銀幕大帝α

切り株推奨映画感想ブログにつきグロ画像注意。
御蔭様で15周年。4500作品レヴュー突破。御訪問有難う御座います♪

オペレーション・フォーチュン

2024年04月23日 17時32分55秒 | 洋画アクション

OPERATION FORTUNE: RUSE DE GUERRE

2023年

イギリス/アメリカ

114分

アクション/コメディ

劇場公開(2023/10/13)

監督:
ガイ・リッチー

『キャッシュトラック』
製作:
ガイ・リッチー

脚本:
ガイ・リッチー

出演:
ジェイソン・ステイサム・・・オーソン・フォーチュン
オーブリー・プラザ・・・サラ・フデル
ジョシュ・ハートネット・・・ダニー・フランチェスコ
ケイリー・エルウィズ・・・ネイサン
バグジー・マローン・・・JJ
エディ・マーサン・・・ナイトン
ヒュー・グラント・・・グレッグ・シモンズ

<ストーリー>

100億ドルのヤバい“ブツ”の回収を命じられた敏腕工作員・オーソンは、曲者だらけの即席チームを率いて行動を開始する。

―感想―

アクション少ねえ。

会話劇が主体となった作品だね。

合間にギャグというかジョークというか、そういうユーアモみたいなのがふんだんに取り入れられているんだけど、俺みたくちっとも笑えなかったら大して面白く感じないかもしれないなあ。

ちょっとしかないステイサムのアクションは良かった。

俺としては数少ない楽しめた部分となった訳ではあるが。

チームの中ではJJというメンバーがステイサムに次いでカッコイイ。

俺は狙った獲物は外さない

こいつほんまに新米エージェントか?

最早ベテランの域に達しているだろ(笑)。

本作観てて思ったのは、確実にAIは進化している。

データさえあれば声すらも変えられるのだから、近い未来、エンタメはAIに支配されるかもしれんね。

となると、T2にあった「審判の日」は現実味を帯びてきたかも!?

想像しただけでも恐ろしい、想像だけで終わらせて欲しいわな。

評価:★★★

24/04/23DVD鑑賞(新作)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へバナーポチお願いします
にほんブログ村

レンタル開始日: 2024-04-17

メーカー: キノフィルムズ/木下グループ

オフィシャル・サイト

コメント

オペレーション・フォーチュン [Blu-ray]

↑Amazonでの購入はタイトルリンクをクリック!


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

カンダハル 突破せよ

2024年04月06日 16時27分53秒 | 洋画アクション

KANDAHAR

2022年

イギリス

119分

アクション/戦争

劇場公開(2023/10/20)

監督:
リック・ローマン・ウォー

『グリーンランド ―地球最後の2日間―』

製作:
ジェラルド・バトラー

出演:
ジェラルド・バトラー・・・トム・ハリス

<ストーリー>

CIA工作員・トムはイラン国内の核開発施設の破壊に成功するが、機密情報が漏洩し、全世界に正体を知られてしまう。中東からの脱出を図るトムの行く手に、様々な勢力が立ちはだかり…。

タイムリミットは30時間
400マイル先の救出地点を目指せ

―感想―

本編観てて思ったんだけど、暗視ゴーグル付けて夜の道をライト照らさずに爆走してみたい!

はい検挙、一発免停ね( ´∀`)bグッ!

主人公トムを演じるジェラルド・バトラーがタフ過ぎる。

何をされても絶対に死なないマン。

普通、車にロケットランチャー食らった時に死んでる。

あれだけ爆発炎上して生きていられるはずがない。

その腕を見込まれて、あらゆる過酷な任務を依頼されている位だから正確に仕事をこなすのだろうけど、それ以上に相当運も味方に付けているんだろうなあ。

実話をベースに作られた作品なので、そういった意味でも生き残るのは予測出来たが、クライマックスでの敵に四方八方から囲まれて、一緒に行動していた通訳のモーに「すまない、ここまでだ」と謝る程死を覚悟したのに、自国のお偉いさんが状況を見ていて「これ以上仲間を死なせられるか!クビ覚悟で発射だ!」とヘルファイアによって膨大な数の敵車両を呆気なく一掃、2人共無事にそれぞれの家へと帰れましたからね、神に見放されない人間てのはこういう人を指すんだろう。

バイク野郎は一体何がしたかったのか、手柄を独り占めにしたかったんだろうけど、そこでも運の有り、無さが明暗を分けていた。

素性が敵側にもバレた一人のCIA工作員が、脱出用の軍用機が待機する滑走路まで、銃弾の雨を潜り抜けながら逃げまくる、それだけの話。

モー含めた仲間がえらい目に遭ったり、敵同士でいがみ合ったりと、危機的状況が後半続くが、トムが不死身なだけに若干緊張感が欠ける。

まあでも娘の卒業式には間に合ったトムなので、そこは良かったなとは思うが、モーとの約束があるので、数日したら家族の心配を他所に、さっさと又現地へ向かうんだろうね。

そりゃ妻から「離婚届書いて!」と言われるわ。

仕事の鬼になるのは良いが、わざわざ自分から死地へと赴く様な男にはなりたくない、というより俺は絶対なれないなあ。

死を全く恐れない男、言葉の響きだけ聞けばカッコイイ、だがその性格、理解不能。

評価:★★★

24/04/06DVD鑑賞(新作)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へバナーポチお願いします
にほんブログ村

レンタル開始日: 2024-04-03

メーカー: クロックワークス

情報

コメント

カンダハル 突破せよ  Blu-ray&DVD [Blu-ray]

↑Amazonでの購入はタイトルリンクをクリック!


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

バトル・オブ・ザ・キラーズ

2024年03月30日 15時42分46秒 | 洋画アクション

JOHNNY & CLYDE

2023年

アメリカ

100分

アクション/アドベンチャー

劇場未公開

監督:
トム・デヌッチ
脚本:
トム・デヌッチ

出演:
ミーガン・フォックス
アヴァン・ジョーギア
アジャニ・ラッセル
タイソン・リッター
バイ・リン
ヴァネッサ・エンジェル
ロバート・ラサード
アルメン・ガロ

<ストーリー>

犯罪を繰り返す連続殺人犯のジョニーとクライド。犯罪組織のボス・アラナが所有するカジノに目を付けた彼らは、凶悪な殺人鬼たちをスカウトして強盗を企てる。

―感想―

ミーガン・フォックスの名前に釣られて借りてしまったが、なんなんこれ、またけったいない作品を観てしまった。

色々と許容出来ない部分が多い、いや多過ぎ。

先ず、件のミーガン・フォックス。

この作品の主演として今年のラジー賞で最低の称号を貰った彼女だが、どう見ても主役は原題にもあるジョニー&クライドでしょ。

ミーガン、本編の三分の一程度しか出てこないやんけ。

それと顔、変わった?

ナチュラルさが丸で無い、作られた顔て感じで、例えるなら叶姉妹の姉、みたいな。

メイクのせいなんかなあ、本人は胸以外の整形は否定しているようですが。

次に悪事の限りを繰り返すジョニー&クライド。

白人&黒人。

いや別に異色同士のカップルでもええねんけど、クライド演じた女優、ぶっさいk、おっと誹謗中傷は止めておこう。

この2人が仲間集めて、ミーガン演じる女帝の金を盗みに行き、護衛等を片っ端から殺していくのだが、その殺しの描写に直接的なものがほぼ無く、代わりに飛び散った血が壁に降り掛かる、みたいな事で誤魔化し過ぎ。

手抜きにも程がある。

更には、召喚した死神が現れてしまい、敵味方関係なく殺戮していく様に、なんだそのクライマックスはと、苦笑通り越して呆れ。

最後に単純につまらん。

死神出すなら、それ相当のゴアを見せろよと。

特殊な能力を使う訳でもなく、普通に暴れているだけ、そんなん面白いと思うか?

しかもその死神、ほったらかしにしたまま映画終わらせるし、雑いんよ全てが。

本国では劇場公開されたのかな、最低主演女優賞取る位だし。

だったら最低映画賞も『プーさん』じゃなく、こっちの方だろて作りの酷さ的にも凄く思うわ。

評価:★☆

24/03/30DVD鑑賞(新作)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へバナーポチお願いします
にほんブログ村

レンタル開始日: 2024-03-06

メーカー: AMGエンタテインメント

コメント

バトル・オブ・ザ・キラーズ [DVD]

↑Amazonでの購入はタイトルリンクをクリック!


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

マーベルズ

2024年03月26日 17時00分01秒 | 洋画アクション

THE MARVELS

2023年

アメリカ

105分

アクション/アドベンチャー/ヒーロー

劇場公開(2023/11/10)

監督:
ニア・ダコスタ

『キャンディマン(2021)』

脚本:
ニア・ダコスタ

出演:
ブリー・ラーソン・・・キャプテン・マーベル/キャロル・ダンヴァース
テヨナ・パリス・・・モニカ・ランボー
イマン・ヴェラ―ニ・・・ミズ・マーベル/カマラ・カーン
ゾウイ・アシュトン・・・ダー=ベン
パク・ソジュン・・・ヤン王子
サミュエル・L・ジャクソン・・・ニック・フューリー
ゲイリー・ルイス・・・ドロージ皇帝
ゼノビア・シュロフ・・・ムニーバ・カーン
モハン・カプール・・・ユスフ・カーン
サーガル・シェイク・・・アーミル・カーン
テッサ・トンプソン・・・ヴァルキリー

<ストーリー>

キャプテン・マーベルとミズ・マーベル、そしてニック・フューリー率いるS.A.B.E.R. の敏腕エージェント、モニカ・ランボーの3人が、力を使うたびに入れ替わる謎の現象に巻き込まれる中、キャプテン・マーベルの前に現れた最強の敵に立ち向かうべく、3人でチームを組んで臨む過酷な戦いの行方を描く。(allcinemaより抜粋)

一人ではたどり着けない、最強へ。

―感想―

白人女性の胸を強調させた白のタンクトップ姿て妙にそそられるよね~(´∀`*)ポッ

んなあことはいいんだよ、なんなんこれ数多くあるマーベル映画の中でも群を抜いてつまらんでしょ。

3人がスイッチ(瞬間入れ替わり)する所から始まるんだけど、なんでそうなったのかを俺が理解出来てない。

一応、原理とかその辺の理由の説明は台詞としてあるが、何言ってんのかさっぱり分からん。

理解するのも面倒臭くなってスルーすることにしたが、その後は女だらけのボコボコ大会になり、気持ちが高ぶらないまま映画は終わった。

だってさあ、ヴィランが中途半端な立ち位置で中途半端に強い=弱いんだもの。

しかも自分で制御出来なくて勝手に退場しちゃうという、なにそれですわ。

で、話はマルチバースになるのね、もうこんなパターンばっか、マーベル映画。

パキスタンの血が騒ぐのかミズ・マーベルがウザい位にうるさいし、ヒーローには似つかわしくない可愛さ(もっと魅力的な子、他にいるだろ)。

中盤辺りで急にミュージカルが始まった時は、ミュージカル嫌いな俺からしたら「ええ…(-_-;)」てなってしまった、要らんものブッ込んでくれるなよぉ。

イメージ的に、マーベル作品には、ちょろっと顔出す程度のニック・フューリー、今作では割と出番は多い。

吹き替えはお馴染みの竹中直人、専属になった割には上達っぷりを余り感じさせてくれない、何時もの竹中直人声。

ま、あれだ、この作品はクラーケンとして色んなものを飲み込んでは吐く、そんなニャンコを愛でるだけのもんですわ。

けど、まさかここまで盛り上がりに欠ける内容になっているとは、観るまでは予想にもしてなかった。

完全に失敗作だと思うわ、個人的にだけど。

最強と言われているキャプテン・マーベルをカッコ良く描けていないのも減点。

只一つ褒めたい所はあって、最近のこの手の映画だと普通に2時間軽く超えそうなものを、意外に105分と短く纏めたのは評価してあげたい(中身の濃さ薄さは又別として)。

評価:★★☆

24/03/26(Blu-ray鑑賞)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へバナーポチお願いします
にほんブログ村

販売開始日:2024-03-13

メーカー: ウォルト・ディズニー・ジャパン

関連作:

『キャプテン・マーベル(2019)』
『ミズ・マーベル(2022)<TV>』
『ワンダヴィジョン(2020)<TV>』
『マーベルズ(2023)』

オフィシャル・サイト

コメント

マーベルズ MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー+MovieNEXワールド] [Blu-ray]

↑Amazonでの購入はタイトルリンクをクリック!


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ベストマン 最強の介添人

2024年03月25日 17時15分57秒 | 洋画アクション

THE BEST MAN

2023年

アメリカ

93分

アクション

劇場未公開

監督:
シェーン・ダックス・テイラー

『マスカレード』

脚本:
シェーン・ダックス・テイラー

出演:
ルーク・ウィルソン
ドルフ・ラングレン
ブレンダン・フェア
ニッキー・ウィーラン
スカウト・テイラー=コンプトン

<ストーリー>

カルの結婚式に花婿介添え人として出席するため、リゾート地に集まったアンダースたち。ホテルは貸し切りで、幸せな雰囲気に包まれるが、謎の傭兵集団に式場が占拠されてしまい…。

―感想―

逆恨みされる方も堪ったものじゃないよね。

あの状況では見放すのも当然かと。

つか頭撃たれて倒れてたら死んだと思われても仕方ないがな、俺も死んだと思ったし。

正に、生きとったんかいわれ!

だな。

副題に「最強」と付いている割には2人ヘロヘロになってるし、1人ベロベロに酔ってるし。

言うほど「最強」て程でもないのだが、ベロベロに酔っていた1人=ラングレンの切り替えの早さは素晴らしかった。

さっきまで女にだらしなく足元おぼつかなかったのが、襲撃された途端、顔つきが変わり酔いも一気に醒めましたみたく戦いの男となるのが好い。

それに比べて嫁の親父、腹撃たれるまで「うぃ~」じゃあかんでしょw

再び娘が危険な目に遭っているというのに、酔い潰れて足手纏いでは男の風上に置けぬ。

とまあそんなに盛り上がりの無いアクションをちょこちょこ挟みつつ、最後敵味方主要人物全員集合の状態になりますが、眼で合図を送り、隙を突いてバンッ!

なんちゅう呆気ない終戦。

緊張感出てくる前に片付いてしまった(笑)。

リゾートホテル内の出来事なので、ある意味箱型アクションではあるが、もうちょっと逃げ隠れする場所が少ない分、ハラハラさせる要素を多く入れて欲しかった。

結果的にセーフルーム中心の話になっちゃってたしねえ。

評価:★★☆

24/03/25DVD鑑賞(新作)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へバナーポチお願いします
にほんブログ村

レンタル開始日: 2024-02-02

メーカー: アット エンタテインメント

コメント

ベストマン 最強の介添人 [DVD]

↑Amazonでの購入はタイトルリンクをクリック!


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする