銀幕大帝α

切り株推奨映画感想ブログにつきグロ画像注意。
御蔭様で15周年。4500作品レヴュー突破。御訪問有難う御座います♪

東京リベンジャーズ2 血のハロウィン編 -決戦-

2023年12月24日 15時49分17秒 | 邦画ドラマ

2023年

日本

96分

ドラマ/アクション/SF

PG12

劇場公開(2023/06/30)

監督:
英勉

『東京リベンジャーズ2 血のハロウィン編 -運命-』

原作:
和久井健『東京卍リベンジャーズ』

主題歌:
SUPER BEAVER『儚くない』

出演:
北村匠海・・・タケミチ
山田裕貴・・・ドラケン
杉野遥亮・・・ナオト
今田美桜・・・ヒナタ
眞栄田郷敦・・・三ツ谷
清水尋也・・・半間
堀家一希・・・林田
磯村勇斗・・・アッくん

高良健吾・・・真一郎
永山絢斗・・・場地
村上虹郎・・・一虎
高杉真宙・・・千冬
間宮祥太朗・・・キサキ
吉沢亮・・・マイキー

<ストーリー>

歪み切った運命を正すために始まってしまった親友同士だった男たちの壮絶な戦いを描く。

守りぬく。あの誓いを。

―感想―

つまりは馬耳東風てのを言いたかったんじゃないかな、場地だけに(なんつってw)。

後、義理人情みたいなのも取り入れてるよね、あれだけの乱闘をやっといて、ちょっとだけ良い話、みたいになっている。

タケミチの話というよりは、もうこれは完全に場地さんの生き様を鮮明に描いた話だった。

それにしてもあれだけの長い時間、ほぼ休憩挟まずに大勢で殴り合い、蹴り合いをやり遂げたもんだ。

リアルにヘトヘトになったんとちゃうんか?て位の白熱さがあり、疲労困憊さを画面から感じたよ。

結果的にヒナが死ぬ、死なないの世界線はどうなったのかイマイチ良く分らんまま。

只、てっぺん取ったるで!と息巻いていたタケミチが、取り合えずそこに辿り着くまでの最初の一歩は進めた。

そこから更に成り上がるまでが、今後の3、4へと引き継がれるのだろうけど、一応ヒットはしたみたいやし、シリーズは継続されるのかもしれんね。

前の『運命』がドラマパートだとすると、今回の『決戦』はアクションパートだろうね。

なよっている力強さを感じないタイマン勝負とかではなく、ちゃんと個々が気合入った立ち回りを見せ、それに監督が激しさ(吹っ飛ばされ具合とかグーパンの重たさ等)をプラスさせた演出により、見所の多さが凝縮された廃車場激突シーンへと生み出されていた、素直に俺はヤンキーにはヤンキーの意地がある!みたいなのが観れて楽しめましたよ。

あーペヤング食いてえ。

評価:★★★☆

23/12/24DVD鑑賞(新作)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へバナーポチお願いします
にほんブログ村

レンタル開始日: 2023-12-22

メーカー: フジテレビジョン

関連作:

『東京リベンジャーズ(2021)』
『東京リベンジャーズ2 血のハロウィン編 -運命-(2023)』
『東京リベンジャーズ2 血のハロウィン編 -決戦-(2023)』

オフィシャル・サイト

コメント

↑Amazonでの購入は画像をクリック!


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

東京リベンジャーズ2 血のハロウィン編 -運命-

2023年12月15日 17時50分57秒 | 邦画ドラマ

2023年

日本

90分

ドラマ/アクション/SF

PG12

劇場公開(2023/04/21)

監督:
英勉

『東京リベンジャーズ』

原作:
和久井健『東京卍リベンジャーズ』

主題歌:
SUPER BEAVER『グラデーション』

出演:
北村匠海・・・タケミチ
山田裕貴・・・ドラケン
杉野遥亮・・・ナオト
今田美桜・・・ヒナタ
鈴木伸之・・・キヨマサ
眞栄田郷敦・・・三ツ谷
清水尋也・・・半間
磯村勇斗・・・アッくん

