銀幕大帝α

切り株推奨映画感想ブログにつきグロ画像注意。
御蔭様で14周年。4000作品レヴュー突破。御訪問有難う御座います♪

懐かしのあの名作をBlu-rayで観よう♪『エイリアン4』♪

2022年11月21日 17時23分15秒 | 洋画アクション
ALIEN: RESURRECTION/ALIEN 4
1997年
アメリカ
107分
SF/アクション
劇場公開(1998/04/25)
監督:
ジャン=ピエール・ジュネ
共同製作:
シガーニー・ウィーヴァー
出演:
シガーニー・ウィーヴァー・・・リプリー
ウィノナ・ライダー・・・コール
ロン・パールマン・・・ジョナー
ダン・ヘダヤ・・・ペレス将軍
J・E・フリーマン・・・レン博士
ブラッド・ドゥーリフ・・・ドクター・ジェディマン
マイケル・ウィンコット・・・エルジン
ドミニク・ピノン・・・ヴリース
ゲイリー・ドゥーダン・・・クリスティアン
レイモンド・クルツ・・・ディステファノ
リーランド・オーサー・・・パーヴィス
キム・フラワーズ・・・ヒラード
<ストーリー>
前作でエイリアンを宿したまま自殺を図ったリプリー。それから200年後、エイリアンを軍事利用しようとする軍部は、宇宙船に残されたDNAからリプリーのクローンを開発。彼女の体からエイリアンを摘出し、養殖をはじめる。(allcinemaより抜粋)
―感想―
あれれ~4てこんなに面白かったっけ?
初見時は「やっぱ1と2が良かったよな」「3よりも劣るかもな」と余り良い評価してなかったんだけど、こうして数十年ぶりに改めて観直してみたら、ジャン=ピエール・ジュネ監督でしか表せない独特なビジュアルセンスが光っていたし、水中を移動出来るエリアンを登場させる、人間とエイリアンとのハイブリッドを誕生させる等の新たな試みを施し驚きを与えているし、ロン・パールマン筆頭にジュネ組の役者達の存在感がまあ濃いのなんのって。
ロン・パールマンがお山の大将と思い込んで観てたら完全に記憶違い。
本当の大将が真っ先に殺られるのはシリーズのお約束か(笑)。
下っ端が頑張るから面白くなるんだよね~、この辺もジュネ監督ちゃんと分かってらっしゃる。
そして何より一番の発見だったのは、実はアンドロイドだったコール役のウィノナ・ライダー!
短髪黒髪ボーイッシュ好きな俺からしたら、とんでもなくカワエエエ♡
この時の彼女めっちゃ可愛いやん、初見時そんなのこれっぽっちも思わなかったぞ(単に俺の好みが変わっただけなのかも)。
ウィノナ・ライダー演じるコールをずっと観てられる事に猛烈な喜びを感じた。
もしかしたら主役のシガーニー・ウィーヴァーよりも出番多かった様な気もしないでもない。
 
母性としての愛を抱き「ごめんなさい」と謝るリプリー、その彼女の目の前でミンチと化しながら宇宙へと消えていくハイブリッドエイリアンに涙なしでは観れないだろう(多分)。
なんか色んな感情が沸き起こるシーンだったなあ、惨いグロイ可哀想etc.。
因みに劇場公開されたのはディレクターズカット版だそうで、今回俺が観たのは完全版となるようです。
既存のBlu-ray盤には、異なるバージョンが同時収録されているから、好きな方で鑑賞出来る事は有難い限り。
 
評価:★★★★
22/11/21Blu-ray鑑賞
レンタル開始日: 2010-11-17
メーカー: 20世紀 フォックス ホーム エンターテイメント ジャパン

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

プロジェクト:ジェミニ

2022年11月20日 16時54分24秒 | 洋画アクション
ZVYOZDNIY RAZUM/PROJECT GEMINI
2022年
ロシア
98分
SF/アクション
劇場未公開
監督:
セリク・ベイスー
出演:
エゴール・コレシュコフ
アリオナ・コンスタンチノヴァ
コンスタンティン・サモウコフ
ドミトリー・フリード
<ストーリー>
近未来、未知のウイルスにより地球に危機が訪れていた。科学者のスティーブは第2の地球TESSのテラフォーミングのため宇宙飛行士とTESSへ向かうが、ワープ中に宇宙船内に謎の生命体が現れ、未知の惑星にたどり着いてしまう。
―感想―
リドリー・スコット等の『エイリアン』シリーズにあった美味しい所だけを拝借して作ったかのような作品。
船内でネバネバを見付けたり、地球外生命体を鬼ごっこしながら誘導していく演出なんて『エイリアン3』だし。
残念なのが、その地球外生命体の姿をじっくりと見せてくれない点。
ほんの一瞬だけ外見を知る事が出来るのだが、割とちゃんと造形されているように思えたんだよね。
だから尚更、1度位は全体像を明確に映し出して欲しかったなあ。
感染した船長が自分勝手な考えで仲間を撃ち始め、主人公にとっては敵が人間と地球外生命体という2種が交互に襲ってくる終盤にてアクションとしての面白さを出してはいたが、でもこれメインは「愛」じゃないかしら。
離れ離れとなる妻と、生まれてくる我が子に会えないまま主人公は「過去の地球」で人類を救う任務を無事に遂げ、生涯も負える。
割と感動的なラストシーンになってたね、多分にバックに流れていた音楽がシーンに凄く合ってたんだろう。
 
評価:★★★
22/11/20DVD鑑賞(新作)
レンタル開始日: 2022-10-12
メーカー: プルーク
 

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

スーパーディープ

2022年11月12日 14時13分16秒 | 洋画アクション
KOLSKAYA SVERHGLUBOKAYA/THE SUPERDEEP
2020年
ロシア
115分
SF/アクション
劇場未公開
監督:
アルセニー・スーヒン
セルゲイ・トーチリン
出演:
ミレーナ・ラドゥロヴィッチ
セルゲイ・イヴァニューク
ニコライ・コーバス
ヴァディム・デムチョグ
キリル・コーバス
<ストーリー>
旧ソビエト連邦極北の地、地下1万2000メートルの極秘研究施設で原因不明の“地獄の呼び声”が記録された。調査を命じられ現地に向かった天才学者のアンナは、人類の存亡を脅かす驚異の存在と遭遇する。
―感想―
マタンゴかな?
それとも鉄男ですかな?
これ、ジャンルとしてSFサバイバルアクションとなっているけど、SFて感じはしないし、アクションてのも何か違う気がする。
宇宙の話なのかと予想して借りてみたら、全くの逆。
地底の話だった。
自分的には視覚として見応えはあった研究員達が胞子によって感染し、最終的には合体して馬鹿でかい怪物と化す特殊造形、兎に角気持ち悪過ぎ!ヾ(o´∀`o)ノワァーィ♪
よくまあこんなの創造出来たなて位に凝視しちゃう作り込み具合にアッパレをあげたい。
ちと尺が長めで、若干ダレる時間があるのが惜しい所ですが、死ぬも地獄、生きるも地獄なラストも印象に残って好みでした。
グロさをとことん追求したかの様な、そこに一番製作サイドは力を入れている風に見て取れる作品。
一応、愛の物語にもなっているけど、そういうの全部どうでも良く思える以上のヒロイン含め全員が悲惨な末路を辿る内容だったて事で、気味の悪さ全開な感染者、極端な気温の変化と共に漂う不気味な雰囲気、終始おどろおどろしい空気感から察するにホラーでもおかしくないんじゃね?とは思ったなあ。
グロにエロは付き物だけど、そういった類は一切描いておらず、とことん視聴者を不快にさせてくる展開は面白く、妙に引き込まれてしまった終盤にサービスタイム発動。
男にとっては唯一のお楽しみシーン、ボインボインな色気に鼻息荒くなる、が!彼女の周りはとてつもなく異常なので「うほっ♡」「うわ~(;'∀')」が混在しちゃうのも又良き。
 
評価:★★★☆
22/11/12DVD鑑賞(新作)
レンタル開始日: 2022-11-09
メーカー: プルーク
 

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ソー:ラブ&サンダー

2022年11月11日 15時00分19秒 | 洋画アクション

THOR: LOVE AND THUNDER

2022年

アメリカ

119分

アクション/アドベンチャー/ヒーロー

劇場公開(2022/07/08)

監督:
タイカ・ワイティティ

『マイティ・ソー バトルロイヤル』

製作総指揮:
クリス・ヘムズワース
原案:
タイカ・ワイティティ
脚本:
タイカ・ワイティティ

出演:
クリス・ヘムズワース・・・ソー
クリスチャン・ベイル・・・ゴア
テッサ・トンプソン・・・ヴァルキリー
ジェイミー・アレクサンダー・・・シフ
ラッセル・クロウ・・・ゼウス
ナタリー・ポートマン・・・ジェーン・フォスター/マイティ・ソー
クリス・プラット・・・ピーター・クイル/スター・ロード
ポム・クレメンティエフ・・・マンティス
カレン・ギラン・・・ネビュラ
デイヴ・バウティスタ・・・ドラックス
ショーン・ガン・・・クラグリン
ジョナサン・ブラフ・・・ラプー
キーロン・L・ダイアー・・・アクセル
インディア・ローズ・ヘムズワース・・・ゴアの娘(ラブ)

カット・デニングス・・・ダーシー・ルイス
ステラン・スカルスガルド・・・エリック・セルヴィグ

ブレット・ゴールドスタイン・・・ヘラクレス
イドリス・エルバ・・・ヘイムダル

声の出演:
タイカ・ワイティティ・・・コーグ
ブラッドリー・クーパー・・・ロケット
ヴィン・ディーゼル・・・グルート

<ストーリー>

サノスとの激闘の後、“ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー”の仲間とともに地球を離れ、宇宙で自分探しの旅を続けるソーの前に、全宇宙の神々殲滅を誓う“神殺しのゴア”が現れ、再び壮絶な戦いに身を投じていくさまを描く。(allcinemaより抜粋)

“ソー”サプライズな
神バトル

―感想―

ツェッペリンの「移民の歌」が流れたのは前作だったっけ?

今作はエンヤとガンズ。

良い感じに良いシーンでバッチリに曲を使用するよね~。

エンヤの動画はこちら↓

ガンズの動画はこちら↓

今回で4作目。

過去3作は「マイティ」が「ソー」の前に付いてたが、最新作では省かれている。

これはオリジナルタイトルに忠実となっているけど、邦題でも「マイティ」を無くしたのは過去3作とは少し作風が違っているという意味で配給会社が切り離した、と考えてもいいのかもしれない。

だって、ノリがめっちゃ軽いやん。

3作目も軽かったけど、それ以上。

ギャグ担当だったロキが出ない代わりに他の神々が皆何故か陽気に言動しまくり。

あんなお茶目なゼウス、もといラッセル・クロウが観れるとは思ってもいなかった(笑)。

作品の出来自体は過去一のつまらなさが浮き彫りとなった感じかなあ。

退屈てのは決してないけれど、なんかパッとしない内容だなあてのは観ながら思った。

只、ジェーン・フォスターが復帰したのは本気で嬉しい。

癌と戦う姿(弱って行く様が可哀想過ぎて観てられない)よりもソーとなって凛とした姿で戦う所がカッコイイし、兎に角美し過ぎる。

ナタリー・ポートマンて元のビジュアルが美人として出来上がっているから、厚めの化粧をすると更に映える。

美人が兜を被ると、例え目元が分からなくても雰囲気だけで十分美しいというのがビンビン伝わってくるんすよ。

美徳とは正にこのことなり、でソー達に成り切って寸劇していた敵役の女性とは雲泥の差である(あの寸劇はちょっと笑ってしまったけれども)。

漢ソーと女ソーとの再会により、愛が再発していく部分を前面に押し出している為「ラブ&サンダー」。

結果的に2人の間柄としては悲しい形にはなったものの、ジェーン・フォスターは無事にヴァルハラへ行けたようで、そこは安心した。

対立の末に、ゴアの娘を引き取る事となるソー。

その娘ラブを演じた子役ちゃんはクリス・ヘムズワースの実子だそうで、映画内では超クソガキに描かれているけど、親子共演の夢が叶った為かクリスが妙に優しさ全開にハッスルしているのが笑える。

あんな赤の他人のクソガキ、普通なら短気のソーだと文字通り「雷」落としてるんとちゃうかなあ(笑)。

主役は間違いなくソー&ソーだろうけど、ラブの件も含め我が子に対する愛情を強く描いていたり、ソーが大勢の子供達に神の力を分け与え戦いに向かわせたりしている辺りを観ると、監督の意図するものを考えたら裏の主役は未来を担う全ての子である、というのをそれとなく仕込んだ様に思わずにはいられなかった、あくまでも私が感じた印象。

色んな姿形の神様が出てくる中、小籠包の神が堪らなくキュート。

ドラクエのスライムの従妹みたいで好き。

んで、続編ではあの神がソーの相手に!?(ゼウスを怒らせたツケは大きくなるのかそうでもないのか、見た目大した事なさそうなんだけどはてさて。)

ソーは戻ってくる、のは全然構わないが、次の新作ではシリアスさを多かれ少なかれ戻して欲しい気持ちはある。

評価:★★★☆

22/11/11Blu-ray鑑賞(新作)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へバナーポチお願いします
にほんブログ村

販売開始日:2022-10-26
メーカー:ウォルト・ディズニー・ジャパン

関連作:

『マイティ・ソー(2011)』(第1作)
『マイティ・ソー/ダーク・ワールド(2013)』(第2作)
『マイティ・ソー バトルロイヤル(2017)』(第3作)
『ソー:ラブ&サンダー(2022)』(第4作)

オフィシャル・サイト

 

コメント


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ウェイ・ダウン

2022年11月10日 15時40分06秒 | 洋画アクション
WAY DOWN/THE VAULT
2021年
スペイン/フランス
118分
アクション/サスペンス/犯罪
劇場公開(2022/06/10)
監督:
ジャウマ・バラゲロ
出演:
フレディ・ハイモア・・・トム
アストリッド・ベルジュ=フリスベ・・・ロレイン
ホセ・コロナド・・・グスタボ
リーアム・カニンガム・・・ウォルター
サム・ライリー・・・ジェームズ
ルイス・トサル・・・サイモン
<ストーリー>
ウォルターたちは沈没船で財宝のヒントを発見するが、船はスペイン籍で国に奪われてしまう。サッカーワールドカップ決勝戦に国が沸くその裏で、彼らは大胆な計画を立てる。
 
この勝負に延長戦はない
 
―感想―
ホラー映画ばかり撮っていたジャウマ・バラゲロ監督が、急に何を思ったのか一般的なアクション映画を手掛けたらどうなるのか。
普通だった(笑)。
サッカーワールドカップで沸くスペインでサポーター達の騒乱に紛れて巨大金庫からお宝頂戴する話。
所々ハラハラさせられる場面はあるものの、主人公含めた役者にイマイチ華が無く(ヒロインも然り)、突然裏切る仲間の一人が潜水に自信があるなど伏線をちゃんと回収はしているが、ここは見応えあった!というのが余り見当たらなかったなあ。
チームワークは、まあ良い方じゃないかね、ちょっと主人公の出しゃばる感じが鼻に付くが。
良い意味でも悪い意味でも陽気なエンディングによって感動的な要素を一切無くしちゃっているのも好みが分かれる所。
だってさ計画としては成功でも失敗でもなく継続という形で話終わってるやん。
それを中途半端と捉えるのか、笑って許せるかの問題。
俺?
「なんじゃそりゃ」
とは思ったわな。
 
クライマックスとして金庫内が水で浸されていき、閉じ込められた主人公とヒロインの命に危機が!?となるのだが、そこからどうやって天井裏まで逃げて脱出したのか観ててさっぱり分からなかった。
唯一の施設から外へと出る手段→喫煙する為とある部屋の窓が常に半開き、多分そこだよなと思って観てたら同じ考えだったので、そこは納得したのだけど、そこに至るまでの経緯だよ。
ギリギリに満水避けれて溺れずに済んだってのは予測出来るが、その後の流れに理解が追い付かなかったのは俺だけ?
 
評価:★★★
22/11/10DVD鑑賞(新作)
レンタル開始日: 2022-11-02
メーカー: クロックワークス
 
 

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする