銀幕大帝α

切り株推奨映画感想ブログにつきグロ画像注意。
御蔭様で12周年。3700作品レヴュー突破。御訪問有難う御座います♪

銀魂

2017年11月30日 11時55分34秒 | 邦画コメディ
2017年
日本
131分
コメディ/アクション/時代劇
劇場公開(2017/07/14)




監督:
福田雄一
『HK/変態仮面 アブノーマル・クライシス』
原作:
空知英秋
脚本:
福田雄一
主題歌:
UVERworld『DECIDED』
出演:
小栗旬坂田銀時
菅田将暉志村新八
橋本環奈神楽
柳楽優弥土方十四郎
新井浩文岡田似蔵
吉沢亮沖田総悟
早見あかり村田鉄子
ムロツヨシ平賀源外
長澤まさみ志村妙
岡田将生桂小太郎
佐藤二朗武市変平太
菜々緒来島また子
安田顕村田鉄矢
中村勘九郎近藤勲
堂本剛高杉晋助



<ストーリー>
地球人と宇宙から来た天人が共に暮らす江戸。何でも屋を営む坂田銀時は、かつての同志・桂小太郎が行方不明になり、高杉晋助が幕府転覆を企んでいることを知る。

宇宙一バカな侍だ、
コノヤロー!!


―感想―


ああ下ネタの駄洒落かw
気付くのに5秒掛かったわw

原作漫画は未読、アニメも未鑑賞。
ハシカン目的これ1本のみ。

内容が面白いていうより小ネタが笑える作品。
私なりにクスッとなるシーンが多かった。
原作漫画がジャンプ掲載なので他のジャンプ漫画のネタが出てくるのはOKだとして、ここまで大胆にやっちゃう福田雄一監督の恐れ知らずさが立派。

乗りてぇわな。
これなら余裕で勝てるさ。
シャアザク等身大、急に現れて俺吹いたw

これだけでは終わらず、空飛ぶ戦艦に乗り込む為にはどうするかって時に、又いきなり登場するメーヴェ。

なんちゃってナウシカじゃなくてリアルに再現し過ぎでしょw
頑固おやじ駿からクレーム来なかったんやろか。

序盤の喫茶店ではマンウィズアミッションもどきの天人。
CDTV風オープニング。
原作に従いパロディネタ満載なのだが、福田雄一監督自身もそういうのが好きなんだろうなあ、絶対本編よりもこっちに力入れてるわ。
それらを出演者皆がノリノリでやっちゃっているのを観ても、現場の雰囲気が抜群に最高だったようにも感じられる。
作品全体が吹っ切れちゃっているもの。

安田顕、うるせぇww

漫画原作の実写映画としては普通にヒットしてしまったこの『銀魂』。
色んな悪ノリが客に受けたのかどうかはさて置き、来年夏には続編公開も決定!
ハシカンが観れるのなら大歓迎よ。


(ロリコンにとっての)名言出たw

今作の長澤さん図鑑

怖いっス。
目がイッちゃってるっス。
気合の入ったドラゴンボール朗読、面白かったっス。
あの長澤まさみにまでキチガイ演技させる福田雄一監督の信頼感ってどうなってるのよ。

シャンと演技すればやっぱ美人さんですなぁ。

今作の橋本環奈ちゃん大図鑑
今は昔、千年に一度の美少女と言われた元アイドルの天使。

暴食女という設定に習って少しふっくら感とした環奈ちゃんですが、パーツが整っているから少し位ふっくらしてても可愛いものは可愛い。

そんな天使環奈ちゃんが怒涛の如く変顔をやり切る!!
元アイドルという肩書を捨てて、笑いの為ならと変顔も辞さないその根性、天晴れアル。

予告編で話題となりネット界では騒然となった白目鼻ホジ。

もうここら辺になったら環奈ちゃん本人もキャリアハイに達してたのかもしれないアル。

さあ吐け!!と言われて豪快に吐くゲロドル環奈ちゃん。

吐くの意味がちがーうw

あ、それ俺の子だよ、うん。
一緒に明るい家族生活送ろうな←キッモ!!

評価:★★★☆
17/11/30DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へバナーポチお願いします
にほんブログ村
レンタル開始日:2017-11-22
メーカー:ワーナー・ブラザース ホームエンターテイメント

オフィシャル・サイト

関連作:
『銀魂-ミツバ編-(2017)』(Web配信ドラマ)
『銀魂2 掟は破るためにこそある(2018)』(第2作)
『銀魂2 -世にも奇妙な銀魂ちゃん-(2018)』(配信ドラマ)

コメント

トラックバック

デンジャラス・ミッション

2017年11月29日 12時23分29秒 | 洋画アクション
PLAN B/PLAN B: SCHEISS AUF PLAN A
2016年
ドイツ
99分
アクション
劇場公開(2017/02/18)



監督:
ウフク・ゲンチ
ミヒャエル・ポペスク

製作:
ウフク・ゲンチ
音楽:
ミヒャエル・ポペスク
出演:
カン・アイディン
フォン・ジャン
チャ=リー・ユーン
オイゲネ・ボアテンク
ラオレント・ダニエルズ
ユリア・ディーツェ
ギデオン・ブルクハルト




<ストーリー>
幼馴染みの映画スタントマン、ジャン、フォン、チャー・リーとマネジャーのユージン。ある日、フォンがギャングの人質に取られ、命と引き換えにある条件を出される。

―感想―


こいつ、探索中でも鏡見つけたらこれやってた。
どんだけ自分が好きなんだよw

流れる楽曲がえらい古臭いなと思ってたら、どうやら80年代~90年代へのオマージュが盛り込まれていたようです。
場所移動する度に敵がわらわらと現れて格闘戦へと突入。
実に本編の8割方はアクションしている感じ。

敵味方問わずほぼ全員が格闘技を心得ているてのがポイントであり、本作の目玉。

クールなアクションも飛び出します。
ただ気になったのは主役側が敵の攻撃を食らった時はガチで当たっているぽいのだが、敵側が攻撃を受けた際には寸止めで倒されているてのがあからさまに分かってしまう点。
その辺リアリティが薄くなっていて勿体ない。
もうちょっと上手く誤魔化して欲しかった。

数字に弱いマネージャーのせいでギャングの抗争に巻き込まれてしまった3人の売れない映画スタントマン。
一人のスタントマンは人質に取られるので実質活躍するのは残りの2人。
マネージャーは使えん。
アホみたいに酒飲んでべろんべろん、ゲーゲーやっているから「コブラ」と「ジャッキー」に託すしかなし。

廃れたバーで大暴れする従業員の女や、黒魔術の儀式に遭遇した際にはリーダーがやたらとアクロバティックな戦闘を挑んできたり、最終戦では柔な拳じゃ倒れそうにもない巨漢黒人を相手にしたり。
一つ一つのバトルにしっかりとした強敵を一人置くだけでも盛り上がりは大分違う。
ザコばかりだと流石にね。
ま、そのザコどもはヌンチャク使ったりしてサクッと倒し、強敵はじっくりと見せる。
このザコからボスみたいなゲーム形式の演出を用いたのは楽しませる意味でも正解かな。

黒幕はギャングのボスの嫁。

(この画像パッと見)女装男子みたいじゃね?

評価:★★★
17/11/29DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へバナーポチお願いします
にほんブログ村
レンタル開始日:2017-11-02
メーカー:アット エンタテインメント

コメント

トラックバック

PS4ゲーム『UNTIL DAWN -惨劇の山荘-』やり尽くしました

2017年11月28日 11時52分38秒 | 趣味・雑記(ゲーム関連)

Z指定ゲーム『暗転ドーン』こと『UNTIL DAWN -惨劇の山荘-』を全てやり尽くしました。
何故皆が『暗転ドーン』と呼ぶのかというと、日本版はグロシーンになると画面が暗転して真っ暗になるから。
叫び声しか聞けません。
だったらZ指定にすんな!て話ですけど。

1回目は自力でクリア。
2回目も自力でクリア。
3回目も自力でクリア。

3回やってもグッドエンディングの「全員生存クリア」にならなかった為、4回目は攻略サイトを見ながらプレイ。
しかし、途中で入力ミスを犯すという大失態。
途中でミスると又初めからやり直さないといけない為、仕方なくバッドエンディングの「全員死亡クリア」を目指し、途中取り忘れていた物も攻略サイトでしっかり確認して全部回収。

「双子」達成。

「1952」達成。

「謎の男」達成。

「トーテム」達成。

「全員死亡」エンディングも観れたので、5度目の正直だ!と今度は「全員生存クリア」達成攻略動画を見ながらプレイ。


下着姿になるジェスも観れました。
そして4回やって4回とも死んだジェスも生き残りました。

このゲーム、要は指示ゲーなのですが、ラストでは怒涛の“動くな”が出てきます。
これは一切、コントローラーを動かしてはいけないのです。
かなりシビアな判定になっており、ほんのちょっとコントローラーが動いてしまってもアウト。
ここでミスると6回目のチャレンジをしなきゃいけなくなると、攻略動画に従い、コントローラーを床に置いてプレイ。
滅茶苦茶心臓バクバク、手汗びっしょりになりましたが、やりました。
「全員生存クリア」果たせました!!!!



他力本願ごっつあんです。

攻略動画の投稿者様にもきちんとお礼のコメントを残し、グッドボタンを押して、後は未達成だったトロフィーの確認。

はい、ご覧の通りトロフィー100%になりました。

マルチエンディングゲームなのでゲームオーバーはなく、案外遊びやすいとは思います。
只、全てをやり遂げるには相当な気合と根性と我慢性、それと念入りに隅々まで調べる探索性が必要かもしれません。
選択肢も慎重に。
適切な選択をすれば「全員生存クリア」も目の前です。

私は不適切な選択ばかりしてました(笑)。

飽き性の私が5回もプレイした位ですから、中毒性のあるゲームではあるでしょう。
個人的には面白かったです。
ゲーム内容は、そうですねぇ、映画でいうB級ティーンホラーて感じかな。

主役のサム(サマンサ)が可愛いです。

演じているのは若手女優のヘイデン・パネッティーア。
近年では『スクリーム4:ネクスト・ジェネレーション』で主要人物の一人として出演されていました。

そう言えば各章の間に現れるドクター・ヒル役のピーター・ストーメア。
「全員生存クリア」の時は顔面血塗れになっていなかったなあ。
結構細かい演出も施されていますね。

個人的評価:★★★★

コメント

gooブログTB機能廃止に関して

2017年11月27日 19時10分26秒 | 管理人より御挨拶
本日27日でTB機能が一切使えなくなりました。
送受信不可能です。
映画感想ブログを運営していた者としてはこの決断には腹立たしい。
だって、「繋がり」が今までよりも薄くなっちゃうのですから。
更に私の様にレンタルでしか映画を観ない人間は、コメントしようとなると他のブログ様に訪れた際には記事を過去に遡らないといけないという面倒臭さ。
劇場で観てたなら話はまた変わってきますけれど、レンタル派としては今回のgoo運営の判断はアホ以下。
利用者の気持ちを全く考えていない。
アンケート取るとか色々方法あっただろう、Twitterやっているくせに。
勝手に決めて、勝手に終わらせるgoo、お前らにこの画像を贈るよ。


さて、そこで、ですよ。
本体では変わらずにコメント欄閉鎖中ですが、別ブログにてパスワード承認制のコメント欄を設けています。
そちらにはこれまでも多くの方がコメントを残して下さってますが、ここで私からのちょっとしたお願いです。

コメントを入れる際に、名前とURLを入れる欄もあります。
そのURL欄に出来れば

該当する映画の記事のURLを入れて欲しいんです。

勿論これは強制ではありません。
ただ面倒臭がりの私がそうして頂けるとそちら様の記事に直ぐ飛べるので便利かなあと思っただけでして。

協力して頂けると有り難いです、助かります。
どうぞ宜しくお願いいたします。

管理人:ヒロ之

『覆面系ノイズ』を観る前の予習

2017年11月27日 19時06分44秒 | 趣味・雑記(映画関連)
私自身、余り邦画に関心がないというか、これは早く観たいなあと思う事も殆ど無いのですが、最近気になる作品が1本。
それが『覆面系ノイズ』。
勿論原作なんぞ知りません。
漫画ですか?アニメですか?
興味ないっちゃあ興味ない。
只この実写版だけは気になってしゃあない。

切っ掛けはMAN WITH A MISSIONが歌う『Fing You』のPVをYouTubeでたまたま観た事。

メロディが猛烈に好みでした!!
映像には『覆面系ノイズ』のものが使われてますが、これを観て初めて主役が中条あやみちゃんてのを知って歓喜。
しかも映像内のあやみちゃんがやたらと可愛い←これ重要

覆面系ならぬマスク系のあやみちゃんに胸キュンキュン。
出てくる男子もイケメンばかり。

途中、ショートカットの女の子も登場しますが、この子も誰だ!?て思う位に可愛くて、後で調べて知ったのですが真野恵里菜ちゃんだったのね(かなりコンディションの良い真野ちゃん)。

兎も角、楽曲『Fing You』を直ぐに気に入りまして、発売日にはCDを手に入れたいという欲望が沸き、近所のヤマダ電機で予約してきちんと購入しました。

何度聴いても聞き飽きないてのは名曲なんだろうなあ。

で、次に映画内であやみちゃん達がバンドを結成するらしいのですが

この4人組が実際にCDデヴューしている情報をキャッチ。
YouTubeにもPVがありました。

『Fing You』観終えた後の関連動画でこれもたまたま見つけて開いて、へえCD出してるんだあと興味が沸いてきましてね。
発売日より少し遅くなっての購入ですが、セブンネットで注文してCDを手に入れました。
彼女らのバンド名は「in NO hurry to shout;」

当然ヴォーカルはあやみちゃん。

綺麗な歌声してますね。
透き通る様な声で私は大好きです。
曲も好み。
だから買ったんですけども。


この2枚を買った事で取り合えず映画『覆面系ノイズ』に関わる音楽を自分なりに補完。
主題歌がin NO hurry to shout;『Close to me』。
エンディングテーマがMAN WITH A MISSION『Fing You』となってます。

初公開日が2017/11/25て事で現在上映中の『覆面系ノイズ』。
レンタル派である私が本編を観るのは何時になるのかは今現在では分かりませんが、楽しみにレンタル日を待つ事にします。
ま、内容どうこうよりもあやみちゃん目当てだな。

あやみちゃんカワイ♥
真野ちゃんもね(*^^*)

映画のオフィシャル・サイトはこちら→http://fukumenkei-noise.jp/

コメント