銀幕大帝α

切り株推奨映画感想ブログにつきグロ画像注意。
御蔭様で12周年。3700作品レヴュー突破。御訪問有難う御座います♪

カイジ 動物世界

2019年07月02日 18時20分15秒 | 亜細亜ドラマ
動物世界/ANIMAL WORLD
2018年
中国
130分
ドラマ/サスペンス/アドベンチャー
劇場公開(2019/01/18)



監督:
ハン・イエン
原作:
福本伸行
脚本:
ハン・イエン
出演:
リー・イーフォン
チョウ・ドンユイ
マイケル・ダグラス
ツァオ・ビンクン
ワン・ゴー
チー・ジア
チャン・ジュンイー




<ストーリー>
友人に騙され5300万円の借金を背負ったカイジは借金返済のため、ギャンブル船・デスティニーに乗り込み、命を賭けたゲームに挑む。

―感想―

人によっては本家の『カイジ』を超えるかもしれん。

中国版てどうなの?

それ私に聞きますか。
代わりにこの人に答えて貰いましょう。


あ、2回も言っちゃったww
何故か出演承諾してしまったマイケル・ダグラスさえも内容の面白さにご覧の通りよ(そういう意味で言ったんじゃねえだろw)。

本家と同じく頭脳戦なんだけど、なんとこの作品「限定ジャンケン」のみで2時間持たせているのよ。
ダレない?
うん、ダレ無い全く。
イカサマ師のムカつき具合、突然の仲間から裏切られる衝撃、そして絶体絶命からの脱出。
これらを程好く展開の要所要所に配置する事で適度の緊張感を味合わせ、最終的にはカイジのしてやったり顔が観れるといった楽しさへと繋がる所が心地良い。
中国版のカイジは「俺は頭がイカレている」と自負する男なので、頻繁に妄想モードに突入。
この妄想シーンは全てが派手。
兎に角、派手。

正義のピエロがクリーチャー相手に大暴れ、連れ去れる直前に脱走し怒涛の如くおっぱじめるハイウェイでのカーチェイス。
直接話には関係ないけれど、CG映像のクオリティが抜群に高いので本筋の「限定じゃんけん」の息抜きとしてワクワクしながら観るのも有りだろう。

正直130分もあるのでこりゃあ途中でダレるか寝落ちするかもなあと思っていたのだか、なんのなんの。
矢継ぎ早に見せ場が多いから気が付くと130分が終わっていた。
中国版のカイジ、カッコイイです。
何より性格が優し過ぎる点に好感を抱ける。
自分では「イカレている」と言いつつ、弱者に手を差し伸べる男気には自然と惚れちまうよなあ。
ただ、陥れたり裏切った者には容赦はしない。
特に初めに騙してきた赤服のイカサマ野郎を、ラストでは徹底的に精神面で叩きのめしてしまうのは痛快だ。
メガネのデブには肉体面で叩きのめしていたのも爽快。

全く期待していなかった作品だったし、吹き替えが収録されているてだけで例えつまらなくても130分我慢出来るかもしれない(無理ならながら見)、その程度の気持ちで鑑賞したけれど、いやあ実に見事な裏切り、堪能した。
そうだ、そのイケメンでもあるカイジには恋人が居るんよ。
この子も性格が素晴らしいのだが、顔が・・・。
しかも誰かに似ている。
最後の最後で「あ!」てなった。

波田陽区だわ(笑)。

どうやら続編もあるみたいよ。
面白かったからなあ、その続編も是非観たいね。
勿論、吹き替えはちゃんと収録してくれよな。
マイケル・ダグラスは続けて出演してくれるでしょう。
カイジにとってはキーパーソンではあるし、本人も出番多かったから打診されたら断る理由もなかろうて。

評価:★★★★
19/07/02DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へバナーポチお願いします
にほんブログ村
レンタル開始日:2019-06-04
メーカー:AMGエンタテインメント

情報
<未体験ゾーンの映画たち2019>


コメント

ミッドナイト・アフター

2016年10月04日 19時51分37秒 | 亜細亜ドラマ
那夜凌晨,我坐上了旺角開往大埔的紅VAN/THE MIDNIGHT AFTER
2014年
香港
121分
SF/ドラマ
R15+
劇場公開(2015/10/25)



監督:
フルーツ・チャン
『THE JOYUREI 女優霊』
脚本:
フルーツ・チャン
出演:
サイモン・ヤム
ウォン・ヤウナム
ジャニス・マン
クララ・ウェイ
チョイ・ティンヤウ
ラム・シュー




<ストーリー>
17人の男女が乗った香港の深夜バス。街の中心に向かうトンネルを抜けると、バスに乗っていた17人以外のすべての人間が世界から消失していた。非日常の中で次第に彼らは道徳観を失い…。

-感想-

は?
え?いやいやいや謎がなーんも解決していないって。
結局17人はどういう状況に陥ったのか説明も無しに終わってますが、これで良いのでしょうか。
鑑賞者馬鹿にしてません?
不条理映画で片付けるつもりなのか。
こんなん誰が観て納得出来るねん。

助けを求めて走り寄ってきた最初に下車した4人組を無視した理由も分からない。
その4人が一人ずつ骨化したり粉砕したりして死んでいく理由も分からない。
突然厨房で火達磨になって死んだ青年も経緯が分からない。
両腕が砕け散って死んだ旦那さんも急に何でそうなるのかも分からない。
ガスマスク集団の正体も分からない。
最後どうなったのかも分からない。

これ分かんないだらけなんですけど。

福島原発事故がどうたらこうたら言ってたけど、関係ねぇだろそれ。
只単に我が日本国を揶揄したかっただけじゃねぇのか。
さり気無くディスてやがる、大概にせいよコラ。

面白いどうこう以前の問題。
意味が不明な映画は鑑賞したという達成感が得られないからダメ。
監督の自己満足だけで完成させられた様な作品だった。

今作の美女図鑑

ユキ役の誰かさん(作品がこんなんだから調べる気にもなれん)。

泣き顔も可愛かった。

で、野郎が時たま彼女を見た時に現れるこの幻覚も何なの?
意味を教えてくれ、意味を!!

評価:★☆
16/10/04DVD鑑賞(準新作)
バナーポチお願いします
にほんブログ村
レンタル開始日:2016-05-12
メーカー:松竹

復讐の絆 Revenge: A Love Story

2012年12月01日 00時22分33秒 | 亜細亜ドラマ
復仇者之死 REVENGE: A LOVE STORY/10年/香港/91分/バイオレンス・ドラマ/R-15/劇場未公開
-監督-
ウォン・ジンポー
-脚本-
ウォン・ジンポー

-出演-
蒼井そら『援助交際撲滅運動 地獄変』
ジュノ・マック『ドリーム・ホーム』
<ストーリー>
刑事と身重の妻の連続惨殺事件が発生。仲間を殺された刑事たちは、容疑者・キットを逮捕する。だが、キットの恋人で妊婦のウィンは、自らの腹を引き裂き無実を訴える。

<感想>

殺人犯側を心から応援してしまうなんて滅多にないと思う。
もうそんな気持ちになるくらい、香港警察の刑事たちの非道っぷりが嫌になった。
ウィンが取調室で色んな刑事にレイプされるシーンは尋常でない程の怒りが込み上がって来る。
その一部始終を見届けてしまったキット。
証拠隠滅の為に無実の罪で投獄され、刑期を終え釈放されてからのキットの復讐には否応が無しに
「やっちまえ」
と拳を突き上げたくなるわたしの心情。
こんな鬼畜な刑事どもは葬ってしまって結構。
情けなんて必要なし!

作品としてはすっげぇ良いです。
固唾を呑んで見守ってしまった位、展開に釘付けになってしまいましたから。
ただ素直に「面白かった」とは言えない。
何せやり切れない気持ちが半端なかったから。

苛立ちを覚える中盤を経て、復讐は何も生み出さないと深く考えさせられるラストシーンに至るまで複雑な想いが常に重なり合い、観終わった後も心の整理が全く出来ないままであった。

知的障害の女子高生と饅頭売りの男による悲しみの中でなんとか幸せを掴み取ろうともがく切ない物語に貴方は何を感じるか。
強くは勧めないし、観ても良い気分にはなれない。
けど脳裏に焼きつくほどの描写の数々に圧倒される事は間違い無しの傑作!

今作の美女図鑑

ウィン役の蒼井そら。
AV作品の数々ではそりゃ色々とお世話になりましたが、あんあん言わずにマグロ状態で犯されるそらちゃんもまた魅力的だった。
1人の女優としても演技が素晴らしかったし、何よりも笑顔がやたらと可愛かった。
AV作品では一度も思った事ないのに、初めてこんなにも笑顔が素敵な子やったんやなぁと素直にハートを射止められちゃいましたよ。
今後も国際派女優として開花していって欲しいねぇ。

評価:★★★★
12/11/30DVD鑑賞(新作)

にほんブログ村
レンタル開始日:2012-09-05
メーカー:AMGエンタテインメント
コメント (2)

1911

2012年06月27日 23時17分33秒 | 亜細亜ドラマ
辛亥革命 1911/11年/中国/122分/歴史劇ドラマ/劇場公開(2011/11/05)
-総監督-
ジャッキー・チェン
-監督-
チャン・リー

-出演-
*ジャッキー・チェン…黄興
過去出演作:『ラスト・ソルジャー』
*リー・ビンビン…徐宗漢
過去出演作:『ドラゴン・キングダム』
*ウィンストン・チャオ…孫文
*ジョアン・チェン…隆裕皇太后
*ジェイシー・チェン…張振武
過去出演作:『インビジブル・ターゲット』
*フー・ゴー…林覚民
*ニン・チン…秋瑾
*スン・チュン…袁世凱
*ジャン・ウー…黎元洪
*ユィ・シャオチュン…汪兆銘
主な出演作:『新少林寺/SHAOLIN』
<ストーリー>
辛亥革命をテーマに、孫文に代わり革命活動の指揮を執った革命軍司令官・黄興と、革命に身を捧げた若者たちの運命を描く。

1911年10月10日、辛亥革命。
歴史に残らなかった「命」の物語。


<感想>

歴史物は訳解らん。

面白かった人にはごめん。
激しくつまんなかった。

唯一の私的見所は、申し訳無さ程度にちょっぴり見せてくれたジャッキーのカンフーもどきアクション位でした(終盤辺りの)。

何も観る物が無いからと興味も無いのにこういうものは手を出しちゃいかんな。
物凄く借りるの迷った(10分位悩んだ)けど、止めときゃよかった。

これといった感想はなし。
さよなら。
おやすみなさい。

オフィシャル・サイト(日本語)

評価:★★
12/06/27DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
レンタル開始日:2012-06-08
メーカー:アミューズソフトエンタテインメント
コメント (2)

モンガに散る

2011年08月24日 22時35分40秒 | 亜細亜ドラマ
MONGA/10年/台湾/141分/青春・犯罪ドラマ/PG12/劇場公開
監督:ニウ・チェンザー
脚本:ニウ・チェンザー

出演:イーサン・ルアン、マーク・チャオ、マー・ルーロン、リディアン・ヴォーン

<ストーリー>
台北一の繁華街・モンガに引っ越してきた高校生・モスキートは、校内での争いをきっかけにモンガ一帯を仕切っている親分のひとり息子・ドラゴンたちに気に入られ、仲間に迎えられるが…。
<感想>
残酷青春物語といった所でしょうか。
裏社会に足を踏み入れた若者達の嬉々交々を熱く、丁寧に描いていてぐんぐん物語に引き込まれていきます。

序盤、モスキートが波動拳を撃ちこんだ時は、こんな不真面目な映画なのか?と勘繰ってしまいましたが、いやいや至って真面目な極道ものの世界がそこにありました。

最初こそは転校してきたモスキートが苛められ、逆切れして、うんこ靴で逆襲して、番長のドラゴン一味に気に入れられて仲間入りするまでをポップに時にはユーモアに捉えていますが、ゲタ親分の昼食会に呼ばれて詰めた指が出てきた辺りから、どんどん内容が重たくなってきました。

でもその重たさの中に友情の深さなるものが一番輝いて盛り込まれており、ホッと一息つける材料にもなっています。
売春宿でのモスキートと娼婦の一時も安らぎを与えてくれますね。
私も娼婦役の女優さん好みです。
役として顔に青あざがありますけど、そんなの関係ないですよ。
心も綺麗だし可愛い人だと思います。
モスキートが惚れこむのも分かるなぁ。

そんな中、ゲタ親分が何者かに殺されるという事件が起きるのですが、モスキートがある事を目撃したことで誰が犯人かを突きとめてしまいます。

築き上げた友情の崩壊

裏社会で生き残る為の裏切りは大切な仲間までも犠牲にしなければいけない。

それでも殺し合いの中、僅かに残っていたお互いを思いやる心。
散飛する血の雨が、モスキートが夢見ていた桜の花の様に、彼の静かに少し微笑んだ顔に舞い散るラストは美しくもあり、胸を強く打たされる悲しみと切なさを兼ね揃えた印象的なシーンとなっていました。

オフィシャル・サイト(日本語)

評価:★★★★
11/08/24DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
レンタル開始日:2011-08-02
メーカー:ブロードメディア・スタジオ
コメント (6)