銀幕大帝α

切り株推奨映画感想ブログにつきグロ画像注意。
御蔭様で12周年。3900作品レヴュー突破。御訪問有難う御座います♪

アナと雪の女王

2014年07月30日 01時37分01秒 | アニメ(国外)
FROZEN
2013年
アメリカ
102分
ファンタジー/アドベンチャー/ミュージカル
劇場公開(2014/03/14)




監督:
クリス・バック
ジェニファー・リー

製作総指揮:
ジョン・ラセター
原案:
アンデルセン『雪の女王』
主題歌:
イディナ・メンゼル『Let It Go』
主題歌(日本語吹替版):
May J.『Let It Go~ありのままで~(エンドソング)』
声の出演:
クリステン・ベルアナ
イディナ・メンゼル雪の女王/エルサ
ジョナサン・グロフクリストフ
ジョシュ・ギャッドオラフ
サンティノ・フォンタナハンス
アラン・テュディックウェーゼルトン公爵
キアラン・ハインズパビー
クリス・ウィリアムズオーケン
声の出演(日本語吹替版):
神田沙也加アナ
松たか子雪の女王/エルサ
原慎一郎クリストフ
ピエール瀧オラフ
津田英佑ハンス
多田野曜平ウェーゼルトン公爵
安崎求パビー



<ストーリー>
触れるものを凍らせる力を持つ姉・エルサは、戴冠式の日に王国を冬に変えてしまい、城から逃亡する。妹・アナは姉と王国を救うため、雪山へと旅立つ。

凍った世界を救うのは――真実の愛。

-感想-

御転婆娘のアナ、魔力が暴走し始め自分を見失いかけたエルサ、正義感の強いクリストフ、能天気だけどここぞという場面で頼りになるお茶目なオラフ、欲に駆られて自滅したバカ丸出しのハンス。
劇場アニメでこれ程までに完璧なキャラクター大集合は前代未聞。
トナカイや馬までもが愛らしい。
しかもストーリーそのものも申し分無しときた。
そりゃ、日本でも大ヒットする訳だわ。

真実の愛が凍り掛けているアナを救うと助言を受けたもんだから、てっきり相手は・・・と思っていたら、そっちだったか!
愛にも色々あるけれど、そういうハッピーエンドへの形に持ってくるとは、これは思い切り想定外だった。

もしかしたら私だけかもしれないが

このシーンで一番ウルウルの頂点に達してたんだけど、他の人は違うよね?
とても幸せそうな絵図じゃない?、これ。
なんでかココからラストまで無茶苦茶感動的な気持ちが高まっちゃってたんだよねぇ。
多分、クリストフがアナを救うために猛ダッシュで追いかけてくる姿を観た瞬間に、2人には結ばれて欲しいという願いが心の中で生まれたからやと思う。
だから余計に、このチュッて所で私は猛烈にホッコリしちゃったんだろうなぁ。

どのキャラクターも魅力がありましたが、好きな度合いが一番高かったのは紛れもなく

オラフ!!
あの鼻、ニンジンやったのね(笑)
「アナが助かるなら、僕は溶けても構わないよ!」
くぅ~~~~泣かせてくれるぜ!オラフ!
最後に本当に溶けてバイバイしていたら、私、号泣してたかもしれない。
可愛くてユーモアもあってアナ想いな部分もあって、大好きだ!オラフ!!!!

可愛いと云えば決して外してはならないアナの幼少時代。


こんなにもチャーミングなおチビちゃんを描けるディズニー、最高だぜ!

冒険にドキドキして、ユーモアに笑って、ラストは感動出来て、素晴らしいアニメでした。
自分の気持ち的には満点付けたいってのもあるのですが、やっぱりどうしても急に歌いだすミュージカル部分(大の苦手)の多さにはうんざりしてしまったので、今作の評価はこれで。

評価:★★★★☆
14/07/29DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へバナーポチお願いします
にほんブログ村
レンタル開始日:2014-07-16
メーカー:ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン

オフィシャル・サイト(日本語)

特典に収録されていた白黒のスクリーン内とカラーのスクリーン外を行ったり来たりする短編アニメも面白かったです。
『ミッキーのミニー救出大作戦(2013)』(併映短編)評価:★★★☆

関連作:
『アナと雪の女王(2013)』(第1作)
『アナと雪の女王2(2019)』(第2作)
コメント (24)

劇場版 SPEC~結(クローズ)~ 漸(ゼン)ノ篇

2014年07月28日 21時43分20秒 | 邦画サスペンス
2013年
日本
94分
サスペンス/ミステリー/コメディ
劇場公開(2013/11/01)




監督:
堤幸彦
『劇場版TRICK 霊能力者バトルロイヤル』
出演:
戸田恵梨香当麻紗綾
加瀬亮瀬文焚流
向井理セカイ
大島優子謎の白い女
竜雷太野々村光太郎
北村一輝吉川州
栗山千明青池里子
香椎由宇城旭斎浄海
有村架純正汽雅
KENCHI福田健太郎
遠藤憲一秀樹.T
浅野ゆう子マダム陽・マダム陰
神木隆之介一十一
福田沙紀志村美鈴
城田優地居聖
田中哲司冷泉俊明
安田顕海野亮太
真野恵里菜サトリ
三浦貴大宮野珠紀
イ・ナヨン韓国語を話す要人女性



<ストーリー>
時を止められる無敵の超能力者・ニノマエとの激しい戦いに勝利した当麻と瀬文。やがて特殊能力者たちが世間を騒がせ始め、当麻の中のSPECが遂に覚醒する。

真実は己の中に

-感想-

「肉体死すとも、刑事(デカ)魂は死なん!」

「野々村係長~~~~~~~!!!!!!!」



今作の可愛い子役ちゃん図鑑

青池里子(栗山千明)の娘から謎の白い女(大島優子)へと姿を変える少女・潤役の森山樹ちゃん。

今作の恋人にしたい美女図鑑


正汽雅役の有村架純ちゃん。
ナース服姿に萌えた。

復活した吉川(北村一輝)の動きが滑稽なりww

評価:★★★
14/07/28DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へバナーポチお願いします
にほんブログ村
レンタル開始日:2014-06-20
メーカー:TBS

オフィシャル・サイト

関連作:
「SPEC(スペック) ~警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿(2010)」(TVシリーズ)
「SPEC~翔~ 警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿(2012)」(TVスペシャル)
『劇場版 SPEC~天~ 警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿(2012)』(劇場版)
「SPEC~零~ 警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿(2013)」(TVスペシャル第2弾)
『劇場版 SPEC~結(クローズ)~ 漸(ゼン)ノ篇(2013)』(劇場版第2弾(前編))
『劇場版 SPEC~結(クローズ)~ 爻(コウ)ノ篇(2013)』(劇場版第2弾(後編))
コメント (10)

ラスト4

2014年07月27日 20時31分01秒 | 洋画ホラー
STATE OF EMERGENCY
2010年
アメリカ
90分
ホラー/アクション
劇場未公開



監督:
ターナー・クレイ
製作:
ターナー・クレイ
脚本:
ターナー・クレイ
出演:
ジェイ・ヘイデン
トリ・ホワイト
アンディ・スタール
スコット・リリー
マッケナ・ジョーンズ




<ストーリー>
毒素によって住人がゾンビ化し、軍隊は町全体を隔離してしまう。孤立した危険地帯で生き残った4人は、自由を取り戻そうと仲間と共に立ち向かう。



-感想-

色んなタイプのゾンビが登場。
唸り声を上げながら猛ダッシュで追いかけてくるゾンビもいれば、ただボ~っと突っ立っているゾンビもいるし、話しかけてくるゾンビもいたりする。
ただ彼らの共通点は目が真っ赤になっているので、人間か否かを判別する事は可能。
多勢にゾンビが出現する訳ではないが、数少ないながらもそれぞれのゾンビ役者が熱演していて、狂った獰猛な化け物という印象は強烈に残してくれます。

人間側の出演者も本編通して大方4人のみです。
この見知らぬ者同士が生き残るために互いに協力し合いながら、時には励まし合ったり、時には命を危険に晒して危篤状態な者を救う為に救援物資を取りに外へ駆け出したりと、人間ドラマ模様も大きく描かれている部分にも好感が持てる。

グロさや派手なアクションは無いに等しい作品だが、ストーリーがしっかりと練られているので私はとても面白く観れました。
4人の信頼と深い絆があったからこその奇跡の救出後に描かれる彼らが無事を確かめ合い抱き合うラストシーンには仄かな感動も抱かせてくれて、未公開ゾンビ作品ながらも中々の秀作だなと感じました。

評価:★★★☆
14/07/27DVD鑑賞(旧作)
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へにほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へバナーポチお願いします
にほんブログ村
レンタル開始日:2012-07-27
メーカー:カルチュア・パブリッシャーズ

オフィシャル・サイト(英語)
コメント (4)

ヘルハウス

2014年07月25日 20時34分23秒 | 洋画ホラー
THE LEGEND OF HELL HOUSE
1973年
イギリス
94分
ホラー
劇場公開(1974/09/07)



監督:
ジョン・ハフ
原作:
リチャード・マシスン
脚本:
リチャード・マシスン
出演:
ロディ・マクドウォールベンジャミン・フランクリン・フィッシャー
ゲイル・ハニカットアン・バレット
クライヴ・レヴィルライオネル・バレット
パメラ・フランクリンフローレンス・タナー
ローランド・カルヴァールドルフ・ドゥイッチ
ピーター・ボウルズハンレー
マイケル・ガフベラスコ



<ストーリー>
物理学者・クリス博士は、ルドルフという億万長者の依頼で、心霊現象が起こるといわれる古い大邸宅の実態調査をすることになるが…。

-感想-

『エクソシスト』から始まり、様々な亜流作品が生まれる70年代オカルト・ホラーブームの中でもそれなりに名を残した作品の1本。

原作・脚本はスピルバーグ作品『激突!』でも原作兼脚本を担当したリチャード・マシスン。
タイトルも有名だし、脚本がマシスンという事もあり、期待を持って観たのだが、何かイマイチ私は展開に乗れなかった。

怪奇現象なるものは次々と起こるのだが、そのどれもが前触れもなく唐突だし、しかも大概一人で行動している時にそれが発生するので、「ギャー」と叫んで「どうした!どうした!」と駆けつけ、何事も無かったかのように次のシーンへ移るというパターンばかりで、いや、それでいいのか?そうじゃないだろうという心に仕えるものだけが残り、本当にこの人達は「地獄邸」の謎を解く気があるのかと疑問すらも生まれる。

のだが、何故か最後はちゃっかり解決していた。

あれだけ人間達に恐怖を与えていたゴーストの主。
なのに
「この短足野郎!」と大声で罵ったら

「うわ~~~~ひぇ~~~~~や~め~て~」と断末魔を発して消滅。

なんじゃそりゃ感満開なラストでありました。

期待した程怖さも無く、特にこれといった話の流れに面白味を感じるものも無かったなぁ。

評価:★★★
14/07/25DVD鑑賞(旧作)
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へにほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へバナーポチお願いします
にほんブログ村
レンタル開始日:2005-04-08
メーカー:20世紀 フォックス ホーム エンターテイメント ジャパン
コメント (6)

【動画】忍者女子高生【サントリー】

2014年07月24日 02時58分39秒 | 趣味・雑記(パチンコ・ブログに関してなど)


サントリーが制作した動画です。
女子高生二人が追いかけっこしているのですが、有り得ないジャンプ力を見せたり、バック転で逃げ回ったり、華麗なパルクールを披露したりと、まるでこれは“忍者”!!
このPOV方式で撮影されたアクション満載の動画が、今世界中で話題になっています。
是非、ご覧になって見事なまでの「追いかけっこ」を貴方のその目でもって体感して下さい!!

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へバナーポチお願いします
にほんブログ村
コメント (24)