銀幕大帝α

切り株推奨映画感想ブログにつきグロ画像注意。
御蔭様で12周年。3900作品レヴュー突破。御訪問有難う御座います♪

グラウンド・デス

2019年03月31日 14時14分10秒 | 洋画サスペンス
CUTTERHEAD
2018年
デンマーク
88分
サスペンス/アクション
劇場未公開




監督:
ラスムス・クロスター・ブロ
脚本:
ラスムス・クロスター・ブロ
出演:
クリスティーヌ・ソーンデリス
サムソン・セメレ
クレシミル・ミキッチ




<ストーリー>
地下鉄のPRコーディネーターであるリーは、トンネル工事の取材に訪れる。作業員に案内され、地下にある狭い作業室へ入ると、トンネル内で火災が起こり…。

―感想―

結局は自分が一番可愛いて事よ。
そりゃまあ俺でも余裕が無かったら余計に赤の他人助けるよりも自分が生き残る術を優先すると思うわ。

けど、そういうのを第三者の目で観ていると、屑だなて苛々するものはあるんですよね。
当事者でしか分からない心境だというのは良く分るのですが、女の言動一つ一つが妙にムカついた(閉じ込められた後ね)。
その点、責任者であるおっさんは冷静に対応していたとは思うものの、女がああいう卑劣な行為をしたりするからおっさんも冷静さを失ってしまう。
それでも手を縛るという対処は判断としては間違ってはいないだろう。
これ以上、混乱を大きくして欲しくないから。

女も初めこそはパニックで喚き散らしていたけれど、後半は割と冷静さを取り戻していたのは苛々しない点でも良かったのだが、問題は泥穴を這いずり回る終盤の状況説明がまるで無い所よ。
どうなってああいう形になったのかさっぱり分からんのだが。
てか最後の場所て何処??
医療室かな?助け出されたという事でいいのかしら。
カメラワークがごちゃごちゃしていて起こっている出来事が把握出来ないまま、あのラストカット。
で、変な空気だけ漂わせて終了。
しっくりこない終わり方だった。

評価:★★
19/03/31DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へバナーポチお願いします
にほんブログ村
レンタル開始日:2019-03-02
メーカー:ニューセレクト

コメント

トラックバック

シャッター 写ると最期

2019年03月30日 13時58分20秒 | 洋画ホラー
FOTO NA PAMYAT/DEADLY STILL
2018年
ロシア
80分
ホラー
劇場公開(2019/01/25)



監督:
アントン・ゼンコヴィッチ
出演:
イリーナ・テミチェヴァ
アナスタシヤ・ゼンコヴィッチ




<ストーリー>
ドライブの途中でシカに衝突し車が壊れた7人の若者は、たどり着いた山小屋で珍しいカメラを発見するが、それはレンズを向けられた人の最期の姿を映し出すという、いわくつきのカメラだった。

―感想―

上の画像の中にサイコパスがおります。

タイトルのまんま、古いカメラで撮られた被写体は直後に謎の死を遂げるという話。
で、それだけじゃ面白くならないので、サイコパスを投入したという訳。
本性現してキチガイ染みた顔と笑い声でカメラ片手に追いかけてくる描写が狂気。
後半かなり無茶苦茶な展開になるけれど、話の筋は通っているので意味不明というものはない。
ただ、ラスト。

「2人で写ろうよ」

「2人だけじゃなく全員で写ろう!」

「はい、ポーズ」カシャ!

おい、2人で写ろうとか言っておいて撮る側になっとるやないかい。
そんで警察官どもよ、何事件現場で記念撮影してんねん。
不謹慎過ぎて草も生えない。
懲戒免職ものだなこいつら。
あ、どうせ直ぐ死ぬから問題ないか。

いやいや、余計に死体が増えるやないか!
どうするんだこれだけの死体。
証拠隠滅するには数が多過ぎるだろ、こりゃ徹夜だな。

評価:★★☆
19/03/30DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へにほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へバナーポチお願いします
にほんブログ村
レンタル開始日:2019-03-20
メーカー:プルーク

情報
<未体験ゾーンの映画たち2019>


コメント

トラックバック

切り株画像はこちら

切り株画像(映画『シャッター 写ると最期』より、写真を撮られてトラバサミ)

2019年03月30日 13時42分34秒 | 切り株“TV”画像(閲覧注意)
【ネタバレ注意】

イエーイ!
OK!バッチリ撮れたよ!

さて、仲間を呼びにいくか。
うおっと(コケ)。

ぐああ!(トラバサミ作動)

もろに首に組み込むトラバサミ。

ちょっと何勝手にコケて倒れているのよ、起きてよ(ほら手を貸すから、ヨイショ♪)

きゃーーーーーーー!


ぼ・・・ぼくの体・・・カエシテ。。。

切り株度(2/5)

レヴュー:『シャッター 写ると最期』
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へバナーポチお願いします
にほんブログ村

平成最後の神写真集発売&購入!!そしてドラマ初出演おめでとう!(大天使ゆーりまる)

2019年03月29日 17時34分23秒 | 趣味・雑記(NMB関連・坂道シリーズ関連)
2019年03月27日発売

太田夢莉 ファースト写真集 『 ノスタルチメンタル 』

¥1,944

セブンネットで購入



千年に一人が橋本環奈なら、一万年に一人が太田夢莉だ!

つうことでNMBはもとよりAKBG内でも超絶美少女とファンやメンバー間でも言われるゆーりまること太田夢莉ちゃんのファースト写真集が遂に発売されました。
事前にセブンネットで予約していたのですが、残念ながら発売日には手に入らず、本日入荷というお知らせメールが届いたので最寄りのセブンイレブンへ取りに行ってきました。

興奮状態で一ページずつ捲りましたが、もう可愛い!!!!の言葉しか浮かんできません。
性格的に「ツン」なゆーりが、写真集の中では普段滅多に見せない弾ける笑顔を惜しげもなく披露。
合間に何時もの「ツン」な表情もあったりと、全体的に表情豊かな仕上がりになっております。
坂道シリーズの写真集のようなエロという意味での際どいものはほぼなく、夜のおかずに、という男としての需要さは期待しないでください。
あくまでも“俺の彼女”目線で眺める1冊だと思います。
ゆーりは女性人気も凄くあるので、女性ファンも当然買い。
同性でありながらも「ゆーり♡」という気持ちで見る事が出来るでしょう。


私が購入したものに入っていたポストカードです。
4種類あるようですが、全部欲しいですねえ。
流石に今の私には大量買いする程の金はないので、この1枚で満足しておきます。
けどこのポストカードはセクシーな1枚ではあるので(他の3枚はどういうものかは知りませんが)当たりかな、と勝手に喜んでおりますけど(笑)。

ゆーり推しは絶対に購入!!
売上数を伸ばして、ゆーりを笑顔にさせてあげましょうよ。
ファンなら買わなきゃ損だぞ( ´∀`)bグッ!

それでは恒例の私が気に入った写真を1枚紹介。


俺「ん?どうかした?」

夢「ふーん・・・ヒロ君て結構ミッションの扱い得意なんだね」

俺「どういう意味だよ(笑)。これでも免許取ってからずっと俺はMTなんだぞ(笑)」

夢「へえそうなんだ・・・(やだカッコイイ(´∀`*)ポッ)」

写真集評価:


そして、そして!!

なんとここに来てゆーりに関する朗報が立て続けに!!

写真集発売の後は、連続TVドラマ出演だ、しかもヒロインだ!!キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!



初出演でヒロインなんて、すげええええええええええΣ(・□・;)

遂に時代がゆーりに追い付いた(´;ω;`)ウッ…



こんなんリアルタイムで観なきゃいかんだろ、録画もせなあかんやろ!
楽しみ過ぎる。
関テレありがとう!
ゆーりおめでとう!



ミナミの帝王は竹内力さんのしか観た事がなかったけど、これは睡眠削ってでも観なきゃいかん。
ヒロインという重要な役所を引き受けたゆーりがどういう演技をするのか、この目でしっかりと見届けていきたいと思います。
ラブシーン・・・あるのかね?(観たい様な観たくない様な(^^;))

放送開始日は4月25日

毎週木曜日、深夜0時25分~55分

忘れるなよ、俺!!

ダーク・スクール

2019年03月28日 15時19分38秒 | 洋画ホラー
DOWN A DARK HALL
2018年
スペイン/アメリカ
96分
ホラー
PG12
劇場公開(2019/01/04)




監督:
ロドリゴ・コルテス
『[リミット]』
出演:
アナソフィア・ロブ
ユマ・サーマン
イザベル・ファーマン




<ストーリー>
実父を亡くし、母や義父と暮らす少女キットは、素行不良で高校を退学になり、更生のため森の奥にある名門寄宿学校に入ることに。そこにはキットと同じような女子生徒たちが暮らしていたが、次第に絵に没頭して我を忘れたり、部屋にこもって叫んだりする生徒が現れはじめる。不審に思ったキットは、この学校に隠された恐ろしい過去を知る。

―感想―

才能は憑依によって生み出される

これ、設定が斬新。
若くして亡くなった古き作曲家や画家、詩人等を家族からも見放された不良娘達に憑依させて再生させるという無茶なものだが、思いつかないとこういうアイデアも活かされない訳で、そういう意味でも巧く映画として反映させた事に私は唸らされた。

そしてまさかのヴェロニカ参戦!
一番仲悪そうだったから、その流れになった時は正直驚いた。
「貴女の特技は戦う事でしょ!!」顔パンパン!!で憑依解くのもすげえけど(笑)。
それと怪力ばばあの強さヨw
あいつがボスキャラでええやん、て思ったわ。

本作でもテーマは「父親愛」。
けどよくよく考えたら義父の立場全くねえな、やっぱり血の繋がりがある本当の父こそが正義なんだなあて。

キットの幼少時て結構可愛かったのに、成長したらあれだけ劣化してしまって、そこの顔の変化を映す冒頭シーン観た時は「ええ。。。」てガッカリしたのは俺だけじゃないはず!多分。

評価:★★★☆
19/03/28DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へにほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へバナーポチお願いします
にほんブログ村
レンタル開始日:2019-03-20
メーカー:カルチュア・パブリッシャーズ

情報
<未体験ゾーンの映画たち2019>


コメント

トラックバック