★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★

新作映画&DVDのちょいミーハーな感想と趣味のひとりごと日記♪

沈黙 -サイレンス-

2017年01月21日 | ★★★★★

【SILENCE】 2017/01/21公開 アメリカ 162分分
監督:マーティン・スコセッシ
出演:アンドリュー・ガーフィールド、アダム・ドライヴァー、浅野忠信、キアラン・ハインズ、窪塚洋介、笈田ヨシ、塚本晋也、イッセー尾形、小松菜奈、加瀬亮、リーアム・ニーソン

なぜ弱きわれらが苦しむのか――

STORY:江戸幕府によるキリシタン弾圧が激しさを増していた17世紀。長崎で宣教師のフェレイラ(リーアム・ニーソン)が捕まって棄教したとの知らせを受けた彼の弟子ロドリゴ(アンドリュー・ガーフィールド)とガルペ(アダム・ドライヴァー)は、キチジロー(窪塚洋介)の協力で日本に潜入する。その後彼らは、隠れキリシタンと呼ばれる人々と出会い... (シネマトゥデイより)

 

遠藤周作の小説「沈黙」を長年映画化を熱望してきたマーティン・スコセッシ監督により映画化した歴史ヒューマン・ドラマ。17世紀のキリシタン弾圧が激しくなった江戸時代初期の長崎を舞台に、来日した宣教師の壮絶な葛藤を描した作品。

スコセッシ監督が原作との出会いから28年、ついに映画化したいう力の入った作品とのことで気合いれて観てきました。2時間半超えの長丁場でしたが最後まで見入ってしまいました。

今までにも外国人監督さんによる日本を舞台にした作品は多くありますが、とんでも日本が描かれてることも多いです。日本人キャストも多いというのもありますが、外国人の監督さんだということを忘れてしまうほどしっかりとした日本が描かれていて、さすが巨匠マーティン・スコセッシ監督!と思いましたわ。

内容が内容なだけに日本人やクリスチャンに対して描き方も難しいところですが、どちらにも配慮された感じで描かれてましたね。でも....棄教させるための拷問はつらいものがありました。実際にもああいったことが行われてたんでしょうかね...酷すぎる。

日本人キャストの皆さんも英語の発音をかなり勉強されたんでしょうね、自然に感じで聴けました。実話ではないとはいえ、実際はどこまで話せたんですかねぇ。わりと日本語も多かったので観やすかったですが、宣教師はポルトガルからきてて英語でいいのかなと思ったり 笑。

スパイダーマンのアンドリュー・ガーフィールドもこんなに演技力あったんだー(ごめん)と思ってしまったほどの熱演で良かったです。ダークサイドにおちなかったアダム・ドライヴァーも好演。実はリーアム・ニーソンが出てるのを知らなくて冒頭に出てきてびっくり。後半での姿がクワイ=ガンぽくてニヤリとしてしまいました、、、。SW出演者が二人だー。

イッセーさんの井上様は一見やさしそうでやること冷酷だわ~と思いつつなかなかのハマリ役でした。浅野さんもロドリゴと仲間とでの話し方のギャップが良かった。窪塚くんー、何度裏切ってんだよーとツッコミ入れたくなったけどなんか憎めない役だよねと思ってしまった、、、。

ここまで日本原作ものを丁寧に描いてあって思ってた以上に良い作品でした。感動....というのとはちょっと違うけどすごい作品だなと思いましたね。エンドロールも虫の声から始まり波の音、カミナリの音と日本らしい音で締めくくられてたのが印象的でした。

が、しかし!!

一部気分ぶち壊しな所があったのが残念。みんな静かに観ていたのに....後半の一番大事なシーンで音も台詞もない沈黙なシーンでこともあろうか.....オヤジの豪快なイビキが響きわたっておりました 泣。あとは良かったんだけどなー、やられたよおっさん。

鑑賞日:2017/01/21

コメント (1)   トラックバック (4)
この記事をはてなブックマークに追加

死霊館 エンフィールド事件

2017年01月18日 | ★★★★+

【THE CONJURING 2】 2016/07/09公開 アメリカ PG12 134分
監督:ジェームズ・ワン
出演:ヴェラ・ファーミガ、パトリック・ウィルソン、フランシス・オコナー、マディソン・ウルフ、サイモン・マクバーニー、フランカ・ポテンテ、ローレン・エスポジート、パトリック・マコーリー、ベンジャミン・ヘイ