高良健吾・・・真一郎
永山絢斗・・・場地
村上虹郎・・・一虎
高杉真宙・・・千冬
間宮祥太朗・・・キサキ
吉沢亮・・・マイキー

<ストーリー>

東京卍會の結成メンバー6人の絆を引き裂いた過去の悲しい事件を描く。

信じぬく。この仲間を。

―感想―

22日レンタル開始の後編「決戦」と合わせ技一本!なもんで、これ単体だけじゃちょっと評価し難いな。

話途中、これからが本当の盛り上がりでっせ!、てな形で本作は終わりますし。

前編は人物関係に時間を割いていたように思う。

これを頭に入れてから後編観ろよ、そういった「前置き」的な作り。

カッコイイヤンキーを愛でたいだけ、ならそこそこ満足はするんじゃないかな、特に女性が観ると。

バイク窃盗に失敗しただけじゃなく、マイキーくんのお兄さんを不注意だったとはいえ殴り殺してしまった癖に、何故か「マイキーを殺す!」。

意味わからん(笑)。

なんでそんな考えになるのか、やっぱヤンキーって頭バカだわ。

展開上、タケミチと千冬が手を組むのがアツい!

やっとまともな相棒に巡り合えた感じで、赤毛のマブダチよりかは相当戦力にはなるでしょ。

という訳で、後編に入るまでの「用意」を90分でしっかりと纏め上げた所はお見事。

後編はそんなに日を開けずにレンタルされるので、前編で描かれた相関図がちゃんと頭に残ったまま観れるのは有難い事です。

果てさてタケミチはどのように過去を変え、未来にも影響を与えるのか。

原作未読な自分としては、単純にヒナタが生き返ってくれればそれでいい。

今作の今田美桜ちゃん図鑑

このアングル、ちょっと有村架純ちゃんに似てない?

しかしヒナタは相当強い不幸を背負っているよね、何回殺されるねんヽ(`Д´)ノプンプン

評価:★★★

23/12/15DVD鑑賞(新作)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へバナーポチお願いします
にほんブログ村

レンタル開始日: 2023-12-08

メーカー: フジテレビジョン

関連作:

『東京リベンジャーズ(2021)』
『東京リベンジャーズ2 血のハロウィン編 -運命-(2023)』
『東京リベンジャーズ2 血のハロウィン編 -決戦-(2023)』

オフィシャル・サイト

コメント

↑Amazonでの購入は画像をクリック!


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

湯道

2023年10月17日 20時38分40秒 | 邦画ドラマ

2023年

日本

126分

ドラマ/コメディ

劇場公開(2023/02/23)

監督:
鈴木雅之

出演
生田斗真・・・三浦史朗
濱田岳・・・三浦悟朗
橋本環奈・・・秋山いづみ
小日向文世・・・横山正
天童よしみ・・・小林良子
クリス・ハート・・・竜太
戸田恵子・・・高橋瑛子
寺島進・・・高橋大作
厚切りジェイソン・・・アドリアン
浅野和之・・・山岡照幸
笹野高史・・・堀井豊
吉行和子・・・堀井貴子
ウエンツ瑛士・・・DJ FLOW
朝日奈央・・・植野悠希
生見愛瑠・・・横山舞香
吉田鋼太郎・・・太田与一
窪田正孝・・・梶斎秋
夏木マリ・・・夙子
角野卓造・・・二之湯薫明
柄本明・・・風呂仙人

<ストーリー>

亡き父の遺した古びた銭湯を巡って反目し合う兄弟や銭湯で働くヒロインを中心に一癖も二癖もある登場人物たちが銭湯に大集合?まるで湯気のように立ち上り、揺れ動く人間模様を描く笑いと涙の群像劇。

笑って、泣いて、整って

―感想―

風呂入ったら余りの気持ちよさに「ああ~生き返るぅ」て言う時がある位だから、死にかけの爺さんが無理矢理風呂に放り込まれて笑顔になるのは自然的な現象なのかもしれない(本当か?w)。

