銀幕大帝α

切り株推奨映画感想ブログにつきグロ画像注意。
御蔭様で10周年。3400作品レヴュー突破。御訪問有難う御座います♪

インフェクテッドZ

2019年03月16日 14時53分38秒 | 洋画ホラー
PATIENT ZERO
2018年
アメリカ
86分
ホラー/アクション
劇場未公開



監督:
ステファン・ルツォヴィツキー
出演:
マット・スミス
ナタリー・ドーマー
スタンリー・トゥッチ




<ストーリー>
人間を凶暴な捕食者に変える新型狂犬病により世界は崩壊し、生存者は地下施設で暮らしていた。感染者と意思疎通ができる能力を持つモーガンとローズ博士は、その治療法を探るが…。

―感想―

ジャケ写にゾンビて書かれているからゾンビものだと思って借りたのにゾンビちゃうやんけ。
狂犬病を介した狂人が正解。

映画が始まる前に注意書きとして「グロテスクな表現があるのでお子さんに配慮」みたいな事がテロップで出たので、どれだけグロテスクな映像が用意されているのかとワクワクしていたが、なんでい、噛み付かれた陽気な太っちょの腕を切断するシーンだけやないかい。

と、若干不満を口にしつつも、内容は普通に面白かった。

狂人と狂人語を使って話せる軍人が、隔離室内で1対1の状況を作り、「お前は何処から来た?」「お前は何時感染した?」と一人(一匹?)ずつに聞いていく。
これはその解答から、オリジナル=1番初めに狂人となった人物を見付ける事を前提にワクチン開発へと繋げようとする試みを描いている。

回答を拒否しようものなら高音(音楽)を流すというのは狂人の弱点だからで、この辺の展開も含めアイデアは秀逸。
元嫁と現カノの間で心を揺らがせる主人公の姿なんかも前面的に取り出す事で、世紀末的世界ならではの悲壮感をラストで強く引継ぎ、良い塩梅に感動を生み出していた。

ただ結局何も解決しないまま映画が終わってしまうのはなんだかなあと思う訳で。
ここからが大切だろ、と核心に迫る肝心な部分を残したまま終了てのはかなりの消化不良。
実は主人公が、てのが狂人とのやり取りの中で判明するので、それが本当に真実で狂人共の邪魔を遮り上手く世界に平和を齎せられるか否かは鑑賞者の想像に任せるという事でいいのでしょうかねえ。

評価:★★★
19/03/15DVD鑑賞(準新作)
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へにほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へバナーポチお願いします
にほんブログ村
レンタル開始日:2019-01-09
メーカー:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

コメント

トラックバック

ハウス・オブ・インフェルノ

2019年03月04日 15時05分16秒 | 洋画ホラー
LIVING SPACE
2018年
オーストラリア
79分
ホラー
劇場未公開



監督:
スティーヴン・スピール
脚本:
スティーヴン・スピール
出演:
ジョージア・チャラ
リー・スカリー
アンディ・マクフィー
ジョレーン・アンダーソン
エマ・レナード




<ストーリー>
バカンスでドイツを訪れたアシュレーとブラッド。夜の田舎道をドライブしていると車が故障し、ふたりは近くの家に助けを求めるが…。

―感想―

ハウス・オブ・ループやね。
何度もループするのだから当然同じシーンを何度も見せられる訳で。
ただ若干行動が変る。
その事により結末も何通りと出てくるんですわ。

ナチスの残党が悪霊となり現れ、道に迷って家に訪れたカップルを襲うという単純な話。

上記画像が唯一のグロシーンで、基礎的な怖がらせ方を用いたホラー作品。

急に霊が姿を見せて驚かせる系ということもあり、ハウスが舞台だけにお化け屋敷に入った感覚で観ると楽しめるかもしれない。

古いフィルムに残されていた一家惨殺シーンを再生して観ている時、俺は「これ、誰が撮っているんだ?」て凄い疑問を抱いたのだが、これをきっちりと明かしてくれたのは有難かった。
有耶無耶にされたままであるかそうでないかで大分作品に対しての好感も変わってきますから。
しかもその撮影者が実は・・・というカップルを救いの道へ誘導しようとする最後のループはハッピーエンドへと近づけたのかもしれないが、それでループ地獄を抜け出せたのかどうかは謎。
すっきりとした終わり方ではないけれど、一定の怖さは提供してくれるのでそれなりに観れる1本。

