銀幕大帝α

切り株推奨映画感想ブログにつきグロ画像注意。
御蔭様で10周年。3400作品レヴュー突破。御訪問有難う御座います♪

ザ・ホール

2012年05月30日 21時20分36秒 | 洋画アドベンチャー/ファンタジー
THE HOLE/09年/米/92分/アドベンチャー・ホラー/劇場未公開
-監督-
ジョー・ダンテ
過去監督作:『デス・ルーム』

-出演-
◆クリス・マッソグリア
過去出演作:『ダレン・シャン 若きバンパイアと奇怪なサーカス』
◆ヘイリー・ベネット
過去出演作:『モリー・ハートレイ 血塗られた制服女子高生』
◆ネイサン・ギャンブル
過去出演作:『ダークナイト』
<ストーリー>
N.Y.から田舎町のベンソンヴィルに越して来たトンプソン一家。家の地下室の床に謎の扉を発見した兄弟は鍵をこじ開けるが、以来奇怪なことが起こり…。

<感想>

地下室にあった閉ざされていた謎めいた扉を開けたら、そこには底なしの穴が!?

そこそこに面白い映画でした。
ピエロの人形に追いかけられる弟くん。
このピエロの造形が『パペット・マスター』ぽくて良い感じです。
動きも『チャイルドプレイ』のチャッキー風。
弟君の常にビクビクな所も可愛らしい。

隣の女の子は少女の霊に怯えます。
穴から出てきた貞子ちゃん。
穴にお帰りする際も這いつくばってます。
Jホラーを意識したかのような作りですね。

どうやら、何かしら怖いものがあるとそれが実体となって出てくるようですね。
お兄ちゃんは今は刑務所にいる実父が怖いようで、終盤では穴の中の世界において、モンスター化した実父との対決になります。

肉体的な戦いではなく、精神的な戦い。
恐怖に打ち勝つ事が出来れば、3人に平穏な生活が訪れることになるのです。

物凄く怖い内容ではないですし、むしろ異世界からやってきた相手にどう立ち向かっていくかをアドベンチャー感覚で描いているので、ファミリーで楽しめる作品かと思います。

今作の美女図鑑

お兄ちゃんが一目惚れする隣の家の少女・ジュリー。
彼女も幼少期に友人を救えず殺してしまった事へのトラウマを抱えています。
とってもチャーミングな女の子。
水着ショットもありますよ。

評価:★★★
12/05/29DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
レンタル開始日:2012-05-02
メーカー:AMGエンタテインメント
コメント (4)   トラックバック (3)

ドラゴンエイジ -ブラッドメイジの聖戦-

2012年05月30日 20時58分42秒 | アニメ(国内)
12年/日本/89分/ファンタジー・アクション/PG12/劇場公開(2012/02/11)
-監督-
曽利文彦
過去監督作:『あしたのジョー』
-主題歌-
GACKT『Until The Last Day』

-声の出演-
◆栗山千明…カサンドラ・ペンタガースト
◆谷原章介…レガリアン・ドゥマルカル
◆GACKT…ナイトコマンダー
<ストーリー>
世界を統治するチャントリー(教会)に仕える騎士・カサンドラは、牢屋から連行されるひとりの少女を目撃したことで謎の陰謀に巻き込まれる。
<感想>

あ~ダメダメ、全然面白くない。
百歩譲って映像はOKとしても、肝心の物語が激しくつまんない。

見せ場であろうアクションシーンもダメ。
短過ぎ。
迫力も無し。
全く盛り上がらん。

絵のタッチも好きになれない。
魂が感じられず精気の無いアニメをだらだらと見せられているだけ。

お!ってなるようなシーン、演出、音楽がゼロに等しい。
OVAとして店頭に並ぶならまだしも、この程度で劇場公開とはね。
期待していなかったのでガッカリはしなかったけれど、無駄な時間を過ごしちゃったなぁと思わざるを得ない愚作。

オフィシャル・サイト

評価:
12/05/29DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
レンタル開始日:2012-05-25
メーカー:エイベックス
コメント (2)   トラックバック (3)

ロストハーモニー Lost Harmony

2012年05月28日 22時11分01秒 | 邦画ホラー
11年/日本/87分/ホラー/PG12/劇場公開(2011/12/03)
-監督-
土岐善將

-出演-
広瀬アリス宮田サナエ
吉谷彩子久保香織
過去出演作:『パラノーマル・アクティビティ 第2章/TOKYO NIGHT』
高畑充希上村真紀
田中美晴亀井しずる
柳田衣里佳西郷菜々美
志村玲那鈴木愛子
伊藤沙莉西原瑠璃子
西川風花
てんちむミカ
椎名ひかりユミ
松澤一之中川和雄
過去出演作:『口裂け女』
田村三郎樋口
金山一彦夏目真司
過去出演作:『デビルマン』
<ストーリー>
コンクールへ向けて湖畔に佇むコテージへ強化合宿にやって来た南ヶ丘女学院合唱部のメンバーだが、何者かの影が付きまとい…。

聴かせておくれ。絶叫を。

<感想>

携帯ゲームで当たったカードに描かれた絵の通りの死に方・殺され方をしていく怨念ホラー物語。
ただこの携帯ゲームそのものが何故急にストーリーに絡んで来たのかが意味不明。
そんなに気にする事でもないか。

スプラッターホラーと銘打たれているけれど、直接的な描写はないのでグロさは無いに等しい。
一応、手足切断、首チョンパはあります。
見せないけれど。

包丁により指が皮一枚のところで切断を免れるも、病院への搬送中に車の急ブレーキによって
「取れちゃいました」
となるちょっぴりシュールなシーン。
この時の被害者の女優の何とも言えない笑うに笑えない顔がかなり良かった。
本編一番のGoodフェイス。

生徒に優しかった顧問の先生が、過去の過ちを掘り起こされた事で突然逆ギレし出して罵声を浴びせまくる姿もアホ過ぎて笑える。

どこぞで観た事のあるストーリーだけれど、簡潔に描く事で解り易く展開されているし、決して仲が良い訳では無い部員たちが何かの影に怯え、犠牲者が増えていくに連れて互いを許そうと心を入れ替えつつ恐怖から逃れようともがき苦しむ姿も悲壮感を味合わされてしんみりとさせられる。

面白い面白くないは別にしてホラーの雰囲気はしっかり出来ている辺りは好印象が持てます。

欲を言えば、女優陣の年齢層をもうちょい下げて欲しかった。
決して全員が残念なお顔ではないです。
むしろ場面によっては可愛い表情もあった位ですが、どう見ても学生って感じがしないし(老け過ぎ?)、ウキウキするような美人さもない。
美少女スプラッターを期待して観た私としてはその辺が外れに近く、手放しで喜べなかったのが残念。

オフィシャル・サイト

評価:★★★
12/05/28DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ
にほんブログ村
レンタル開始日:2012-05-03
メーカー:TCエンタテインメント
トラックバック (3)

スパルタカス(第1巻邦題:スパルタカス I 赤蛇の紋章)

2012年05月27日 23時58分42秒 | 洋画ドラマ
SPARTACUS: BLOOD AND SAND/10年/米/108分/歴史劇アクション・ドラマ/R-18/TVドラマ
-製作総指揮-
サム・ライミ

-出演-
アンディ・ホイットフィールド…スパルタカス
ルーシー・ローレス…ルクレティア
ジョン・ハナー…バティアトゥス
ピーター・メンサー…ドクトーレ
マヌー・ベネット…クリクスス
ヴィヴァ・ビアンカ…イリティア
クレイグ・パーカー…グラベル
ジェイ・コートニー…ウァロ
エリン・カミングス…スーラ
ニック・E・タラベイ…アシュール
アントニオ・テ・マオホ…バルカ
レスリー=アン・ブラント…ナエウィア
<ストーリー>
共和制ローマの時代。東方からの侵略者討伐のための補助軍に加わるよう軍から要請されたスパルタカスは、妻の心配をよそに戦いへと参加する。
<感想>

余りにも観たいと思う映画の新作DVDが無いので、何かと話題になっているグラディエーターものを借りてきました。
面白かったら続きも借りようかと少しは期待するものもあったのですが・・・。

お話は至って普通で特別そそられるものがなかったです。

このドラマが話題になった理由としては残酷な切り株描写と、男女構わずバンバン脱いでセックスしまくるエロ描写が豊富に盛り込まれていたからでしょうね。
TVドラマなのにここまでエログロに攻めてもいいの?と思っちゃいますが、向うでは有料チャンネルで放映されてたみたいです。
日本の地上波では到底流せない内容です。

切り株派にとってはウハウハになるアクション場面。

足も

腕も

やっちまいな~。
うっひょ~となる瞬間ですが、CG血飛沫が業とらしいので少し白けちゃう。
グロに派手さは必要ないかと思うのですが。
やり過ぎも時には考えものです。

エロ派にとってはドキワクとなる裸体場面。

女も

男もボカシなしっ。
無修正でイチモツぶるんぶるん。
ゲイ様は大喜びでしょうが、私はノーマルなので“あらま”と驚きつつも凝視してみたり。
あんまでかくないんですな。
向うさんは馬並と聞いてたんですが。
女優さんの潔い脱ぎっぷりには御馳走さんです。

とまぁ、エログロは豪快にやっちゃってくれているので、そのシーンになると多少テンションは上がるのですが、物語がふつぅ過ぎて、全体的にはあんま盛り上がりませんでした、私は。
早く続きが観てぇ!とは思いませんでしたが、一応気にはなるので、また何も観るモノが無い時にでも暇つぶし程度の気持ちで第2巻以降をレンタルするつもりではいます。
それが何時になるかは私にも解りません。

Starzオフィシャル・サイト(英語)
スター・チャンネルオフィシャル・サイト(日本語)

関連作:
「スパルタカス(2010)」(シーズン1)
「スパルタカス ゴッド・オブ・アリーナ(2011)」(スピンオフ)
「スパルタカスII(2012)」(シーズン2)

レンタル版:
「スパルタカス I 赤蛇の紋章」(1巻)
「スパルタカス II 伝説」(2巻)
「スパルタカス III 影との死闘」(3巻)
「スパルタカス IV 悲運と栄光」(4巻)
「スパルタカス V 仮面の裏側」(5巻)
「スパルタカス VI 古傷」(6巻)
「スパルタカス VII 復讐」(7巻)

評価:★★★
12/05/27DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
レンタル開始日:2012-05-11
メーカー:20世紀 フォックス ホーム エンターテイメント ジャパン
コメント (4)   トラックバック (1)

クイック!!

2012年05月26日 01時50分10秒 | 韓国アクション
QUICK/11年/韓国/112分/アクション/劇場公開(2011/10/08)
-監督-
チョ・ボムグ
過去監督作:『ガチデン 堤防伝説』

-出演-
イ・ミンギ…ハン・キス
過去出演作:『10億』
カン・イェウォン…アロム
過去出演作:『TSUNAMI-ツナミ-』
キム・イングォン…ミョンシク
過去出演作:『TSUNAMI-ツナミ-』
<ストーリー>
バイク便ライダーのキスはある日、生放送に遅れそうなアイドル歌手・アロムをスタジオまで乗せていくことに。その時、何者かから「アロムのヘルメットに爆弾を仕掛けた」という電話が入り…。

時速300km
止まったら即爆発!


<感想>

韓国発ノンストップアクションムービー。
強いて言えば韓国版『スピード』という感じがする作品だ。
あちらは一定の速度まで落ちるとバスが爆弾で爆発する話だったが、こちらは30分以内に指定された場所へ荷物を届けないとヘルメットに仕掛けられた爆弾が爆発する話。
届ける荷物もまた小型爆弾というのもミソ。

見所は何と言っても派手にぶちかます爆破シーンと、ハイウェイ等で繰り広げられる大クラッシュシーン!!
これがまたハリウッド映画並みのド迫力で、目で観て楽しむスゲェシーンに仕上がっていた。

何処までCGで何処までセットなのか区別がつかない作り込みの見事さには目を見張らされる。

まるで『ダイ・ハード3』のオープニング爆破シーンを彷彿させるようなビル爆破シーンが飛び出してくるし、オープニングと中盤辺りでは次々と走行車両がぶつかり、吹っ飛び、宙を舞う豪快なクラッシュシーンまでもが用意されている。

