銀幕大帝α

切り株推奨映画感想ブログにつきグロ画像注意。
御蔭様で12周年。3900作品レヴュー突破。御訪問有難う御座います♪

インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国

2008年06月30日 21時12分46秒 | 洋画アドベンチャー/ファンタジー
INDIANA JONES AND THE KINGDOM OF THE CRYSTAL SKULL/08年/米/124分/劇場公開
監督:スティーヴン・スピルバーグ
出演:ハリソン・フォード、シャイア・ラブーフ、レイ・ウィンストン、カレン・アレン、ケイト・ブランシェット、ジョン・ハート

<ストーリー>
米ソ冷戦下の1950年代を舞台に、インディが宇宙の神秘を解く力を持つ秘宝をめぐって熾烈な争奪戦を繰り広げる。
<感想>
今年一番ビッグな話題作!!
そしてシリーズのファンはもちろん、冒険大好き野郎なら観る前から胸が踊り出す超人気作が遂に日本上陸ですよ!
これは是非劇場で観ないとダメだろうと、『カンフーハッスル』以来めっちゃ久々にスクリーンで観てきましたよ。
でもねぇ、行く前からかなり不安はあったのよ。
だって脚本がデヴィッド・コープなのよ?彼の代表作と云えば『ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク』とか『パニック・ルーム』等、決して傑作とは言えない作品が多数ある。
まぁ『ジュラシック・パーク』とか稀に奇跡の脚本を書いたことはあるが、はっきり言って期待は禁物だ。
で、その不安は見事的中した。

こんなのインディ・ジョーンズじゃねぇよ!!

インディ・シリーズの代名詞と云えば、冒頭でのいきなりクライマックス級冒険アクション。本作でもあることはあるのだが、かな~り地味
倉庫内でのチェイス(スケール小さっ!)で始まり、キノコ雲を背にしたインディで終わる。

放射能浴びまくりだよインディ爺さん!

でも、体を洗浄しただけで、それは回避。
あんたは人間を超えたアニメキャラか?
不死身すぎるのにも程がある。
そんなツッコミ満載のオープニングが終わると、かなりダレる中盤を経て、終盤では遂に観客の度肝を抜く唖然茫然の大スペクタクルが待っている!!

未知との遭遇!!

これはないだろう・・・。
アドベンチャーがSFになっちゃっているよ。
脚本酷過ぎ!
所詮、B級脚本家が手掛けたらこんな事になっちゃうんだね。
デヴィッド・コープ、あんたやっぱり才能うんぬん以前にバカだよ。
このアイデアを選んだスピ&ルーカス&ハリソンも一体何を考えているのか。
ボツになったシャマランの脚本とかの方が面白かったんじゃねぇのか?

まぁスピが撮ってハリソンが出たから、それなりに話題性が出たのかもしれないが、これじゃあ殆ど悪ノリ全開のSFヲタク映画。
無名監督作だったら明らかに観客動員が見込めないC級作品ですなぁ。

なんか物語自体は無茶苦茶過ぎて、期待はずれも良いところだったが、シリーズファンは思わずニヤリとさせられるツボを押さえた名シーンが幾つもあるのは確か。

「ジュニアと呼ぶな!」(誰が誰に言ったのかは自分の目で!)



インディのパパの意外な形での登場。
そしてやっぱりマリオンことカレン・アレンの再登場だろう。
『レイダース/失われたアーク《聖櫃》』で見せたお転婆娘そのまま年取ったような感じで、おばちゃんになっても相変わらず可愛かったです。

後、インディが大の苦手としている大蛇を相手にオロオロする場面は大爆笑でした。

ファンの間では前作公開後から長らく待ち望まれていた、我らがインディ最新作。
予想通り不安的中のシリーズ最低作。
とは私の意見。
評価は人それぞれだと思いますが、個人的にはDVD鑑賞で十分ではなかったかと思われ・・・。

関連作
『レイダース/失われたアーク《聖櫃》』(シリーズ第1作)*個人的評価:★★★★
『インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説』(シリーズ第2作)*個人的評価:★★★★☆
『インディ・ジョーンズ/最後の聖戦』(シリーズ第3作)*個人的評価:★★★★

オフィシャル・サイト(日本語)
オフィシャル・サイト(英語)

評価:★★★☆
08/06/30映画館鑑賞
スティーヴン・スピルバーグ ジョージ・ルーカス SFアクション・アドベンチャー ハリソン・フォード シャイア・ラブーフ カレン・アレン ケイト・ブランシェット クリスタル・スカル エリア51 ソ連 アーク 巨大宇宙船 エイリアン 劇場新作
にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
コメント (6)

切り株画像(映画『Vの伝染』 より)

2008年06月29日 23時17分06秒 | 切り株“TV”画像(閲覧注意)
吸血鬼化とした少年2人。その彼らの前に親玉のおっさんヴァンパイアが少年の妹を拉致して連れてきて、食らうように指示する。
しかし、その事にキレた少年たちは、おっさんに襲いかかり電ノコで首チョンパした結果
切り株完成。
おっさんから出てくる血は赤ではなく、何故かどす黒い色をしている。
かなり汚らしい切り株シーンだ。
切り株度

レヴュー『Vの伝染』
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ

Vの伝染

2008年06月29日 23時07分35秒 | 洋画ホラー
THE V WORD/06年/米/60分/モンスター・ホラー/TVドラマ
監督:アーネスト・ディッカーソン
出演:アージェイ・スミス、ブランデン・ネイドン、マイケル・アイアンサイド

<ストーリー>
度胸試しで葬儀屋の死体安置所に行った2人の少年が、突然動き出した死体に襲われる。

<感想>
モンスタージャンルとしてはかなり位置付けに迷う作品。
中盤はゾンビものでありながら、終盤ではヴァンパイアものへと変わる。
まぁ、両者とも基本的には棺桶から出てくるモンスターなので、判断するには腐っているかそうでないかしかないのだが・・・。
何故突然死体が起き上ったのかの説明は無しで、一人のおっさんモンスターが葬儀場に閉じ込められた少年2人を追いかけまわす。
この辺の描写はゾンビなのだが、そのおっさんモンスターが超能力ごとく少年をぶっ飛ばした所で、
あ、このおっさんはヴァンパイアなんだ!
と初めて知らされるのです。
基本モンスター・ホラーですが、ラストはとても切なく感じさせられる映画でした。
余談だが、昨日観た『ワシントン・コード』と本作に出ている少女がかなり可愛いので、その辺も要チェックです。
因みに本作の少女は映画『サイレントヒル』で、シャロンを演じていたジョデル・フェルランドで、兄貴に処女血を奪われる妹役です。

関連作『マスターズ・オブ・ホラー恐-1グランプリ』(第1シーズン)
『13 thirteen ~マスターズ・オブ・ホラー2~』(第2シーズン)
・・・「ワシントン・コード 」
・・・「ノイズ」
・・・「災厄の街」
・・・「愛と欲望の毛皮」
・・・「妻の死の価値」

オフィシャル・サイト SHOWTIME(英語)
情報『マスターズ・オブ・ホラー』(英語)
オフィシャル・サイトWOWOW(日本語)
オフィシャル・サイト(日本語)

評価:★★☆
08/06/28DVD鑑賞(旧作)
Vの伝染 13 thirteen ~マスターズ・オブ・ホラー2~ ジョデル・フェルランド 角川映画
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ
レンタル開始日:2008-02-13

切り株画像(映画『ワシントン・コード』より3枚目)

2008年06月29日 22時35分41秒 | 切り株“TV”画像(閲覧注意)
回想で、南北戦争中に食糧難になった兵士たちが、仲間を殺して食糧にしていた!
という切り株シーンが出てくる。
生きたまま群がった兵士たちが内臓を食らう姿はもはやゾンビ!!
切り株度

レヴュー『ワシントン・コード』
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ

切り株画像(映画『ワシントン・コード』より2枚目)

2008年06月29日 22時29分27秒 | 切り株“TV”画像(閲覧注意)
ワシントンに関する秘密文書を持った主人公一家が拉致され、連れてこられたのが、ワシントニアンの総本山。
そこで、主人公たちが目にしたのは、食卓に並べられた人間一人丸ごと盛り合わせ料理。

それを手掴みで美味そうに食いまくる描写がグロテスクな切り株シーンがこれ。
食人シーンの醍醐味である、あらやる部位をガッツガッツ食う姿や、ダランと垂れた腸を貪る姿をねちっこく見せ、かなりウエェ~とさせられる。
切り株度MAX

レヴュー『ワシントン・コード』
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