一旦ハウスから脱出出来たにも関わらず、自ら再びハウスに入って(彼氏を助ける為にだが)「もういや!ここから出して!!」と玄関激しく叩きながら喚く彼女さんを見ながら「何言ってんだこいつ」と呆れた目になっていた俺は彼氏同様に冷たい男です。

評価:★★★
19/03/03DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へにほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へバナーポチお願いします
にほんブログ村
レンタル開始日:2019-03-02
メーカー:プライムウェーブ

コメント

トラックバック

アサシンズ 極限の92分間

2019年03月03日 14時31分18秒 | 洋画ホラー
Forward
2016年
メキシコ
92分
ホラー
劇場未公開



監督:
ヘンリー・ベッドウェル
製作:
ヘンリー・ベッドウェル
脚本:
ヘンリー・ベッドウェル
出演:
ハロルド・トレス
アクセル・リコ
リセッテ・モレロス
オスカー・トレダノ
カレン・レオネ




<ストーリー>
毎回完璧な仕事を行ってきた殺し屋・トマスとマルコ。不気味な建物にやって来た彼らを、全く勝手が違う攻撃が待ち受けていた。

―感想―

平凡な内容にならないよう工夫はされている。
ワンカット手法を用い、別々に行動する時には二分割画面へと切り替わり、全編をほぼリアルタイム形式で構成。
色々試した演出がそのまま採用され完成品へとこぎ着けた結果を良く分らない映画祭で評価され、これまた良く分らない賞を貰った様ですが。

台詞で『パルプフィクション』と出てくるように、2人が意識したキャラ設定はトラボルタとサミュエルおじさん。
だがあの2人程、全くカッコ良くないし、凄腕の殺し屋とか言いながら終始攻撃食らってヘロヘロ状態。
しかもやたらと女の誘惑に負けているという腑抜け具合。

戦っている相手は悪魔らしいのだが、どう見てもハロウィン仮装並みのショボさ。
セットとアイデアは整ったが、それらに対して内容が伴っていない低予算作品でして、終始ダラダラとした「動き」を見せつけられているかのような印象。
92分という尺が異様に長く感じた。
しかもリアルタイムだから余計に。
結論として演出のアイデアのみとり得で、他は監督の力不足。
ストーリーがここまでつまらないと、折角のアイデアも活きてこないという悪い見本品。

評価:
19/03/03DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へにほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へバナーポチお願いします
にほんブログ村
レンタル開始日:2019-03-02
メーカー:エクリプス

コメント

トラックバック

クワイエット・ボーイ

2019年03月01日 13時14分56秒 | 洋画ホラー
IN FONDO AL BOSCO/DEEP IN THE WOOD
2015年
イタリア
93分
ホラー/サスペンス
劇場未公開



監督:
ステファノ・ロドヴィッチ
脚本:
ステファノ・ロドヴィッチ
出演:
アレッサンドロ・コラービ
テオ・アキーレ・カプリオ
フィリッポ・ニグロ
カミッラ・フィリッピ
ジョヴァンニ・ヴェットラッツォ




<ストーリー>
5年前の村祭りの日、4歳のトマソはひとりで森の中へ入り込み、行方不明になってしまう。5年後、街の地下道で孤児の少年が保護されるが、トマソと思われるその少年は何も喋らず…。

―感想―

ダミアンや!悪魔の子や!!

て思いながら観てたのにちゃうやんけ。

これ予想外に面白くって、何が良かったのかというと話の組み立て。
なんと、登場人物全員

屑!!

といったおまけまで付いてきて、展開が衝撃且つ二転三転していく様に目が離せなくなる。
あれがこうなって、それがああなって・・・ははあん!なるほどなあ!と真相が明確にされるラストでポンッと膝を打つ訳でして。

でもすっきりしない所もあり、そこは有耶無耶にされたままなので

誰だよお前!

とはなるが、話そのものは丸く収まったのだから、まあいいかとある程度満足した気持ちで観終えれました。

邦題は『クワイエットボーイ』となっているので、全く喋らない男の子が登場するのかと思ってましたが、予想に反してベラベラ喋ってます(笑)。
只、自分が何故あの場所に居たのか、何処の子なのかというのを本人の口からは一切出てこなかったので、そこが「クワイエット」なのかもしれませんね。

ホラーというよりもサスペンス色の方が濃い作品。
「未体験ゾーン」とかの期間限定公開の1本として引っ掛かっても良いようにも感じる未公開にするには惜しい逸品。

評価:★★★☆
19/03/01DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へにほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へバナーポチお願いします
にほんブログ村
レンタル開始日:2019-02-02
メーカー:アット エンタテインメント

コメント

トラックバック

MARA/マーラ

2019年02月27日 14時00分34秒 | 洋画ホラー
MARA
2018年
アメリカ
98分
ホラー
劇場未公開



監督:
クライブ・トンジ
出演:
オルガ・キュリレンコ
ランス・E・ニコルズ
ハビエル・ボテット
ミッチ・イーキンス




<ストーリー>
犯罪心理学者のケイトは、睡眠中に男が殺害された事件の容疑者として拘束された妻の精神鑑定を行う。妻は夫に死をもたらしたのは、眠りの悪霊“マーラ”だと主張するが、信用は得られず…。

―感想―

寝たら殺された、なんて言われても普通の人なら信じないわなあ。
「んなバカなw」て鼻で笑っていたら自分が取り憑かれたでござる、という話。


キュリレンコたんのおへそ♡

“夢魔”に襲われた者はこういう顔で死ぬ。

こんな死に方やだよ、完全に変死体やん。

日本で言う“金縛り”に近い眠りの悪霊がアメリカでは“マーラ”と呼ばれ恐れられている。
その存在を信じなかった主人公のケイト。
だが体験者と同じ症状が現れ始めた事で急に慌てふためくのだが、あれだけ「一緒に対策を考えよう!」と協力を求められていたのに、その時は「なんやこいつ、キモい」と相手にしていなかったのにね。
症状の悪化が進行し始めてようやく身の危険を感じるも、時既に遅しで協力を申し出ていた男は死亡。
しゃあないからケイト一人で寝不足承知、目を真っ赤にしながら原因究明開始。

まああれだ、中国製の偽物招き猫なんか家に置いておくから狙われたんだよ(違うかw)


最終的に狙われた原因てのが「罪悪感」から来たものだと分かるが、その「罪悪感」から解放された少女は助かるものの、解放されなかったケイトは・・・。

出たな!妖怪!!かかってこいや!!

キャーーーーーー!!

当然何の対策も持っていないケイトが実体なき悪霊に勝てるはずもなくで、恐ろしいバッドエンドを迎えるのでありました。

ホラー的要素としては、ドッキリ系が多かったすね。
突然の大きな音等で心臓ドキッとする場面が何度あったことやら。
悪霊がゆっくり姿を現しどんどん近付いて来るシーンも結構不気味でした。

俺は金縛りにあった事がないんやけど、マーラのような悪霊に夢の中で襲われてしまったら生きた心地がしないだろうし、寝るのが怖くなるんだろうなあ。

評価:★★★
19/02/26DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へにほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へバナーポチお願いします
にほんブログ村
レンタル開始日:2019-02-15
メーカー:ギャガ

コメント

トラックバック

ストレンジャーズ 地獄からの訪問者

2019年02月26日 19時55分41秒 | 洋画ホラー
THE STRANGERS: PREY AT NIGHT
2018年
アメリカ
85分
ホラー/サスペンス
PG12
劇場公開(2018/07/20)




監督:
ヨハネス・ロバーツ
『海底47m』
出演:
クリスティナ・ヘンドリックス
マーティン・ヘンダーソン
ベイリー・マディソン




<ストーリー>
一家4人は叔父が経営するトレーラー・キャンプ場に到着。だが、叔父夫婦の姿はなく、汚い置き手紙と部屋の鍵を手に取り、一同は部屋へ。深夜、見知らぬ少女が部屋をノックし…。

