銀幕大帝α

切り株推奨映画感想ブログにつきグロ画像注意。
御蔭様で13周年。4000作品レヴュー突破。御訪問有難う御座います♪

コンティニュー

2021年11月28日 21時03分16秒 | 洋画アクション
BOSS LEVEL
2021年
アメリカ
100分
アクション/コメディ/SF
PG12
劇場公開(2021/06/04)



監督:
ジョー・カーナハン
『クレイジー・ドライブ』
製作:
ジョー・カーナハン
フランク・グリロ

脚本:
ジョー・カーナハン
出演:
フランク・グリロロイ・パルヴァー
メル・ギブソンクライヴ・ヴェンター大佐
ナオミ・ワッツジェマ・ウェルズ
アナベル・ウォーリスアリス
ケン・チョンブレット
ミシェル・ヨーダイ・フォン



<ストーリー>
元特殊部隊隊員のロイは、謎の殺し屋に殺される1日を何度も繰り返していた。死のループから抜け出すために試行錯誤を重ねた彼は、元妻から事態を解決する手掛かりを掴み…。

―感想―

ゲームやったことのある人なら「わっかるぅ」な映画だね。
死んで覚える、的な。
同じ場面を繰り返すという意味では『セキロ』という死にゲーに近いかな。
『セキロ』も、何回も死につつも相手の動きを覚えて突破する風な作りなので、似てるちゃあ似てる。

序盤のテンポと、後半のバトルは良いんだけど、中盤若干中だるみするんだよねぇ。
息子と一緒に過ごす場面もそうだけど、ちょっと小休止が長過ぎ。

「俺は短い会話を好む」

とかいいつつ、喋る内容がなげえんだよメル・ギブソン(笑)。

「私は観音。観音が成敗してやった」

実質、この剣ねえちゃんがラスボスでしょ。
また『セキロ』を出してきて申し訳ないが、あのゲームで言う「一心」並みに強かったから。

ドッカンドッカンやっているアクションパートは楽しく観れたんだけど、問題はラストよ。
「え?」
てなったんだがw
エンドロール中とかにおまけ映像みたいなのがあるのかと思ったが無かったし、何だったんだあのブツ切りラストは。
こういう、どう捉えたらいいのか分からない終わり方、俺は好きじゃない。
だって余韻もへったくれもありゃせんやん。
(本音で書くとタイムリープの仕組みとか、その辺の詳細も余り理解していません、はいバカですw)

今作の美人過ぎる女優図鑑

ナオミ・ワッツって美人度が落ちないってのが凄い(もう53歳だよ?)。
どんなおばあちゃんになるんだよ。

評価:★★★
21/11/28DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へバナーポチお願いします
にほんブログ村
レンタル開始日:2021-11-24
メーカー:クロックワークス

オフィシャル・サイト

コメント

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ブラック・ウィドウ

2021年11月18日 20時45分33秒 | 洋画アクション
BLACK WIDOW
2020年
アメリカ
133分
アクション/アドベンチャー/ヒーロー
劇場公開(2021/07/08)



監督:
ケイト・ショートランド
製作総指揮:
スカーレット・ヨハンソン
出演:
スカーレット・ヨハンソンブラック・ウィドウ/ナターシャ・ロマノフ
フローレンス・ピューエレーナ
デヴィッド・ハーバーレッド・ガーディアン/アレクセイ
O・T・ファグベンルメイソン
レイ・ウィンストンドレイコフ
レイチェル・ワイズメリーナ
オルガ・キュリレンコタスクマスター
エヴァー・アンダーソンナターシャ(少女時代)
ヴァイオレット・マッグロウエレーナ(少女時代)
ウィリアム・ハートロス
ジュリア・ルイス=ドレイファスヴァレンティーナ・アレグラ・デ・フォンテーヌ



<ストーリー>
ブラック・ウィドウの前に突如現れた、“妹”エレーナ。姉妹は、自分たちを暗殺者に育てたスパイ組織「レッドルーム」の秘密を知ったことで命を狙われる。唯一の味方は、かつて組織が作り出した“偽りの家族”だけだった。しかし、その家族の再会によってレッドルームの恐るべき陰謀が動き出す。

過去の闇と戦え。
それだけが、世界に残された光――


―感想―

スカーレット・ヨハンソン、なんかビジュアル劣化して(おっと誰か来たようだ)。

俺的には姉ちゃんより妹ちゃんの方が好み。
吹き替えもピッタリ合っていて、体ごついんだけど所々で惚れてしまった。

決めポーズを馬鹿にされる姉ちゃん、馬鹿にする妹ちゃん。
微笑ましいじゃないの。

激しいアクションシーンになると映像含めてビシッとカッコ良く描く。
ファミリーシーンになると途端に雰囲気が緩々になる。
引き締め方とユーモアな見せ方とをバランス良く組み合わせた話の流れは中々の好感触。
鑑賞者を飽きさせない工夫を演出面から強く感じた作品だった。

只、数日経てばスコーンと忘れそうな内容ではある(え?一言多い?)。

評価:★★★☆
21/11/18Blu-ray鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へバナーポチお願いします
にほんブログ村
販売開始日:2021-09-15
メーカー:ウォルト・ディズニー・ジャパン

オフィシャル・サイト

コメント

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

クライム・ゲーム

2021年11月16日 21時07分52秒 | 洋画アクション
NO SUDDEN MOVE
2021年
アメリカ
115分
犯罪/アクション
劇場未公開



監督:
スティーヴン・ソダーバーグ
『ローガン・ラッキー』
撮影:
スティーヴン・ソダーバーグ
編集:
スティーヴン・ソダーバーグ
出演:
ドン・チードルカート・ゴインズ
ベニチオ・デル・トロロナルド・ルッソ
デヴィッド・ハーバーマット・ワーツ
ジョン・ハムジョー・フィニー
レイ・リオッタフランク・カペリ
マット・デイモンマイク・ローウェン



<ストーリー>
大金に翻弄される男たちが、激しい騙し合いを繰り広げる。

―感想―

恥ずかしながら話半分しか理解出来なかったんですけども(多分途中で寝落ちしたのが原因かと)、最初に要求した報酬が話が進むにつれてどんどん跳ね上がっていくのは金の恐ろしさ揶揄しているかのよう。
当然、大金に眼が眩むと、裏切り行為も発生する訳で。

ベニチオ・デル・トロにしろレイ・リオッタにしろ、元から(失礼なw)悪人面した人間はこの手の犯罪映画だと自然の成り行きかな、命落としていくのね。
その点、どちらかというと優しい顔しているドン・チードルはピンチにはなったけど命は取り止める、只手にした金は初めに求めた金額で手打ちされる。
まあ彼の選択は正しいかもな、死んだら元も子もないからねえ。

結構長い日数のいざこざを見せられているのかと思っていたら、実はたった1日の出来事。
これには、え?そうだったの?て驚いたわ。

序盤で家に押し入ったのが月曜日、で事が全部済んだのが火曜日、だそうです。
そこまで全く気にしなったというか、気付かされなかったなあ。

アクション映画というよりも、騙し合いの犯罪ドラマといった構成。
ほぼほぼ会話劇として物語が進行していくので、余程目が冴えてないと、俺みたくうつらうつらしちゃうかもしんない。

評価:★★★
21/11/16DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へバナーポチお願いします
にほんブログ村
レンタル開始日:2021-11-03
メーカー:ワーナー・ブラザース ホームエンターテイメント

コメント

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

Mr.ノーバディ

2021年11月12日 22時03分24秒 | 洋画アクション
NOBODY
2021年
アメリカ
92分
アクション
PG12
劇場公開(2021/06/11)



監督:
イリヤ・ナイシュラー
『ハードコア』
製作:
ボブ・オデンカーク
製作総指揮:
トビー・マグワイア
出演:
ボブ・オデンカークハッチ・マンセル
コニー・ニールセンベッカ・マンセル
RZAハリー・マンセル
アレクセイ・セレブリャコフユリアン
クリストファー・ロイドデヴィッド・マンセル



<ストーリー>
地味な男・ハッチとチンピラの乱闘事件がマフィアの逆鱗に触れ、銃撃戦、カーチェイスとエスカレートしていく。

火曜日、ゴミ当番
愛車は路線バス
地味な男が
派手に、キレる。


―感想―

いく、のか?・・・いかんのかーいw
今度こそいくのか?・・・いくんかーいw

この監督さん、デヴュー作の『ハードコア』でも(斬新な視点を用いた)アクションの面白さを生み出してたんよね。
只、自身が脚本を書いたストーリーがお世辞にも良いとは思えず、それがあってかアクション自体にも飽きが来て、普通以下の作品になってしまった。

で、今回はデヴュー作の反省を活かしたのかどうかは知らないが、脚本に『ジョンウィック』の人を起用したので、物語が爆発的に楽しくなった事もあり、監督の得意分野であるアクションにも活気が生まれていた。

絶対的な強さを誇っている主人公だけど負傷はする。
完全な無敵じゃない所に人間味があるから戦う中でも現実性を感じるし「ありえねー」てのもない。
それでも重傷を負わない程度に圧倒的な無双っぷりを見せてくれるのだから、我々鑑賞者のテンションが自然と高まるのも当然だ。

名前を聞いただけで知っている人間なら震え上がる「会計士」。
この点は何処となく『ジョンウィック』を連想させてワクワクもしてくるのは同じ脚本家だからこその成り行きかも。

オープニングに繋がる警官2名から事情聴取を受けているラストシーンでの、この警官2名に電話が掛かってきた後の描写は有耶無耶な形にしてあったが、直感でどういう内容の電話が掛かってきたのかが分かるのは、それまでに主人公の秘密を明かしているからこそ、なのであって、敢えて省略させているのは演出としてセンスが良い。

それだけ関わった者達は、とんでもない男(主人公)を相手にしていたのですよ、と。

俺は、過去を捨てて、普通に平凡な家庭を築きたいんだ!