その日、世界は初めて心霊現象(ポルターガイスト)を信じた――

1977年英国、人々がその“存在”を
認めざるを得なかった、戦慄の実話。

STORY:1974年に起きた“アミティビル事件”を調査したウォーレン夫妻の名声はますます高まり、一方で激しいバッシングにもさらされることに。そんな中、1977年に夫妻のもとに英国から新たな依頼が舞い込む。それは、エンフィールドの古い家に住むシングルマザーのペギー・ホジソンと4人の子どもたちが怪現象に悩まされているというもの。どうやら、前に住んでいた老人の霊が次女のジャネットに取り憑いてしまったらしいとのこと。そこで、ことの真偽を確かめるべくエンフィールドへと向かうウォーレン夫妻だったが... (allcinemaより)


実在の心霊研究家ウォーレン夫妻を主人公に、彼らが遭遇する戦慄の心霊現象を描く『死霊館』の第2弾。
今回は、有名なポルターガイスト現象の一つとして知られる“エンフィールド事件”。監督は前作に引き続きジェームズ・ワン、主演は同じく引き続きパトリック・ウィルソンとヴェラ・ファーミガ。

前作もなかなかの怖さでしたが続編もさらに上を行く怖さでしたーブルブル。
夜に観てたんですが怖がりゆえ、途中からは昼間に観ましたよ、、、←怖がりのくせに観たがり

これも...実話なんですか????

忠実に描かれてるなら恐ろしすぎますってーっっ!!!!!

ちょっと『インシディアス』シリーズとごっちゃになるんですが、こういう時はブログをやってて良かったです。過去の記事を観て前作を思い出しました。だっておさらいするにも怖くて、、、

よくある心霊現象のほかに、瞬間移動...ほんとかいな?
ぼわーっと浮かぶおそろしいシスター顔の霊?ゾゾッ
これでもかーっと、何度も驚かされてドキドキもので、本当に怖かったス。

悪霊に乗り移られた女の子、ジャネットがとっても可愛い、美人さん。
ってか、お姉ちゃんに弟くんと可愛い揃い。
それと怪奇現象オンパレードの中で、ウォーレン夫妻の優しさや夫婦愛などが描かれていてただの怖いだけでない所が救いでした。

イギリスの霊はあくが強いというかめんどくさいというか....厄介ですな。前に住んでいた老人の霊をなんとかすればいいのかと思いきや、さらに厄介な問題が出てきてえらいことになりました。
あんな...悪魔が取り憑いている家、それでも住み続けるのはどうして?
絶対に無理無理無理、、、
しかも悪霊退散しても母親は晩年まで住み続けた後、亡くなりかたにゾッとしましたわ。

スピンオフの『アナベル 死霊館の人形』があるんですね。
未見ですが.....観なくてもいいですかね?人形ものは苦手で、、、

★★★★.5
鑑賞日:2017/01/15

 

死霊館 エンフィールド事件 ブルーレイ&DVDセット(2枚組) [Blu-ray]
パトリック・ウィルソン ベラ・ファーミガ
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
コメント (6)   トラックバック (15)
この記事をはてなブックマークに追加

本能寺ホテル

2017年01月15日 | ★★★+

2017/01/14公開 日本 120分
監督:鈴木雅之
出演:綾瀬はるか、堤真一、濱田岳、平山浩行、田口浩正、高嶋政宏、近藤正臣、風間杜夫

私が過ごした一日は、
信長の最後の一日だった

STORY:倉本繭子(綾瀬はるか)は、会社の倒産を機に恋人の吉岡恭一(平山浩行)にプロポーズされ、恭一の両親の住む京都へ向かう。京都に着いた繭子は、路地裏にある“本能寺ホテル”に導かれ、気が付けば1582年の本能寺にいた。繭子は現代と1582年を行き来しながら、織田信長(堤真一)や森蘭丸(濱田岳)と交流を果たす。その日は信長が暗殺された本能寺の変の前日だった... (シネマトゥデイより)


