銀幕大帝α

切り株推奨映画感想ブログにつきグロ画像注意。
御蔭様で10周年。3400作品レヴュー突破。御訪問有難う御座います♪

ヤッターマン

2009年09月29日 00時44分40秒 | 邦画アクション
08年/日本/111分/劇場公開
監督:三池崇史
出演:櫻井翔、福田沙紀、生瀬勝久、ケンドーコバヤシ、岡本杏理、阿部サダヲ、深田恭子

<ストーリー>
4つを集めると願いが叶うという「ドクロストーン」を巡り、ヤッターマンとドロンボー一味が争奪戦を展開する。
<感想>
いや~大人のためのエンタメやね。

バージンローダーのおっぱいマシンガンから始まり、彼女?の苦痛な喘ぎに思わずムラムラして愛のキスを交わすヤッターワン。

ロボとロボのキス

なんて前代未聞じゃね?

ドクロストーンの力で物が消えていくんだけれど、パチンコの看板のパの字が消えて女子高生が

「いや~ん、恥ずかしくて言えねぇ」

おいおい、なんちゅうシュールな笑いを提供してくれるんだ三池さん。

櫻井翔が岡本杏理の露わになったフトトモに唇を吸いつけるトコなんて、思春期の小学男子が観たら確実に巻戻し再生。

こりゃあ子供にはウケが悪かっただろうなぁ。
ムッツリスケベ心には火を点けたかもしれんがね(笑)。
子供用アニメを大人用実写にしてしまう所がなんとも三池さんらしいや。

アニメからの実写化って結構外れが多いんだけれど、細部まで金を使って拘り、アニメの雰囲気を壊さず忠実に再現しているだけあって、かなり飽きずに「ヤッターマン」という世界を堪能出来ました。
冒頭の車をガンガン投げ飛ばすなど、VFXにきちんと力を入れている辺りにも三池監督のやる気を感じとれます。
流石「ヤッターマンを撮るまでは死ねない」と豪語しただけの事はある。

ドロンボー一味のダンスなんかはちょっと観ていて小恥ずかしい。
「私たち何やってんだろ」って演じている3人も思ったに違いない。
いや、意外と楽しんでいたり?

期待以上に深キョンのドロンジョ様は文句なしのパーフェクトぶり。
ドロンジョ様に彼女以外の適役はまずいないだろうと断言出来ます。

が、個人的には無性に2号の愛ちゃんこと福田沙紀が気になった。
プニプニしたホッペが私のツボをつきまくるんだよね~。

エンドロールでいきなり始まった次回予告!!

なんと白いドロンジョ様が!?

続編作る気なのか?
それとも単なるお遊び的なものなのか?

何にせよ、白ドロンジョ、もとい深キョンドロンジョの再登板は大歓迎ですよ。

三池監督の人望の厚さなのか、よくもまぁこれだけキャラクターイメージにぴったりの役者を揃えられたもんだ。
いやはや感服しましたです。

オフィシャル・サイト

評価:★★★★
09/09/28DVD鑑賞
三池崇史 アクション・コメディ 櫻井翔 福田沙紀 生瀬勝久 ケンドーコバヤシ 阿部サダヲ 深田恭子 山寺宏一 小原乃梨子 たてかべ和也 滝口順平 竜の子プロダクション ヤッターマン DVD新作
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
コメント (14)   トラックバック (3)

マンディ・レイン 血まみれ金髪女子高生

2009年09月27日 23時50分57秒 | 洋画ホラー
ALL THE BOYS LOVE MANDY LANE/06年/米/90分/劇場未公開
監督:ジョナサン・レヴィン
出演:アンバー・ハード、マイケル・ウェルチ、ホイットニー・エイブル、エドウィン・ホッジ、アーロン・ヒメルスタイン、アンソン・マウント

<ストーリー>
全ての男子があこがれる、学園一の美少女マンディ・レインの恐るべき秘密とは?
<感想>
他の作品の巻頭に付いていた予告編でこれを観てチェックしていた一本。
云わば昔懐かしのティーン・ホラーみたいな感じの作品ですね。

別荘に遊びに来た男女が、次々と何者かにぶっ殺されていくんですが、犯人は途中で顔を見せるので「へ?」ってなります。

あ、やっぱりこいつか、って誰でも予想出来ちゃうから、早々に顔見せしたのかと思いきや、実はもう一人いやがった!!

このパターンって何回か昔観たことあるので新鮮味はないけれど、久々に味わうと意外と驚いちゃった。
けどね、顔見せした犯人の動機は分かるのだが、もう一人の犯人の動機がイマイチ分からんのですけど。

う~ん、単なる魔性?

男子学生皆が好意を寄せるマンディ・レイン。
私的にもちょっと好みかも。

AVみたいな邦題ですけど、中盤以降はかなりハードスラッシャー気味で程良く楽しめたかな。

評価:★★☆
09/09/27DVD鑑賞
サスペンス・ホラー DVD新作
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ
にほんブログ村
コメント (2)   トラックバック (1)

Blood ブラッド

2009年09月27日 23時48分34秒 | 邦画ホラー
BLOOD/09年/85分/日本/劇場公開
監督:下山天
出演:杉本彩、要潤、松田悟志、山口小夜、ガッツ石松、津田寛治

<ストーリー>
猟奇殺人を追う刑事が、恐るべき怪物たちと対決する。
<感想>
彩姐さんの裸体

彩姐さんの濡れ場

彩姐さんのふくよかな胸

彩姐さんが喘いで、喘いで、喘ぎまくる!!

あの御歳であの乳房、あのスタイル。

もうね、深夜に観たのにオイラの息子共々色んな意味でギンギンだったわさ。

専ら彩姐さんはエロ要員。
アクション系はその他の役者にお任せという訳で、要潤と津田寛治がワイヤーアクションを駆使して激突・・・しているようでしてないような微妙なバトル展開だったけれど(笑)。

ツッコミ満載でもあって、彩姐さんの役名が「美夜子ロジュンベルク」って・・・。
他にも無敵を誇っていたブリギッテが、唐突に飛び出して盾になり呆気なく御臨終とか、敵の№2が超人化するもいざという時に力を抑えきれなくなって灰と化すとか、斬っても斬ってもパワフル元気だったのに短剣腹部一突きで倒れる黒沼右京とか。

一杯有り過ぎて困っちまうけど、一番の?は何で津田寛治が選ばれし者なのか、と。

「強くなりましたね」Byブリギッテ

全然強くねぇし!!
こいつ運動音痴だろうと思っちゃうほど戦う姿にキレがない。
そもそも戦士の面構えじゃねえじゃん。

まぁいい。
全て彩姐さんのエロさでチャラにしてあげよう。

あ、ブリギッテを演じた山口小夜も何か好かった。
服を剣で斬られて、肌が露出して恥じらいの表情を浮かべる所なんか絶妙にエロかった。

エロばっか。

オフィシャル・サイト

評価:★★☆
09/09/27DVD鑑賞
下山天 エロティック・アクション・ホラー 杉本彩 要潤 山口小夜 ガッツ石松 津田寛治 R-15 DVD新作
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ
にほんブログ村
コメント (2)

ロードキラー in L.A.

2009年09月26日 02時03分29秒 | 洋画アクション
DEATH VALLEY/04年/米/94分/劇場未公開
監督:デヴィッド・ケボ、ルディ・ライデン
出演:エリック・クリスチャン・オルセン、ダッシュ・ミホク、ライダー・ストロング

<ストーリー>
米LA近郊の砂漠を舞台に、人間狩りの標的にされた男女5人が体験する壮絶な恐怖。
<感想>
毎度御馴染のバッタもん邦題シリーズの一つ。
騙されたと思って観てみました。

う~んと、一言で云えば、何ちゃって『マッドマックス』
ゴロツキ集団の見た目が何ちゃって『マッドマックス』なんだよね。

戦いの舞台となるのが岩山が並ぶ、壮大な砂漠。
しがないサラリーマン青年が、襲われている友人を助ける為に銃を撃った事で、相手の怒りに火を付ける。
ありがちなストーリーだが、友人の大半は早々に退場。
リーマン青年が孤独にモトクロスを走らせながら、一人また一人と相手を殺していく。
って、これもありがちだが、夜をメインにした事により、何処から現れるか分からない緊張感に加え、暗視ゴーグルを用いての追撃、極悪集団のリーダーのキレっぷりなどそれなりのアイデアを一つまみほど取り入れていたので、後半は意外と面白かった。

只、リーマン青年が必死のパッチで戦っているのに、隙をみて逃げた黒人青年の余りの無能な行動の数々に苛々通り越して腹立たしい。

何を呑気に路上で手を振って助けを呼んでいるのさ!

ほら、言わんこっちゃない。

大型トラックの運ちゃんも悪党の仲間だった

っていうオチだったら?
あ、それも在り来たりになっちゃうか。

評価:★★☆
09/09/26DVD鑑賞
アクション・サスペンス DVD新作
にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村

切り株画像(映画『バンコック・デンジャラス』より悪党どもの末路)

2009年09月26日 01時29分28秒 | 切り株“TV”画像(閲覧注意)
【ネタバレ注意】
殺し屋ジョーによる情け無用の切り株列伝。

1人目
タイの運河で追い詰められた悪党。
ジョーがぶん回したボートのスクリューによって

腕チョンパ!

切り株度

2人目
ジョーに殺しの依頼をした裏社会の大物だが、身の危険を感じ裏切り行為。
殴り込みに来たジョーに№2が立ち向かうも、手榴弾を懐に入れられて

木端微塵。
切り株度

レヴュー『バンコック・デンジャラス』
にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村

バンコック・デンジャラス

2009年09月26日 01時11分11秒 | 洋画サスペンス
BANGKOK DANGEROUS/08年/米/100分/劇場公開
監督:オキサイド・パン、ダニー・パン
出演:ニコラス・ケイジ、 シャクリット・ヤムナーム、チャーリー・ヤン

<ストーリー>
完全無欠の殺し屋が最後の仕事でミスを犯し、窮地に追い込まれていく様を描く。
<感想>
オリジナルの邦題は『レイン』だけど、原題は『バンコック・デンジャラス』。
何故『レイン』という邦題が付けられたのかと云うと、ラストの雨のシーンが印象的だったから。

で、今回リメイクとなる本作では原題をそのまま公開タイトルとして引用。
実は「レイン=雨」に纏わるシーンも出てくるのだが、どうやら配給会社が本編に対して余り意味が無いと判断したのか、邦題タイトルとしては用いられなかったようです。

なんかうんちくまがいな事を書いてしまったが、それ程酷い作品ではなかったです。

只、暗殺者にニコケイを用いた事が大失敗だったんですな。

彼なりに激しいアクションを披露してはいるが、どっちかつうとハゲしい頭ばかりに目が移り、薬局で出会った女性に恋して鼻の下デロンと伸ばしながら、地味に暗殺計画を実行しようとするも、女性の涙が頭を過り失敗しちゃっている辺りには、

何処が凄腕の暗殺者やねん!

彼なりに掟成るものがあるのだけれど、一番大事な‘堅気の人間と交わるな!’を、いともあっさり破り捨て、結局それが災いして自滅しているのだから、同情の余地すらないです。

専らニコケイの顔からして馬面だし、ノベェとした顔して悪党を殺していても、全然カッコいい暗殺者には見えないのだから、これは明らかに人選ミス。

これがもっと凄味のあるキリッとした顔でありながら何処かしら寂しさを漂わすような役者(思いつかないけど)ならば、ラストシーンにも感動出来たかも。

演者がその作品のイメージに合っているかいないかで、映画の雰囲気もガラッと変わる。
決してストーリーは悪くない。
全てニコケイのダサキャラが台無しにしてしまっている!

