銀幕大帝α

切り株推奨映画感想ブログにつきグロ画像注意。
御蔭様で10周年。3400作品レヴュー突破。御訪問有難う御座います♪

ジャーマン・ゾンビ

2009年08月31日 23時47分27秒 | 洋画ホラー
HUNTING CREATURES/04年/独/73分/オリジナルビデオ
監督:アンドレアス・ペイジ
出演:アンドレアス・ペイジ、オリヴァー・ケーリック、ボリス・ハンスマン

<ストーリー>
秘密実験の影響で住民たちがゾンビ化した町で、研究者とギャングら生存者が生き残りを掛けた死闘を繰り広げる。
<感想>
『ギリシャ・ゾンビ』『パキスタン・ゾンビ』に次ぐ国名?ゾンビ映画第三弾(勝手に命名)です。

ドイツと言ったらスプラッター
スプラッターと言ったらドイツ

と比喩される位、ホラー特にエログロホラーが盛んな国から届けられた本作。

はっきり言います。

学生映画並の酷さです(笑)。

ビデオ撮りの安っぽい画質、素人臭い演技をする出演者たち、意味不明なストーリー。

ラストは一体どうなったのかさっぱり分かりません。
終盤で主人公が代わってますし。
てか、お前誰?ってな奴がエンディングを締めくくる訳の分からなさ。

爆発した箱の中身はなんですか~??

もうね、酷いを通り越して苦笑しちゃうんですけど、何故か飽きない&惹きつけられるパワーはありました。

素人ならではのパワー。
素人でしか思いつかないようなパワー。

いきなり頭の上に?マークが出てきちゃうんですよ。
意味も無く延々とゾンビを日本刀で細切れにしている様子を流しているんですよ。
ゾンビが人間を貪っている姿を長々見せられるんですよ。

いや~只只「なんちゅう映画やねん!」と(爆)。

作品としては最低ですけど、監督含めスタッフサイドの無駄にゾンビ愛を込めて強引にグロく作り上げた意気込みだけには感服させられました。

評価:
09/08/31DVD鑑賞
ゾンビ・スプラッター・ホラー DVD新作
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ
にほんブログ村
コメント (2)

血のバレンタイン

2009年08月30日 16時23分46秒 | 洋画ホラー
MY BLOODY VALENTINE/81年/加/91分/劇場公開
監督:ジョージ・ミハルカ
出演:ポール・ケルマン、ロリ・ハリアー、シンシア・デイル、ニール・アフレック

<ストーリー>
愛の記念日に、ツルハシ片手の炭鉱夫殺人鬼が大暴れする。
<感想>
観る順序が逆になっちゃったけれど、リメイク版が頗る面白かったので、初DVD化という事で初めてオリジナルを鑑賞。

いや~つまらん。

どうやら残酷シーンカット版らしいです。
今の時代にそんなヴァージョン出すなよ。

もうね、『死霊のえじき』最終版を観ている気分がして萎える、萎える。

残酷シーンをカットしちゃったら、単なるイカレタ炭鉱夫がツルハシ持って暴れているだけやん。
となると、見所皆無だから、展開が冗長過ぎて眠気が・・・zzz

リメイクを観ているから、犯人の正体を知った所で、然程驚きも無く。

殺人鬼の炭鉱夫姿はビジュアル的には怖くて、何となく格好良いと思ったのと、殺されかけたのに、「助けなきゃ!」って埋もれた殺人鬼に駆け寄るヒロインのどうしようもない頭悪そうな部分に★それぞれ一つ献上。

関連作:『ブラッディ・バレンタイン』(リメイク)

評価:★★
09/08/30DVD鑑賞
スラッシャー・ホラー オリジナル DVD旧作
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ
にほんブログ村
コメント (6)   トラックバック (2)

マーダー・フィルム

2009年08月30日 15時59分46秒 | 洋画ホラー
MIDNIGHT MOVIE/08年/米/80分/劇場未公開
監督:ジャック・メシット
出演:レベッカ・ブランデス、ダニエル・ボンジュール、グレッグ・シラルニック