―感想―

続編なんか。
前作は一応俺観ているみたいやけど自分の記事読み直しても全く思い出せない。
その時の評価星がかなり低いから記憶に残らない内容やったんやろなあ。

ギクシャクしていた家族が謎の覆面3人組に襲われた事で絆を深め(特に長女が)失いかけていた両親や兄への愛情を取り戻していくのがこの作品の主旨かも。

相変わらずホラー映画お約束の「必ず戻って来るから!」という死亡フラグがびんびんに立つワードを放つが、珍しく死ななかったのは意外。
最後は何やら不安的なカットシーンで終わるけど、俺は普通に看護師が入ってきたんじゃないかなと思った。
ただ、ドアのノックがこの惨劇の切っ掛けではあったので、当分そういうのに遭うとトラウマに近い緊張感を持ってしまうだろうね。

兎に角

理由なき犯行

程怖い犯罪はない、てのを改めて感じさせられた。

評価:★★★
19/02/25DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へにほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へバナーポチお願いします
にほんブログ村
レンタル開始日:2019-02-20
メーカー:プレシディオ

情報
<カリコレ2018>


関連作:
『ストレンジャーズ/戦慄の訪問者(2008)』(第1弾)
『ストレンジャーズ 地獄からの訪問者(2018)』(第2弾)

コメント

トラックバック

死霊院 世界で最も呪われた事件

2019年02月19日 20時58分26秒 | 洋画ホラー
THE CRUCIFIXION
2017年
アメリカ/イギリス/ルーマニア
90分
ホラー
劇場公開(2018/12/08)



監督:
ザヴィエ・ジャン
『コールド・スキン』
出演:
ソフィー・クックソン
コルネリウ・ウリチ
アダ・ルプ
ブリタニー・アシュワース




<ストーリー>
2004年、ルーマニア。アデリーナという若い修道女が3日間監禁され、死亡するという事件が起こる。逮捕された神父は、悪魔祓いを行っていたと証言するが…。

―感想―

なんやねん結局有罪かいな。
取材した意味あったのか?

悪魔憑き的な描写は最初だけかな、もしかして余り面白い映画じゃないのかもと若干鑑賞意欲失いかけていたが、ストーリーが分かり易いというのと主役となるジャーナリストのニコールに恋しちゃったのもあってか、なんだかんだで最後まで観れちゃった感じ。
終盤では壮絶な悪魔祓いも見届けられたし

最初抱いた事とは逆に「意外と悪くなかったな」といった印象。
本編で何に一番慄いたかていうとこれでしょ。

虫をCGで付け足したんだろうけど、アソコ丸出しで演技に挑んだのかそれともきちんと前張りしてたのかが気になって(そこかいっw)。

神父とニコールは恋仲になると予想したんやけどなあ、やっぱ向こうは聖職者やからそうはならんか。


わたしゃね、こういう芸術的な映像が撮れる監督て天性の才能があると思うの。
2人にとっては達成感半端ないからこの様な美しい映像へと感情を置き換えたんだろうけど、この演出を閃くてのが凄いやね。

ま、兎に角ニコールを演じた女優さんでしょう。
美人やった。

今作の真実を暴く為なら悪魔にも挑むジャーナリスト図鑑

髪の毛束ねたヴァージョン。

髪の毛解いたヴァージョン。
どっちも好き。

おっぱいチラ見せ、出血大サービス。
乳首も見たかったゾ!

和田勉よ、これが濡れ髪女をセクシーに見せる正統な撮り方だ!!

あ、和田勉じゃなかった英勉やった(ややこしいねん)。
これ観てちょっとは学べ!

評価:★★★☆
19/02/18DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へにほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へバナーポチお願いします
にほんブログ村
レンタル開始日:2019-02-02
メーカー:ニューセレクト

情報
<MDGP2018>


コメント

トラックバック

アンダー・ザ・シャドウ 影の魔物

2019年02月17日 17時34分17秒 | 洋画ホラー
UNDER THE SHADOW
2016年
イギリス/ヨルダン/カタール/イラン
84分
ホラー/サスペンス
劇場公開(2019/01/11)



監督:
ババク・アンヴァリ
脚本:
ババク・アンヴァリ
出演:
ナルゲス・ラシディ
アヴィ・マンシャディ
ボビー・ナデリ
レイ・ハラティアン
アラシュ・マランディ
アミドレザ・ジャヴダン




<ストーリー>
イラン・イラク戦争さなかのテヘラン。5歳の娘と共に、最前線に招集された医師の夫の帰還を待っていたシデー。ある日、彼女らが住むアパートにミサイルが落下して以来“何か”が襲い掛かり…。

―感想―

なんともう「未体験ゾーン」の作品がレンタル開始されたんですね。
作品詳細を調べて私はそれを知ったのですが、これがレンタル開始第1弾となるのかは分かりかねますけど早くリリースしてくれるのは有難い事です。
ただ早い=駄作と勘繰ってしまうのは確かではありますが(^^;)

で、本作は精霊「ジン」を扱ったホラー。
アパートの屋根に突き刺さった不発弾と共に「ジン」がやってきたという風変わりな設定。
戦時中という事で他のアパートの住人が他地域へ引っ越していく様子があらすじの大まかな流れになっており、最後には一組の妻子だけが残ってしまう。
この誰にも頼れなくなる状況から不安感が急激に上がり、ホラーとしても一気に怖くなりつつ展開も盛り上がって来る。
要は終盤まである程度の我慢が必要となる訳だが、尺が84分と短いので直ぐに終盤へと辿り着くからご安心あれ。


ええっ!?全裸の爺さんが精霊!?(困惑)


ベッドの下から現れたこいつはなんやねん(混乱)

と良く分らない人達?が登場してきて場面を賑わすが、どうやらこいつが本体「ジン」の姿らしい。

となるとそれまでに出てきた人達?は・・・誰?となるのだけど(ジンが従える低級怪物だったのかも)

国柄もあってジンまでがちゃっかりとチャドルを被っておりまして、となるとジンは女性なの?
娘が母から誰と喋っているのかと聞かれて「女の人」と答えていたので、女性で間違いはないでしょう。
風の如くピュンピュンと動き回るジンの移動速度描写や、地面が底なし沼へと変る描写など、それとなく予算を掛けた視覚効果も活かされ終盤の畳み掛けてくるホラー展開は面白かったです。
可愛いのかそうでないのか場面によって印象が違う母子の怯えながら奮闘する模様も見所と言っちゃあそうなのかもしれませんな。
只母親はちょっとヒステリック気味があるというか、旦那に冷たすぎひん?とは思いましたけど。

外に出る時に素肌を見せてたら即逮捕、ムチ打ち刑とか、成人女性にとっては面倒臭い国だよねえ。
玄関で人に会う時でさえも顔を一々覆わなきゃいけないんだもんなあマジ面倒臭いと思うわ。

そういや同じ「ジン」を題材にしたホラー映画で昔トビー・フーパーが監督した『悪魔の起源 -ジン-』というものがあったけど、あれよりは楽しめる1本です。

評価:★★★
19/02/16DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へにほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へバナーポチお願いします
にほんブログ村
レンタル開始日:2019-02-02
メーカー:アドニスSQ(アメイジングD.C.)

情報
<未体験ゾーンの映画たち2019>


コメント

トラックバック

スレンダーマン 奴を見たら、終わり

2019年02月16日 13時52分44秒 | 洋画ホラー
SLENDER MAN
2018年
アメリカ
93分
ホラー
劇場未公開



監督:
シルヴァン・ホワイト
『ルーザーズ』
出演:
ジョーイ・キング
ジュリア・ゴルダニ・テレス
ジャズ・シンクレア
アナリース・バッソ
ハビエル・ボテット




<ストーリー>
レンたち4人の高校生は、ある夜にスレンダーマンを呼び寄せる動画を見てしまう。怯えつつも半信半疑の4人だったが、数週間後、動画を見た仲間のひとり・キャシーが姿を消し…。

―感想―

日本の都市伝説と言えば「口裂け女」「テケテケ」「ターボばあちゃん」とかが代表的でしょうかね。
アメリカでは今回の題名にもなっている「スレンダーマン」がメジャーなようで、女子会した4人がその「スレンダーマン」を呼び出す動画を興味本位で観てしまったが為に次々と行方不明へと陥っていくホラー作品。

異常な空気に包まれるのが主に幻覚を見せられる時で、ダークでサイコパス的な映像が印象的ですが、ぶっちゃけ怖さを抱く程ではないです。
心理的不安になるかもしれませんが。
その幻覚からくる恐怖演出が多めなので、「は!夢か!!」となる度、またそれかと同じ繰り返しに飽きてくる。

ただ現実として動画を見た友人が一人ずつ姿を消している事から、主人公も最終的には危うい目に遭うのは予想出来ますが、ほぅそうくるか、と少し驚くような末路ではありました。

のべえと突っ立ってたりゆっくり迫ってくるだけの「スレンダーマン」かと思いきや、最後にはドヤァ!と言わんばかりに大ハッスルするのは演出的に笑ってしまった。
日米共通するのは

全速力で追い掛けてくる

それが都市伝説の怪物なのかも(笑)。

絶対に見ちゃダメ!と言われてるのに堂々と見て取り憑かれる?少女はバカというか自業自得というかアホというかマヌケというか、俺からしたら何で見るねんと理解不能ですわ。

評価:★★☆
19/02/15DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へにほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へバナーポチお願いします
にほんブログ村
レンタル開始日:2019-02-06
メーカー:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

コメント

トラックバック

リグレッション

2019年02月15日 14時36分19秒 | 洋画ホラー
REGRESSION
2015年
スペイン/カナダ
106分
サスペンス/ドラマ/ホラー
R15+
劇場公開(2018/09/15)




監督:
アレハンドロ・アメナーバル
製作:
アレハンドロ・アメナーバル
脚本:
アレハンドロ・アメナーバル
出演:
イーサン・ホークブルース・ケナー刑事
エマ・ワトソンアンジェラ・グレイ
デヴィッド・シューリスケネス・レインズ
ロテール・ブリュトー牧師
デイル・ディッキーローズ・グレイ
ダーヴィッド・デンシックジョン・グレイ
ピーター・マクニールクリーヴランド
デヴォン・ボスティックロイ・グレイ
アーロン・アシュモアジョージ・ネスビット刑事



<ストーリー>
ブルース・ケナー刑事は、父親による虐待を訴えた少女・アンジェラの事件を担当するが、父親も少女もどこか記憶が曖昧だった。

恐怖が 謎を 深くする。

―感想―

根元にあるのは悪魔崇拝者達の話。
これがまあビックリする位に面白くない。
序に全く怖くもない。

何処にホラー要素があるねん!な作品なのだ。

幻覚・幻想に惑わされ、誰が真実を語っているのか分からなくなる刑事を演じるのがイーサン・ホーク。
そして被害者面して刑事を翻弄する女性がエマ・ワトソン。
イーサン・ホークはまだ良いとして、エマ・ワトソンて『ハリポタ』以降、ろくな映画に出ていない印象が俺の中では強い。
基本的に顔が長いから使い辛いんだろう(んな訳がないw)
え?『美女と野獣』があるじゃねえか!て?
俺にミュージカル映画の事なんて聞かないでくれ。

兎に角、めっちゃつまらんし、何処にお楽しみ要素があるのか分からんし、監督は客に対して悪魔崇拝者の存在の怖さを問うたのだろうが描き方に説得力が無さ過ぎて内容に引き込まれなかったし、途中で寝たろかて思ったけど別に眠たくなかったので最後まで観てしまったが、借りて大失敗したという気持ちだけは強く残った。

評価:★☆
19/02/14DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へにほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へバナーポチお願いします
にほんブログ村
レンタル開始日:2019-02-06
メーカー:ポニーキャニオン

オフィシャル・サイト

コメント

トラックバック