関連作:『レイン』(オリジナル)

オフィシャル・サイト(日本語)

評価:★★☆
09/09/25DVD鑑賞
オキサイド・パン ダニー・パン サスペンス・アクション ニコラス・ケイジ リメイク R-15 DVD新作
にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
コメント (10)   トラックバック (4)

THE CLASH ザ・クラッシュ

2009年09月24日 20時10分00秒 | 洋画ホラー
STUCK/07年/加・米・英・独/94分/劇場未公開
監督:スチュアート・ゴードン
出演:ミーナ・スヴァーリ、スティーヴン・レイ、ラッセル・ホーンズビー

<ストーリー>
さえない中年男を車で轢いてしまった看護師。昇進が決まり、幸福の絶頂にいた彼女は遺体を処理し、事件を隠ぺいしようとするが・・・。
<感想>
見所は何と言っても予告編でも観れたミーナ・スヴァーリの全裸ファック。
『デイ・オブ・ザ・デッド』では勇敢な女性兵士を演じていた彼女が、

童顔に似合わぬ豊満なバストを揺らしながら喘ぎまくる

というファンにとっては夢のようなシーンが!!

んが、よそ見運転で人を撥ねたくせに、昇進がかかっているからと恋人をも巻き込み事件をひた隠そうとする悪魔的な彼女の役に全く賛同できず、観ていてイライラするばかり。

逆に、フロントガラスに突っ込み血まみれになりながらも、奇跡的に息を吹き返し、助けを求める中年男の不運さに同情しつつ、彼が終盤で起こす一見非道的な逆襲部分に対しては、「正義」という意味合いを込めて、してやったり!とすっきり爽快。

やられてばっかりで、自分の立場しか考えず人道に反する女の行動の数々にはかなりムカムカしたが、最後の最後で中年男が壮絶な御返しパンチ(自滅ともいえるが)を食らわした瞬間は、一気にムカつきも吹き飛び心の中で拍手喝采。

ラスト10分の爽快さがあって、ようやく救われた様な作品。
これがラストまで女目線の物語だったら、間違いなくゴミ映画だったでしょう。

被害者の折れた脚から突き出た骨を近所のワンちゃんがしゃぶるというブラックさはスチュアート・ゴードンらしさが見て取れ大笑いしてしまった。

評価:★★☆
09/09/24DVD鑑賞
スチュアート・ゴードン サスペンス・ホラー ミーナ・スヴァーリ DVD新作
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ
にほんブログ村
コメント (2)   トラックバック (1)

オカルト

2009年09月24日 19時33分15秒 | 邦画ホラー
08年/日本/110分/劇場公開
監督:白石晃士
出演:宇野祥平、吉行由実、近藤公園、東美伽

<ストーリー>
映画監督が未解決の無差別殺人事件の調査に乗り出し、事件の背後に隠れ潜む超常現象を映像に収めようとする。
<感想>
イカサマ伝道師・白石晃士監督の『ノロイ』に続くフェイク・ドキュメ第二弾。

決して騙されないバカバカしさはあるものの、この監督はいかにも本物っぽく撮る(編集する)ので苦笑しつつも観入ってしまうんだよなぁ。

吊り橋での通り魔殺人事件から良くまぁここまで話を膨らませるもんだと感心しきり。

UFO・心霊映像・意味不明な靄・予知能力そして渋谷スクランブル交差点での自爆大量殺人。

物語を引っ張るネットカフェ難民でもあり、何か仕出かしそうな危ない風貌の派遣社員男の妙に熱の入った演技や、黒沢清といった大物監督を突然登場させたりと、いかにも的な演出に少々現実的に思いながらも、心の中では「嘘くせえ」と呟いている自分がいるのだが、どういった結末に持って行くのか確認せずをいられない自分もいる訳で。

こういう心境を持たせる事が監督の狙いでもあるのだろうが、下手な監督が撮っていればこうはいかないもんですよ。

なんちゃって現象も実に巧妙に作られているし、犯行前に『インディ4』を劇場鑑賞してスピに後押しされたと真剣に話す所とか、「21年後・・・共謀罪で服役していた白石晃士が出所」とか細部に渡って芸も細かい。

しかしオチで一気に現実に戻されるのはご愛敬か?
でもまぁあのオチだからこそ、フェイクの境目をはっきりさせ、観る者に安心感を与えるという監督の粋な計らいと思えば納得も出来るわな(笑)。

オフィシャル・サイト

評価:★★★☆
09/09/24DVD鑑賞
白石晃士 フェイク・ドキュメンタリー・ホラー 黒沢清 DVD新作
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ
にほんブログ村
コメント (6)   トラックバック (1)

切り株画像(映画『サスペリア・テルザ 最後の魔女』より血肉の貢物)

2009年09月24日 02時22分49秒 | 切り株“TV”画像(閲覧注意)
【ネタバレ注意】
魔女に捧げられた血肉という名の切り株連打。
1枚目

口裂け女ではない。

2枚目

う○こではない。
この後、自らの腸で首を絞められる。

3枚目

市川純が車内トイレのドアで顔面粉砕される。
アーシア・アルジェントやり過ぎ。魔女以上の残虐さにお前こそ魔女。

4枚目

首をスパッと切られ・・・

5枚目

刃で顔面めった切りにされ、何が何やらの無惨な姿へと。

6枚目

そして自ら首を切り、魔女への忠誠心を誓う。

7枚目

『サンゲリア』ではない。
良く分からない拷問器具で目玉を潰された女性。

8枚目

決して口に咥えた大人の玩具ではない。
これもまた良く分からない器具でアソコから口へと貫通された女性。

9枚目

主人公のダチだが、この後魔女の呪いか物凄い勢いで襲ってくるタフガイ。

10枚目

腕チョンパ。
「イヤッハ~!!」とは決して言っていない。

11枚目

折れた石塔が魔女にズドン。
全裸です。
総合切り株度

レヴュー『サスペリア・テルザ 最後の魔女』
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ
にほんブログ村








サスペリア・テルザ 最後の魔女

2009年09月24日 01時48分45秒 | 洋画ホラー
LA TERZA MADRE/07年/伊・米/98分/劇場公開
監督:ダリオ・アルジェント
出演:アーシア・アルジェント、クリスチャン・ソリメノ、アダム・ジェームズ

<ストーリー>
現代のローマに復活した、「涙の魔女」に立ち向かう女の運命は?
<感想>
今更言わずもがな、アルジェントによる魔女三部作の完結編。

冒頭から惨たらしい切り株をド~ンと叩きつけて、鑑賞意欲を高めさせてくれたけれど、う~ん?何かストーリーが安っぽいぞ、と。

おっぱい切り株おっぱい切り株の繰り返しで、物語に厚みが無く只単にエログロ作品で終わっちゃってる。

グロいけど恐怖的なものは感じず、最終章にしてこんなものなのかと頭を抱えてしまう位、つまらん。

「あはははっ!」と助かった男女が路上で顔を見合せて笑うエンディングからして盛り上がり感ゼロ。

不吉な前兆を予感させる出だしは良かったのだが、猿と亡霊母さんが登場してからはやけに安っぽい『ポルターガイスト』みたくなってしまい、物語が進むにつれ失速していく脚本の甘さと、尻つぼみエンディングに落胆の色を隠せなかったのは私だけじゃないはずだ!!

関連作:
『サスペリア』(第1作)*個人的評価:★★★★
『インフェルノ』(第2作)

オフィシャル・サイト(英語)
オフィシャル・サイト(日本語)

評価:★★☆
09/09/22DVD鑑賞
ダリオ・アルジェント サスペンス・ホラー アーシア・アルジェント ウド・キア 魔女三部作 DVD新作
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ
にほんブログ村
コメント (14)   トラックバック (6)