<ストーリー>
高速で回転するスクリュー状の武器を片手に、残虐の限りを尽くす殺人鬼。生き残る道は只一つ、フィルムを止めることだった。
<感想>
映画館で上映されている、そのカルト的なホラー映画ってな作品が見た目ツマラナさそうで(笑)。

スクリーンから殺人鬼が飛び出して来て観客を殺し、殺された者はスクリーンに引き込まれるというアイデアは中々の面白さではあります。

「おい!俺たちのダチが出てんよ!!」
「マジで~、超ウケる~」
「これってドッキリ??カメラ何処?何処?」

アホですわ。

いやいや、でも結構楽しめました。

只、人を殺す為だけに開発?されたとしか思えないドリルで、人間の腹をぶち破っり、内臓が溢れるようにこぼれ出すとかもうグロくて最高。

映画外で殺されても、映画内では死んでいない。
この現実と非現実の境目の描き方も斬新でいいんじゃないですか?

恐怖心を嗅ぎつけて殺人鬼が近づいて来る、又は現れるというのも奇抜な発想ですよね。

兎に角、役に立たない警官を含めて、能天気な若者たちがザックザク腸出しながら殺されていくので飽きはしないし、ある意味笑える感覚で楽しめます。

どうすれば殺人鬼を止められるのか。

うん、答えは簡単やね。

証言者として確保された少年だけれど、ありゃ、精神病院送りやろな~。

私的には図体でかく、顔も厳つい、けど閉所恐怖症なバイクマン・ハーレーがお気に入り。
恋人を見殺しにするような野郎はぶん殴るという、正に男の中の男!といった熱い心を持っている部分に共感しちゃったんだよね~。

オフィシャル・サイト(英語)

評価:★★☆
09/08/28DVD鑑賞
スラッシャー・ホラー DVD新作
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ
にほんブログ村
コメント (4)   トラックバック (2)

ウルフクリーク 猟奇殺人谷

2009年08月30日 15時18分58秒 | 洋画ホラー
WOLF CREEK/05年/濠/99分/劇場未公開
監督:グレッグ・マクリーン
出演:ジョン・ジャラット、カサンドラ・マグラス、ケスティー・モラッシ、ネイサン・フィリップス

<ストーリー>
オーストラリアの人里離れた大地で立ち往生したバックパッカーの男女3人に声をかけたのは、善良な男を装う猟奇殺人犯だった。
<感想>
猟奇犯罪実録モノです。

タイトルが出るまでが10分、事が始まりだすまでが40分。
前置きが異様に長過ぎ(笑)。
終盤に繋がる話であればまだ良いけど、宇宙人の話とか、クレーターでノホホン&イチャイチャとか、もうどうでもいいよ~。
あ!ビデオカメラに一瞬だけど伏線らしきモノが映りますけどね。

さ~てと・・・。

この作品、終盤が異常です!!
もう人間の常識範囲超えてますから!!!

ハッピーエンドを望んでいる人にはオススメできません。
本作に救いを求めては駄目です。
もうね・・・気持ちがズ~ンって重くなりますから。

ヒロインがヒロインじゃないですし。
ヒロインという扱いされてませんもん。

ヒロインだから助かる。
ヒロインだから相手をやっつける。

そ~んな甘い考えもっていたら私みたく「うわ~」ってなっちゃいますよ。

反撃した者は殺される。
何もしなかった者は救われる。

よくあるホラー・サスペンスの常識を覆しているという点に関しては驚きを隠せないですけど、後味は超最悪です。

いや~な気分にさせられたけれど、当分頭から離れない衝撃さはありました。

オフィシャル・サイト(英語)

評価:★★☆
09/08/27DVD鑑賞
サスペンス・ホラー DVD新作
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ
にほんブログ村

関連作:
『ウルフクリーク 猟奇殺人谷(2005)』(第1作)
『ミック・テイラー 史上最強の追跡者(2013)』(第2作)
コメント (4)   トラックバック (3)

ストリートファイター ザ・レジェンド・オブ・チュンリー

2009年08月24日 23時31分09秒 | 洋画アクション
STREET FIGHTER: THE LEGEND OF CHUN-LI/09年/米/97分/劇場公開
監督:アンジェイ・バートコウィアク
出演:クリスティン・クルック、マイケル・クラーク・ダンカン、ニール・マクドノー、タブー、クリス・クライン、ロビン・ショウ

