銀幕大帝α

切り株推奨映画感想ブログにつきグロ画像注意。
御蔭様で12周年。3900作品レヴュー突破。御訪問有難う御座います♪

ザ・ホール

2012年05月30日 21時20分36秒 | 洋画アドベンチャー/ファンタジー
THE HOLE/09年/米/92分/アドベンチャー・ホラー/劇場未公開
-監督-
ジョー・ダンテ
過去監督作:『デス・ルーム』

-出演-
◆クリス・マッソグリア
過去出演作:『ダレン・シャン 若きバンパイアと奇怪なサーカス』
◆ヘイリー・ベネット
過去出演作:『モリー・ハートレイ 血塗られた制服女子高生』
◆ネイサン・ギャンブル
過去出演作:『ダークナイト』
<ストーリー>
N.Y.から田舎町のベンソンヴィルに越して来たトンプソン一家。家の地下室の床に謎の扉を発見した兄弟は鍵をこじ開けるが、以来奇怪なことが起こり…。

<感想>

地下室にあった閉ざされていた謎めいた扉を開けたら、そこには底なしの穴が!?

そこそこに面白い映画でした。
ピエロの人形に追いかけられる弟くん。
このピエロの造形が『パペット・マスター』ぽくて良い感じです。
動きも『チャイルドプレイ』のチャッキー風。
弟君の常にビクビクな所も可愛らしい。

隣の女の子は少女の霊に怯えます。
穴から出てきた貞子ちゃん。
穴にお帰りする際も這いつくばってます。
Jホラーを意識したかのような作りですね。

どうやら、何かしら怖いものがあるとそれが実体となって出てくるようですね。
お兄ちゃんは今は刑務所にいる実父が怖いようで、終盤では穴の中の世界において、モンスター化した実父との対決になります。

肉体的な戦いではなく、精神的な戦い。
恐怖に打ち勝つ事が出来れば、3人に平穏な生活が訪れることになるのです。

物凄く怖い内容ではないですし、むしろ異世界からやってきた相手にどう立ち向かっていくかをアドベンチャー感覚で描いているので、ファミリーで楽しめる作品かと思います。

今作の美女図鑑

お兄ちゃんが一目惚れする隣の家の少女・ジュリー。
彼女も幼少期に友人を救えず殺してしまった事へのトラウマを抱えています。
とってもチャーミングな女の子。
水着ショットもありますよ。

評価:★★★
12/05/29DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
レンタル開始日:2012-05-02
メーカー:AMGエンタテインメント
コメント (4)

ドラゴンエイジ -ブラッドメイジの聖戦-

2012年05月30日 20時58分42秒 | アニメ(国内)
12年/日本/89分/ファンタジー・アクション/PG12/劇場公開(2012/02/11)
-監督-
曽利文彦
過去監督作:『あしたのジョー』
-主題歌-
GACKT『Until The Last Day』

-声の出演-
◆栗山千明…カサンドラ・ペンタガースト
◆谷原章介…レガリアン・ドゥマルカル
◆GACKT…ナイトコマンダー
<ストーリー>
世界を統治するチャントリー(教会)に仕える騎士・カサンドラは、牢屋から連行されるひとりの少女を目撃したことで謎の陰謀に巻き込まれる。
<感想>

あ~ダメダメ、全然面白くない。
百歩譲って映像はOKとしても、肝心の物語が激しくつまんない。

見せ場であろうアクションシーンもダメ。
短過ぎ。
迫力も無し。
全く盛り上がらん。

絵のタッチも好きになれない。
魂が感じられず精気の無いアニメをだらだらと見せられているだけ。

お!ってなるようなシーン、演出、音楽がゼロに等しい。
OVAとして店頭に並ぶならまだしも、この程度で劇場公開とはね。
期待していなかったのでガッカリはしなかったけれど、無駄な時間を過ごしちゃったなぁと思わざるを得ない愚作。

オフィシャル・サイト

評価:
12/05/29DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
レンタル開始日:2012-05-25
メーカー:エイベックス
コメント (2)

ロストハーモニー Lost Harmony

2012年05月28日 22時11分01秒 | 邦画ホラー
11年/日本/87分/ホラー/PG12/劇場公開(2011/12/03)
-監督-
土岐善將

-出演-
広瀬アリス宮田サナエ
吉谷彩子久保香織
過去出演作:『パラノーマル・アクティビティ 第2章/TOKYO NIGHT』
高畑充希上村真紀
田中美晴亀井しずる
柳田衣里佳西郷菜々美
志村玲那鈴木愛子
伊藤沙莉西原瑠璃子
西川風花
てんちむミカ
椎名ひかりユミ
松澤一之中川和雄
過去出演作:『口裂け女』
田村三郎樋口
金山一彦夏目真司
過去出演作:『デビルマン』
<ストーリー>
コンクールへ向けて湖畔に佇むコテージへ強化合宿にやって来た南ヶ丘女学院合唱部のメンバーだが、何者かの影が付きまとい…。

聴かせておくれ。絶叫を。

<感想>

携帯ゲームで当たったカードに描かれた絵の通りの死に方・殺され方をしていく怨念ホラー物語。
ただこの携帯ゲームそのものが何故急にストーリーに絡んで来たのかが意味不明。
そんなに気にする事でもないか。

スプラッターホラーと銘打たれているけれど、直接的な描写はないのでグロさは無いに等しい。
一応、手足切断、首チョンパはあります。
見せないけれど。

包丁により指が皮一枚のところで切断を免れるも、病院への搬送中に車の急ブレーキによって
「取れちゃいました」
となるちょっぴりシュールなシーン。
この時の被害者の女優の何とも言えない笑うに笑えない顔がかなり良かった。
本編一番のGoodフェイス。

生徒に優しかった顧問の先生が、過去の過ちを掘り起こされた事で突然逆ギレし出して罵声を浴びせまくる姿もアホ過ぎて笑える。

どこぞで観た事のあるストーリーだけれど、簡潔に描く事で解り易く展開されているし、決して仲が良い訳では無い部員たちが何かの影に怯え、犠牲者が増えていくに連れて互いを許そうと心を入れ替えつつ恐怖から逃れようともがき苦しむ姿も悲壮感を味合わされてしんみりとさせられる。

面白い面白くないは別にしてホラーの雰囲気はしっかり出来ている辺りは好印象が持てます。

欲を言えば、女優陣の年齢層をもうちょい下げて欲しかった。
決して全員が残念なお顔ではないです。
むしろ場面によっては可愛い表情もあった位ですが、どう見ても学生って感じがしないし(老け過ぎ?)、ウキウキするような美人さもない。
美少女スプラッターを期待して観た私としてはその辺が外れに近く、手放しで喜べなかったのが残念。

オフィシャル・サイト

評価:★★★
12/05/28DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ
にほんブログ村
レンタル開始日:2012-05-03
メーカー:TCエンタテインメント

スパルタカス(第1巻邦題:スパルタカス I 赤蛇の紋章)

2012年05月27日 23時58分42秒 | 洋画ドラマ
SPARTACUS: BLOOD AND SAND/10年/米/108分/歴史劇アクション・ドラマ/R-18/TVドラマ
-製作総指揮-
サム・ライミ

-出演-
アンディ・ホイットフィールド…スパルタカス
ルーシー・ローレス…ルクレティア
ジョン・ハナー…バティアトゥス
ピーター・メンサー…ドクトーレ
マヌー・ベネット…クリクスス
ヴィヴァ・ビアンカ…イリティア
クレイグ・パーカー…グラベル
ジェイ・コートニー…ウァロ
エリン・カミングス…スーラ
ニック・E・タラベイ…アシュール
アントニオ・テ・マオホ…バルカ
レスリー=アン・ブラント…ナエウィア
<ストーリー>
共和制ローマの時代。東方からの侵略者討伐のための補助軍に加わるよう軍から要請されたスパルタカスは、妻の心配をよそに戦いへと参加する。
<感想>

余りにも観たいと思う映画の新作DVDが無いので、何かと話題になっているグラディエーターものを借りてきました。
面白かったら続きも借りようかと少しは期待するものもあったのですが・・・。

お話は至って普通で特別そそられるものがなかったです。

このドラマが話題になった理由としては残酷な切り株描写と、男女構わずバンバン脱いでセックスしまくるエロ描写が豊富に盛り込まれていたからでしょうね。
TVドラマなのにここまでエログロに攻めてもいいの?と思っちゃいますが、向うでは有料チャンネルで放映されてたみたいです。
日本の地上波では到底流せない内容です。

切り株派にとってはウハウハになるアクション場面。

足も

腕も

やっちまいな~。
うっひょ~となる瞬間ですが、CG血飛沫が業とらしいので少し白けちゃう。
グロに派手さは必要ないかと思うのですが。
やり過ぎも時には考えものです。

エロ派にとってはドキワクとなる裸体場面。

女も

男もボカシなしっ。
無修正でイチモツぶるんぶるん。
ゲイ様は大喜びでしょうが、私はノーマルなので“あらま”と驚きつつも凝視してみたり。
あんまでかくないんですな。
向うさんは馬並と聞いてたんですが。
女優さんの潔い脱ぎっぷりには御馳走さんです。

とまぁ、エログロは豪快にやっちゃってくれているので、そのシーンになると多少テンションは上がるのですが、物語がふつぅ過ぎて、全体的にはあんま盛り上がりませんでした、私は。
早く続きが観てぇ!とは思いませんでしたが、一応気にはなるので、また何も観るモノが無い時にでも暇つぶし程度の気持ちで第2巻以降をレンタルするつもりではいます。
それが何時になるかは私にも解りません。

Starzオフィシャル・サイト(英語)
スター・チャンネルオフィシャル・サイト(日本語)

関連作:
「スパルタカス(2010)」(シーズン1)
「スパルタカス ゴッド・オブ・アリーナ(2011)」(スピンオフ)
「スパルタカスII(2012)」(シーズン2)

レンタル版:
「スパルタカス I 赤蛇の紋章」(1巻)
「スパルタカス II 伝説」(2巻)
「スパルタカス III 影との死闘」(3巻)
「スパルタカス IV 悲運と栄光」(4巻)
「スパルタカス V 仮面の裏側」(5巻)
「スパルタカス VI 古傷」(6巻)
「スパルタカス VII 復讐」(7巻)

評価:★★★
12/05/27DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
レンタル開始日:2012-05-11
メーカー:20世紀 フォックス ホーム エンターテイメント ジャパン
コメント (4)

クイック!!

2012年05月26日 01時50分10秒 | 韓国アクション
QUICK/11年/韓国/112分/アクション/劇場公開(2011/10/08)
-監督-
チョ・ボムグ
過去監督作:『ガチデン 堤防伝説』

-出演-
イ・ミンギ…ハン・キス
過去出演作:『10億』
カン・イェウォン…アロム
過去出演作:『TSUNAMI-ツナミ-』
キム・イングォン…ミョンシク
過去出演作:『TSUNAMI-ツナミ-』
<ストーリー>
バイク便ライダーのキスはある日、生放送に遅れそうなアイドル歌手・アロムをスタジオまで乗せていくことに。その時、何者かから「アロムのヘルメットに爆弾を仕掛けた」という電話が入り…。

時速300km
止まったら即爆発!


<感想>

韓国発ノンストップアクションムービー。
強いて言えば韓国版『スピード』という感じがする作品だ。
あちらは一定の速度まで落ちるとバスが爆弾で爆発する話だったが、こちらは30分以内に指定された場所へ荷物を届けないとヘルメットに仕掛けられた爆弾が爆発する話。
届ける荷物もまた小型爆弾というのもミソ。

見所は何と言っても派手にぶちかます爆破シーンと、ハイウェイ等で繰り広げられる大クラッシュシーン!!
これがまたハリウッド映画並みのド迫力で、目で観て楽しむスゲェシーンに仕上がっていた。

何処までCGで何処までセットなのか区別がつかない作り込みの見事さには目を見張らされる。

まるで『ダイ・ハード3』のオープニング爆破シーンを彷彿させるようなビル爆破シーンが飛び出してくるし、オープニングと中盤辺りでは次々と走行車両がぶつかり、吹っ飛び、宙を舞う豪快なクラッシュシーンまでもが用意されている。

エンドロール中の撮影風景を観た限りではガチでクラッシュシーンを演出しているみたい。
生傷上等の覚悟で挑んだスタントマンによるリアルな演出によってかなり見応えあるアクションに仕上がっているので、ここら辺は期待して貰っても良い。

主人公とヒロインが乗るBMWのバイクのハイスピードによる疾走感も相当なもので、同じ目線で速さを体感出来る事によって更に興奮度を上げている。
トンネルの側壁を回転走行しながらパトカーの包囲網を突破するなんてな有り得ないアクションも目に飛び込んで来るが、前述した様にスピード感を十分にそれまでに味合わせられているので、何だか有り得ないものが有り得るかもと思わされる所が楽しい。

終盤はこれまた『スピード』と同じく、体に爆弾を巻き付けられたヒロインが乗った暴走列車による爆弾魔と主人公との格闘、列車からの脱出というアクションへと流れていくのだが、工夫されたカメラワークとちょっとしたユーモアにより中々の緊張感と迫力感が漂う面白い仕上がりになっていた。

途中、主人公の爆弾魔に対しての要求により、ヒロインが被っていたヘルメットを外す事が出来るのだが、何も素直に被り直さずにどさくさに紛れて放り投げればええやん!と思ってしまったのだが、それをしちゃうと話が終わっちゃうから深くはツッコムなって事で(笑)。

何故爆弾魔が爆弾魔になったのか。
その爆弾魔が多くいるバイク便の中で何故に主人公を選んだのか。
その辺の理由なるものもきちんと納得行くように回収してくれている。
脚本もアクションも上手く丁寧に面白く練られている所が流石の韓国映画。
この辺がやっつけ仕事で適当に手を抜いて撮っている日本映画と大きく違う。
日本映画に追い付け追い越せだった韓国映画だが、こういうのを見せられると完全に追い越しちゃった感はあるなぁ。
本作のアクション具合は間違いなくハリウッド級。
日本アクション映画完敗!
先日観た『ワイルド7』のアクションも相当頑張っていたように思ったのだが、これ観た後だと完全に霞んじゃうのだから悲しくなる。
邦画アクションの未来はまだまだ暗い事を激しく実感。

オフィシャル・サイト(日本語)

評価:★★★☆
12/05/25DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ 韓国映画へ
にほんブログ村
レンタル開始日:2012-05-09
メーカー:ジェネオン・ユニバーサル・エンターテイメント
コメント (8)