銀幕大帝α

切り株推奨映画感想ブログにつきグロ画像注意。
御蔭様で15周年。4500作品レヴュー突破。御訪問有難う御座います♪

プリズン・エスケープ 脱出への10の鍵

2021年10月31日 21時46分39秒 | 洋画サスペンス
ESCAPE FROM PRETORIA
2020年
イギリス/オーストラリア
106分
サスペンス
劇場公開(2020/09/18)



監督:
フランシス・アナン
原作:
ティム・ジェンキン『脱獄』
脚本:
フランシス・アナン
出演:
ダニエル・ラドクリフティム・ジェンキン
ダニエル・ウェバースティーブン・リー
イアン・ハートデニス・ゴールドバーグ
マーク・レナード・ウィンターレオナール・フォンテーヌ



<ストーリー>
南アフリカ人のティムは、白人でありながら反アパルトヘイト組織に加わり、同胞のスティーブン・リーと共にテロリストとして最高警備を誇るプレトリア刑務所に投獄されてしまう。

前代未聞!
自由と平等は、
木鍵によって切り開かされた――。


―感想―

脱走劇、特に後半はスリルがあって楽しめたんだけど、ちょこちょこと個人的に引っ掛かるシーンがあったんだよなあ。
例えば、脱獄するのに必要な「鍵」。
これを看守が腰からぶら下げている鍵束を目視だけで形状を記憶し、木を削って再現していくというものなんだけど、どんだけ器用なんだよ、と。
それも一種の才能と言われたら、何も言い返せないけども。
まあ実際に起きた出来事を映画化しているようなので、才能、なんでしょうねえ。

ここは百歩譲るとして、物置?みたいな所に3人が隠れているシーン。
結構危うい状況になるのだが、脱獄を知っている他の囚人が「おーい!誰か来てくれ!」と叫び出すのよ。
それのお蔭で、見付からなかったという危機的回避をする訳だが、えらい絶妙なタイミングで助けたよな、と。
都合良過ぎじゃね?
あたかも他の囚人には3人がそこに隠れました、その場所に看守が向かってます、てのが見えているみたいやん。

他にも細かい部分でそういうのがあったんだけど、忘れちゃった(おいw)。

後、3人が喜ぶのちょっと早いよね。
これ、もしかして「開かない」とかになるんじゃねえのかと思ってたら、その通りだった(笑)。
気が緩むのも分かるが、外に出てから感情を爆発させろよ。
その手作りの鍵で開かなかった最後の扉を大きな音を立てながら強引に「壊す」行為に走った直後も、さっさと開けてさっさと外に行けよて思っちゃった。

それでも、3人が無事にタクシーに乗れて、監獄から遠くへと離れた所で大笑いする場面は、ちょっと胸にジーンとくるものはあった。
正に「自由だ!」といった喜びが3人の表情から溢れ出ていたので、見ている俺も同じ気持ちになったというか、妙に嬉しくなっちゃったんだよねえ。

割と評判が良かったので、今頃になって借りたんだけど、確かに面白く作られた作品でした。
冒頭からクライマックスまで、飽きなく緊張感を持続させて鑑賞出来る良作(色々文句書いて何だが(笑))。

評価:★★★☆
21/10/31DVD鑑賞(準新作)
にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へバナーポチお願いします
にほんブログ村
レンタル開始日:2021-01-22
メーカー:アット エンタテインメント

オフィシャル・サイト

コメント

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ジェントルメン

2021年10月29日 19時40分47秒 | 洋画サスペンス
THE GENTLEMEN
2019年
イギリス/アメリカ
113分
サスペンス/犯罪/コメディ
PG12
劇場公開(2021/05/07)



監督:
ガイ・リッチー
『アラジン』
製作:
ガイ・リッチー
原案:
ガイ・リッチー
脚本:
ガイ・リッチー
出演:
マシュー・マコノヒーミッキー
チャーリー・ハナムレイ
ヘンリー・ゴールディングドライ・アイ
ミシェル・ドッカリーロザリンド
ジェレミー・ストロングマシュー
エディ・マーサンビッグ・デイヴ
コリン・ファレルコーチ
ヒュー・グラントフレッチャー