プリンセス トヨトミ』の綾瀬はるかと堤真一、鈴木雅之監督と脚本の相沢友子が再び集結した元OLと織田信長との「本能寺の変」前日の奇妙な遭遇を描く歴史ミステリー。

『プリンセス トヨトミ』は普通な印象だったので今回もそんな感じかなぁと思ってましたら意外に楽しめました。本能寺ホテル....ふざけた名前、OLが本能寺の変の織田信長と交流してって...ほんとふざけてる..けど意外に最後は感動ものだった、という 笑。これは綾瀬はるかだから成り立つのかなぁと思ったり、堤信長が素敵だったから面白く観られたのかなと思ったりします。

レトロ感ただよう本能寺ホテルはわりと好み。過去には行きたくないけど泊まってみたいかも。
あ、でも、堤真一の織田信長が素敵だったんで行ってみてもいいかもー 笑。

最近では織田信長は大河ドラマで見た江口洋介がインプットされてるんですが、堤ver.はそれを上回りしっかり上書きされましたわ。実はいい人で見た目も素敵だし、暮らしやすい世の中を作りたいと高感度アップなお人。しかも南蛮文化に感心があっただけあって、未来人にも感心があるようで理解が早い 笑。

綾瀬はるか演じる繭子はやりたいこともなく、プロポーズされたから結婚するという何の目的も持たないはっきりしない女性。でも信長との出会いでやりたいことを見つけるという成長物語になっとりました。普通ならちょっとイラッとする女性でも綾瀬はるかが演じると天然ぽくていいねになっちゃうのも不思議なところ。彼女だからこそハマる役ですね。

濱田岳演じる森蘭丸にイメージが全然違う!言っちゃう所は同感。よく美少年に描かれるけれど実際はわからないし、当時の美人や美男の基準はありえないほど違うかもしれないもんね。濱田岳ver.はいろんな意味で可愛かったです♪

信長が好きだというあの金平糖を食べてみたい!

本能寺の変から中国大返しまでのいきさつが説得力ありました。
あの信長ですもん、先を見越していたかもしれませんね。

鑑賞日:2017/01/14

 

映画「本能寺ホテル」オリジナル・サウンドトラック
日本コロムビア
日本コロムビア
コメント (4)   トラックバック (12)
この記事をはてなブックマークに追加

アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場

2017年01月14日 | ★★★★+

【EYE IN THE SKY】 2016/12/23公開 イギリス 102分
監督:ギャヴィン・フッド
出演:ヘレン・ミレン、アーロン・ポール、アラン・リックマン、バーカッド・アブディ、ジェレミー・ノーサム、フィービー・フォックス、イアン・グレン

現代の戦争
衝撃の実態

STORY:イギリス軍諜報(ちょうほう)機関のキャサリン・パウエル大佐(ヘレン・ミレン)は、ケニア・ナイロビ上空の偵察用ドローンからの情報を基に、戦地からほど遠いロンドンでアメリカとの合同軍事作戦を指揮している。大規模な自爆テロ計画の情報をキャッチした彼女は、アメリカの軍事基地にいるドローンパイロットのスティーブ(アーロン・ポール)に攻撃を命じるも、殺傷圏内に少女がいることが判明し... (シネマトゥデイより)
 

戦場から遠く離れた場所からドローンを使った現代の戦争を描いた軍事サスペンス。
監督は『ツォツィ』『エンダーのゲーム』『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』のギャヴィン・フッド。

なぜか年末上映予定だったのに年始に変わってしまいました。
そして昨年1月14日に亡くなったアラン・リックマンの最後の作品。まさかちょうど亡くなった一年後に観ることになるとは....。

現代の戦争は戦場に居なくてもできるという....おそろしい。SWのクローン戦争ならぬドローン戦争ですな。空からピンポイントでしかも鮮明画像で覗けて攻撃もできるという.....。偵察は鳥や虫を使ってできるから命がけで潜入する必要もないときた!!

もう...事件、いや、戦争は会議室で起きているんだ!! ですよ、、、

最初から最後の最後まで緊張感が途切れることなく見入ってしまいました。
映画としてはとても見応えがありましたけど、ひじょーに後味の悪い作品でもありました。
自爆テロで多くの人が犠牲になるのを阻止するために究極の二者択一を迫られる内容。

テロリストが隠れ家からバラける前にヘルファイアと呼ばれる強力なミサイルをぶち込んで壊滅させる計画。しかし、多くの人命を救うために攻撃を仕掛けると隠れ家の近くでパンを売る少女が犠牲になり、少女の命を救えばテロリストが任務遂行に向かいだしてしまうので究極の選択状態。

ロンドンやアメリカなどでは攻撃に対しての意見が対立し、おエライさんたちは責任問題で決断がどんどん引き伸ばされてしまいイライラとハラハラ。どちらの意見も正しいんだけど。なんとか少女を殺傷圏内から遠ざけようとするんだけどなかなかうまくいかないところにハラハラ。最後に下された判断は...。

軍服姿のヘレン・ミレンがかっこいい。でもテロリスト殺害に執念を燃やす姿は怖かった。
アラン・リックマンはこれが最後の演技だと思うと悲しいです。。緊迫する作品でしたがアナベル人形のくだりはちょっぴり和みました。あの甘い声がもうきけないのは残念ですが、最後に印象に残る台詞を残してくれましたね。

鑑賞日:2017/01/14

コメント (5)   トラックバック (16)
この記事をはてなブックマークに追加

日本で一番悪い奴ら

2017年01月13日 | ★★★+

2016/06/25公開 日本 R15+ 135分
監督:白石和彌
出演:綾野剛、YOUNG DAIS、植野行雄、ピエール瀧、中村獅童

日本警察史上、最大の不祥事。
ヤツらは何をしたのか?

STORY:柔道の実力を買われ北海道警察に入り、ほどなく新米刑事となった真面目な青年、諸星要一。しかし正義感はあるものの、本業の捜査現場ではまるで役立たず。そんな諸星に、先輩刑事の村井が“刑事は点数を稼がなければダメ”と諭し、裏社会に飛び込んで協力者となるS(スパイ)をつくれとアドバイスする。言われるままにそれを実践し、やがてSの協力で覚醒剤や拳銃の摘発を重ね、立派な実績を残していく諸星だったが... (allcinemaより)


数々の違法捜査、覚醒剤の密売、覚醒剤使用で逮捕され、その後覚せい剤取締法違反、銃刀法違反の罪で有罪となった北海道警察の元警部・稲葉圭昭の告白本「恥さらし 北海道警 悪徳刑事の告白」を映画化した社会派エンタテインメント。監督は『凶悪』などの白石和彌。

公開された時にちょっと気になってたのですが.....これが実話だったことに衝撃!!
しかも原作は当の本人だというからさらに驚き、、、

警察のお仕事がヒマなほうが安全だと思うんだけど、取り締まりしてます逮捕しましたっと目に見えないと安全だと思えないのも変なところ。この手の話は映画などで見慣れているとはいえ、真面目な警察官だった人がここまで落ちるとは.....。

もはや...警察官もヤクザも紙一重な感じ、、、

ピエール瀧に昼飯に誘われたのがいけなかった....
しかも飯じゃないし、、、

ドラマや映画で裏社会の人らと繋がってて情報をもらうとかよくあるけど実際もそうで、そして拳銃の摘発のために覚せい剤を見逃すってどうよー。量が少ないからいいんじゃない...とか.....お前ら警察かーと思ってしまうわ。これもノルマ達成のための点数稼ぎなわけで....。そのノルマのためなら何をやってもいいのかってはなしですわ....

いやー綾野剛くんの熱演は凄かった。最初は融通の聞かない真面目な新米刑事だったのが、相手が協力者とはいえ裏社会の人間であるわけで、どんどんヤクザな刑事になってく様子がこわい。女性とのからみも文字通り体張って頑張ってましたねぇ。

ま、こういう悪徳刑事はほんの一握りなんでしょうけど、まちの安全のためにぜひとも信念をもって頑張っていただきたいです!

鑑賞日:2017/01/08

 

日本で一番悪い奴ら DVDスタンダード・エディション
綾野剛,YOUNG DAIS,植野行雄,矢吹春奈,瀧内公美
ポニーキャニオン

 

日本で一番悪い奴ら Blu-rayプレミアム・エディション(初回限定生産)
綾野剛,YOUNG DAIS,植野行雄,矢吹春奈,瀧内公美
ポニーキャニオン

 

コメント (2)   トラックバック (11)
この記事をはてなブックマークに追加