<ストーリー>
春麗(チュンリー)が、父をさらった悪の秘密結社シャドルーに立ち向かう。
<感想>
うん!面白かったですよ。

バズーカ砲やら銃をぶっ放し、怪力をあまり使わないバイソン。
素顔は美しいと思っていたら、普通にブサイクだったバルログ(しかも瞬殺。弱っ!)。
爺さんではなく白髪のおっさんなゲン。
宙に浮かないベガ(無駄に強い)。

と、原作に捉われずにオリジナルなキャラ設定にしたのは良かった。
変にオリジナルに忠実にしてしまうとかえって可笑しくなる場合もあるからね。
というかそうなる可能性の方が高くなる。
ヴァン・ダム版とかさ。

主人公チュンリーを演じたクリスティン・クルックは悲しみを背負う闘う女戦士として役に成りきっていましたよね。
顔も私的に好みでしたし、自らスタントしたアクションもキレがあって決まってました!!

チュンリーの代名詞であるチャイナ服を着ていなかったのは残念ではあったけれど、そうしてしまうとビジュアル的に変になっていたであろうから、無理にコスプレしなくて正解。
けど、オリジナルに敬意を払っての団子髪も観れたし、なんちゃって百裂脚やスピニング・バード・キックも披露してくれて満足ッス。
基本はサマーソルトキックでしたけれど、これはこれで中々の格好良さがあって、敵に華麗に決まった時は痛快でしたね~。

流石に気功拳を発動した時はアニメチック過ぎて苦笑しちゃったけれど、その後に父の敵と足で首をへし折る情け無用な姿には感動すら覚えちゃったよ。

ヴァン・ダム版で腰砕きを食らった方は是非本作を!

しかし吹き替えで観る事はオススメしません。
何てったって千原兄弟ですから(笑)。

私的好みになっちゃうけれど「ザ・レジェンド・オブ・さくら」ってのも観てみたいなぁ。
同じ監督で作ってくれないかな~。

オフィシャル・サイト(日本語)

評価:★★★☆
09/8/24DVD鑑賞
格闘技アクション・アドベンチャー クリスティン・クルック マイケル・クラーク・ダンカン ストリートファイター DVD新作
にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
コメント (6)   トラックバック (3)

ロックンローラ

2009年08月23日 20時34分31秒 | 洋画アクション
ROCKNROLLA/08年/英/114分/劇場公開
監督:ガイ・リッチー
出演:ジェラルド・バトラー、トム・ウィルキンソン、タンディ・ニュートン、マーク・ストロング、イドリス・エルバ、トム・ハーディ、トビー・ケベル

<ストーリー>
ロンドンの不動産取引から生まれた大金を巡り、ギャングや小悪党、ロシアの投資家が対立。そこにドラッグ中毒のロック・スターが参戦する。
<感想>
マドンナと離婚して吹っ切れたのか、昔のガイ・リッチースタイルが戻ってきたかのようなスタイリッシュな映像に溢れた快作にはなっている。
でもそれが難ではあるのだが・・・。

さて、群像劇でありながらも、個々の位置を有耶無耶にせずしっかり纏める辺りは流石。

けどね、飛び抜けて面白いと思える作品ではないんだよなぁ。

ユーモアある登場人物たち、犯罪映画でありながらも明るく仕上がったストーリー、テンションが上がるテンポ良い進行。

これだけ良い点が揃っているのにも関わらず、面白いと感じないのは、事の顛末を全て画面外で処理してしまっているから。

ロシアの変態刺客2人組にしろ、女性会計士にしろ、ロシアンマフィアにしろ、ロンドンを牛耳る大物ボスにしろ、皆が皆、中途半端に処理されてしまっている。

ガイ・リッチーらしい演出なんだろうけど、もうこのやり方は古いんだよね。

観客は変態刺客がどうやって殺されるのか、大物ボスはどうやって処分されていくのか、その部分を直視したい訳で、一番知りたい、観たい場面を削られるとかなり萎えちゃいます。

流れに流れていく絵画の行方や、一同が会する終盤辺りは、ガイ・リッチー真骨頂で楽しめるだけに、何とも勿体ない出来。

何となく時代から取り残されている感がするリッチー演出。
そろそろ定番の古いスタイルに新しいものを取り入れてみたりと、監督自身が何かしらアクションを起こさないと!!
前作『リボルバー』よりかは幾分楽しめるけど、これからですよ、これから!
好きな監督の一人だけに、今後の行方に注目しましょうや。

オフィシャル・サイト(英語)
オフィシャル・サイト(日本語)

評価:★★★
09/08/23DVD鑑賞
ガイ・リッチー 犯罪アクション・コメディ ジェラルド・バトラー ジョエル・シルヴァー PG-12 DVD新作
にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
コメント (6)   トラックバック (1)

レイクビュー・テラス 危険な隣人

2009年08月20日 00時26分10秒 | 洋画サスペンス
LAKEVIEW TERRACE/08年/米/110分/劇場未公開
監督:ニール・ラビュート
出演:サミュエル・L・ジャクソン、パトリック・ウィルソン、ケリー・ワシントン

<ストーリー>
白人と黒人の夫婦に襲いかかる、警官で人種差別主義者の隣人の恐怖。
<感想>
ウィル・スミスが製作に関わった事が話題になり、全米では初登場1位を記録した人種差別サスペンス。

妻を亡くした原因が事故当時同乗していた白人野郎だと決めつけている、俺様が神だ!思考のサミュエル警官の隣に、よりによって白人黒人カップルが引っ越してきたものだから、嫌悪感を爆発させてカップルの家に嫌がらせをしまくるってな話。

夜になるとサーチライトを寝室に向けて照らし、時には仲間を呼んでどんちゃん騒ぎして安眠妨害。
警官だから何をしても許されるとやりたい放題を繰り返すサミュエル警官は、隣人の妻を「チョコレート女」と罵る有様。

非道?
幼稚?

何にせよ自分が気に食わない事は即排除!

な、暇人警官をサミュエル・L・ジャクソンが眼光鋭い強面の男を熱演。

ここまで読むと面白そうに思われるだろうが、意外とそうでもなかったりする。
中だるみが多く、只単に低レベルな嫌がらせをこつこつとやっているだけだったりするので緊張感も無く、全体的に間延びしているのでダレてくるのが難点。
同時進行で山火事が近所に迫ってきている様子も描いているんだけれど、あんまり意味無いような気もするんだよなぁ。

燃え盛る家屋の中で、黒人VS白人の手に汗握る攻防とかあったりしたらもっと盛り上がっていたかもですけど、何かなぁって思う程の地味なエンディングですし。

劇場で金払ってまで観る程のストーリーじゃないです。
日本ではDVDスルーってのも納得の、標準的でスリル感ゼロの小品。

オフィシャル・サイト(英語)

評価:★★☆
09/08/17DVD鑑賞
ニール・ラビュート サスペンス サミュエル・L・ジャクソン パトリック・ウィルソン ウィル・スミス DVD新作
にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
コメント (2)   トラックバック (1)

切り株画像(映画『ハゲタカゾンビ 感染注射』よりマッドドクターの末路)

2009年08月17日 02時44分39秒 | 切り株“TV”画像(閲覧注意)
【ネタバレ注意】
おバカなマッドドクターの末路を切り株を交えてお届け。

「おりゃ~!!死ねや~!!!!」

あ!私の首が・・・

「こら~!どないしてくれんねん!!」「ひ~ゆるちて~」

「チッ、うるさいわね~、これで黙らっしゃい!!」

「わ・・私の顔がぁぁぁああ~ひ~ん」「フッ、ざまぁみやがれ」

切り株度

レヴュー『ハゲタカゾンビ 感染注射』
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ
にほんブログ村



ハゲタカゾンビ 感染注射

2009年08月17日 02時28分19秒 | 洋画ホラー
THE RAGE/07年/米/86分/劇場未公開
監督:ロバート・カーツマン
出演:アンドリュー・ディヴォフ、エリン・ブラウン、レジー・バニスター、ライアン・フックス

<ストーリー>
あるウィルスの人体実験の最中、突然変異を遂げた被験者が脱走。その肉を食らい、恐怖の肉食獣と化したハゲタカは、次なる獲物を求めていた・・・。
<感想>
ものごっつう低予算ホラーです。
車外風景、はめ込み合成ですから。