てっきり橋本環奈ちゃんを愛でる映画なのかと思っていたのに、まさかの小日向文世さんを愛でる映画でしたわ(笑)。

何か一つの事に対して夢中になれるってのはいいよね、羨ましい。

念願の檜風呂を目にした瞬間に小日向文世さんの表情が一気に嬉しみで崩れる、俺までその表情に釣られて笑顔になってしまったよ。

お風呂、銭湯を題材・舞台にしているだけあって、心がホッコリポカポカとするエピソードばかり。

キャッチコピーの「笑って、泣いて」の笑っての部分がちょっと俺には分からなかったが、泣いての部分、感動する部分は要所要所であり。

特に笹野高史さんが演じた老夫婦の仲の良さが頭にあると、急な永遠の別れを耳にした時は切なくなったし、猿を亡き妻と見間違えて大笑いする笹野高史さんの心境が痛い程伝わって来て、寂しさの辛さに共感したし、妻の存在を近くで感じながら今後も銭湯で2人の思い出に耽るんだろうなと思うと長生きして欲しいよねと願うばかりです。

父の銭湯を受け継いだ兄弟が初め意見の食い違いでぶつかり合ってはいたものの、一つの風呂(五右衛門風呂)に一緒に浸かった事が切っ掛けとなり、銭湯を閉めるのか否か、その辺どうするのかの考えがようやく一致する。

風呂桶を1回「こーん!」と鳴らす(どういう意味があるのかは自身で確認してください)終わり方が作品の印象を寄り良くしていて、粋な演出だねっと俺は評価したい、こういう特別重要な鍵となる要素をポンッとラストカットに持ってこれるその上手さを。

あと、何と言ってもキャスティングが絶妙にいいよね。

群像劇には多くの役者が付きものだけど、ここまで素晴らしい人選は滅多にないんじゃないかなって位に個々のキャラが魅力を持っていて作品を楽しくさせていた。

今作の橋本環奈図鑑

湯けむり美人。

ほんま同じ人間とは思えない、とんでもなく可愛い生き物だよハシカンは。

評価:★★★☆

23/10/17DVD鑑賞(新作)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へバナーポチお願いします
にほんブログ村

レンタル開始日: 2023-10-11

メーカー: NBC ユニバーサル・エンターテイメントジャパン合同会社

関連作:

『湯道への道(2023)』

オフィシャル・サイト

コメント


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ロストケア

2023年08月14日 14時35分08秒 | 邦画ドラマ

2023年

日本

114分

ドラマ/ミステリー

劇場公開(2023/03/24)

監督:
前田哲

『そして、バトンは渡された』

原作:
葉真中顕『ロスト・ケア』
脚本:
前田哲

主題歌:
森山直太朗『さもありなん』

出演:
松山ケンイチ・・・斯波宗典
長澤まさみ・・・大友秀美
鈴鹿央士・・・椎名幸太
坂井真紀・・・羽村洋子
戸田菜穂・・・梅田美絵
峯村リエ・・・猪口真理子
加藤菜津・・・足立由紀
やす(ずん)・・・春山登
岩谷健司・・・柊誠一郎
井上肇・・・団元晴
綾戸智恵・・・川内タエ
梶原善・・・沢登保志
藤田弓子・・・大友加代
柄本明・・・斯波正作

<ストーリー>

早朝の民家で老人と訪問介護センターの所長の死体が発見された。捜査線上に浮かんだのは、センターで働く斯波宗典。だが、彼は介護家族に慕われる献身的な介護士だった。

彼はなぜ
42人を殺したのか

―感想―

いやあ辛いっすわ。

他人事とは思えんのよ。

俺の母も高齢でケアハウスのお世話になってます。

幸いボケの症状は全くなく、歩行が困難なだけなのですが。

日本が抱える高齢化社会に警鐘を鳴らした作品とも言えるよね。

どれが間違いでどれが正解なのか観ていて分からなくなってくるが、「救う」という行為自体に疑問がわかないのは俺自身に少しは肯定したくなる気持ちがあったからだろうなあ。

介護疲れは経験してこそ身に染みる。

介護する者の言う事に介護される者が反発するというか意思疎通が出来ない場合も度々ある為、本当に苛々としてくる。

それが毎日続くとなるとストレスも半端ない。

そりゃ若くても白髪頭になりますわ。

現に俺も母のわがままに付き合う内に一気に白髪増えましたから。

その苦悩から解放される事に誰もが望む事だろう。

けど、直接手を出すとなると流石に躊躇してしまう。

貴方は自分の親を殺せますか?

 

出演している役者全員の演技が素晴らしく、それがあって描写が実にリアル。

脳梗塞で倒れ半身不随となり後に夜中外を徘徊する程の認知症老人を演じた柄本明。

名演技過ぎるが故に、息子との生活風景には胸が苦しくなる。

そして結果的に息子が選択した「救い」の一部始終の後での折り鶴に書かれていた父からの「感謝」には涙が止まらなかった。

これをラストシーンに持ってきたのはズルい、こんなのを見せられると、俺は今後なるべく母に対して優しくなろうと思った。

これまで幾度もつらく当たってしまった事を猛省。

例えどんな姿になろうとも、血の繋がった親なのだから、俺を産んでくれた母なのだから。

評価:★★★☆

23/08/14DVD鑑賞(新作)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へバナーポチお願いします
にほんブログ村

レンタル開始日: 2023-08-02

メーカー: 東映ビデオ

オフィシャル・サイト

 

コメント


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

母性

2023年04月18日 18時31分09秒 | 邦画ドラマ

2022年

日本

115分

ミステリー/ドラマ

劇場公開(2022/11/23)

監督:
廣木隆一

『ノイズ』

原作:
湊かなえ『母性』

主題歌:
JUJU『花』

出演:
戸田恵梨香・・・ルミ子
永野芽郁・・・清佳
三浦誠己・・・ルミ子の夫
中村ゆり・・・ルミ子の新湯
山下リオ・・・ルミ子の義妹
吹越満・・・神父
高橋侃・・・中谷亨
落井実結子・・・清佳(幼少時)
高畑淳子・・・ルミ子の義母
大地真央・・・ルミ子の実母

<ストーリー>

女子高生が遺体で発見されるが、真相は不明。事件はなぜ起きたのか?愛せない母と、愛されたい娘。同じ時、同じ出来事を回想しているはずなのに、ふたりの話は次第に食い違っていく…。

母の愛が、
私を壊した。

―感想―

高畑淳子さんのヒステリック演技が最高過ぎて、他の出演者が霞んでしまう程。

こんな義母、俺だったらぜってえ嫌だわ、ストレスでハゲるわ、とある種鬼に近い形相に恐怖を覚える一方、余りにも熱の入った演技が面白くて、つい声に出して笑ってしまった。

そんな誰も反抗できない義母も、老いたらあんな姿になっちゃうのか、悲しいなあ。

大地真央演じる実母くらいかねえ、まともな人は。

もう他の主要人物は救いようのない性格、態度を示す者ばかりなので、猛烈に辛気臭い映画なんよ。

まあ本作を観て言える事は、人の目を気にしながら生きる事程、疲れるものはねえよな、と。

義母だけやもんね、我が物顔で生活しているのって。

思ったよりも、期待したよりも大して印象に残る様なストーリー展開ではなかったのだが、高畑淳子さんの熱演が全てを掻っ攫っていった感じ?

だって一人だけ「動」として画面内で躍動してたからね。

悪い言い方すれば「静」の人々の中心で「我に従え!」とふんぞり返っているのだから、そりゃ誰よりも目立つし、インパクト植え付けられるっしょ(笑)。

これは間違いなく高畑淳子映画。

評価:★★★

23/04/18DVD鑑賞(新作)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へバナーポチお願いします
にほんブログ村

レンタル開始日: 2023-04-07

メーカー: エイベックス・ピクチャーズ

オフィシャル・サイト

 

コメント


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする