銀幕大帝α

切り株推奨映画感想ブログにつきグロ画像注意。
御蔭様で14周年。4000作品レヴュー突破。御訪問有難う御座います♪

ウォーハント 魔界戦線

2022年10月31日 16時43分18秒 | 洋画ホラー

WARHUNT

2022年

アメリカ

92分

アクション/ホラー

劇場公開(2022/05/27)

監督:
マウロ・ボレッリ
原案:
マウロ・ボレッリ
脚本:
マウロ・ボレッリ

出演:
ロバート・ネッパー・・・ブリューワー軍曹
ジャクソン・ラスボーン・・・ウォルシュ
ミッキー・ローク・・・ジョンソン少佐

<ストーリー>

1945年、墜落した輸送機を捜索する米軍のブリューワー軍曹たちは、墜落機の残骸を発見する。しかしそれ以降、幻覚を見るようになった兵士たちは狂気に捕らわれ…。

見えない敵を、撃て。

―感想―

ずりぃ~よ~ラストだけ現地参戦で美味しい所奪っちゃうなんてよ~。

けどミッキー・ロークの眼帯姿かっけえな。

ジャングルを森に変え、プレデターを魔女に変えたらはい、出来上がりっみたいな(笑)。

木に逆さ吊りされてたり、倒したと思ったら猪だったり、仲間の死体が消えてたり、そういう部分ですよ、どう見てもプレデター1作目を意識してるだろって思わされる所は。

監督、多分プレデター好き。

まあでも戦争ものとホラーて案外相性良いのかもしれない。

俺自身もその手の作品には好感持てるからジャンルとしての相性抜群なんやろうなあ。

割と掘り出し物に近い作品ではあったが、所々画面が暗過ぎて分からんのと、終わり方ですよ。

なんやその尻切れトンボみたいな形でのエンドロール入りは、と強い不満を抱いた。

魔女の力で食う物全部がゲテモノてのが、俺としてはグロイ死体見せられるよりはトラウマになるわ。

評価:★★★

22/10/31DVD鑑賞(新作)

にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へにほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へバナーポチお願いします
にほんブログ村

レンタル開始日: 2022-10-05

メーカー: ニューセレクト

オフィシャル・サイト

 

コメント


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

購入又はレンタルしたCDの記録(2022/10)

2022年10月30日 20時21分06秒 | 音楽聴好(月別CD購入記録)

The PixiesDoggerel(洋楽)

Amazonで購入(10/09)
※USグランジの元祖にして、文字通りのオルタナ巨人ブラック・フランシス率いるピクシーズによる3年振り最新作!

可もなく不可もなく。

発売日は2022/09/30。
お気に入り度

ZebraheadIchi-go Ichi-e -Japan Special Edition(洋楽)

Amazonで購入(10/18)
※日本での出会いを大切にしたいゼブラヘッドの日本愛満載の来日記念盤。

可もなく不可もなく。

発売日は2022/10/19。
お気に入り度

WeezerSZNZ: Autumn(洋楽)

Amazonで購入(10/24)
※"WEEZER版四季"である"SZNZ"第3弾。

中の上。

発売日は2022/11/18。
お気に入り度


・・・一回聴いたらもういいかな
・・・気が向いたらもう一回聴いてみよう
・・・定期的に聴くのもいいかも
・・・繰り返し聴きたくなるね
・・・ヘビーローテーションでしょ!!

【今月の一曲】

The PixiesDoggerel収録「Vault of Heaven


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

クリーチャーズ/宇宙から来た食人族

2022年10月29日 20時06分34秒 | 洋画ホラー

CREATURES

2020年

イギリス

103分

ホラー/SF/コメディ

PG12

劇場公開(2022/06/17)

監督:
トニー・ジョピア
製作:
トニー・ジョピア
脚本:
トニー・ジョピア

出演:
ロマン・バルベ
斎藤莉奈
クリス・キリヤク
アンドリュー・グリーヴズ

<ストーリー>

宇宙を救う力を秘めた小動物型エイリアン・マンピーを追って来た肉食エイリアン軍団と遭遇した大学生たちは、地球を救うためエイリアンとその手先であるゾンビたちと戦いを繰り広げる。

―感想―

知ってるか?

バリケードって敵を侵入させない為に設置するんだぜ・・・

出入り自由じゃねえか(笑)。

全くバリケードの役割を成してないんですけど!