何であの脱走したゾンビは突然死んじゃったんだろう。

そんな事を考えてたら話になりませんかね。
何にせよ、その肉を喰らったハゲタカがゾンビになっちゃうんですから。
はい、これで一本の映画の出来上がりですよ。

遂にゾンビも人間を超えてハゲタカまでに浸透しちゃいましたか。
ハゲタカって・・・。
バカな発想(笑)。

まぁそんなこんなで、ハゲゾンやお喋りゾンビにラリパッパな若者グループが襲われるんですな。
こうしてゾンビ史上、新たなバカ映画が出来上がった訳ですが、これが意外と面白かったんだなぁ。

捕らえた人間を拷問するマッドドクターが
「私はサドではない」
って言ってましたけれど、思いっきりサド的に楽しんでますがな。
またこのおっさん、用意周到なくせに、最終段階でヘマやらかして襲われてますし。

間抜けなマッドドクターの研究日記

とも言える序盤と終盤の人間改造風景は中々のゴア描写満載で楽しませてくれますが、結局のところ、やっぱり間抜けさの方が際立っていて苦笑い。

一応コメディ・ホラーなんだろうけど、何となく真面目に撮っている分、緊張感は皆無ながらも見せる演出が多くて楽しませてくれましたよ~。

因みにコイツが

ハゲゾンです!

オフィシャル・サイト(英語)

評価:★★☆
09/08/16DVD鑑賞
ゾンビ・ホラー DVD新作
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ
にほんブログ村
コメント (4)

ラースと、その彼女

2009年08月17日 01時52分43秒 | 洋画コメディ
LARS AND THE REAL GIRL/07年/米/106分/劇場公開
監督:クレイグ・ギレスピー
出演:ライアン・ゴズリング、エミリー・モーティマー、ポール・シュナイダー、ケリ・ガーナー、パトリシア・クラークソン

<ストーリー>
小さな田舎町を舞台に、シャイな青年ラースと、等身大の人形の「彼女」が巻き起こすハートフルな騒動。
<感想>
観た人それぞれの解釈があると思うんだけれど、私の考えからしてラースは幼くして独立したが為に、極度の対人恐怖症になっちゃったんだろうな。

人に触れられるという事を嫌うという所にもそれが見られますしね。
その事で彼なりに選んだのが「人形」だったんでしょう。
愛する、愛されるという行為に慣れていないラースは「人形」にそれを全てぶつける。
最初は克服目的だったんでしょうけど、次第にそれが妄想へと変わっちゃったものだから話がややこしくなっちゃった訳でして。

それでもラースは心の何処かでは現実を見ている。
必死に殻を破ろうともがく姿が見え隠れする。
もがいてもがいて、ラースが最終的に選んだ道。
この時、彼は過去のトラウマから解放され、現実世界に戻り、新たな本当の恋にチャレンジしようと一歩踏み出す。
具体的にはそれらは描かれていないけれど、終盤での「事件」を通しての彼の姿を観た感じでは私はそういう風に見て取れ、とても切なくも温かくなりました。

全体的には内向的な青年の生きざまを描いたハートフルなドラマですけど、良く良く考えたらかなり危ない(笑)。

人形ですよ?
ラブ・ドールですよ?
オナペットですよ?
南極2号ですよ?

田舎町だから人に理解されたかもしれないけれど、普通なら立派なキチさんだ(笑)。

序盤でのラースが恋人を紹介すると人形を連れて来て、兄夫婦が唖然とするやりとりには大笑いしたし、弟の事で頭を痛める兄に「兄さん早く良くなってね」と励ます姿に、思わず

「お前に言われたくねぇよ!!」

って兄の言葉を代弁するかの様にツッコミながらも噴き出しちゃいました。

このままこの路線で最後までいってくれると違う意味で面白かったかもしれないけれど、それじゃ只の変態コメディで終わっちゃうか(^^;)

オフィシャル・サイト(英語)
オフィシャル・サイト(日本語)

評価:★★★☆
09/08/15DVD鑑賞
クレイグ・ギレスピー コメディ・ロマンス・ドラマ DVD新作
にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
コメント (4)   トラックバック (3)