銀幕大帝α

切り株推奨映画感想ブログにつきグロ画像注意。
御蔭様で12周年。3900作品レヴュー突破。御訪問有難う御座います♪

テッド

2013年07月31日 13時11分05秒 | 洋画コメディ
TED
2012年
アメリカ
106分
コメディ
R15+
劇場公開(2013/01/18)



監督:セス・マクファーレン
製作:セス・マクファーレン
原案:セス・マクファーレン
脚本:セス・マクファーレン
出演:
マーク・ウォールバーグ『ザ・ファイター』ジョン・ベネット
ミラ・クニス『ブラック・スワン』ロリー・コリンズ
ジョエル・マクヘイルレックス
ジョヴァンニ・リビシドニー
声の出演:セス・マクファーレンテッド

<ストーリー>
8歳の頃から仲良く育ってきたジョンとぬいぐるみのテッド。時は流れ、35歳になったジョンは下品な中年オヤジに成り下がったテッドと暮らしていたが…。

世界一ダメなテディベア、出没。
動いて、喋って、オヤジになった。


-感想-

エロっくま。
このエロっくまに好意が持てるか否かで作品に対しての面白さも大分変わってくるかも。
マリファナ好き。
酒好き。
女好き。
そして超下ネタ好き。
自分の人生に害しか及ばさないこんな中年クマなんて私はいらんわ。

アメリカ的ないかにも下級人間が喜びそうなギャグ満載で、下品なものが苦手な私としては余り面白くなかった。
もう少し、アメリカ人以外でもゲラゲラ笑えそうな上品ギャグがあれば良かったのだが、とことん下品なものばかりで残念な事に全く私のツボには入らず。

「顔射はNG?」

何処が面白いねん。

「あれはウンチか!!」

いらねぇだろそんなシーン。

フラッシュゴードン?
知らんわ。
Queenの楽曲だけは分かるけど、中身までは無知だからネタそのものには付いていけず。

くっだらねぇ内容だったからもう途中から観る気も失せまして。
それなりに面白さを感じていたら本来ならラストではほろりとするんでしょうけど、なんかどうでも良かった。
てか神様にちょっと願っただけで簡単に復活しやがるし。
そこはもっと感動的に演出出来なかったのかね、監督さんよ。

ただエロっくまの動きはスムーズだし映像に違和感なく溶け込んでいるし、そこは評価しても良いかな。
ちっちゃいおっさんが入ってるんでしょ?←違うと思うw

あっ一箇所だけ吹いたわ。
「チビデブはダイエットして後にテイラー・ロートナーになりましたとさ」
ていうオチの写真付きナレーション。

なんでやねん!ww

評価:★★★
13/07/30DVD鑑賞(新作)
下品なクマちゃんのお腹のバナーを押してごらん
にほんブログ村
レンタル開始日:2013-07-24
メーカー:ジェネオン・ユニバーサル・エンターテイメント

オフィシャル・サイト(英語)
オフィシャル・サイト(日本語)

関連作:
『テッド(2012)』(第1作)
『テッド2(2015)』(第2作)
コメント (16)

12 ラウンド/リローデッド

2013年07月30日 12時49分20秒 | 洋画アクション
12 ROUNDS 2: RELOADED
2013年
アメリカ
95分
アクション/犯罪
オリジナルビデオ



監督:ロエル・レイネ『デス・レース3 インフェルノ』
出演:
ランディ・オートン
ブライアン・マーキンソン
シンディ・バズビー
パトリック・ギルモア


<ストーリー>
急患の通報を受け現場に向かった救命士・ニックは、そこで体内に爆弾が埋め込まれた男を発見する。その時、謎の男から電話で12のゲームを仕掛けられ…。



-感想-

救命士として人命を救えなかった事は辛いだろうけど、何もそこまで悲観しなくても良い様な気もする。
妻と抱き合って泣くって、あんた毎回救えなかったらこんな感じになるのか?
身内だったら分かるが、丸っきりの赤の他人じゃないか。

犯人もターゲットにする人物を間違っとる。
市長のボンボン息子とその一味だけでええやん。
救命士のニックまで巻き添えにって。
ニックにとったらえらいとばっちりやで。
最善は尽くしたのだからむしろ感謝されて当然やのに、訳の分からんゲームに参加されちゃってさ。
余計な事したから犯人も死の制裁を受ける羽目になるってな、とんだ大間抜け野郎ですわ。

とまぁちょこちょこと引っ掛かる箇所はあるんですが、展開が進むにつれて人物それぞれの関係が明らかになる様はそこそこに面白いかな。
暇潰し程度に観るには丁度良い感じの作品。
もっとアクションシーンがあれば尚良かったんだろうけど。

ニックがボンボン息子に「ちょっと待ってろ!」と言ってシャッターの向こう側に置いてあったショベルカーを運転してきたシーンは笑ってしまった。
なんでそこにそれがあるって分かったのか謎過ぎるんですが(笑)
透視能力持ってるのか?

演技の拙さや編集の拙さ、演出の拙さと「拙さ」が3拍子揃った辺りがオリジナルビデオ止まりになってしまった大きな原因かと。
そう考えるとシリーズ1作目は良く出来た作品やったよね。
流石レニー・ハーリンだわ(落ち目ですけど)。

評価:★★☆
13/07/29DVD鑑賞(新作)
12のバナーの謎を解け!
にほんブログ村
レンタル開始日:2013-07-03
メーカー:20世紀 フォックス ホーム エンターテイメント ジャパン

関連作:
『12 ラウンド(2009)』(シリーズ1作目)
『12 ラウンド/リローデッド』(シリーズ2作目)

ヘンゼル&グレーテル

2013年07月30日 00時00分25秒 | 洋画アドベンチャー/ファンタジー
HANSEL & GRETEL: WITCH HUNTERS
2013年
アメリカ
88分
アクション/ファンタジー/アドベンチャー
R-15
劇場未公開



監督:トミー・ウィルコラ『処刑山 -デッド・スノウ-』
脚本:トミー・ウィルコラ
出演:
ジェレミー・レナー:ヘンゼル
ジェマ・アータートン:グレーテル
ファムケ・ヤンセン:ミュリエル
ピヒラ・ヴィータラ:ミア
ピーター・ストーメア:保安官

<ストーリー>
幼い頃に魔女を殺し、捕えられた森から逃げ出したヘンゼルとグレーテルの兄妹。15年後、大人になり凄腕の魔女狩りとして生きるふたりの前に黒魔女・ミュリエルが現れる。



-感想-

なんとこれ、劇場未公開とな?
なんで?面白いやん。

こういう作品はカラクリ武器が沢山出てきてこそでしょうな。
四方八方ボウガンとか折り畳み式銃とか。
ちょっと扱ってみたい楽しげな武器が登場して場面を沸かせてくれます。

しっかしアニメとか児童書なんかで見ても違和感無いのに、実写化となるとすっげぇ変なのな。
え?何がって?
魔女が杖にまたがって空飛ぶ姿ですよ。
シュール過ぎて滅茶苦茶ダサいんですけど!!(あっ言っちゃったアヒャヒャヘ(゜∀゜*)ノ

間違っても子供には見せちゃ駄目。
大人が観る残酷童話。
お色気シーンはあるし、何と言ってもホラーテイスト満載ですからね。
そりゃもう面白いように人体バラバラになったりぶっ潰されたりとグロッグロです。
私としてはそういうのキモチイイーので大歓迎ですけど。

空気読めないアホ保安官がグレーテルに頭突き喰らって鼻を折られ、挙句噛み千切られて悶絶。
怒りでもっとアホになったその時、止めの一撃を顔面に。
もうそれで気にする必要無くなっただろうってな悲惨な顛末があ~愉快。

さて、まだまだ悪い魔女は何人か残っているみたいだし、冒険も続きそうだし、こりゃあ続編あるだろうなぁ。
トロールの活躍をもっと観たいから、うん、作っていいよ、私が許します。

評価:★★★☆
13/07/28DVD鑑賞(新作)
お菓子の家にバナーはあるのかい?
にほんブログ村
レンタル開始日:2013-07-19
メーカー:パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
コメント (12)

ONE PIECE FILM Z ワンピース フィルム ゼット

2013年07月27日 00時13分38秒 | アニメ(国内)
2012年
日本
108分
アドベンチャー/アクション/ファンタジー
劇場公開(2012/12/15)



監督:長峯達也
総合プロデューサー:尾田栄一郎
原作:尾田栄一郎
主題歌:アヴリル・ラヴィーン『How You Remind Me』『Bad Reputation』
声の出演:
田中真弓モンキー・D・ルフィ
中井和哉ロロノア・ゾロ
岡村明美ナミ
山口勝平ウソップ
平田広明サンジ
大谷育江トニートニー・チョッパー
山口由里子ニコ・ロビン
矢尾一樹フランキー
チョーブルック
篠原涼子アイン
香川照之ビンズ
大塚芳忠ゼット
佐々木希ゾミノ
田中美保ホーミー
西内まりやマリンばあちゃん

<ストーリー>
“新世界”のある島に、元海軍大将・ゼットを首謀者とする一行がやって来て…。

標的、海賊。

-感想-

ナミさんはホント、エエ体してますなぁ。
ボンキュッボンッって感じ。
その最初のボンが最高なんよね。
顔を埋めたい位にポヨンポヨンしてて、動くたびにユッサユッサと揺れる乳。
お世話になりたいわぁ(←変態かっ
子供になっちゃったナミちゃんも可愛かったぁ。
でも私は幼女も好きやけど、やっぱナミさんはあのスタイルがあってこそなんよね。
だから断然、大人のナミさんの方がイイ!
あっサンジと考えが一緒だわww

チョッパーは癒し。
ずっと見つめていても飽きない。
チョッパーだけを90分眺めていても私は退屈しない自信はあるっ。
自慢しちゃうけど、私、等身大のチョッパー縫いぐるみ持ってるんだぜ。
羨ましいだろぉヘヘヘ。

とまぁ本作ではゼット先生とルフィとによる己の信念を賭けての戦いを圧倒的な絵力で見せ付けられた訳だが、拳と拳をぶつけ合う男同士のファイトには心を熱くさせられるものがあった。
そして最後にとったゼット先生の男気には胸が熱くなり感動を覚えた。

私は原作漫画も読まずTVアニメも全く観ずの、劇場版しか目にしていないビギナー者だが、その劇場版を観ただけでも大方の人物関係、ストーリーの流れが分かるのだから、初心者にも分かり易くをモットーにそれぞれを製作したスタッフの作り込みの上手さには大したものだと感心させられます。
次回作以降もその精神を忘れずに作り続けて貰いたいものだ。

ワンピースの素晴らしい所は、台詞の多くに温かみと重みとカッコ良さがあるという事だろう。
今回も、何度グッときた事やら。
大人な自分でも思わず「おぉっ!」と痺れさせられる台詞がある限り、私は何時までもワンピースというアニメを愛し続けます。

評価:★★★☆
13/07/26DVD鑑賞(新作)
俺はランキング王になるんだぁ!
にほんブログ村
レンタル開始日:2013-06-28
メーカー:東映ビデオ

オフィシャル・サイト

関連作:
『ONE PIECE ワンピース』(劇場公開版第1作)
『ONE PIECE ワンピース ねじまき島の冒険』(劇場公開版第2作)
『ONE PIECE ワンピース 珍獣島のチョッパー王国』(劇場公開版第3作)
『ONE PIECE ワンピース THE MOVIE デッドエンドの冒険』(劇場公開版第4作)
『ONE PIECE ワンピース 呪われた聖剣』(劇場公開版第5作)
『ONE PIECE ワンピース THE MOVIE オマツリ男爵と秘密の島』(劇場公開版第6作)
『ONE PIECE ワンピース THE MOVIE カラクリ城のメカ巨兵』(劇場公開版第7作)
『ONE PIECE ワンピース エピソード オブ アラバスタ 砂漠の王女と海賊たち』(劇場公開版第8作)
『ONE PIECE ワンピース THE MOVIE エピソード オブ チョッパー プラス 冬に咲く、奇跡の桜』(劇場公開版第9作)』※個人的評価:★★★☆
『ONE PIECE FILM ワンピースフィルム STRONG WORLD』(劇場公開版第10作)
『ONE PIECE ワンピース 3D 麦わらチェイス』(劇場公開版第11作)
『ONE PIECE FILM ワンピースフィルム STRONG WORLD EPISODE:0(2009)』(0巻のOVA)
『ONE PIECE FILM Z ワンピース フィルム ゼット(2012)』(劇場公開版第12作)
『ONE PIECE FILM GOLD(2016)』(劇場公開版第13作)
コメント (2)

トム・クルーズ

2013年07月26日 15時24分04秒 | 監督&俳優別
Tom Cruise/■生年月日:1962/07/03/通称:トムちん/特技:体を張ったアクション演技

『ミッション:インポッシブル/フォールアウト(2018)』出演
『バリー・シール/アメリカをはめた男 (2017)』出演
『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女 (2017)』出演
『ジャック・リーチャー NEVER GO BACK(2016)』出演/製作
『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション(2015)』出演/製作
『オール・ユー・ニード・イズ・キル(2014)』出演
『オブリビオン(2013)』出演
『アウトロー(2012)』出演/製作
『ロック・オブ・エイジズ(2012)』出演
『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル(2011)』出演/製作
『ナイト&デイ(2010)』出演
『ワルキューレ(2008)』出演
『トロピック・サンダー/史上最低の作戦(2008)』出演
『大いなる陰謀(2007)』出演
『M:i:III(2006)』出演/製作※★★★☆
『エリザベスタウン(2005)』製作
『宇宙戦争(2005)』出演※★★★☆
『コラテラル(2004)』出演※★★★
『ニュースの天才(2003)』製作総指揮
『ラスト サムライ(2003)』出演/製作※★★★★
『アート・オブ・アクション マーシャル・アーツ・フィルムの変還(2002)<TVM>』出演
『NARC ナーク(2002)』製作総指揮
『マイノリティ・リポート(2002)』出演※★★
『オースティン・パワーズ ゴールドメンバー(2002)』出演※★★
『スペース・ステーション(2002)<I>』ナレーション
『アザーズ (2001)』製作総指揮※★★☆
『バニラ・スカイ(2001)』出演/製作※★★★★
『M:I-2(2000)』出演/製作※★☆
『マグノリア(1999)』出演※★★☆
『アイズ ワイド シャット(1999)』出演※☆
『ラスト・リミッツ 栄光なきアスリート(1998)<TVM>』製作
『ザ・エージェント(1996)』出演※★★★
『ミッション:インポッシブル(1996)』出演/製作※★★★
『インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア(1994)』出演※★★★★☆
『堕ちた天使たち(1)(1993)<TVM>』監督
『ザ・ファーム/法律事務所(1993)』出演
『ア・フュー・グッドメン(1992)』出演
『遥かなる大地へ(1992)』出演
『デイズ・オブ・サンダー(1990)』原案/出演
『7月4日に生まれて(1989)』出演
『カクテル(1988)』出演
『レインマン(1988)』出演※★★★★☆
『ヤングガン(1988)』カメオ出演※★★★
『ハスラー2(1986)』出演
『トップガン(1986)』出演※★★★☆
『レジェンド/光と闇の伝説(1985)』出演
『トム・クルーズ/栄光の彼方に(1983)<未>』出演
『卒業白書(1983)』出演
『アウトサイダー(1983)』出演
『爆笑!?恋のABC体験(1982)<未>』出演
『タップス(1981)』出演※★★★☆
『エンドレス・ラブ(1981)』出演

注:※は鑑賞済み個人的評価レヴュー無し