銀幕大帝α

切り株推奨映画感想ブログにつきグロ画像注意。
御蔭様で10周年。3700作品レヴュー突破。御訪問有難う御座います♪

わたしに××しなさい!

2020年01月16日 13時03分14秒 | 邦画ロマンス
2018年
日本
96分
ロマンス/学園
劇場公開(2018/06/23)



監督:
山本透
『九月の恋と出会うまで』
原作:
遠山えま『わたしに××しなさい!』
脚本:
山本透
主題歌:
ポルカドットスティングレイ『ICHIDAIJI』
出演:
玉城ティナ氷室雪菜
小関裕太北見時雨
佐藤寛太霜月晶
山田杏奈水野マミ
金子大地北見氷雨



<ストーリー>
高校生にして人気ウェブ小説家・氷室雪菜は、読者の期待に応えるべく、ラブストーリーを書くことに。しかし、恋愛が分からず悩む彼女に、従兄弟の晶が疑似恋愛を提案する。

おまえに恋の
ミッションをあたえる。


―感想―

パッケージを見たら度エロいものを想像するが、全くエロくない。
これには失望したぞ(笑)。

漫画あるある、そのまんまの事が展開。
恋した男が素っ気ないとか、ライバル女が居るとか、別の男から告られるとか。
内容的には在り来たりなものだが、玉城ティナ演じたキャラクターが素晴らしく魅力に満ちていた。
というか玉城ティナが可愛すぎた。
眼鏡取られて「やん♡」て、おま、抱き締めたろか!て思う位に、というのも普段女王様口調、気取りなのでギャップ萌えてやつかもしれん。

この映画、玉城ティナのツンデレを愉しむ事で内容そのものも楽しめる。
そう、紛れもなく主役の華で惹かせに来ている作品。

睨み合ったこの後、チュッてキスしたら大爆笑したのに(上島と出川かっw)

今作の玉城ティナ図鑑

からの~

俺の理性がぶっ飛んだ。
本作観るまで彼女の事は意識もしていなかったが、顔ちっちゃいしなんか好いな~この娘て凄く好きになってたね。
今後『惡の華』と『地獄少女』のレンタル化が控えている。
ワクワクしております。
はっ!?これって・・・恋?

評価:★★★☆
20/01/15DVD鑑賞(準新作)
にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へバナーポチお願いします
にほんブログ村
レンタル開始日:2019-01-09
メーカー:東映ビデオ

関連作:
『わたしに××しなさい!(2018)<TV>』(TVドラマ版)

オフィシャル・サイト

コメント

君は月夜に光り輝く

2019年09月09日 14時00分21秒 | 邦画ロマンス
2019年
日本
101分
ロマンス/青春
劇場公開(2019/03/15)



監督:
月川翔
『響-HIBIKI-』
原作:
佐野徹夜『君は月夜に光り輝く』
脚本:
月川翔
主題歌:
SEKAI NO OWARI『蜜の月-for the film-』
出演:
永野芽郁渡良瀬まみず
北村匠海岡田卓也
甲斐翔真香山彰
松本穂香岡田鳴子
今田美桜平林リコ
優香岡崎
生田智子渡良瀬律
長谷川京子岡田恭子
及川光博深見真



<ストーリー>
高校生の岡田卓也はクラスの寄せ書きを届けるために行った病院で、入院中の同級生・渡良瀬まみずと出会う。彼女は死期が近付くと体が発光する不治の病・発光病を患っていた。

あなたのせいで、
生きたくてしょうがない。


―感想―

今まで一度も接点もないのに、見舞いに行っただけで恋仲になるという謎展開。
イケメンだから許されるのであって、ブサ男にお節介焼かれたら鬱陶しいだけである。
母親から「もう来ないで」と言われていたが(後に彼女からも言われるが)、ブサ男だったら本人が早々と直にしかめっ面しながら言っていただろう。
とは言えヒロイン自体にも私は魅力を感じなかったのだが。
病弱女子に弱い私がそう感じたのだから、余程内容がつまらなかったのか二人の関係性に惹かれなかったのか。

そもそも「発光病」という不治の病の詳細が良く分らない。
死が近付くと体が発光するだけで、何処がどう弱っていっているのか説明もないし、見た目だけなら普通に元気そうだし、どうにも感情移入がし辛い。
単に発光していく彼女とキスをするという一方的に押し付けるかの様な(ほら、泣けよ、的な)感動シーンを用意したかったから、その病気にしたとしか思えなかった。

人によっては泣ける映画なのかもしれないが、私からしたら在り来たりなストーリーだったし、北村匠海は終始暗いし、メイド喫茶の女子はほったらかしだしで、全く響いてこなかったなあ心に。

評価:★★☆
19/09/08DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へバナーポチお願いします
にほんブログ村
レンタル開始日:2019-09-04
メーカー:KADOKAWA

オフィシャル・サイト

コメント

九月の恋と出会うまで

2019年09月07日 14時26分58秒 | 邦画ロマンス
2019年
日本
105分
ロマンス/ファンタジー/SF
劇場公開(2019/03/01)



監督:
山本透
『探検隊の栄光』
原作:
松尾由美『九月の恋と出会うまで』
脚本:
山本透
主題歌:
androp『Koi』
出演:
高橋一生平野進
川口春奈北村志織
浜野謙太
中村優子祖父江
川栄李奈香穂
古舘佑太郎森秋真一
ミッキー・カーチス権藤



<ストーリー>
ちょっと不思議なマンションに引っ越して来た志織は、小説家志望の風変わりな隣人・平野と出会う。ある日、志織は“未来からの誰かの声”によって命を救われ…。

運命の人が僕じゃなくても、
僕はあなたを守りたい。


―感想―

「貴方じゃだめなんですか?」
「ダメなんです」
「どうして?どうして貴方じゃだめなの!?」
「ダメなんでっす!!」
「いやっ!貴方じゃないとだめなの!!」
「っしゃっ!わっかりました!!やりましょう!!」

とはならんけど、なんかこのやり取り好き。

なんだろうね、この高橋一生に任せると得られる頼り甲斐ある安心感てのは。
これがムロツヨシとかだったら「貴方じゃなきゃだめ!!」という感情にはならんよなあ(ムロツヨシに失礼だろw)

川栄りっちゃんが本当に女優している。
それは前から気付いてはいたけど、本作を観て確実に演技が達者になったなあと目を細めるものがあった。
AKB在籍時のおバカキャラとは一体何だったのか。

空気みたいな存在感の他の住人を出す意味があったのかとその辺ちょっと理解し難い所はあったけど、一応「重要」な事を一言発していたので必要なかったと書いたら嘘になる。
全部ミッキー・カーチス一人で補っても良かったやん、てその考え方にいく?て指摘されても俺はそう思ったて答えるけれど、余りにも人気の無いマンションを映してもそれはそれで問題だ。

俺の苦手とするパラレルワールドとかタイムパラドックスとかその類の話ではあったが、いう程混乱しなかったのは多分に高橋一生の口から語られた説明が丁寧で分かり易かったからだろう。
俺が仮にあれこれ言うても説得力が全く生まれない事を高橋一生がやると不思議と納得しちゃうてのは俺自身も感じたし、これはもう絶対に「見かけ」が得している。
そうじゃなかったら「奇跡」を信じて一年も待たんって。

今作のやっぱり春ちゃんは可愛いと思うんだ図鑑

なんか久しぶりに春ちゃんの映画を観た気がする。
その久しぶりてのが逆に良かったのか、あーやっぱり可愛いよなあてしみじみと思いながら見つめてた。

眼鏡っ子春ちゃん。

泣き顔春ちゃん。

「一目惚れでした」

イケメンにこんな胸ドキ告白をスっと言われたら女ならイチコロだわ。

評価:★★★☆
19/09/06DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へバナーポチお願いします
にほんブログ村
レンタル開始日:2019-09-04
メーカー:バップ

オフィシャル・サイト

コメント

あの頃、君を追いかけた

2019年09月02日 13時56分03秒 | 邦画ロマンス
2018年
日本
114分
青春/ロマンス
劇場公開(2018/10/05)



監督:
長谷川康夫
主題歌:
Thinking Dogs『言えなかったこと』
出演:
山田裕貴水島浩介
齋藤飛鳥早瀬真愛
松本穂香小松原詩子
佐久本宝大野陽平
國島直希町田健人
中田圭祐秋山寿音
遊佐亮介杉村一樹



<ストーリー>
誰もが通り過ぎたあの眩しかった時間。まだ何者でもない自分に苛つき、怒りや諦めに襲われながらも、なぜか明日にワクワクしていた“あの頃”を描く。

たかが10年の片想い

―感想―

例えブサ男でも、性格が良ければ可愛い嫁さんはゲット可能、そんな希望が持てる映画(笑)。
こういう終わり方も良いんじゃない?
全部が全部、結ばれてハッピーエンドじゃつまらんでしょ。
これはこれで吹っ切れた感が溢れ出ていて爽やかなラストだと思ったけどね。

一つ物凄く羨ましいというか俺もそういうの学生時代に体験したかったなあて思ったのは、後ろ可愛い女子からペンで背中ツンッてされるの。
「おい、やめろよ~(*´▽`*)デレッ」
こういうの全然無かったなあ、なんだったのか俺の青春て。

今作のあしゅ図鑑

詩子役の娘も相当可愛いと思うんだけど(ちょい鼻の穴大きいが)あしゅと並ぶと霞んでしまうねえ。
つうことで汚れの無い心を持ち真っすぐに生きる優等生女子・真愛を演じたあしゅこと齋藤飛鳥ちゃん。

これは反則。
滅茶苦茶反則。
可愛いに可愛いがプラスされたら萌え死ぬ。
俺を殺す気か!!てマジで叫んだ(顔ニヤニヤさせながらw)。

ポニーテール好い。
てか、どの角度から撮っても可愛く映るって奇跡としか言いようがない。

んで、顔ちっさ。
ウエディングドレスを着たら婚期が遅れるて聞いた事もあるから俺にもあしゅをものに出来るワンチャンある?(ない!)
これは俺だけかもしれないが、あしゅの顔、声を見聞きしていたらボヤっと真野恵里菜ちゃんの姿が浮かんだのよね。
容姿の雰囲気が若い頃の真野ちゃんに似ている気が俺はした。
真野ちゃんは結婚しちゃったので、あしゅを是非俺に!!ワンチャンあるよね?(だからねえっつうの!!)。

評価:★★★
19/09/01DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へバナーポチお願いします
にほんブログ村
レンタル開始日:2019-07-03
メーカー:キノフィルムズ

オフィシャル・サイト

関連作:
『あの頃、君を追いかけた(2011)』(オリジナル)

コメント

フォルトゥナの瞳

2019年08月29日 17時19分31秒 | 邦画ロマンス
2018年
日本
111分
ロマンス/ファンタジー
劇場公開(2019/02/15)



監督:
三木孝浩
『坂道のアポロン』
原作:
百田尚樹『フォルトゥナの瞳』
脚本:
三木孝浩
出演:
神木隆之介木山慎一郎
有村架純桐生葵
志尊淳金田大輝
DAIGO宇津井和幸
松井愛莉植松真理子
北村有起哉黒川武雄
斉藤由貴遠藤美津子
時任三郎遠藤哲也



<ストーリー>
幼少期に飛行機事故で家族を失った木山慎一郎は、ある日、死を目前にした人間が透けて見える能力“フォルトゥナの瞳”を持っていることに気付き…。

愛か死か。
その選択に
あなたは涙する――


―感想―

今月ろくな映画無かったなあ、どうしようっかな今月のおススメはて思ってたら、あったよこれが。
なんつうか泣けはしなかったけど、やるせない気持ちにはなったよなあ。
結果だけ観ても、果たしてその選択は正しかったのか、て少しの間、自問自答をしてしまう。
仮にもし「人の運命にはもう関わらない」ままでいた神木きゅんが何もしなかったら「大切な人」を亡くしちゃうだろ?
それはそれで今後生きていくのが辛いわなあ。
映画では神木きゅんが一度持った決意に逆らってまで大勢の人を救ったものの、逆に今度は「大切な人」が神木きゅんを失う訳で。

要は「秘密」を知っているか、知らないままかで互いの気持ち=感情もかなり違ってくるのは明確。
「大切な人」は神木きゅんの秘密を知っていた。
神木きゅんは最期まで知らなかった。
この差は凄く重要で、映画ではこれをした事で前述した正しかったのか、てのは正しかった選択であったで優しく落ち着くんだよね。
全てを知った上でこれからも思い出を胸に強く生きていくか、何も知らないまま無念だけを常に抱きながら弱く生きていくか、この違いは遥かに大きい。

立場的なもので考えると、映画の中で起きた事は悲劇ではあるけれど、受け入れる(受け入れられる)という意味では前向きな終わり方だったんじゃないだろうか。
結局の所“知らぬが仏”が神木きゅんの生き様に巧く当て嵌まった形だろうかね。
けどまあ神木きゅんの台詞を借りると、俺でもこんな能力は要らないなあ(^^;)

今作の神木きゅんにとっては「大切な人」図鑑

葵役を演じた有村架純たん♡
こんな可愛いauショップ店員が居たら、別に用が無くても無駄に通うわw俺のスマホ偶然にもauだしぃ。
んで、ストーカーとして通報されるというオチ(笑)←なにわろてんねん

ここ!
このシーン!
俺、自室で「うっきゃーーー(/ω\)」て変な声上げながら枕ぶん投げてたわ。
容姿も性格も何もかもが可愛すぎだろおおえええwwwww俺の嫁になってくれ(。-`ω-)

評価:★★★★
19/08/28DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へバナーポチお願いします
にほんブログ村
レンタル開始日:2019-08-21
メーカー:博報堂DYミュージック&ピクチャーズ

オフィシャル・サイト

コメント

ういらぶ。

2019年06月02日 14時17分23秒 | 邦画ロマンス
日本
100分
ロマンス/青春
劇場公開(2018/11/09)



監督:
佐藤祐市
『累 -かさね-』
原作:
星森ゆきも『ういらぶ。-初々しい恋のおはなし-』
主題歌:
King & Prince『High On Love!』
出演:
平野紫耀和泉凛
桜井日奈子春名優羽
玉城ティナ坂下暦
磯村勇斗藤蛍太
桜田ひより佐伯実花
伊藤健太郎佐伯和真



<ストーリー>
同じマンションに住む幼馴染み4人組。お互いに「好き」と言えない凛と優羽を、暦と蛍太は心配していた。そんな4人の前に和真と実花が現れ…。

脱・幼なじみ宣言!?

大好きすぎて「好き」って言えない。
こじらせまくりのラブ・デイズ!


―感想―

100分もの尺を見せられて、これといった感想が思い浮かばないのもどうかとは思うが、一つ声を大にして言いたい事がある。

桜井日奈子が滅茶苦茶可愛いぞーー。

流石岡山県が生んだ「奇跡」、終始彼女のキュートさに圧倒されてしまった。
正直他はもうどうでもいい、可愛い子が可愛い仕草をしている、それだけで十分借りた価値はある。
桜井日奈子ファンでまだ未見なら、今すぐゲオへ急げ!今日まで新作レンタル100円(税抜)でい!

玉城ティナはこのシーンのみ。

桜田ひよりはうるさい。

どういう付き合い方をするかはカップル自身の問題だから、とやかく書く必要もないが、傍から見たら変な2人。
けどまあ本人たちがそれで満足しているんだから良いんじゃね?
偽りの自分を無理矢理出して関係性を保とうとする考え方は俺からしたら疲れねえのかなあとは思うけど。
いや、やっぱ普通に付き合えよ(笑)。

評価:★★★
19/06/01DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へバナーポチお願いします
にほんブログ村
レンタル開始日:2019-05-09
メーカー:小学館

オフィシャル・サイト

コメント

トラックバック

I”s Vol.4~Vol.7(最終巻)

2019年05月31日 13時45分33秒 | 邦画ロマンス
2018年
日本
112分・105分・111分・111分
ロマンス/青春
TV



監督:
豊島圭介
『マジすか学園3』
安里麻里
『氷菓』

原作:
桂正和
主題歌:
竹澤汀『yesterdays』
エンディングテーマ:
Mrs. GREEN APPLE『Coffee』
出演:
岡山天音瀬戸一貴
白石聖葦月伊織
柴田杏花秋葉いつき
伊島空寺谷靖雅
春花ナミ
須藤叶希森崎祐加
冨田佳輔木田茂吉
牧野羽咲美代子
ふせえり一貴の母
宇梶剛士花園広巳










【Vol.4】
<ストーリー>
桂正和の人気同名漫画を実写化。6話と7話を収録。

―感想―


はあ(*´ω`*)伊織ちゃん相変わらず可愛い。
君を見る為だけに3ヶ月も待ってしまったよ。

今巻カメラマン有能!
俺達が求めているものを分かってるじゃねえか。


パンチラキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
見逃さねえぞ、こういうのは貴重だからな。
一瞬だろうがなんだろうがムフフなシーンは俺の視覚がフル活動ですわ(〃艸〃)ムフッ

遂に、キスしちゃったねえ。

けど、2人っきりで体育倉庫に閉じ込められて一貴が暴走しそうになった時は思い切り頬を叩かれてたからなあ。
あれか、伊織ちゃんからしたらムード作れよ!て事なのかな。
読めないねえ、心が。
女心はほんま読めない。

で、一貴も「なんなのよ!」て気持ちになるから、新しく現れた美女にハートをズッキューン。

泉ちゃん。
おっ、ちょっと原作に似てるかも。
そうそう、似てるで思い出したが、寺谷兄貴だよ、激似やんか。
弟といい兄といい、ここまで原作キャラに寄せてくる俳優を見付けてくるとはスタッフ恐るべし。

話戻って、その泉ちゃんだが、色々と大胆。
何せ初登場時から水着だし!

いい!

イイネ―――!

なんか急にサービス良くなったな、どうした製作陣。


濡れ髪っ子最高♪て喜んでいたら「Hしよ♡」ときたもんだ。
おうおうおう!望み通り、お前の体を無茶苦茶にしてやんよ!

てならんのが一貴。
こいつクッソ羨ましい状況に度々遭遇する癖に、変なプライドだけは持ってるんだから困る。
たまには野獣になれよ、女に恥かかせるんじゃないわよっ(何故か女言葉にw)。

【Vol.5】
<ストーリー>
桂正和の人気同名漫画を実写化。8話と9話を収録。

―感想―


このシーンの伊織ちゃん


このシーンの泉ちゃんが特に可愛かった。

パンツ(みたいなのが)見えた!!
見えたらいいなあと思った時に見えたらスゲー嬉しいもんがあるよねえ。
巻き戻して、一時停止しちゃうよねえ(え?俺だけ?んな訳なかろうて(笑))


泉ちゃん積極的やなあ、めっちゃ濃厚なキスするやん。
こんなんされたら心移りしそうなもんだが、なんか泉ちゃんて少し重いとこあるからねえ。

てな訳で一途に想い続けてきた伊織ちゃんと相思相愛となった一貴。

これから楽しいラブラブライフが送れると喜んでいたのも束の間、なんと伊織ちゃんが芸能プロダクションに所属してしまう。
当然ながら二人の恋愛がバレると事務所的にはマズい。
そこで現れるのが「同情するなら金をくれ!」の人ですよ。

童顔Σ(・□・;)
もう40位でしょ?安達祐実て。
老ける所か幼さまだ残ってるやん。
ここまで若さを保てるてのはある意味凄い。
安達祐実が抱けるならこっちから土下座してお願いするレベル。

さて、どうするのかね一貴は。
会える日数も激減するだろうし、近くには「先輩大好き!」て言ってくる子も居るし。
一貴の性格からして「我慢」出来ない方向に進みそうな予感。
てか、お前大学滑っているぞ、波乱万丈な人生送ってんなあその若さで(笑)。

【Vol.6】
<ストーリー>
桂正和の人気同名漫画を実写化。10話と11話を収録。

―感想―

卒業旅行で訪れたホテルにて同室となった一貴と伊織ちゃん。

ソフトだけど熱々のキス。
ラブラブですやん、て観ていたら突然押し掛けてきた泉ちゃんからの積極的なアプローチを断り切れず濃厚キス。

こういう男なんですよ一貴は。
相手女子なんだから力使って押しのける位に拒否れよ。
直ぐに流れに呑まれちゃうんだよなあこいつ。

友達が皆、大学へと進学してしまい、一人取り残された一貴。
自分の道を探る為に一人暮らしを決意。
引っ越し先のアパートの隣室には美女。

この娘の存在は一貴にとって毒だわあ。
又この娘が性格が良くてね。
天然気味な部分が一貴の中にある優しさを呼び出してしまう。
たった出会って1日で仲良くなるのも当然かと。

頬を叩かれた時は爆笑しちゃったけど。


仕事の忙しさから一貴と中々会えなくなり、噛み合わなくなったと嘆く伊織ちゃんは「もう私達、別れた方がいいかもね」と涙の告白。

あ、伊織ちゃん髪切りました。

「そんなのいやだ!」と一貴の懇願でここは一応丸く収まるも。

伊織ちゃんが舞台の稽古で行き詰っているて時にバカな遊びやってるし、2人の目には見えてないけど確実に距離が離れて行ってるやん。
挙句には「伊織の為にも別れて欲しい」とダイレクトに言われ

伊織ちゃんは伊織ちゃんで、相談に乗ってくれた舞台仲間の一人となんかいい関係に。


あ、髪の毛伸びました(はやっ!)

一貴はこの後、どうするのかてのが次巻で描かれます。
「別れ」を選ぶのか、それとも存在が遠くても「愛し」続けるのか。


今巻初登場の隣人美女、藍子ちゃん役の女優が可愛い。
言動一つ一つが原作に忠実。
これだけは胸を張って言える。
このドラマ、全女性キャラのチョイスが抜群に上手い。
原作漫画を読んでいる人ならこの人選の上手さには目を細めるんじゃないかなあ。
皆がちゃんと原作のイメージ通りの演技をやってのけているてのも好印象だ。

因みに俺なら彼女にしたいのは藍子。
セフレで泉。
伊織はどうにも手が届きそうになくて、俺だったら恋がそのまま自然消滅しそうな気がする。
しかし泉ちゃんはグイグイくるな(笑)。
若干鬱陶しいけど、あれだけ積極的に抱き付いてきたり「好き!好き!」言われたら心も揺らぐよ健全な男なら。
ということは、一貴の優柔不断さもあながち間違ってはいないのか・・・?
この辺の心理状況をリアルに描けるてのが桂正和先生のセンスなんだよなあ。
男心だけじゃなく女心まで理解して読者・視聴者から共感を得られるてのは凄い才能ですよ。

【Vol.7】
<ストーリー>
桂正和の人気同名漫画を実写化。12話と13話を収録。

―感想―


おい、でっかいTENGAがあるぞw
一貴、お前そこまで巨根だったのか。。。

とまあ冗談はさて置き、「俺の事、本当に好きなの?」て、「手、握っていい?」て聞いてきてるんだから好きに決まってんだろ、いい加減その締まりのない性格直せよな。
お得意の逆走君発動で、伊織との距離がどんどん離れていっていく中、本人以上に2人の仲を心配する友人たち。

見かけによらず熱い男だよ寺谷、エエ奴やなあ。
一貴は恵まれた友人に感謝せなあかんで。

そして伊織を狙う暴漢に立ち向かい一貴は死亡。

それを知った伊織は後を追うようにして天国へ。

「もうこれで誰にも邪魔されないね」

(´;ω;`)ブワッ

切ない、切なすぎるだろこんな結末。
誰だよこんなラスト考えた人間は!!

俺だあああ!(笑)

本編では↑の様な事にはなっていませんのでご安心を。
片想いから両想いへ。
そこから障害を乗り越えてラブラブハッピーエンド。
これ、誰も悲しまずに済んだてのがいいよね。
ま、それまで散々多くの女を泣かしまくってたんだけどな一貴の野郎は。

ある意味罪な男だが、他人以上に思い遣りのある性格が得をしている。
だから結果的に一貴含め周りの仲間が全員笑顔になれた事が平和的。
漫画読んだ時と同じで心が温かくなるエンディングでした。

桂正和先生、又こういう物語を描いてくれないかなあ。
読んでてページを捲る度にドキドキするような漫画だったし、ストーリー的にも完成度はかなり高かったから個人的には「電影少女」よりも好きだったんだよねえ。
今回のドラマ版も漫画に忠実で雰囲気をしっかりと作っていたから主要キャラクター皆に感情移入出来る点が凄く良かった。
後、前にも書いたけど、女優陣が全員可愛かった。

藍子可愛いよ藍子(ここに来て伊織推しから藍子推しに変える俺、最低?(笑))

このドラマを機に名前と顔を知った白石聖さん、加藤小夏さん。
改めて違う映画で出会える事を願っています。

評価:★★★★
19/05/13・14・24・30DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へバナーポチお願いします
にほんブログ村
レンタル開始日:2019-05-10
メーカー:カルチュア・パブリッシャーズ

オフィシャル・サイト

関連作:
『I”s Vol.1~Vol.3』

コメント

トラックバック

春待つ僕ら

2019年04月18日 18時01分34秒 | 邦画ロマンス
2018年
日本
109分
青春/ロマンス/スポーツ
劇場公開(2018/12/14)



監督:
平川雄一朗
『僕だけがいない街』
原作:
あなしん『春待つ僕ら』
出演:
土屋太鳳春野美月
北村匠海浅倉永久
小関裕太神山亜哉
磯村勇斗若宮恭介
杉野遥亮多田竜二
稲葉友宮本瑠衣
泉里香柏木ナナセ
佐生雪山田レイナ
緒川たまき神山ユーコ



<ストーリー>
ぼっちの高校生・美月は、永久たちバスケ部のイケメン4人組と友だちになる。永久のことが気になり始めた矢先、美月は高校バスケ界期待の選手に成長した幼馴染み・亜哉と再会し…。

大事なものなんて、
見つからないと思ってた。


―感想―

いやいやいや、頭ポンポンし過ぎだろ。
何回太鳳ちゃんの頭触っとんねん北村匠海。

俺と代われ!

いやいやいや、ギャグ映画じゃねえんだからさあ。

幾ら何でもゴロゴロと転がり落ち過ぎだろ。

これは俺と代わらんでもいいや。

永久を選ぶか、亜哉を選ぶか。
キスの差やね。
唇を奪った永久。

方やほっぺにチューで終わった亜哉。
そりゃあバージンな乙女なら前者に心が強く惹かれるでしょうよ。
あれだけ「亜哉ちゃん!亜哉ちゃん!」言うてたのにね(笑)。
幼馴染としての面目丸つぶれ。
嘘ついてたのが仇となったのかな。

てか、亜哉が男だって初めて知った時の美月のリアクションよ。
普通「えええええ!?」てなるやん?
再会するまでの長年の間、ずっと女だと思ってたのよ?
それなのに美月のあれなんだよw
「へえ」みたいな、リアクション低っw
少し位は戸惑いの表情とかを見せろよ、亜哉も「え?驚かないの?」て困るだろうが。
いや別に亜哉は大したリアクションしてくれなくても困ってはなかったな、普通に会話が進んでた・・・どないやねんお前ら(笑)。

後、友人全然居ないのに、何故か突然モテモテになる美月。
非現実的過ぎて意味分かんなーい。

ところで全然関係ないこと書くけど、美月て名前聞いてふと思い出したのだが
「ミツキにやみつき!」てCMあるじゃない?
あれ、こっちではサンテレビでしか見た事がないんだけど、関西にしかない店なのかえ?

今作の土屋太鳳図鑑

ふくよかに実ってます太鳳パイパイ。

制服姿がまた可愛い。
これはね制服フェチにとっては罪ですよ(ニヤァ)

評価:★★★
19/04/17DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へバナーポチお願いします
にほんブログ村
レンタル開始日:2019-04-10
メーカー:ワーナー・ブラザース ホームエンターテイメント

オフィシャル・サイト

コメント

トラックバック

3D彼女 リアルガール

2019年02月18日 13時46分33秒 | 邦画ロマンス
2018年
日本
115分
ロマンス/コメディ
劇場公開(2018/09/14)



監督:
英勉
『未成年だけどコドモじゃない』
原作:
那波マオ『3D彼女 リアルガール』
脚本:
英勉
主題歌:
西野カナ『Bedtime Story』
出演:
中条あやみ五十嵐色葉
佐野勇斗筒井光
清水尋也高梨ミツヤ
恒松祐里石野ありさ
上白石萌歌綾戸純恵
ゆうたろう伊東悠人
荒木飛羽筒井薫
三浦貴大間淵慎吾
濱田マリ筒井紀江
竹内力筒井充
声の出演:
神田沙也加えぞみち



<ストーリー>
完璧なルックスを持ちながら、男癖が悪いという噂もあるリア充女子と、コミュ障で恋愛経験ゼロの非リア充男子のあり得ない純愛の行方を描く。

美女とオタク 違う世界のふたりが恋に落ちた!?

恋して世界は輝きだす


―感想―

英勉監督てキャスティングはそこそこ良いのに何故か微妙な内容にしちゃう所があるよねえ。
これも良くも無く悪くも無くな作品。
そしてストーリーがベタ過ぎるのである。
半年間だけの交際という一種の「秘密」系を抱えたヒロインを、ヲタク舐めんな!と言わんばかりに冴えない男子が頑張るだけの話。
この男子の相棒が何故か常に頭に猫耳付けているという意味不明でキモい設定は原作そのままの流れだとは思うのだが、流石に結婚式場にまでそのスタイルで来るのは観ているこっちが恥ずかしくなる。
漫画では通用するかもしれないが、実写では単なる変人にしか見えないんですけど。

男子同士で壁ドンやら顎クイやらをするのは少女漫画ならではの少しBL好きな人をターゲットにした描写なんだろうなあ。

不覚にも俺もちょっと笑ってしまったがw

記憶喪失からのある小道具を目にした事で過去を思い出すてのもベタやわ。
こうもっと男目線でもポワッとする展開に変更出来なかったのか。
原作そのままだと言われたら逆に返す言葉も見付からないが、どちらにせよ在り来たり過ぎて面白くないし、ちっとも心揺さぶられないラストだったなあ。

一つ強く言えるのは、担当医がゲス野郎。
別れるまでは偽善者ぶって、再会したら突き放すとか、こいつマジで恋を馬鹿にし過ぎ、ぶん殴るぞこら!

あーあと、アニメキャラが頻繁に会話に割り込んでくるけどあれもしつこい。

今作の中条あやみ図鑑

俺の好物、濡れ髪女子なのだが、もっと色気出させて撮れや!
折角の優れた素材が死んでいるやんけ。
監督の演出下手さがここにも現れている。
濡れ髪女子て普通絶妙なドキドキ感を味わうものだが、この濡れ髪あやみちゃんにはエロが足りない。

あやみちゃんに俺も壁ドンされて罵られて欲しいンゴねえ。

可愛いのは正義。

評価:★★★
19/02/17DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へバナーポチお願いします
にほんブログ村
レンタル開始日:2019-02-13
メーカー:バップ

オフィシャル・サイト

コメント

トラックバック

I”s Vol.1~Vol.3

2019年02月09日 13時38分27秒 | 邦画ロマンス
2018年
日本
107分・109分・52分
ロマンス/青春
TV



監督:
豊島圭介
『マジすか学園3』
安里麻里
『氷菓』

原作:
桂正和
主題歌:
竹澤汀『yesterdays』
エンディングテーマ:
Mrs. GREEN APPLE『Coffee』
出演:
岡山天音瀬戸一貴
白石聖葦月伊織
柴田杏花秋葉いつき
伊島空寺谷靖雅
春花ナミ
須藤叶希森崎祐加
冨田佳輔木田茂吉
牧野羽咲美代子
ふせえり一貴の母
宇梶剛士花園広巳







【Vol.1】
<ストーリー>
桂正和の人気同名漫画を実写化。1話と2話を収録。

―感想―

宣伝素材がネット上で紹介された時は「コレジャナイ感」ありありだったのだが、いざ観てみると慣れて不思議なものでどんどん葦月伊織演じる白石聖ちゃんが可愛く見えてきた、いや好きになっている自分が居た。


この子の事詳しくは知らないんだけど、透明感のあるピュアな演技をするなあて、目が離せなくなっちゃったんだよなあ。

だがしかし、こいつだけには言える。

寺谷似過ぎワロタww
漫画の中からそのまま引っ張り出してきたかのような役者君。
よく見付けられたな、ここまで原作キャラと似た役者を。

話は戻って正直その「慣れ」が来るまでは子役の女の子が一番可愛いやんけ!て思った程だったのに。

小学生の時に一貴を「気持ち悪いからもうやめて!」と振った子。
この時期の一貴て割とショタコンウケしそうな顔しているのに、何故成長したらこんなにブサ面になっちまったんだ。

桂正和ならパンツだろ、パンツを見せろや!!
そんな野郎共のエロい要求を浴びて当然なんだろうけど、地上波のTVで放送されたものにそんな事を望むのはお門違いだったのかもしれない。
けど、ある程度ギリギリの路線で欲求は少なからず満たしてはくれる。


見えそうで見えない、この絶妙なカメラアングルが逆にハートと股間をムラムラにさせてくれるのだ。
ニーハイにセーラー服という桂正和ならではの衣装も抜群なエロさを引き出していて良い。

物語そのものは原作漫画を忠実に再現している。
だから、あの「盗撮着替え」シーンもあるのです!!

伊織ちゃんがスカートを履いたままパンティを脱いで水着を穿くという一連の流れは絶対に興奮するはずだ。
数少ないスケベシーンにも関わらず頑張って演技してくれた白石聖ちゃんには感謝の言葉しかない。

しかし余りにもリアルに(エロ要素以外は)実写化させているので、なんかギャグドラマみたいに見えてきた(笑)。
勿論悪い意味ではなく。
決して笑うシーンではないのに、そこまで再現させるのかwという所が変ににやけてしまいドキドキとワクワクが止まらない。
これも原作漫画を読んでいるからこそのそこから生まれた面白さなのかも。
観る前はキャスティングに一抹の不安を覚えたのだが、今は全くそういう気持ちはない。
寧ろこの初々しい若手の俳優が揃ったキャスティングに俺はどっぷりとハマってしまったいるのが現状だ。

次回予告「誕生日プレゼント・・・私じゃダメ?」

続きが早く観たいんじゃ!!(一貴の妄想だと分かっているけどw)

【Vol.2】
<ストーリー>
桂正和の人気同名漫画を実写化。3話と4話を収録。
―感想―


「神様の前で嘘ついちゃダメよ~うふ」
はい!恋の度数爆上げしちゃいました!


アカンわ俺もう伊織ちゃんというか白石聖ちゃんにゾッコンですよ。
どんどん好きになるて書いたけど、今じゃバリバリに好きです。

漫画の伊織ちゃんそのまんまだもん、こんなん絶対に惚れるって。
そういう意味では凄く上手い役作りだなて、この子、侮れん!

さて今巻でのセクシーショットシーンですが、保健室のシーンと修学旅行先の旅館のシーンで観れます。


TV放映範囲内ではこれが限界か。
それでも観様によっちゃ十分エロく感じるけどね。

バンッ!と見せられるのも好きだけど、こういったギリギリショットも堪らんね、ドキッとする。

さて、伊織の恋敵となる幼馴染のいつきちゃん。
一貴の事が本当に好きなんだなあてのは分かるのだが、彼の心を弄び過ぎだし、振り回しすぎなんだよ。

ここまでしといて、不意に何処かに行ってしまう。
すっげえ身勝手。
漫画を読んでいる人なら共感できると思うが、一貴を自分のものにしたいのか、それとも伊織ちゃんに譲りたいのか、行動がイマイチ理解出来ない。
本気で好きなら曖昧な言葉を投げ掛けるんじゃなくて、ズバッと言っちゃえばいいのに、何故有耶無耶にして急に姿を消してしまうのか、一貴じゃないけど「なんなんだよ!!」てなるわな。
いつきちゃんも可愛いけど、少し彼女の性格には難があるよねえ。
一貴も一貴で心があっちにフラフラこっちにフラフラしちゃっているし、この辺の描き方が如何にも桂正和漫画そのもので、苛々しつつも先の結末を気にさせる話の作りが憎い。

【Vol.3】
<ストーリー>
桂正和の人気同名漫画を実写化。5話を収録。
―感想―

いつきて観察力が鋭いのかもな。
本気で好きだからこそ相手の心が今何処にあるのかきっちりと見破れるのだろう。
だから心ここにあらずの一貴の優柔不断さに苛立ちを募らせてああいった冷たい態度を取り続けた、とも言える。
顔は笑っていても感情は泣いていたいつきが渡米の決断を打ち明けるシーンも、一貴に対して自分の意思をしっかりと持ちなよ、そういういつきなりの優しさから生まれた決別なのかもね。


堪らんなこのシチュエーション。

伊織ちゃんの絶対領域(*´Д`)ハアハア

なにちんたらやっとんねん、さっさと襲わんかいっ!て思うけど、そうなのよね原作読んでいるから知っている越苗が実は武道の達人だってのを。

原作を読んだ時にも感じた事だが、か弱そうな男子が急に強くなる驚き?にワクワクさが止まらない。
ここで一気に越苗に対しての見方が180度変わっちゃうんだよなあ、正義感が強い頼れる男子てのは同性からしてもカッコイイのよ。

俺この巻で終わりなのかと思いながら観てた。
どういう形でドラマを〆るんだろうて、けどたった5話てのは中途半端な回数だなあとも思ってたんだが、ちゃうやん。
まだ続きがあるやん。

だろうね、あれあれなんかも描かれていないし、おかしいな、視聴率乏しくて打ち切りになったのかなて勘違いしてた。
で、後半は何時レンタル?て調べたら、なんとまあまだ放映すらしていなかったという(笑)。
3月に後半が放映開始されるみたいだから、レンタルは早くて5月?
おいおい、早く観てえよ、そんなに待てねえよ、と俺の本音がそう叫んでおりますぞ。

キャー(≧∇≦)
一貴、遂に念願の伊織ちゃんと初キッス!?
どうなるのか知っていてもこんな予告編先に見せられちゃったら、観たい観たい病が加速しちゃう!!

評価:★★★★
19/02/02・03・08DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へバナーポチお願いします
にほんブログ村
レンタル開始日:2019-02-01
メーカー:カルチュア・パブリッシャーズ

オフィシャル・サイト

関連作:
『I”s Vol.4~Vol.7』

コメント

トラックバック