銀幕大帝α

切り株推奨映画感想ブログにつきグロ画像注意。
御蔭様で10周年。3400作品レヴュー突破。御訪問有難う御座います♪

ミスエデュケーション

2019年02月23日 15時28分39秒 | 洋画ドラマ
THE MISEDUCATION OF CAMERON POST
2018年
アメリカ
91分
ドラマ/青春
劇場未公開



監督:
デジレー・アカヴァン
製作総指揮:
デジレー・アカヴァン
脚本:
デジレー・アカヴァン
出演:
クロエ・グレース・モレッツキャメロン・ポスト
ジョン・ギャラガー・Jrリック牧師
サッシャ・レインジェーン
フォレスト・グッドラッグアダム



<ストーリー>
事故で両親を亡くし、保守的な叔母と暮らす高校生、キャメロン・ポスト。プロムの夜、彼女は車の後部座席で同性の恋人と情事に及ぶが、同級生に目撃されてしまう。

―感想―

「おめえ!俺の彼女の振りしてレズビアンだったのかよ!!」
「まあなんてことかしら私の可愛い姪っ子が同性愛者だなんて...」

てなわけで同性愛者矯正施設に入れられる少女キャメロン役をクロエちゃん。

「キャメロンて元は男の名前なのよ」

マジか・・・そういやキャメロン・ディアスも同性と交際してたって言うしな。
つかそんな名前付けた親の責任じゃね?
いやでも仮にもし俺の彼女が同性愛者だったとしても別に何とも思わんけどなあ、異性と浮気されるよりかは全然マシっしょ。
願わくば同性との行為を見せてくれと頼み込むかもしれん(あー最低な俺)。

ジャケットにでかでかとクロエちゃんが写っていたので借りてしまったが、それがなければ絶対に借りてないジャンル。
かーいークロエちゃんが一杯観れたので俺得ではあったけど、内容はぶっちゃけつまんない。

今作の可愛いクロエちゃん図鑑

昔からのクロエちゃん推しな俺でも最近のぽっちゃり具合は如何なものかと思う訳で、二の腕とかムッチムチだし、もう少し肉落として欲しい。
あ、首から上はそのままな、あくまでも首から下の話。
同性愛者役て事で、女の子同士とキスしまくるクロエちゃん。


いいねえ、いいよぉ♪と内心女の子同士のえちえちな描写に喜びつつも、でもこれって一種の汚れ仕事なんじゃ、とも思ったが、まあクロエちゃんなりに色んな役に挑戦して女優としての演技の幅を広げてみようといった努力をしている最中なのかもね。
にしてもクロエちゃんが女の子の乳首を舐め、同性からアソコを愛撫され絶頂する姿が観れようとは、ヒットガール時代の時には予想にもしていなかったわ。

評価:★★
19/02/22DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へバナーポチお願いします
にほんブログ村
レンタル開始日:2019-02-02
メーカー:ギャガ

コメント

トラックバック

マイナス21℃

2019年01月20日 13時04分25秒 | 洋画ドラマ
6 BELOW: MIRACLE ON THE MOUNTAIN
2017年
アメリカ
98分
ドラマ/伝記
劇場公開(2018/07/21)



監督:
スコット・ウォー
『ニード・フォー・スピード』
出演:
ジョシュ・ハートネット
ミラ・ソルヴィノ
セーラ・デュモント
ジェイソン・コットル
ヴァシ・ネドマンスキー




<ストーリー>
エリックはシエラネバダ山脈でスノーボードの最中に遭難してしまう。食料も装備もない状態のエリックに、低体温症や空腹、オオカミなど、数々の困難が襲い掛かる。

―感想―

ほらよくニュースで流れてるやん。
「侵入禁止区域に入った後に行方不明」
この映画、それですわ。

八日間もの間ほぼ飲まず食わずでさ迷う事も過酷だが、腹が減り過ぎて自分の足の肉を食うか食うまいかで悩む姿もリアル。
衰弱し切ってバッタリ。

そのまま死んどけよ、苦痛に耐えながら生き残る術を探るよりも楽だぞと不謹慎なことを思ってしまったが、実話を基に映画化しているので助かるのは分かってるんだよねえ。

自業自得でジャンキーな主人公だから感情移入はし辛いのが難点。
でもこんな男でもいざ救出されるて時はちょっとばかし胸にくるものがある。
但しこれは男の生還に対してではなく、行方知れずとなった息子を涙ながらに無事を祈りつつ静かに帰りを待ち続けていた母親の愛情が見え隠れしていたからこそ。
これがなかったらちょっとばかしも胸にこなかったかもしれない。
彼が生存している可能性が明らかになる場面から救助する場面までの流れにも工夫が欲しかった。
演出下手かよ、て若干思う程に見せ方が余り巧くない。
映像で人を感動に誘うてのは大切なんだよ、この監督はそこの所の演出力が足りてないんだよなあ。

エンドロール直前からは御本人が登場。

おっジョシュ・ハートネットを起用したのは顔が似てるからか?
両足切断という代償を払わされたのは因果応報かもしれない。
だがこの事故が切っ掛けで彼の生き方が180度変わったらしい、という説明を入れながらの結果オーライという方向に無理くり動かしているのが鼻に付くが(笑)。

遭難シーンだけでは尺が持たないので、かなり回想シーンが多く挿入されます。
不必要なものなら入れんなよてなるけれど、直接的な彼が生きる事を望む糧には繋がっていたからまあ許容範囲内かな。

評価:★★★
19/01/19DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へバナーポチお願いします
にほんブログ村
レンタル開始日:2019-01-09
メーカー:松竹

オフィシャル・サイト

コメント

トラックバック

プーと大人になった僕

2018年12月26日 11時48分05秒 | 洋画ドラマ
CHRISTOPHER ROBIN
2018年
アメリカ
104分
ドラマ/ファミリー/ファンタジー
劇場公開(2018/09/14)



監督:
マーク・フォースター
『ワールド・ウォー Z』
出演:
ユアン・マクレガークリストファー・ロビン
ヘイリー・アトウェルイヴリン・ロビン
ブロンテ・カーマイケルマデリン・ロビン
マーク・ゲイティスジャイルズ・ウィンズロウ
声の出演:
ジム・カミングスプー/ティガー
ニック・モハメッドピグレット
ブラッド・ギャレットイーヨー
ソフィー・オコネドーカンガ
ピーター・キャパルディラビット
トビー・ジョーンズオウル



<ストーリー>
日々の仕事に追われ、家族と一緒に過ごせないことに悩んでいたクリストファー。彼に“忘れかけていた大切なもの”を届けるため、突然プーが現れる。

親友のプーがロンドンにやってきた
僕が忘れた「大切なモノ」を届けるために――


―感想―

誰かにしか見えない聞こえないじゃなく、誰にも見える聞こえるてのが作品を面白くしているし感動を生み出している。
初めは再会に戸惑いつつも行動を共にしてきたプーとクリストファーだが、2人が別れた後は娘へとバトンタッチ。
この演出がズルい。
絶対泣かせに来ているやん!て思いながら観てたらば

案の定このシーンでおいらの涙腺は崩壊していた(´;ω;`)
親子の会話を温かい目で見つめるプーの姿が又涙を誘うのよ。

全体的には何処となく切ない感じ(空気)の内容なのだが、プー好きなら絶対に観るべし(吹き替え激推奨!!)

評価:★★★☆
18/12/25DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へバナーポチお願いします
にほんブログ村
レンタル開始日:2018-12-19
メーカー:ウォルト・ディズニー・ジャパン

オフィシャル・サイト

コメント

トラックバック

オンリー・ザ・ブレイブ

2018年12月24日 13時18分01秒 | 洋画ドラマ
ONLY THE BRAVE
2017年
アメリカ
134分
ドラマ
劇場公開(2018/06/22)



監督:
ジョセフ・コシンスキー
『オブリビオン』
出演:
ジョシュ・ブローリンエリック・マーシュ
マイルズ・テラーブレンダン・マクドナウ
ジェフ・ブリッジスデュエイン・スタインブリンク
ジェームズ・バッジ・デールジェシー・スティード
テイラー・キッチュクリストファー・マッケンジー
ジェニファー・コネリーアマンダ・マーシュ



<ストーリー>
堕落した日々を過ごしていたブレンダンは、あることをきっかけに、地元の森林消防団に入隊する。地獄のような訓練の毎日を過ごし、ブレンダンは少しずつ成長していく。

炎は怖くない。
恐れるのは、愛する人の涙だけ。


―感想―

嫁のケツに敷かれてるな。
ヤダよ、あんなヒステリックな嫁。
一緒に暮らしてて疲れないんやろか。

あれだけ猛練習していたのに実際に使用したらまるで役に立たない防火シーツ。
緊急用として意味があったのだろうか、やるせない気持ちにはさせられました。

しかしビックリする位に山火事の多い地域だことで。
そりゃろくな休みも取れないでしょうよ、あれだけしょっちゅう火事発生していたら。

元ジャンキーだけが生き残るという悲劇。
だが彼らにとっては仕事に誇りを持って炎と日々戦っていた訳だから、これも運命的な名誉な死だと受け止め、あの世で全員が笑顔で仲良くやっているのかもしれない。

今の寒い冬夜に観るには最適なファイヤーマン、とか冗談言っていると罰当たりですぞ。
どうでもいいけど「家から出ていけ」と金渡して縁を切ろうとしていた癖に息子と女の間に事故とは言え子供が生まれ、職に就き地域のヒーローになった途端手のひらクルクルさせて馴れ馴れしい態度していたババアなんやねん。

評価:★★★★
18/12/23DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へバナーポチお願いします
にほんブログ村
レンタル開始日:2018-11-02
メーカー:ギャガ

オフィシャル・サイト

コメント

トラックバック

アウトサイダーズ

2018年10月14日 12時04分13秒 | 洋画ドラマ
TRESPASS AGAINST US
2016年
イギリス
99分
ドラマ/犯罪
R15+
劇場公開(2018/02/10)



監督:
アダム・スミス
出演:
マイケル・ファスベンダーチャド・カトラー
ブレンダン・グリーソンコルビー・カトラー
リンゼイ・マーシャルケリー・カトラー
キリアン・スコットケニー
バリー・キオガンウィンドウズ
ロリー・キニアロヴァッジ巡査
ショーン・ハリスゴードン・ベネット



<ストーリー>
犯罪を生業にし、トレイラーハウスで各地を放浪しながら暮らすカトラー家。後継ぎのチャドは幼い子どもと妻のため、家業から足を洗おうとするが…。

宿命の先へアクセルを踏め!

―感想―

アウトサイダーな生き方をしている男達て観ててダサいわ。
警官相手に悪態ついても徳はしないだろうよ。
我が子の為にグループから抜け出す、と言い続けていてもあの結果だからな。
父親が父親なら息子も息子、息子がこんなんだから子供もあんな育ち方しかしない。
妻はもう我慢の限界と泣いて怒鳴ってたけど、最後ニヤアてな顔して見つめている有様。

馬鹿に付ける薬はないはてのはこの事かもね。

健全な考えを持つ鑑賞者からは何の支持も共感も得られない映画。

評価:★★★
18/10/13DVD鑑賞(準新作)
にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へバナーポチお願いします
にほんブログ村
レンタル開始日:2018-08-03
メーカー:トランスフォーマー

オフィシャル・サイト

コメント

トラックバック

15時17分、パリ行き

2018年07月08日 14時17分57秒 | 洋画ドラマ
THE 15:17 TO PARIS
2018年
アメリカ
94分
ドラマ
劇場公開(2018/03/01)



監督:
クリント・イーストウッド
『ハドソン川の奇跡』
製作:
クリント・イーストウッド
出演:
アンソニー・サドラー本人
アレク・スカラトス本人
スペンサー・ストーン本人
ジェナ・フィッシャーアレクの母
ジュディ・グリアスペンサーの母
トーマス・レノン校長
ポール=ミケル・ウィリアムズ少年時代のアンソニー
ブライス・ガイザー少年時代のアレク
ウィリアム・ジェニングズ少年時代のスペンサー



<ストーリー>
アムステルダム発、パリ行きの高速列車の中で、突如イスラム過激派の男が発砲。偶然乗り合わせた幼馴染みの若者3人が犯人に立ち向かう。

その時、
3人の若者が
乗ったのは
運命の列車だった。


―感想―

ラスト30分だけでええやろ、て思うやん?
けどね、テロリストが一瞬で3人に拘束されちゃうんだよね、それだけの話を嘘で固めて膨らませる訳にもいかんでしょ、真実の物語として製作されたのだから。
そんな事もあって、開始から60分間は3人がどういった人生を送ってきたのかを、幼少時から細かく描いている。
落ちこぼれ3人組と言われたあの頃、しかし今や立派な英雄。
人の生き様てどう転ぶか分からない、正に神のみぞ知るてやつですよね。
これ、テロリストに殺されず多少の負傷を受けながらも暴挙を阻止し、日頃訓練で備わった知識で一人の乗客の命も救った事が評価されて国から称えられている。
(銃口向けられても飛び掛かれたのは、安全装置が外されていないというのが見抜けてたからだろうね、こういう所にも知識が役立つんだよなあ(他所の感想記事を読んだら「弾切れ」という意見が。それだと死ぬ気で飛び掛かったて事なのか!?流石に弾切れは見破れんだろうし・・・。)
だが仮に殺されていたら、同じ様な扱いを受けてたのだろうか。
最近、日本でも新幹線内で刃物を振り回した男に対して果敢に挑んだ男性乗客が悲惨にも殺害されてしまうという事件があった。
この勇敢な男性乗客、国から表彰されましたか?
立ち向かう勇気は必要かもしれないけれど、死んでしまったら意味が無いんです。
一時的にはマスコミなどで持ち上げられるが、時が経てば世間からの注目はほぼ皆無となってしまう。
悲しいよね。
こういった亡くなった「英雄」にも何かしら国はアクションを取るべきだと思う。
どの国よりも安全と言われている日本で起こってしまった凶悪事件に一般市民が身を挺して女性を守り、犯人の動きを止めたのだから、私はもっと敬意を払って国が先頭に立ち彼を称賛する位の事を(形式はどうであれ)やるべきなのでは、と思うんですよね。

一人の犠牲で多くの命が救われた

遺族に感謝の意を伝える意味でも、国が何かしらの姿勢を示す事が大事なような気がする。
「殺される位なら逃げる方がいい」「死んだら勇気もへったくれもない」そんなマイナス思考な意見はいらんのよ。
自分が出来ない事をやってのけたという素晴らしき行動に皆が好意的な反応を持つ、そんな国に日本もなって欲しい。
SNSで好き勝手に叩くだけが能じゃないんだよ、そこの日本人。

本作に関わった美女ベスト3

一位は列車内の販売員。

二位は旅の途中で出会う女性旅行客。

三位は製作スタッフ。

あくまでも個人的な好み順位ですので、違うだろと思った方は好き勝手に入れ替えて下さいな。

評価:★★★☆
18/07/07DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へバナーポチお願いします
にほんブログ村
レンタル開始日:2018-07-04
メーカー:ワーナー・ブラザース ホームエンターテイメント

オフィシャル・サイト(日本語)

コメント

トラックバック

gifted/ギフテッド

2018年06月24日 12時58分59秒 | 洋画ドラマ
GIFTED
アメリカ
101分
ドラマ
劇場公開(2017/11/23)



監督:
マーク・ウェブ
『アメイジング・スパイダーマン2』
出演:
クリス・エヴァンスフランク
マッケナ・グレイスメアリー
リンゼイ・ダンカンイブリン
ジェニー・スレイトボニー
オクタヴィア・スペンサーロバータ



<ストーリー>
フロリダに暮らす、7歳の生意気盛りのメアリーと彼女の叔父・フランク、そして猫のフレッド。互いがいるだけで楽しい時間は、メアリーが学校へ行くことになり揺らぎ始める。

いちばん
大切なのは、
<愛する>才能。


―感想―

やらなくてよかったんじゃないのかその裁判。
どっちが引き取るかが里親で落ち着く、俺からしたら意味分からん。

担任の先生とフランクが結婚すれば経済的に安定するから、メアリーの居場所も出来るんじゃないんですかねぇ。
7年間無関心だった癖して突然出しゃばって来るおばさんなんかに干渉されるよりは断然マシでしょ。
アレルギーだからとメアリーの愛猫を保健所送りにしちゃう糞ババア、本人の気持ちよりも自分の事しか考えてない屑。
俺がフランクだったら「今更口出ししてきてふざけんな!」て実親でも恫喝しているわ。
こんな奴に任せていたらメアリー自身も母親と同じ運命辿っちゃうよ、フランクが起こした行動は正解、身も心も縛り付けるよりも自然な環境で育てる事が大事、愛情を一杯に注いであげる事が子供にとっての優しさなんだよ。

こんな可愛い姪っ子なら叔父さん頑張っちゃう!
その気持ち、凄く分かるなあ。
俺にも姪っ子が出来たから、仮にもしこういう状況になったら全力で守り抜くだろうね。

今作の可愛い子役図鑑

兎に角、全てが愛らしかったメアリー役のマッケナ・グレイスちゃん。
吹き替えで観てみ、その可愛さ倍増しされますから。
新井美羽ちゃんの声に癒され、マッケナ・グレイスちゃんの喜怒哀楽表情豊かな演技に僕はもう自分の姪っ子観ているかのようにメロメロです。

評価:★★★☆
18/06/23DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へバナーポチお願いします
にほんブログ村
レンタル開始日:2018-06-02
メーカー:20世紀 フォックス ホーム エンターテイメント ジャパン

オフィシャル・サイト(日本語)

コメント

トラックバック

ナインイレヴン 運命を分けた日

2018年05月11日 13時46分02秒 | 洋画ドラマ
9/11
2017年
アメリカ
89分
ドラマ
劇場公開(2017/09/09)



監督:
マルティン・ギギ
脚本:
マルティン・ギギ
出演:
チャーリー・シーンジェフリー
ウーピー・ゴールドバーグメッツィー
ジーナ・ガーションイヴ
ルイス・ガスマンエディ
ウッド・ハリスマイケル
オルガ・フォンダティナ
ジャクリーン・ビセットダイアン



<ストーリー>
2001年9月11日、早朝。WTCビル内のエレベーターに5人の男女が乗り合わせていた。その時、建物を激しい揺れが襲い…。

いつもと同じ朝、いくつもの約束があった――。

―感想―

911関連の映画は基本ハズレないやね。
これも面白かった。
面白かったと書いたら不謹慎になっちゃうか、見応えのある作品になってました。
エレベーター内に閉じ込められた5人が力を合わせて脱出を試みる密室ドラマです。

チャーリー・シーン(久しぶりに観た)演じる男は、仕事バカのせいで妻と離婚協議中。
その妻と一緒にエレベーターに乗り合わせるて事で、助け合う中で2人の気持ちは変わり、最後は「離婚やめよう」てなるんだろうなあという予想は出来る。
その予想はバッチリ当たっていて、夫に付き返した結婚指輪を妻はもう一度受け取り直すのですが、まさか妻だけ脱出させて残りの4人諸共エレベーターが落下するとは思わなかった。

けど今の技術は優れていて、緊急ブレーキが働いて、エレベーターは激突ギリギリの所で止まるんですね。
先に外へと出た妻が夫たちを助けて欲しいと、消防士の一人を捕まえ懇願し、その消防士は「任せろ!」ときっちり仕事を全うするのですが。。。
このラストも意外な事が起きる訳でして、他の3人は消防士の工具のお蔭で脱出出来るも、最後に出ようとしたチャーリー・シーンだけは箱が更に下に落ちて出られなくなってしまう。
消防士は彼を決して見殺しにはせず、箱の上に上り、ハッチを開けて手を伸ばすのですけども。

大概は無事に救出ハッピーエンドになりそうですが、現実でもそうでしたけれどもタワーは崩壊しちゃうんですよね、2人は手を握り合ったまま、死を覚悟して映画は静かに終わります。

たった一人で3人を箱から出した消防士の勇敢さ、自分を優先させず妻と他人を先に外へと誘導させたチャーリー・シーンの勇敢さ。
この2人の勇敢なる死に賛辞を贈ると共に、胸がギュッと締め付けられるいたたまれない余韻だけが残りました。

評価:★★★☆
18/05/10DVD鑑賞(準新作)
にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へバナーポチお願いします
にほんブログ村
レンタル開始日:2018-02-07
メーカー:松竹

オフィシャル・サイト(日本語)

コメント

トラックバック

わたしは、ダニエル・ブレイク

2018年02月09日 13時29分55秒 | 洋画ドラマ
I, DANIEL BLAKE
2016年
イギリス/フランス/ベルギー
100分
ドラマ
劇場公開(2017/03/18)



監督:
ケン・ローチ
出演:
デイヴ・ジョーンズダニエル・ブレイク
ヘイリー・スクワイアーズケイティ
ディラン・フィリップ・マキアナンディラン
ブリアナ・シャンデイジー
ケイト・ラッターアン
シャロン・パーシーシェイラ
ケマ・シカズウェチャイナ



<ストーリー>
大工のダニエル・ブレイクは、心臓病を患い医者から仕事を止められる。国の援助を受けようと悪戦苦闘していた彼は、ふたりの子どもを抱えるシングルマザー・ケイティと出会う。

人生は変えられる。
隣の誰かを助けるだけで。


―感想―

完全に国批判の映画ですね。
予告編を偶然に観て、泣けるのかな?と思って借りたのだけれど、感動はちょっとしたが別に泣ける程ではなかった。

ジジババにインターネットを使いこなせ、パソコン操作を覚えろてのは余りにも酷。
碌に教えもせずに、全部自分でやってね、と丸投げし、出来ていなかったらダメ出し。
ああだこうだと難癖を付け、結果お金を欲する者はたらい回しにされる。
金が欲しけりゃ自力で必要とするものを揃えろ、それが出来ないのなら諦めな、というのがこの国の考え方なんだろう。
弱者には強気に出るその横暴な態度に、支え合う優しさが微塵にも感じられず、弱者は弱者同士で励まし合う事となる。

1本の貧困層によるドキュメンタリーを見せられているかのようで、何ともやるせない気持ちにはさせられました。
音楽は極端に少なく、台詞の多くで観る者に国の体制に疑問を投げ掛け、助け合いとは何なのかを改めて見つめ直させる、そんな作品。

007のダニエル・クレイグならどうにかしそうだけどな(秘密工作員だし)。

評価:★★★☆
18/02/08DVD鑑賞(準新作)
にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へバナーポチお願いします
にほんブログ村
レンタル開始日:2017-09-06
メーカー:バップ

オフィシャル・サイト(日本語)

コメント

トラックバック

スイッチ・オフ

2018年01月14日 15時52分14秒 | 洋画ドラマ
INTO THE FOREST
2015年
カナダ
101分
SF/ドラマ
劇場公開(2017/03/04)



監督:
パトリシア・ロゼマ
製作:
エレン・ペイジ
原作:
ジーン・ヘグランド『森へ 少女ネルの日記』
脚本:
パトリシア・ロゼマ
出演:
エレン・ペイジネル
エヴァン・レイチェル・ウッドエバ
マックス・ミンゲライーライ
カラム・キース・レニーロバート
マイケル・エクランドスタン
ウェンディ・クルーソン



<ストーリー>
ネルは父と姉と共に森に囲まれた家で静かに暮らしていた。しかし、世界中を襲った大停電により生活は一変。一家は自給自足で凌いでいたが、父が大怪我を負って急死し…。

―感想―

素敵な姉妹愛だなあと一瞬思ってしまった。
良く考えてみたら妹が姉ちゃんに振り回されているだけやないか(笑)。

「後先面倒だから妊娠はダメよ」
と言いつつ、レイプされて自分が妊娠しちゃう姉。
レイプされたのは可哀想だけど、愛しても無いおっさんの子供を、生むんかいっ。
中絶せぇよ。
妹にはガミガミと言っておいて自分には甘い姉。
そもそもこの姉ちゃん、電気が点かないという異常事態にも関わらず、踊ってばかり。
メトロノームじゃ感覚掴めないの、音楽頂戴!ガソリン頂戴!!
我が儘ばっかり。
ガソリンは貴重だからダメよと拒否すると、ふて腐れ。

小学生のガキかw
こんな時こそ姉ちゃんがしっかりとしなければいけないだろ、妹だけが頑張ってますやんか。

しかし、こんなにも長く家に居て、食料も水も尽きないものなんかね。
飢えに苦しんで痩せ細っている様子もない。
トイレも風呂も普通に使っている。
危機感が足りんなあ、もう少し切羽詰まった様子を描いても良かったんじゃないか?

結局姉ちゃん子供産んじゃって、家がボロくなってきたから子供の健康に悪いと難癖付け始め、全焼させちゃえと妹に対し強引に説得。
んで、3人で森の中で暮らし始める所で終わり。
そんな所で暮らしていけるのか、甚だ疑問、なんだか感動もへったくれもない雑な幕閉じだった。
まだ同じ様な題材を扱った邦画の『サバイバルファミリー』を観た方が娯楽性と感動愛が詰まっていて面白いし、そちらをお薦めする。

どうでもいいけどちょっと気になったのが、停電する前にやたらとハイテクな機器を使ってるんだよねこの親子。
西暦何年の設定なんかな、と。

評価:★★★
18/01/14DVD鑑賞(準新作)
にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へバナーポチお願いします
にほんブログ村
レンタル開始日:2017-11-08
メーカー:ツイン

ここからは巨乳好きは閲覧禁止だよ。
ちっぱい観たい奴だけ集まれ!
























【貧乳の楽園】へようこそ

童顔&貧乳が取り柄なだけの(失礼なw)エレン・ペイジが脱いでくれました。
貧乳は正義、貧乳万歳!

コメント

トラックバック