銀幕大帝α

切り株推奨映画感想ブログにつきグロ画像注意。
御蔭様で12周年。3700作品レヴュー突破。御訪問有難う御座います♪

億男

2019年05月10日 11時10分37秒 | 邦画ドラマ
2018年
日本
116分
ドラマ/コメディ
劇場公開(2018/10/19)



監督:
大友啓史
『3月のライオン 後編』
原作:
川村元気『億男』
脚本:
大友啓史
主題歌:
BUMP OF CHICKEN『話がしたいよ』
出演:
佐藤健一男
高橋一生九十九
黒木華万左子
池田エライザあきら
沢尻エリカ十和子
北村一輝百瀬
藤原竜也千住



<ストーリー>
兄が残した3,000万円の借金を抱える図書館司書の一男は、ある日突然3億円の宝くじに当選。ところが、大学時代の親友で億万長者の九十九に金を持ち逃げされ…。

お金とは何か? 幸せはどこか?

―感想―

覚えやすいとかそういうのは関係なく、お金に関する話だからと主要人物の名前に数字を付けるという安直な考えは個人的に余り好きじゃない。
例えば過去にホラー作品の一つにホラー監督の名前をキャラに色々付けた映画があったけれど、あれは馬鹿馬鹿しいコメディだったからまあなんとなく許せるものがあったが、これは意外と真面目やん。
キーパーソンの2人、一男と九十九は足して100になるという物語の中では意味のある名前となっているから良いとして、他は取って付けた様で、そんなに次々と名前に数字が入った奴が現れんだろうがて不自然さに腹が立つ。
そこまで拘るてのなら、だったら何であきらだけあきらなんだよ、徹底しろよと逆に思うんだよね。
そんな人によってはどうでもいいことに神経尖らせてしまう俺は気難しい人間なのか?(なのか?て誰に聞いているだよ(笑)知らんがな)

で、映画の内容も屑男がわらわらと出てくるものだから、イライラからくる貧乏ゆすりが止まらない。
お金取られたのなら警察に行けよ、「絶対返って来る」その変な自信は何処から来るのか、単にお前がお人好しなだけだろ。
という疑問を回想シーンで答え合わせするてのがお味噌汁。

絶対に金を持ち逃げした九十九を一ミリも疑わなかった理由、そこからくるラストでの救い。
この二つが無ければ駄作にしてたよマジで。

一男は我慢を貫いた事が功を奏して見失っていた本当の「幸せ」を最後に掴んでいたけれど、観客も同じく展開に我慢する事でかけがえのない唯一の友人・九十九の「温かさ」に感動を得られるのかもしれない。

お金で買えない価値がある・・・プライスレス!

どこぞのCMじゃないけど、この名言に尽きる。

評価:★★★
19/05/09DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へバナーポチお願いします
にほんブログ村
レンタル開始日:2019-05-08
収録時間:116分

オフィシャル・サイト

コメント

トラックバック

響-HIBIKI-

2019年03月18日 21時15分05秒 | 邦画ドラマ
2018年
日本
106分
ドラマ/サスペンス
劇場公開(2018/09/14)



監督:
月川翔
『センセイ君主』
原作:
柳本光晴『響~小説家になる方法~』
スーパーバイザー:
秋元康
出演:
平手友梨奈鮎喰響
北川景子花井ふみ
アヤカ・ウィルソン祖父江凛夏
高嶋政伸神田正則
柳楽優弥田中康平
北村有起哉鬼島仁
野間口徹矢野浩明
小松和重藤野弘
黒田大輔大坪正人
板垣瑞生椿涼太郎
吉田栄作祖父江秋人
小栗旬山本春平



<ストーリー>
圧倒的な文才を持つ女子高生・鮎喰響を中心に、周囲の人々の心の葛藤を描いた人間ドラマが交錯する。

私は曲げない。

少女の名前は響。「天才」とは彼女のための言葉。


―感想―

完全に舐めてた。
所詮アイドル映画だろて舐めてかかっていた。
ただ、監督が月川翔なので、そこまで酷いものにはなっていないだろうと軽い気持ちで鑑賞したが、まさかここまで引き込まれてしまうとは。

日本アカデミー賞新人賞を獲った欅坂46のエース平手友梨奈がどういった演技をするのか、アイドルの枠内に囚われず一人の女優として立派に力を出し切っているのか、ほれ見せてみろよ!と何故か上から目線で偉そうに鑑賞に挑んだ俺を完膚なきまで打ちのめしてくれたのだよ彼女は。
お世辞にも台詞回しまでは確かさがあったとは言えなかったが、存在感は新人とは思えぬ異次元の如き。
あの北川景子が並んでも霞んでしまう程で、他にも色んな役者と絡んではいるが平手のオーラが強すぎて皆の姿が視界から消えてしまうのだ。
確かに俺は欅のてちは好きだが、だからといって女優平手をオーバーに褒めちぎっている訳ではない。
この子、アイドルとしてじゃなく女優になる為に生まれてきたんじゃないのか!?と正に圧倒という二文字が相応しいアクトレスオーラを放ちまくっている。
眩しい。
君の目力、口調の鋭さ、大物の様な堂々たる態度、時たま見せる笑顔、眩しい!俺には眩し過ぎるよ、すげえな平手!!

監督の演出力も多いに助け船となっているだろうが、それに答えて、加え自ら秘めてた才能を引き出し演技へと換算させた平手友梨奈という少女は「天才」。
これだけは言える、欅坂発足時の平手ではここまでの熱演は無理。
今の、秋元によって変えられた第二の平手だからこそ出来た天才肌のパフォーマンスを、欅のMV等で披露した狂気に近い姿を継承しつつ本作で思い切り爆発させた形がこれで、それが新人賞候補として認められ、見事受賞したのは言わずもがな。
御見それしました。

平手、平手ばかりの感想になってしまったが、作品そのものも面白い。
さてここからはサイコパス響の容赦ない暴力画像を見て頂こう。






無茶苦茶である(笑)。
しかし響には響なりのポリシーがある、考えを持って生きている。
その響の生き方の中にある暴力性に隠れた「考察」は至極真っ当であって、被害を受けた者全員が納得しその後響に惹かれていくというのは「汚れの無い言葉」によって我々にも説得力を持たせてくれるから、人に流されず真っすぐに歩み続ける響に自然と惚れてしまうのも当然の結果。

ここのシーンは胸打たれたもんなあ、あのやり取りが無ければ2人に再び友情というものは戻ってこなかっただろう。
不意打ちの暴力はやり過ぎという声もあるだろうが、正確に相手の悪い部分を突き、正してはいるのだから、多少荒くても許せてしまうものがある、それが被害者の後の気持ちの現れようにも垣間見る事が可能で、主人公としての立ち位置としては「退かぬ 媚びぬ、省みぬ」の精神に乗っかったものであり、他人を一切寄せ付けないという意味でも完璧。
何はともあれ、女優平手の抜群の演技と、巧みな演出、そして一瞬も目を逸らさせない物語構成が積み重なるジェンガの様に噛み合った事が今作という奇跡の大傑作を生み出したのだ。
そのバランスよく積まれたジェンガを下手にパーツ一つ抜いてしまうと大傑作が瞬く間に駄作へと崩れていってしまう。
それを阻止するべく全身で支えているのが、そう平手友梨奈。
彼女無くしては本作は成り立たなかっただろうね。

今作の女優平手友梨奈図鑑

てち可愛いよてち。

はい、毎度おなじみの眠り姫画像でやんす。

評価:★★★★★
19/03/17DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へバナーポチお願いします
にほんブログ村
レンタル開始日:2019-03-06
メーカー:小学館

オフィシャル・サイト

コメント

トラックバック

孤狼の血

2018年11月16日 14時28分47秒 | 邦画ドラマ
2017年
日本
126分
ドラマ/犯罪/任侠・ヤクザ
R15+
劇場公開(2018/05/12)



監督:
白石和彌
出演:
役所広司大上章吾
松坂桃李日岡秀一
真木よう子高木里佳子
音尾琢真吉田滋
駿河太郎上早稲二郎
中村倫也永川恭二
阿部純子岡田桃子
滝藤賢一嵯峨大輔
矢島健一友竹啓二
田口トモロヲ土井秀雄
井上肇岩本恒夫
瀧川英次毛利克志
沖原一生有原巡査
さいねい龍二菊地巡査
中山峻吉原圭輔
黒石高大金村安則
嶋田久作加古村猛
勝矢苗代広行
野中隆光備前芳樹
田中偉登柳田タカシ
ウダタカキ賽本友保
九十九一善田新輔
岩永ジョーイ善田大輝
町田マリー瀧井洋子
伊吹吾郎尾谷憲次
MEGUMI上早稲潤子
中村獅童高坂隆文
竹野内豊野崎康介
ピエール瀧瀧井銀次
石橋蓮司五十子正平
江口洋介一之瀬守孝



<ストーリー>
暴力団対策法成立直前の広島の架空都市・呉原を舞台に、刑事、やくざ、そして女の生き残りを賭けた戦いを描く。

警察じゃけぇ、何をしてもえぇんじゃ

―感想―


男にはクリトリスと言わせ

女にはオメコと言わせる(西日本はオメコだね、俺もオメコ言うてたし。東日本のマンコを初めて聞いた時はあっちは違うのかとビックリしたものだった)
そりゃあ冒頭でテロップ使って注意促していた理由も分かる。

「自己責任で観て下さい」じゃなくて「観るな!」だからな、本作がどれだけ危ない映画なのかてのは観た人だけのお楽しみ。

松坂桃李がゲロを吐き、役所広司が豚の糞を腹一杯に食わされる、そういう映画です。
まさか主役がああいう姿になるとはねえ、かなり衝撃的でしたわ。

高学歴を盾に無駄な正義を貫き、見て見ぬふり出来ぬと役所広司の刑事としての悪事を勘違いして上司に告げ口する松坂桃李の場違い感。
本当に正義(警察内部の不正を暴いていた)していたのは他ならぬ役所広司だった訳で、それを知った時はもう本人はおらず。
「僕が間違っていました」
こうして後を託された部下が第二の大上になっていくのね。
世代交代を匂わす終盤の流れがとても良かった。

これは東映から『アウトレイジ』に対しての回答か、それとも『仁義なき戦い』へのオマージュか。

にしても巻頭一発、豚のケツの穴からクソを捻りだすのを大写しした映画なんて初めて観たわ(^^;)

評価:★★★☆
18/11/15DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へバナーポチお願いします
にほんブログ村
レンタル開始日:2018-11-02
メーカー:KADOKAWA

オフィシャル・サイト

関連作:
『仁義なき戦い(1973)』

コメント

トラックバック

切り株画像はこちら

三十路女はロマンチックな夢を見るか?

2018年11月13日 14時35分49秒 | 邦画ドラマ
2017年
日本
92分
ドラマ/犯罪/サスペンス
劇場公開(2018/03/31)



監督:
山岸謙太郎
脚本:
山岸謙太郎
主題歌:
Juliet『Aqua』
合成:
山岸謙太郎
出演:
武田梨奈荻野那奈
久保田悠来風間拓人
佐生雪笹川麗良
山村美智赤城香奈恵
秋吉織栄工藤麻子
春花日野まりあ
近藤芳正油谷茂雄
酒井美紀栗原葵



<ストーリー>
那奈がいつも通り帰宅すると、部屋に銀行強盗3人が押し入り拘束されてしまう。しかし、彼女は強盗団の異変に気付き…。

極上の大ドンデン返し!
夢を追う強盗団と三十路女の
人生を賭けた逃避行!?


―感想―

なにホイホイ強盗団に付いていってんねん!て思うやん?
これにはちゃんとした訳があったんですねえ。
寿退社が決まった同僚とアパートの隣室のおばちゃんが訪問してきた時にちょっとした伏線というかサインが。

えらいオーバーリアクションで追い返してるなあと少し気にはなったけどほぼスルーしていた私でしたが、これ凄く重要でした。
その隣室のおばちゃんが壁をコンコンしていたてのもポイント。

ここらに注意しながら観てたら・・・て、普通気にも留めないわなあ。
オチを見て知って、なるほど!と唸らされちゃいました。

数日後に三十路を迎える平凡なOLが主人公だという思い込みが、ラストでのどんでん返しで「やられた」感を齎せてくれる。
ぼけえと観てたらと結構見落とす伏線があるので、割と隅々まで注視しながらの鑑賞をおススメします。

主人公が一体何者なのか、どういった仕事をしているのかがキーとなってる。
が、あくまでも彼女のやりたい事は昔から憧れているこれ。

アクション女優から最近では演技派女優へと立ち位置を変えてきている武田梨奈さんですが、サービスでしっかり回し蹴りを披露してくれたのは嬉しかった。

因みに豪快なゲロ吐きシーンもありますぞ。

強盗団のリーダーが主人公を騙し、主人公が強盗団を騙す。
映画監督を目指す者とヒロインに憧れる者との頭脳戦、必見作です。

評価:★★★☆
18/11/12DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へバナーポチお願いします
にほんブログ村
レンタル開始日:2018-11-07
メーカー:キングレコード

オフィシャル・サイト

コメント

トラックバック

咲-Saki-

2018年10月08日 13時17分21秒 | 邦画ドラマ
2017年
日本
103分
ドラマ/青春
劇場公開(2017/02/03)



監督:
小沼雄一
出演:
浜辺美波宮永咲
浅川梨奈原村和
廣田あいか片岡優希
古畑星夏竹井久
山田杏奈染谷まこ
加村真美福路美穂子
樋口柚子文堂星夏
星名美津紀深堀純代
吉崎綾吉留未春
武田玲奈池田華菜
岡本夏美加治木ゆみ
あの東横桃子
大西亜玖璃蒲原智美
長澤茉里奈妹尾佳織
山地まり津山睦月
永尾まりや龍門渕透華
柴田杏花国広一
小篠恵奈井上純
金子理江沢村智紀
菊地麻衣天江衣
玉城裕規ハギヨシ
佐野ひなこ久保貴子
夏菜藤田靖子



<ストーリー>
全国高校麻雀大会・長野県予選で、清澄高校は初の決勝進出を果たす。清澄高校の1年生大将・宮永咲は、常識では考えられない才能を持った恐ろしい“怪物”との全国大会出場を賭けた戦いに挑む。

頂点をかけて少女たちの情熱が花開く!!

―感想―

どうやら一見さんはお断りだったようで。
ちゃんとドラマ版観てから臨んだ方が良かったみたい。
キャラ設定とかキャラ同士の関係性とかがさっぱり分からず、その辺に置いてかれた感じがしたけど、100分近くずっと大会の様子を描いているてのは白熱さを抱き割と楽しく観れたんだよね。
何よりコスプレ寄りのキャラクター達が皆可愛い。
男キャラは殆ど出ず、可愛い女の子達が時には真剣に時には敗戦で泣き崩れ、そして最後では全員が笑顔になる、そういった個性はバラバラでも最終的に感情が一体化していく流れが俺の心に強く響いて楽しめたてのはある。

ま、本作を借りたのは浜辺美波ちゃんが主役を張っているんだけど「超絶可愛い」という噂を耳にしていたからで、目的はその浜辺美波ちゃんの可愛さ見たさが一番だったてのは別に隠す必要もないので暴露しておく(笑)。

俺、ギャンブルて一切やらなんだよねえ。
・・・
・・・・
・・・・・
嘘ついたwwww
思い切りブログでパチンコ打った報告してるじゃねぇか!て誰かにツッコまれそうだわ、ええパチンコだけはやります。
けど麻雀はやらない、やった事も無いしルールも知らない、これ本当。
麻雀ルール知らない癖に、麻雀扱ったパチンコ台は打つという矛盾をたまにするけれど、マジで全然ルールが分からない。
だから何が熱いのか、何が凄いのか、その辺を自分的には共有出来ずに居て、そんな状態で鑑賞していたにも関わらず退屈せずにいられたのだから、美少女の存在てほんと大事なんだなてのをつくづく思った次第であります。
正直さっぱりルールが理解出来んと何時もほざいている『人狼ゲーム』よりも更に理解出来ない麻雀を題材にした作品でしたが、美人美女を嗜むという意味では借りて良かったと思った。
ルールを把握してたら☆一個評価に上乗せしてもいいくらい。
麻雀好きで美少女好きなら観ても損はしないでしょう、おススメは出来るかな。

さてと、ここからは個人的にお気に入りとなった人物達の画像を大量に貼りまくっていくので、覚悟しいや(笑)。
今作の地味だろうが派手だろうが可愛いのは正義図鑑

今作では全くエロくない元AKBの永尾まりや。
以下、役名及び役者名割愛(覚えられなかったので)。

眼がゆっくりとそしてカッと開いた時にビビッと来た人。

なんで対戦前まではずっと片目閉じてたのか、ドラマ版を観ていないので理由は知らんけど、片目閉じたまま演技続けるの大変やろなあ。

メガネ女子好きな俺的に他にもメガネ女子居たけどその中でも一番好みだった子。

メガネ取った方が好いやん、しかも訛りが強い言葉使いにもっと萌えた。

ストレートヘアも好いけど二つ結びが好みな俺なもんで、この子はこっちの方を推したい。


ペンギンのぬいぐるみを抱いていないと強さを発揮出来ない子。

その強さを現した際に頬をポっと赤らめる設定はちょっと笑った。

何か良く分らんが永尾まりやの目には彼女がこういう風に見えたらしい、まどマギかwてな程のコスプレ披露も似合っていて宜しい。

この子も一見地味系だけど妙に気になった存在。

美人とか美女とかではないとは思うが、俺は好きな顔。

流石にこの子の名前は知っている武田玲奈ちゃん。
髪型がちょっと変だが、大将戦の一人なので出番が多いのは嬉しかった。

このニーハイソックス姿が堪らん。
最後に浜辺美波ちゃん。

ショートヘアフェチな俺にとってはドストライク。


尋常じゃない位に可愛すぎる。

この時の浜辺美波が可愛さのピークという声もちらほら聞くが、分からなくもない。
だが、今の浜辺美波ちゃんも超絶美人だ!と俺は声を大にして言うよ、浜辺美波ちゃんぺろぺろ。

寝顔の天使、降臨♡

評価:★★★
18/10/07DVD鑑賞(旧作)
にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へバナーポチお願いします
にほんブログ村
レンタル開始日:2017-07-05
メーカー:アミューズソフトエンタテインメント

オフィシャル・サイト

関連作:
『咲-Saki-(2016)』(TVドラマ版)
『咲-Saki-(2017)』(映画版)
『ドラマ 「咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A」(2017)』(第2弾TVドラマ版)
『映画 「咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A」(2018)』(第2弾映画版)

コメント

トラックバック