<ストーリー>
ロンドンのマリファナ王・ミッキーが引退するという噂が流れ、暗黒街に激震が走る。ミッキーの莫大な利権をめぐり、紳士の顔をした“ワル”たちがスリリングな駆け引きを始める。

一流の、
紳士(ワル)たち。


―感想―

だーかーらー何でここ最近の外国映画はゲロ吐きシーンが多いのよぉ。
赤痢菌なんか飲ませんな。
どうせ殺されるのだから青酸カリでも飲ませとけ。
それだったらきったねえマーライオンを見せられる事もねえだろ?

ここまでは面白い映画やなあと思って観てたのに、これ見せられてすっげえ冷めたんだが(^^;)

あ、でも、その後の展開も面白かったから、その冷めた気持ちも通常に復活したけどね。

会話のボキャブラリーで笑わせ、バイオレンスで笑わせてくる作品、て感じかなあ。
もっとドンパチさせた内容なのかと思ってたんだけど、コメディ色が非常に強かった。
そのブラックな笑いが全編で躍動していて、見てて、聴いてて楽しかったのも監督のセンスだろうね。

主人公の嫁さん、全然俺の好みじゃないんだけど、展開を重ねていくと不思議かな、好い女に感じてくんのよ。
これは多分、性格の「強さ」、立ち振る舞いのカッコ良さに俺が自然と惚れちゃってたからかもしれない。

壮大に車で事故っても、危機一髪的状況の嫁さんを助ける事に優先して死に物狂いで駆け付けていく主人公の「想い」てのが理解出来る。
あれだけ「出来る」嫁さんなら俺でも自分を犠牲にしてまでも爆走するだろうな~。

ガイ・リッチー監督らしさが随所で観れましたわ。
こういう大勢が入り乱れる話を撮らせたらほんと上手い。
これも才能の賜物よ。

評価:★★★☆
21/10/29DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へバナーポチお願いします
にほんブログ村
レンタル開始日:2021-10-20
メーカー:キノフィルムズ/木下グループ

オフィシャル・サイト

コメント

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ザ・ボーイ ~残虐人形遊戯~

2021年10月28日 21時10分40秒 | 洋画ホラー
BRAHMS: THE BOY II
2020年
カナダ
86分
ホラー
劇場未公開



監督:
ウィリアム・ブレント・ベル
『ザ・ボーイ ~人形少年の館~』
出演:
ケイティ・ホームズ
オウェイン・イオマン
クリストファー・コンヴェリー
ラルフ・アイネソン




<ストーリー>
家族とロンドンで暮らすライザは自宅に押し入った強盗に襲われて負傷し、その様子を見ていた息子ジュードは心に深い傷を負う。その事件をきっかけに、一家は田舎へ移り住むことに。ある日、ジュードは森を散歩中に陶器製の古い人形を見つけ、家に持ち帰る。ジュードはその人形にブラームスと名付け、まるで人間のように扱い始める。やがてジュードの周囲で奇妙な出来事が続発し、人形に原因があると考えたライザはジュードから引き離そうとするが……。

―感想―

又しても恐怖人形ブラームス君、大暴走の巻でござる。
こいつ、ずる賢いよね、見て無い時に顔動かしたり、睨んだりしてさ。

今そこに居たブラームス君、いつの間にかに別の部屋へ。
普通ならおかしい事に気付くのが常だが、母親は強盗に入られ襲われたトラウマからか精神的に不安定てなのもあって、気のせいか・・・で片付けちゃうのよね。
逆に父親は蚊帳の外ていうか、殆どその現象には関与していなかったのだけど、ラストで忍び足接近しフルスイングする天晴れさを披露しちゃって、取り合えず役に立てたのは良かった。

で、そのフルスイングを受けた事でブラームス君の下の顔が出てくる訳。
これがまあ、結構気色悪い。

心の弱った人間(主に子供)に取り憑くのが得意なブラームス君。
暖炉で燃やされてめでたしめでたしか、と思わせておいての、あの終わり方。

解決してねえ!

人恋しくて、そこまでするかのブラームス君、その執念が今作でも恐ろしかった。

余談だが、少年役の子役がめっちゃハンサム。
小学生高学年くらいやろかね、なんやこのイケメンボーイわ!てすっげえ思ってしまったわ。
この歳でここまで綺麗な顔が出来上がっていたら、青年になったらどうなるんやろかね。

数年後に実は「僕、あのホラー映画に出ていた子役でした」と、どえらいカッコイイ男優として現れたら納得はしちゃうわな。
エドワード・ファーロングみたいにはなって欲しくない、それ位、美少年。

評価:★★★
21/10/27DVD鑑賞(準新作)
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へにほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へバナーポチお願いします
にほんブログ村
レンタル開始日:2020-12-02
メーカー:ギャガ

関連作:
『ザ・ボーイ ~人形少年の館~(2016)』(第1作)
『ザ・ボーイ ~残虐人形遊戯~(2020)』(第2作)

コメント

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

何!?初水着姿だと!浜辺美波ちゃんの写真集を購入したぞ。

2021年10月28日 20時06分15秒 | 趣味・雑記(映画関連)
2021年10月27日発売

「浜辺美波写真集 20」

¥2,970

Amazonで購入



なんか彼氏発覚だとかで人気が下がっているらしい、浜辺美波ちゃんの二十歳記念写真集を予約購入しました。

ぶっちゃけ彼氏いるとか俺からしたらどーーでもええねん。

そりゃ年頃の女の子なのだから、好きな異性の一人や二人おってもおかしくないでしょ。
俺達平民がどれだけ頑張っても、浜辺美波ちゃんの彼氏・旦那には絶対になれまへん!

そんなことより、発売前に話題に上った「初水着」これよ。
これを見たくて買ったと言っても過言ではない。

いざ、拝見♪

(。´・ω・)ん?

水着・・・なのか?
いやまあ、水着なんだろうけど、こんだけ!?

俺が想像したのは、尻肉がちょっぴりはみ出た接写とか、おへそが見えているとか、そういうのだったんだけど。
ないね、それ。
期待したのとちゃう!て初めなったけど、浜辺美波ちゃんの代名詞とも言えるチッπ、その谷間を強調させた写真があるやないけ!

うおおおおおおお!
最高や。
単純バカな俺はこの写真だけで満足しちゃった。

しかしなんだね、綺麗な肌しとるよなあ。
ほんま透き通った肌てこういうのを言うんやろね。

水着以外の写真は、一般的に良くあるものばかりでして、突出したのは無かったけれど、それでも可愛い浜辺美波ちゃんを色々眺めていると、「かわええ♡」の言葉しか出てこなかったわ。

あれだけ「水着、水着」と騒いでいたので、それを目的に購入した人はガッカリ感半端なかったかもしれないが、俺はチッπ大好き男なので、大胆ではないとは言え、そこを強調させた写真を拝めただけで十分ですたい。

確かに需要はあるか?と聞かれたら、はっきり言って、ない。
だけど、浜辺美波ちゃんにそういうセクシーな写真を求めてもしゃあないやろ、弾ける笑顔を見ているだけでも俺は幸せなんだ。
(でも、どれも似た様な表情ばかりだなとは思った)

この内容で3千円は高いと感じるか、妥当と感じるかは個人の自由。
俺は、別に悪くはないと思ってる。

ポストカードが1枚付いてました。

女優さんでポストカードが付くてのも稀かも。
アイドルの写真集は殆どが付いているけれど、女優さんで、というのは余り記憶にないな。

それでは最後に、お気に入りの1枚から何時もの妄想劇場を。

「ヒロくん、ヒロくん、ほらあ焼けたよ~」
「おっ、センキュー(パクッ)ガリッ!」
「硬っ!これ本当に焼けてる?」
「ぷっ、あははは!」
「焼けてねえだろこれ!焼けてないのを渡したな~」
「何時も脇腹こちょこちょしてくるお返しだ~い」
「べ、べーやん!こらあ!」
「やーいやーい、引っ掛かってやーんの♪」
「やったな、仕返しや!」こちょこちょ
「いや~もうそれ止めて~」
(くそっ、いたずらしても可愛い奴やで、ほんま(笑))

写真集評価:

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

モータルコンバット

2021年10月27日 13時36分11秒 | 洋画アクション
MORTAL KOMBAT
2021年
アメリカ
110分
アクション/アドベンチャー/ファンタジー
R15+
劇場公開(2021/06/18)




監督:
サイモン・マッコイド
製作:
ジェームズ・ワン
サイモン・マッコイド

出演:
ルイス・タンコール・ヤング
ジェシカ・マクナミーソニア・ブレード
ジョシュ・ローソンカノウ
浅野忠信ライデン
メカッド・ブルックスジャクソン“ジャックス”ブリッグス
ルディ・リンリュウ・カン
マックス・ファンクン・ラオ
シシ・ストリンガーミレーナ
篠原ゆき子ハサシ・ハルミ
チン・ハンシャン・ツン
ジョー・タスリムビ・ハン/サブ・ゼロ
真田広之ハサシ・ハンゾウ/スコーピオン



<ストーリー>
世界の命運を懸けた格闘トーナメント・モータルコンバットの戦士となったコールが、自らの秘められた力を解放し、家族と世界を救うべく立ち上がる。

[禁断の死闘]を目撃せよ。

―感想―

切り株祭りじゃああ♪
こういうのでいいんだよ。
ゲーム版は残虐性が高いとの事で日本では未発売なのだが、1枚だけ海外版を購入してプレイはしている。
もう滅茶苦茶だよねあのゲーム(笑)。
倒した敵に止めを刺す時の演出がスプラッターなんですから。
そりゃ日本では発売出来んわてすっげえ納得したもんだ。
エロはOKだけどグロには厳しいからね日本のゲーム業界は(海外では逆)。

その世界観を崩さず、きっちり映画にも反映している点は大いに評価したい。
つか、ゲームそのままのグロをやってくれちゃった事に俺は猛烈に歓喜している。

カノウてキャラがボキャブラリー豊富で面白い奴だったんだけどな。
よくまああれだけの言葉が出てくるなと感心しちゃったけど、絶対裏切るて思ってたらその通りだった。

能力がまだ開花していない戦士は、「怒り」とか「悲しみ」そういう感情が強く爆発したらスキルが発動出来ちゃう感じかね。
総じて戦いのシーンが多く、加えグロ要素もふんだんに取り入れられているから、観てて楽しかった。

その中でも突出してたのは真田広之さんでしょ。
立ち回りも含めて全てがカッコ良かった。
口から火炎を吐き出し敵を真っ黒けにしちゃうクライマックスシーンも最高。
やっぱね、真田広之さんにはこういう派手に戦う姿や渋い顔して存在感をアピールする決め姿勢が似合うのよ。
他のキャラクター達も各々の能力を使い、敵をタイマン勝負でボッコボコにしてしまう強さを見せつけてくれたけれど、真田広之さんを前にすると幾分霞んでしまう。
それ位に、本作にとっては絶対に欠かせない、重要な役ではあったし、男も惚れるクールガイだった。

話途中で終わってしまうのは惜しいが、作品自体はバイオレンス描写を一番に、アクションの凄味を2番にしてクオリティが高く、又サクサク話も進むのもあって思いっきり堪能出来ちゃったなあ。
このスタッフ陣、キャスティングでの続編、大いに期待!

評価:★★★★
21/10/26DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へバナーポチお願いします
にほんブログ村
レンタル開始日:2021-10-20
メーカー:ワーナー・ブラザース ホームエンターテイメント

オフィシャル・サイト

コメント

切り株画像はこちら

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする