銀幕大帝α

切り株推奨映画感想ブログにつきグロ画像注意。
御蔭様で12周年。3900作品レヴュー突破。御訪問有難う御座います♪

切り株画像(映画『ドゥームズデイ』より首チョンパ!!)

2009年12月24日 01時21分57秒 | 切り株“TV”画像(閲覧注意)
【ネタバレ注意】
本作中、切り株映像数多過ぎて、迷った挙句に首チョンパ2発。
1枚目

この後、彼氏の運転する車の助手席に乗せられてドライブするも、見捨てられた挙句に再びゴロン。

2枚目

そんな彼女を見捨てたら、自分も首チョンパになっちゃいました。
切り株度

レヴュー『ドゥームズデイ』
にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村

ドゥームズデイ

2009年12月24日 00時39分14秒 | 洋画アクション
DOOMSDAY/08年/米/113分/劇場公開
監督:ニール・マーシャル
出演:ローナ・ミトラ、マルコム・マクダウェル、ボブ・ホスキンス、アレクサンダー・シディグ、エイドリアン・レスター、デヴィッド・オハラ

<ストーリー>
殺人ウイルスが蔓延する未来世界で、救世のヒロインが死闘を繰り広げる。
<感想>
オマージュというかパクリというか。
主人公が片目という『ニューヨーク1997』から始まり、『エイリアン2』、『グラディエーター』、『マッドマックス2』と、思わずニヤけてしまうシーンの連続。
キャラにまで「ミラー」とか「カーペンター」なんて名前を付けてしまうおまけ付き(爆)。

ここまで色んな映画をくっつけておいて、いかにもオリジナリティ風に仕上げてしまっている所はある意味職人技。
下手したらパロディに成りかねないのに、きちんと筋の通ったストーリーになっているんだもんなぁ。
加え、残酷監督ニール・マーシャルらしく無駄に切り株の多い事(笑)。

うさぎは粉砕されるわ、牛は轢き殺されるわ、人間は首チョンされるわ、挙句にバーベキューにされた男がスライスされて喰われちまうわで、御馳走さん。

限りなくB級に近いSFアクションだけれど、監督の遊び心がしっかりと見て取れて、個人的には面白かったです。

終盤のなんちゃって『マッドマックス2』は、モヒカン野郎どもが改造車でガンガン追いかけてくる本編最大の見せ場なんだろうけど、どうにも魅力に欠ける。

そりゃあ、やっぱり本家の白熱したバトルチェイスにおける疾走感、インターセプターという主人公の車の格好良さには敵わねぇわな~。

オフィシャル・サイト(英語)
オフィシャル・サイト(日本語)

評価:★★★
09/12/23DVD鑑賞
ニール・マーシャル SFアクション・サスペンス ローナ・ミトラ マルコム・マクダウェル ボブ・ホスキンス R15+ DVD新作
にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
コメント (10)

ハイキック・ガール!

2009年12月23日 23時56分25秒 | 邦画アクション
09年/日本/81分/劇場公開
監督:西冬彦
出演:武田梨奈、高橋龍輝、天野暁兒、神尾佑、中達也

<ストーリー>
密殺集団「壊し屋」に足を踏み入れた、女空手家の運命は?
<感想>
やりたい事は分かる。
要はあれだろ?
タイ映画アクションみたくガチンコな映画を撮りたかったんでしょう。

現役の女子高生カラテ黒帯チャンプの素人女を主役にし、対戦相手はあらゆる武術の達人ばかり。
確かに、ノースタントで体を張った殴り合いをしているので臨場感はある。

けど、殴る&顔面蹴りする度に、一々スローにして2度3度見せる事はなかろう。
2、3回そういう演出があってもいいかもだが、ご丁寧に一場面毎されると流石にうんざりしてくるって。
ここまで必要以上にうざくされると、映画を観ているというよりかは、空手の模範演技DVDを見せられている様な気分になってしまい、かなり萎えてしまった。

後半なんて、主役の武田梨奈ほったらかして、中達也の組手指導みたいなどうでもいい方向へいっちゃってますし。

女子高生ミニスカ制服ぎりぎりパンチラハイキック

は、世の助平男子諸君にとっては美味しいシチュエーションだが、作品としてはストーリー性や演出面、見せ方に欠点が多く、非常につまらないものになっちゃっています。

これは全て監督の手腕の無さによるものなので、武田梨奈自身に非は無いはず。
彼女の立ち回りはしっかりとしていたので、鬼教官プラッチャヤー・ピンゲーオみたいな画の撮り方が上手い監督に任せれば絶対もっと凄いアクション映画が出来るはずだし、彼女の魅力も何倍と発揮出来ると思うんだけどな~。

オフィシャル・サイト

評価:★★
09/12/22DVD鑑賞
格闘技アクション DVD新作
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
コメント (2)

切り株画像(映画『新・死霊の沼』より)

2009年12月23日 23時44分56秒 | 切り株“TV”画像(閲覧注意)
【ネタバレ注意】

森の中を逃げ回っていた女が、巨漢のモンスターに遭遇。
しかし、ヤツは襲おうという姿勢は見せていない。
逆に友好的な感じだ。

が!

ハンターと名乗るおっさんが無神経にもいきなり銃をぶっ放したお陰で、ヤツを逆切れさせてしまい、無情にも
切り株完成。

本来なら助かっていたはずなのに、ハンターの非常識さでご臨終・・・。
切り株度

レヴュー『新・死霊の沼』
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ
にほんブログ村

新・死霊の沼

2009年12月23日 23時41分01秒 | 洋画ホラー
THE LEGEND OF THE BOG/09年/米/88分/劇場未公開
監督:ブレンダン・フォーリー
出演:ヴィニー・ジョーンズ、ジェイソン・バリー、ノラ=ジェーン・ヌーン

<ストーリー>
高級住宅地の開発中に発掘されるも、無残に廃棄された2000年前の死体が蘇り、人々を襲う。
<感想>
“新”って付いているけれど、そもそも『死霊の沼』なんて映画あった??

ヴィニー・ジョーンズなんて何気にA級悪役スターが出ているけれど、はっきり言う。

ホラー映画としては最低レベル作品。

ていうか、本作のモンスターはゾンビなのか何なのかさっぱり分からん。

言葉を喋り、水をこよなく愛し、子供に優しい巨漢

ってどんな設定やねん。

まぁこんなモンスターが出て来なくとも、触りの部分観ただけで十分ダメだという事は察知出来ますけれどね。

「靴を返せ!お前の腕を返すから!!」

沼の中からポイッ

「ありがとよ」

はぁ~~ん??コメディですかぁ??笑えませんけどぉ~??

度々流れる能天気なカントリー・ミュージック

うがうが言っているだけのモンスター

中途半端なシャワーシーン

挙句の果てには、小屋に集められたのは過去に何かしら過ちを犯した無関係な人物達って・・・だったら全人類大集合じゃねぇか!!

時間を返せ。。。

オフィシャル・サイト(英語)

評価:
09/12/21DVD鑑賞
ホラー ヴィニー・ジョーンズ DVD新作
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ
にほんブログ村