本当に防ぐ気あるのかよっ、て多分ツッコンで欲しいんだろうなあ。

宇宙人とゾンビをごちゃ混ぜしてみました♪そんな映画。

俺は端っからA級映画なんて作る気ねえよ、B級で勝負するからよその目に焼き付けろや!

そんな監督の低予算愛をひしひしと隅々で感じる。

全体的な枠組は思いっきり『グレムリン』だろう間違いない。

そこに『マーズアタック!』等のオマージュ的要素やチープさを存分に注ぎ込みながらも急に出てくるグロシーンだけはやけに気合入っていた。

うえっ、うえっとえずきながらも何故人は気持ち悪いものを観たくなるのだろうか、俺にはさっぱり理解が出来ない。

そんな俺も他人からしたら気持ち悪い描写(画像)をブログに貼り付けるんだ?と思う事だろう、答えは簡単だ閲覧数稼ぎ(最低っw)

ま、さっきも書いたが、人間って怖いもの見たさてのがあるのよ、グロが平気じゃない人もちょっとだけ見てみようかな、てなるでしょ、そういう事だ。

興味本位という欲に人は勝てないのである。

んなあ事はどうでも良くて、作品の良し悪しに話を変えると、ぶっちゃけ中だるみが激しい。

笑えるシーンは無いにしろ、ちょっと面白いやんて思うシーンはあるのは確かだけに、この辺ばっさり省けるじゃねえのかと感じた部分を無くしてコンパクトにテンポ良く纏めていたら大分印象も違ったかもしれない。

せやな70分位が丁度いいかなこの内容だったら。

作り手の熱意は買うよ、只無駄に尺がなげえ、惜しいのお実に惜しい。

あ、マンピーは流石に『グレムリン』のギズモには敵わないが、割と可愛いです。

評価:★★☆

22/10/29DVD鑑賞(新作)

にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へにほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へバナーポチお願いします
にほんブログ村

レンタル開始日: 2022-10-05

メーカー: アルバトロス

オフィシャル・サイト

切り株画像はこちら

コメント


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

バズ・ライトイヤー

2022年10月26日 21時28分33秒 | アニメ(国外)

LIGHTYEAR

2022年

アメリカ

105分

アドベンチャー/SF/アクション

劇場公開(2022/07/01)

監督:
アンガス・マクレーン

脚本:
アンガス・マクレーン

声の出演:
バズ・ライトイヤー ・・・クリス・エヴァンス
イジー・ホーソーン ・・・キキ・パーマー
ダービー ・・・デイル・ソウルズ
モー ・・・タイカ・ワイティティ
ソックス ・・・ピーター・ソーン
アリーシャ・ホーソーン ・・・ウゾ・アドゥーバ
ザーグ ・・・ジェームズ・ブローリン
アイヴァン ・・・メアリー・マクドナルド=ルイス

声の出演(日本語吹替版):

バズ・ライトイヤー ・・・鈴木亮平
イジー・ホーソーン ・・・今田美桜
ソックス ・・・山内健司
アリーシャ・ホーソーン ・・・りょう
モー ・・・三木眞一郎
ダービー ・・・磯辺万沙子
ザーグ ・・・銀河万丈
アイヴァン ・・・沢城みゆき

<ストーリー>

有能なスペース・レンジャーのバズ・ライトイヤー。しかし彼のミスが原因で、1200人もの乗組員が危険な惑星から脱出できなくなってしまう。彼ら全員を絶対に地球に帰還させると決意したバズは、猫型ロボット、ソックスの助けを借りながら、危険で困難なミッションに挑んでいくのだったが…。

君がいれば、きっと行ける。無限の彼方へ

―感想―

バズの声、所ジョージとちゃうやんけ。

手堅く本職さんを起用したかあ、って鈴木亮平やったんかいな!

普通に上手いやないかい。

前半はアクションと感動を絡めて、中盤からは仲間内のグダグダ(笑)。

新しいチームが出来たのは良いが、正直バズ、相当苛ついてたんとちゃうかな。

宇宙恐怖症、ゲロ男、ババア、ろくな者が居ないよ、こりゃ困ったね。

頼れるのは猫型ロボットのソックスだけだよ~。

まあ、初めから優秀だったら話が盛り上がらない、そういう意味では成長物語でもあったんだなあ。

あ、山内の吹き替えも良かったよ。

俺もちょっと仲間3人の「無能」っぷりには苛々したけど、話的には面白かった。

ロボットとはいえソックス可愛かったし、終盤では「まさか!」な展開に驚かされたし、やっとこさチーム一丸となっての窮地を脱するクライマックスは程好く胸アツ。

本作から得た教訓。

ペンだ!何処に行くにしてもペンだけは持って行け!!