エンドロール中の撮影風景を観た限りではガチでクラッシュシーンを演出しているみたい。
生傷上等の覚悟で挑んだスタントマンによるリアルな演出によってかなり見応えあるアクションに仕上がっているので、ここら辺は期待して貰っても良い。

主人公とヒロインが乗るBMWのバイクのハイスピードによる疾走感も相当なもので、同じ目線で速さを体感出来る事によって更に興奮度を上げている。
トンネルの側壁を回転走行しながらパトカーの包囲網を突破するなんてな有り得ないアクションも目に飛び込んで来るが、前述した様にスピード感を十分にそれまでに味合わせられているので、何だか有り得ないものが有り得るかもと思わされる所が楽しい。

終盤はこれまた『スピード』と同じく、体に爆弾を巻き付けられたヒロインが乗った暴走列車による爆弾魔と主人公との格闘、列車からの脱出というアクションへと流れていくのだが、工夫されたカメラワークとちょっとしたユーモアにより中々の緊張感と迫力感が漂う面白い仕上がりになっていた。

途中、主人公の爆弾魔に対しての要求により、ヒロインが被っていたヘルメットを外す事が出来るのだが、何も素直に被り直さずにどさくさに紛れて放り投げればええやん!と思ってしまったのだが、それをしちゃうと話が終わっちゃうから深くはツッコムなって事で(笑)。

何故爆弾魔が爆弾魔になったのか。
その爆弾魔が多くいるバイク便の中で何故に主人公を選んだのか。
その辺の理由なるものもきちんと納得行くように回収してくれている。
脚本もアクションも上手く丁寧に面白く練られている所が流石の韓国映画。
この辺がやっつけ仕事で適当に手を抜いて撮っている日本映画と大きく違う。
日本映画に追い付け追い越せだった韓国映画だが、こういうのを見せられると完全に追い越しちゃった感はあるなぁ。
本作のアクション具合は間違いなくハリウッド級。
日本アクション映画完敗!
先日観た『ワイルド7』のアクションも相当頑張っていたように思ったのだが、これ観た後だと完全に霞んじゃうのだから悲しくなる。
邦画アクションの未来はまだまだ暗い事を激しく実感。

オフィシャル・サイト(日本語)

評価:★★★☆
12/05/25DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ 韓国映画へ
にほんブログ村
レンタル開始日:2012-05-09
メーカー:ジェネオン・ユニバーサル・エンターテイメント
コメント (8)   トラックバック (5)

ワイルド7

2012年05月24日 23時00分05秒 | 邦画アクション
11年/日本/119分/アクション/劇場公開(2011/12/21)
-監督-
羽住英一郎
過去監督作:『逆境ナイン』
-主題歌-
L’Arc~en~Ciel『CHASE』

-出演-
瑛太…飛葉大陸
過去出演作:『一命』
椎名桔平…セカイ
過去出演作:『アウトレイジ』
丸山隆平…パイロウ
阿部力…ソックス
過去出演作:『スマグラー おまえの未来を運べ』
宇梶剛士…オヤブン
過去出演作:『カイジ2~人生奪回ゲーム~』
平山祐介…ヘボピー
過去出演作:『神様のパズル』
松本実…B・B・Q
過去出演作:『逆境ナイン』
要潤…藤堂正志
過去出演作:『Blood ブラッド』
本仮屋ユイカ…岩下こずえ
過去出演作:『スウィングガールズ』
中原丈雄…成沢守
過去出演作:『DEATH NOTE デスノート』
吉田鋼太郎…桐生圭吾
過去出演作:『守護天使』
深田恭子…本間ユキ
過去出演作:『こちら葛飾区亀有公園前派出所 THE MOVIE ~勝どき橋を封鎖せよ!~』
中井貴一…草波勝
過去出演作:『ステキな金縛り』
<ストーリー>
日本国民1,300万人を人質とした史上最悪のウィルステロを防ぐため、超法規的存在として悪人を裁く選び抜かれた7人の元犯罪者、通称“ワイルド7”が立ち上がる。

悪を撃ち抜け

愛を守り抜け


<感想>

もし今この時期に公開されていたら間違いなく宣伝部長はスギちゃんだろう。
「観ていないのにお薦めしちゃうぜ~。ワイルドだろぉ。」
とか言ってそうだ。

原作漫画は未読。
男臭いものや、バイク好きはそこそこに痺れる場面有り。

アクション映画としては及第点。
ただ黒幕となる男への鉄槌の仕方が余りにも普通過ぎると言うかカタルシスが無さ過ぎてガッカリ。
その黒幕が船越英一郎と若きジーン・ハックマンを足して磨り潰した様な顔していて笑える。
追い詰めているのに、結局何がしたいのか意味不明過ぎる行動にも悪い意味で笑える。

それと「ワイルド7はいる」「ワイルド7は存在しない」と場面によっては有耶無耶になる台詞が嫌い。
居ると言っていたのに居ないと言いだす要潤。
居ないと言っていたのに居ると言いだす本仮屋ユイカ。
TV報道も適当。
なんやねん!と言いたくなる。

まぁでも名作『ゾンビ』のショッピングモール襲撃シーンを彷彿させる、ワイルド7の本部ビル乗り込みシーンはカッコ良かったし、椎名桔平の親父としての優しさを見せた後の崩れゆく死にっぷりにはグッときたので★3つ。

実は本編よりもカチンコを使ったお遊び的なエンドロールの方が好きだったりもする。

本作の我が子にしたい子役図鑑

本間ユキが爆弾で家族を失う時の子供時代。
中々の可愛らしさ。
彼女が成長すると

深キョンになる。
違和感なし。
むしろ有り。
自分的には深キョンも好きだが

本仮屋ユイカの何処かオドオドとした役も好き。

オフィシャル・サイト

評価:★★★
12/05/23DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
レンタル開始日:2012-05-23
メーカー:ワーナー・ホーム・ビデオ
コメント (6)   トラックバック (30)

ステキな金縛り

2012年05月24日 22時59分47秒 | 邦画コメディ
10年/日本/142分/コメディ/劇場公開(2011/10/29)
-監督-
三谷幸喜
-製作-
亀山千広
-脚本-
三谷幸喜
-主題歌-
深津絵里 西田敏行『Once In A Blue Moon』

-出演-
深津絵里…宝生エミ
過去出演作:『踊る大捜査線 THE MOVIE 3 ヤツらを解放せよ!』
西田敏行…更科六兵衛
過去出演作:『SPACE BATTLESHIP ヤマト』
阿部寛…速水悠
過去出演作:『劇場版TRICK 霊能力者バトルロイヤル』
竹内結子…日野風子/矢部鈴子
過去出演作:『ゴールデンスランバー』
浅野忠信…木戸健一
過去出演作:『乱暴と待機』
草なぎ剛…宝生輝夫
過去出演作:『BALLAD 名もなき恋のうた』
中井貴一…小佐野徹
過去出演作:『どろろ』
市村正親…阿倍つくつく
過去出演作:『十三人の刺客』
小日向文世…段田譲治
過去出演作:『アウトレイジ』
小林隆…管仁
過去出演作:『アフタースクール』
KAN…矢部五郎
過去出演作:『LOVEDEATH─ラブデス─』
木下隆行…工藤万亀夫
過去出演作:『高校デビュー』
山本亘…日村たまる
山本耕史…日野勉
過去出演作:『彼岸島』
戸田恵子…猪瀬夫人
過去出演作:『劇場版TRICK 霊能力者バトルロイヤル』
浅野和之…猪瀬
過去出演作:『GANTZ』
生瀬勝久…占部薫
過去出演作:『劇場版TRICK 霊能力者バトルロイヤル』
梶原善…伊勢谷
過去出演作:『花とアリス』
佐藤浩市…村田大樹
過去出演作:『アマルフィ 女神の報酬』
深田恭子…前田くま
過去出演作:『ヤッターマン』
篠原涼子…悲鳴の女
過去出演作:『下妻物語』
大泉洋
過去出演作:『アフタースクール』
唐沢寿明
過去出演作:『20世紀少年<最終章> ぼくらの旗』
<ストーリー>
失敗続きで後がない三流弁護士のエミは、資産家の妻殺しの容疑で捕まった男の弁護を担当することになり…。

証人はただ一人、落ち武者の幽霊。

<感想>

落ち武者・西田敏行の演技というよりかはアドリブがかなり活きていると言っても過言では無い。
西田敏行じゃなかったらそんなに面白い映画にはなっていなかったんじゃないかなぁ。
よってコメディ映画としては滅茶苦茶笑った。

タクシー運転手の髪の毛やら、死んだ愛犬ラブちゃんとじゃれ合う場面やらぷっと吹き出す小ネタも数多くあったけれど、基本的には西田敏行の行動・台詞に爆笑させられた作品だった。

142分?
長過ぎるだろっ。
そんな想いも強かったが結局全くダレ無かった。
見事なまでに監督・三谷幸喜の演出に乗せられた感じ。
法廷劇という密室での展開を主にしながらも、見える見えないで論争の対象となる幽霊を中心に置いた事が面白さに繋がったと言っても良い。
最終的に裁判の結審としての証拠となるのも、殺された女性のあの世からの登場と本人だからこその確実性がある完全なる真犯人への指さしとなる訳だから、一連の裁判のピタッとした纏まり方、清々しいまでの終結には“見事なり!”の一言に尽きるものがあった。

クソ真面目な検事なのに、たまにとぼけた行動をする中井貴一がこれまた滑稽だったが、彼が食事中に仲間に見せた手品には笑いよりも驚きの方が強かった。
口からポンポンとピンポン玉を出してくるのだが、種も仕掛けもさっぱり解りません^^;

幽霊を見る為にはある3つの法則が必要なのだが、これも要所要所できっちりと含みを利かせていて笑いへと結び付かせていたのが好印象。

何故、幽霊なのに影が出るんだ?
とかそういう細かい所には目を瞑り(笑)、終始弾けた展開と西田敏行のツッコミ&ボケ台詞を素直に楽しむ姿勢で観る事が一番の吉。
三谷幸喜映画は初めて観たけれど、ここまでタイ焼きの尻尾まであんこがぎっしりと詰まった作品だとは思いもせず、鑑賞中はニヤニヤ、次は何が起きるのかとワクワクさせられる面白さ・楽しさを味合わされました。

西田演じる落ち武者幽霊・更科六兵衛がエミに突然
「姫とお呼びしてもよろしいか?」
と訊ねた際に
「ダメ!」
と振り返った時の深津絵里が滅茶苦茶可愛かった。

オフィシャル・サイト

評価:★★★★
12/05/23DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
レンタル開始日:2012-05-11
メーカー:アミューズソフトエンタテインメント
コメント (14)   トラックバック (46)

リアル・スティール

2012年05月24日 22時59分26秒 | 洋画ドラマ
REAL STEEL/11年/米/128分/ロボットアクション・ドラマ/劇場公開(2011/12/09)
-監督-
ショーン・レヴィ
過去監督作:『デート&ナイト』
-製作総指揮-
ロバート・ゼメキス
スティーヴン・スピルバーグ
-原作-
リチャード・マシスン

-出演-
ヒュー・ジャックマン…チャーリー・ケントン
過去出演作:『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』
ダコタ・ゴヨ…マックス・ケントン
過去出演作:『マイティ・ソー』
エヴァンジェリン・リリー…ベイリー
過去出演作:『ハート・ロッカー』
アンソニー・マッキー…フィン
過去出演作:『アジャストメント』
ケヴィン・デュランド…リッキー
過去出演作:『アイ・アム・ナンバー4』
カール・ユーン…タク・マシド
過去出演作:『アナコンダ2』
オルガ・フォンダ…ファラ・レンコヴァ
ホープ・デイヴィス…デブラ
<ストーリー>
高性能ロボットたちが死闘を繰り広げ、巨額の富が動く公式リーグに人々が熱狂する近未来。夢もプライドも失くした元ボクサーが、最愛の息子との絆を取り戻していく姿を描く。

「リアル・スティール」――。
それは、親子の絆が生み出す、“本当の強さ”。


<感想>

ボクシング映画は必然と傑作に成り得易いとは良く言われているけれど、例えファイターが人間からロボットに変ろうともやっぱり傑作になっちゃうんだねぇ。

本作は駄目オヤジと一人息子との親子の絆をロボットボクシングを通して取り戻していく話なんだけれど、王道的でありながらも実に魅せられるストーリーになっていて、ハイライトシーンでは思いっきり泣いてしまった。

元ボクサーだったオヤジ・チャーリーがボクシングに対しての情熱を取り戻し、はつらつとした姿でロボットを操る勇姿を見て息子マックスが嬉しそうに涙を流すシーンがそれ。
マックスの父親に対しての気持ちが、最低から最高へと完全に移り変わった瞬間でもあり、誇りと男らしさをマックスへと与えた瞬間でもあるこの場面には心から感動させられちゃいました。

『オーバー・ザ・トップ』的なロードムービーと『ロッキー』的なボクシングムービー(どちらもスタローン主演!)を組み合わせたファミリー向けアクション・ドラマですが、リング上で戦うロボットたちの動きはリアル過ぎる故に熱く興奮させられるものがあり、その合間に流れる父と子のやり取りにはぎくしゃくしたものが徐々に解れていく中で、次第に心を通わせていく微笑ましき様が丁寧に描かれている事もあり、アクション映画としてもヒューマンドラマとしても見応え十分。
ジャンルの境目に気付く事無く最初から最後までじっくりと物語の流れに身を任せられるのが本作の強みであると感じました。
見せる脚本作りの上手さ、魅せるアクション作りの上手さ。
両方が光っているだけに作品の完成度も自ずと高くなっており、面白かったと思うのも当然の結果やろうね。

多額の借金を抱え、生活も荒れ放題で相当なダメ男であるチャーリーだけれど、不意に見せる優しさにはドキッとさせられる。
父親としての尊厳を取り戻した時の表情にはカッコ良さも抱かされます。

父以上に頑固者であり世渡り上手なマックスも、ガラクタ同様だったスパーリング用ロボットを自分の手で巧みに改造し、どんな相手でも対等に戦えるまでに生まれ変えさせた天才ぶりには舌を巻かれるけれど、一つ一つの行動にはまだまだ幼さがあって可愛さを感じさせてくれる。

好感が持てるこの親子の魅力もまた見所の一つ。
ヒュー・ジャックマンは当然ながらも子役ダコタ・ゴヨすらも素晴らしい演技を見せてくれて、映画の中に仄々さと心地良さをしっかりと味合わせてくれました。

オフィシャル・サイト(日本語)
オフィシャル・サイト(英語)

評価:★★★★☆
12/05/23DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
レンタル開始日:2012-05-16
メーカー:ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン
コメント (24)   トラックバック (63)

ベルセルク 黄金時代篇 I 覇王の卵

2012年05月22日 23時12分33秒 | アニメ(国内)
11年/日本/80分/ファンタジー・アクション/劇場公開(2012/02/04)
-監督-
窪岡俊之
-アニメーション制作-
STUDIO4℃
-主題曲-
平沢進『Aria』

-声の出演-
岩永洋昭…ガッツ
櫻井孝宏…グリフィス
行成とあ…キャスカ
梶裕貴…ジュドー
寿美菜子…リッケルト
藤原貴弘…ピピン
松本ヨシロウ…コルカス
矢尾一樹…ガストン
豊崎愛生…シャルロット
小山力也…ユリウス/アドン
三宅健太…ゾッド
<ストーリー>
長大な剣1本で百年戦争を生き抜く傭兵・ガッツは、彼の活躍に惹かれた傭兵団長・グリフィスと運命的な出会いを果たす。

俺たちの絆は、誰にも斬れない。

<感想>

ひっさしぶりに平沢進の曲を聴いたけれど、ほんとこの人カッコいいのを作曲しますなぁ。
オープニングクレジットだけでも胸躍っちゃうよ。

流石劇場公開するだけのものはあります。
手書きのセル画がむっちゃ綺麗。
それと音響。
特に低音の響きが凄く良い。
TVのスピーカーでも十分過ぎる位に頭の中でズンズン響き渡ります。
戦闘シーンも迫力があって結構ワクワクとさせられる。

「ベルセルク」と言えば、残酷な死体損壊が目に浮かんでくるけれど、それすらも忠実に再現。
画は綺麗なのに然程気持ち悪さを感じさせない控えめ加減もGood。

コミックでも人気のあるエピソードを3部作用にチョイスしてきたのも良い。
下手にオリジナルストーリーを見せられるよりかは懐かしむ意味でも遥かに面白かった。

97年に作られたTV版の声優を一新した新キャストだけれど、何ら違和感も感じずキャラに合う声優を上手く当ててきたなと思う。

これだけのクオリティの高さを見せられたら、2部・3部も楽しみになってきた。

オフィシャル・サイト

関連作:
「剣風伝奇ベルセルク <TV>」(1997~1998)
『ベルセルク 黄金時代篇 I 覇王の卵 (2011)』(第1部)
『ベルセルク 黄金時代篇 II ドルドレイ攻略 (2012)』(第2部)
『ベルセルク 黄金時代篇 III 降臨 (2012)』(第3部)

評価:★★★☆
12/05/22DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
レンタル開始日:2012-05-23
メーカー:バップ
コメント (13)   トラックバック (19)

ジョニー・イングリッシュ 気休めの報酬

2012年05月22日 22時16分58秒 | 洋画コメディ
JOHNNY ENGLISH REBORN/11年/英/101分/スパイ・コメディ・アクション/劇場公開(2012/01/21)
-監督-
オリヴァー・パーカー
過去監督作:『聖トリニアンズ女学院 史上最強!?不良女子校生の華麗なる強奪作戦』

-出演-
ローワン・アトキンソン…ジョニー・イングリッシュ
過去出演作:『Mr.ビーン カンヌで大迷惑?!』
ジリアン・アンダーソン…MI7局長 パメラ・ソーントン(別名ペガサス)
ドミニク・ウェスト…サイモン・アンブローズ(別名エージェント1号)
過去出演作:『センチュリオン』
ロザムンド・パイク…MI7行動心理学者 ケイト・サマー
過去出演作:『サロゲート』
ダニエル・カルーヤ…タッカー諜報員
過去出演作:『Chatroom/チャットルーム』
<ストーリー>
チベットの僧院に引きこもっていたジョニー・イングリッシュに、中国首相暗殺計画についての情報収集と暗殺の阻止というミッションが下される。

どんな作戦[ミッション]も
すべて不可能にする男[スパイ]!!


<感想>

もっと大笑いするような話かと思ってた。

真面目に撮りたいのか、コメディを撮りたいのかどっちつかずって感じ。
コメディにも色々種類があるけれど、この作品は真面目なコメディという印象は受ける。
自分的には弾けた笑いを観たかったんだけれど、どうにも生真面目なコメディになっていてクスクス程度で観終わっちゃったなぁ。
笑いが余り笑いにならないってのは残念。

香港での逃亡劇に至っても、敵はあらゆる障害物を乗り越えて逃げるに対して、イングリッシュはターミネーター張りの歩みで距離を縮めていくんだけれど、“すげぇな”とは思っても“おもしれぇ”にはならない。
アイデアは上手いとは感じるが、ドッと笑える何かが足りない。
その何かが無いから、笑いたいという想いを消された様で、どんどんと“この程度のコメディか”という想いが強くなってテンションが下がってしまった。

相棒タッカーも最初はもう一人のお笑い担当なのかと思っていたのに、普通に‘出来る男’なんだもん。
ガッカリだよ。

ローワン・アトキンソンの魅力を十分に引き出せず撮り終えちゃったみたいな、何だか勿体無い主演起用。

『Mr.ビーン』の笑いを再び味わいたい気持ちで借りちゃうと期待外れを抱かせられるかもしれないっすよ。

オフィシャル・サイト(日本語)

関連作:
ジョニー・イングリッシュ(2003)』(第1作)
『ジョニー・イングリッシュ 気休めの報酬(2011)』(第2作)
『ジョニー・イングリッシュ アナログの逆襲(2018)』(第3作)

評価:★★★
12/05/22DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
レンタル開始日:2012-05-23
メーカー:ジェネオン・ユニバーサル・エンターテイメント
コメント (6)   トラックバック (25)