銀幕大帝α

切り株推奨映画感想ブログにつきグロ画像注意。
御蔭様で12周年。3900作品レヴュー突破。御訪問有難う御座います♪

2019年下半期レンタル作品ベスト10

2019年12月31日 14時57分21秒 | ベスト・オブ・銀幕大帝α
1位『アベンジャーズ/エンドゲーム』さらばトニー・スターク
2位:『キングダム』ンフ
3位:『ハンターキラー 潜航せよ』陸海合同作戦開幕
4位:『ハッピー・デス・デイ』何度も死んで犯人捜し
5位:『オーヴァーロード』戦争映画か・・・ホラーやんけっ
6位:『無双の鉄拳』俺の妻を返せ
7位:『フォルトゥナの瞳』「秘密」を持つ人達の選択
8位:『ハッピー・デス・デイ 2U』悪夢の再来、そして葛藤
9位:『映画 賭ケグルイ』顔芸大合戦
10位:『カイジ 動物世界』全てを賭けた頭脳戦


2019年下半期鑑賞リスト
あ行20
アイアン・スカイ/第三帝国の逆襲…0.5
アガサ…2
アクアマン…3
あの頃、君を追いかけた…3
アベンジャーズ/エンドゲーム…4.5
アラジン…3.5
アリータ:バトル・エンジェル…3
アンデッド/ブラインド 不死身の少女と盲目の少年…3
イット・アワーズ…1.5
いつのまにか、ここにいる Documentary of 乃木坂46…2.5
イップ・マン外伝 マスターZ…3
移動都市/モータル・エンジン…3.5
ウォーキング・デッド (シーズン9)…3.5
ウトヤ島、7月22日…3.5
ウルフ・オブ・リベンジ 復讐の狼…3.5
映画 賭ケグルイ…4
映画クレヨンしんちゃん 新婚旅行ハリケーン ~失われたひろし~…3
映画 としまえん…3
エンドレス・エクソシズム…3
オーヴァーロード…4

か行20
カイジ 動物世界…4
がっこうぐらし!…2.5
監禁モーテル…1.5
君は月夜に光り輝く…2.5
キャプテン・マーベル…3.5
恐怖の報酬【オリジナル完全版】…3
キングダム…4.5
クエスト・オブ・キング 魔法使いと4人の騎士…3.5
クラウンタウン…3.5
グリーン・イン・ザ・デッド…2.5
来る…3.5
黒い乙女Q…3
黒人魚…3
劇場版シティーハンター 〈新宿プライベート・アイズ〉…3.5
劇場版 「聖☆おにいさん 第 I 紀」…2.5
劇場版パタリロ!…1
ケルベロス 紅の狼…3.5
ゴジラ キング・オブ・モンスターズ…3
コンジアム…3
コード211…3.5

さ行13
サイコキラー・ホテル…3
西遊記 孫悟空 vs 7人の蜘蛛女…2.5
サスペリア…2
貞子…2.5
ザ・ハロウィン…2
ザ・フォーリナー/復讐者…3
サマー・オブ・84…3
シャザム!…4
ストライクウィッチーズ 劇場版 501部隊発進しますっ!…1.5
スノー・ロワイヤル…3
スパイダーマン:スパイダーバース…3.5
スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム…3
迫り来る嵐…2.5

た行17
大脱出2…3
血まみれスケバンチェーンソーRED 前編 ネロの復讐…3
血まみれスケバンチェーンソーRED 後編 ギーコの覚醒…3
チャイルド・プレイ(2019)…3.5
超 感染 ファイナル・デッド…3
ディアボロ 世界一呪われた事件…3
ディレイルド 脱線…2.5
デス・ショット…2.5
デッド・ウィッシュ…1.5
デッド・クリフ…2.5
デッドトリガー…2
テリトリー・オブ・ザ・デッド…1
テリファー…3.5
トイ・ストーリー4…4
トラウマ・ゲーム 恐怖体験アトラクション…2
トンビルオ! 密林覇王伝説…3
ドール・メーカー…2.5

な行0

は行17
バイドーン 真夜中の来訪者…1.5
ハイルシュテッテン ~呪われた廃病院~…1.5
パズル 戦慄のゲーム…1.5
バックアウト・ロード アメリカで最も呪われた通り…1.5
バックトレース…1.5
バッド・ディシジョン 終わりなき悪夢のはじまり…3.5
ハッピー・デス・デイ…4
ハッピー・デス・デイ 2U…4
ハロウィン…3.5
ハロウィーン…1
ハンターキラー 潜航せよ…4.5
バンブルビー…4
パージ:エクスペリメント…3.5
ファイナル・スコア…3.5
フォルトゥナの瞳…4
ブック・オブ・モンスターズ…3
ペット2…3.5

ま行8
マイル22…3
マスターズ・オブ・ホラー…3.5
ミッシング・タワー…3
無双の鉄拳…4
名探偵ピカチュウ…3
メン・イン・ブラック:インターナショナル…3.5
モンスター・フェスティバル…3
モーターギャング…2.5

や行0

ら行5
ラバーボーイ…3
ラ・ヨローナ ~泣く女~…3.5
ラン・アウェイ 香港脱出…1.5
レプリカズ…2.5
ロスト・マネー 偽りの報酬…3

わ行2
ワイルド・ストーム…3.5
ワイルド・スピード/スーパーコンボ…3

英字行5
EVIL エヴィル…1.5
THE POOL ザ・プール…3.5
THE QUAKE/ザ・クエイク…3
X-MEN:ダーク・フェニックス…3.5
Z Bull ゼット・ブル…3

数字行2
九月の恋と出会うまで…3.5
十二人の死にたい子どもたち…3

全109作品鑑賞

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へにほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へにほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

コメント

ハンターキラー 潜航せよ

2019年12月30日 18時15分24秒 | 洋画アクション
HUNTER KILLER
2018年
イギリス
122分
アクション/サスペンス
劇場公開(2019/04/12)



監督:
ドノヴァン・マーシュ
製作:
ジェラルド・バトラー
原作:
ジョージ・ウォーレス『ハンターキラー 潜航せよ』
出演:
ジェラルド・バトラージョー・グラス艦長
ゲイリー・オールドマンチャールズ・ドネガン統合参謀本部議長
コモンジョン・フィスク海軍少将
リンダ・カーデリーニジェーン・ノーキスト
ミカエル・ニクヴィストアンドロポフ艦長
トビー・スティーヴンスビル・ビーマン



<ストーリー>
ロシア近海で1隻の米海軍原子力潜水艦が姿を消した。ジョー・グラス艦長率いる攻撃型原潜“ハンターキラー”は、捜索に向かった先で無残に沈んだロシア原潜を発見する。

そこは音だけが《見える》戦場

―感想―

基本的に戦争映画て面白いのよ。
んで、潜水艦映画も面白い。
この二つを掛け合わせるとそりゃあとんでもない相乗効果が生まれるでしょうよ。

なんちゅうもの同士を混ぜてんねん、ふざけんな!←称賛の言葉です

昨日の敵は今日の友とは言うけれど、結果的にはとんでもない人物を味方に付けたよね、これが展開の上でかなりデカい。
なんかしらんけど、お互いに称え合って握手しているラストシーンでオラ泣いてた。
楽しみにはしてたけど、感動するとは思ってなかった、くそっ演出上手かっ!

それにしてもよくもまあこれだけ次から次へと緊張の糸を繋ぎ合わせたもんだ。
スリル、スリルの連続で後半特に目が離せなかった。

クーデター起こした大臣の戦闘員が全員ヘルメット姿で、どこかアウトローぽい雰囲気出しているのが好き。
そして、戦闘態勢に入った時のミサイル砲の動きとか、発射の描写とか一々カッコ良過ぎて興奮を抑えきれず。
別に俺は戦争マニアでもなんでもないけど、ああいうのに凄くときめくんだよね。
やっぱ心のどこかで兵器のデザインなんかに惹かれているのかねえ、自覚はないんだが。

最近『スナイパーエリートV2リマスター』というゲームをやり終えたばかりか、仲間の危機一髪時、脚を負傷し置き去りにされていた新米兵士が「俺参上!」と言わんばかりにスナイパーぶっ放し救う場面で悶絶。
一発必中堪らんって。

2019年内に観られて良かった。
多分、年間ベストに入ると思うよ。

あ、そうだ、内で一人やいやい叫んでいたゲイリー・オールドマン、最後部下達と「これまでの事は水に流そうや」みたいな顔しながらしれっと握手していてワロタ。

評価:★★★★☆
19/12/30DVD鑑賞(準新作)
にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へバナーポチお願いします
にほんブログ村
レンタル開始日:2019-08-21
メーカー:ギャガ

オフィシャル・サイト

コメント

超 感染 ファイナル・デッド

2019年12月29日 12時03分46秒 | 亜細亜ホラー
末世人間道/LOST IN APOCALYPSE
2018年
中国
86分
ホラー/アクション
劇場公開(2019/12/07)



監督:
スカイ・ワン
脚本:
スカイ・ワン
出演:
マーティン・ヤン
ヤン・ミンイー
チャン・イーナン
レイ・ワン




<ストーリー>
ホテルで会食中のボスを待つジャック。その時、突然人食いゾンビが出現し、市民が次々と襲われていく。ボスから救助の要請を受けたジャックは、金属バットを手にホテルの最上階を目指す。

―感想―

普通に面白かったよ。
悪い奴は悪い、良い奴は良い、はっきりとしている。
いや、はっきりとし過ぎている。
それ位、明確にされると誰に感情移入すればいいのか、こっちも直ぐに判断出来るので、たまにはそういう映画があってもいい。

ゾンビ映画でありながらお食事シーンはない(本当に食事しているシーンはあるが(笑))から過度のグロさ、エグさは期待しない方がいいかもだが、人間の愚かさ、醜さに加え対照的な優しさを前面に押し出している作品でもあるので、その辺のドラマ性を一番に楽しむ事が監督の狙いでもあり望みでもあるような気もする。

続編を作ろうと思えば作れそうな終わり方だが、まあ無いだろうな。
それにしても何処の国にも一定のロリコン野郎がいるんだねえ。

評価:★★★
19/12/28DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へにほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へバナーポチお願いします
にほんブログ村
レンタル開始日:2019-12-04
メーカー:ハーク

情報<のむコレ3>

コメント

いつのまにか、ここにいる Documentary of 乃木坂46

2019年12月28日 18時09分49秒 | 邦画その他(ドキュメetc.)
2019年
日本
120分
ドキュメンタリー
劇場公開(2019/07/05)



監督:
岩下力
企画:
秋元康
撮影:
岩下力
出演:
乃木坂46



<ストーリー>
結成から7年目を迎えた2018年9月、西野七瀬の口から自身の卒業が明かされた。エースの卒業に戸惑うメンバーたちの心の葛藤と成長を、これまでにない親密な距離感で映し出す。

―感想―

「シンクロニシティ」は乃木坂が出した歴代のシングルの中でも5本の指に入る名曲だと個人的には思っている。
ただ「ハモれ」の部分は一時ずっと「あのね」だと思い込んで聴いていた。
これは流石にハズイ。

それはさておき、乃木坂としては2作目となる本ドキュメンタリー映画だが、控えめに言っても面白くない。
多くの方が指摘している様に何を伝えたいのかさっぱり分からないのだ。
途中何度か寝落ちしそうになりながらも何とか観れた2時間で感じたのは、西野七瀬と齋藤飛鳥のプロモーション動画。
淡々と2人の姿をストーカーみたいに追い続け撮っているだけ。
そこに感動はあったのか?

ない。

対象の人物をカメラで撮って、「目標はなんですか?」だけ聴いてインタヴュー終了なら俺でも出来る。
そこはもっと深く、本人も戸惑うような切り口で一問一答をせえよと。

中盤までは西野七瀬にスポットライトをあてている。
そこから他のメンバーへと切り替わるのだが、何故か又、西野七瀬が登場するのだ。
その件、終わらせたんじゃなかったのか。
しつこく引っ張り過ぎ。
こういうのを含め、全体的な構成に纏まりがなく、又必要に感じないシーンも入れている為、作品としてのバランスが無茶苦茶。
終わりよければ全て良しとも言うが、本作に関しては終わり方さえも観る側からしたら「もうこれでええやろ」的な感覚でいい加減に締めている様な風に捉えてしまう。

冒頭で「彼女ら(乃木坂)の事は全然知らないまま撮り始めた」とテロップで流れるが、結局ラストまで「知る事が出来ないまま」カメラを止めてしまった、そんな作品。
ある程度、ドキュメンタリーにはハプニングがあってもいいものだし、それを期待する人も居るだろうけど、本作に限っては順風満帆なメンバーの姿しか撮っておらず、そんなの見せられて何がおもろいねん、と。
上映時間は120分だが、間違いなく数倍もの長さの映像を撮っているだろうに、もっと観客の心を突き動かす場面は無かったのかと疑問に思う。
一つでも印象に残るものがあれば感想も違ってくるだろうが、私にはそれがこのドキュメンタリーにあったのか分からなかった。
何人かは涙を流す姿を映していたが、その涙の意味さえも説明がないので、内容に感情移入など出来るはずもない。

前述したように西野七瀬と齋藤飛鳥のプロモーション動画なので、他のメンバーのモブ感が凄まじい。
こんな内容で「乃木坂のドキュメンタリー」ですと紹介されても戸惑うだけだし、俺が上役だったら「Documentary of七瀬と飛鳥と愉快な仲間達」にした方が良いんじゃないのか?と皮肉りたくもなる。
監督は後で編集したのを観て、これならファンもファンじゃない人も納得してくれるだろう、と強く確信したのだろうか。
もしそうであるならば、才能が無い、これに尽きる。
そうじゃなかったら、お蔵入りする決意も時にはあるべきで、それが腐ってもプロですよ。
岩下力という名の監督さんですが、名前負けしてるよね、演出の力強さを発揮出来ていないのが残念です(そもそもその力強さを持っている方なのかは知りませんが)。

これまでAKBG、坂道のドキュメンタリー映画は全部観てますが、過去最低の出来でした。

現時点での私の乃木坂の推しメン
1推し:生田絵梨花
2推し:生田絵梨花
3推し:生田絵梨花

もうね、生ちゃん卒業しちゃったらどうなるねんて話ですわ。
けど、このドキュメンタリーに出てきた与田て子が気になりました。
あしゅも好きちゃあ好き。
でもやっぱ、生ちゃんしか目に入らないなあ。

評価:★★☆
19/12/28DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へバナーポチお願いします
にほんブログ村
レンタル開始日:2019-12-25
メーカー:ソニー・ミュージックレーベルズ

関連作:
『悲しみの忘れ方 DOCUMENTARY of 乃木坂46(2015)』(第1弾)
『いつのまにか、ここにいる Documentary of 乃木坂46(2019)』(第2弾)

オフィシャル・サイト

コメント

ケルベロス 紅の狼

2019年12月28日 13時14分35秒 | 洋画アクション
O DOUTRINADOR/THE AWAKENER
2018年
ブラジル
108分
アクション
R-15
劇場未公開



監督:
グスタヴォ・ボナフェ
出演:
キコ・ピソラート
タイナ・メディナ
サミュエル・デ・アシス
ニコラス・トレヴィジャーノ




<ストーリー>
不正が蔓延するブラジル政界。州知事の横領事件を追う特殊警察に所属するミゲルの娘が何者かに狙撃され、命を落とす。州知事の仕業だと知った彼はデモに紛れ、復讐を果たすが…。

―感想―

娘が可愛すぎた。
そりゃ俺でもあんな可愛い我が子を突然失ったらブチギレるかもしれん。

デモ隊に紛れ込んでいる最中に偶然手に入れたガスマスクが超カッコイイ。
目の部分が真っ赤に光るんだぜ?
暗闇に姿を紛れ込ませると赤い目だけが浮かぶ。
あのシルエットが堪らなく渋い。
俺が持っているガスマスクと交換してくれないかねえ。

悪徳政治家を片っ端からぶっ殺していくだけの内容。
主人公がヒョロではなく屈強な体をした大男なので、格闘アクションにもパンチ一つに重さがあり、且つ動きの軽さも重なって結構観てて熱くなれる。
最初に知事の顔面をフルボッコするシーンのエグさは主人公の怒りが拳からも滲み出ていて痛快だった。
殴られ過ぎて原形がなくなる知事の顔、ある意味ホラー並の強烈さ。
それ以降はほぼ銃殺だが、やはりガスマスク姿での襲撃が画になり過ぎてダークヒーローものとしてはレベルの高い演出となっており、勧善懲悪な作品としても一際輝いている。
天才ハッカーを味方に付けるという部分もドラマ性が広がり、それを踏まえた上でハッカーの居場所を突き止められて暗殺者軍団が登場し倉庫で対峙するまでの流れに緊張感が生まれ、結果的にその対峙場面が本編最大の見せ場になっていたと思う。

新大統領を抹殺、邸宅を大爆破させ、現場に残されていたのはガスマスクのみ。
主人公の安否は確認されていない。
もしかすると続編、あるかも。
だって、消さなければいけない人間が一人残ってますやんか。

評価:★★★☆
19/12/28DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へバナーポチお願いします
にほんブログ村
レンタル開始日:2019-12-25
メーカー:キュリオスコープ

コメント