評価:★★★☆

22/10/26Blu-ray鑑賞(新作)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へバナーポチお願いします
にほんブログ村

販売開始日:2022-10-07
メーカー:ウォルト・ディズニー・ジャパン

関連作:

『トイ・ストーリー(1995)』(オリジナル・シリーズ第1作)※個人的評価:★★★
『トイ・ストーリー2(1999)』(オリジナル・シリーズ第2作)※個人的評価:★★★☆
『トイ・ストーリー3(2010)』(オリジナル・シリーズ第3作)
『ハワイアン・バケーション(2011)』(スピンオフ短編)
『レックスはお風呂の王様(2012)』(スピンオフ短編)
『トイ・ストーリー・オブ・テラー!(2013)<TV>』(TV短編)
『ニセものバズがやって来た(2011)』(スピンオフ短編)
『トイ・ストーリー 謎の恐竜ワールド(2014)<TV>』(TV短編)
『トイ・ストーリー4(2019)』(オリジナル・シリーズ第4作)

オフィシャル・サイト

コメント


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ザ・ロストシティ

2022年10月25日 16時23分52秒 | 洋画アドベンチャー/ファンタジー

THE LOST CITY

2022年

アメリカ

112分

アドベンチャー/アクション/コメディ

劇場公開(2022/06/24)

監督:
アダム・ニー
アーロン・ニー
製作:
サンドラ・ブロック
脚本:
アダム・ニー
アーロン・ニー

出演:
サンドラ・ブロック・・・ロレッタ
チャニング・テイタム・・・アラン
ダニエル・ラドクリフ・・・フェアファックス
ダヴァイン・ジョイ・ランドルフ・・・ベス

ブラッド・ピット・・・ジャック

<ストーリー>

小説家のロレッタは、謎の億万長者・フェアファックスに南の島に連れ去られる。ロレッタはモデルのアランと手を組み、島からの脱出を目指すが…。

ド派手に探し出せ!

―感想―

んーーーつまらなくはないんだけど、飛び抜けて面白いとは思わなかったなあ。

全体的にアドベンチャーとしての体を成しているが、それを多少強く感じるのが後半に差し掛からないと、てのがねえ。

随所随所に散りばめてくれてたなら見入ってしまうものはあったのかもしれない、兎に角冒険に入るまでの導入部分が長いんだわ。

それとダブル主演と言っても良いサンドラ・ブロックとチャニング・テイタム。

2人共バカげた演技で場面を楽しくさせようとしている努力は見られるんだけど、ブラッド・ピットの登場によって存在感を完全に食われちゃっていた、これはいけない。

キレのいいアクションをしていたのもブラピ、カッコ良さが溢れ出ていたのもブラピ、そして急な退場で抜群なインパクトを与えたのもブラピ。

そう、ブラピが映っている間だけは妙に盛り上がってたんよ、彼が居なくなった途端に静かになったというか再び激しさが落ち着いてしまったというか。

あ~俺がブラピの大ファンだから、気持ち的に寂しくなっちゃったんだろうなあ。

そういう意味ではブラピというオスカー俳優を、チャニング・テイタムより女性ウケ抜群な彼をチョイ役に起用したのは贅沢過ぎた(笑)。

この辺はサンドラ・ブロックとは『ブラッドトレイン』での縁もあり、ブラピが友情出演してくれたという経緯があるにしても、流石に俳優としてのオーラが違いすぎますわ。

え?ダニエル・ラドクリフ?

彼にしか出来ない特別な何かをしてたっけ?

サンドラ姐さんに向かって「はよ謎を解け!」「お前が行け!」としか言ってなかったような気もしないでもない(髭面は似合ってたけど)。

評価:★★★

22/10/25DVD鑑賞(新作)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へバナーポチお願いします
にほんブログ村

レンタル開始日: 2022-10-21

メーカー: NBC ユニバーサル・エンターテイメントジャパン合同会社

オフィシャル・サイト

 

コメント


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする