>
プロの運び屋、フランクが手首に爆弾の罠を仕掛けられ、国家を揺るがす謎の赤毛の女を運ぶことになる。
<感想>

「ちくしょ~電話帳じゃねぇか!!」

毎回ルールを破るのはお約束。

今作では、車から離れるとフランクが爆死してしまうので、チャリで神がかり的なテクニックで爆走したり、電車の屋根から車ごとスーパージャンプしたりと、兎に角、車から遠ざかるまいと必死のパッチで荒技連発を惜しげもなく披露し楽しませてくれます。
後、意味無く服を脱ぎまくり、上半身裸が度々出てくるのはファン・サービスか?

そばかすなんて気にしないわ~♪

今回の依頼品(ヒロイン)は顔面そばかすだらけの新星ナタリア・ルダコーワ
人によっては、店内で平然と放尿し、後部座席でキャキャー騒くだけ騒いで、フランクの心配をよそに疲れたら平然と寝ているだけのどうしようもないアホ女なので、腹立つかもしれない。
けどそういうキャラ設定なんだから許してあげてよ。

え?何故に彼女を庇うのかって?

まぁ、あれだ、好みだからさ。

映画ではアホキャラだったけど、実生活では結構好い女だと思うんだよな~。
私個人として、こういうブス可愛い女性の方が案外ジャストミートだったりするんです。

ほっといてくれ。。。

フランクと別れのキスをする時の顔なんてメッチャ可愛く見えたんだ。

別にいいだろ!ほっといてくれよ。。。

リュック・ベッソン脚本らしい、相変わらず物語性が薄いのが難だけど、肉弾戦アクション(フランクも悪役も銃器を使用しない所がミソ)に魅せられ、ナタリア・ルダコーワに癒され、親玉のありきたりな最期に失笑した作品でした。

しかし、この運び屋フランクに恋話は必要だったのか?
終わらせるつもりだったのならこれでも良いとは思うが・・・。
今回の結末じゃあ続編構想に支障を来たすだろうから、多分もう無いんだろうな。

意外とひょいっと出来たりして。
それはそれでどういう風に持ってくるのか楽しみはあるけどね。

オフィシャル・サイト(英語)
オフィシャル・サイト(仏語)
オフィシャル・サイト(日本語)

関連作:
『トランスポーター』(第1作)
『トランスポーター2』(第2作)

評価:★★★
10/01/14DVD鑑賞(新作)
トランスポーター3 アンリミテッド ジェイソン・ステイサム セーム・シュルト ヨーロッパ・コープ コリー・ユン アスミック
にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
レンタル開始日:2010-01-15
コメント (8)   トラックバック (5)

人喰いアメーバの恐怖2

2010年01月14日 00時40分19秒 | 洋画ホラー
SON OF BLOB/71年/米/88分/SFコメディ・ホラー/劇場未公開
監督:ラリー・ハグマン
出演:ロバート・ウォーカー・Jr、リチャード・スタール、ゴッドフリー・ケンブリッジ

<ストーリー>
赤いゼリー状の人喰いアメーバ‘ブロブ’が人々を吸収しながら成長していく。
<感想>
前作で南極に葬られたはずのアメーバが、どういう経路でかは不明だが、再び登場し、町をパニックに陥れる。

特撮ものとしては、アメーバの動きが中々素敵で良い感じだが、ホラーとして観ても、コメディとして観ても中途半端過ぎるにも程があり、最低レベルのB級。

今回はボウリング場をメイン舞台にしているのだが、全てのレーンを埋め尽くしながら押し寄せる波のようにアメーバが人間を次々と飲み込んでいく場面はチープながらも、しっかりと見せようという意欲は伝わり評価はしてあげたいが、けど何なんだ、この盛り上がりの無さわ(笑)。

続編というよりかは、セルフパロディみたいな位置付けの作品だけど、余りにも全てが酷過ぎて言葉が見つからないや。

関連作:『マックィーンの人喰いアメーバの恐怖』(1作目)

評価:
10/01/13DVD鑑賞(新作)
人喰いアメーバの恐怖2
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ
にほんブログ村

アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン

2010年01月14日 00時10分40秒 | 洋画サスペンス
I COME WITH THE RAIN/09年/仏/114分/サスペンス・ミステリー・ドラマ/PG-12/劇場公開
監督:トラン・アン・ユン
出演:ジョシュ・ハートネット、木村拓哉、イ・ビョンホン、トラン・ヌー・イェン・ケー、ショーン・ユー

<ストーリー>
人の傷を治す能力をもつ青年を巡り、元刑事の探偵とマフィアのボスの運命が交錯する。
<感想>
感想を書くのに一番困るタイプの作品やね。

娯楽作として観る映画ではないです。
敢えて言うなら、芸術映像って所でしょうかね。

特殊能力を持つ青年シタオを中心に、色んな人物が絡み合っていくんだけれど、物語はあってないようなものだし、それ以前に何故にシタオは治癒能力を持っていて尚且つ不死身なのか、人物設定としての説明が全くないので「何なん?こいつ」みたいな偏見な目でしか観れない。

誰か一人にでも感情移入出来れば良かったんだろうけど、出てくる人物皆おかしいからなぁ。

日韓米のスター3人は個性的なキャラながらもそれぞれ良い演技していましたよ。

体中虫まみれになるキムタク。
常に全身血まみれなジョシュ。
殺した犬で人間をぶん殴る、有る意味イッているビョンホン。

う~ん、演技は申し分ないよね~。
特にキムタクはかなりの汚れ役(ヘンチクリンな役)ながらも頑張っていた方でしょう。
けど、演出的には外面よりも内面の心理的な部分を強調しているので、どうにも人物に厚みがあっても物語に厚みが感じられず、映画としては面白いとは言えないんだよな~。

宗教映画として、又はアート映画として(部分的に流れる曲がアートバンドのレディオヘッドやし、連続殺人犯が人肉で組み立てたオブジェもアートやしね)観れば良い線いっているけど、普通に楽しんで観ようとするとかなり呆気にとられるかもしんないです。

あ、今気付いたわ。
製作国がフランス。
どうりで・・・^^;

オフィシャル・サイト(日本語)

評価:★★☆
10/01/12DVD鑑賞(新作)
アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン ジョシュ・ハートネット 木村拓哉 イ・ビョンホン ショーン・ユー エイベックス
にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
レンタル開始日:2010-01-13
トラックバック (1)