銀幕大帝α

切り株推奨映画感想ブログにつきグロ画像注意。
御蔭様で10周年。3300作品レヴュー突破。御訪問有難う御座います♪

2010年ベスト10&ワースト10&more...

2010年12月31日 03時23分12秒 | ベスト・オブ・銀幕大帝α
2010年銀幕大帝αベスト10
1位『第9地区』

2位:『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』
3位:『エスター』
4位:『コネクテッド』
5位:『サマーウォーズ』
6位:『トイ・ストーリー3』
7位:『20世紀少年<最終章> ぼくらの旗』
8位:『冷たい雨に撃て、約束の銃弾を』
9位:『インセプション』
10位:『ヒックとドラゴン』

2010年銀幕大帝αワースト10
1位『マーシャル博士の恐竜ランド』

2位:『バウンティー・ハンター』
3位:『ファイナル・デス・ゲーム』
4位:『山形スクリーム』
5位:『かいじゅうたちのいるところ』
6位:『恐怖』
7位:『バタフライ・エフェクト3/最後の選択』
8位:『アーサーと魔王マルタザールの逆襲』
9位:『サムライ・アベンジャー/復讐剣 盲狼』
10位:『TEKKEN 鉄拳』

2010年銀幕大帝αオススメ邦画ベスト1
1位『愛のむきだし』


2010年銀幕大帝αオススメ恐怖映画ベスト1
1位『ザ・コールデスト』


2010年銀幕大帝αオススメ屍映画ベスト1
1位『REC/レック2』


2010年銀幕大帝αオススメ韓国映画ベスト1
1位『息もできない』


2010年銀幕大帝αオススメ未公開作ベスト1
1位『ケース39』


2010年銀幕大帝αオススメ旧作ベスト1
1位『グラン・トリノ』


2010年度総鑑賞数267本の中から厳選しました。
~管理人:ヒロ之~
にほんブログ村 映画ブログへ
コメント (24)   トラックバック (67)

2010年下半期レンタル作品ベスト10

2010年12月31日 01時58分17秒 | ベスト・オブ・銀幕大帝α
1位『ONE PIECE ワンピース THE MOVIE オマツリ男爵と秘密の島』ちょびひげ!
2位:『第9地区』飛び立った仲間を信じて
3位:『ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習』ナイスデスネ~
4位:『息もできない』暴力の中での安らぎ
5位:『トイ・ストーリー3』掛け替えのない友達
6位:『冷たい雨に撃て、約束の銃弾を』男たちの熱き絆
7位:『インセプション』夢の夢の夢の中へ
8位:『ヒックとドラゴン』勇気の果てに
9位:『ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い』赤ちゃんマイク・タイソン
10位:『ONE PIECE FILM ワンピースフィルム STRONG WORLD』仲間とは

2010年下半期鑑賞リスト
あ行
アイアンマン2
アウトランダー
アウトレイジ
悪魔の毒々ボウリング
アドベンチャーランドへようこそ
アリス・イン・ワンダーランド
アンボーン
アーサーと魔王マルタザールの逆襲
アーマード 武装地帯
息もできない
一騎当千 XTREME XECUTOR
愛しのべス・クーパー
インセプション
ウルフマン
運命のボタン
エアベンダー
エグザム
エディ・マーフィの 劇的1週間
エルム街の悪夢
エンバー 失われた光の物語
お願い!プレイメイト
オールド・ドッグ
か行
かいじゅうたちのいるところ
学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD
恐怖
キラー・ビー ~殺人蜂大襲来~
クライヴ・バーカー 血の本
グリーン・ゾーン
クレヨンしんちゃん 超時空!嵐を呼ぶオラの花嫁
劇場版TRICK 霊能力者バトルロイヤル
ケース39
ゴスロリ処刑人
コップ・アウト 刑事(デカ)した奴ら
このまま死ねるか!
ゴールデンスランバー
さ行
最終爆笑計画
ザ・ウォーカー
ザ・セルラー
殺人犯
座頭市 THE LAST
サバイバル・オブ・ザ・デッド
サブウェイ -デジタル・レストア・バージョン-
サベイランス
ザ・ホード -死霊の大群-
サムライ・アベンジャー/復讐剣 盲狼
ザ・リグ ~深海からの覚醒~
ザ・ロード
ジェニファーズ・ボディ
シェルター
屍病汚染 DEAD RISING
ジャッキー・チェン カンフー・キッド
シャッター アイランド
シャドー
処刑山 -デッド・スノウ-
処刑人II
ジョナ・ヘックス
シロメ
心霊写真部 壱限目
心霊写真部 弐限目
シークレット
スカイ・クラッシュ
スピーシーズXXXX 寄生獣の囁き
スーパーバッド 童貞ウォーズ
ゼブラミニスカポリスの逆襲
ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲
センチュリオン
戦闘少女 血の鉄仮面伝説
続・激突!/カージャック
ソルト
ゾンビ・クラッシャーズ 最凶ヴァンパイア部隊
ゾンビ2030
た行
タイタンの戦い
第9地区
ダスク・オブ・ザ・デッド
ダブル・ミッション
ダレン・シャン 若きバンパイアと奇怪なサーカス
ダーティ・メリー/クレイジー・ラリー
沈黙の鉄拳
冷たい雨に撃て、約束の銃弾を
ディフェンドー 闇の仕事人
鉄男 THE BULLET MAN
トイ・ストーリー3
隣の家の少女
ドニー・ダーコ2
ドン・キホーテ
な行
ニンジャ・アサシン
は行
バイオハザード IV アフターライフ
ハイヤード・ガン
バウンティー・ハンター
バチアタリ暴力人間
初体験:ハイスクール・チェリーパイ
バトル・オブ・ザ・リビングデッド
花と蛇3
バニシング・ポイント
バニシングIN TURBO
バニシングIN60”
パラノーマル・フェノミナン
パリより愛をこめて
ハリー・ポッターと謎のプリンス
ハロウィン II
ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い
バンコック・アドレナリン!!!
パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々
ハート・ロッカー
パーフェクト・ゲッタウェイ
ヒックとドラゴン
ヒッチハイク
ひとりかくれんぼ 新劇場版
ファイヤーボール
ファッション・ヘル
フェーズ6
踏み切り
ブラッディ・ミッション
プリンス・オブ・ペルシャ/時間の砂
ブルーノ
ブレイブ・ファイターズ
プレデターズ
べルベット・アサシン
ベルリン・オブ・ザ・デッド
ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習
ま行
曲がれ!スプーン
マッハ!エンジェル くノ一Mission
マッハ!弐
マン・ハンティング/人間狩り
ミラーズ2
や行
ら行
ライアー・キルゲーム
ラスト・ハウス・オン・ザ・レフト -鮮血の美学-
ラブリーボーン
ラン・オブ・ザ・デッド
リアル鬼ごっこ2
ルーザーズ
レギオン
レポゼッション・メン
ロボゲイシャ
わ行
ワイルド・ガール
ワイルドシングス4
ワナオトコ
英字行
Mr.ゴールデン・ボール/史上最低の盗作ウォーズ
ONE PIECE ワンピース
ONE PIECE ワンピース エピソード オブ アラバスタ 砂漠の王女と海賊たち
ONE PIECE ワンピース 珍獣島のチョッパー王国
ONE PIECE ワンピース ねじまき島の冒険
ONE PIECE ワンピース 呪われた聖剣
ONE PIECE ワンピース THE MOVIE オマツリ男爵と秘密の島
ONE PIECE ワンピース THE MOVIE カラクリ城のメカ巨兵
ONE PIECE ワンピース THE MOVIE デッドエンドの冒険
ONE PIECE FILM ワンピースフィルム STRONG WORLD
TEKKEN 鉄拳
数字行
4匹の蠅
9<ナイン> ~9番目の奇妙な人形~
30デイズ・ナイト
72時間

全152作品鑑賞

にほんブログ村 映画ブログへ

マッハ!エンジェル くノ一Mission

2010年12月30日 20時09分27秒 | 亜細亜アクション
THE VANQUISHER/09年/タイ/92分/アクション/劇場未公開
監督:マノップ・ウドムデート
出演:キャサリン・エークタワットクン、ソーピター・シーバーンチューン

<ストーリー>
味方に裏切られたCIAの女性コマンド・グンジャは、彼女を裏切ったスペシャルユニットの女司令官・クレアに復讐を決意するが…。
<感想>
いや~、すまん、すまん。
めっちゃ適当に観たせいか、あらすじ全く理解出来ませんでした^^;

誰が仲間で、誰が敵なのか。
敵は何をしようとして、主人公は何を食い止めようとしているのか。

ごめんね、さっぱり分からんです。
でも、観終わった後は、そんなのどうでもいいや、って思えるんだから、あらすじなんてホントどうでも良かったのかもしれませんね。

タイ映画なのに、あらゆる人種が出てきます。
米人、黒人、日本人。

タイ映画なのに、チャンバラアクションが主体です。
「お前は侍らしく戦え!」
いやいや、いきなりそんな事言われても・・・。

タイ映画なのに、忍者映画みたいです。
みたいじゃなくてそうでした。
忍者が日本刀振り回して襲い掛かり、善人が銃で撃ち殺す。
どれだけ卑怯者やねん。

後半?ラスト間近?でようやく本来のタイ風アクションが見れますが、しょぼいCG処理とワイヤーアクションに興奮すら起きません。

そこそこ観れる作品ではあるけれど、無理して借りる必要性は無し。
只、宮里藍顔が好みの男性はスルーしてはならないでしょう(笑)。

同じタイトルで06年に製作された同じくタイ映画である『マッハ!エンジェル』という作品がありますが、関連性は無いものの、そちらの方が断然面白い事は確かです。

評価:★☆
10/12/30DVD鑑賞(新作)
マッハ!エンジェル くノ一Mission 竹書房
にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
レンタル開始日:2010-12-03
トラックバック (1)

このまま死ねるか!

2010年12月30日 20時09分22秒 | 韓国コメディ
SHORT TIME/05年/韓国/106分/コメディ/劇場未公開
監督:イ・ヨンウン
出演:イ・ボムス、ビョン・ジュヨン、チェ・ソングク、ソン・ヒョンジュ

<ストーリー>
脳腫瘍により余命4ヵ月と診断された不良刑事、イ・デロ。彼はひとり娘のために保険金を残そうと考え、殉職に見せかけて自殺を企てる。しかし偶然犯人を捕まえ、英雄刑事となってしまい…。
<感想>
レヴューはこちらを参照して下さい。

評価:★★★
10/12/30DVD鑑賞(新作)
このまま死ねるか! イ・ボムス KRコンテンツグループ
にほんブログ村 映画ブログ 韓国映画へ
にほんブログ村
レンタル開始日:2010-12-03

ジョナ・ヘックス

2010年12月30日 00時13分39秒 | 洋画アクション
JONAH HEX/10年/米/81分/西部劇アクション/劇場未公開
監督:ジミー・ヘイワード
出演:ジョシュ・ブローリン、ジョン・マルコヴィッチ、ミーガン・フォックス

<ストーリー>
凄腕の賞金稼ぎ、ジョナ・ヘックス。ある日彼は軍隊に捕らえられ、自由の身と引き換えにテロリストのターンブルを殺すよう話を持ち掛けられる。
<感想>
DCコミックが原作なので、ありえねぇ設定が見物。

何てたって棺桶に片足突っ込んだジョナ・ヘックスは、死人に触れると会話が出来ちゃう。
でもって、触れ過ぎると灰にしちゃったり。

あんた死神かよ!

瀕死になった時には、儀式を受け、やがて口からカラスがグワ~と出てきて蘇生する所なんか、流石DCって感じで、ムチャぶりが逆に面白い。

馬に仕込んだガトリング銃が火を噴いたり、多人数を吹き飛ばす改造銃をぶっ放したりと、西部劇アクションとしてもきちんと見所はあります。

特に後半での悪党ターンブルが砲弾を町に大量に撃ち込んで起爆弾で破壊するシーンは眉唾もの。

列車爆破シーンにしろ結構金かけてます。

ナイフでいちゃもんつけようとした男を、有無を言わさず銃弾一発で始末するユーモアなんてのもあったり。

それなりに楽しめる作品ではあるんだけれど、難点は夜のシーンが多い事。
折角のアクションを暗さによって分かり辛くしている。
部屋を真っ暗にして観るのがお薦めかもしれません。

娼婦を演じているのが我らがミーガン・フォックスたん。
役が役だけに素晴らしいエロさを見せつけてくれちゃって

有難うございます!!

ミーガンたんなら喜んで御馳走したいですな。
(物凄い金額を要求されそうだけど)

オフィシャル・サイト(英語)

評価:★★☆
10/12/29DVD鑑賞(新作)
ジョナ・ヘックス ジョシュ・ブローリン ジョン・マルコヴィッチ ワーナー・ホーム・ビデオ
にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
レンタル開始日:2010-12-22

トラックバック (1)

花と蛇3

2010年12月29日 21時59分42秒 | 邦画ドラマ
10年/日本/107分/エロティック・ドラマ/R18+/劇場公開
監督:成田裕介
出演:小向美奈子、本宮泰風、小松崎真理、工藤俊作、斎藤歩、水谷ケイ、火野正平

<ストーリー>
イタリア帰りの新進チェリストで美貌の持ち主・静子は関西財閥の会長・海東義一郎と結婚。公私共に幸せな生活を送っていたが、遠山グループ総裁・遠山隆義の魔の手が忍び寄る。
<感想>
俗に言うピンク映画やね。

AVはしょっちゅう(オイオイ^^;)観るけれど、ピンク映画とは距離を置いていたので、今作が初めて。
前2作の彩姐さんは女優としては綺麗なので好きだけれど、特別作品を観たいと思わなかったのだが、この第3作目は静子役を小向美奈子が演じているとあって凄く観たかったんだな。

ぶっちゃけて言うと、マシュマロおっぱいが観たかったですよ、悪いか!

や、でも、きちんとドラマとしても成り立っているんだね。
内気な女性を調教によって欲望を解放し、本来、男が最も望む美しい女へと生まれ変わらす過程を、SMを通して実に妖艶に映し出している。

その内気な女性を小向美奈子が見事なまでに熱演。
色んな調教を得て、最後には別人までの明るさといやらしさを兼ね揃えた人妻へと変貌していくばかりか、表情までもが眩い程の輝きを放っているんだから、いやはや伊達に体張ってこの作品に挑んではいないですよ。
観るまでは彼女の演技力には然程期待していなかったけれど、正直たまげましたわ。

眉をひそめて恥じらいを見せる表情が前半こそ多いが、中盤辺りからは快楽に溺れる様々な表情を次々と見せてくれるんだけれど、この使い分けの演技が本当に素晴らしい。

映画が終わる頃には1人の女性の欲望の解放というものを、小向美奈子の演技を通してしっかりと目と心に焼き付けさせられて、官能の中の感動に浸っている自分がいましたよ。

縄縛りでぶら下がる小向美奈子の快楽の声をバックに流れるエンディングが、これまた惚れ惚れする程の美しさを放っているんだよね。

オフィシャル・サイト

評価:★★☆
10/12/29DVD鑑賞(新作)
花と蛇3 団鬼六 火野正平 東映ビデオ
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
レンタル開始日:2010-12-03
コメント (2)   トラックバック (1)

コップ・アウト 刑事(デカ)した奴ら

2010年12月29日 21時28分42秒 | 洋画コメディ
COP OUT/10年/米/107分/アクション・コメディ/PG12/劇場公開
監督:ケヴィン・スミス
出演:ブルース・ウィリス、トレイシー・モーガン、アダム・ブロディ、ケヴィン・ポラック

<ストーリー>
それぞれに悩みを抱えたオキテ破りの刑事コンビが、殺人も絡む大騒動に巻き込まれていく。
<感想>
ヲタク監督ケヴィン・スミスらしい、アクションもあるけれど、全体的に賑やかなコメディになっています。

尋問シーンでの映画ネタは分かる人は分かる、って感じでしょうか。
ダイ・ハード』ネタでウィルスが「それは知らん!」ってのは噴き出しちゃいました。
更にガラスにあんな絵を描いて遊ぶウィルス。
いい歳のおっさんにそんな事をさせますか(笑)。

下ネタ満載ですけれど、セリフでの表現なんで何か変にいやらしさも無く可笑しかったです。

堅物刑事とお茶らけ刑事との凸凹コンビですけれど、しっかり息も合っているし、やる時はやるんですよね。
ウィルスがモーガンの口車に必然的に乗せられていくのにも笑いを誘われます。

一番笑ったのは、レアの野球カードに穴が開いて、モーガンが必死に動揺しながら謝る場面でしょうか。
それでも許す所が、長年コンビを組んでいる証なのでしょうね。
憎めない2人ですよ、ほんと。

エンドロール中に、死んだはずの男が生き返る場面が挿入されているのですが、この謎は特典の未公開映像を観れば解決出来ます。
「どんな人間やねん!」って突っ込むかもしれませんけど^^

オフィシャル・サイト(日本語)
オフィシャル・サイト(英語)

評価:★★★
10/12/28DVD鑑賞(新作)
コップ・アウト 刑事(デカ)した奴ら ブルース・ウィリス アダム・ブロディ ワーナー・ホーム・ビデオ
にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
レンタル開始日:2010-12-22
コメント (2)   トラックバック (9)

シークレット

2010年12月29日 21時26分21秒 | 韓国サスペンス
SECRET/09年/韓国/110分/サスペンス・ミステリー/PG12/劇場公開
監督:ユン・ジェグ
出演:チャ・スンウォン、ソン・ユナ、リュ・スンリョン、パク・ウォンサン

<ストーリー>
悪名高い組織のナンバー2が惨殺される。殺人現場に到着した刑事のキム・ソンヨルは、現場に残されていた証拠の数々に自らの妻の痕跡を見付け…。
<感想>
レヴューはこちらを参照して下さい。

オフィシャル・サイト(日本語)

評価:★★★
10/12/27DVD鑑賞(新作)
シークレット ソン・ユナ アミューズソフトエンタテインメント
にほんブログ村 映画ブログ 韓国映画へ
にほんブログ村
レンタル開始日:2010-12-22

恐怖

2010年12月27日 00時18分37秒 | 邦画ホラー
09年/日本/94分/ホラー/劇場公開
監督:高橋洋
出演:藤井美菜、中村ゆり、片平なぎさ、日下部そう、斉藤陽一郎

<ストーリー>
死への誘惑に取り憑かれた姉を探す妹は、禁断の脳実験を繰り返す母親に再会する。
<感想>
解釈するのが難しい作品やね。

死の世界をイメージしたものなんやろか。
正直理解に苦しむ内容ではある。

一体何に対して“恐怖”と題しているのかが分からない。
向こうの世界を見る事に対しての“恐怖”なのか、自殺した後行く所は何もないと知らされた上で死を覚悟する事に対しての“恐怖”なのか、そこの所を明確に示されていないので意味が良く分からないし、物語としてもホラーでありながら“恐怖”というものを感じず、うむむ・・・と首を傾げてしまう。

強いて言えば、無表情で淡々と喋り、麻酔も打たず自ら実験体となって頭蓋にドリルを開けられて絶叫する片平なぎさが“恐怖”かも(笑)。

光の正体、処女の妊婦から生みだされた襲い来る“何か”、冒頭とラストの繋がり。

幾ら考えても何を描き伝えたかったのか訳が分かりません。。。

オフィシャル・サイト

評価:★☆
10/12/25DVD鑑賞(新作)
恐怖 高橋洋 一瀬隆重 中村ゆり 吉野公佳 ジェネオン・ユニバーサル・エンターテイメント
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ
にほんブログ村
レンタル開始日:2010-12-22
コメント (4)   トラックバック (5)

センチュリオン

2010年12月25日 00時47分04秒 | 洋画アクション
CENTURION/10年/英/97分/歴史劇アクション・サスペンス/劇場未公開
監督:ニール・マーシャル
出演:マイケル・ファスベンダー、ドミニク・ウェスト、オルガ・キュリレンコ

<ストーリー>
紀元前117年、ピクト人が支配するブリテン北部の制圧に失敗したローマ兵士たちの逃走を描く。
<感想>
やや!これはかなりの拾い物ですぞ。

七人の侍じゃないけれど
七人の兵士

的ノリですわ。

歴史劇なんで無駄なシーンがありそうに思えたんだけれど、意外と単純な話になっておりました。

戦う、逃げる、戦う、隠れる、迎え撃つ

みたいな馬鹿でも分かる展開だから気楽に観れる点が良い。

七人の兵士は皆おっさん面で魅力を感じないけれど、追いかけてくるピクト女兵士や寝床を提供してくれる女性が美人なのが有難や。

とりわけ舌をちょん切られて喋れない狂戦士エテインがキャラとしてナイス。
誰かと思ったらオルガ・キュリレンコたんだった。
メイク、髪型、衣装の変化だけでこうもグッとくる女性になるもんなんだねぇ。

アクションも中々の見応えがあり、首は飛び、脳天に斧は突き刺さり、手足は斬られる等切り株描写大放出で私はウキウキ♪
何せ監督が『ドッグ・ソルジャー』『ディセント』で「血飛沫大好き!」を証明してくれたニール・マーシャル
歴史劇でもお堅くせず、豪快にブシャ~とやっちゃってくれているから気持ち良い。

流石切り株職人、大いに期待に応えてくれて嬉しい限り。
分かる人だ。

オフィシャル・サイト(英語)

評価:★★★
10/12/24DVD鑑賞(新作)
センチュリオン カルチュア・パブリッシャーズ
にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
レンタル開始日:2010-12-22
コメント (4)   トラックバック (2)