そんな淡い願いは叶わぬ様で、裏の世界から足を洗うてのは相当難しいのかもしれんね(笑)。

個人的には、主人公よりも、彼の父親(老人ホーム入居中)が現役バリバリみたく、息子にはまだ負けんぞ!と言わんばかりに、あらゆる銃をぶっ放しまくって敵を葬り去っていた姿がツボだった。
クリストファー・ロイド、まだまだお元気そうで、嬉しい限りです。

評価:★★★☆
21/11/12DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へバナーポチお願いします
にほんブログ村
レンタル開始日:2021-11-10
メーカー:NBC ユニバーサル・エンターテイメントジャパン合同会社

オフィシャル・サイト

コメント

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ゴジラvsコング

2021年11月04日 21時28分54秒 | 洋画アクション
GODZILLA VS. KONG
2021年
アメリカ
114分
アクション/アドベンチャー/SF
劇場公開(2021/07/02)



監督:
アダム・ウィンガード
『ブレア・ウィッチ』
出演:
アレキサンダー・スカルスガルドネイサン・リンド
ミリー・ボビー・ブラウンマディソン・ラッセル
レベッカ・ホールアイリーン・アンドリューズ
ブライアン・タイリー・ヘンリーバーニー・ヘイズ
小栗旬芹沢蓮
エイサ・ゴンサレスマイア・シモンズ
ジュリアン・デニソンジョシュ・ヴァレンタイン
ケイリー・ホトルジア
ランス・レディックギラーミン
カイル・チャンドラーマーク・ラッセル
デミアン・ビチルウォルター・シモンズ
ハキーム・ケイ=カジームウィルコックス提督
ロニー・チェンジェイ・ウェイン
ジョン・ピルチェロホレイス
クリス・チョークベン



<ストーリー>
モンスターの戦いにより壊滅的な被害を受けた地球。人類が再建を計る中、ゴジラが再び姿を現した。人類は対抗措置として、コングを髑髏島(スカルアイランド)から連れ出し…。

地球最大の究極対決。

―感想―

取ったどおおーーーー!!!

所詮メカ、人工的に作られた偽物ゴジラなんぞ、ちょちょいっと回路弄れば只のくず鉄。

近未来的な乗り物が登場するが、あれ、とんでもねえ速さなんだろ?
断言できる、間違いなく、俺が搭乗したら吐く(笑)。
目的地に着くのには早いに越したことはないけど、体に負担が掛かる程のスピードが出る物には乗りたくねえなあ。
だから、俺は一生、スカイダイビングとかバンジージャンプなんかはやらないだろう(100万積まれたらちょっと考える)。

でさ、日本代表の小栗旬。
君は白目剥くだけに本作出演を承諾したのかい?

他に何かしたか?
全く印象に残ってねえんだが(出番が少な過ぎるのも原因かもだが)。
もっと重要なキャラクターになっているのかと思っていたのに、白目剥いて終わりてww
ハリウッドデヴューするにも、もうちょっと存在感出す役を貰おうや、本人がこれで満足しているのなら別にいいけど。
ま、小栗旬なんて、向こうじゃほぼ無名俳優だろうから、この程度の役でも与えてくれただけで十分、文句なんぞ言っている立場ではねえか。
俺から言えるのは只一つ「大役任せられる位に頑張ってくれ」。

さてさて、怪獣映画としてはそこそこに合格。
一つの作品としては普通。
全体を見渡すと面白い!とまではいかないが、怪獣同士が激突する場面だけは映像がど派手で見応えはあった。
ゴジラとコングがタッグを組む瞬間はちょい胸アツ。

今作の可愛い子役図鑑
ジア役のケイリー・ホトルちゃん。

可愛かった~。
えらい手話が上手い子やね、役の為に全部覚えたんかな?と気になったのでググってみたら、元々聴覚障害がある子だったのかあ。
コングと手話で会話を交わす場面よりも、ジアちゃんが汚れの無い優しい目でコングを見つめる場面に、おっちゃんはほっこりしちゃったよぉ。

評価:★★★☆
21/11/04DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へバナーポチお願いします
にほんブログ村
レンタル開始日:2021-11-03
メーカー:東宝

関連作:
『GODZILLA ゴジラ(2014)』
『キングコング:髑髏島の巨神(2017)』
『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ(2019)』
『ゴジラvsコング(2021)』

オフィシャル・サイト

コメント

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする